« 航空自衛隊の飛行点検機U-125、鹿児島上空で行方不明・2 | トップページ | 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2117 »

2016年4月 8日 (金)

航空自衛隊の飛行点検機U-125、鹿児島上空で行方不明・3

航空自衛隊によると、航空自衛隊入間基地所属の飛行点検機(航法施設検査機)U-125の機影が6日午後2時35分頃、海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿児島県鹿屋市)の北約10キロの上空でレーダーから消え、消息が途絶えた。空自機には6人が搭乗していた。現在、空自などが捜索している。

鹿屋基地によると、同機は航空自衛隊入間基地(埼玉県)に所属、この日は6人が搭乗して鹿屋基地から離陸、同基地周辺を低高度で飛行しながら、同基地から発信される航空機の着陸誘導などに利用される電波が正常な状態かを確認する任務にあたっていた。

最初の記事
2番目の記事

リンク:U-125墜落、標高の誤認識が原因…航空自衛隊 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:空自機墜落12秒前に警報音、2秒後に止める - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<鹿児島・空自機>山の標高誤認し衝突 雲で視界遮られ? - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:標高誤認、警報装置も切る=空自機墜落で調査結果―4月鹿児島6人死亡・防衛省 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:空自機墜落6人死亡…地上接近警報を切る - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:空自搭乗員6人の身元確認=鹿児島の飛行点検機墜落―防衛省 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<空自機墜落>6人の遺体は搭乗隊員と確認 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「時速300キロ以上は出ていた」との見方も 地元隊員も避ける空域 空自機墜落事故 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:空自機墜落、6遺体収容し移送…機体回収へ調査 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<空自機墜落>6人の遺体を埼玉・入間基地に搬送 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:6人遺体、入間基地へ=鹿児島空自機事故―防衛省 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<空自機墜落>6人全員の死亡を確認 低い高度で山に衝突か - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

U-125墜落、標高の誤認識が原因…航空自衛隊
レスポンス 8月17日(水)9時31分配信

455
事故機の衝突約5分前からの飛行経路

航空自衛隊は、今年4月6日に鹿児島県鹿屋市の御岳山付近で墜落したU-125型機の航空事故調査結果をまとめた。U-125は4月6日14時35分ごろ、鹿児島県鹿屋市高隈山系御岳山頂東側760mに墜落した。

事故機は、海上自衛隊鹿屋航空基地での定期飛行点検のため、同日8時49分に入間飛行場を離陸し、鹿屋飛行場周辺に到達後、午前中に計画した飛行点検を終了、12時06分に同飛行場に着陸した。燃料補給後、13時15分に同飛行場を離陸し、残りの飛行点検としてTACANN(戦術航法装置)点検を実施、点検項目の1つであるアライメント・オービット点検を開始した。

点検では、鹿屋TACANから距離6マイル(9.6km)を維持し、途中で高度を2500フィート(760m)から3000フィート(910m)に変更して、反時計回りの周回飛行を実施していたところ、14時35分頃に鹿屋ターミナル管制所のレーダー画面上から機影が消失した。

翌日、陸上自衛隊の捜索隊が高隈山系御岳山頂東側の山腹で事故機を発見、搭乗員6人全員の死亡が確認された。

事故機は飛行点検中、経路上の山腹に衝突したが、事故原因については、事故機が山腹に衝突するまで鹿屋TACANから距離6マイル、高度3000フィート(910m)で飛行を継続したことにあるとしている。

事故機機長が飛行点検経路上の山の標高を誤認識し、事故機副操縦士もその誤認識に気付かなかった。また、2500フィートから3000フィートに高度を変更した以降、雲に接近または入って視界が遮られる状況になっていた。GPWS(対地接近警報装置)が作動しているにもかかわらず適切な対応をとらなかったことなどが事故原因と見られる。

また、事故に至った背景には、不十分な監督指導があったものとしている。

調査報告書では、事故防止策として航空法など、関連法規の厳守や綿密な飛行計画の策定、警報に対する的確な対処、各級指揮官の厳格な監督指導などを意見している。

《レスポンス レスポンス編集部》


空自機墜落12秒前に警報音、2秒後に止める
読売新聞 7月29日(金)20時55分配信

 鹿児島県鹿屋(かのや)市の御岳(おんたけ)山頂付近で今年4月、航空自衛隊のジェット機が墜落して乗員6人が死亡した事故で、空自は29日、機長らが山の標高を誤って認識した上で、地表への急接近を警告する装置の警報音を停止させるなど、複数の人為ミスが事故につながった可能性があるとする調査結果を発表した。

 調査結果によると、同機には対地接近警報装置があり、山腹に衝突する12秒前に警報音が鳴ったが、機長らが音を止めていた。部隊では、警報音で機内での会話が聞き取りづらい場合などに、音を止めることがあったという。

 また、機長が作成した飛行計画では、誤って現場付近の山の標高よりも低く飛ぶ設定になっていたほか、計画を見た上司らも気付かなかった。当時は雲が出て視界が悪く、空自はミスが重なったことで、山への接近に気付くのが遅れた可能性があるとみている。


<鹿児島・空自機>山の標高誤認し衝突 雲で視界遮られ?
毎日新聞 7月29日(金)20時19分配信

496
焼け跡が残る墜落現場=鹿児島県鹿屋市で2016年4月8日午前9時45分、本社ヘリから津村豊和撮影

 鹿児島県の山中で4月、航空自衛隊の飛行点検機「U125」が墜落し乗員の隊員6人が死亡した事故で、空自は29日、調査結果を公表した。機長が山の標高を誤って認識した上、地表に異常接近した際に鳴る対地接近警報装置(GPWS)が作動したのに衝突回避に向けた適切な操作をしていなかったことなどが原因だったと結論づけた。

 調査結果によると、同機は、海上自衛隊鹿屋航空基地(同県鹿屋市)にある、方位や距離を周辺の航空機に知らせる無線施設の点検のため、基地から約11キロを反時計回りに円を描いて飛行していた。その飛行経路には標高約1090メートルの山あいがあったが、機長は飛行計画で同機の最高高度を低い約910メートルとしていた。機長が同基地で今回のような点検を行うのは初めてだった。

 同機のフライトレコーダーやボイスレコーダーによると、事故当時、機長の指示の下、副操縦士が操縦し、高度約910メートルを時速約300キロで飛行。計器に頼らずに目視する有視界飛行だったが、雲に入って視界が遮られる状況にあったとみられる。墜落の12秒前にGPWSの警報音が鳴ったが、2秒後に警報は消え、上昇などの回避動作はなかった。

 空自ではこれまで機長作成の飛行計画をチェックする決まりがなかった。そのため、空自は再発防止策としてチェック態勢を整え、全国各地の基地周辺の地形特性をまとめた内部資料も新たに作成した。【町田徳丈】


標高誤認、警報装置も切る=空自機墜落で調査結果―4月鹿児島6人死亡・防衛省
時事通信 7月29日(金)16時8分配信

 鹿児島県鹿屋市の御岳で4月、航空自衛隊のU125飛行点検機が墜落し乗員6人が死亡した事故で、防衛省航空幕僚監部の事故調査委員会は29日、機長らがルート上の標高を誤認して飛行計画を立てた上、地表との接近を警告する装置を切るなど人為的ミスが重なったことが原因とする調査結果を公表した。

 機体のトラブルは確認されなかったという。

 調査委によると、事故機は4月6日午後1時51分、海自鹿屋航空基地(鹿屋市)を離陸。基地から約10キロの距離を維持しながら、時速300キロ以上で反時計回りに旋回していたが、同2時35分ごろ、高度約914メートルで山に衝突した。機長の平岡勝3等空佐=当時(46)=が指導し、1尉の副操縦士=同(34)=が操縦していた。

 ルート上の最高標高は約1090メートルだったが、機長は事前に約760~910メートルで飛行する計画を策定。別ルートの標高と勘違いしていた可能性が高く、飛行中は雲で視界が遮られ、山に気づくのが遅れたとみられる。


空自機墜落6人死亡…地上接近警報を切る
読売新聞 7月28日(木)15時35分配信

 鹿児島県鹿屋(かのや)市の御岳(おんたけ)山頂付近で今年4月、航空自衛隊のジェット機「U125」が墜落して乗員6人が死亡した事故で、同機が墜落前に地表への接近を警告する装置を切っていたことが、空自の調査でわかった。

 同機は当時、管制に頼らない有視界飛行をしており、警報装置が鳴らなかったことで、山への接近に気づくのが遅れたとみられる。また、飛行計画の高度が誤っていたことも判明。空自は複数の人為的ミスが重なったことが事故の原因とみて、近く調査結果を公表する。

 防衛省関係者によると、飛行データを記録したフライトレコーダーなどを調べた結果、同機が飛行中に警報装置を切っていたことが判明。同機は任務の特性上、低空を飛ぶことが多いため、機長らが頻繁に警報が鳴ることを避けようとして切ったとみられている。


空自搭乗員6人の身元確認=鹿児島の飛行点検機墜落―防衛省
時事通信 4月13日(水)20時5分配信

 航空自衛隊のU125飛行点検機が墜落した事故で、防衛省航空幕僚監部は13日、死亡したのは搭乗していた機長の平岡勝3等空佐(46)ら空自隊員6人と確認したと発表した。

 空幕が遺体の身元確認を進めていた。

 14日午後に入間基地(埼玉県狭山市)で葬送式が行われる。


<空自機墜落>6人の遺体は搭乗隊員と確認
毎日新聞 4月13日(水)19時34分配信

5
焼け跡が残る墜落現場から担架を搬送する自衛隊のヘリコプター=鹿児島県鹿屋市で2016年4月8日午前9時57分、本社ヘリから津村豊和撮影

 航空自衛隊のU125飛行点検機が鹿児島県鹿屋市の山中に墜落した事故で、空自は13日、墜落現場で収容した6人の遺体について、搭乗していた隊員と確認したと発表した。

 死亡したのは▽機長、平岡勝3佐(46)▽副操縦士、原口司1尉(34)▽機上無線員、白鳥博己准尉(52)▽同、聞間祐太3曹(27)▽機上整備員、渡貫郁夫曹長(43)▽同、米沢鉄平2曹(34)。

 同機は低い高度のまま飛行経路付近の御岳(おんたけ、標高1182メートル)に激突していた。雲がかかり視界が良くなく、山に気づくのが遅れた可能性がある。【町田徳丈】


「時速300キロ以上は出ていた」との見方も 地元隊員も避ける空域 空自機墜落事故
西日本新聞 4月11日(月)15時21分配信

9
木々がなぎ倒され、墜落した空自機のものとみられる破片が散らばる山の斜面=8日午前9時58分、鹿児島県鹿屋市

 航空自衛隊機が鹿児島県の山中に墜落し、6人が死亡した事故。現場の高隈山・御岳(1182メートル)では44年前にも自衛隊機による事故が起きており、天候が悪ければ、地元の自衛隊機も避ける難しい空域だった。ベテラン機長らの自衛隊機に何が起きたのか-。

 事故を起こしたのは空自飛行点検隊(埼玉県・入間基地)に所属するU125飛行点検機。防衛省によると、海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿児島県鹿屋市)から離陸した後、基地から約11キロ北の御岳周辺でレーダーから機影が消えた。

 墜落現場の標高は約900メートル。機体の残骸は広範囲に飛び散っていた。航空評論家の青木謙知氏は「かなりの衝撃で山にぶつかったと考えられる。少なくとも時速300キロ以上は出ていた」とみる。

 現場は標高千メートル級の山が連なり、事故当時は雲がかかっていた。「こういうときは鹿屋の隊員なら山には近づかない。地形に不慣れだった可能性がある」。鹿屋基地の勤務経験がある元海自パイロットの男性によると、鹿屋基地のパイロットは、高隈山方面に向かう時は特に気を使うという。

 1972年に起きた事故は、7人乗りの海自プロペラ機が御岳山中に墜落。天候の急変が事故原因の一つとされた。

「数秒の判断ミスで重大な事故を起こす」
 飛行点検隊は、全国の自衛隊の航空基地でさまざまなルートを飛び、無線設備の点検を行う。事故機は当時、短距離航行を支援する戦術航法装置(TACAN)の無線を受信する点検をしていた。

 事故機「タワー、トライヤー43、タカンを2号機に切り替えお願いします」

 管制塔「了解、スタンバイ…切り替え完了しました」

 事故機「トライヤー43、了解しました」

 点検では、事故機は鹿屋基地から約11キロの距離を保って反時計回りに飛んでいた。管制塔と最後に交信したのは午後2時31分。このやりとりの4分後、レーダーから消えた。

 交信は通常任務のやりとりで、青木氏は「機体にトラブルがあれば、交信に残るはずだ」といい、機体に異常があった可能性は低いとみる。

 鹿屋基地で勤務したことのある別の元海上自衛官によると、点検は低空で行われ、「有視界飛行」と呼ばれる目視に頼った飛行になる。このため機体が雲の中にいると、操縦士が自分の飛行位置が分からなくなる「ロストポジション」に陥った可能性を指摘する。「山があると分かっていても、数秒の判断ミスで重大な事故を起こす」

発見した隊員数の誤発表を陳謝
 今回の墜落事故を巡っては、航空幕僚監部が7日に、発見した隊員の数を誤って発表。連絡ミスがあったとして陳謝した。

 民間機と違い、自衛隊機の事故原因の調査は所属する自衛隊の航空事故調査委員会に委ねられる。ある空自幹部は「反省点が多い。原因をきちんと調査し、出直す覚悟で再発防止に取り組まなければ、国民の信頼を回復できない」と話している。


空自機墜落、6遺体収容し移送…機体回収へ調査
読売新聞 4月9日(土)21時23分配信

 鹿児島県鹿屋(かのや)市の御岳(おんたけ)(1182メートル)付近に航空自衛隊入間(いるま)基地(埼玉県)のジェット機「U125」が墜落した事故で、防衛省は9日、6人の遺体を海上自衛隊鹿屋航空基地から入間基地に輸送機で移送した。

 6人は山頂から東に約600メートル、標高約900メートルの険しい斜面で見つかり、収容された。遺体は、安置されていた施設から霊きゅう車で鹿屋基地の駐機場に運ばれ、敬礼で迎えた隊員らが棺(ひつぎ)を輸送機3機に分けて運び入れた。

 一方、同省は墜落地点に散乱した機体の回収方法を調査するため、隊員約100人を現地に投入。破片の大きさや場所、陸上から行き来するためのルートを調べるなどした。10日も調査を継続し、準備が整い次第、回収を始めるという。


<空自機墜落>6人の遺体を埼玉・入間基地に搬送
毎日新聞 4月9日(土)17時45分配信

 航空自衛隊の飛行点検機「U125」が鹿児島県鹿屋市の御岳(おんたけ)山中に墜落した事故で、空自は9日、山中から見つかった空自の搭乗隊員6人とみられる遺体を輸送機で海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿児島県)から隊員の所属部隊がある入間基地(埼玉県)に搬送した。

 御岳より低い高度のまま山に激突しており、空自の航空事故調査委員会は、現場から回収したフライトレコーダーやボイスレコーダーを解析するなど本格的な調査を始める。【町田徳丈】


6人遺体、入間基地へ=鹿児島空自機事故―防衛省
時事通信 4月9日(土)16時59分配信

 鹿児島県鹿屋市の御岳(1182メートル)山頂周辺で航空自衛隊のU125飛行点検機が墜落した事故で、防衛省は9日午後、現場近くで発見された6人の遺体を、同機が所属する入間基地(埼玉県)に搬送した。

 同省は、機長の平岡勝3等空佐(46)ら乗組員とみて最終的な身元確認を進めるとともに、事故原因究明に向けて機体の回収を進める。

 同省航空幕僚監部によると、墜落現場では9日、約100人態勢で現場の状況確認や機体回収の準備作業を行った。本格的な機体の回収は10日以降に行う。


<空自機墜落>6人全員の死亡を確認 低い高度で山に衝突か
毎日新聞 4月8日(金)23時50分配信

5
焼け跡が残る墜落現場から担架を搬送する自衛隊のヘリコプター=鹿児島県鹿屋市で2016年4月8日午前9時57分、本社ヘリから津村豊和撮影

 航空自衛隊入間基地(埼玉県)所属の飛行点検機「U125」(乗員6人、全長15.6メートル)が鹿児島県鹿屋市の御岳(おんたけ)山中に墜落した事故で、自衛隊は8日、現場付近で心肺停止状態で見つかった6人全員の死亡を確認した。6人が搭乗していた空自隊員とみて、身元の確認を急いでいる。

 現場の状況から、同機は山のふもと側から山頂側に向けて衝突したとみられ、山に接近して回避できず、低い高度のまま衝突した可能性が高まった。

 搭乗していた隊員は、機長の平岡勝3佐(46)▽副操縦士の原口司1尉(34)▽機上無線員の白鳥博己准尉(52)▽同じく聞間祐太3曹(27)▽機上整備員の渡貫郁夫曹長(43)▽同じく米沢鉄平2曹(34)。

 空自などによると、墜落現場は標高約900メートルで、木がなぎ倒された方向などから、ふもと側から山頂に向かって衝突したとみられる。管制との交信をはじめ、直前まで異常がみられないことなどから、杉山良行航空幕僚長は8日の記者会見で「機材トラブルではないと思う」と述べた。

 空自は現場からフライトレコーダーとボイスレコーダーを回収した。空自の航空事故調査委員会が分析して原因解明を進める。

 同機は、海上自衛隊鹿屋航空基地にある無線施設からの電波発信状況を点検するため、基地から半径約11キロの円を描くように飛行していた。事前の計画では高度約910~約760メートルを飛行予定で、経路上にある標高1182メートルの御岳は機長の判断で高度を変えて飛行するという。今回は雲などの視界不良で山への接近に気づくのが遅れた可能性もある。

 平岡機長は飛行時間約6000時間のベテラン。F2戦闘機のパイロットや教育部隊の教官を務め、曲技飛行隊「ブルーインパルス」でリーダーシップを求められる1番機の経験もある。3年前からU125部隊に所属し、鹿屋基地周辺も飛行したことがあった。

 杉山空幕長は3年ほど同じ職場だったことがあり「腕がいいしハートもいい。非常に信頼する部下で人間的にすばらしい」と述べた。【町田徳丈】

« 航空自衛隊の飛行点検機U-125、鹿児島上空で行方不明・2 | トップページ | 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2117 »

システム・技術・産業」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

事故・トラブル・インシデント」カテゴリの記事

国防・軍事・安全保障」カテゴリの記事

船舶・鉄道・航空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/63458527

この記事へのトラックバック一覧です: 航空自衛隊の飛行点検機U-125、鹿児島上空で行方不明・3:

« 航空自衛隊の飛行点検機U-125、鹿児島上空で行方不明・2 | トップページ | 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2117 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31