« 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2115 | トップページ | 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2116 »

2016年4月 6日 (水)

航空自衛隊の飛行点検機U-125、鹿児島上空で行方不明

航空自衛隊によると、航空自衛隊入間基地所属の飛行点検機(航法施設検査機)U-125の機影が6日午後2時35分頃、海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿児島県鹿屋市)の北約10キロの上空でレーダーから消え、消息が途絶えた。空自機には6人が搭乗していた。現在、空自などが捜索している。

鹿屋基地によると、同機は航空自衛隊入間基地(埼玉県)に所属、この日は6人が搭乗して鹿屋基地から離陸、同基地周辺を低高度で飛行しながら、同基地から発信される航空機の着陸誘導などに利用される電波が正常な状態かを確認する任務にあたっていた。

リンク:乗員か4人発見、心肺停止状態=不明の空自機捜索、機体一部も―鹿児島・防衛省 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「発見」の一報に慌ただしく=情報交錯も、捜索指揮所―鹿児島 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:空自、発見者を6人から1人に訂正 5人の捜索は継続中 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<空自機不明>心肺停止1人と訂正 5人引き続き捜索 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:発見者1人に訂正=不明の空自機捜索・鹿児島―防衛省 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:空自機不明 搭乗の空自隊員? 心肺停止の6人を発見 周辺から機材も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:空自機不明 自衛隊トップ「大変残念、身元確認急ぐ」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:空自機不明 心肺停止の6人発見 機体の一部も 記者も捜索に同行 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:不明の空自機か 乗員とみられる6人心肺停止で発見 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:空自機、機体の一部発見…6人心肺停止 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:空自機不明 6人全員を発見「心肺停止の状態」、機体の一部も 鹿児島山中に墜落か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:乗員6人発見、心肺停止状態=不明の空自機捜索で・鹿児島 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<空自機不明>心肺停止の6人発見 鹿児島の山中 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:空自機が鹿児島で消息絶つ 7日朝から捜索再開 - 速報:@niftyニュース.
リンク:<空自機不明>荒天の中捜索再開 ヘリ出動できず - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「濃霧で全く見えず」空自機不明 捜索難航 鹿児島の山中 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:空自機不明「懸命に捜索活動」と中谷防衛相 上空からの捜索ままならず - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<空自機不明>捜索エリア拡大 濃霧と雨「厳しい状況」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:空自機不明 中谷防衛相「早期発見に努める」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:空自機不明「仲間を早く救出したい」一夜明け600人態勢で捜索再開 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:不明空自機の捜索続く=6人乗り、500人態勢―鹿児島 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:6人搭乗、空自機不明 鹿児島上空で通信絶つ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:鹿児島で不明の空自機、600人態勢で捜索再開 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:周囲に山連なる飛行注意地帯…空自機不明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<空自機>レーダーから消えた高度は地上880メートル - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<空自機不明>「山から煙」と119番 捜索を深夜打ち切り - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:空自機不明 中谷防衛相「発見に全力挙げる」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<空自機>6人乗り、レーダーから消える 鹿児島・高隈山か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:6人搭乗の航空自衛隊機、鹿児島上空で消息を絶つ 自衛隊、警察が必死の捜索 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:牧場に捜索隊300人=空自機の不明地点近く、ヘリも巡回―鹿児島 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<空自機>レーダーから消える 6人搭乗 鹿児島 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:6人乗り航空自衛隊機、鹿児島県上空で消息絶つ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:6人搭乗の航空自衛隊機、鹿児島上空でレーダーから消失 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:6人乗り空自機不明=山に捜索隊―鹿児島 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

乗員か4人発見、心肺停止状態=不明の空自機捜索、機体一部も―鹿児島・防衛省
時事通信 4月7日(木)19時48分配信

 鹿児島県上空で消息を絶った航空自衛隊入間基地(埼玉県)所属のU125飛行点検機(乗員6人)の事故の捜索で、7日午後3時40分ごろ、新たに3人が発見された。

 これにより乗員とみられる計4人が見つかったことになる。防衛省によると、いずれも心肺停止状態だった。同省は現地の天候状況などから捜索活動を一時中断する。


「発見」の一報に慌ただしく=情報交錯も、捜索指揮所―鹿児島
時事通信 4月7日(木)19時8分配信

 航空自衛隊機が行方不明になった地点に近く、捜索の拠点となった「鹿屋市鳴之尾牧場」(鹿児島県鹿屋市)。

 指揮所が置かれた部屋には、7日午後1時すぎから急に自衛官や警察官らが慌ただしく出入りするようになり、一気に緊迫した雰囲気に包まれた。

 ただ、指揮所でも情報は交錯したとみられ、発見の一報が伝えられても、現場の広報担当者が対応に戸惑う場面も。防衛省は当初「搭乗者とみられる6人を発見」と発表、現場の広報担当者も「そう聞いている」と話したものの、状況については「人らしきものを発見し、隊員が向かっている」と不確定で、食い違う説明。

 矢継ぎ早に飛ぶ質問にはほとんど答えられず焦燥した様子で「確認中」を繰り返した。その後、防衛省が「発見されたのは1人」と発表内容を訂正した。

 牧場の周辺は朝から断続的に強い雨が降り、機体の一部とみられる部品などが見つかった御岳山頂付近は霧が深いといい、夜通しの捜索から戻った隊員らは疲れた様子。報道陣からの呼び掛けにも硬い表情を崩さなかった。


空自、発見者を6人から1人に訂正 5人の捜索は継続中
産経新聞 4月7日(木)16時41分配信

 航空幕僚監部は7日、航空自衛隊機「U125」が鹿児島県上空で消息を絶った事故で、乗員の空自隊員とみられる心肺停止状態の6人が発見されたと公表したことに関し、発見されたのは1人だったと訂正した。

 残りの乗員5人については捜索活動を継続している。


<空自機不明>心肺停止1人と訂正 5人引き続き捜索
毎日新聞 4月7日(木)16時29分配信

 航空自衛隊の飛行点検機「U125」が鹿児島県上空で消息を絶った事故で、空自は7日午後、同県の山中で搭乗員の隊員とみられる6人を心肺停止の状態で発見したとの発表を訂正し、発見したのは1人だったとした。この1人について身元確認を進めるとともに、残る5人について引き続き行方を捜している。

 空自によると、現場で情報が錯綜(さくそう)しており、誤った情報をそのまま発表したという。


発見者1人に訂正=不明の空自機捜索・鹿児島―防衛省
時事通信 4月7日(木)16時11分配信

 鹿児島県上空で消息を絶った航空自衛隊入間基地(埼玉県)所属のU125飛行点検機(乗員6人)の事故で、防衛省は7日、乗員とみられる6人が鹿児島県御岳山頂の東約500メートル付近で捜索隊に発見されたと発表したが、その後、発見されたのは1人と訂正した。


空自機不明 搭乗の空自隊員? 心肺停止の6人を発見 周辺から機材も
産経新聞 4月7日(木)16時4分配信

486
濃霧の中、捜索へ向かう陸上自衛隊の隊員ら=7日午前、鹿児島県鹿屋市(写真:産経新聞)

 鹿児島県上空で6日、航空自衛隊入間基地(埼玉県)に所属する航空機「U125」(6人搭乗)が消息を絶った事故で、防衛省は7日、高隈山御岳(鹿児島県鹿屋市)の山中で、心肺停止状態の6人を発見したと明らかにした。周囲の状況から乗員の空自隊員とみられる。同省は現場に医師を派遣するとともに、身元の確認を急いでいる。

 空自によると、6人が発見されたのは、海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿屋市)から北約10キロでレーダーから機影が消えた地点より、さらに西に約300メートル頂上に向かった山腹。6人は比較的近い場所で発見され、周辺から機内に積んでいた無線機と飛行点検用器材が容器に入ったまま見つかった。機体などの状況は分かっていないという。

 U125は6日午後1時15分ごろに鹿屋基地を離陸したが、同2時35分ごろ、鹿屋基地の北約10キロの地点でレーダーから機影が消えた。同機には空自入間基地飛行点検隊に所属する機長の40代の男性3等空佐と副操縦士、整備と無線を担当する隊員各2人の計6人が搭乗。鹿屋基地にある戦術航法装置(TACAN)の電波状況を点検する任務に当たっていた。

 自衛隊や鹿児島県警などは6日に続き、7日も早朝から約600人態勢で捜索活動を行っていた。


空自機不明 自衛隊トップ「大変残念、身元確認急ぐ」
産経新聞 4月7日(木)15時55分配信

481
濃霧の中、バイクで捜索に向かう陸上自衛隊の隊員ら=7日午前、鹿児島県鹿屋市(写真:産経新聞)

 自衛隊トップの河野克俊統合幕僚長は7日の記者会見で、航空自衛隊機「U125」が鹿児島県上空で消息を絶ち、乗員の空自隊員とみられる心肺停止状態の6人と、機体の一部とみられる破片が見つかったことについて「身元も含めて最終確認を急がせている。このような事案が発生したことについては大変残念に思っている」と述べた。

 その上で「原因究明は徹底して行わなければいけない。再発防止には万全を期したい。事故が起きた場合は連鎖するということもあるので、そういうことにならないよう努めたい」と語った。


空自機不明 心肺停止の6人発見 機体の一部も 記者も捜索に同行
西日本新聞 4月7日(木)14時15分配信

488
濃い霧に覆われた山道を歩いて捜索に向かう自衛隊員たち=7日午前7時45分、鹿児島県鹿屋市

 航空自衛隊入間基地(埼玉県狭山市)の6人が搭乗するU125飛行点検機が、鹿児島県鹿屋市の高隈山(1037メートル)付近で消息を絶った事故で、自衛隊と警察、消防が7日朝から600人態勢で山間部を捜索。防衛省が同日午後、「午後1時15分ごろ、(高隈山の)御岳山頂付近で乗員とみられる6人を心肺停止状態で発見。機体の一部も発見した」と発表した。

 陸上自衛隊は7日午前6時、地上からの捜索を開始した。自衛隊によると、山中の視界は約15メートルで風速は10メートル超。濃い霧と強風の影響でヘリコプターや航空機による上空からの捜索は見合わせていた。

 中谷元・防衛相は7日午前、防衛省で記者団に「隊員の無事生還を願っている。懸命に捜索活動をして早期発見に努めたい」と述べていた。

 点検機は6日午後2時35分ごろ、高隈山付近でレーダーから機影が消え、通信も途絶えた。墜落か不時着した可能性があるとみて自衛隊などが捜索していた。同時刻ごろ、海上自衛隊鹿屋航空基地のカメラが、高隈山中腹の「鳴之尾牧場」から東3キロ地点付近から立ち上る白煙をとらえており、関連を調べていた。

■空からは断念、600人捜索
 濃い霧に包まれ、10メートル先も見通せない。強風で木々が音を立てて揺れる。列をなす自衛隊員は黙ったまま山道を上った。鹿児島県鹿屋市と垂水市にまたがる高隈山付近で消息を絶った自衛隊機の捜索で7日午後、不明機の機体の一部と乗組員6人が見つかった。

 午前5時半ごろ、自衛隊の指揮所が置かれた鹿屋市の「鳴之尾牧場」に自衛隊、警察、消防の車両が続々と到着した。捜索隊は前日から大幅に増強され、600人態勢で6班に分かれて東西2キロ、南北約6キロを捜索する。

 陸上自衛隊の根本正之第12普通科連隊長は隊員の出発前、「事故を起こして申し訳ない。人海戦術のローラー作戦で少しでも早く仲間をこの森から助け出したい」と訓示した。指揮所では「水をもっていけ。ない人は分けてもらえ」という声が飛び交った。

 捜索に参加する地元消防隊の男性は「頂上は岩山。その先は4、5メートルの木が生い茂り、獣道もないようなところだ。これまで山岳救難の救出には何度も経験しているが、航空機事故は初めて。厳しい捜索になる」と険しい表情だった。

 午前9時25分、西日本新聞記者は捜索隊の一班に同行して指揮所を出発し、山の中腹を目指した。隊員は迷彩服にヘッドライトを取り付けたヘルメット姿。背負っているリュックサックには捜索用の防護マスク、乾パンなどの食料、水が入っている。不明の仲間を気遣ってか、会話する隊員はいない。

 細い林道を1列になって進む。霧で先も空も見えず、目の前の隊員の背中だけを見つめながら登る。強風で周囲の木が揺れ、嵐のように雨粒が吹き付けた。息が切れた。

 約1時間半かけて登山道の入り口に着いた。標識には「御岳登山口」「標高754メートル」とある。登山道に入ると、道幅は1メートルほどで、ぬかるんだ泥に足を取られる。隊員たちは地図を片手に、うっそうと茂る木々の中で尾根に向かう道を探した。

 木が倒れたり焦げたりしている地点はないか、隊員たちは目を凝らしていた。ただ、険しい山に電波が遮られ無線連絡もままならない。

 午前5時に海上自衛隊のP3C哨戒機が鹿屋基地を離陸したが、悪天候で引き返した。午前中の段階では航空機が飛べず、地上からの捜索のみだった。 

=2016/04/07付 西日本新聞夕刊=


不明の空自機か 乗員とみられる6人心肺停止で発見
西日本新聞 4月7日(木)14時2分配信

487
深い霧に覆われた明け方、自衛隊指揮所が置かれた牧場に集まる自衛隊車両=7日午前5時56分、鹿児島県鹿屋市

 防衛省幹部によると、7日、航空自衛隊機が不明となった現場付近で、乗員の空自隊員とみられる、心肺停止状態の6人と、機体の一部とみられる破片が見つかった。6人が見つかったのは、同日午後1時15分ごろで、山頂付近。

=2016/04/07 西日本新聞=


空自機、機体の一部発見…6人心肺停止
読売新聞 4月7日(木)14時1分配信

 鹿児島県の海上自衛隊鹿屋(かのや)航空基地(鹿屋市)近くの上空で6日に消息を絶った航空自衛隊のジェット機「U125」の一部とみられる残骸が7日、同県鹿屋、垂水(たるみず)両市にまたがる高隈(たかくま)山周辺の山中で発見されたことが、防衛省関係者への取材でわかった。

 残骸の周辺では、搭乗していた航空自衛隊入間(いるま)基地(埼玉県)所属の隊員とみられる6人を発見したが、心肺停止という。


空自機不明 6人全員を発見「心肺停止の状態」、機体の一部も 鹿児島山中に墜落か
産経新聞 4月7日(木)13時59分配信

486
濃霧の中、捜索へ向かう陸上自衛隊の隊員ら=7日午前、鹿児島県鹿屋市(写真:産経新聞)

 鹿児島県上空で6日午後、航空自衛隊入間基地(埼玉県)に所属する航空機「U125」(6人搭乗)が消息を絶った事故で、自衛隊や鹿児島県警などは7日朝、約600人態勢で捜索活動を再開した。同機が墜落した可能性があるとみられる高隈山地(同県鹿屋市、垂水市)での捜索活動は悪天候のため難航したが、乗員の空自隊員とみられる心肺停止状態の6人と、機体の一部とみられる破片が見つかった。

 捜索拠点が置かれた高隈山中腹の牧場には早朝から隊員らが集結。6日の捜索は海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿屋市)のモニターで白煙を確認した地点周辺が中心だったが、7日は捜索の中心を約4キロ北側に修正するとともに、鹿屋基地のカメラなどで煙が確認された南側にも範囲を拡大した。

 U125は6日午後1時15分ごろに鹿屋基地を離陸したが、午後2時35分ごろ、鹿屋基地の北約10キロの地点でレーダーから機影が消えた。同機には空自入間基地の飛行点検隊に所属する機長の40代の男性3等空佐と副操縦士、整備と無線を担当する隊員各2人の計6人が搭乗。鹿屋基地にある戦術航法装置(TACAN)の電波状況を点検する任務に当たっていた。


乗員6人発見、心肺停止状態=不明の空自機捜索で・鹿児島
時事通信 4月7日(木)13時51分配信

 鹿児島県上空で消息を絶った航空自衛隊入間基地(埼玉県)所属のU125飛行点検機(乗員6人)について、自衛隊と鹿児島県警は7日、計約600人態勢で、レーダーから機影が消えた山間部で捜索を再開し、乗員とみられる6人を発見した。

 防衛省によると、いずれも心肺停止状態だった。


<空自機不明>心肺停止の6人発見 鹿児島の山中
毎日新聞 4月7日(木)13時40分配信

485
消息を絶った空自機の捜索へ向かう自衛隊員ら=鹿児島県鹿屋市で2016年4月7日午前7時41分、矢頭智剛撮影

 航空自衛隊入間基地所属の飛行点検機「U125」が鹿児島県上空でレーダーから消えた事故で、自衛隊は7日午後、同県鹿屋、垂水両市にまたがる高隈山周辺で銀色の箱状の破片を発見した。行方不明になっていた同機の破片の一部である可能性が高い。また、周囲に乗っていた隊員6人とみられる姿を確認した。全員心肺停止という。

 同機に乗っていたのは40代の男性3等空佐の機長と副操縦士、機上整備員2人と機上無線員2人。レーダーから消えた周辺は、鹿屋市の海上自衛隊鹿屋航空基地から北北西に約10キロの標高1100メートルほどの山間部で、中腹にある鳴之尾(めいのお)牧場から北東4キロの地点。

 空自によると、同機は6日午後1時15分に鹿屋市の海上自衛隊鹿屋航空基地を離陸。航空機に方位や距離を伝えて着陸誘導などをする無線施設からの電波の発信状況を点検していた。西側から滑走路に進入した後、反時計回りで半径約11キロの円を描くように飛行しようとしていた同午後2時35分ごろ、約880メートル上空でレーダーから消えた。救難信号の発信は確認されていない。【町田徳丈】


空自機が鹿児島で消息絶つ 7日朝から捜索再開
2016年4月7日(木)12時16分配信 J-CASTニュース

2016年4月6日14時30分過ぎ、航空自衛隊飛行点検隊(埼玉・入間基地)所属のジェット機「U-125」が海上自衛隊鹿屋基地(鹿児島県)の北方約10キロで消息を絶った。6人が搭乗していた。

U-125は、鹿屋基地の無線装置が正常に動作しているかを検査するために飛行。13時15分頃同基地を離陸し、16時頃に戻ってくる予定だった。

6日夕方から夜にかけて捜索を行ったが機体は発見できず、7日朝に陸海空500人を動員して捜索を再開した。


<空自機不明>荒天の中捜索再開 ヘリ出動できず
毎日新聞 4月7日(木)11時33分配信

 航空自衛隊入間基地所属の飛行点検機「U125」が鹿児島県上空で行方不明となった事故で、自衛隊などは7日朝、約600人態勢で捜索を再開した。ヘリなど航空機6機も捜索に備えて待機しているが、現地の高隈山付近は天候が悪く、上空からの本格的な捜索再開は天候回復後に行う予定。

 同機は6日午後2時35分ごろ、約880メートル上空でレーダー画面から消えた。救難信号の発信は確認されていない。現場は同県鹿屋市の海上自衛隊鹿屋航空基地から北北西に約10キロ離れ、標高1100メートルほどの山がある山間部で、中腹にある鳴之尾牧場から北東4キロの地点。

 空自によると、同機は午後1時15分に鹿屋市の海上自衛隊鹿屋航空基地を離陸。着陸誘導などのために無線施設が航空機に方位や距離を伝える電波の発信状況を点検するため、基地の滑走路上空を西側から低空で通過。その後、反時計回りで半径約11キロの円を描くように飛行していた。【町田徳丈】


「濃霧で全く見えず」空自機不明 捜索難航 鹿児島の山中
西日本新聞 4月7日(木)11時27分配信

483
捜索状捜索状況を報道陣に説明する自衛隊員=6日午後9時12分ごろ、鹿児島県鹿屋市況を報道陣に説明する自衛隊員=6日午後9時12分ごろ、鹿児島県鹿屋市

 「自衛隊機はどこへ…」。航空自衛隊のU125飛行点検機が消息を絶った6日、鹿児島県鹿屋市と垂水市の境界付近の高隈山では自衛隊や警察が上空と地上から懸命の捜索に当たった。ただ高隈山周辺は霧で視界が悪く、深夜まで捜索を続けたが、点検機は発見できず隊員たちは焦りを募らせた。

 「濃霧で先が全く見えなかった。二次災害の恐れもあるので引き返してきた」。同日午後5時半に7人で現場の捜索に出た大隅肝属地区消防組合の田島静也消防司令長は、疲れをにじませながら語った。点検機の機影がレーダーから消えた高隈山の中腹付近にある鹿屋市の「鳴之尾牧場」には自衛隊が仮設の指揮所を設置。田島さんたちは指揮所から約3・8キロの山林を約1時間捜索したという。

 指揮所の周辺には自衛隊の車両やパトカー、消防車が結集。迷彩服姿の自衛隊員、警察官ら150~200人の捜索班が慌ただしく行き来した。指揮所では自衛隊員が夜中まで無線で捜索隊に指示。煙が上がったとみられる地点の状況を確認するため、自衛隊の車両とバイクが出動した。

 防衛省によると、現場の高隈山では1972年にも海上自衛隊のプロペラ機が墜落し、乗組員7人が死亡したという。

 高隈山の南約7キロに住む男性(72)は「天気の良い日は山の稜線(りょうせん)までよく見えるが、今日は(自衛隊機が消息を絶った後の)午後3時ごろから、6~7合目までが霧のような濃い雲に覆われていた」と語った。

 同牧場の従業員男性(19)は「午後4時ごろ駐車場を貸してほしいと自衛隊から連絡があり、事故を知った。異常音などは聞かなかった」。牧場から約8キロの民家に住む会社員男性(63)は「午後6時ごろ帰宅すると、自衛隊の車両や消防車が次々に上っていった。テレビで自衛隊機が行方不明と聞き、驚いた」と話していた。

484
U125の飛行の概要

■南九州 昨年もヘリ事故
 防衛省によると、自衛隊が発足した1954年以降に、自衛隊の航空機による大事故は昨年12月末現在、517件発生し、殉職した自衛隊員は585人に上る。

 最近の事故では昨年2月、海自鹿屋航空基地(鹿児島県鹿屋市)所属の練習用ヘリコプターOH6DAが宮崎県えびの市の山中に墜落。乗員3人が死亡した。2012年4月には青森県・陸奥湾で、海自大湊航空基地(同県むつ市)所属の哨戒ヘリSH60Jが護衛艦に接触して墜落。機長が死亡し、乗員3人が負傷した。

 11年7月には、空自那覇基地(那覇市)のF15戦闘機が沖縄本島沖に墜落。操縦していた隊員が行方不明となり、死亡認定された。09年12月には、海自大村航空基地(長崎県大村市)所属のSH60Jが夜間訓練中に長崎市沖に墜落。乗員2人が死亡し、機長が負傷した。07年3月には、急患搬送のため鹿児島県徳之島に向かった陸自那覇駐屯地(那覇市)所属の輸送ヘリCH47が徳之島の山中に墜落し、乗員4人が死亡した。

=2016/04/07付 西日本新聞朝刊=


空自機不明「懸命に捜索活動」と中谷防衛相 上空からの捜索ままならず
産経新聞 4月7日(木)11時11分配信

 鹿児島県上空で6日、航空自衛隊入間基地(埼玉県)に所属する航空機「U125」(6人搭乗)が消息を絶った事故で、自衛隊や鹿児島県警などは7日、約600人態勢で捜索活動を再開した。同機は高隈山地(同県鹿屋市、垂水市)に墜落した可能性があるとみられるが、悪天候で捜索活動は難航している。

 捜索拠点が置かれた高隈山中腹の牧場には早朝から自衛隊員らが集結。6日の捜索は海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿屋市)のモニターで白煙を確認した地点周辺が中心だったが、7日は捜索の中心を約4キロ北側に修正するとともに、鹿屋基地のカメラなどで煙が確認された南側にも範囲を拡大した。

 ただ、数メートル先の相手の顔も見分けられないような濃霧が立ちこめる悪天候が続いており、ヘリコプターによる上空からの調査は、天候を見極めて実施するかどうか決める。

 中谷元(げん)防衛相は7日、防衛省で「隊員の無事と生還を祈り、懸命に捜索活動をしている。早期発見に努めたい」と記者団に語った。

 U125は6日午後1時15分ごろ、鹿屋基地を離陸したが、午後2時35分ごろ、鹿屋基地の北約10キロの地点でレーダーから機影が消えた。

 同機には空自入間基地の飛行点検隊に所属する機長の40代の男性3等空佐と副操縦士、整備と無線を担当する隊員各2人の計6人が搭乗。鹿屋基地にある戦術航法装置(TACAN)の電波状況を点検する任務に当たっていた。


<空自機不明>捜索エリア拡大 濃霧と雨「厳しい状況」
毎日新聞 4月7日(木)10時40分配信

482
消息を絶った空自機捜索の打ち合わせをする自衛隊員ら=鹿児島県鹿屋市で2016年4月7日午前6時22分、矢頭智剛撮影

 自衛隊機がレーダーから消えた鹿児島県鹿屋市の高隈山付近では、7日午前6時から陸海空の自衛隊員の他、警察や消防を含め計600人以上が山中に入った。しかし、現場は濃い霧や雨が視界を阻み、捜索は難航しているという。

 「航空機を見つけても危ないので近づかずに声をかけてほしい」。捜索隊は自衛隊機の消失地点から約4キロ離れた「鳴之尾牧場」で注意を受けた後、続々と捜索に向かった。捜索エリアは、当初は牧場から北東へ約4、5キロ地点だったが、南へ範囲を拡大している。

 周辺は霧などのため約15メートル先までしか見えず、現場指揮を執る陸上自衛隊第12普通科連隊の根本正之隊長は「厳しい状況だ」と話した。上空からの捜索もできない状況で、午前8時半現在、発見につながる手がかりは見つかっていない。【蓬田正志】


空自機不明 中谷防衛相「早期発見に努める」
産経新聞 4月7日(木)8時44分配信

 中谷元(げん)防衛相は7日午前、飛行中に消息が途絶えた航空自衛隊の航空機「U125」について、「昨夜から夜を徹して人員・機材を派遣し、捜索活動を行っているが、いまだ発見に至っていない。隊員の無事と生還を願っている。懸命に捜索活動をして、早期発見に努める」と述べた。防衛省で記者団に語った。

 防衛省によると、7日午前6時ごろから陸海空の部隊計500人体制で捜索活動を再開。5時ごろには海上自衛隊のP3C哨戒機1機を海自鹿屋航空基地(鹿児島県鹿屋市)から派遣したが、天候不良のため帰投した。防衛省は天候が回復次第、航空機6機体制で空からの捜索も行うとしている。


空自機不明「仲間を早く救出したい」一夜明け600人態勢で捜索再開
産経新聞 4月7日(木)8時31分配信

481
濃霧の中、バイクで捜索に向かう陸上自衛隊の隊員ら=7日午前、鹿児島県鹿屋市(写真:産経新聞)

 海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿児島県鹿屋市)で飛行任務中に消息を絶った航空自衛隊の航空機「U125」の捜索は、一夜明けた7日も、自衛隊や消防、警察など約600人を動員して早朝から行われた。

 高隈山の現場指揮所には、午前4時頃から隊員らが続々と集結。前日に続き、数メートル先の相手の顔も見えないような深い霧が立ちこめる中、まず、陸上自衛隊の隊員ら約360人がジープやバイクなどで捜索の重点地域に向かった。

 鹿屋航空基地によると、レーダーの詳細な解析結果から、航空機が消息を絶った地点を「鹿屋基地から約10キロ北側」と推定、前日から捜索のポイントを4キロ北側に修正したという。50人程度の部隊を複数編成し、高隈山御岳山頂から東側を尾根づたいに捜索する。

 隊員ら約100人を前に訓示した陸上自衛隊国分駐屯地第十二普通科連隊の根本正之連隊長は「悪天候はあるが、最も可能性の高いところを捜索し、仲間を早くこの森の中から救出したい」と話した。


不明空自機の捜索続く=6人乗り、500人態勢―鹿児島
時事通信 4月7日(木)8時27分配信

 海上自衛隊鹿屋基地(鹿児島県)の北約10キロの高隈山付近で、航空自衛隊員6人を乗せ消息を絶ったジェット機「U―125」について、自衛隊などは7日も捜索を続けた。

 
 防衛省によると、地上捜索部隊として陸海空から約500人を動員。レーダーから消えた地点を中心に天候が回復し次第、救難ヘリなどを投入して上空からも捜索する。県警も60人態勢で捜索を再開した。


6人搭乗、空自機不明 鹿児島上空で通信絶つ
産経新聞 4月7日(木)7時55分配信

U125043
鹿児島県上空で消息を絶った航空自衛隊の「U125」機(写真:産経新聞)

 6日午後2時35分ごろ、海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿児島県鹿屋市)周辺で飛行任務中だった航空自衛隊の航空機「U125」の機影が、同基地北約10キロ、上空約900メートルでレーダーから消え、消息が途絶えた。同機には6人が搭乗。自衛隊は120人態勢で警察などと消息を絶った地点に近い高隈山を中心に捜索活動を続けたが、同日深夜に一旦打ち切った。基地関係者によると、高隈山に置いた捜索拠点から約3キロ離れた地点で煙が上がっていたとの情報がある。

 中谷元防衛相は同日夜、「機体と乗員6人の発見に全力をあげる」と記者団に語った。捜索活動は7日朝から再開する予定。

 空自によると、消息を絶った機は空自入間基地(埼玉)に所属。40代の男性3等空佐が機長として操縦し、副操縦士1人と整備、無線を担当する空自隊員各2人が搭乗していた。

 6日午前8時50分ごろ、入間基地を出発して、正午ごろに鹿屋基地に到着。午後1時15分ごろに鹿屋基地を離陸し、西から東に基地上空を抜け、同基地から半径10キロの地点を弧を描くように飛行し始めた直後にレーダーから姿を消した。

 U125は7人乗りで、各基地にある航空保安無線施設の機能状態を点検する任務に活用される。6日午後は鹿屋基地周辺を低高度で飛行しながら、同基地から発信される航空機の着陸誘導などに利用される電波が正常な状態かを確認する任務にあたっていた。

 空自によると、整備状態に問題はなかった。異常時に救難信号を発する機器も積載していたが、発信された形跡は確認できていない。

 地元消防は、高隈山付近に自衛隊機捜索の指揮所を設ける。気象庁によると、鹿屋航空基地周辺は同日午後2時時点で風は弱く雲が多い状態だったが、雨は降っていなかった。


鹿児島で不明の空自機、600人態勢で捜索再開
読売新聞 4月7日(木)7時3分配信

 鹿児島県鹿屋市の海上自衛隊鹿屋航空基地近くの上空で、航空自衛隊入間基地(埼玉県)所属のジェット機(6人搭乗)が6日に消息を絶った事故で、自衛隊などは7日朝、中断していた捜索活動を再開した。

 山中に墜落した可能性もあるとみて、約600人態勢で捜している。


周囲に山連なる飛行注意地帯…空自機不明
読売新聞 4月7日(木)5時6分配信

 鹿児島県内の上空で6日午後、隊員6人を乗せた航空自衛隊のジェット機「U125」が行方不明になった。

 現場となった海上自衛隊鹿屋(かのや)航空基地周辺は標高1000メートルを超える山が連なり、自衛隊内でも飛行に注意が必要とされていた地域。同機は消息を絶つ前まで有視界飛行を続けており、防衛省は雲に隠れるなどした山に気づくのが遅れた可能性もあるとみている。

 「一部の山に雲がかかっていたが、視界の悪い状況ではなかった」。6日午後7時前、防衛省内で緊急の記者会見を開いた空自トップの杉山良行・航空幕僚長は厳しい表情で語った。

 現場からの情報が乏しく、消息を絶った時の状況など、原因にかかわる質問には「確認中」を繰り返し、「皆様にご心配をおかけし、おわび申し上げます」と頭を下げた。


<空自機>レーダーから消えた高度は地上880メートル
毎日新聞 4月7日(木)1時30分配信

480
消息を絶った空自機の捜索状況を説明する溝口五生・鹿屋航空基地隊副長(中央)=鹿児島県鹿屋市で2016年4月6日午後10時26分、矢頭智剛撮影

 ◇6人乗り 鹿児島、高隈山付近でレーダーから消える

 6日午後2時35分ごろ、鹿児島県鹿屋市の海上自衛隊鹿屋航空基地の北北西約10キロで、航空自衛隊入間基地所属の飛行点検機「U125」がレーダーから消えた。空自によると飛行点検隊の隊員6人が乗っていた。レーダーから消えた高隈山付近を陸海空自衛隊や警察、消防が捜索したが、夜にいったん打ち切り、7日朝から捜索を再開する。

 空自などによると機は午後1時15分に鹿屋基地を離陸、同4時に同基地に戻る予定だった。搭乗員は40代男性3等空佐の機長と副操縦士、機上整備員2人、機上無線員2人。空自が把握する航跡によると、機は西側から高度を落としつつ基地の滑走路を通過。その後上昇し、反時計回りに半径約11キロの円を描きながら飛行していた。

 中谷元(げん)防衛相は同夜、レーダーから消えた時の同機の高度は地上約880メートルで、同市の鳴之尾(めいのお)牧場から4キロ地点だったと明らかにした。同機は方位や距離を航空機に知らせる無線施設の点検のため周辺を飛行していたと述べた。

 空自によると基地周辺は当時あまり強くない北東の風で、標高約1100メートルの山に雲がかかり、上空1200メートルは雲で埋め尽くされていた。整備前の点検で異常はなくレーダー消失前に飛行中の不具合の報告もなかった。杉山良行航空幕僚長は6日夜に記者会見し、「大変ご心配をおかけしていることをおわび申し上げる」と頭を下げた。【町田徳丈、村尾哲】


<空自機不明>「山から煙」と119番 捜索を深夜打ち切り
毎日新聞 4月7日(木)1時19分配信

 航空自衛隊機が6日に鹿児島上空で消息を絶った。レーダーから消えた付近の鹿児島県鹿屋市の高隈山には自衛隊員や地元消防隊員らが集結し、懸命に捜索に当たったが、同日は深夜で打ち切りとなった。普段は静かな山中は慌ただしい雰囲気に包まれ、周辺の住民らからは驚きの声が上がった。

 6日夕、高隈山の中腹にある鹿屋市鳴之尾(めいのお)牧場に自衛隊などの捜索隊の拠点が置かれ、関係車両が続々と到着した。自衛隊から牧場には「牧場の周辺で自衛隊機がレーダーから消えた」などの説明があったといい、従業員の中西喜裕(けいすけ)さん(19)は「朝から4人が働いていたが、誰も何も見てないし、物音も聞いていない。墜落しているのなら恐ろしい」と驚いた様子で語った。

 自衛隊機が消息を絶った付近を管轄する大隅肝属(きもつき)地区消防組合(鹿屋市)などによると、市民から午後4時47分に「高隈山の方向に煙が見える」との119番があった。しかし山がかすんでおり、煙は確認できなかった。自衛隊の捜索隊は煙が見えたとされる方向に隊員を派遣した。

 地元消防なども牧場付近に消防隊と救助隊約10人を派遣し、周辺の捜索に当たった。【尾垣和幸、青木絵美、吉川雄策】


空自機不明 中谷防衛相「発見に全力挙げる」
産経新聞 4月6日(水)21時58分配信

 中谷元防衛相は6日、飛行中に消息が途絶えた航空自衛隊の航空機「U125」について、「機体と乗員6人の発見に全力を挙げたい。隊員の無事を祈る」と述べた。

 中谷氏によると、120人規模の陸上部隊が捜索を継続中で、7日早朝からは中断したヘリコプターによる捜索も再開する。航空機が消息を絶った高度が、地上約900メートルだったことも明かした。防衛省で記者団に語った。


<空自機>6人乗り、レーダーから消える 鹿児島・高隈山か
毎日新聞 4月6日(水)21時24分配信

U12543
行方不明となっているU125の043号機=埼玉・空自入間基地で

 ◇上空からの捜索は7日朝から再開

 6日午後2時35分ごろ、鹿児島県鹿屋市の海上自衛隊鹿屋航空基地の北約10キロで、航空自衛隊入間基地所属の飛行点検機「U125」がレーダーから消えた。空自によると空自飛行点検隊の隊員6人が乗り、陸海空自衛隊や警察、消防がレーダーから消えた高隈山付近を捜索している。上空からの捜索は7日朝から再開する。

 空自などによると同機は午後1時15分に鹿屋基地を離陸し、同4時には同基地に戻る予定だった。機長は40代男性3等空佐で、副操縦士と機上整備員2人、機上無線員2人が乗っていた。機は、基地の航空保安施設点検のため周辺を飛行していたという。

 捜索した航空機からは標高約1100メートルの山に雲がかかっている状態だが、視界は悪い状態ではなかったという。基地周辺は風も普通で視界も良好だった。整備前の点検で異常はなく、レーダー消失前に飛行中の不具合の報告もなかった。

 同機は6日朝に入間基地を離陸し、いったん鹿屋基地に着陸。点検飛行を終え、同日は鹿屋基地にとどまる予定だった。保安施設の点検では、低い高度で滑走路に進入する作業を繰り返しながら周辺を旋回する。杉山良行航空幕僚長は6日夜に会見し、「大変ご心配をおかけしていることをおわび申し上げる」と頭を下げた。

 機が消息を絶った付近を管轄する大隅肝属(おおすみきもつき)地区消防組合(鹿児島県鹿屋市)などによると、市民から午後4時47分に「高隈山の方向に煙が見える」との119番があった。だが、山はかすみ煙は確認できなかったという。自衛隊の捜索隊も煙が見えたとされる方向に向かった。

 鹿屋基地から北北西に約9キロ離れた鹿屋市鳴之尾(めいのお)牧場には、午後5時過ぎから自衛隊員や地元消防隊員、警察官らが集結し、物々しい雰囲気に包まれた。

 牧場の従業員らは、自衛隊から「牧場の周辺で自衛隊機がレーダーから消えた」などと説明を受けた。従業員の中西喜裕(けいすけ)さん(19)は「朝から4人が働いていたが誰も何も見てないし、物音も聞いていない。墜落しているのなら恐ろしい」と驚いた様子だった。

 地元消防も牧場付近に消防隊と救助隊約10人を派遣し、周辺の捜索にあたったが、日没のため捜索を打ち切った。【町田徳丈、尾垣和幸、青木絵美】


6人搭乗の航空自衛隊機、鹿児島上空で消息を絶つ 自衛隊、警察が必死の捜索
産経新聞 4月6日(水)20時50分配信

 6日午後2時35分ごろ、海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿児島県鹿屋市)周辺で飛行任務中だった航空自衛隊の航空機「U125」の機影が、同基地北約10キロの上空でレーダーから消え、消息が途絶えた。

 同機には6人が搭乗しており、自衛隊や警察などが消息を絶った地点に近い高隈山を中心に捜索活動を続けている。杉山良行航空幕僚長は防衛省で会見し、「ご心配をおかけしていることをおわびする」と陳謝した。ヘリコプターでの捜索活動は中断し、7日朝から再開する予定。

 空自によると、消息を絶った機は空自入間基地(埼玉)に所属。同基地所属の40代の男性3等空佐が機長として操縦し、副操縦士1人と整備、無線を担当する空自隊員各2人が搭乗していた。

 6日午前に入間基地を出発して鹿屋基地に到着。午後1時15分ごろに鹿屋基地を離陸して、任務を終え6日中に入間基地に帰還する予定だったという。

 U125は7人乗りで、各基地にある航空保安無線施設の機能状態を点検する任務に活用される。6日午後は鹿屋基地周辺を低高度で飛行しながら、同基地から発信される航空機の着陸誘導などに利用される電波が正常な状態かを確認する任務にあたっていた。

 空自によると、飛行前の整備状態に問題はなく、当時の状態も飛行に支障はなかった。機体に異常があった場合に救難信号を発する機器も積載していたが、信号が発せられた形跡は確認できていないという。

 地元消防によると、鹿屋市街地から北側の高隈山付近に、自衛隊機を捜索するための指揮所を設けるという。気象庁によると、鹿屋航空基地周辺は同日午後2時現在、弱い風で見通しはよく、雲が多い状態だったが雨は降っていなかった。


牧場に捜索隊300人=空自機の不明地点近く、ヘリも巡回―鹿児島
時事通信 4月6日(水)20時43分配信

 航空自衛隊の飛行点検機が行方不明になった地点の近くにある「鹿屋市鳴之尾牧場」(鹿児島県鹿屋市)。

 捜索隊の拠点となった同牧場には、6日午後5時前から自衛隊員や消防隊員ら300人以上が続々と集まり、約5キロ離れた高隈山に向かった。

 牧場の責任者で同市職員の堀添慎一さん(48)によると、午後4時ごろに自衛隊から「駐車場を貸してほしい」と電話があった。その後、隊員らを乗せた車両が次々と到着。複数のヘリコプターが周囲を旋回し、クレーン車なども用意された。約60人収容の宿泊施設も提供するよう頼まれた。

 自衛隊機が消息を絶った時間には、従業員4人が放牧する牛の世話などをしていたが、機影や煙を見たり、大きな音を聞いたりした人はいなかった。天気は曇りで、霧も出ておらず見通しは悪くなかったという。

 堀添さんは「早く見つかってほしい。風が強くなっており、天候も心配だ」と話した。


<空自機>レーダーから消える 6人搭乗 鹿児島
毎日新聞 4月6日(水)17時22分配信

U125a
航空自衛隊のU-125A型機=航空自衛隊のサイトから

 防衛省航空幕僚監部は6日、埼玉県の航空自衛隊入間基地に所属するU-125A型機1機が同日午後2時35分ごろ、鹿児島県にある海上自衛隊鹿屋航空基地の北約10キロでレーダーから消えたと発表した。同機は空自飛行点検隊所属で6人が搭乗していたという。


6人乗り航空自衛隊機、鹿児島県上空で消息絶つ
読売新聞 4月6日(水)17時19分配信

 6日午後2時35分頃、航空自衛隊のジェット機「U125」が鹿児島県上空で、消息を絶った。

 防衛省によると同機には隊員6人が乗っており、自衛隊のヘリなどが付近を捜索している。

 同省によると、同機は空自入間基地(埼玉県)所属で、各基地が自衛隊機に向けて電波で行う着陸誘導について、基地周辺を飛行しながら点検するのが任務という。同日午後1時15分頃、同県鹿屋市の海上自衛隊鹿屋航空基地を離陸後、北約10キロ・メートルの上空でレーダーから機影が消えたという。上空は当時、悪天候だったとみられる。


6人搭乗の航空自衛隊機、鹿児島上空でレーダーから消失
産経新聞 4月6日(水)17時2分配信

 航空自衛隊によると、空自入間基地所属の航空機「U125」の機影が6日午後2時35分頃、海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿児島県鹿屋市)の北約10キロの上空でレーダーから消え、消息が途絶えた。空自機には6人が搭乗していた。空自などが捜索している。

 鹿屋基地によると、同機は航空自衛隊入間基地(埼玉県)に所属。この日、鹿屋基地から飛び立っていた。

 航空自衛隊のホームページによると、U125は航空保安無線施設の機能の状態を点検する。


6人乗り空自機不明=山に捜索隊―鹿児島
時事通信 4月6日(水)16時59分配信

U125
航空自衛隊のU―125飛行点検機=2008年撮影

 6日午後2時35分ごろ、鹿児島県鹿屋市付近で、6人が乗った航空自衛隊入間基地(埼玉県)所属の飛行点検機「U―125」が消息を絶った。

 防衛省によると、同機は海上自衛隊鹿屋基地の北約10キロでレーダーから消えた。自衛隊などが捜索を続けている。

 県警や地元消防によると、鹿屋基地からの連絡で、鹿屋市と垂水市にまたがる高隈山に捜索隊が向かった。

 空自によると、消息を絶った点検機の機長は、40代の男性3佐。主に着陸の際に使う電波が正常に作動しているかなどを調べるため飛行していた。当時の天候は曇りで、風は弱かったという。

« 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2115 | トップページ | 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2116 »

システム・技術・産業」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

事故・トラブル・インシデント」カテゴリの記事

国防・軍事・安全保障」カテゴリの記事

船舶・鉄道・航空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/63448839

この記事へのトラックバック一覧です: 航空自衛隊の飛行点検機U-125、鹿児島上空で行方不明:

« 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2115 | トップページ | 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2116 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30