« 三菱MRJ2号機、5月から地上走行試験 | トップページ | 神戸の新名神工事現場で橋桁落下 2人死亡、8人が負傷 »

2016年4月22日 (金)

熊本・震度7の地震に関するニュース・44

引き続き、熊本県で4月14日および16日に発生した、震度6強~7の地震に関するニュースを伝達します。

リンク:<熊本地震>阿蘇山、本震で20センチ沈む…中岳火口付近 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:仮設用地に国有地を無償提供へ…熊本地震で政府 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、熊本県に見舞金 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:災害復旧の補正、今国会で=自公検討、政府と協議へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:〔熊本地震〕九州新幹線 明日昼から博多~熊本駅間の運転再開へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本県南阿蘇村長「復旧に時間」=「本震」1週間前に会見 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:元祖電脳アイドル千葉麗子さん“パヨク”の実態暴露 反原発デモ痛感した独善的体質 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本「前震」1時間前に飲食店のアジが大暴れ 野鳥も飛び立つ数々の異変 夕刊フジ記者現地ルポ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:石巻の医師、「古里のために」派遣志願…被災の母が背中押す - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:博多―熊本、23日運転再開=九州新幹線、正午前に―JR - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:震度1以上、800回超=23日夜から雨、土砂災害警戒―気象庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:エコノミー症候群、対策本格化=専門チーム、避難所で指導―熊本地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本・大分の「震度1」以上、800回超す - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:国交省、特殊車両通行の許可を迅速化…熊本地震の被災者支援を加速 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「阿蘇はきっと大丈夫」=2男4女の母強く―震災で移住・熊本 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本地震 「元の日々」取り戻す 亡き先輩への思い胸に…東海大生ボランティア - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:大分道・速見~別府間が復旧…大分県の南北軸が回復 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本地震、国道443号の応急復旧が完了…被災地の渋滞解消に効果 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「足伸ばせるだけで幸せ」=エコノミー発症の92歳 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:生活ごみ、近隣で広域処理=衛生状態悪化を懸念―熊本地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本市の「鶴屋百貨店」が23日営業再開へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本地震>ふるさと納税の受付事務を代行 茨城・境町など - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:脱線の九州新幹線、撤去を開始…作業難航恐れも - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:批判殺到の「押しかけ」ボランティア問題 現場で当事者に話を聞いた - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ボランティア・県外転院…熊本地震の支援加速 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本地震 安倍首相、23日に熊本地震を視察 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本地震>安倍首相、23日に視察へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:首相、23日に熊本視察へ…被災状況など確認 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本地震>脱線の九州新幹線、移送を開始 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:生活再建に向けた動き加速 捜索活動、22日中に再開へ 熊本地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安倍首相、23日に被災地視察=「一日も早い復旧・復興を」―熊本地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:南阿蘇の捜索再開=自衛隊 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「もどかしい」「できることある」 熊本地震、ボランティア活動本格化 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本地震>震災関連死11人に 車内避難の女性も - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

<熊本地震>阿蘇山、本震で20センチ沈む…中岳火口付近
毎日新聞 4月22日(金)18時16分配信

497
噴煙を上げる阿蘇山=2016年4月16日、本社機「希望」から梅村直承撮影

 ◇国土地理院解析

 国土地理院は22日、熊本地震のマグニチュード(M)7.3の本震で、阿蘇山の中岳火口付近が約20センチ沈んだとの解析結果を発表した。本震を起こした布田川(ふたがわ)断層帯は、阿蘇山西側で途切れているとみられ、地理院の藤原智・総括研究官は「地震が何らかの影響を及ぼしたことは間違いないが、火山活動との関連は分からない」と話している。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の陸域観測技術衛星「だいち2号」の観測データなどを解析したところ、阿蘇山は西側に広がる方向で沈んでおり、火口付近で約20センチ、西側で30センチ程度沈んでいた。布田川断層帯東端は阿蘇山の西側で途切れており、衛星データの解析からさらに東に延びていることは確認できないという。

 一方、解析では布田川断層帯の北側は東に最大1.5メートル、南側は西に70センチ以上動いたとみられることも分かった。【大場あい】


仮設用地に国有地を無償提供へ…熊本地震で政府
読売新聞 4月22日(金)18時2分配信

 政府は、熊本地震で建物が広い範囲で被災したのを受け、応急仮設住宅などの用地に充てるため、周辺の使われていない国有地を無償で熊本県などに貸し出す方針を固めた。

 国家公務員用住宅の空き部屋も自治体を通じて一時的な住まいとして無償提供する方向で調整しており、避難所の早期解消を後押ししたい考えだ。

 財務省によると、熊本県内には熊本市を中心に熊本国税局など国の出先機関が集まっており、国有の空き地や、公務員住宅の空き部屋も多いという。

 政府は、国有地の交通の便などを調査し、提供可能な場所の選定を進めている。復旧・復興作業に伴うがれきや建設資材などの保管場所、駐車場などとしても使ってもらうほか、県などが建設する仮設住宅の用地としても活用してもらう方向だ。また、九州各県では公営住宅の一時利用の募集が始まっており、国家公務員住宅についても提供可能な戸数の算定を急いでいる。


両陛下、熊本県に見舞金
時事通信 4月22日(金)17時49分配信

 天皇、皇后両陛下は22日、地震で甚大な被害を受けた熊本県に対し、宮内庁を通じて見舞金として金一封を贈られた。


災害復旧の補正、今国会で=自公検討、政府と協議へ
時事通信 4月22日(金)17時43分配信

 自民、公明両党は22日、熊本地震の災害復旧対策に限定した2016年度補正予算案を6月1日までの今国会で処理する検討に入った。

 政府は秋の臨時国会を念頭に、経済対策を含めた補正予算編成を検討しているが、甚大な被害を踏まえ、与党として被災地支援を急ぐ必要があると判断した。近く政府と具体化に向け協議するとみられる。

 政府は熊本地震の激甚災害指定に向け、損壊した道路や橋などインフラの補修に必要な費用の算定作業を進めており、見極めが付いた段階で予備費や補正予算による対応を決めることにしている。

 自民党幹部は22日、「予備費だけでは足りない」と強調。「1カ月程度で補正予算は組める。震災対応に限った内容なら野党も反対できないだろう」と指摘した。政府関係者も「間に合えばやりたい」と語った。

 公明党の井上義久幹事長も東京都内での講演で、「まだ会期があるから、当面の必要な予算を組むことも十分あり得る」と言及。「(会期の)延長はない前提で国会運営をしなければいけない」とも語った。


〔熊本地震〕九州新幹線 明日昼から博多~熊本駅間の運転再開へ
レスキューナウニュース 4月22日(金)17時40分配信

国土交通省は、熊本地震の影響で一部運転見合わせが続いている九州新幹線について、博多~熊本駅間の運転を明日23日昼ごろから再開すると発表しました。再開後の初列車は、博多11:51発熊本行、熊本11:53発博多行となる予定です。
なお、熊本~新水俣駅間は引き続き運転を見合わせます。同区間では回送列車が脱線したほか、軌道や路盤の損傷、防音壁の落下など多数の被害が出ています。
このほか、在来線についても三角線は明日23日午後から再開する予定です。

■運転見合わせ(22日20:00現在) ★=終日
・九州新幹線(★博多~新水俣) ※博多~熊本は23日昼頃から再開予定
・阿蘇高原線(★肥後大津~豊後竹田) ※宮地~豊後竹田でバス代行
・★三角線 ※23日午後から再開予定
・肥薩線(★八代~吉松)
・熊本電鉄線(★上熊本~北熊本)
・★南阿蘇鉄道線

■運転状況の推移(九州新幹線)
4月14日:熊本県益城町で震度7を観測する地震が発生。全線運転見合わせ。
4月20日:新水俣~鹿児島中央駅間で運転を再開。
4月23日:博多11:51発、熊本11:53発から博多~熊本駅間で運転を再開する予定。


熊本県南阿蘇村長「復旧に時間」=「本震」1週間前に会見
時事通信 4月22日(金)17時37分配信

 熊本県を中心に相次いでいる地震で、16日の「本震」から1週間となるのを前に、甚大な被害が出た熊本県南阿蘇村の長野敏也村長(70)が22日午後、初めて記者会見し、主要道路の寸断や一部地区で停電や断水が続いていることを挙げて「復旧にはなお時間がかかる」と語った。

 
 長野村長は長期化する避難生活について、「病人も出ており、衛生面が一番の心配だ」と話した。約150人いる村職員のほぼ半数が避難所での対応に追われており、その他の必要な業務が滞っているという。「倒壊した家の片付けなどで今後さらに人手が必要になる。ボランティアの協力もぜひお願いしたい」と頭を下げた。


元祖電脳アイドル千葉麗子さん“パヨク”の実態暴露 反原発デモ痛感した独善的体質
夕刊フジ 4月22日(金)16時56分配信

492
千葉さんは「パヨク」に心から失望した(写真:夕刊フジ)

 元アイドルで、ヨガ講師の千葉麗子さん(41)が、「左翼」の実態を暴露する本を出版した。福島県出身の千葉さんは、2011年の東日本大震災後、反原発デモに参加したが、運動を取り仕切っていた左翼グループの“排他的な体質”に嫌気がさし、2年前に決別した。こうした動きは、熊本地震でも見られるという。千葉さんを直撃した。

 インターネット上で話題騒然なのは『さよならパヨク チバレイが見た左翼の実態』(青林堂)。千葉さんによると、劣化した左翼を揶揄する意味を込めた言葉が「パヨク」だという。

 「今年から選挙権年齢が18歳に引き下げられますが、若い人には、横文字の学生グループなどにカッコ良さを感じて、デモに行かないでほしい。左翼に近づくのは本当に危険。見せかけの美しい言葉で人々をおかしな方向に誘導し、国や社会、他人の人生を破壊するのが『パヨク』です」

 千葉さんは5年前、国会前の「反原発デモ」に飛び込んだ。その運動を指揮していたのが、左翼グループだった。

 IT会社を経営し、「元祖電脳アイドル」として知名度の高かった千葉さんは当初、「故郷・福島のために」と思って活動の先頭に立った。だが、科学的根拠も示さず「福島には住めない」などと風評被害をまき散らしている実態を目の当たりにした。「むしろ、この人たちが福島県民を傷つけている」と感じるようになった。

 本書では、運動体の知られざる実態も詳細に描かれている。一部の人間が運動を先導し、誰も意見できない空気ができていたというのだ。

 「国会前などのデモが、共産党関係者ばかりになるのに気づき、私は『やり方がおかしくない?』と疑問をぶつけました。でも、誰も聞く耳を持たない。異なる意見には一切耳を傾けないのが彼らの本性です。それで約2年前、私は国会前でマイクを握っている最中に『もうやってらんねぇよ!』と叫び、マイクを投げ捨てました」

 「パヨク」と決別した千葉さんだが、その後、執拗(しつよう)な嫌がらせに遭った。ネット上の誹謗中傷はもちろん、仕事で渡米する際、左翼グループの関係者に「彼女は危険人物だから入国させるな」と、米国の入国管理局に通報されたこともあったという。

 今回の熊本地震でも、「パヨク」は、被災者支援に参加した在日米軍の垂直離着陸輸送機オスプレイの活動を批判し、九州電力川内原発(鹿児島県)の停止を求めて運動している。

 千葉さんは「彼らはこういう非常時に、首相官邸に電話して『原発止めろ』と妨害することにエネルギーを使うんです。被災者よりも、自分たちの活動が優先なのです。そして、日本には彼らを持ち上げるパヨク新聞社、パヨク放送局があるんです。一体、どこの国の報道機関なのでしょうか」と指摘する。

 「パヨク」研究の必読書といえそうだ。


熊本「前震」1時間前に飲食店のアジが大暴れ 野鳥も飛び立つ数々の異変 夕刊フジ記者現地ルポ
夕刊フジ 4月22日(金)16時56分配信

491
被災した熊本市動植物園。施設の損害は激しかった=20日、熊本市東区(写真:夕刊フジ)

 熊本県や大分県で相次ぐ地震は14日の「前震」から21日で丸1週間を迎えた。一連の連鎖地震で観測史上初めて震度7を2回記録するなど、地震学者の想定を覆す不気味な動きをみせている。未曾有の規模になりつつある今回の震災だが、発生直前に動物の異変が複数確認されていた。これまでにも巨大地震が起きる度に動物の異常行動が報告されてきただけに、頻発する揺れとの関連が気になる。彼らは危険を察知していたのか。(報道部・宇都木渉)

 熊本市中央区の繁華街。19日午後、つけ麺で有名なラーメン店「大勝軒」ののれんを掲げる「肥後大勝軒」を訪れた。店内を見渡すと、業態に似つかわしくない海鮮丼やウニ丼などのメニューが目につく。

 店関係者によると、都市ガスが復活せず、通常の商品が出せないため、同じオーナーが営む鮮魚料理店から食材を調達し、“臨時メニュー”を提供しているという。

 厨房(ちゅうぼう)内には、その鮮魚料理店から手伝いにやってきた板前の佐藤繁幸さん(58)の姿も。地震の取材でやってきたことを告げると、14日夜に経験したこんな話をしてくれた。

 「生きたアジを50~60匹、店の水槽に移す作業をしていると、いつもはおとなしいのにひどく暴れることに気づきました。暴れすぎて水槽の外に飛び出してしまう魚もおり、これは何かヘンだなと。あんなのは長年、仕事をしてきて初めてでした」

 熊本をマグニチュード(M)6・5、最大震度7の「前震」が襲ったのはそれから約1時間後の午後9時26分のことだった。そのアジと同じ青魚のイワシについて、三陸海岸では「豊漁の時に大地震がある」との言い伝えがあるという。

 実際、1896年の明治三陸沖地震と、33年の昭和三陸沖地震の際には大漁を記録していたという。

 異変があった鮮魚料理店から南東約6キロに、約120種800頭の動物が飼育されている熊本市動植物園がある。

 飼育する動物は無事だったが、施設の損傷が激しく当面の間の休園が決定した。特別に内部を見せてもらうと、液状化現象で歩道は隆起し、一部のおりにはヒビも入っている。

 同園で勤務して7年になる松本充史(あつし)獣医師(43)は、「余震も含めて、地震が来る直前に野鳥が何かを感じてなのか、一斉に飛び立っていたようでした。野鳥は異変に関して非常に繊細な危機感を持っているはずです」と明かす。

 一連の地震について、気象庁は「収まる気配がみえない」との見解を示している。動物の発するシグナルにますます注目が集まるかもしれない。


石巻の医師、「古里のために」派遣志願…被災の母が背中押す
読売新聞(ヨミドクター) 4月22日(金)16時50分配信

 熊本市出身で石巻赤十字病院(宮城県石巻市)の内科医、深水 大天(ひろたか) さん(29)が熊本地震の被災地に入り、救護活動を続けている。

 「少しでも古里の不安を取り除きたい」と強く志願し、派遣が決まった。被災した独り暮らしの母親を心配しながらも、大勢の被災者と懸命に向き合っている。

 「吐き気やしびれがなければ大丈夫です。安心してください」。21日朝、熊本県西原村の避難所。深水さんが語りかけると、本震で倒れたタンスで頭を強打した女性(32)は 安堵(あんど) の表情を浮かべた。19日に被災地入りした後、熊本市や西原村の避難所、病院を巡回し、被災者の診療や治療に終日取り組んでいる。

 近畿大医学部の学生時代、東日本大震災の被災地で活動する医師の姿を見て、「人が一番苦しい時の支えになりたい」と決意。2013年の卒業後、震災時に大勢の被災者を受け入れ、今も災害医療に力を入れる石巻赤十字病院での勤務を希望した。

 古里を激しい揺れが襲った14日夜。熊本市南区の実家で独り暮らしをする母・智子さん(63)にすぐに電話をかけた。20分後にようやくつながり、「大丈夫だよ」と聞いてほっとしたが、自宅は窓ガラスや食器が散乱し、智子さんは避難生活を余儀なくされている。

 同病院から医師が派遣されることになったが、災害医療の経験がない若い深水さんに声はかからなかった。しかし、「いても立ってもいられない」と派遣を強く志願。追加でメンバー入りすることが認められた。

 智子さんに電話をかけると、強い口調でこう背中を押された。「家には来なくていいから。あなたができることをやりなさい」

 「薬がない」「呼吸しづらい」――。被災地では、様々な不安の声にじっくり耳を傾ける。余震の恐怖、自宅を失った絶望など、先が見えない被災者の不安が少しでも和らぐよう精神的なケアも心がけている。

  母親の様子をひと目確かめたい、被災した実家に足を運びたい。自分の気持ちを抑え、被災者支援に全力を傾ける。23日にはいったん交代で被災地を離れるが、「必要とされる限り、何度でも来たい」。今後も古里に寄り添い続ける覚悟だ。


博多―熊本、23日運転再開=九州新幹線、正午前に―JR
時事通信 4月22日(金)16時49分配信

490
JR九州は22日、九州新幹線の博多―熊本間で、23日正午ごろに運転を再開する見通しになったと発表した。写真は脱線からの復旧作業で、総合車両所にけん引される九州新幹線の車両=22日、熊本市(同社提供)

 JR九州は22日、九州新幹線の博多―熊本間で、23日正午前から運転を再開する見通しになったと発表した。

 14日の地震発生以来、9日ぶり。午前中に試験走行を実施し、安全を最終確認する。主要区間の運転再開で、人の動きの活発化が期待される。

 同社によると、博多―熊本間で走行に必要な復旧工事を終えた。博多発は午前11時51分、熊本発は同53分の列車から再開する。通常より本数を減らし、各駅停車で折り返し運転する。

 ただ、同区間のうち新玉名―熊本間は、高架橋や防音壁の設備が損傷し、応急処置を行ったため徐行運転する。一部グリーン車を除いて指定席は設定せず、全て自由席。

 九州新幹線は14日夜の地震で、JR熊本駅付近で回送列車が脱線。全線で運転を見合わせていたが、新水俣―鹿児島中央間は20日から本数を減らして再開した。

 JR九州は22日、脱線した列車6両の撤去作業を本格化させた。現場で一部の車両をクレーンで持ち上げてレールに乗せ、熊本総合車両所(熊本市南区)まで順次けん引して移送した。

 ただ、脱線した全車両の撤去が終わらず、余震が続いていることもあり、熊本―新水俣間は復旧のめどが立っていない。


震度1以上、800回超=23日夜から雨、土砂災害警戒―気象庁
時事通信 4月22日(金)16時39分配信

 気象庁は22日、熊本県熊本地方で14日夜に震度7の地震が起きて以降、22日午後7時までに熊本・阿蘇地方と大分県中・西部で震度1以上の地震が810回観測されたと発表した。

 うち震度5弱以上は17回。同日午後6時28分ごろには、熊本市西区で震度4を観測する地震があった。

 熊本、大分両県を含む九州北部では、23日夜から雨が降り始め、24日夜までの雨量は多い所で30~50ミリの見込み。両県では27日ごろまで曇りか雨が続くと予想され、土砂災害に警戒が必要。

 気象庁の青木元・地震津波監視課長は記者会見で「地震活動が増減を繰り返しながら活発に続いており、少なくとも1週間程度は強い揺れに警戒してほしい」と話した。


エコノミー症候群、対策本格化=専門チーム、避難所で指導―熊本地震
時事通信 4月22日(金)16時36分配信

 熊本県を中心に続く地震で、避難生活の長期化に伴い、エコノミークラス症候群の危険が高まっている。

 熊本県は日本循環器学会に支援を要請。医師や臨床検査技師らによる専門チームが22日、熊本市などの避難所に派遣され、エコー検査や被災者への指導など、本格的な予防活動を始めた。

 余震が続く熊本県では、依然として約9万人が避難を強いられている。自宅の倒壊を恐れて車で寝泊まりする人も多く、狭い場所で長時間過ごすことで血液が固まりやすくなるエコノミークラス症候群で死亡したり、救急搬送されたりするケースが相次いでいる。

 県によると、地震による直接の死者は48人、エコノミークラス症候群など震災関連死とみられるケースは11人に上る。

 日本循環器学会は医師ら13人の専門チームを編成。22日は熊本市と同県益城町に派遣し、血流を改善する効果がある弾性ストッキング1200枚を用意した。

 熊本市南区の避難所「アクアドームくまもと」では、4人の足に小さな血栓が見つかった。弾性ストッキングをはいてもらい、経過を観察する。

 専門チームのメンバーで熊本大大学院の小島淳特任准教授は「新潟中越地震や東日本大震災でも、これほど発症は多くなかった」と指摘。受診者の聞き取りや検査結果の分析を進め、原因を調べる。やむを得ず車中泊する場合は、定期的な運動と水分補給に気を付け、弾性ストッキングを着用するよう呼び掛けた。


熊本・大分の「震度1」以上、800回超す
読売新聞 4月22日(金)15時49分配信

 気象庁は、14日夜以降に熊本、大分両県で発生した震度1以上の地震が22日午後3時までに802回に上ったと発表した。

 1日の回数は「本震」のあった16日の202回をピークに減少傾向で、21日は最大震度4の地震2回を含む48回だった。

 22日は午後3時までに28回に上っているが、震度4以上の地震は観測されていない。


国交省、特殊車両通行の許可を迅速化…熊本地震の被災者支援を加速
レスポンス 4月22日(金)15時45分配信

489
熊本地震で崩落した道路

国土交通省は、2016年熊本地震を受けて特殊車両通行許可を迅速化すると発表した。

被災地域の物流確保の観点から、企業活動に伴う特殊車両通行許可申請の「目的地」または「出発地」が熊本県、大分県の場合、最優先で処理し、可能な限り迅速に許可証を交付する。

[関連写真]

現時点で、九州地方整備局熊本河川国道事務所では、災害対応のため、申請書の受付を停止しているが、他の河川国道事務所では受付を行っている。周辺地域では、福岡国道事務所、佐賀国道事務所などの事務所がある。

また、災害救助のため使用される車両の特殊車両通行許可手続は不要としている。

《レスポンス レスポンス編集部》


「阿蘇はきっと大丈夫」=2男4女の母強く―震災で移住・熊本
時事通信 4月22日(金)15時19分配信

 東日本大震災をきっかけに、関東から熊本県南阿蘇村に移住した母親たちがいる。

 両併地区に住む足立あけるさん(35)は0歳から小学6年生まで2男4女の母。「今は大変な地域もいっぱいあるが、余震さえなくなれば阿蘇はきっと大丈夫。家族全員が生きていることに感謝し、精いっぱいここでやっていきたい」と話す。

 「大丈夫だった?」「九州に来て地震に遭うなんて思わなかったよ」。20日午後、足立さんは同じ移住組の「ママ友」や子どもたちと待ち合わせ、無事を喜び合った。澄んだ水が湧く村内の明神池水源のほとり。生後5カ月の次男環樹ちゃんをあやしながら、「阿蘇の水源にほれて移住を決めたんです」と振り返った。

 2011年3月11日、千葉県長南町に住んでいた足立さんは強い揺れに襲われた。当時おなかには三女安澄ちゃん(4)がいた。一家は原発事故の影響を心配し、出産から3カ月後に南阿蘇村へ移住。夫は村で林業を始めた。足立さんによると、同じように移住した家族は数十組いるという。

 震災を機に、ライフラインが崩壊すると生きていけない生活に危うさを感じた。足立さんは自宅で野菜や大豆、ソバなどを育てており、今回の地震でも役立った。子どもたちにも「何かあったとき、人と助け合って命をつなげていけるように育ってほしい」と願っている。

 2度目の大地震が起きた16日未明は、家族全員で車に泊まった。大家族で避難所に入るのは迷惑と考え、今は自宅の避難しやすい部屋で暮らしている。


熊本地震 「元の日々」取り戻す 亡き先輩への思い胸に…東海大生ボランティア
産経新聞 4月22日(金)14時54分配信

488
高齢者らが避難しているホテルで支援物資を運ぶ前田啓太さん=熊本県益城町(寺口純平撮影)(写真:産経新聞)

 「当たり前の毎日のありがたさがよく分かった」。雨が上がり、復興に向けた支援活動が本格的に再開された熊本地震の被災地。22日、ボランティアの受付にできた行列のなかに、東海大の旅行サークルの先輩を亡くした農学部3年、前田啓太さん(20)=熊本市東区=の姿があった。「今はどこも人手が足りない。何でもいいから手伝いたい」。被災直後から支援物資の仕分けや配布を手伝い、復興に向けて歩みを進めている。(井上浩平)

 震度7の「本震」が発生した16日未明、前田さんは大きな被害を免れた熊本市内の自宅にいた。直後に携帯電話に届いた友人からの安否確認のメッセージには「阿蘇大橋が落ちたらしい」の文字。「毎日通学で使っている橋がまさか」と言葉を失った。信じられない気持ちでニュースを確認し、橋の崩落にとどまらず、東海大生が生き埋めになったことを知った。

 東海大のキャンパスがある熊本県南阿蘇村では学生向けのアパートが倒壊し、親しい友人3人を含む約10人が下敷きになった。昨年12月に友人らと忘年会を開くなど前田さん自身も何度も訪ねたことがある建物で、現実の出来事と思えなかった。

 不安な気持ちでニュースを見つめていると、アパートに住む友人たちから「近くの小学校のグラウンドに避難している」とメッセージが届いた。

 すぐに返信した。「がんばれ」「無理するな」「気持ちを強く持て」。励ましの言葉を連ねた。ニュースで自衛隊が救助に向かっていることを知ると、スマートフォンで動画を撮影して送り、「自衛隊のヘリが向かっている。もう大丈夫だ」と勇気づけた。

 友人からは「携帯の電池を減らしたくない。返信できなくてごめん」と連絡があり、現地の逼迫(ひっぱく)した状況をひしひしと感じた。

 同じ農学部バイオサイエンス学科で旅行サークルの先輩の4年、脇志朋弥(しほみ)さん(21)ら3人が命を落とした。「脇さんはみんなの気持ちを思いやれる優しい人だった。人生はこれからだったのに」。身近な人が自分もよく知る場所で亡くなった衝撃と悲しみは大きい。倒壊したアパートから助け出された親しい友人も入院したままだ。

 大学は当面の休校が決まった。牧場のような雰囲気が大好きだったキャンパス周辺の様子が気にかかる。しかし通学路だった阿蘇大橋が崩落したため、なかなか足を運べない。

 それでも、「今こそ若い力が必要なんじゃないか」と、19日から自主的に熊本市内で支援物資を仕分けるボランティアに参加するようになった。21日にも多くの犠牲が出た同県益城町で活動。高校時代の友人らも誘い、本格的に活動を始めている。

 「地震が起きるまで当たり前のように会えていた人たちが亡くなるなどし、普通の毎日がどれだけありがたいことか実感した。早くもとの日々に戻れるようがんばりたい」

 22日昼、熊本市災害ボランティアセンターの受付に並んだ前田さんは、黄色いビニールテープに名前を書いて腕に貼り付けると、力強い足取りで活動に向かった。


大分道・速見~別府間が復旧…大分県の南北軸が回復
レスポンス 4月22日(金)14時49分配信

国土交通省は、熊本・大分地震により被害を受けていた大分道・速見~別府間約10kmの復旧作業が完了し、一般車両を含め走行可能になったと発表した。

[関連写真]

これにより、地震発生直後、599kmあった高速道路の通行規制区間は残り75kmとなった。

今回の通行規制解除により、大分県の南北方向の交通が確保され、大分港・別府港とのアクセスが改善するなど、被災地への円滑な支援物資の輸送が見込まれるとしている。

《レスポンス レスポンス編集部》


熊本地震、国道443号の応急復旧が完了…被災地の渋滞解消に効果
レスポンス 4月22日(金)14時49分配信

国土交通省は、熊本地震で被害を受けていた国道443号の応急復旧が完了し、走行可能になったと発表した。

[関連写真]

物資輸送が可能となった九州自動車道の植木IC~益城熊本空港IC間とともに、道路の復旧が進展する。

国道443号は、九州自動車道と国道3号に並行しており、今回の復旧により益城熊本空港ICから益城町中心部など被災地への円滑な支援物資の輸送に寄与するとともに、国道3号などの渋滞緩和の効果も見込める。

《レスポンス レスポンス編集部》


「足伸ばせるだけで幸せ」=エコノミー発症の92歳
時事通信 4月22日(金)14時44分配信

 熊本県益城町の松本ミエ子さん(92)は1週間の車中泊の末、ようやく見つけた避難先で娘の京子さん(63)と胸をなで下ろした。

 「足を伸ばせるだけで幸せ」。エコノミークラス症候群と診断されたが、入院できず車に戻り、落ち着ける場所を懸命に探したという。

 ミエ子さんの自宅は築100年近く、裏には崖が迫り、倒壊や土砂崩れの危険があった。震度7を観測した14日夜の地震後、すぐに避難を決めた。両膝が悪く、トイレや寝起きが不安だったため避難所には入らず、1台の軽自動車に家族3人で寝泊まりを続けた。

 慣れない車での生活で足は腫れ上がり、巡回の医師はエコノミークラス症候群と診断。救急車で病院に運ばれ、精密検査を受けた。症状が軽かったため入院できず、車中生活に戻った。京子さんは「どこにも行けないまま、取り返しが付かなくなるのでは」と心配した。

 大雨が降った21日、わずかな望みをかけて相談した知人から、高齢者に空きスペースを開放している老人ホームを紹介された。訪ねると、何とか居場所をつくってくれた。

 「やっと寝られる。本当に幸せ」と笑うミエ子さん。京子さんは「地震で無事だったからこそ、元気で長生きしてね」と話し掛けた。


生活ごみ、近隣で広域処理=衛生状態悪化を懸念―熊本地震
時事通信 4月22日(金)14時23分配信

 熊本地震の被災地で出た生活ごみを、熊本県外の自治体の処理施設で受け入れる動きが広がっている。

 被害が大きい地域では、ごみ処理施設が被災したほか、収集が追い付かず、集積所や道路にごみが山積みになっている状況。衛生状態の悪化も懸念されることから、福岡市や大分市などが支援に乗り出した。

 熊本県内ではごみ処理施設が被災し、処理が滞っている自治体がある。熊本市の東部環境工場は、通常は1日600トンを処理できるが、設備の一部が破損して焼却炉が停止。同県益城町の焼却施設も壊れて稼働していない。

 この状況を打開しようと、近隣自治体が21日から順次、県境を越えてごみの受け入れを始めた。熊本市のごみは福岡、北九州両市の処理場に運搬。大分市は同県阿蘇市などから集まった阿蘇広域行政事務組合のごみを受け入れている。


熊本市の「鶴屋百貨店」が23日営業再開へ
西日本新聞 4月22日(金)14時13分配信

 熊本市中央区手取本町の鶴屋百貨店は23日午前10時から、東館で営業を再開する。

 エレベーターやエスカレーターの安全確認を行い、問題がないことを確認した。

 本館は当面再開の見通し立たないため、食衣料品や婦人服、リビング雑貨を東館に移した。

 営業時間は午前10時~午後6時。通常は平日午後7時まで、金土は午後7時半までだが午後6時までに繰り上げる。

 なお、余震に備えた避難誘導訓練を23日午前9時から東館で実施する。

=2016/04/22 西日本新聞=


<熊本地震>ふるさと納税の受付事務を代行 茨城・境町など
毎日新聞 4月22日(金)14時13分配信

 熊本や大分で相次ぐ地震の被災地を応援しようと、寄付額に応じて控除が受けられる「ふるさと納税」制度を使って被災自治体を支援する動きが広がっている。熊本県に対する寄付には、茨城県境町などが受付事務を代行する仕組みを作った。混乱が続く被災自治体の負担を軽減しつつ財政支援する手法が支持されている。

 寄付を仲介するウェブサイト「ふるさとチョイス」には16日以降、熊本県を緊急支援するふるさと納税の受付フォームが設けられた。開設したのは、茨城県境町と福井県、千葉県市川市で、被災した熊本県に代わって入金確認や確定申告に必要な受領証明書を発行する業務を担い、集まった寄付はすべて熊本県に送る。

 境町は昨年9月の関東・東北豪雨で被災した際に受けた緊急寄付約1800万円が復旧に役立ったといい「被災時は事務に手が回らない。恩返しのつもりで代行している」。福井県は東日本大震災でも被災自治体への寄付受付業務を代理で担ったという。

 緊急寄付のため、額に応じた返礼品はないが、22日午前9時までに代理受付自治体にあった寄付の申し出は合わせて1億4000万円に迫り「熊本がんばれ」「(熊本の)事務負担が気になっていた。これなら安心して申し込める」などとコメントも寄せられている。

 別の仲介ウェブサイト「さとふる」には熊本県南阿蘇村への寄付金が21日までに6330件、総額9478万円集まった。通常はサイト運営業者が自治体から一定の手数料を取るが、今回は申し込みの全額が自治体に届くようにしている。

 熊本県の宇土、宇城、菊池3市と大分県もふるさと納税で緊急寄付を受け付けている。

 義援金や寄付に詳しい山内直人・大阪大大学院教授(公共経済学)は「ふるさと納税の認知度が最近高まっており、いち早く活用の動きが出てきたのだろう。財政支出が増える被災自治体に資金が集まることは評価したい。被災者を直接支援するなら義援金が有効」と話している。【青木絵美、遠山和宏】

 【ことば】ふるさと納税制度

 所得税や住民税の一部を出身地や応援したい自治体に寄付できる制度。都市と地方の税収格差の是正を目的に2008年度に始まった。寄付額の2000円を超える額について年収などに応じて限度額まで控除される。


脱線の九州新幹線、撤去を開始…作業難航恐れも
読売新聞 4月22日(金)14時6分配信

475
九州新幹線の脱線車両の復旧作業が再開された。下から1~3両目は線路上に戻っている(22日午前9時45分、熊本市で、読売ヘリから)

 脱線していた九州新幹線の回送車両(6両)について、JR九州は22日午後、現場からの撤去作業を始めた。

 JR熊本駅の南約1・3キロの脱線現場では、18日から車両を線路に戻す作業を続けており、22日朝、4両目以降を移動させる作業を始めた。同日午後からは牽引(けんいん)車両で1両ずつ撤去しているが、6両目は破損が激しいためクレーンで持ち上げなければならず、作業が難航する恐れもあるという。

 脱線車両は熊本―新水俣(熊本県水俣市)の運転再開を阻む大きな要因となっていた。九州新幹線は新水俣―鹿児島中央(鹿児島市)で運転を再開している。


批判殺到の「押しかけ」ボランティア問題 現場で当事者に話を聞いた
BuzzFeed Japan 4月22日(金)14時1分配信

地震の被害にあった熊本・御船町のボランティアをめぐり、批判が起きている。「押しかけ」「トラブル生む」の声も出ているが、実際にどうなっているのか。現地で町長、ボランティア団体の代表ら関係者を取材した。【BuzzFeed Japan / 石戸諭】

話題となっているのは、ボランティア団体「一般社団法人TSUNAGARI」(以下、つながり)だ。

県社会福祉協議会が安全面の確保などを理由にボランティアを控えるよう呼びかけていた最中に、いち早く御船町街に入り、4月15日にボランティアセンターを開設した。

ネット上の批判の要点を整理するとこうなる。

・押しかけたボランティア団体なのに一時、御船町の問い合わせ先になる。
・クラウドファウンディングで935万円を集めたが、使途がわからない。
・東日本大震災で活躍とアピールしているが、トラブルを起こしたのでは。
・救援物資などを巡って、現地で混乱が生じているのではないか。
・メンバーの過去の言動に問題がある。

現地で何が起きているのか
BuzzFeed Newsは4月20日、御船町に入り、藤木正幸町長ら関係者に取材した。

まず、「つながり」が運営するボランティアセンター本部を訪ねた。ボランティア、物資の受付先となっている。中には組織図があり、ボランティアスタッフの配置が決められたいた。連絡は無線で取り合っているようだ。

入り口には「支援物資を持ってきた方は、役場総務課にお電話ください」という紙も貼ってある。

ボランティアの若者に聞いてみた。

「あっ、それは……どうなっているんでしたっけ?」

「総務課に聞いてってことになったんだっけ?」

「状況整理しないといけないって話にはなっているんだけど、うーんと……」

回答は定まらない。

殺到する批判の対応に追われる職員
すぐ近くにある役場で、町の職員に「つながり」について評判を聞いた。

「職員が支援物資の在庫や受付状況を聞きに行ったら、ボランティアのスタッフに『それは総務課に聞いてください』と言われた。聞いた人は役場の職員なのですが…」

「私は正直、混乱しています。いつの間にかいるから、どうしていいのか…」

現場にすれ違いが生まれる以上に大変なのが、外部からの抗議だ。

「つながり」の受け入れが決まり、活動が始まったときから、電話が鳴り止まない。団体受け入れに対する抗議や、過去の問題を取り上げて「今すぐ見直した方がいい」という声が多いという。

役場の職員は「忠告を聞きたいが、いまはそれどころではない。電話応対の時間ももったいない。本当に人手が足りない」と嘆く。

一方で、こんな光景もある。次々と物資が送られてくる倉庫では、ボランティアスタッフと職員が「よし、頑張れ」「ほらよ」っと、この日到着した支援物資が入った段ボールから、協力して荷下ろしする姿も見られた。

町内からもボランティアが集まっている。町観光協会の山下マキさんは「つながり」の支援を希望した。東日本大震災などでボランティアをした山下さんは「この震災でどうしてもボランティアセンターが必要だと思って、真っ先にお願いしたかった。連携はどこよりもうまくいっている」という。

藤木町長が取材に応じた
大災害の混乱に拍車をかける大量の抗議電話。緊急支援活動の最中だったが、藤木町長がBuzzFeed Newsの取材に応じた。「抗議は来るが、直接経緯を聞きに来た人はいなかった。丁寧に説明したい」という。

作業服姿で、疲れきった表情を浮かべたまま、こう語り出した。

「地震が起きたとき、すぐに思ったのは、人手が足りなくなるということでした。職員だけでは足りない。役場の状況を見てますよね。こんな中、どうしろと。役場と民間の協力なんて、混乱しないわけはないですから」

なぜ、「つながり」がボランティアセンターを立ち上げることになったのか。

「まず、私から『つながり』さんに依頼したという事実はありません。彼らが駆けつけてきた」

「(ボランティア受け入れについて)社会福祉協議会の方針と違った件、ホームページの問い合わせ先に『つながり』を掲載したことなど、起きた問題については、必ず検証作業をします」

「正直、私も覚えていないんです。混乱していて……。いまの役場の様子を見たでしょ。いま、職員にそれを聞くことはできないです」

現場での協力は、うまくいっているのだろうか。

「彼らの過去についても、インターネット上で書かれていることを後から知って、驚いているところです。しかし、いまは過去をどうこう言っている場合ではない。町民の中にも、彼らと活動している人がいた。真っ先に駆けつけてくれた、彼らがボランティアセンターが必要だ、立ち上げると言ったので、協力しようとなったということです。実際に、ここでは良く働いてくれていると思っています。役場も人が足りない中、人を集めて、人手を提供してくれて。感謝しています」

「協力していると言っても、避難所にしても、物資についても彼らだけに任せたということはありません。必ず職員がいるようにしている」

「これは緊急事態の一時的なものです。社会福祉協議会のボランティアセンターができれたら、速やかに移行します。私が責任を持って『つながり』から、社協に引き継ぎをしてもらう」

実際、4月21日、町社会福祉協議会によるボランティアセンターが立ち上がり、ホームページで移行を宣言した。

無精ひげが伸び、目の下にクマを浮かべた藤木町長は、こう語った。

「この町は見てのとおり小さい。人口1万7000人です。職員の数も圧倒的に足りない。山間部を抱えているんですよ。御船町で亡くなった方はお一人でした。こんな言い方をしたくはないが、注目は少ないと思います。でも、町を見てください。崩れた家屋もあるし、地震で山に何が起きているかわからない。これから梅雨、台風の季節ですよ。まだまだ土砂災害には警戒が必要なのです。町民の命を第一に考えて、受け入れを決めたのです」

状況は刻一刻と変わる。BuzzFeed Newsの取材によると 東日本大震災の被災地、南三陸町から支援を受けることが決まった。南三陸町の担当者は「益城町や御船町などのエリアで支援活動をしたい」と話した。すでに職員を派遣し、周辺自治体も含めた支援、情報収集にあたっている。震災後の混乱を経験し、ノウハウを持つ被災自治体支援は、大きな安心材料となりそうだ。

集まった資金はどうするのか? 「つながり」の見解は
集まった資金はどうなるのか。「つながり」の代表理事、勝又三成さんが4月20日、BuzzFeed Newsの取材に応じた。

黒のTシャツ、オレンジのビブス、迷彩柄のアーミーパンツという姿。拠点にしている施設の一室で最初にこう語った。

「自分でいいんですか? ネットで調べたらいろいろ書かれていますよ」

行政との連携は取れているのか。

「実際にボランティアはうまくいっている。行政と私たちとは考えが違うところがある。混乱もあるとしても、うまくいっている。実際に自分たちの活動をみればいい。逮捕歴があるとか、自分の過去を持ち出す声も上がっているが、逮捕されたときの話だって、聞かれたらちゃんと答えますよ」

資金はどう使うつもりなのか。

「緊急時に入ったので、明確な資金用途が決まらないまま始まったが、町に役立てるように使いますよ。『緊急時でどう使うかわからない、問題だ』などと批判されても、先のことはわからないでしょ。自分で使うようなことはない」

4月21日に資金を集めたクラウドファウンディングサイト「READYFOR」ホームページ上では寄付すると明記された。

「全額、我々がお手伝いをしております御船町へ、寄付させていただくことと致しました。震災当日から、被災地の皆様を全力で守ろうと共に歩んできた御船町の町長に、皆様からいただいた貴重な支援金をお渡しし、御船町の今後の復興・復旧に充てていただく事が、現場にいる我々が判断させていただいた最も良い支援の形だと考えたためです。寄付の詳細につきましては、現在、御船町と協議をしております。寄付が完了次第、明細等は公表させていただく所存でございます」

「つながり」については「READYFOR」も使途内訳を必ず報告する、と声明を出した。

「今回は『熊本地震緊急支援活動応援プログラム』のプロジェクトとして、緊急性を鑑み資金使途を先に明示しない状況下でのご支援をお願いして参りましたが、今後弊社において、被災地の皆様を助ける緊急活動に対し確実にご支援金が充てられていることを確認し、また実行団体には使途内訳を必ず『新着情報』にてご報告いただきます」


ボランティア・県外転院…熊本地震の支援加速
読売新聞 4月22日(金)14時0分配信

 熊本県を中心に相次いでいる地震で、県内で最も多い約5万人が避難生活を続けている熊本市では22日午前、被災者を支援するボランティアの受け入れが始まった。

 同県内の被災地の入院患者を県外の医療機関などで引き受ける動きも活発化し、被災地支援が加速している。県内はほぼ全域で天候が回復し、2人が安否不明となっている南阿蘇村では同日午後、自衛隊などによる現場の捜索が再開された。一方、熊本県災害対策本部は同日、「震災関連死」とみられる人数が阿蘇市で1人増え、計11人になったと発表した。

 熊本市中央区の花畑広場に設置された災害ボランティアセンターでは、受け付け開始2時間前の午前9時頃から希望者が列を作った。

 設置した市社会福祉協議会によると、ボランティアは4~5人のグループに分かれ、避難所で被災者から必要な支援内容の聞き取りをしたり、清掃や救援物資の仕分け作業をしたりする。被災者のニーズに合わせて今後、活動内容を拡大していく方針。定員は設けておらず、市社協は「数え切れないほどの問い合わせがある。できるだけたくさん受け入れたい」としている。

 熊本県内では益城(ましき)町や南阿蘇村などでもボランティアセンターが開設されている。益城町では21日に200人、南阿蘇村では20、21日の2日間で延べ約170人が、避難所で支援物資の仕分けやトイレの清掃などにあたった。

 一連の地震では、医療機関にも大きな被害が出ており、これまでに、熊本県の5医療機関が患者約820人を県外の医療機関などへ移送した。福岡市東区の市立こども病院が、倒壊の恐れがある熊本市民病院から、重い心臓疾患を抱える患者を含む乳児5人と妊婦2人の計7人を受け入れたほか、鹿児島、佐賀、長崎、大分、宮崎の各県も被災地の患者を受け入れている。患者の搬送にはドクターヘリも使われた。

 気象庁によると、14日夜以降、熊本、大分両県で起きた震度1以上の地震は、22日正午現在で794回に上った。1日の回数は「本震」のあった16日の202回をピークに減少傾向で、21日は最大震度4の地震2回を含む48回だったが、依然として両県で活発な地震活動が続いているという。

 同庁によると、熊本地方は22日はおおむね晴れた。2人が安否不明となっている南阿蘇村では、一時は土砂災害が発生する恐れもあったが、安全性が確認されたとして、同日午後から、自衛隊などによる現場の捜索が再開された。

 一方、熊本県災害対策本部は同日、「震災関連死」とみられる人数が阿蘇市で1人増え、計11人になったと発表した。同本部によると、死亡した70歳代の女性は16日未明の「本震」後、車中に避難して体調不良となり、同日昼頃に死亡が確認された。

 読売新聞のまとめでは22日午後0時半現在、南阿蘇村で2000世帯の4694人に避難勧告を出している。益城町では約100世帯に避難指示、約1万2000世帯に避難勧告、熊本市でも22世帯55人に避難指示、60世帯の120人以上に避難勧告が出されている。


熊本地震 安倍首相、23日に熊本地震を視察
産経新聞 4月22日(金)13時31分配信

 安倍晋三首相は22日昼、公明党の山口那津男代表と官邸で会談し、23日に熊本地震の被災地を訪れ、視察する考えを伝えた。会談後、山口氏が記者団に明らかにした。


<熊本地震>安倍首相、23日に視察へ
毎日新聞 4月22日(金)13時25分配信

 安倍晋三首相は22日、首相官邸で公明党の山口那津男代表と会談し、23日に熊本入りし、被災地を視察する意向を伝えた。首相は当初、16日に視察する予定だったが、大規模な地震の続発によって延期していた。


首相、23日に熊本視察へ…被災状況など確認
読売新聞 4月22日(金)13時23分配信

 安倍首相は22日昼、首相官邸で公明党の山口代表と会談し、熊本地震の被災地を23日に視察する考えを示した。

 首相は当初、16日に被災地入りする予定だったが、同日未明に大きい地震が相次いだことから、見合わせていた。首相自ら現地の被災状況や被災者の生活状況を確認し、今後の対策に生かす考えだ。


<熊本地震>脱線の九州新幹線、移送を開始
毎日新聞 4月22日(金)13時19分配信

474
脱線から線路上に復旧し総合車両所にけん引される九州新幹線=熊本市西区で2016年4月22日午後1時5分、本社ヘリから山下恭二撮影

 JR九州は22日、熊本地震の影響により熊本駅南側で脱線した九州新幹線の回送列車(6両編成)の移送作業を始めた。1号車を他の車両から切り離し、作業用車両と連結。現場から約8キロ南の熊本総合車両所(熊本市)に移動させる。

 JR九州は同日中に2、3号車も移送する予定。同日午前現在、4~6号車は脱線した状態で全車両撤去には時間がかかる見込み。

 JR九州は23日にも博多-熊本間で試験列車を走らせる。安全確認ができれば、直後から同区間の運行を再開する可能性もある。新水俣-鹿児島中央間は20日に再開している。残る熊本-新水俣間は脱線列車が本線をふさぐ形になっており、運行再開のめどは立っていない。【神崎修一】


生活再建に向けた動き加速 捜索活動、22日中に再開へ 熊本地震
西日本新聞 4月22日(金)13時14分配信

 熊本地震で最大震度7を観測した熊本県益城町で22日朝、ボランティアの活動が本格化した。県内最多の約4万9千人が避難する熊本市でもボランティアの受け付けをスタート。熊本港を発着するフェリーが8日ぶりに運航を再開するなど交通網の復旧も進み、生活再建に向けた動きが加速しつつある。一方、2人の安否が分からない同県南阿蘇村では、大雨のため中断していた捜索活動を同日午後、再開した。熊本県は同日、地震の関連死の疑いがあるとして、新たに阿蘇市の70代女性1人を追加した。

 県内の避難者は22日午前9時現在、9万970人。ボランティアは復興の担い手として期待され、避難所の運営支援や被災住宅の片付けなどに当たる。

震度1以上の揺れを観測したのは793回
 公共交通網では、JR九州が同日、熊本駅の南方で脱線した九州新幹線の車両の移送作業を開始。高速バスは福岡-宮崎、福岡-延岡などが相次いで運行を再開した。

 南阿蘇村高野台の土砂崩れ現場では自衛隊や警察が22日午前、捜索再開に向けて雨の影響を確認した。

 県によると70代女性は16日未明の本震後、車中に避難し、同日昼に病院で亡くなった。関連死の疑いがあるという。一連の地震で、肺血栓塞栓(そくせん)症(エコノミークラス症候群)をはじめとする地震後の関連死などは計11人となった。直接の死者は48人。

 震度1以上の揺れを観測したのは22日正午までに794回。県内では前線を伴った低気圧の影響で23日夜以降、再び雨が降る見込みで、気象庁は「家屋の倒壊や土砂災害の危険性が高まっている」として注意を呼び掛けた。

 西日本新聞のまとめでは、熊本県内では22日午後1時現在、6市町で265世帯333人に避難指示、12市町村で2万962世帯5万2182人に避難勧告が出ている。

=2016/04/22付 西日本新聞夕刊=


安倍首相、23日に被災地視察=「一日も早い復旧・復興を」―熊本地震
時事通信 4月22日(金)13時14分配信

 安倍晋三首相は22日、熊本地震の非常災害対策本部で、熊本県の被災地を視察するため23日に現地入りする意向を表明した。

 首相は「現場の状況を私自身の目で確かめ、被災された方から話を伺い、一日も早い復旧・復興に向けた取り組みを充実、加速させたい」と述べた。中谷元防衛相も24日に被災地に入る。

 対策本部の席上、首相は多くの被災者が長期の避難生活を迫られていることを踏まえ、「仮設住宅の準備を急ぐ必要がある」と指摘。「必要な用地を確保する取り組みを加速させてもらいたい」と関係閣僚に指示した。避難所とするため八代港(同県八代市)に入港させたフェリーが、23日から被災者を受け入れることも明らかにした。


南阿蘇の捜索再開=自衛隊
時事通信 4月22日(金)13時1分配信

 自衛隊は22日午後、熊本県南阿蘇村で安否不明者の捜索を再開した。


「もどかしい」「できることある」 熊本地震、ボランティア活動本格化
西日本新聞 4月22日(金)13時0分配信

 うろこのようにめくれ上がったアスファルト、1階部分が完全にひしゃげた木造家屋。どれだけの激しい揺れだったのか。22日朝、熊本県益城町。広島市佐伯区の自営業、清水正光さん(67)は、言葉を失った。熊本地震から1週間、激しい余震が続き、被災地はボランティアの受け入れが困難だった。この日、つなぎの作業着やジャンパー姿の助っ人たちが、同町や熊本市に続々と駆け付けた。

 避難所となっている益城町内の小学校。清水さんは、各地から届いた段ボール箱を運んだ。小学3年のころ、2年上の兄を土砂災害で亡くした。懸命に兄を掘り出してくれた大人たちの姿が目に焼き付いている。還暦を過ぎ、自然と各地の被災地に足が向いた。津波で家ごと流された東日本大震災の被災地に比べ、益城町は家が残っている。なのに、倒壊の危険があり、入って作業できない家が多く「もどかしい」。

 地震の被害が大きかった同町惣領。約10人のボランティアが、車道側に倒れたブロック塀をハンマーでたたき割り、台車に乗せた。「車道をふさいで自力ではどうしようもなかった」。家主の守永和子さん(67)は、頬を緩めた。前日の雨のため湿度が高く、日差しも強い。額に汗がにじむ。皆、靴にも軍手にも泥がこびりついていた。

「他人にはがれきに見えても、家族にとっては大切な思い出の品」
 「益城のボランティアに入ってみない?」。22日午前7時半、保育士の森山恭さん(22)=熊本県嘉島町=は、無料通信アプリLINE(ライン)で友人を誘い、急きょ駆け付けた。

 スマートフォンに次々に飛び込む被害状況に、居ても立ってもいられなくなった。「不慣れだけど、できることがあると思う」。茶色に染めた髪、チノパン、スニーカー、そしてとびっきりの笑顔。2人は、ボランティアセンターが設置されたことを伝えるチラシを被災者たちに配った。

 午前10時半、熊本市中央区の花畑公園で震災後初めてのボランティア受け付けが始まった。700人以上が参加登録した。週末の23日には、九州新幹線の博多-熊本が開通する見込み。参加者がどっと増えることも予想される。県内には、受け入れ態勢が整わない自治体もある。支援が必要な避難所を選び、ボランティアを現地へ案内する態勢が追いつかないのだ。

 受付会場近くの会社に勤める村上智宏さん(47)は、自宅も職場のビルも被害を受けた。「もっと大変な状況にある人たちがいるのだから」と参加した。

 東京都大田区の会社員、藤井一郎さん(49)は1995年に阪神大震災を経験。ボランティアが駆け付けてくれ、勇気づけられた。だからこそ、被災地に足を踏み入れるたび、言い聞かせる。「他人にはがれきに見えても、家族にとっては大切な思い出の品」

=2016/04/22付 西日本新聞夕刊=


<熊本地震>震災関連死11人に 車内避難の女性も
毎日新聞 4月22日(金)12時58分配信

 熊本県は22日、熊本地震で車内避難していて亡くなった熊本県阿蘇市の70歳代の女性を、新たに震災関連の死亡者と発表した。これで震災関連死とみられる人は11人となった。

 県によると、女性は16日午前1時25分の本震後に車中に避難し、同日正午ごろ死亡が確認された。

 ◇安否不明者の捜索開始

 一方、自衛隊や県警などは、雨による土砂災害の危険などで中断した熊本県南阿蘇村での安否不明者の捜索を22日午後1時から再開した。

 熊本県内の安否不明者は現在2人。南阿蘇村によると、同村河陽(かわよう)の高野台団地の土砂崩れ現場では早川海南男さんが被災したとみられ、連絡がとれていない。崩落した阿蘇大橋(同村)付近では、熊本学園大4年の大和晃(ひかる)さん(22)=熊本県阿蘇市=が車で通行中に土砂災害に巻き込まれた可能性がある。

 大和さんの父卓也さん(57)は「まずは安全に、できることをやってほしい」と願っている。【杉山雄飛、田中将隆】

« 三菱MRJ2号機、5月から地上走行試験 | トップページ | 神戸の新名神工事現場で橋桁落下 2人死亡、8人が負傷 »

ニュース」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/63523356

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本・震度7の地震に関するニュース・44:

« 三菱MRJ2号機、5月から地上走行試験 | トップページ | 神戸の新名神工事現場で橋桁落下 2人死亡、8人が負傷 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31