« 熊本・震度7の地震に関するニュース・23 | トップページ | 熊本・震度7の地震に関するニュース・24 »

2016年4月18日 (月)

南米エクアドルでM7.8の地震・2

南米エクアドルの太平洋沿岸で16日午後7時(日本時間17日午前9時)頃、マグニチュード(M)7.8の強い地震が発生した。震源地は首都キトから西に約170キロで震源の深さは約19.2キロ。

コレア大統領は17日、少なくとも413人が死亡したことを明らかにした。ロイター通信によると、政府関係者は1500人以上の負傷者がいるとしている。政府は、6州に非常事態を宣言して救助活動を行っている。

最初の記事

リンク:熊本とエクアドルの大地震、関連性は? - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:エクアドル地震、死者413人に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:エクアドル地震、死者413人に 懸命の捜索続く - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【写真特集】エクアドル地震、空から見た被災地 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:エクアドル地震 死者413人に拡大 倒壊家屋では略奪も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:死者413人、余震300回超…エクアドル地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:エクアドル大地震の救助隊 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:エクアドル大地震で倒壊した家屋 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:地震の死者350人に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:大地震の死者413人に=数百人不明、余震続く―エクアドル - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:エクアドル地震、死者413人に 復興費用は「数十億ドル」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<エクアドル地震>懸命の救出作業続く 死者350人に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:エクアドル地震、死者少なくとも350人 エネルギー施設の被害ほぼなし - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:地震の死者350人に=不明者捜索続く―エクアドル - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:エクアドル地震、死者350人に…余震200回 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:エクアドル地震 エクアドル政府、死者は350人に 負傷は2500人超す - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:エクアドル地震 不明の日本人「ほとんどと連絡取れ、安全を確認」菅官房長官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:エクアドル地震、邦人4人の安全確認…菅長官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:菅官房長官、邦人の安否確認に全力=エクアドル地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:素手で自力の救助活動=エクアドル - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:素手で自力の救助活動=支援行き届かず―エクアドル地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:エクアドル地震 日本人4人と依然連絡とれず 死者は272人に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:エクアドル地震、死者272人に 大統領「今後大幅に増加」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:エクアドル地震、死者272人に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:エクアドル地震 日本人4人連絡とれず 死者262人に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:大地震のエクアドル、刑務所から100人が脱走 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:エクアドル:M7.8の地震で少なくとも246人死亡-余震頻発 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:洪水の次は大地震… 二重苦に襲われたエクアドルの町 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:エクアドル地震、死者246人に 負傷者2500人以上 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<エクアドル>地震死者272人に 負傷者は2500人超 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ローマ法王、祈りを呼びかけ…熊本や南米地震で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:エクアドル地震の死者246人に 負傷者は2500人以上 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:エクアドル死者272人に…邦人4人連絡取れず - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:246人死亡、多数不明=エクアドル - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

熊本とエクアドルの大地震、関連性は?
CNN.co.jp 4月19日(火)12時2分配信

(CNN) 日本と南米エクアドルで相次いだ大地震。太平洋をはさむ両国で発生した地震は、被害の大きさから大きな注目を集めた。しかし関連があるかどうか判断するのはまだ時期尚早だと米地質調査所(USGS)の専門家は指摘している。

熊本県では14日夜と16日未明に、エクアドルでは現地時間の16日夜に強い地震が発生し、大きな被害が出た。

1.エクアドルと熊本の地震の関係は?

USGSの地質学者、ポール・カルーソ氏は17日、「まだエクアドルの地震から1日、日本の地震から2日しかたっていないので、一連の地震の間に関連があるかどうかについて本格的な調査は行われていない」と説明した。

「我々は普通、大洋をはさんで地震が連動するとは考えない」とカルーソ氏。しかし大地震が遠く離れた場所で別の地震を引き起こす「遠隔誘発」についての研究も現在進められているという。日本とエクアドルの距離は1万5445キロ。

2.環太平洋火山帯

今回の地震はいずれも、火山活動や地震活動が活発な環太平洋火山帯で発生した。わずか数日で相次いだ大地震は偶然とは思えない部分もあるが、米科学団体ナショナル・ジオグラフィック協会によれば、世界の地震の約90%は環太平洋火山帯で発生している。

3.エクアドルと熊本の地震の大きさ

エクアドルの地震の大きさは16日未明の熊本の地震のほぼ16倍に達した。

エクアドル地震はマグニチュード(M)7.8、熊本で16日未明に起きた地震はM7.0。USGSのウェブサイトの自動計算機能を利用すると、エクアドル地震は熊本地震の15.848倍の大きさとわかる。

4.エクアドルの過去の地震

エクアドルとコロンビアの沿岸部で1906年1月に起きたM8.8の地震では、津波が発生して500~1500人が死亡した。

1942年5月14日に起きたM7.8の地震の震源地は、今回の地震の震源地の43キロ南部だった。

1987年のM7.2の地震では1000人が死亡。今回の被害の大きさはこの地震以来となる。

5.大地震の発生頻度

USGSによると、M7.0~7.9の地震は年に約15回、M8以上の地震は年に約1回の頻度で発生している。


エクアドル地震、死者413人に
BBC News 4月19日(火)11時53分配信

418
エクアドル地震、死者413人に

エクアドル政府は18日、沿岸部で16日夜(日本時間17日朝)に起きたマグニチュード(M)7.8の地震による死者の数が、少なくとも413人に上ったと明らかにした。2500人以上が負傷したもよう。現地を訪れたコレア大統領は、復興には数十億ドルがかかるだろうと述べた。産油国エクアドルはただでさえ、原油価格の世界的な下落に直撃されている。また18日にはエクアドル西部で、最大M5.1の強い余震が相次いだ。

衝撃を受けた様子のコレア大統領はテレビで「がれきを取り除く作業が進めば、(死者の)数は増えると恐れている。がれきの中には生命反応が見られるため、生存者の救出を優先させている」と述べた。

1万3500人態勢で救出作業が行われている。南米の近隣諸国からは400人が支援のため現地入りしている。

米地質調査所(USGS)によると、震源の深さは19.2キロ。専門家たちは、日本の熊本で相次いだ地震とエクアドルの地震との間に関連はないと話す。

18日夜には沿岸の町マンタで崩れたホテルの下から、3歳少女とか9カ月の女の赤ちゃんを含む6人が救出された。一方で、大きな被害の出たポルトビエホとペデルナレスの町では、犠牲者の葬儀が始まった。

震源に近いペデルナレスでは約400人が死亡したおそれ。アルシバル町長は「町全体」が崩れてしまったと述べた。「ペデルナレスは破壊されてしまった。建物は崩壊した。特に大勢の観光客が泊まっていたホテルが倒壊した。遺体がたくさんある。できる限りのことはしているが、できることはほとんどなにもない」。町長によると、被災現場を狙った窃盗も多発している。

沿岸から15キロ内陸にある人口30万人のポルトビエホ市では、倒壊した建物に下敷きになった人たちの捜索活動が続いている。

ポルトビエホでも被災現場での窃盗が報告されている。ホルヘ・エスキベルさんはロイター通信に「このひどい悲劇から少しでも得をしないと。食べ物を買うのに金がいる。水も電気もないし、家は壊れてしまった」と話した。

ポルトビエホでは地震によって刑務所の一部も崩壊し、服役囚100人が脱走。ズニガ司法相によると、一部は拘束したが、残りはまだ逃走中という。

米州機構(OAS)のアルマグロ事務総長は、OASの災害援助基金をエクアドル再建に提供すると述べた。OASが災害援助基金を使うのは異例という。

エクアドル財務省は18日、中国の国家開発銀行(CDB)が20億ドルの拠出を表明したと明らかにした。ただし中国からの資金が、震災復興のためのものかは不明だ。

外国人の犠牲者も数人確認されている。プラヤプリエタで学校が崩壊し、英・北アイルランド出身の修道女テリーザ・クロケットさんが死亡。カナダの報道によると、38歳女性と12歳の息子が死亡した。米国務省は、米国人1人が死亡したと明らかにしている。

(英語記事 Ecuador earthquake: At least 413 people confirmed dead)


エクアドル地震、死者413人に 懸命の捜索続く
CNN.co.jp 4月19日(火)11時1分配信

エクアドル・ペデルナレス(CNN) 南米エクアドルの沿岸部を16日に襲ったマグニチュード(M)7.8の地震で、被災地では倒壊した建物の下敷きになった人の捜索救助活動が18日も続けられた。当局者によると、同日までに確認された死者は413人、負傷者は2500人に上っている。

18日午後にはマナビ州ポルトビエホで倒壊したホテルの残骸の中から1人が救出された。しかし残された時間は少なくなり、行方不明者を探す家族は不安を募らせている。

特に沿岸部のマナビ州では、観光地のペデルナレスやマンタ、ポルトビエホで大きな被害が出た。被災地には軍や警察が派遣され、生存者の救出や犠牲者の遺体の収容に当たっている。

警察は人間だけでなくペットも救出。がれきに閉じ込められていた犬を救出する動画をツイッターに掲載した。

メキシコ、スペイン、コロンビア、ベネズエラ、ペルーなどの各国は救助隊や救援物資を派遣したほか、欧州連合(EU)は18日、100万ユーロ(約1億2000万円)の人道支援を表明。国連や非政府組織なども援助に乗り出した。

バチカン訪問の予定を切り上げて帰国したコレア大統領は17~18日にかけて被災地を視察した。

6州では非常事態を宣言し、内務省は被災地の夜間営業施設の営業停止を指示。サッカー連盟は選手権大会の中止を決めた。


【写真特集】エクアドル地震、空から見た被災地
AFP=時事 4月19日(火)10時1分配信

417
地震で大きな被害を受けたエクアドル北西部ペデルナレスの航空写真(2016年4月19日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】(写真追加)マグニチュード(M)7.8の地震で大きな被害を受けた南米エクアドル北西部ペデルナレス(Pedernales)の航空写真。エクアドル当局は19日、依然として1700人の安否が不明となっていると発表した。これまでにおよそ500人の死亡が確認されたが、死者数はさらに増える恐れがある。被災地では救助隊や家族らが、がれきの中にいるとみられる生存者の懸命の捜索を続けている。【翻訳編集】 AFPBB News

【関連写真29枚】空から見た被災地


エクアドル地震 死者413人に拡大 倒壊家屋では略奪も
産経新聞 4月19日(火)10時0分配信

 南米エクアドルで16日に起きたマグニチュード(M)7・8の地震の被害状況について、同国政府は18日までの死者が413人に上っていると発表した。AP通信などが報じた。

 国際支援担当者らが現地に入り、被災状況の把握に努めている。被害の大きい太平洋岸地域などでは倒壊した家屋や建物からの略奪行為も確認されている。(ロサンゼルス 中村将)


死者413人、余震300回超…エクアドル地震
読売新聞 4月19日(火)10時0分配信

 【ロサンゼルス=田原徳容】南米エクアドルで16日に起きたマグニチュード(M)7・8の地震で、同国政府は18日、死者が少なくとも413人に達したと発表した。

 政府が倒壊した家屋などに閉じこめられた生存者の捜索・救出を急ぐ一方、メキシコ、ベネズエラなど中南米諸国やスペインなど計9か国450人以上の救助隊や医師、専門家らが被災地入りし、支援活動を開始している。

 現地では余震が300回を超えた。AP通信によると、西部マナビ州の港湾都市マンタなど沿岸部を中心に停電が続き、建物の倒壊を恐れた住民らは屋外で過ごしているという。スペインの赤十字社は、約5000人が住居を失い、約10万人が支援を必要とする状態にあるとみている。震源地付近やマナビ州の一部では、道路が寸断されている上、通信もできず、被害状況の詳細は不明のままだ。


エクアドル大地震の救助隊
時事通信 4月19日(火)9時29分配信

416
18日、エクアドルのマナビ州ペデルナレスで大地震の行方不明者を捜索するコロンビアの救助隊。


エクアドル大地震で倒壊した家屋
時事通信 4月19日(火)9時26分配信

415
エクアドルのマナビ州ペデルナレスで大地震により倒壊した家屋=18日


地震の死者350人に
時事通信 4月19日(火)9時22分配信

414
南米エクアドルの大地震で、同国政府は18日、死者は少なくとも350人に上ったと発表した。被災者の救助活動は続いている。写真は南部グアヤキルで、がれきの下を捜索する救助隊=17日


大地震の死者413人に=数百人不明、余震続く―エクアドル
時事通信 4月19日(火)9時13分配信

 【サンパウロ時事】南米エクアドルの大地震で18日、政府は死者が413人、負傷者が約2700人に達したと発表した。

 行方不明者も数百人に上るという。被災地が集中する沿岸部の沖合では余震が続いており、二次災害も懸念されている。

 大地震は発生から48時間が経過。生き埋めとなった被災者の生存率は48時間で30%未満に低下するとされ、軍や警察はがれきをかき分けて被災者の救助作業を急いでいる。

 コレア大統領は17日に続いて被災地を回り、「今こそ団結の時だ」と被災者を鼓舞した。一方で、1979年以来の規模となった大地震の被害の回復には時間がかかり、「経済的な損失も相当な規模に上るだろう」との見通しを示した。

 多くの家屋が倒壊したマナビ州では停電が続き、市民は路上に置いたマットの上で夜を過ごす生活を強いられている。中南米各国が派遣した部隊も救援活動に加わり、食料や水、毛布などの支援物資の配布も始まったが、一部の地区では物資を狙った強盗なども発生している。

 在エクアドル日本大使館はマナビ州で在留届を出している邦人について「ほとんどの人と連絡が取れた」と明らかにした。


エクアドル地震、死者413人に 復興費用は「数十億ドル」
AFP=時事 4月19日(火)8時28分配信

413
エクアドルの地震で大きな被害を受けたペデルナレスの町の様子(2016年4月18日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】南米エクアドルを襲ったマグニチュード(M)7.8の地震で、同国の当局は18日、死者が413人に達したと発表した。現地では、救助隊や家族らが、がれきの中にいるとみられる生存者の懸命の捜索を続けている。

【写真9枚】大きな被害を受けた町の空撮写真

 地元報道によると、16日の地震で大きな被害を受けたペデルナレス(Pedernales)では、建物のがれきの下敷きになっていた少女1人が20時間ぶりに救出された。

 現地では数万人が援助を必要としているとされ、各国政府や支援団体が救助隊や医療班を派遣し、捜索の支援や、数千人に上る負傷者の治療に当たっている。

 ペデルナレスを視察したラファエル・コレア(Rafael Correa)大統領は、被災地の復興には「恐らく数十億ドル(数千億円)かかる」と述べた。【翻訳編集】 AFPBB News


<エクアドル地震>懸命の救出作業続く 死者350人に 
毎日新聞 4月19日(火)0時28分配信

412
震源に近いペデルナレスで自宅が倒壊し、がれきの中で涙を流す男性=17日、AP

 【サンパウロ朴鐘珠】南米エクアドルの太平洋沿岸で16日に起きたマグニチュード(M)7.8の地震では、発生から1日以上たっても多数の人が倒壊した建物に閉じ込められており、懸命の救出作業が続いている。

 AP通信によると、少なくとも350人が死亡し、沿岸部を中心に2500人以上が負傷した。エクアドルでは約600人が死亡し、約2万人が負傷した1979年以来の地震被害となった。

 太平洋岸の都市マンタでは当局による救出・支援作業が行き届かず、住民が素手でがれきをのぞいて救出作業を実施。震源に近いペデルナレスでは崩れた建物の前で泣き崩れる被災者もいた。

 日本外務省によると、地震の死傷者に日本人が含まれているとの情報はない。


エクアドル地震、死者少なくとも350人 エネルギー施設の被害ほぼなし
ロイター 4月19日(火)0時19分配信

411
4月18日、エクアドルで16日に発生したマグニチュード(M)7.8の地震による死者数が少なくとも350人に上っていることが明らかになった。写真は17日、太平洋湾岸のマンタの被害状況を視察するコレア大統領(2016年 ロイター/Carlos Silva/Courtesy of Ecuadorian Presidency)

[ペデルナレス/ポルトビエホ(エクアドル) 18日 ロイター] - エクアドルで16日に発生したマグニチュード(M)7.8の地震による死者数が少なくとも350人に上っていることが18日、明らかになった。

負傷者数は少なくとも2068人。コレア大統領はロイターに対し、震源地に近いポルトビエホの死者数が増えたことで、全体の数はさらに増える恐れがあると述べた。

エクアドルでは16日の本震の後も約230回の余震が発生。被害の全容はまだ明らかになっていないが、主力産業のエネルギー部門では主なインフラには大きな被害は出ていないもよう。ただバナナ、カカオ、花き、魚介類などの輸出が交通機関や港湾設備の状況により遅れる恐れが出ており、原油安で打撃を受けているエクアドル経済が一段と悪化する恐れがある。


地震の死者350人に=不明者捜索続く―エクアドル
時事通信 4月19日(火)0時3分配信

 【サンパウロ時事】南米エクアドルの大地震で、同国政府は18日、死者は少なくとも350人に上ったと発表した。

 被災者の救助活動は続いているが、被害が甚大だった沿岸部のマナビ州では多くの建物が倒壊。がれきの下敷きになった人もおり、犠牲者はさらに増える可能性がある。

 大地震は、発生から30時間以上が経過した。生き埋めとなった被災者の生存率は24時間では80%だが、48時間では30%未満に低下するとされ、政府は軍や警察を投入し被災者の捜索を最優先に急いでいる。

 コレア大統領は17日、被害が甚大だったマナビ州を視察後、「エクアドルは極めて困難な状況に見舞われている」と話し、犠牲者が相当数に上るとの見方を示した。


エクアドル地震、死者350人に…余震200回
読売新聞 4月18日(月)23時48分配信

 【ロサンゼルス=田原徳容】南米エクアドルの太平洋沿岸で16日に起きたマグニチュード(M)7・8の地震で、AP通信は17日、死者は少なくとも350人に達したと伝えた。

 政府は軍や警官の1万3000人以上を被災地に派遣した。

 外務省によると、被害の大きかったマナビ州で在留を届け出ていた邦人4人と一時連絡が取れなくなったが、その後、安全が確認された。邦人の被害は現在のところ確認されていない、という。一方、カナダ政府は、エクアドル在住のカナダ人2人が死亡したことを確認した。

 16日の発生以来、余震は200回超。ロイター通信などによると、同州の州都ポルトビエホ、港湾都市マンタ、観光地のペデルナレス、最大都市グアヤキルなどでビルの倒壊など甚大な被害が確認された。コレア大統領は欧州外遊を切り上げて帰国し、被災地入りした。


エクアドル地震 エクアドル政府、死者は350人に 負傷は2500人超す
産経新聞 4月18日(月)23時10分配信

 【ロサンゼルス=中村将】南米エクアドルで16日に起きたマグニチュード(M)7・8の地震の被害状況について、同国政府当局者は18日、350人が死亡し、2500人以上が負傷したことを明らかにした。余震が断続的に続く中、軍や警察、消防などによる行方不明者の捜索活動が行われた。

 在エクアドル日本大使館によると、在留届を提出している日本人うち当初、安否確認ができなかった4人程度がいたが、その後連絡が取れた漁業関係者らもおり、残りの日本人の所在確認に全力をあげている。

 地震は16日午後6時58分(日本時間17日午前8時58分)ごろ発生。政府当局は津波警報や非常事態を宣言して対応にあたった。

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は18日の会見で、連絡が取れていない日本人男性4人について、「ほとんどの方とは連絡が取れ、安全を確認した。連絡が取れない方もいるので、現地当局で懸命に連絡を取っている」と述べた。


エクアドル地震 不明の日本人「ほとんどと連絡取れ、安全を確認」菅官房長官
産経新聞 4月18日(月)22時24分配信

 【ロサンゼルス=中村将】南米エクアドルで16日に起きたマグニチュード(M)7・8の地震の被害状況について、同国政府は17日、272人が死亡し、2500人以上が負傷したと明らかにした。在エクアドル日本大使館によると、西部マナビ州で在留届を提出している日本人36人のうち、男性4人と連絡が取れていないといい、消息確認を急いでいる。

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は18日の会見で、連絡が取れていない日本人男性4人について、「ほとんどの方とは連絡が取れ、安全を確認した。連絡が取れない方もいるので、現地当局で懸命に連絡を取っている」と述べた。


エクアドル地震、邦人4人の安全確認…菅長官
読売新聞 4月18日(月)19時56分配信

 南米エクアドルの太平洋沿岸で16日午後に起きたマグニチュード(M)7・8の地震で、菅官房長官は18日の記者会見で、マナビ州で在留を届け出ていて連絡が取れなかった邦人4人について、連絡が取れて安全が確認できたと発表した。

 外務省によると、邦人の被害は現在のところ確認されていない、という。


菅官房長官、邦人の安否確認に全力=エクアドル地震
時事通信 4月18日(月)19時27分配信

 菅義偉官房長官は18日午後の記者会見で、南米エクアドルの大規模な地震に関し、連絡の取れなかった邦人4人について「ほとんどの方とは連絡が取れ、安全確認済みだ」と明らかにした。

 一方、この4人以外の邦人に関し「他に連絡が取れていない方も現時点ではいる」とも述べ、引き続き安否確認に全力を挙げる考えを示した。


素手で自力の救助活動=エクアドル
時事通信 4月18日(月)18時49分配信

410
南米エクアドルで発生したマグニチュード(M)7.8の地震。住宅や店舗ががれきと化す一方、救助隊員数は圧倒的に不足。発生から1日以上経過した今も支援は届かず、住民は自力で救助活動に当たっていた。


素手で自力の救助活動=支援行き届かず―エクアドル地震
時事通信 4月18日(月)17時59分配信

 【マンタ(エクアドル)AFP=時事】南米エクアドルで発生したマグニチュード(M)7.8の地震。

 住宅や店舗ががれきと化す一方、救助隊員数は圧倒的に不足。発生から1日以上経過した今も支援は届かず、住民は自力で救助活動に当たっていた。

 西部のリゾート地マンタでは、崩壊したホテルで、素手の住民がコンクリート片や金属片をかき分けて捜索していた。「夫がこの下にいるんです」。2児の母ベロニカさん(24)は目に涙をためながら、手にしたがれきを脇に投げた。夫は当時、ホテルの塗装を行っており、休憩していたときに被災したという。ベロニカさんは、地震発生からずっと親族や友人と共に救助活動に当たっていた。

 地元消防隊の隊長によると、人口20万人のマンタ全域が被災した。部下の隊員は30人しかおらず、対応しきれないという。隊長は「閉じ込められた人が多数いるが、人数を把握できていない」と語った。

 近隣の町ポルトビエホの教会の庭には約20家族が身を寄せていた。がれきと化した自宅から、人々はマットレスや椅子だけでなく、冷蔵庫まで持ち出していた。被災者は、地震発生当初から支援が一切ないと口をそろえる。教会に避難中のカリナさん(39)は「水も電気もない。もし雨が降れば全てが水浸しになる」と話した。


エクアドル地震 日本人4人と依然連絡とれず 死者は272人に
産経新聞 4月18日(月)15時40分配信

 【ロサンゼルス=中村将】南米エクアドルで16日に起きたマグニチュード(M)7・8の地震の被害状況について、同国政府は17日、これまでに272人が死亡し、2500人以上が負傷したことを明らかにした。余震が断続的に続く中、軍や警察、消防などによる行方不明者の捜索活動が行われた。

 在エクアドル日本大使館によると、西部マナビ州で在留届を提出している日本人36人のうち、男性4人と連絡がとれていないといい、地震の被害に巻き込まれた可能性がないか、消息確認を急いでいる。

 地震は16日午後6時58分(日本時間17日午前8時58分)ごろ発生。同国政府は津波警報や非常事態を宣言して対応にあたった。


エクアドル地震、死者272人に 大統領「今後大幅に増加」
AFP=時事 4月18日(月)14時7分配信

409
エクアドルのマンタで、マグニチュード7.8の地震に見舞われて倒壊した建物(2016年4月17日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】(更新)南米エクアドルで発生したマグニチュード(M)7.8の地震は、これまでに272人の死亡が確認された。バチカン公式訪問を切り上げて17日夜に被災地入りしたラファエル・コレア(Rafael Correa)大統領が発表した。

【写真10枚】がれきを手で掘り夫を探す女性

 大統領は「死者数は今後も増えることは確実だ。恐らく大幅に増加するだろう」との見通しも示した。

 16日夜に起きた地震では、太平洋沿岸の観光地のホテルや住宅が多数倒壊。数十回にわたり余震が続く中、救出活動は難航し、行方不明者は2000人以上に上っている。被害の特に大きな地域には非常事態が宣言された。

 エクアドルは環太平洋造山帯(Ring of Fire)に位置し、地震の多い国だが、今回の地震は過去およそ40年で最悪の被害を出している。米地質調査所(USGS)によると、エクアドルで1900年以降に発生したM7級の地震は今回で7回目で、1987年3月に起きた地震では約1000人の死者を出している。【翻訳編集】 AFPBB News


エクアドル地震、死者272人に
BBC News 4月18日(月)12時29分配信

408
エクアドル地震、死者272人に

南米エクアドルで16日夜(日本時間17日朝)、同国沿岸部ムイスネ近郊を震源とする強い地震があった。地震の規模を示すマグニチュード(M)は7.8。米地質調査所(USGS)によると、震源の深さは約20キロ。少なくとも272人の死亡が確認され、1500人以上が負傷したという。被災地には軍1万人や警察3500人が派遣され、救助活動を続けている。イタリア訪問中だったコレア大統領は急きょ帰国を決め、非常事態を宣言した。

エクアドルでは1979年以来の強い地震という。余震が130回以上続いている。

英オープン大学のデイビッド・ロザリー教授(地球科学)によると、16日未明の熊本地震の約6倍の強さ。

エクアドルのコレア大統領は「壊れたものは建て直すことができる。しかし命は取り返しがつかない。それが何よりつらい」とコメントした。

甚大な被害の出たマンタ市を訪れたグラス副大統領は、建物の下敷きになった人たちを助けてほしいと訴える住民に「負傷者にとってひどいことになりかねないので、重機は使えない」と語りかけた。

住民が手で瓦礫を掘って、生存者を助け出そうとしている場所もある。

震源地に近いペデルナレスのアルシバル市長は、「町全体」が損害を受けたと報告。「できる限りのことをしようとしているが、できることはほとんど何もない」と述べ、被災地で窃盗が相次いでいると付け加えた。

震源地から約300キロ離れたグアヤキルで橋が破壊されるなど、被害が広範囲に広がっている。

マンタに住む女性は「上の階が頭の上から落ちて来た。家族がみんないます。姉妹も子供たちも。神様、救助が間に合うように」と話した。

地震発生時に首都キトにいたクリスチャン・イバラ・サンティジャンさんは、「2、3カ月前から弱い揺れが続けていたので、今回もそれかと思ったけれども、20~30秒たつとものすごく強くなった」とBBCに話した。「犬をつかんでテーブルの下にもぐった。しかし揺れが止まないと分かったので、犬と一緒に外に飛び出た」。

ベネズエラやメキシコなど近隣各国から支援物資が届き始めている。隣国コロンビア政府も、救助犬を含む災害対策チームを派遣するほか、海軍が水を被災地に運ぶと対応を表明した。

<分析>ジョナサン・エイモスBBC科学担当編集委員

エクアドルは地震に慣れている国だ。今回の震源から250キロ以内の地域で1900年以来、M7.0以上の地震が7回起きている。揺れそのものだけでなく、地震が引き起こした津波による甚大な人命損失を何度か経験している。

エクアドルはいわゆる「火の輪」と呼ばれる、地震活動がきわめて活発な環太平洋造山帯にあり、ナスカ・プレートと南米プレートの境界に面している。

プレートとは地球表面を覆う巨大な岩盤だ。ナスカと南米のプレートは毎年約65ミリの速度で動いている。ナスカ・プレートは太平洋の海底の一部で、南米大陸西岸の下に引きずり込まれている。このプレートの動きが、アンデス山脈や、エクアドル最高峰のチンボラソ火山など数々の火山を作り出した。

地震の性質や現地の建築工法などから、死者数百人規模の深刻な被害が出るものと推定される。

(英語記事 Ecuador earthquake: Deaths rise to 246)


エクアドル地震 日本人4人連絡とれず 死者262人に
産経新聞 4月18日(月)12時26分配信

 【ロサンゼルス=中村将】南米エクアドルで16日に起きたマグニチュード(M)7・8の地震の被害状況について、同国内務省は17日、これまでに262人が死亡し、2500人以上が負傷したことを明らかにした。余震が断続的に続く中、軍や警察、消防などによる行方不明者の捜索活動が行われている。

 在エクアドル日本大使館によると、西部マナビ州で在留届を提出している日本人36人のうち、男性4人と連絡がとれていないといい、地震の被害に巻き込まれた可能性がないか、消息確認を急いでいる。


大地震のエクアドル、刑務所から100人が脱走
AFP=時事 4月18日(月)11時55分配信

407
南米エクアドルで、マグニチュード7.8の地震の被害が最も大きかった町の一つ、ペデルナレスの市内(2016年4月17日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】マグニチュード(M)7.8の地震に見舞われた南米エクアドルの刑務所で、地震に乗じて約100人の受刑者が脱走していたことが分かった。レディ・スニガ(Ledy Zuniga)法相がツイッター(Twitter)で明らかにした。

【関連写真】地震で陥没した道路

 脱走劇があったのは同国西部の町ポルトビエホ(Portoviejo)。脱走者のうち、これまでに約30人は拘束され、数人は自ら刑務所に戻ったが、残りは現在も逃走を続けていて警察が行方を追っているという。

 16日午後(日本時間17日午前)にエクアドルを襲った地震では少なくとも246人が死亡。ホルヘ・グラス(Jorge Glas)副大統領によれば2500人が負傷し、17日もがれきの下敷きになった人々の救出活動が続けられている。

 エクアドルは太平洋海盆(Pacific Basin)の大半を取り巻く環太平洋火山帯(Ring of Fire)上に位置するため、地震が頻繁に起きる。16日の地震は揺れがわずか1分ほどだったにもかかわらず、過去40年近くで最悪の被害をもたらしている。【翻訳編集】 AFPBB News


エクアドル:M7.8の地震で少なくとも246人死亡-余震頻発
Bloomberg 4月18日(月)11時19分配信

    (ブルームバーグ):南米エクアドルで16日発生したマグニチュード(M)7.8の地震で、246人以上が死亡した。大統領府が発表した。ここ数十年で国内最大級の地震となった。

バチカンでの会議出席のためローマを訪れていたコレア大統領は、帰国のため予定を切り上げた。大統領府がツイッターへの投稿で明らかにしたところでは、少なくとも2527人が負傷したという。

エクアドルの地球物理学研究所ウェブサイトによると、震源は首都キトの西北西約170キロのマナビ州。「相当の被害」が出ており、M5を記録した揺れを含む36回以上の余震が発生したという。

政府は捜索・救助活動のため兵士1万人と警察官4600人を被災地に派遣したとグラス副大統領はツイッターで説明している。

原題:Ecuador Earthquake Kills at Least 246 as Aftershocks
Rumble (1)(抜粋)

記事に関する記者への問い合わせ先:キト Nathan Gill ;メキシコ市 Ben Bain ,ngill4@bloomberg.net,bbain2@bloomberg.net

記事についてのエディターへの問い合わせ先:
Brendan Walsh
Laurie Asseo, Ros Krasny ,bwalsh8@bloomberg.net


洪水の次は大地震… 二重苦に襲われたエクアドルの町
AFP=時事 4月18日(月)10時58分配信

393
エクアドル・グアヤキルで、地震により損傷した建物のがれきの中を捜索する救助隊員ら(2016年4月17日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】最初に洪水が、そしてその次は大地震──。南米エクアドル西部の小さな町アブドンカルデロン(Abdon Calderon)では、町が胸の高さまで冠水した洪水から1週間も経たないうちに起きたマグニチュード(M)7.8の地震で、市場の入る2階建ての建物が倒壊した。

【写真10枚】地震の被害を受けた町の様子

「たった1週間のうちに、自然は私たちにひどい罰を与えた」。地元住民のネリーさん(73)は語った。

 ホルヘ・グラス(Jorge Glas)副大統領によると、地震による死者は246人、負傷者は2527人に上っている。震源地から南に180キロのアブドンカルデロンでは、市場の倒壊で少なくとも2人が死亡した。

 ネリーさんは「月曜日(11日)には洪水で町中の家が浸水した」と語った。そして16日には、市場が「トランプでできた家のように」倒壊したという。室内にいるのは怖くて路上で一夜を過ごした。そして今、ぺちゃんこになった市場の前に立ち尽くし、体を温めるため自身を抱きしめながら、町を襲った2つの災害について涙ながらに語っている。

 地震発生時、路上に飛び出すと、市場が倒壊する様子を目の当たりにしたという。「泣かずにはいられない」「下敷きになった人が大声で助けを求めていたが、しばらくしてその声がやんでしまった」と、ネリーさんは涙ぐんだ。【翻訳編集】 AFPBB News


エクアドル地震、死者246人に 負傷者2500人以上
CNN.co.jp 4月18日(月)10時43分配信

(CNN) 南米エクアドルの沿岸部で16日に起きたマグニチュード(M)7.8の地震による死者は246人に達し、少なくとも2527人が負傷したことが分かった。グラス副大統領が17日夜、公共テレビ局を通して発表した。

エクアドルでは1987年にM7.2の地震で1000人が死亡して以来の犠牲者数となった。

同国の緊急対策当局者によると、西部マナビ県で最も多い約200人が死亡した。被害は同県の港湾都市マンタや県都ポルトビエホ、観光地のペデルナレスなどで特に大きく、そのほか国内各地に広く及んでいる。同県を含む6県に非常事態宣言が出ている。

最大都市グアヤキルでは高架道路や家屋が倒壊し、停電が発生した。住民の1人は17日、「近所の人々はみんな世界の終わりが来たと叫んでいた」と語った。

同当局者は「水の供給と通信が大きな問題だ」「山岳地帯では最近エルニーニョ現象の影響で雨が続いていたため、主要道路の状態が特に悪い」と述べた。

被災地には兵士1万人、警官4600人が送り込まれ、救出作業に当たっている。仮設の病院と避難所が開設され、捜索犬部隊も増派された。グラス氏によると、コロンビアやチリ、スペイン、メキシコから応援部隊が向かっている。

エクアドルのコレア大統領は、訪問先のバチカン(ローマ法王庁)から急きょ帰国。フランシスコ法王は17日、エクアドルと日本で起きた地震の被災者のために祈りをささげようと述べた。

日本の九州では14日にM6.2、16日にM7.0の地震が起き、多数の死傷者が出ている。


<エクアドル>地震死者272人に 負傷者は2500人超
毎日新聞 4月18日(月)10時41分配信

406
エクアドルの太平洋沿岸部の町ペダナレス。崩れた建物を捜索する救急隊員=2016年4月17日、AP

 【サンパウロ朴鐘珠】南米エクアドルの太平洋沿岸で16日に起きたマグニチュード(M)7.8の地震で、ロイター通信は17日、少なくとも272人が死亡し、2500人以上が負傷したと伝えた。エクアドルでは1979年に約600人が死亡し、約2万人が負傷する地震が起きたが、今回はこれに次ぐ規模。

 日本外務省によると、死傷者に日本人が含まれているとの情報はない。

 被災地では余震が160回以上起き、エクアドル当局は6州で非常事態を宣言。コレア大統領は訪問先のイタリアから急きょ帰国した。

 被害の大きい地域では住宅が倒壊し、被災者は不安な一夜を過ごした。兵士やトラクターが被災地に動員され、行方不明者を捜索している。


ローマ法王、祈りを呼びかけ…熊本や南米地震で
読売新聞 4月18日(月)10時36分配信

 【ローマ=青木佐知子】ローマ法王フランシスコは17日、バチカンで開かれた日曜恒例の祈りの集会で、熊本地震や南米エクアドルの地震に触れ、「神のご加護と(被災者たちの)隣人が強さと支援を与えることを祈ろう」と述べ、被災者のための祈りを呼びかけた。

 また、法王は16日のギリシャ・レスボス島の難民キャンプ訪問で出会ったという、キリスト教徒の妻を殺害されたイスラム教徒の男性のことを紹介した。「彼ら(夫妻)は愛しあい、尊敬しあっていたが、女性が信仰を捨てることを拒んだため、テロリストに喉をかき切られた」とイスラム過激派を強く非難し、「彼女は殉教者だ」と強調した。


エクアドル地震の死者246人に 負傷者は2500人以上
産経新聞 4月18日(月)9時59分配信

 南米エクアドルで16日に起きたマグニチュード(M)7・8の地震の被害状況について、被災地を視察したグラス副大統領は17日、これまでに246人の死亡が確認され、2500人以上が負傷していることを明らかにした。地元メディアなどが報じた。

 余震が断続的に続く中、軍や警察、消防などによる行方不明者の捜索活動が行われている。在エクアドル日本大使館によると、これまでのところ、死者に日本人が含まれているとの情報はない。(ロサンゼルス 中村将)


エクアドル死者272人に…邦人4人連絡取れず
読売新聞 4月18日(月)9時36分配信

 【サンパウロ=吉田健一】南米エクアドルの太平洋沿岸で16日午後に起きたマグニチュード(M)7・8の地震で、ロイター通信などは17日、同国のグラス副大統領の話として、死者が少なくとも272人に達し、2000人以上の負傷者が出ていると伝えた。

 倒壊した建物の下敷きになっている人も多いとみられ、死傷者はさらに増える可能性がある。

 首都キトの日本大使館によると、16日夜時点で在留邦人の被害は確認されていないが、マナビ州で在留を届け出ている邦人36人のうち4人と連絡が取れていないという。大使館が安否の確認を急いでいる。

 報道によると、マナビ州マンタや同州ポルトビエホ、最大都市グアヤキルなどで、建物の倒壊や橋の崩落といった大きな被害が出ている。キトから西に約170キロ・メートルの震源地に近い地域では、行方不明の家族らの消息を求め、がれきの間を捜して回る住民の姿がみられるという。現地では160回を超す余震も起きている。

 同国政府は救出活動と治安確保のため、軍や警察など1万3000人以上を動員することを決めた。


246人死亡、多数不明=エクアドル
時事通信 4月18日(月)9時32分配信

393
南米エクアドルで発生したマグニチュード7.8の地震から一夜が明けた17日、グラス副大統領は被災状況について「死者246人、負傷者は2527人に達した」と発表。写真はグアヤキルで、がれきを調べる救助隊。

« 熊本・震度7の地震に関するニュース・23 | トップページ | 熊本・震度7の地震に関するニュース・24 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/63514670

この記事へのトラックバック一覧です: 南米エクアドルでM7.8の地震・2:

« 熊本・震度7の地震に関するニュース・23 | トップページ | 熊本・震度7の地震に関するニュース・24 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31