« 熊本・震度7の地震に関するニュース・76 | トップページ | 熊本・震度7の地震に関するニュース・77 »

2016年5月14日 (土)

韓国の犬、裏切り者・舛添要一を東京都知事から追放せよ・4

東京都知事の舛添要一が、都内の一等地にある都有地の空き地を、都民のために活用せず、こともあろうに韓国人学校の増設のためと称して、反日侵略国家・韓国に貸し出すことを独断で決めた。

都庁には「保育所の整備など都民のために使うべきだ」と反対意見が殺到しているそうだが、当然のことだ。舛添要一という人間は、これまでにも勝手に韓国に行って朴槿恵のご機嫌を取り結ぶ走狗ぶりを発揮してひんしゅくを買ってきた札付きの売国奴だが、ここへきてその韓国の犬としての正体が明らかになった。

Photo_5
朴槿恵に媚びへつらう売国奴のコジキ野郎、韓国の走狗・舛添要一

都内の外国人の待遇を改善することはそれなりに評価すべきだが、なぜ台湾人でもフィリピン人でもインドネシア人でもなく韓国人なのか? 韓国人のような他人の讒言をまき散らしてゆすりたかりをくりかえすような劣悪な者を優遇して、都政にどんなメリットがあるのか?

舛添要一は都民を裏切り侵略国に売り渡す売国奴だ。いくら都知事だからといって、こんな人間の売国独裁行為を断じて許してはならない。日本の裏切り者・都政の独裁者・侵略国家の手先・売国奴の舛添要一を都知事から追放せよ。

最初の記事
2番目の記事
3番目の記事

リンク:<舛添知事問題>政府・与党は批判 都知事選には及び腰 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<舛添都知事>豪華支出ズラリ 自民・新党改革政党支部でも - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:谷垣幹事長が舛添知事に「猛省が必要」と厳しく批判 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添知事政治資金疑惑 自民・谷垣幹事長「猛省が必要」とピシャリ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添都知事は「猛省必要」=谷垣自民幹事長 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<舛添知事>ヤフオクで絵画落札 政治資金、「資料」と説明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「裸婦画」を政治資金でヤフオク落札? 舛添都知事、新疑惑にどう釈明するのか - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添知事のものか?美術品など購入していたヤフオクIDが削除される - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添都知事の釈明会見に元妻・片山さつき氏「中途半端なマイナス会見」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添都知事 ヤフオクで美術品購入…流用は否定 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添知事政治資金疑惑 秋田知事「都知事は暇だな」 湯河原の別荘通いを批判 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添都知事の疑惑会見、各局の中継視聴率軒並み上昇 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:尾木ママ「舛添さんの給料とボーナスは停止して」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:東国原氏「舛添知事は都民の支持捨てた」…釈明会見に言及 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:東国原氏が舛添都知事を批判「公金に対する考え方がおかしい」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添都知事に新疑惑 政治資金使いヤフオクで絵画落札!? - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:橋下氏が舛添都知事を批判 「せこい」「やり過ぎだ」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:新報道2001抄録 舛添都知事に萩生田官房副長官が苦言 「ちょっと違和感覚える」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添氏に新たな疑惑…政治資金でヤフオクの絵画落札か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添知事が政治資金使いヤフオクで美術品落札か…フジ「新報道2001」報じる - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:都知事説明は不十分=萩生田氏 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添知事いいわけ語録 「せこすぎる!」今に始まったわけじゃない公私混同批判の数々 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添知事、崖っぷち 各会派が徹底追及へ 都議会自民党にも不穏な空気 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添都知事、会見で釈明も“新たな疑惑” 日光「家族」旅行 白紙の領収書 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:野末陳平、かつて応援した舛添都知事をメッタ斬り「茶番」「人望がない」「次の選挙はダメ」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「舛添氏は他人に厳しく自分に甘いところがあるのではないか」自民・下村氏バッサリ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添都知事「家族旅行で会議」出席者、内容明かさず - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添都知事は倫理観の認識ゼロ/浅川博忠氏の目 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「先に家族旅行が決まっていた」舛添知事一問一答 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添都知事会見84席に報道陣150人、猪瀬氏以来 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添氏会見「納得できない」98%/緊急アンケート - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添知事、45万円不適切計上 辞任否定 報告書訂正、返金へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添知事会見 ホテル宿泊、家族いる場で会議 私的飲食、会計担当の勘違い - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:舛添都知事、政治資金流用疑惑苦しい弁明「家族と泊まる部屋で選挙の会議」 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

<舛添知事問題>政府・与党は批判 都知事選には及び腰
毎日新聞 5月17日(火)21時19分配信

 東京都の舛添要一知事の政治資金流用問題に対し、政府・与党から批判が相次いでいる。ただ、夏の参院選を控え、舛添氏が辞任して都知事選になれば混乱は避けられない。今のところ、かつて野党・自民党を見限った舛添氏への当てつけの側面が強いようだ。

 自民党の谷垣禎一幹事長は17日の記者会見で「猛省が必要だ」と舛添氏に苦言を呈し、「首都のトップに立つ者はそれなりの居住まいがないといけない」と指摘した。「他人に厳しく自分に甘い」(下村博文総裁特別補佐)という声もある。

 舛添氏は谷垣氏が党総裁だった2010年に離党届を提出し、除名された。しかし、14年2月の都知事選では自民党の候補者探しが難航し、公明党とともに舛添氏の支援に回ったため、簡単に「舛添降ろし」に走るわけにもいかない。谷垣氏は会見で、舛添氏の進退については「先走った発言は差し控えたい」と自重した。

 萩生田光一官房副長官(衆院東京24区選出)も15日、フジテレビの番組で舛添氏の釈明会見を「一都民として非常に分かりづらかった」と批判したが、一方で「もし都知事選になると、4年間で3回も選挙することになる」とも述べた。

 参院選東京選挙区は今回から改選数が6に増え、主要政党による激戦が予想される。公明党はこの選挙に加え、来年夏に予定される都議選も重視しており、都政を動揺させたくないのが本音だ。山口那津男代表は17日の会見で「誠実に明確に説明責任を果たしていただきたいと望んでいる」と舛添氏への批判を抑制した。

 これに対し、民進党の枝野幸男幹事長は17日の会見で「舛添氏は自民党(都連)の推薦で知事になった人だ。人ごとのように批判している谷垣氏の姿勢を私は疑問視している」と指摘した。【高橋恵子】


<舛添都知事>豪華支出ズラリ 自民・新党改革政党支部でも
毎日新聞 5月17日(火)15時0分配信

Takari
東京都の舛添要一知事=東京都新宿区で2016年5月13日午後2時58分、宮武祐希撮影

 政治資金の私的流用などさまざまな問題が浮上している東京都の舛添要一知事。毎日新聞が、舛添氏が参院議員時代に代表を務めていた自民党、新党改革の政党支部の支出を調べたところ、沖縄の高級リゾートホテルやミシュランガイドで星を獲得したイタリア料理店など高額な支出が新たに見つかった。両政党支部の収入の9割は税金が元の政党交付金で賄われており、識者は「公金という認識があまりに欠けている」と批判する。

 ◇正月 横浜高級ホテル19万円/星二つイタリアンで「意見交換」

 国会議員の政治団体は2009年から政治資金規正法の改正で1万円超の支出を全て報告書に記載するようになっており、毎日新聞は同年以降、舛添氏が代表を務めた自民党東京都参議院比例区第28支部と新党改革比例区第4支部の政治資金収支報告書を調べた。

 それによると、09年と11年のお盆時期に那覇市の高級リゾートホテルに宿泊し、09年に約14万円、11年に約12万円を支出した。10年のお盆時期には山口県下関市の一の俣温泉の観光ホテルに約7万6000円を支出した。

 このうち09年に宿泊したホテルは沖縄県内最高級ランクのホテルの一つ。宿泊費は最高級スイートルームで1人1泊約20万円、次のエグゼクティブスイートが1人1泊約5万円(いずれも素泊まり)という。一方、10年に泊まった温泉ホテルは最も高い「ふぐプラン」で1人1泊2万2000円余。これらの価格と収支報告書を対照すると複数人で宿泊したことが分かる。

 10年8月29日は大阪市の最低価格1人1泊7万3000円のホテルに泊まった。11年1月3日には横浜市の高級ホテルに19万5000円余を支出した。このホテルの正月時期の価格は、スイートルームが1泊約26万円、ジュニアスイートが約15万円という。

 2団体はこのほか「意見交換の経費」として、東京都内の高級レストランでの飲食費を度々支出していた。09年1月、民放の料理対決番組に「鉄人」として出演していた料理人がオーナーを務める渋谷区のフランス料理店に11万6000円余を支出した。ミシュランガイドで星二つを獲得した同区のイタリア料理店には09年10月に6万8000円余を支出していた。

 2団体には09~14年に政党交付金から計1億4880万円の収入があり、これは献金などを含めた総収入の91%にあたる。

 舛添氏は13日の定例記者会見で、これまで問題視されていない支出についても「精査したい」としている。

 ◇盆や正月が多く

 舛添氏の政治団体は09年以降、お盆や正月時期にリゾートホテル、温泉旅館に8件の宿泊費を計上していた。

 このうち、資金管理団体「グローバルネットワーク研究会」(14年に解散)は13年1月3日と14年1月2日、千葉県木更津市のスパリゾートホテルに「会議費」として計約37万円を支出した。舛添氏は13日の会見で家族と宿泊したことを認め、「都知事選に向けた打ち合わせなどをした」としつつも誤解を招いたとして返金する意向を示した。

 お盆時期では12年8月13日、栃木県日光市の温泉旅館の宿泊費約8万4000円が同団体に計上されたほか、14年に資金管理団体として設立された「泰山会」の収支報告書に同年8月18日、東京・お台場の高級ホテルの約9万3000円が計上された。

 ◇舛添氏が代表を務める政党支部が計上した主な支出◇

     支払先             支出額(円)

<2009年>

 1月14日 人気シェフのフランス料理店   116760

 8月17日 沖縄県のリゾートホテル     140360

 9月 7日 イタリア料理店          85600

    9日 中華料理店           133427

   15日 フランス料理店         176440

10月 5日 ミシュラン二つ星イタリア料理店  68130

<10年>

 8月11日 イタリア料理店          58905

   20日 山口県・一の俣温泉のホテル    76077

   29日 大阪市内のホテル         76512

10月27日 中華料理店            48741

11月 4日 フランス料理店          49374

   27日 東京・お台場の高級ホテル    106152

<11年>

 1月 3日 横浜市の高級ホテル       195167

 8月20日 沖縄県のリゾートホテル     119822


谷垣幹事長が舛添知事に「猛省が必要」と厳しく批判
日刊スポーツ 5月17日(火)13時49分配信

 自民党の谷垣禎一幹事長は17日の会見で、政治資金の公私混同問題の渦中にある東京都の舛添要一知事に対し、「猛省が必要だと思います」と述べ、一連の問題を厳しく批判した。

 「個人のご人格にわたるようなことは(言及は)差し控えたい」としながらも、「やはり東京都という日本の首都ですから、そこのトップに立つ者としてはそれなりの『いずまい』というものがなければいけません」と指摘。舛添氏の都知事の「資質」に言及した。

 一部では、舛添氏の辞任を求める声もある。谷垣氏は、舛添氏の進退についは「それぞれの都道府県でいろいろな問題があることはあると思う。まずそれを飛び越えて、国政をやっている私が先走った発言をするのは差し控えたい」として、詳しい言及は避けた。

 谷垣氏は、弁護士資格を持っている。


舛添知事政治資金疑惑 自民・谷垣幹事長「猛省が必要」とピシャリ
産経新聞 5月17日(火)11時54分配信

 自民党の谷垣禎一幹事長は17日の記者会見で、東京都の舛添要一知事が家族との宿泊費や私的な飲食費を、自身が代表を務めていた政治団体の政治資金収支報告書に計上していた問題について「猛省が必要だ。東京都は日本の首都。そこのトップに立つ者としてはそれなりの居住まいがなければいけない」と述べた。

 舛添氏の進退については「国政をやっている私が先走って発言するのは差し控えたい」と言及を避けた。

 舛添氏は平成26年2月の知事選で、自民、公明両党の支援を得て当選した。


舛添都知事は「猛省必要」=谷垣自民幹事長
時事通信 5月17日(火)11時11分配信

 自民党の谷垣禎一幹事長は17日午前の記者会見で、東京都の舛添要一知事が家族旅行や私的な飲食に政治資金を充てていた問題について、「猛省が必要だ。日本の首都のトップに立つものとしては、それなりの居住まいがなければいけない」と批判した。

 都知事の進退に関しては「先走った発言は差し控えたい」と言及を避けた。

 公明党の山口那津男代表は会見で、「誠実に、明確に説明責任を果たしていただきたい」と求めた。


<舛添知事>ヤフオクで絵画落札 政治資金、「資料」と説明
毎日新聞 5月16日(月)20時17分配信

 東京都の舛添要一知事が、インターネットオークションサイト「ヤフーオークション(ヤフオク)」で購入した美術品代の一部を、政治資金管理団体から「資料代」として支出していたことが分かった。知事就任前に購入した絵画、掛け軸などの一部で、舛添知事は「インターネットオークションで購入した書や浮世絵などは、海外の方との交流のツールや研究資料として活用している」とのコメントを出した。

 舛添知事がヤフオクで美術品を購入したのは2012年3月~16年4月とみられ、舛添知事のIDで、全国の美術商や個人が出品した美術品137点を落札していた。知事就任後の政治資金収支報告書には、資料代名目で美術品を購入したとする記載はない。

 舛添知事は、12年9月~13年12月、美術商や骨董(こっとう)商などに資料代名目で140万9184円を政治資金管理団体から支出したと政治資金収支報告書に記載していた。政治資金の私的流用を一部認めた13日の記者会見では、資料代について問われ「外国の方へのプレゼントとして浮世絵を買ったり、今の東京を考える上で江戸時代の美術品を研究用で買ったりしている。(こうした)政治活動とプライベートなものとは分けている」と述べ、法的な問題はないとの見解を示した。【篠原成行】


「裸婦画」を政治資金でヤフオク落札? 舛添都知事、新疑惑にどう釈明するのか
J-CASTニュース 5月16日(月)19時51分配信

Drboo
「裸婦画」も交流ツールにしていた?

 東京都の舛添要一知事が参院議員時代、政治資金を使って「裸婦画」などをヤフオクで落札していた疑惑が浮上した。舛添氏は、絵を国際交流のツールにしていると釈明していたが...。

 週刊文春の報道を受け、舛添氏は、2016年5月13日の定例会見では、絵の額装までも政治資金で備品などとして計上していたことを認めた。

■ID「ymasuzoe」が報道後に削除される

 そして、今度は絵そのものも政治資金で資料代として計上していた疑惑が出てきた。

 この疑惑を報じたのは、15日朝に放送されたフジテレビ系「新報道2001」だ。その調査では、舛添氏は、13年にヤフオクを通じて、個人やギャラリーから少なくとも計9件、31万円分の洋画などを落札し、参院議員時代の資金管理団体の政治資金収支報告書に計上したとしている。

 舛添氏は、「ymasuzoe」のIDでヤフオクに登録していたとし、そのIDでは、出品者137人と計214件の取引を行っていた。番組では、複数の取引相手にも取材し、うち1人は、風景画の商品が大きかったので、実際に舛添氏の自宅まで車で届けたと証言した。また、領収書のあて名は、資料代名目で舛添氏の資金管理団体名だったと明かした取引相手もいたという。なお、このIDは、16日夕になって削除されている。

 前出の「裸婦画」などは、絵のコレクターをしている男性が出品した。「ymasuzoe」のIDでは13年6~7月、男性から3点を落札し、うち2点が裸婦画だった。舛添氏の収支報告書には、3点落札の翌日にそれぞれ資料代が計上されており、1~5万円台のその額は、男性の記憶通りの値段だったという。

舛添氏「すべて会見で説明した通りです」
 事実関係は、はっきりしない部分もあるが、ネット上などでは、もし舛添要一氏が購入していたとしたら、本当に「裸婦画」などを手土産などにして国際交流に使おうとしていたのかといぶかる声も出ている。

 「新報道2001」の番組では、舛添氏は、値上がりが確実とみられる絵をヤフオクで買っており、投資目的の可能性があると、収支報告書に記載された老舗ギャラリーの話を紹介していた。

 ただ、舛添氏本人は、5月13日の会見で、「国際交流に使うものと自分のコレクションとは明確に分けています。政治資金で財テクをしている事実はありません」と否定している。

 また、今回のヤフオク落札について16日に記者団に聞かれ、舛添氏は、「すべて会見で説明した通りです」と答えた。J-CASTニュースは、舛添氏の事務所に取材の電話をかけたが、何度電話しても留守電のままだった。


舛添知事のものか?美術品など購入していたヤフオクIDが削除される
スポーツ報知 5月16日(月)18時1分配信

Asamashi
定例会見で釈明した舛添知事

 東京都の舛添要一知事(67)が政治資金を使って絵画などの美術品を「ヤフーオークション」で購入していた疑惑が浮上する中、舛添氏がヤフオクで使用していたとみられるIDが削除されたことが16日、分かった。

 削除されたのは「ymasuzoe」というID。舛添氏がヤフオクで美術品を購入していたことは、15日放送のフジテレビ系「報道2001」で発覚した。

 同番組は舛添氏の2013年分の政治資金収支報告書を精査。「調査研究費(書籍・資料代)」として金額が計上されていた日付と、「ymasuzoe」というIDがヤフオクで商品を落札した日時が1日のずれだけだったことを見つけ、さらに金額も出品者の記憶通りだった。また出品者に取材したところ、「ymasuzoe」が落札した商品を舛添氏の自宅(事務所)に直接届けたという証言も得た。

 このIDは15日までは存在していたが、現在は検索しても「指定したオークションIDは無効です」と表示され、削除されている。

 舛添氏は、政治資金を家族旅行に流用していたのではないかという疑惑を釈明した13日の会見で、美術品については「議員外交、都市外交で書や浮世絵をツールとして利用している」「政治資金で財テクをしている事実はない」などと話していた。


舛添都知事の釈明会見に元妻・片山さつき氏「中途半端なマイナス会見」
夕刊フジ 5月16日(月)16時56分配信

Msk
片山氏は、舛添氏の説明に納得できない(写真:夕刊フジ)

 舛添都知事が政治資金を家族旅行などに流用していたとの疑惑報道を受け臨んだ釈明会見。私的な飲食費の一部が政治団体の収支報告書に計上されていたことは認めたが、家族旅行については、一切の証拠を示さず「事務所関係者らと会議をした」と強弁した。元妻で自民党の片山さつき参院議員に感想を聞いた。

 「ちょっと残念な会見でしたね」「都知事の『仕事に命をかけている』という感じがしません」

 片山氏は開口一番、こう語った。

 舛添氏は会見前日(12日)、BSフジの番組「プライムニュース」に生出演し、「精査」を20回、「調べる」を24回も繰り返し、「説明に全力を尽くす」と明言していた。

 だが、釈明会見を見た片山氏は「まだまだ、矛盾点を突っ込まれやすいですね」という。

 最大の焦点は、舛添氏が2013年と14年の正月、千葉県木更津市の温泉施設「龍宮城スパホテル三日月」に家族で宿泊しながら、代金を「会議費」として政治資金から支出していた疑惑だ。政治資金規正法違反(虚偽記載)の可能性がある。

 舛添氏は「(家族と)宿泊していた部屋で、事務所関係者らと会議をした」と説明しながら、記者団の「誰と」「何人で」「何時ごろ」といった質問に対し、「政治的な機微に関わる」「お答えは差し控えたい」などといい、一切証拠を示さなかった。約37万円は返金するという。

 これ以外にも、舛添氏は口先だけで一連の疑惑を否定した。

 片山氏は「これで有権者たる都民が納得できるというのでしょうか? 都議会は納得するでしょうか? いずれにしても有権者が納得できる(証拠を明確に示して)説明が必要です」と語った。

 永田町や都庁では、舛添氏の釈明会見について、「政治家として危機管理能力が問われる場面なのに、それがまったくない。あの釈明会見では、マスコミの2の矢、3の矢を誘っているようなものだ。とても2020年東京五輪は任せられない」という認識が広まっている。

 片山氏も「こういう危機のときこそ、政治家の力量が問われます。中途半端はかえってマイナスですね」と語った。 (ジャーナリスト・安積明子)


舛添都知事 ヤフオクで美術品購入…流用は否定
夕刊フジ 5月16日(月)16時56分配信

Damashi
会見の合間にたびたび水を手にした舛添都知事=13日(写真:夕刊フジ)

 東京都の舛添要一知事(67)に、また新たな「政治とカネ」の疑惑が発覚した。フジテレビ系「新報道2001」が15日、政治資金を使いネットオークションサイト「ヤフーオークション(ヤフオク)」で絵画などの美術品を購入していたと報じたのだ。先週末の釈明会見後も、舛添氏絡みの疑惑が次々と浮上しており、都民の不信感は高まるばかりだ。

 ヤフオクに「ymasuzoe」というIDがあり、2012年3月以降に137人(214件)との取引履歴が残っていた。

 同番組はこのうち、3回絵画の取引をした男性出品者に取材した。参院議員時代の舛添氏の13年政治資金収支報告書に記載されている領収書の日付が、3回とも取引履歴の日付の翌日になっていた。金額も男性の記憶と一致した。

 さらに別の男性出品者は「ymasuzoe」と絵画の取引をし、「商品が大きかったので、(舛添氏の事務所に)届けた」と証言した。

 ヤフオクの履歴を見ると、最新は今年4月3日にブロンズの裸婦像を1万500円で落札。ほかに竹久夢二のリトグラフ「雪の日」などもある。13年の報告書では「資料代」のうち、計約31万円分が個人からヤフオクで落札したものとみられる。

 舛添氏は13日の定例会見で、美術品の購入は認めたうえで、「海外の方と交流を行う際に、書や浮世絵などの版画などをツールとして活用している」「国際交流で使うものと、自分のコレクションとは明確に分けている」「政治資金で財テクをしている事実はない」と流用を否定している。

 ちなみに、「ymasuzoe」は13年2月、子供用とみられる「ラルフローレン」の紺色ブレザーとスカートも落札している。これについては、政治資金での処理は現時点で確認できない。

 前大阪市長の橋下徹弁護士は15日、舛添氏の一連の疑惑について、「やり過ぎだ」「実にセコイ。都民の批判は受けなければならず、謝らなければならない」と語った。進退については「都民と舛添さんの判断になる」とした。


舛添知事政治資金疑惑 秋田知事「都知事は暇だな」 湯河原の別荘通いを批判
産経新聞 5月16日(月)15時34分配信

 東京都の舛添要一知事が家族との宿泊費や私的な飲食費を、自身が代表を務めていた政治団体の政治資金収支報告書に計上していた問題について、秋田県の佐竹敬久知事は16日の記者会見で「私も正月、遊びに行った先に秘書を呼ぶことはあるが、それを経費でというのは頭から考えていない」と切り捨てた。

 約1年間で計48回、公用車で都庁から神奈川県湯河原町の別荘に行ったり、別荘から公務先に向かったことについては「東京の知事は暇だな」と皮肉った上で、自身は土日も公務が多いと激務を強調。海外出張でのホテルのスイートルーム利用も「われわれはそういう発想はない」と疑問を呈した。


舛添都知事の疑惑会見、各局の中継視聴率軒並み上昇
日刊スポーツ 5月16日(月)13時51分配信

Sagi
定例記者会見で報道陣の質問に少し考える様子の舛添要一都知事(撮影・狩俣裕三)

 13日に行われた舛添要一東京都知事の定例会見を生放送した民放各局の番組が、軒並み平均視聴率を伸ばしていたことが16日、ビデオリサーチの調べ(すべて関東地区)でわかった。

 13日の都庁の定例会見は、舛添知事の政治資金に対する公私混同疑惑について釈明する会見だった。民放の複数の局は番組内容を変更して生中継した。

 日本テレビ系の情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金午後1時55分)の第1部の平均視聴率は7・3%。前日が6・3%で1ポイント上昇した。TBS系「ゴゴスマ」(月~金午後1時55分)第1部は2・4%。前日は1・8%でこちらも上昇。フジテレビ系「直撃LIVE! グッディ」(月~金午後1時45分)の第1部も4・2%で、前日は3・0%だったため、1・2ポイント上昇した。

 舛添知事の公私混同疑惑が、東京都民だけでなく、全国からも注視されていることの証しで、都知事としては恥ずかしい疑惑で注目を集めることになった。


尾木ママ「舛添さんの給料とボーナスは停止して」
日刊スポーツ 5月16日(月)12時20分配信

Ogmm
尾木直樹氏

 尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(69)が、政治資金の公私混同問題で窮地に立たされている舛添要一東京都知事(67)の給料とボーナスを停止するよう求めた。

 舛添知事は高額出張費や公用車での別荘通い問題に加え、家族旅行や飲食代に政治資金を利用し、さらにヤフーオークション(ヤフオク)で絵画を購入した疑惑が浮上している。

 尾木氏は、舛添知事が釈明会見を行った13日のブログで「家族の宿泊代も政治活動になる便利なお話!! 呆れました!」「何でもご都合主義の会計感覚、すごいですねー」と皮肉たっぷりに批判していたが、14日には「公金に甘い、公私混同のトップリーダーは弁明不要で退場です!!」と糾弾した。

 さらに15日には「しつこいですが、舛添さんの給料とボーナスは停止してね!!」とのタイトルでブログを更新し、「私たちの税金で給料もボーナスも支払われるのかと思うと得体のしれない悔しさ、やるせなさに襲われますね!!」とつづった。


東国原氏「舛添知事は都民の支持捨てた」…釈明会見に言及
スポーツ報知 5月16日(月)8時49分配信

 前宮崎県知事の東国原英夫知事(58)が16日、TBS系情報番組「白熱ライブ ビビット」(月~金曜・前8時)に出演し、舛添要一都知事(67)が政治資金問題について行った会見について、「都民の支持は捨てたなと思いました」と語った。

 舛添氏の会見のVTRを見た東国原氏は、今回の疑惑に関しては、ぎりぎり辞任などは回避したのではないかと見るが、私的流用への“言い訳”に終始した会見について、「言い回し次第で法に触れるか触れないかになるので、法に触れないような言い回しにしたんだなと思いました」と言及。法に触れないように「用意された言葉」で話していたとした。そして、法に触れない言い回しにした結果「都民の支持は捨てたなと思いました」と元政治家の視点で感想を述べた。


東国原氏が舛添都知事を批判「公金に対する考え方がおかしい」
スポーツ報知 5月16日(月)7時3分配信

Mshgs
舛添要一都知事(左)と東国原英夫氏

 前宮崎県知事の東国原英夫知事(58)が15日、舛添要一都知事(67)の政治資金問題について「公金に対する考え方がおかしいと言わざる得ない。第三者からどうみられているのか想像力に欠けている」と批判した。

 舛添氏の政治資金収支報告書によると、2013、14年1月に千葉県木更津市のホテルで会議をしたとして計約37万円を計上。会見では、家族も同伴していたと認め「誤解を招いた」として返金する考えを示した。だが、東国原氏は「この説明では本当かどうか確かめようがない。ホテルでの会議に出席した人数、時間、出席者の名前など詳細を明らかにすべき」と指摘。「家族同伴で、政治家として重要会議をする必要はあるのか。ずさんだったことを素直に認めた方が良かったのではないか」と舛添氏の対応に疑問を呈した。

 東国原氏は07~11年までの知事任期中、多少の女性スキャンダルはあったものの、政治とカネの問題については皆無だったという。「良くも悪くも24時間メディアの監視下にあり、議会も私の県政運営に厳しい視線で見ていた。公務や政務にマスコミの方がいて、下手なことができなかった」と苦笑しつつ、「前任の知事が談合事件で退任した経緯もあり、特にお金の使い方に関しては気をつけていました」と語った。

 舛添氏の今後ついては「6月の議会で説明が求められるでしょう。5000万円受領問題で辞任した猪瀬直樹前知事のように、都政が空転してしまう可能性もある」と分析した。


舛添都知事に新疑惑 政治資金使いヤフオクで絵画落札!?
スポニチアネックス 5月16日(月)7時1分配信

Geretsu
東京都の舛添要一知事

 東京都の舛添要一知事が、政治資金を使ってインターネットの「ヤフーオークション」(ヤフオク)で、美術品を購入したという新たな疑惑が浮上した。フジテレビの「新報道2001」(日曜前7・30)が15日に報じた。

 番組は、参院議員時代の2013年分の政治資金収支報告書に計上されていた資料代について調査したところ、ヤフオクで落札した絵画が含まれていたとしている。取材を受けた出品者の男性は「ymasuzoe」というIDの人物と、3回にわたり取引があったと明言。報告書に記載された日付は、いずれも取引終了の翌日だった。

 また、別の出品者は絵の大きさの都合で、舛添知事の自宅(事務所)に直接届けたと証言した。

 「ymasuzoe」のIDを持つ人物は、12年3月からヤフオクを開始し、先月までに137人(計214件)と取引があり、すべての出品者から「非常に良い・良い」の高い評価を得ていた。落札したのは絵画、掛け軸、画集のほか、13年2月には「ラルフローレン」の紺色ブレザーとスカートも。サイズは「150」との記載があり子供用とみられ、舛添知事の長女と同世代の女児の平均身長とほぼ一致する。

 13年の報告書に計上された「資料代」は43件で計約140万円。12年を加えると79件で計約303万円となる。すべてが美術品かどうかは不明だが、計上金額は1点につき1万円台から27万円台だった。

 舛添都知事は13日の会見で、美術品に興味があることを認めたが「海外の方との交流で版画や浮世絵をツールとして活用している」「政治資金で財テクの事実はない」と話していた。舛添知事に新たに浮上した「政治とカネ」の問題。6月1日に開会する都議会では、厳しい追及が続きそうだ。


橋下氏が舛添都知事を批判 「せこい」「やり過ぎだ」
産経新聞 5月15日(日)22時20分配信

Thsmt
橋下徹氏(写真:産経新聞)

 「おおさか維新の会」前代表で、同党の法律政策顧問を務める橋下徹前大阪市長が15日、舛添要一東京都知事の政治資金問題をめぐり、「じつにせこい。都民の批判は受けなければならず、謝らなければならない」と述べた。進退については「都民と舛添さんの判断になる」とした。

 橋下氏は、舛添氏が海外出張でホテルのスイートルームも繰り返し利用したことを「やり過ぎだ」と批判。飛行機のファーストクラス利用も「ぼくは府知事時代の上海出張で、エコノミークラスで行くといったら府職員から『せめてビジネスクラスで』といわれた」と述べた。

 批判の矛先は国会議員にも向いた。

 歳費とは別に支給され、使途報告の義務がない「文書通信交通滞在費」について「ブラックボックスになっているのは問題で、国民をだましている。領収書がなくてもよいのでは、問題点も分からない」と語った。

 橋下氏は同日、福岡市内で開かれた「福岡維新の会」の設立記念で、記念講演した。


新報道2001抄録 舛添都知事に萩生田官房副長官が苦言 「ちょっと違和感覚える」
産経新聞 5月15日(日)21時55分配信

 萩生田光一官房副長官が東京都の舛添要一知事をめぐる政治資金問題について語った。

 --舛添氏がインターネットのオークションで絵画を落札していたことが判明した

 「ちょっと違和感を覚える。直ちに違法性があるということではないが、一体それを政治活動の何に使ったのか。われわれは政治資金で蓄財をすることはできない仕組みになっている。例えば車はリースなら認められるが、購入することはできない。一定の変動的な価値を持つ絵画を一時的に取得し、そこに付加価値が乗った場合、どういう処理をするのかということは考えるべき事柄だ」

 --舛添氏は記者会見で「国際交流で使うものと自分のコレクションとは明確に分けている。政治資金で財テクをしている事実はない」と述べている

 「きちんと説明責任を果たすべきだ。(舛添氏の)記者会見を拝見したが、一都民として非常にわかりづらかった」

 --舛添氏への風当たりは依然強い。都知事選は有名な人でなければ勝つのは難しいが、後継についてはどう考える

 「都議会がチェック機能を果たす分野だ。成り行きを見守りたい。もし、そういう(舛添氏が辞任する)事態になると、4年間で3回の都知事選をやることになる。これは政治の信頼をより失うことになる。知事がきちんと説明し、もし間違いがあればおわびしていただきたい」


舛添氏に新たな疑惑…政治資金でヤフオクの絵画落札か
サンケイスポーツ 5月15日(日)14時40分配信

Bikkd
新たな疑惑が報じられた舛添要一東京都知事(写真:サンケイスポーツ)

 フジテレビ系「新報道2001」(日曜前7・30)が15日、政治資金の公私混同疑惑で東京都庁で釈明会見を行った舛添要一東京都知事(67)について、同番組の取材により、政治資金を使ってインターネットオークションサイトの「ヤフーオークション(ヤフオク)」で、美術品などを購入している疑惑があると新たな「政治とカネ」の問題を報じた。

 同番組は、舛添氏の平成25年分収支報告書に計上されていた“資料代”のうち、購入元が不明なものに注目。そのなかで、個人との取引6件と法人3件がヤフオクで落札した絵画だということが取材により分かったという。

 ヤフオクにおいて“ymasuzoe”というIDの人物と美術品の取引を計3回行ったという出品者に対して取材。同出品者が“ymasuzoe”と行った取引記録と舛添氏の収支報告書を照らしあわせたところ、計上していた領収書の日付は、いずれも計3回行ったヤフオクでの取引終了日の翌日となっており、金額についても出品者の記憶通りであることがわかった。

 また、同IDの人物と絵画を取引し、商品の大きさの都合で舛添氏の自宅(事務所)に車で届けたという出品者もいた。

 自民党の萩生田光一官房副長官(52)は「ちょっと違和感を感じますよね。ただちに違法性があるわけではないですけれど、一体それを政治活動の何に使ったのか。変動的な価値を持つ絵画を一時的に取得をして、そこに付加価値が乗った場合にどういう処理をするのか、というのが考えるべき事柄じゃないですかね」と話した。

 舛添氏は13日の会見で「海外の方と交流を行う際に、書や浮世絵などをツールとして活用しております」「政治資金で財テクをしている事実はございません」と話していた。


舛添知事が政治資金使いヤフオクで美術品落札か…フジ「新報道2001」報じる
スポーツ報知 5月15日(日)12時52分配信

Drbooo
定例会見で釈明した舛添知事

 フジテレビの「新報道2001」(日曜・前7時30分)は15日、東京都の舛添要一知事(67)がインターネットの「ヤフーオークション(ヤフオク)」で、政治資金を使い絵画などの美術品を購入していた疑惑があると報じた。

 番組が2013年分の政治資金収支報告書を精査すると「調査研究費(書籍・資料代)」として計上されていた日付と、ヤフオクの落札終了日時が1日のずれだけで、金額も出品者の記憶通りだったという。さらに同番組が、出品者に取材すると「『ymasuzoe』というIDだった」と証言を得たのに加え、「ymasuzoe」というIDの人物が落札した商品を舛添氏の自宅(事務所)に直接届けた、という出品者の証言も得た。

 舛添知事は、13日の会見で「議員外交、都市外交で書や浮世絵をツールとして利用している」「政治資金で財テクをしている事実はない」と話していた。

 出演した自民党の萩生田光一官房副長官(52)「ちょっと違和感を感じる。直ちに違法性があるというわけではないが、それを政治活動の何に使ったのか。政治資金で蓄財はできない。一定の変動価値のある絵画を一時的に取得し、そこに例えば付加価値が乗った場合にどういう処理をするのかは考えるべき事柄」「海外との交流の手土産に使ったという意味なのか。きちんと説明責任を果たすべきと思う。記者会見も拝見したが、一都民として非常に分かりづらかった」と述べた。

 「ymasuzoe」というIDの人物は、5月15日時点で137人(214件)と取引を行い、すべてで「非常に良い・良い」の高評価を得て、「信頼のおける落札者」「迅速な振込み、丁寧な連絡で気持ちの良い取引を行えた」などのコメントが付けられている。


都知事説明は不十分=萩生田氏
時事通信 5月15日(日)10時25分配信

 萩生田光一官房副長官は15日、フジテレビの番組に出演し、舛添要一東京都知事の政治資金疑惑に関し、政治資金の使途に「違和感がある」と述べた。

 「都知事の記者会見は非常に分かりづらかった。きちんと説明し、間違いがあればおわびして正してほしい」とも語った。


舛添知事いいわけ語録 「せこすぎる!」今に始まったわけじゃない公私混同批判の数々
産経新聞 5月15日(日)8時40分配信

Sekoseko
舛添要一東京都知事(写真:産経新聞)

 正月に行った家族旅行の宿泊費をホテルの部屋で「大事な会議をした」と政治資金で支払っていたことを認めた東京都の舛添要一知事。13日の会見では「不徳の致すところ」と述べ、税金も含まれる政治資金への認識の甘さを謝罪した。しかし、こうした指摘はいまに始まったことではない。掛け軸などの美術品や漫画本を購入して「資料代」と称したり、世田谷区の自宅に毎年多額の事務所費を支出したり…。「公私混同」との疑念は、これまでも何度も指摘されてきた。反省を口にするのなら、なぜこれまで聞き入れてこなかったのか-。

 ■1年半前にも「美術品は日仏交流の材料、問題ない」

 「政治活動の資料代として正当な活動なので、いちいち申し上げませんけれども、私は(政治資金で)バーとかキャバレーは行きませんから。そういう時間があったら、(古書店街として知られる)神田神保町へ行ったり、ネットで『国民のための資料』を一生懸命見つけて勉強してやろうと思っており、一切問題ありません」

 そう声高に主張したのは、一昨年11月21日の定例会見。舛添氏が参院議員だった平成23、24年、画廊やアートギャラリー、高級な美術書専門の古書店などから、政治資金で、掛け軸や版画などの美術品を多数購入していたことが発覚。報道陣から追及を受けた際の発言だ。

 舛添氏は、美術品は自ら店頭やネット通販で入手し、自宅や知事室に置いてあるとし、「研究本を書くための資料だ」などと説明。「いろいろな意味で日仏文化交流のときの材料になっている」などと持論を展開した上で、「問題ない」と繰り返した。

 ■「国民のための資料」 マンガも購入…「国会議員やれば分かる」

 舛添氏は、ほかにもクレヨンしんちゃんの漫画やクイズ本などを購入し、美術品と同様に「資料代」「書籍代」などの名目で経費処理。その金額は23、24年の2年分だけで計約907万円にも及ぶ

 舛添氏は会見で、保護者から「子供がクイズばかりやって困っている」「子供が悪い言葉使いを真似てしまう」などの陳情を受け、内容確認のために買ったなどと説明。「一度国会議員をやってみれば分かると思うが、毎日のようにそういう陳情が来る。だから、わざわざ買ったわけです」などと述べた。

 報道陣からは「美術品は資産価値が高い」などとする指摘もあったが、舛添氏は「いまは資料として使用中。終わったら捨ててもいい」などと反論。「国民のための資料で、一切問題ない」などと取り合わず、政治資金での美術品の購入はその後も継続した。

 ■政治団体事務所を自宅に置き家賃受け取り 解散時には「清掃代」も

 また、舛添氏は、少なくとも新党改革の代表に就任した22年以降、自らが代表の「新党改革比例区第四支部」(解散)など自身の関連する複数の政治団体から事務所費として、毎年計531万円(月44万2500円)の支払いを受けていた。

 支払先は舛添氏の妻が代表のファミリー企業「舛添政治経済研究所」。いずれの団体も世田谷区にある舛添氏の自宅に事務所を構えており、「家賃」名目で税金を含んだ政治資金が、自宅を所有する舛添氏個人に還流している格好だ。

 識者からは「自らの懐に入る仕組みは道義的問題がある」「自宅の場合は家賃を取らない政治家も多い中、せこすぎる」などと批判が相次いだが、こちらについても舛添氏は「何の問題もない」「きちんとルールに基づいて、不動産鑑定士と公認会計士できちんと決めている」と反論。離党に伴う政党支部の解散時には、「ハウスクリーニング代」(約28万円)などもきっちり徴収した上で、その後も新規に立ち上げた別の政治団体「泰山会」から同額の家賃を取り続けている。


舛添知事、崖っぷち 各会派が徹底追及へ 都議会自民党にも不穏な空気
夕刊フジ 5月14日(土)16時56分配信

Nsttoo
BSフジの番組出演後、報道陣に囲まれる舛添要一都知事=12日夜、東京都内(写真:夕刊フジ)

 東京都の舛添要一知事(67)が崖っぷちに立たされた。都議会の各会派が6月1日開会の定例議会で、舛添氏の「政治とカネ」の疑惑を徹底追及する準備に着手したのだ。舛添氏は13日午後の定例会見で疑惑を説明、辞任を否定したが、一連の疑惑で「セコイ」「卑しい」「小さい」というイメージが定着した舛添氏への都民の不信感・嫌悪感は限界に近づきつつある。 

 「精査が終わったらコメントします」「全体を精査してから」「とにかく全体を調べる」

 舛添氏は12日夜、BSフジの番組「プライムニュース」に生出演し、自身の疑惑を追及され、こう語った。政治資金に関するやりとりが行われた約40分間で、「精査」を20回、「調べる」を24回も繰り返した。

 自身の進退については「まずは疑惑の説明に全力を尽くす。全力を挙げて都民のために働く」と辞任を強く否定した。

 最大の焦点は、週刊文春が報じた舛添氏が2013年と14年の正月、千葉県木更津市の温泉施設「龍宮城スパホテル三日月」に家族で宿泊しながら、代金を「会議費」として政治資金から支出していた疑惑だ。政治資金規正法違反(虚偽記載)の可能性がある。

 舛添氏は番組で、家族で旅行したかどうかについても「精査する」と説明を拒んだ。たった数年前の「家族旅行の有無」に即答できないなど、首都のリーダーとして資格が疑われる。

 決定的証拠も突き付けられた。

 舛添氏が14年1月2日に更新したブログに、スパホテル三日月から撮影したとみられる海と東京湾アクアラインの風景写真がアップされている。BSフジの現地調査によると、この写真は宿泊棟からでなければ撮影できず、会議室がある棟では無理という。

 これ以外にも、番組では「高級ブランド『ダンヒル』や、ホームセンターでの政治資金使用」や「公用車での別荘通い」「豪華海外出張」なども追及されたが、舛添氏の回答はとても納得できるものではなかった。

 自民党のベテラン、古賀俊昭都議は「話にならない。謙虚な様子も見せていたが、結局、何も答えていない。『家族旅行の有無』など、調べなくても分かるはず。北朝鮮が日本人を拉致しておきながら、『調べる、調べる』と繰り返したのを思い出した」と語った。

 元妻でもある自民党の片山さつき参院議員は、FNN(フジニュースネットワーク)の取材に「演技力がすごいんですけど…。今回の演技は見ているだけでかわいそう。スパッと謝った方がいいのではないか」と感想を述べた。

 番組では、舛添氏の特異な「習性」も明らかになった。

 「私はとにかく、絶対にレシートや領収書はもらう」と語ったのだ。スパホテル三日月の「会議費」の領収書を、舛添氏が受け取っていたとすれば、政治資金規正法違反への関与も疑われる。

 一方、ここにきて都議会の空気も変化している。これまで表立った動きを見せてこなかった各会派が、「舛添追及」に向けて動き始めたのだ。

 共産党都議団は12日午後、舛添氏に対し、事実関係を全て明らかにするよう求める申し入れを行った。共産党は都議会第3党の一大勢力だ。

 第4党の都議会民進党も、6月議会で舛添氏の公用車での別荘通い、豪華海外出張をただしていく方針だ。近く申し入れも行うという。

 14年の都知事選で舛添氏を支援した最大会派・都議会自民党内にも不穏な空気が流れている。

 12日の総会では、舛添氏の「政治とカネ」の問題は議題にならなかったが、幹部の1人は「さすがにかばいきれない。13日の定例会見の説明を待つが、冷ややかな空気が流れている」と明かす。

 今後は「政治とカネ」の問題に厳格だが、舛添氏と良好な関係を築いている都議会公明党の出方がカギとなりそうだ。

 さらに、都議会の一部で、強力な調査権限を持つ「百条委員会」を設置する意見もささやかれ始めた。

 百条委員会とは、自治体の事務などに絡み疑惑があった場合、事実関係を調査するため、地方自治法100条に基づいて地方議会が設置することのできる特別委員会だ。関係者に記録提出や証言を求めることができるうえ、証人喚問と同様、虚偽証言には刑事罰が適用される。

 このままでは、20年東京五輪にも支障が出かねない。舛添氏は、どう決断するのか。


舛添都知事、会見で釈明も“新たな疑惑” 日光「家族」旅行 白紙の領収書
夕刊フジ 5月14日(土)16時56分配信

Sagishi
「疑惑の総合商社」状態の舛添氏=13日午後、東京都新宿区の都庁(写真:夕刊フジ)

 東京都の舛添要一都知事(67)が13日行った釈明会見では、「白紙領収書」と「日光のホテル宿泊費」という、新たな疑惑が取り上げられた。日光の件については、千葉県の「龍宮城スパホテル三日月」と同様、「家族旅行ではないのか?」と追及された。舛添氏の「政治とカネ」の問題は底なしなのか。

 「白紙領収書」疑惑は、テレビ東京が同日、独自取材としてニュースで流し、会見でも取り上げられた。

 同局によると、東京都世田谷区にある舛添氏の自宅近くにある飲食店は、舛添氏が家族で会食をたびたび行い、白紙の領収書を舛添氏本人が受け取っていたことを認めたという。同店店員の「私は何も書かずに渡していました」という音声まで報じられた。

 この件について、舛添氏は会見で「白紙というのは何も書いていないのではなく、あて名が書いていないという意味」と説明した。記者が「あて名や金額がという意味だと思う」と聞くと、舛添氏は「いや、それは絶対ありません。金額は書いていないようなことはありません。機械ですから」と答えた。

 白紙の領収書に後で数字を書き入れた場合、私文書偽造などの違法行為に問われる可能性がある。

 「日光のホテル宿泊費」の疑惑は、舛添氏が代表を務めていた資金管理団体「グローバルネットワーク研究会」(解散)の収支報告書に、お盆の時期にあたる2012年8月13日、栃木県日光市内のホテルの「宿泊費」約8万4000円が支出されているもの。

 会見で、記者が「家族で泊まったのか?」と質問すると、舛添氏は「精査したい」と返答した。記者が「記憶にあるのでは?」と畳みかけると、舛添氏は「今は不正確なことは言いたくないので」と語った。

 同ホテルは、JR日光駅からタクシーで約5分の場所にある豪華ホテル。HPには「日光の大自然を一望に出来るお部屋からの眺望は格別」「肌にやさしい単純アルカリ泉」「庭園風の露天風呂は四季折々の風情が楽しめます」とあった。

 夕刊フジでも、同ホテルに舛添氏の宿泊目的などを聞いたが、「お話はできません」と拒否された。

 ここで、舛添氏はどんな政治活動をしていたのか。明確な証拠を示した説明が求められそうだ。


野末陳平、かつて応援した舛添都知事をメッタ斬り「茶番」「人望がない」「次の選挙はダメ」
スポーツ報知 5月14日(土)13時29分配信

 元参院議員のタレント・野末陳平(84)が14日、政治資金を私的に流用した疑惑が報じられ、釈明会見した東京都の舛添要一知事(67)をブログで猛批判した。

 「舛添都知事の会見見たけど、すごい茶番でしたね。ご本人は説明責任果たしたと勘違いしてるようだが、自分でなく会計責任者のミスにしてるあたり、ミエミエのウソと感じた都民が多いでしょう」とぶった切った。

 野末は1999年の都知事選挙に一度は立候補表明したが、取り下げて舛添氏の応援に回ったこともある。「あたくしは彼を知ってるから、もっと頭のいいやつかと思ってましたが、意外にもお粗末な弁明で、ボロだしましたね。才子、才に溺れたってとこですよ、人望がないから」と批判した。さらに「めでたく窮地を脱したように見えますが、次の選挙はダメですね、もう。都民をなめたら、確実に仕返しが来ます。。」と切り捨てていた。


「舛添氏は他人に厳しく自分に甘いところがあるのではないか」自民・下村氏バッサリ
スポーツ報知 5月14日(土)13時4分配信

Asamashi
定例会見で政治資金流用疑惑について説明した舛添要一東京都知事

 「公金への鈍感さが問われている。謙虚にしっかり改める」。政治資金を家族旅行など私的に流用したのではないかという疑惑が報じられ、13日に会見で釈明した東京都の舛添要一知事(67)は、珍しく何度も頭を下げ反省を口にしつつも、続投を宣言した。

 しかし、自民党の下村博文総裁特別補佐は同日夜のBS日テレ番組で「言い訳のようにしか聞こえない」「舛添氏は他人に厳しく自分に甘いところがあるのではないか」と批判。政治評論家の浅川博忠氏も「返金すれば済むという話ではない。庶民に受け入れられないだろう」と切り捨てた。

 注目は6月開会の都議会。議員数計123人のうち79人を占める自民、公明党会派は、知事選で自公の推薦を受け当選した舛添知事にとって“与党”のはずだが、「舛添氏は自公の議員とあまりうまくいっていないようだ」と浅川氏。同月7日から代表質問が始まるが、今回の説明に納得できない都民の声が高まれば、厳しい追及を行う可能性があるという。

 猪瀬直樹前知事は、徳洲会グループから5000万円を受け取った問題で都議会から追及され辞任に追い込まれた。11日から2日間で都庁に電話、メールで寄せられた舛添知事に対する批判は約480件。都の広報担当者などによると、この日の会見終了後も「この説明では納得できない」という電話が殺到したという。

 都職員の一人は「これで幕引きになるとは思えない。都民の反発は想像以上で、知事に対する逆風は続くのでは」と疲れた表情を見せた。


舛添都知事「家族旅行で会議」出席者、内容明かさず
日刊スポーツ 5月14日(土)10時5分配信

Sagi
定例記者会見で報道陣の質問に少し考える様子の舛添要一都知事(撮影・狩俣裕三)

 東京都の舛添要一知事は13日会見し、自身の政治団体の政治資金収支報告書に記載した飲食代の一部に、「公私混同」があったと認めた。正月のホテル滞在も家族旅行と認めたが、「会議を開いた」として、政治活動の一環と強弁。ただ、会議の実態は示さなかった。飲食代、ホテル代の約45万円を返金する。政治資金に関する金銭感覚について、舛添氏は「鈍感」と述べた。知事続投を明言したが、「舛添離れ」は加速している。今後も疑惑が続けば辞任の可能性もある。

 「精査」を重ね、会見に臨んだ舛添氏。釈明は1時間48分に及んだが、肝心の部分で、公私混同の疑惑を打ち消す説明はなかった。

 政治団体「グローバルネットワーク研究会」(14年解散)に記された、自宅や別荘近くの飲食店での一部出費について「いくつか私的なものが入っていた。心からおわびする」と謝罪。報告書を訂正し、返金する考えを示した。イタリア料理店や回転すし店でそれぞれ1件、高級てんぷら店では3件すべてが、私的な利用。5件の返金額は、約8万4000円になった。

 一方、13年と14年の正月、千葉県の「龍宮城スパホテル三日月」での宿泊も、家族旅行だったと認めた。ただ、滞在中に客室で都知事選出馬など、「緊急かつ重要な案件」だった会議を事務所関係者と開いたとして、「私は政治活動という認識を持った」と主張。「大きな部屋だったので会議で使ったが、疑念を招いた」として、約37万円の費用を返金すると述べた。

 会議の内容や相手、人数などは、「政治的な機微」「プライバシー」を理由に、回答を拒否。本当に会議を開いたのか、実態は最後まで分からなかった。

 質疑応答前の説明では6度頭を下げ、政治とカネの問題で辞任した甘利明前経済再生担当相と同じ、「不徳の致すところだ」と、政治家の謝罪の決まり文句を口にした。記載内容が事実と異なった背景については、会計責任者だった元秘書に「すべて任せていた」と強調。高額な海外出張費の理由説明でも「事務方」の責任をほのめかしたが、今回も対応は同じだった。

 「公私混同」は1回でなく、家族旅行でも会議をすれば、「政治活動をした」とする感覚。「庶民とかけ離れている」と指摘されると、「少し『鈍感さ』をやめなさいということと思う。その方向でやりたい」と、反省の弁を口にした。

 公用車での別荘通いや高額な海外出張費に続き、政治家としての資質が問われている舛添氏。「東京を世界一の都市にするため、今まで以上に働く」と、何度も知事続投を明言した。

 会見では、12年のお盆期間、栃木・日光のホテル宿泊代(8万3900円)が報告書に記載されていると指摘されたが、明言を避けた。「今日は『週刊文春』の疑惑に答える。(新たな疑惑は)今のところはないと思う」と、頼りない答えだった。今後も疑惑に関する説明を求められる事態になれば、知事の仕事どころではなくなる。【中山知子、三須一紀】

<公私混同? メモ>

 ◆大名視察(1) 昨秋の5泊7日のパリ、ロンドン出張の経費が5042万円だったことが今年3月に判明。往復ファーストクラス(266万円)、宿泊費の上限は規定では1泊4万200円だが、19万8000円のスイートに宿泊。随行職員は19人に上った。

 ◆大名視察(2) 批判を受け、随行職員を15人に減らしたが、今年4月12~18日のニューヨーク、ワシントン出張も往復ファーストクラス、宿泊も5つ星のスイート。「事務方に任せすぎた」「3割減らし、3500万円にした」と釈明。

 ◆公用車 昨年4月から今年4月11日まで計48回も公用車で東京から約100キロ離れた神奈川県湯河原町の別荘に行き来していたことが判明。「ルール通りにやっている。全く問題ない」と開き直ったが、高まる批判に「今後は使わないようにしようと思う」。


舛添都知事は倫理観の認識ゼロ/浅川博忠氏の目
日刊スポーツ 5月14日(土)10時5分配信

 舛添氏の会見は往生際が悪く、見苦しかった。本来なら辞職すべきだ。公人は公私を区別すべきだが、舛添氏は「政治とカネ」に関する倫理観の認識がゼロに近い。会見は開いたが、当初はごまかすような対応だった。また、会計責任者に責任を転嫁し、自分の責任は棚上げしている。ホテルの会議については、出席した代表者を証人として呼んで、説明させる必要があった。

 今後は、都議会の対応が焦点だ。与党が舛添氏を守るリスクは大きい。放置すれば参院選だけでなく、国政にも影響するかもしれない。野党は、都民の間にリコール(解職請求)などの動きを広げられるか。こういう人がリーダーでは、20年東京五輪に向けて非常に悪いイメージがあるのではないか。(政治評論家)


「先に家族旅行が決まっていた」舛添知事一問一答
日刊スポーツ 5月14日(土)10時5分配信

 東京都の舛添要一知事は13日会見し、自身の政治団体の政治資金収支報告書に記載した飲食代の一部に、「公私混同」があったと認めた。

 -なぜホテルの会議室を使わない

 「政治的な話なので会議室でやることではない」

 -会議の長さは

 「1時間か終日かは記憶にない」

 -当初から家族旅行と会議が予定されていたか

 「正月の家族旅行が先に決まっていた。その後、衆院選の敗戦処理や都知事選への出馬を決めるのに時間がなく会議の場にした」

 -当初から家族旅行だったなら私費でいいのでは

 「大事な会議を行ったので政治活動と判断した」

 -高額出張費も含め、他人のお金に謙虚でない

 「不徳の致すところ。政治家としての資質という話。そういう質問をされないようにやっていきたい」

 -ホテルにはプールがある。13、14年と2人の子どもは利用したか

 「(子どものことは)記憶にないが、私も温水プールで泳いだ記憶があります。せっかく行ったんだから」

 -ホテルの近くにある高級ブランド「ダンヒル」で買った小さなカバンが、事務所備品になっている

 「仕事で使っているカバンの中に入れて使っていたので法律的に問題ない」

 -なぜ政治資金と私費がごちゃまぜになったか

 「事務所に政治資金用と私用の領収書の箱が隣同士にある。私用には常に私のお金20万~30万円が置いてあり、それを使って私的な買い物をする。その領収書やレシートに宛名がなかったため、会計責任者がうっかりし、ミスが起きた」

 -白紙の領収書もあったのか

 「宛名なしはあったが、金額が書いてないことは1度も経験がない」

 -会見後、または今週末と湯河原には行くか。最後に行ったのはいつか

 「考えていない。いつかは記憶にない。今から行けとおっしゃるなら、あれですけど(苦笑い)」


舛添都知事会見84席に報道陣150人、猪瀬氏以来
日刊スポーツ 5月14日(土)10時5分配信

 東京都の舛添要一知事は13日会見し、自身の政治団体の政治資金収支報告書に記載した飲食代の一部に、「公私混同」があったと認めた。

 都庁の定例会見場は通常より24席増やし、84席が用意されたが、約150人の報道陣が集まった。テレビカメラは27台で、都によると、これほど集まったのは、13年11月に当時の猪瀬直樹都知事が徳洲会グループから5000万円を受け取った問題で会見した時以来だという。ある都庁職員は「自分のところのトップがこれでは残念」と肩を落とした。


舛添氏会見「納得できない」98%/緊急アンケート
日刊スポーツ 5月14日(土)10時5分配信

Takari
定例記者会見で報道陣の質問に耳を傾ける舛添都知事(撮影・狩俣裕三)

 日刊スポーツは、舛添都知事の釈明会見を、テレビやインターネットの動画、速報などで見た読者、ユーザーに緊急アンケートを行った。

 2131件の回答が寄せられ、「説明に納得できた」との回答はわずか48件(2・3%)。「納得できない」は2083件(97・7%)に上った。

 「一連の仕組みが悪かった、会計責任者が勘違いしたと責任転嫁している」「ただの家族旅行を選挙対策会議の場にしただなんて。ご自分の子どもたちにも笑われますよ」「号泣県議のウソを思い出した。上手なウソをつきなさい」「家族旅行をしていてほんの数時間会議をしたことにすると、全額公費ですか」。「政治的機微にかかわる」として会議出席者の人数さえ明かさない舛添氏の説明は全く説得力を持たなかった。

 ファーストクラスやスイートルームの利用についても「理解できる」はわずか162件(7・6%)、「理解できない」が1969件(92・4%)。「ファーストクラスでしっかり休養をとらないと仕事ができないほど、体が悪いのなら、辞職して別荘でゆっくり静養なさい」「マクドナルドのクーポンの人が、人のお金だと湯水のように使う。開いた口がふさがりません」…。「たかり」と答えた人もいた。

 この結果、進退を問う「辞任すべきか」という質問には「辞任すべき」が1998件(93・8%)と圧倒的だった。「辞任すべきでない」は133件(6・2%)。舛添氏が「史上最高の大会にしたい」と意欲を見せた東京五輪についても「東京五輪まで知事を続ける資格がある」は66件(3・1%)、「ない」が2065件(96・9%)。

 舛添氏は会見で「あとは有権者、都民の皆さんの判断にお任せしたい。ただ、都民の声をどういうふうに測るのか」と話した。

 しかし、知事-。少なくとも日刊スポーツのアンケートでは9割以上が説明責任を果たしておらず、辞任に値するとしていますよ。

 ◆舛添氏とマッククーポン券 「週刊文春」によると、舛添氏は都庁の男性職員に「ごちそうする」と言ってマクドナルドに誘った際、自宅にクーポン券があることを思い出し、その職員に取りに行かせたという。その間、マックの前で待っていた。自腹のときはクーポンを使っておごるという節約家ぶりを示すエピソード。

 ※アンケート集計時間 13日午後3時45分~同6時30分


舛添知事、45万円不適切計上 辞任否定 報告書訂正、返金へ
産経新聞 5月14日(土)7時55分配信

Ktbre
舛添要一知事(写真:産経新聞)

 東京都の舛添要一知事は13日の定例会見で、政治団体の政治資金収支報告書に家族と利用したホテルの宿泊費や私的な飲食費など計45万5505円を不適切に計上していたことを明らかにした。報告書を訂正し、返金する。「都民にご迷惑、ご心配をおかけした」と謝罪したが、「私の目的は東京を世界一の街にすること。都民の信頼回復に努めたい」と続投する意向を示した。

 舛添知事の政治団体「グローバルネットワーク研究会」(解散)の報告書によると、平成25年1月と26年1月に千葉県木更津市内のホテルに「会議費用」として計37万1100円を支出していた。

 舛添知事は家族と宿泊していた部屋に事務所関係者らを呼び、26年の都知事選への対応などの会議をしていたと説明し「重要な会議で私は政治活動だと認識していた」と釈明。その上で「懸念を招く内容だった」と返金する考えを表明した。

 さらに同研究会や別の政治団体の収支報告書に計上された飲食費のうち、都内の自宅や、神奈川県湯河原町の別荘近くの飲食店3店での計5件8万4405円についても返金する。舛添知事の説明によると、イタリア料理店と回転ずし店での2件は政治活動と確認できず、天ぷら店での3件は個人の飲食費を会計責任者が誤って計上したという。

 「備品」などとして支出していた画材や額縁などの購入費用については「(購入品を)都市外交のツールとして使っている」などとして法律上問題はないとした。

 舛添知事は「疑惑を持たれ、政治家として恥ずかしい」とする一方、「私は今日、真摯(しんし)に答えたつもりだ」と述べた。

 舛添知事をめぐっては、飛行機のファーストクラスを使った海外出張や、公用車での別荘通いが問題となり、批判が高まっていた。


舛添知事会見 ホテル宿泊、家族いる場で会議 私的飲食、会計担当の勘違い
産経新聞 5月14日(土)7時55分配信

Bikkd
記者の質問を聞く東京都の舛添要一知事 =13日午後、東京都新宿区の都庁(早坂洋祐撮影)(写真:産経新聞)
 ■進退、都民の負託応える

 「私の不徳のいたすところ」。東京都の舛添要一知事は13日の定例会見でこう繰り返し、政治団体からの不適切な支出を認めた。舛添氏自身、「公金に対する私の鈍感さが問われている」と総括したが、その言葉通り、感覚のズレが浮き彫りになった。

                   ◇

 グレーのスーツに青のネクタイ姿の舛添知事は神妙な表情で記者会見室に入った。通常の定例会見のおよそ4倍に当たる約160人の報道陣を前にコップの水を一口飲んで、口を開いた。「このような懸念があるのは不徳のいたすところ」。フラッシュを浴びながら、頭を下げた。

 【ホテル宿泊】

 最も批判を浴びていたのは千葉県木更津市でホテルに支出した「会議費用」。その“会議会場”は家族で宿泊していた部屋であり、自身も宿泊中は温泉などを満喫したにもかかわらず、平成25年1月に約24万円、26年1月に約13万円を計上した。

 舛添知事は、25年1月は直前の衆院選で自身の新党改革が大敗したことなどについて、26年1月は同年の都知事選について事務所関係者らと会議したため、「政治活動になる」と判断したという。いずれの会議についても「日程が限られ、この場所で会議をした。ただ、そこには家族がいた」とも述べた。

 会議室などを手配しなかった理由は「政治的な機微にかかわることなので、大きな会議室をとるわけにいかない」。会議の相手や人数などについても「政治的な機微」として語らず、報道陣から「会議をやっていないのではないかという不透明さがある」と指摘されても「差し控えたい」とかたくなだった。

 【私的飲食】

 東京都世田谷区にある自宅近くの天ぷら店で個人の飲食費3件、計約5万円も計上したことについては「政治活動で利用している飲食店でもあったことから、(会計責任者が)個人の飲食だと思わず、誤って計上した」。

 飲食店の支出をめぐる質疑の中ではあて名を空欄とした領収書を受け取っていたことを明らかにし、私的な領収書と政治活動の領収書を会計責任者が一括管理する中で「勘違いがあった」との認識を示した。

 政治資金に詳しい神戸学院大の上脇博之教授は「なぜ私的に使った金の領収書も会計責任者が処理していたのか不可解だ。政治資金を私的流用していたと疑われても仕方がない。会見は責任逃れに終始した印象だ」と語った。

 【美術関連の購入】

 舛添知事は美術関連の分野で、浮世絵を購入したほか、版画や自身の書などを額装するために額縁を買ったことも明かしたが、いずれも外国の議員らに渡したとし「議員外交、都市外交のツールで活用した。法律的には問題ない」。

 美術関連の書籍なども購入したというが、「国際交流に使うものと趣味は分けている」として政治資金の私的利用を否定した。

 【進退】

 高額な海外出張費、公用車での別荘通いなど公金に絡む騒動が続く舛添知事。今回の説明について都民が「説明責任を果たしていない」と判断する可能性を指摘されると、「1350万人全員の声を聞いて何百万対何百万という数字を出すということか。私は真摯(しんし)に答えたつもりだ」と反論。さらに「都民の負託に応えることが私のやるべき仕事だと思っている」とも述べた。

 会見時間は約1時間50分。終盤には「同じ質問が続いている」「(記者会見を主催する記者クラブの)幹事社さん、どうですか」など会見を切り上げたい様子を何度もみせた。


舛添都知事、政治資金流用疑惑苦しい弁明「家族と泊まる部屋で選挙の会議」
スポーツ報知 5月14日(土)7時4分配信

 政治資金を私的流用した疑惑が「週刊文春」に報じられた東京都の舛添要一知事(67)は13日会見し、自身が代表を務めていた政治団体(解散)が収支報告書に計上した千葉県内のホテルでの「会議費用」約37万円が、家族4人の宿泊費だったことを明らかにした。

 また、報告書の「飲食代」の一部に私的な飲食費が含まれていたことも認め、近く報告書を訂正、返金するとした。知事は「説明責任は果たした」と続投を宣言。しかし、釈然としない説明に「納得できない」などの批判の声が都庁に寄せられるなど、騒動はまだ終わりそうもない。

 東京都庁6階の会見室にはテレビカメラが約25台並び、84の記者席は満席。立ち見を含め160人以上の記者やカメラマンであふれかえった。注目の会見に臨んだ舛添知事は、苦しい釈明に追われた。

 2013年1月と翌年1月に、千葉県木更津市の「龍宮城スパホテル三日月」での「会議費用」として政治資金収支報告書に記載した計約37万円について、舛添知事は「家族と宿泊していた部屋で(会議を)行った」と認めた。「家族と宿泊していた部屋を利用したことを反省をしている」とし、政治資金収支報告書を訂正し、返金することを明らかにした。

 会議は事務所関係者らと昼ごろに行ったという。「(14年2月の)都知事選挙への対応など」だったと説明。「極めて日程が限られているなかで、こういう形でやるしかなかった。政治活動だと認識している」とした。だが、会議の場に誰が、何人いたのか問われると、「政治活動の機微に関わることなので、控えさせていただきたい」と、最後まで具体的な回答を拒んだ。

 高層階の部屋で妻、子ども2人と13年に2泊、14年に1泊したと言い、「プールや温泉につかって楽しみましたよ」と開き直るように笑ってみせた。

 また、政治資金収支報告書に計上した「飲食代」の一部に、私的な飲食費が含まれていたことも明らかにした。宿泊費2件と飲食費5件の計45万5500円について政治資金収支報告書を訂正、削除し、返金するとした。

 自身の責任については「(事務所の)会計担当者の選任と監督はきちんとしないといけない。今回、見落としがあったから反省しないといけない」と述べた上で、「都知事としての職責を果たしていく」と述べて、続投を宣言した。

 高額の海外出張費、公用車を使った神奈川・湯河原町の別荘通いなど、批判が高まっていただけに、報道陣との問答は107分間に及んだ。「今日はだいぶ疲れているようだが、この後、湯河原に行くのか?」と問われ、知事は「いやいや、この会見の後、いっぱい仕事が残っている」と慌てた様子で会見室を後にした。

« 熊本・震度7の地震に関するニュース・76 | トップページ | 熊本・震度7の地震に関するニュース・77 »

ニュース」カテゴリの記事

左翼・売国」カテゴリの記事

破廉恥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/63625552

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の犬、裏切り者・舛添要一を東京都知事から追放せよ・4:

« 熊本・震度7の地震に関するニュース・76 | トップページ | 熊本・震度7の地震に関するニュース・77 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31