« 熊本・震度7の地震に関するニュース・3 | トップページ | 熊本・震度7の地震に関するニュース・5 »

2016年4月15日 (金)

熊本・震度7の地震に関するニュース・4

引き続き、熊本県で4月14日午後9時26分ごろに発生した、震度7の地震に関するニュースを伝達します。

リンク:九州新幹線、回送列車脱線=全線運転見合わせ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本震度7>死者9人に 熊本県 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:新たに2人死亡確認、死者4人に…熊本震度7 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:〔地震〕高速道路:九州の一部区間で通行止め(15日5時現在) - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本の地震で死者4人に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:けが人多数「追い付かない」=医師招集、懸命の手当て―熊本市の各病院 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:脱線の九州新幹線は回送中…時速80キロで走行 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:与野党も対策本部、対応追われる…熊本震度7 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本震度7>グーグル 安否確認サービスを公開 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:地震の負傷者130人超=熊本 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本で震度5弱=気象庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本震度7 災害最中に民進党公式ツイッターで自民党批判!? 東日本大震災時に「デマ流して政権の足引っ張った」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本激震>「横ずれ型」の可能性 活断層周辺に過去も被害 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本地震>余震54回、震度6強も(15日午前1時時点) - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本・益城町で震度7 2人が死亡、1人が心肺停止 200人以上が手当て - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:県内市町村に災害救助法適用=熊本県 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本激震>熊本城の石垣崩落 やまぬ余震 各地に傷 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本激震>闇裂く悲鳴 「お母さん」叫ぶ少年 震度7 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ホンダ、三菱電が工場停止=地震でソニーも―熊本 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本震度7>知事、自衛隊に災害派遣要請 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本震度7>博多駅で新幹線16両を開放、パンなど配る - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本激震 震度7> 2人死亡 400人超けが 倒壊多数、火災も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本震度7 河野防災担当相「相当数の全壊、半壊がある」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:九州で長周期地震動=熊本は4階級で3―気象庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本震度7 安倍首相、熊本県知事に「全力で支援」を伝達 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本震度7 菅官房長官の会見全文「災害応急対策に万全を期す」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:政府を全力支援=谷垣自民幹事長 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:搬送の1人死亡=熊本赤十字病院 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安倍首相、地震で応急対応指示=「救命救助に全力」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本震度7 益城町の馬肉料理店 照明落ち、店内から悲鳴「経験ない揺れ」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【熊本地震】余震少なくとも23回 震度6強の揺れも - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:強い余震に警戒呼び掛け=本震に近い揺れも―気象庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本震度7>県内で1万5900戸が停電…午前1時現在 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:救命救助に全力=安倍首相 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

九州新幹線、回送列車脱線=全線運転見合わせ
時事通信 4月15日(金)5時47分配信

 JR九州によると、熊本県益城町で震度7の揺れを観測した地震で、熊本駅を発車した直後の九州新幹線下り回送列車(6両編成)が脱線した。

 運転士1人が乗っていたが、けがはなかった。復旧の見通しは立っておらず、九州新幹線は15日の始発から博多―鹿児島中央の全線で運転を見合わせている。

 運転士は、熊本市南区富合町田尻の熊本総合車両所に向けて時速約80キロで走行中、強い揺れを感じたため列車を非常停止させた。この際に全6両が進行方向左側に脱線したとみられる。


<熊本震度7>死者9人に 熊本県
毎日新聞 4月15日(金)5時35分配信

56
地震で起きた火災で白煙をあげて燃える民家=熊本県益城町で2016年4月14日午後11時34分、本社ヘリから矢頭智剛撮影

 14日夜に熊本県益城町(ましきまち)で震度7を観測した地震で、同県によるとこの地震による死者は9人となった。


新たに2人死亡確認、死者4人に…熊本震度7
読売新聞 4月15日(金)5時8分配信

55
地震で崩れた熊本城の石垣(14日午後11時12分、熊本市中央区で)=北村真撮影

 熊本県益城(ましき)町で震度7を観測した地震で、県の災害対策本部は15日未明、熊本市の病院に搬送されていた2人の死亡が新たに確認され、死者が4人になったことを明らかにした。

 新たに判明したのは、心肺停止状態だった1人を含む2人。


〔地震〕高速道路:九州の一部区間で通行止め(15日5時現在)
レスキューナウニュース 4月15日(金)5時0分配信

気象庁によると、14日21:26頃、熊本県熊本地方を震源とするM6.5の地震が発生し、熊本県益城町で震度7の揺れを観測しました。その後も強い余震が相次いで発生しています。
この影響により、九州地方の高速道路の一部区間で通行止めが発生しています。

■高速道路通行止め(15日05:00現在 JARTIC)
【九州】
・九州道  :南関IC~えびのIC(上下線)
・南九州道 :八代JCT~津奈木IC(上下線)
・九州中央道:嘉島JCT~小池高山IC(上下線)


熊本の地震で死者4人に
時事通信 4月15日(金)4時36分配信

 熊本県益城町で震度7の揺れを観測した地震で15日、新たに2人の死亡が確認され、死者は4人となった。 


けが人多数「追い付かない」=医師招集、懸命の手当て―熊本市の各病院
時事通信 4月15日(金)4時24分配信

 熊本県益城町で震度7の揺れを観測した地震で、隣接する熊本市内の各病院では14日夜から15日朝にかけ、医師らを緊急招集して数百人に上る負傷者を手当てした。

 熊本赤十字病院は地震直後、災害対策本部を設置。緊急招集を受けた医師や看護師が懸命の治療を続けた。職員は「とにかくけが人が多く、対応が追いつかない」と話した。

 地震で停電したが非常用電源があり、治療に支障はなかったという。救急外来などで治療を受けた患者の多くは、落ちてきた物で頭などを打った人たちだった。

 国立病院機構熊本医療センターには15日午前0時半までに57人が搬送されるなどした。うち子供を含む5人は重傷で、やけどや脳挫傷、骨折などのけがをしていた。

 病院に大きな被害はなかったが、一部の窓ガラスが割れ、エレベーターやガスが止まった。電気は通じているが、ボイラーが使えないため空調が機能せず、蒸し暑い状態になった。入院患者は全員無事だった。

 他の病院で受け入れ切れない負傷者が搬送されてくると想定した男性職員は14日夜、準備に追われながら「これから大変になる」と話した。

 済生会熊本病院や熊本中央病院でもそれぞれ数十人のけが人を受け入れた。


脱線の九州新幹線は回送中…時速80キロで走行
読売新聞 4月15日(金)3時49分配信

54
脱線して立ち往生したとみられる九州新幹線の車両(15日午前0時2分、熊本市で、読売ヘリから)=中嶋基樹撮影

 JR九州によると、九州新幹線は、熊本駅から熊本総合車両所に向かっていた回送列車(6両編成)が本線上で脱線。

 当時時速80キロ程度で走行しており、全車両が脱線したとみられる。再開の見込みは立っていない。

 また、新玉名駅近くでは新幹線2本が立ち往生した。100人近い乗客が一時閉じ込められたが、一部が新玉名駅まで徒歩で避難した。他の区間で1本が一時立ち往生したが、最寄り駅で乗客を降ろしたという。

 同社によると、現時点で新幹線に関する人的被害の報告は入っていないという。

 在来線も一時、全線で運転を見合わせた。

 同社によると、九州新幹線では、一定以上の揺れを感知した場合、送電を強制的に停止し、車両をストップさせる安全装置を採用している。


与野党も対策本部、対応追われる…熊本震度7
読売新聞 4月15日(金)3時20分配信

 震度7を観測した熊本県熊本地方を震源とする地震の発生を受け、与野党は14日夜から15日未明にかけて、党幹部らが関係者との連絡や情報収集などの対応に追われた。

 自民党は14日夜、谷垣幹事長をトップとする対策本部を設置。党本部には谷垣氏や二階総務会長ら党幹部が急きょ集まった。

 谷垣氏は党本部で記者団に対し、「党としても政府をバックアップし、全力で対応にあたりたい」と強調。「政府には人命救助を最優先に、被害状況の把握や確実な住民の避難、必要物資の確保、医療の提供などに万全を期すとともに、国民への情報提供に努めてほしい」と語った。

 二階氏も「しっかりとしたチームワークで、この災害の被害を出来るだけ少なくし、速やかな復興につながるよう早く対応したい」と述べ、迅速な対応が必要だと強調した。

 自民党は15日朝、園田博之衆院議員ら熊本県選出の国会議員を現地に派遣し、自治体関係者などから聞き取り調査を行う方向で調整している。園田氏は「首長の一人と電話は通じたが、余震があるのかとても慌てていた」と心配そうに話した。

 公明党も14日夜、井上幹事長を本部長とする対策本部を設置した。同党は15日午前に同本部会合を開き、今後の対応策を協議する方針だ。

 一方、民進党も対策本部を設置。枝野幹事長ら党幹部が党本部に駆けつけ、熊本県の関係者らとの連絡に追われた。15日午前に会合を開き、関係省庁から被害状況の聞き取りなどを行う予定だ。


<熊本震度7>グーグル 安否確認サービスを公開
毎日新聞 4月15日(金)2時32分配信

 グーグルは14日、熊本地方で発生した地震で、安否確認サービス「パーソンファインダー」を公開した。自分自身や安否を知っている人の安否情報を登録しておくと、検索された際に安否を伝えることができる。人を探す場合は、その人の名前や携帯電話番号を入力する。アドレスはhttp://g.co/saigai 【デジタル編集部】


地震の負傷者130人超=熊本
時事通信 4月15日(金)2時14分配信

 熊本県益城町で震度7の揺れを観測した地震で、熊本市にある熊本赤十字病院によると、負傷者は130人を超え、うち15人は重傷で入院したり、手当てを受けたりしている。


熊本で震度5弱=気象庁
時事通信 4月15日(金)2時12分配信

 15日午前1時53分ごろ、熊本県を震源とする地震があり、同県山都町で震度5弱の揺れを観測した。

 気象庁によると、震源の深さは約10キロ。地震の規模(マグニチュード)は4.8と推定される。主な各地の震度は次の通り。

 震度5弱=熊本県山都町
 震度4=熊本市、八代市、宇土市。


熊本震度7 災害最中に民進党公式ツイッターで自民党批判!? 東日本大震災時に「デマ流して政権の足引っ張った」
産経新聞 4月15日(金)2時12分配信

 民進党の公式ツイッターは15日未明、14日夜に発生した熊本県を震源とする最大震度7の地震に関し、「東日本大震災時の自民党のような対応を望みます」との投稿に対して「それじゃあダメでしょうね」と書き込んだ。「多くの議員が与野党なく災害対応に協力した中で、一部の自民党の有力議員が原発対応についてデマを流して政権の足を引っ張ったのも有名な話です」とも投稿した。具体的な根拠は示さなかった。

 民主党政権時代に野党だった自民党の対応を揶揄するような内容で、公式ツイッターには「ひどい」などと非難する書き込みが相次いだ。


<熊本激震>「横ずれ型」の可能性 活断層周辺に過去も被害
西日本新聞 4月15日(金)2時0分配信

江戸時代以降 複数回発生
 熊本県には北東-南西方向に延びる「布田川(ふたがわ)・日奈久(ひなぐ)断層帯」があり、江戸時代以降、周辺の浅い地下で起きたとみられる地震が複数回発生している。14日夜、同県益城町で震度7を記録した今回の地震について、気象庁は同断層との関連は「不明」としているが、識者は「この活断層の一部がずれた『内陸直下型』の地震ではないか」と分析している。

 同日深夜、記者会見した気象庁は「今回の地震は南北方向に引っ張る力で起きた横ずれ断層型」との見方を示した。九州大地震火山観測研究センターの清水洋所長(地震学)は「九州中部地方の断層は、一気に割れずに細かく砕けていくのが特徴。最初の揺れよりも小さい規模の余震がしばらく続く可能性が高い」と注意を喚起。布田川・日奈久断層帯について「もし一気に動くと、九州では経験したことがないマグニチュード(M)7・5~8クラスの、とんでもなく大きな地震を発生させる潜在力を持っている」と話した。

 日奈久断層をめぐっては、文部科学省による昨年1月時点の主要断層の長期評価で、同断層の八代海区間(30キロ)で30年以内にM6・8以上の大規模地震が発生する確率が最大16%あるとされ、全国187断層の中で最も高かった。

 岡村真高知大防災推進センター特任教授(地震地質学)は「益城町のある九州の中部域は活断層がたくさんあるところ」と指摘。今回の地震の規模はM6・5と、阪神大震災(M7・3)など過去の直下型の大地震をかなり下回ったが、震度7を記録したことについては「今回は震源が浅いので、狭い地域で大きく揺れたと考えられる」と述べた。震源の真上付近では強い揺れに見舞われ、局所的に震度7になったとみられる。

=2016/04/15付 西日本新聞朝刊=


<熊本地震>余震54回、震度6強も(15日午前1時時点)
西日本新聞 4月15日(金)1時50分配信

 熊本県内を中心に九州一帯では余震とみられる地震が相次いだ。15日午前0時3分に同県宇城市で最大震度6強を観測するなど、同1時までに震度1以上の揺れを計54回観測した。気象庁は「今後1週間、震度6弱程度の余震が発生する恐れがある」として警戒を呼び掛けている。

=2016/04/15 西日本新聞=


熊本・益城町で震度7 2人が死亡、1人が心肺停止 200人以上が手当て
産経新聞 4月15日(金)1時41分配信

53
地震の影響か、道路に亀裂が入っている=15日午前、熊本県益城町(中村雅和撮影)(写真:産経新聞)

 14日午後9時26分ごろ、熊本県益城町で震度7の地震があり、九州中部を中心に西日本の広い範囲で強い揺れを観測した。15日午前0時3分ごろにも震度6強を観測するなど、余震とみられる強い地震が続いた。益城町を中心に家屋が倒壊する被害が相次ぎ、熊本県によると、益城町で2人が死亡、1人が心肺停止となった。各病院では少なくとも200人以上が手当てを受けた。

 気象庁によると、震度7の地震の震源地は熊本地方で、震源の深さは約11キロ。地震の規模を示すマグニチュード(M)は6・5と推定。国内で震度7を観測したのは平成23年3月11日の東日本大震災以来になる。九州では統計のある大正12年以降で初めて。

 益城町の近くには布田川(ふたがわ)・日奈久(ひなぐ)断層帯がある。気象庁は14日に記者会見し、今回の地震は横ずれ断層型との見解を示した。「今後1週間、震度6弱程度の余震が発生する恐れがある。断層との詳しい関係は不明」としている。

 警察庁などによると、熊本県内で家屋などの倒壊が19件。建物などへの閉じ込めが9件、がれきなどによる下敷きは8件。佐賀、宮崎両県でも負傷者が、それぞれ1人いた。道路の陥没や停電、断水も相次ぎ、熊本城の石垣も崩壊した。

 熊本県は災害対策本部を立ち上げ自衛隊に災害派遣を要請。防衛省は14日夜、自衛隊員を400人規模で益城町などに派遣した。

 九州電力によると、鹿児島県薩摩川内市の川内原発に異常はなく、通常運転を続けた。運転停止中の佐賀県玄海町の玄海原発にも異常は確認されていない。

 JR九州によると、九州新幹線の熊本駅と熊本総合車両所の間の下り線で回送列車が脱線し、全線で運転を見合わせた。


県内市町村に災害救助法適用=熊本県
時事通信 4月15日(金)1時40分配信

 熊本県は14日夜、地震の連続発生を受け、県内全45市町村に災害救助法を適用することを決めた。

 これにより、市町村による避難所の設置費用などは国と県が負担することになる。


<熊本激震>熊本城の石垣崩落 やまぬ余震 各地に傷
西日本新聞 4月15日(金)1時36分配信

52
熊本県益城町で倒壊した民家=14日午後11時ごろ

体が5センチくらい浮いた
 「命の危険を感じ、2階から飛び降りようと思った」。震源地に近い熊本県益城町に住む福祉施設職員の吉良忠芳さん(41)は自宅で就寝中、いきなりの横揺れで目が覚めた。「これまでに経験したことがない揺れ。家が崩れるんじゃないかと思うほどだった。家の中は家具やテレビが全部倒れてぐちゃぐちゃ。本当に怖かった」

 同町の田上保之さん(41)は「自宅の柱が折れて倒壊寸前の状態。自宅にいた高校2年の娘が頭を打ってけがをしたため消防に搬送をお願いしたが、『手いっぱいの上、あちこちが倒壊していて動けない』と断られた」と不安な表情を浮かべた。

 同町の吉田建滋さん(55)も「激しい縦揺れでドンと下から突き上げられ、体が5センチくらい浮いた。おふくろが酸素を鼻から吸入しているが、停電で器具が使えないので携帯用のボンベで対応している」と動揺を隠せなかった。

 帰宅途中に同町を通りかかった同県御船町に住む会社員男性(34)は「神社の鳥居が倒れ、道路もひび割れていた。所々で叫び声が聞こえた。家も倒壊していて、人が生き埋めになっていないか心配だ」と証言した。

 一方、熊本市中央区の熊本城では北側の石垣が長さ数メートルにわたって崩れた。午後10時すぎに大きな余震が起きると、石垣からいくつもの石が転げ落ち、土ぼこりが舞い上がった。

 最初の大きな地震から約10分後に通りかかったサッカー指導員の中西済仁さん(26)=同市北区=は「道路に転がった石を押し戻そうとしたけど、動かなかった。110番も3回目でやっとつながった」と顔をこわばらせた。

 同市のマンション6階に住む池田翼久さん(73)は「激しい揺れ、食器棚の皿がすべて落ちた」。60代主婦も「ベッドに寝転んでいたら激しい揺れで驚いた。『ゴォー』という地響きのような音が聞こえて、今もその音が続いて怖い」と声を震わせた。

 同市中央区の無職坂田浩紀さん(75)は「東日本大震災を思い起こした」。同市北区の男性(84)も「何かにつかまっていないと立っていられない揺れだった」と話した。

 熊本駅(同市西区)の男性駅員(28)は「乗客が電車から降りたり屋外に出ようと走りだしたりしていた。女性の『きゃー』という叫び声も聞こえた」と混乱した様子で話した。

=2016/04/15付 西日本新聞朝刊=


<熊本激震>闇裂く悲鳴 「お母さん」叫ぶ少年 震度7
西日本新聞 4月15日(金)1時21分配信

51
損壊した家屋から消防隊員らに救助される高齢女性=15日午前0時20分、熊本県益城町

見渡す限りの家が傾いて
 ぺしゃんこに倒壊した家屋に向かい、少年は「お母さん」と叫んだ。見渡す限りの家は傾き、辺りには火災の煙が漂った。14日夜、かつてない激しい揺れが突然、熊本地方を襲った。震度6弱、6強…。未明まで何度も大きな余震が続く中、住民たちは停電して真っ暗な町を悲鳴を上げて逃げ惑った。消防や警察が懸命の救助活動を続け、避難した住民は布団をかぶり、震えながら夜を明かした。

 14日午後9時半前。熊本市内で取材中、激しい揺れを感じた。熊本県中部の益城町が震源地と聞き、取材を打ち切って現地に車を飛ばした。

 30分ほど走ると、電柱が傾いて電線が垂れ下がっている。町全体が停電しているようで、信号機も街灯も消えている。車を止め、ヘッドライトを向けた。辺り一面の家屋が斜めになっているのが分かった。見たこともない光景だった。

「お母さん! お母さん!」
 倒壊した家屋に近づくと、部屋の中がむき出しで、カーテンや無残に折れた木の柱が見えた。道路にはガラスやブロックが散乱し、パチンコ店の店内がめちゃくちゃに壊れていた。カーナビの位置情報を見ると、「益城町木山」と表示されていた。

 倒壊した家屋のそばで座り込んでいる親子連れ。体にタオルを巻き付けている人。犬が鎖につながれていない状態で走り回っていた。住民が通りかかる車1台ごとに「この先は崖が崩れている。通れないから。直進しちゃだめ」と声を張り上げていた。

 消防団の車がサイレンを鳴らして走り「けが人はいませんか」「取り残されている人はいますか」と声を掛けて回っていた。

 5~10分ほどの間隔で身の危険を感じるほどの余震が続く。布団を防空ずきんのように頭からかぶり、携帯電話のライトや懐中電灯を照らしながら恐る恐る避難する人もいた。

 上空でヘリが旋回している。車を降りると、暗闇の中でさらに真っ黒い煙が上がっているのが見えた。走って近づいてみると、民家が火の粉を上げて激しく燃えていた。しばらくすると消防車が到着し、消火活動を始めた。

 近くでは、2階建ての木造家屋が真っ二つに裂けていた。この家の住民だろうか。3歳ぐらいの女児がぐったりして座り込み、祖母とみられる女性に寄りかかっていた。入浴中だった女性が中に閉じ込められたままで、安否が分からないという。

 道路を挟んで向かい側の民家は1階部分が押しつぶされていた。「ここに人が閉じ込められていると通報がありました。だれか分かる人はいますか!」。駆け付けた消防隊が手当たり次第に声を掛けていた。「お母さん! お母さん!」。中学生ぐらいの少年がぺちゃんこになった家の中に向かって何度も何度も叫んでいた。

 現場では震度6級の余震が続き、二次災害の懸念から救助活動が難航した。どこかでガスが漏れているのか、シューという音と異臭がする。近くの家で下敷きになっていた80代の女性が助け出され、畳に乗せて搬送された。中年の女性が駆け寄り、しがみついた。「お母さん! よく頑張ったね」

 町役場の前ではブルーシートの上で毛布にくるまった数百人の避難住民が余震の度に悲鳴を上げ、寒さに震えた。

=2016/04/15付 西日本新聞朝刊=


ホンダ、三菱電が工場停止=地震でソニーも―熊本
時事通信 4月15日(金)1時19分配信

 ホンダは14日、熊本県で震度7の地震が発生したことを受け、二輪車を生産していた熊本製作所(熊本県大津町)の操業を停止した。

 従業員の安否を確認している。三菱電機も半導体工場(合志市)と液晶工場(菊池市)の操業を停止し、従業員を屋外へ避難させた。両社とも工場設備を点検し、生産再開を判断する。

 ソニーも菊陽町にあるスマートフォンなどに使う画像用半導体の主力工場の操業を停止した。熊本県には、半導体製造装置大手の東京エレクトロンの工場も合志市と大津町にあり、ブリヂストンは玉名市で産業用ホースなどを製造している。

 ソニーは「製造設備などの被害状況は現時点では不明」(広報・CSR部)、ブリヂストンは「生産設備に大きな被害は出ていない」(広報部)と説明。東京エレクトロンは「建物の倒壊など大きな被害は出ていない。設備の被害は確認中」(総務部)と話している。


<熊本震度7>知事、自衛隊に災害派遣要請 
毎日新聞 4月15日(金)1時17分配信

 防衛省によると、14日午後10時40分ごろに熊本県知事から災害派遣要請があった。同日午後11時40分現在で、陸海空自衛隊約390人が震度7を観測した同県益城町に向かうなど、被害状況の確認や救助活動をしている。ヘリなど航空機12機で被害状況を確認し、護衛艦2隻など艦艇7隻も待機している。

 自衛隊のヘリが地震発生後に撮影した映像では、益城町役場付近の建物で火災が発生、御船町でも火災が起き、消火活動が行われている。各地で道路が車で渋滞しており、信号機が点灯していない箇所がある。

 国土交通省九州地方整備局の災害対策本部は14日午後9時26分の地震発生と同時に非常体制を発令し、益城町に現地情報連絡員(リエゾン)6人を派遣した。現地で被害情報の収集や国への連絡に当たるほか、国が把握した災害情報を市町村に伝える。


<熊本震度7>博多駅で新幹線16両を開放、パンなど配る
毎日新聞 4月15日(金)1時15分配信

 JR西日本は15日午前0時10分ごろから、博多駅の新幹線ホームで16両編成の車両を停車させ、九州新幹線の運転見合わせで移動できなくなった乗客に開放した。パンや茶を無料で配るという。午前5時ごろまでの予定。


<熊本激震 震度7> 2人死亡 400人超けが 倒壊多数、火災も
西日本新聞 4月15日(金)1時14分配信

50
倒壊した家屋の下敷きになった人を救出する人たち=熊本県益城町、14日午後10時58分ごろ(撮影・吉田真紀)

九州では観測史上最大
 14日午後9時26分ごろ、熊本県を中心に九州全域、西日本の広い範囲で強い地震があり、熊本県益城町で震度7を観測した。気象庁によると、九州では観測史上最大。震源は熊本地方で、深さは約11キロ。地震の規模を示すマグニチュード(M)は6・5と推定される。津波の心配はないという。国内で震度7を観測したのは、東日本大震災の2011年3月11日以来。

 熊本県によると、同県益城町内で民家の下敷きと火災で2人が死亡し、1人が心肺停止という。西日本新聞の集計では、熊本市内の医療機関で400人以上が手当てを受けている。JR九州によると、九州新幹線の回送列車が熊本駅と熊本総合車両所間で脱線。同新幹線の脱線は初めて。

川内原発は発電を継続
 蒲島郁夫熊本県知事は、陸上自衛隊に災害派遣を要請。14日午後11時すぎ、記者団に「とにかく現状把握に努めるよう指示した」と語った。県は、県内全45市町村に災害救助法を適用することを決めた。菅義偉官房長官は同日夜の記者会見で、倒壊家屋19件、負傷者12人を確認したと明らかにした。熊本県上益城消防組合(同県御船町)の管内で火災も数件発生している。九州電力によると15日午前1時現在、同県内1万5900戸が停電している。

 気象庁によると、熊本市で震度6弱となるなど熊本県の広い範囲で震度5弱以上の強い揺れを観測。宮崎県椎葉村でも震度5弱。山口、福岡、佐賀、長崎、大分、宮崎、鹿児島の各県内でも震度4を記録した。

 九州電力によると、川内原発(鹿児島県薩摩川内市)は発電を続けている。原子力規制委員会によると、放射能漏れが疑われるような異常はないという。

東日本、阪神、新潟県中越 以来の震度7
 政府は14日夜、首相官邸危機管理センターに官邸対策室を設置。安倍晋三首相は「被害状況の把握や災害応急対策に全力を尽くすことと、国民への情報提供を指示した」と記者団に語った。

 熊本空港は地震発生直後の午後9時半に運用時間が終わり、運航便への影響はなかった。福岡、北九州、大分の各空港で滑走路が一時閉鎖された。九州自動車道の熊本県と宮崎県の一部区間などで通行止めとなった。

 気象庁によると、過去30年で震度7を記録したのは東日本大震災のほか、阪神大震災(1995年1月)、新潟県中越地震(2004年10月)がある。

=2016/04/15 西日本新聞=


熊本震度7 河野防災担当相「相当数の全壊、半壊がある」
産経新聞 4月15日(金)1時9分配信

 河野太郎防災担当相は15日未明、熊本県で起きた最大震度7の地震について「警察のヘリコプター赤外線の情報映像を見る限り、相当数の家屋の崩壊、半壊があると思う。熊本市内にも負傷者が搬送されていて、(治療の優先度を決める)トリアージをしている情報もある。まだまだ負傷者の数が増える恐れがある」と官邸で記者団に述べた。


九州で長周期地震動=熊本は4階級で3―気象庁
時事通信 4月15日(金)1時3分配信

 気象庁は14日、熊本県益城町で最大震度7を観測した地震の際、高層ビルの上層階などが大きく長く揺れる「長周期地震動」が、九州の大半の地域で起きたとみられると発表した。

 
 長周期地震動の大きさは4階級で4が最大。熊本県の熊本市や八代市などでは3、佐賀県南部や長崎県・島原半島では2と推定された。九州で3は初めてという。


熊本震度7 安倍首相、熊本県知事に「全力で支援」を伝達
産経新聞 4月15日(金)0時59分配信

 安倍晋三首相は14日夜、蒲島郁夫熊本県知事と電話で連絡を取ったことを明らかにし、「全力で支援をしていく旨を話した」と説明した。官邸で開いた地震非常災害対策本部会議後に記者団に述べた。発言の詳細は以下の通り。

 「先ほど熊本県知事と電話で話をしました。今後も国として全力で支援をしていく旨、話をしました。消防、警察、自衛隊、全力で救命、救助活動に協力をしていく。そして今後とも県と力を合わせていくという話をしました。これからも引き続き夜を徹して救命、救助活動、全力を挙げて取り組んでいく」


熊本震度7 菅官房長官の会見全文「災害応急対策に万全を期す」
産経新聞 4月15日(金)0時58分配信

49
会見する菅義偉官房長官=14日午後、首相官邸(長尾みなみ撮影)(写真:産経新聞)

 菅義偉官房長官は14日深夜、熊本県を震源とする地震を受けた政府の非常災害対策本部の会合後、記者会見した。会見の全文は以下の通り。

             ◇

 「本日21時26分ごろに熊本県熊本地方で発生した地震により、これまでに熊本県において益城町を中心に倒壊家屋19件、負傷者12名などの情報を得ております。このほか建物の下敷き、火災、閉じ込め等の110番通報が約480件、救出・救助要請も多数寄せられております。夜間で被害の全容が明らかでなく、現在、総力を上げて情報収集に当たっております」 

 「被害が多数発生している恐れもあることから、非常災害対策本部を本日22時10分に設置。先ほど総理出席のもとに第1回会合を開催をいたしました。総理から国民の安全確保が第一、被害者の救命・救助を最優先に、引き続き政府一丸となって災害対策、応急対策に全力を尽くすこと、余震が引き続き相次いでいることから、地方自治体と緊密に連携し、細心の注意を払って警戒を継続し、住民の避難が確実に行われるよう対策に万全を期すこと、被災自治体と連携し、必要な物資の確保や医療行為の提供など、被災者の支援策に関係機関が一体となって取り組むこと、その指示がありました」

 「政府としては被災地の救助・救援のために、22時40分に熊本県知事から災害派遣要請があり、自衛隊350名、県外から警察200名、消防200名の広域的な応援派遣を行うなど、災害応急対策に万全を期しております。被災地の皆さんにおかれましては、お互いに助け合って、落ち着いて行動していただくようお願いを申し上げます。私から以上であります」

 --今、負傷者12人ということだが、人的被害の全体像についてはまだ把握できていない状況か

 「全体としてまだ掌握はしておりませんが、今、発表しましたのは、報告によって明らかになった部分であります。それ以外に、先ほど申し上げましたけれども、110番通報がありますので、その通報には順次、対応している状況です」

 --その後、川内原発など原子力施設について被害情報は入っているか

 「原発関係については、玄海、川内とも異常なしということです」

 --今後、余震がある程度続くと予想されるのか

 「余震というのは、先ほど私申し上げましたけども、引き続いて相次いでいることからですね、そこは緊密にしっかり警戒をして、細心の注意を払うべき、そして、住民の避難が確実に行われるよう、それぞれの自治体と連携しているところであります」

 --川内原発は今も被害はないということで稼働中とのことだが、気象庁は先ほど震度6程度の余震が1週間程度続くかもしれないとの見方を示しており、予防的に原発を止める必要性は

 「そこについてまだ情報を得ておりませんが、現時点においては異常なしということであります。そこは専門的な見地から対応していくことになるだろうと思います」

 --専門的な見地というのは原子力規制委員会が判断するということか

 「連携を取りながらやるということです」

 --現時点で大規模火災が発生している地域は確認されているか

 「火災の発生しているという情報は得てますけども、大規模なものではないというふうに理解をしています」

 --余震が続いていることに加えて、まだ被害状況の全体像が把握できていないが、今後の政府対応は

 「今申し上げましたけども、自衛隊の派遣、これは熊本にいる自衛隊を350名派遣をした。さらに県外から、もちろん熊本県内の警察、消防が全力を挙げてますけども、県外から警察、消防、それぞれ200名の広域的な応援派遣を今行っているところです」

 --停電や断水などのライフライン被害に関する情報や避難の情報は

 「まずですね、電力、九州電力、約1万6000戸が停電。これ22時の時点です。ガスについては3万8000戸、供給停止になってます」

 --避難者の数は

 「そこまでは把握してません」

 --水道の停止状況は

 「水道については掌握をしておりません」

 --政府から大臣、副大臣の派遣予定は

 「河野大臣のもとで派遣の予定で今、対応しております」

 --熊本の益城町を中心にある程度、救助活動は始められている状況か

 「全体の動向をヘリコプターから、あるいは益城町との連絡もついておりますので、そういう状況から判断をして、そうした110番のあったところには順次、対応できているというふうに報告を受けています」

 --先ほどの数字で、建物の下敷き、火災の通報で480件と紹介いただいたが

 「いや、こういうことです。建物の下敷き、火災、閉じ込め等の110番通報が480件です」

 --地元では建物の下敷きになって、かなり救助要請が相次いでいるということだが、それへの対応は熊本で十分できているか

 「順次、対応できているという報告を受けています」

 --確認だが、亡くなった方はまだ今のところないと

 「まだ具体的に報告は受けてません」

 --12人のけがの方の状況は

 「詳細については承知してませんが、救出された方とか、救急車で運ばれた方とか、そういう方の中の12名というふうに承知しています」

 --12名の方の軽傷、重傷などの内訳は

 「そこはありません。まだ掌握してません。現場もかなり混雑をしております。そういう中で、救助については、道路も完全に断絶されているとか、そういうことはありません、報告を受けてませんので、救助は順次、行っているということです」

 --外から警察や消防が応援に入るにあたり、道路状況などで、困難が生じている状況はあるか

 「例えば高速道路、九州自動車道路、あるいは南九州自動車道路の区間によっては通行止めになっているところがあります」

 --緊急車両等の通行には支障はない

 「支障はないと思ってます」

 --今後、対策本部を再度開催したり、関係閣僚会合を開くか

 「今のところありません」


政府を全力支援=谷垣自民幹事長
時事通信 4月15日(金)0時57分配信

 自民党は14日夜、九州地方での大規模地震を受け、党本部に対策本部を設置した。

 谷垣禎一幹事長は15日未明、記者団に「政府をバックアップし全力で対応する」と述べ、熊本県選出の党所属議員5人による視察団を近く現地に派遣することを明らかにした。

 また、15日の衆院環太平洋連携協定(TPP)特別委員会は予定通り開催する考えを示した。


搬送の1人死亡=熊本赤十字病院
時事通信 4月15日(金)0時50分配信

 熊本赤十字病院によると、地震で搬送された1人が死亡した。


安倍首相、地震で応急対応指示=「救命救助に全力」
時事通信 4月15日(金)0時50分配信

 安倍晋三首相は14日夜、熊本県を震源とする地震を受け、被害状況の把握や災害応急対策などに全力を挙げるよう関係省庁に指示した。

 政府は午後11時ごろから首相官邸で非常災害対策本部の初会合を開催。救助などに万全な対応を取ることを確認した。

 首相は14日夜、熊本県の蒲島郁夫知事と電話で話し、全力で支援する考えを伝えた。この後、首相官邸で記者団に、「消防、警察、自衛隊が人命救助に努力していく。これからも引き続き救命救助活動に全力を挙げて取り組む」と述べた。

 首相は対策本部で、「夜間で全容がまだ明らかでない。被害が多数発生している恐れがあり、対策に全力を尽くす」と指摘。災害応急対策、確実な住民避難、必要物資の確保と医療の提供に万全を期すよう求めた。これに先立ち、(1)地方自治体と緊密に連携し対策に取り組むこと(2)国民への情報提供を適時的確に行うこと―など3点を指示した。

 政府は地震発生を受け、首相官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置。内閣府の松本文明副大臣を15日に現地に派遣し、被害状況の把握に努める考えだ。同日朝には、2回目の対策本部を開催する。

 菅義偉官房長官は14日夜の記者会見で、自衛隊員350人のほか、熊本県外から警察官、消防隊員を派遣して救助などに当たっていると説明。九州電力の玄海原発(佐賀県)と川内原発(鹿児島県)については「異常はないということだ」と報告した。


熊本震度7 益城町の馬肉料理店 照明落ち、店内から悲鳴「経験ない揺れ」
産経新聞 4月15日(金)0時46分配信

 益城町にある郊外型の馬肉料理店「菅乃屋西原店」では閉店間際の店が大きく揺れた瞬間、照明が落ち、残っていた客7人が悲鳴を上げ、テーブルの下に潜り込んだ。セルフサービス用に並んでいた食器や食べ物は店内に散乱。店長の本田和大さん(37)は「いままで経験したことのない揺れ。すぐに火を止めたが、火事にならなくてよかった」と話した。

 客は車に乗り込み、停電で真っ暗なままの信号機を通過して帰宅。本田さんも同町付近に住む家族の無事は確認したが、店内の整理に追われ、帰れそうもない。「周りが真っ暗で、他の場所の被害がどうなっているか全く見えない。どうしていいかはわからない」と途方に暮れた。


【熊本地震】余震少なくとも23回 震度6強の揺れも
西日本新聞 4月15日(金)0時44分配信

 熊本県内を中心に九州一帯では余震とみられる地震が相次いだ。15日午前0時3分に同県宇城市で最大震度6強を観測するなど、同0時34分までに計23回の揺れを観測している。

 気象庁によると、14日午後10時7分には同県益城町で震度6弱、同県西原村や熊本市東区では震度5強を観測。同10時38分には宇城市で震度5弱を観測した。

=2016/04/15 西日本新聞=


強い余震に警戒呼び掛け=本震に近い揺れも―気象庁
時事通信 4月15日(金)0時43分配信

 気象庁の青木元・地震津波監視課長は14日夜、記者会見し「一般的に陸域で震源の浅い地震は余震が多い。規模が小さくても、震源の真上では強く揺れる恐れがある」と述べ、今後1週間程度、余震活動に警戒するよう呼び掛けた。

 
 気象庁によると、九州地方で震度7を記録したのは初めて。今回は震度6強の余震が発生するなど、強い揺れを伴う余震が複数回起きている。阿蘇山など周辺の火山活動に変化は見られず、「直接の関連性はない」という。

 青木課長は、過去の観測などから今回の地震が最も大きな揺れが先行する「本震―余震型」との見方を示した上で、「地震の規模が小さくても、震源の直上では本震に近い強い揺れを観測することもあるので、十分注意してほしい」と述べた。


<熊本震度7>県内で1万5900戸が停電…午前1時現在
毎日新聞 4月15日(金)0時40分配信

 夜間の大地震は熊本県内の広範囲で停電をもたらすなど、市民生活や経済活動に直撃した。

 九州電力によると、15日午前1時現在、熊本県内で1万5900戸が停電している。熊本県の上益城消防組合消防本部によると、地震後、嘉島町で停電になっている。信号も消えていたという。

 地震の発生を受け、西日本鉄道は14日午後10時半現在、福岡発の熊本、宮崎、鹿児島3県に向かう高速バスを全て運休した。西鉄大牟田線と貝塚線は全線で速度規制をかけているため、大幅な遅れが出たという。

 西日本高速道路九州支社によると15日午前0時現在、九州道の南関インターチェンジ(IC)-えびのIC、南九州道の八代ジャンクション-日奈久ICが上下線とも通行止めとなっている。

 熊本市教委は15日に市立の幼稚園、小中高校の全てを臨時休校する。

 バイクなどを製造する本田技研工業熊本製作所(熊本県大津町)では、激しい地震の揺れでスプリンクラーが作動し、工場内が水浸しになっているという。工場で働く男性は「工場で火災は起きていないようだ。しかし、今どのような被害状況になっているのか詳しく分からない」と困惑していた。

【浅川大樹、小原擁、門田陽介】


救命救助に全力=安倍首相
時事通信 4月15日(金)0時40分配信

 安倍晋三首相は15日未明、九州地方で発生した大規模地震への対応について「消防、警察、自衛隊が全力で人命救助に努力していく。これからも引き続き救命救助活動に全力を挙げて取り組んでいく」と述べた。

 首相官邸で記者団に語った。

« 熊本・震度7の地震に関するニュース・3 | トップページ | 熊本・震度7の地震に関するニュース・5 »

ニュース」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/63487819

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本・震度7の地震に関するニュース・4:

« 熊本・震度7の地震に関するニュース・3 | トップページ | 熊本・震度7の地震に関するニュース・5 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30