« 熊本・震度7の地震に関するニュース・2 | トップページ | 熊本・震度7の地震に関するニュース・4 »

2016年4月14日 (木)

熊本・震度7の地震に関するニュース・3

引き続き、熊本県で4月14日午後9時26分ごろに発生した、震度7の地震に関するニュースを伝達します。

リンク:被災状況把握に全力=国交省対策本部 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本震度7>九州新幹線の下り回送列車が脱線 けが人なし - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本震度7 熊本城の石垣倒壊「熊本城死んだ…」「文化財のことも気になる」ツイッターにも悲鳴続々 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本震度7>LINE通話10分無料に 固定電話や携帯も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:毛布足りず、断水懸念=避難所で不安の一夜―益城町 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ドコモなど一時通話規制=災害用伝言板も開設―熊本大規模地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本地震 SNSに被害状況伝える投稿多数 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:19家屋倒壊、火災など通報480件…官房長官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本の地震で自治体のツイッター対応に明暗 「くまモン」は無言 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本・宇城市で震度6強の余震、M6・4 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本震度7 回送中の新幹線脱線、けが人なし 過去にも上越新幹線で発生 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本震度7 菅官房長官「自衛隊350人、熊本県外から警察200人など派遣」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:地震発生直後、熊本県内の自治体ホームページが一部アクセスできず - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<地震>熊本で震度6強 大きな余震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本震度7 菅官房長官「停電1万6000戸」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本益城町で震度7=2人死亡、100人負傷―家屋倒壊多数、震度6強余震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:〔地震〕熊本県宇城市で震度6強、津波被害の心配なし - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本震度7 菅官房長官「負傷者12名、倒壊家屋19件の情報」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:12人負傷、19軒倒壊=菅官房長官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本震度7>「実家燃えた」立ち尽くす女性 益城町 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本の断層帯に関連か=名古屋大の田所准教授 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本地震 益城町の住人「家の中はぐちゃぐちゃ」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:道路にひび、家屋倒壊=役場に多数避難、応急手当ても―震度7の益城町 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本で最大震度6強の余震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本震度7 活断層による直下型か 益城町付近は活断層の“交差点” - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本市の医療機関に100人超搬送 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本震度7>首相官邸で非常災害対策本部会議 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本震度7>信号消え、道路渋滞…自衛隊確認 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「経験したことない揺れ」ガラス粉々…熊本地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:首相ら政権幹部、続々参集=大規模地震に官邸緊迫 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本震度7 自衛隊が初動対処部隊や戦闘機など派遣 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本震度7>震度6弱程度の余震、1週間程度発生の恐れ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本震度7>政府、官邸対策室を設置 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本震度7 安倍首相「救命、救助を最優先に政府一丸となって全力を尽くす」 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

被災状況把握に全力=国交省対策本部
時事通信 4月15日(金)0時38分配信

 国土交通省は14日夜、熊本県で震度7の地震が発生したことを受け、非常災害対策本部会議(本部長・石井啓一国交相)を開いた。

 石井国交相は冒頭、(1)被災状況の早期把握に全力を挙げる(2)人命救助を最優先に関係機関と連携する(3)緊急災害対策派遣隊(TEC―FORCE)の総力を挙げて対応する(4)自治体の要請を待つことなく積極的に対応する―よう指示した。

 会議では、各部局が把握した被害情報を共有。地元の要望を聞き取る情報連絡員「リエゾン」を熊本県庁、熊本市、益城町、御船町、嘉島町に派遣したことが報告された。


<熊本震度7>九州新幹線の下り回送列車が脱線 けが人なし
毎日新聞 4月15日(金)0時36分配信

 熊本市の熊本-熊本総合車両所間では、九州新幹線の下り回送列車が脱線して動けない状況となっている。JR九州によると、乗客はおらず、けが人の情報はないという。


熊本震度7 熊本城の石垣倒壊「熊本城死んだ…」「文化財のことも気になる」ツイッターにも悲鳴続々
産経新聞 4月15日(金)0時35分配信

 《熊本城死んだ…》。熊本城の石垣が崩れたことを受けて、ツイッターなどのネット上でも悲鳴が次々に上がった。熊本県で14日起きた最大震度7の地震。関連ツイートなどによると、熊本城の石垣が崩れたとみられるのは、テレビニュースの中継中。余震とともに、熊本城から白煙が上がり、その後、石垣が崩れた様子も映し出されたという。

 《地震の映像見ると、熊本城から白い煙っぽいのが出てるのだけど、もしかしてお城崩れてるの》《あぶない、あぶない!》。

 被害を心配する声とともに、本震ではなく、余震で崩れたことを懸念する声も。《熊本城が余震とともにボロボロと崩れていくのが、すごく悲しい》

 《何より心配なのは人の被害だが、文化財のことも気になる》。テレビ業界にいたとみられる男性は、被災者の無事を祈るように、そうつぶやいた。


<熊本震度7>LINE通話10分無料に 固定電話や携帯も
毎日新聞 4月15日(金)0時31分配信

 無料通信アプリを提供するLINEは14日、熊本県を震源とする地震を受けて、ツイッターの公式アカウントで、LINEの「LINE Out」機能を使った国内の固定電話、携帯電話との通話を1通話あたり最大10分まで無料にしたと発表した。

 また、携帯電話の音声通話について、KDDIとソフトバンクは大きな影響は出ていないとしている。NTTドコモは、九州地域の一部で、高音質通話サービス「VoLTE(ボルテ)」を使った音声通話を一時最大50%規制したが、14日午後11時現在、回復に向かっているとしている。各社とも基地局などの被害は出ていない。

 携帯電話各社は、安否を確認するための「災害用伝言ダイヤル」の運用を始めた。携帯電話番号を入力すれば、各社の利用者が共通して確認できる。また、NTTの災害用伝言板(web171)は、固定電話の番号でも携帯電話の番号でも登録、確認とも利用できる。

web171

https://www.web171.jp/

KDDI安否確認

http://dengon.ezweb.ne.jp/

ソフトバンク安否確認

http://dengon.softbank.ne.jp/J

NTTドコモ

登録、確認ともアプリ「災害用キット」から


毛布足りず、断水懸念=避難所で不安の一夜―益城町
時事通信 4月15日(金)0時31分配信

 「十分な毛布がなく、水もいつ止まるか分からない」。

 震度7を観測した益城町。避難所になった町立広安西小学校の体育館では、約200人が眠れぬ夜を過ごした。

 田中荘介教頭によると、地震直後からグラウンドに着の身着のままの住民が詰め掛けた。学校に残っていた教員らの案内で体育館に移ったが、大きな余震が起きるたびに不安の声が漏れ、泣きだす子供もいるという。

 田中教頭は「毛布の備蓄が少なく、高齢者と子供を優先して配っているが、大半は布団もない状態だ。地震で水道設備が故障し、屋上のタンクにある分しか水が出ない」と訴えた。

 食料の配布などもできないといい、「少しでも住民が休めるといいが」と不安そうに話した。

 近くにある広安小にも避難所が設けられ、近くの住民が身を寄せた。女性職員によるとけが人が数人いるという。


ドコモなど一時通話規制=災害用伝言板も開設―熊本大規模地震
時事通信 4月15日(金)0時28分配信

 携帯大手のNTTドコモとソフトバンクは14日夜、九州・熊本地方での大規模な地震を受け、この地方への発着信などを制限する一部通話規制を行った。

 両社とも同日中に規制を解除した。2社とKDDI(au)、NTT西日本は、安否情報確認のための災害用伝言板を開設した。

 携帯3社では、地震発生後、熊本県を中心に音声通話が利用しづらい状況となった。KDDIとソフトバンクでは熊本県内の一部で通信設備に影響が出たが、他の基地局でカバーし通信環境を維持したという。

 無料通信アプリLINE(東京)は、インターネットを利用して固定電話や携帯電話と通話できる「LINE Out(ライン・アウト)」について、1回最大10分までの通話を無料化した。


熊本地震 SNSに被害状況伝える投稿多数
アフロ 4月15日(金)0時28分配信

熊本地方で14日午後9時26分ごろ発生した最大震度7を観測した地震の被害が徐々に明らかになっている。
画像投稿SNS「インスタグラム」には、民家の家具が倒れた画像やレンタルビデオ店の陳列棚が将棋倒しになっている画像が撮影され投稿されている。
NHKによると最大震度7を観測した熊本県益城町で2人が意識不明。

安倍総理大臣は官邸で取材陣に「救命救助に全力を尽くす」と述べた。


19家屋倒壊、火災など通報480件…官房長官
読売新聞 4月15日(金)0時27分配信

 14日夜発生した熊本県熊本地方を震源とする地震を受け、菅官房長官は同日深夜に緊急の記者会見を行い、倒壊家屋が19軒、負傷者数は12人にのぼっていると発表した。

 また、建物の下敷きや火災などで480件の通報があったことを明らかにした。救援のため、自衛隊員350人、熊本県外から警察官200人、消防隊員200人が派遣されているという。


熊本の地震で自治体のツイッター対応に明暗 「くまモン」は無言
THE PAGE 4月15日(金)0時27分配信

 東日本大震災以降、災害情報を知るツールとして注目されてきたツイッター。全国の自治体では公式アカウントで情報発信することが当たり前となっている。しかし、最大震度7を観測した熊本県内の各自治体ではSNSを活用した災害情報の提供で、大きく明暗を分けた。東日本大震災で注目されたSNSだが、自治体の災害広報に課題を残した。

 熊本県庁広報課や警察本部のツイッターは地震発生以降、一度も更新されていない。警察本部のツイッターは「これで本日の情報発信業務を終了させていただきます。本日もありがとうございました。明日もよろしくお願いします」と14日午後5時18分を最後にツイートを停止。フォロワーが「大きな地震大丈夫ですか」などと心配のツイートを投げるものの反応はない状態。

 約44万7000人がフォローする強力な発信力を持つ「くまモン」も同日午後5時半ごろに「熊本が暑くなることまちがいなしだモン☆」のツイッターを最後に、災害情報をツイートすることはなかった。くまモン公式のフォロワーらは「逃げやがったな」などと皮肉った。

一方で、熊本市の大西一史市長は地震発生から約20分の午後9時50分ごろ、「市民の皆さん被災状況は大丈夫ですか?余震にご注意下さい。まず身の回りの安全を確保して落ち着いて行動して下さい。現在私は市役所におります。被災状況の確認と災害対策に全力をあげます」とツイート。発生約2時間半で1.2万リツイートされた。

熊本県内の自治体公式ツイッターで初めて災害情報が確認されたのは、合志市。午後11時半ごろ「避難所を開設しました」と避難所となった各公民館などの名前を挙げた。熊本日日新聞社も「新聞発行のため、全力を挙げます。余震に気をつけてください」などのほか、「停電した際は、ブレーカーを切るようにしてください」などとツイートした。


熊本・宇城市で震度6強の余震、M6・4
読売新聞 4月15日(金)0時22分配信

 15日午前0時3分頃、熊本県熊本地方を震源とする地震があり、同県宇城市で震度6強を観測した。

 気象庁によると、震源の深さは約10キロ、マグニチュードは6・4と推定される。


熊本震度7 回送中の新幹線脱線、けが人なし 過去にも上越新幹線で発生
産経新聞 4月15日(金)0時21分配信

 熊本地方で震度7を記録した地震を受け、九州新幹線の回送列車(6両編成)が14日夜、熊本駅から車庫へ向かう途中で脱線した。地震の影響による可能性があるという。列車には乗務員以外、乗客は乗っておらず、15日午前0時時点でけが人は確認されていない。新幹線の脱線は平成16年の新潟県中越地震での上越新幹線などでも起きている。

 国土交通省によると、現場は熊本駅の南側で、熊本総合車両所への引き込み線上。国交省で脱線の詳しい状況を調べている。JR九州の担当者は「高架橋など鉄道施設に被害は確認していないが、点検を急いでいる」と話した。

 九州新幹線は安全確認のため上下全線で運転を見合わせ。在来線でも一部路線で運転を見合わせるなどした。JR九州の担当者は「在来線も遅れるなど混乱し、乗客の対応をしており、なかなか情報が入ってこない」と焦りを募らせた。


熊本震度7 菅官房長官「自衛隊350人、熊本県外から警察200人など派遣」
産経新聞 4月15日(金)0時15分配信

 菅義偉官房長官14日夜、首相官邸で開いた地震非常災害対策本部会議後に記者会見し、自衛隊350人、熊本県外から警察200人、消防200人の広域的な派遣を行っていることを明らかにした。


地震発生直後、熊本県内の自治体ホームページが一部アクセスできず
THE PAGE 4月15日(金)0時14分配信

 震度7の揺れを観測した熊本県益城町では14日、地震発生直後から公式ホームページ(HP)にアクセスできない状況が続いた。同町に所在する熊本空港や、隣接する6自治体のうち熊本市、菊陽町のHPもつながらなかった。アクセスが一気に集中したことが原因とみられる。

 隣接自治体のうち嘉島、大津両町では発生直後からHPで学校や公民館など避難所情報を提供。御船町HPでは町内の通行不能な道路情報も掲載された。同町の藤本龍巳企画財政課長は、「防災マニュアルに従って役場職員、全約170人が出勤し、住民の安否確認などにあたった。役場の被害は、天井のパネルが一枚落ちた程度」と語った。

 一方、同じく隣接する西原町では発生から約2時間が経過してもHP上で地震の情報は掲載されず、対応の差が表れた。熊本空港のHPは、翌午前0時ごろに回復した。


<地震>熊本で震度6強 大きな余震
毎日新聞 4月15日(金)0時14分配信

 15日午前0時3分ごろ、熊本県熊本地方を震源とする地震があり、同県宇城市で震度6強を観測した。気象庁によると、震源の深さは約10キロで、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.4と推定される。14日午後9時26分に発生した地震の余震とみられる。この地震で日本の沿岸では若干の海面変動があっても被害の心配はないという。


熊本震度7 菅官房長官「停電1万6000戸」
産経新聞 4月15日(金)0時14分配信

 菅義偉官房長官14日夜、首相官邸で開いた地震非常災害対策本部後に記者会見し、熊本県を震源とする地震によって停電が1万6千戸、ガスの供給停止が3万8千戸にのぼっていることを明らかにした。

 死者に関する情報はないとした。


熊本益城町で震度7=2人死亡、100人負傷―家屋倒壊多数、震度6強余震
時事通信 4月15日(金)0時12分配信

 14日午後9時26分ごろ、熊本県を震源とする地震があり、同県益城町で震度7の揺れを観測した。

 気象庁によると、震源の深さは約11キロ(暫定値)、地震の規模(マグニチュード)は6.5(暫定値)と推定される。この地震による津波の心配はないという。震度7の揺れが記録されたのは2011年3月の東日本大震災以来。熊本県などによると、益城町で2人が死亡、1人が心肺停止状態。約100人が負傷し、多数の家屋が倒壊しているもようだ。

 気象庁は、地震のメカニズムについて、南北方向に引っ張られる「横ずれ断層型」と説明した。この地方では一般的なメカニズムとしている。

 15日午前0時すぎには、熊本県で震度6強の揺れを観測するなど震度3以上の余震が二十数回発生した。気象庁は今後も1週間程度、余震が続く可能性があるとして、警戒を呼び掛けた。熊本県知事は陸上自衛隊に災害派遣を要請した。

 熊本県警などによると、益城町で死亡した2人のうち1人は倒壊した家屋の下敷きなり、1人が火事で亡くなった。このほか、女性1人ががれきの下敷きになり、意識不明の重体。また、4人が生き埋めになり、全員が救出されたが負傷の程度は不明。警察庁によると、益城町に被害が集中。熊本県内の110番は590件に上った。

 政府は首相官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置し、情報収集を進めている。菅義偉官房長官は緊急の記者会見し「被害状況の全容把握に努めている。複数の家屋が倒壊しているとの情報がある。原子力施設については被害の情報は入っていない」と述べた。

 九州電力によると、佐賀県の玄海原発に異常はない。鹿児島県の川内原発は運転を続けている。

 九州新幹線は博多―鹿児島中央間の全線で運転を見合わせた。国土交通省によると、JR熊本駅から熊本市内の車両基地に向けて回送中の九州新幹線800系(6両編成)が脱線した。乗客は乗っておらず、運転士にけがはなかった。全車両が脱線して復旧の見込みは立っていないという。

 九州電力によると、熊本県内で約1万6700戸が停電している。約3万8000戸でガスの供給が止まっているという。

 主な各地の震度は次の通り。

 震度7=熊本県益城町
 震度6弱=熊本市、熊本県玉名市、宇城市、西原村
 震度5強=熊本県菊池市
 震度5弱=宮崎県椎葉村。


〔地震〕熊本県宇城市で震度6強、津波被害の心配なし
レスキューナウニュース 4月15日(金)0時10分配信

気象庁によると、15日00:03頃、熊本県熊本地方を震源とするM6.4の地震があり、熊本県宇城市で震度6強の揺れを観測しました。
この地震により、日本の沿岸では若干の海面変動があるかもしれませんが、被害の心配はありません。
なお、熊本県では、14日21:26頃、熊本県熊本地方を震源とするM6.5・最大震度7の地震が発生しており、以降も強い余震が繰り返し発生しています。揺れの強かった地域では周囲の状況に注意し、落ち着いて行動してください。

■発生事象
発生日時 :4月15日00:03頃
震源地  :熊本県熊本地方(北緯32.7度、東経130.8度)
震源の深さ:約10km
地震の規模:M6.4(推定)

■震度3以上が観測された地域
震度6強:熊本県熊本
震度4:福岡県筑後、佐賀県南部、長崎県島原半島、熊本県阿蘇、熊本県球磨、熊本県天草・芦北、大分県南部、宮崎県北部山沿い、鹿児島県薩摩
震度3:愛媛県南予、山口県西部、福岡県福岡、福岡県北九州、福岡県筑豊、佐賀県北部、長崎県北部、長崎県南西部、大分県中部、大分県西部、宮崎県北部平野部、宮崎県南部平野部、宮崎県南部山沿い、鹿児島県甑島

■震度5弱以上が観測された市町村
【震度6強】
熊本県:宇城市
【震度6弱】
熊本県:氷川町、熊本市南区
【震度5強】
熊本県:八代市、宇土市、西原村、御船町、嘉島町、美里町、熊本市西区
【震度5弱】
熊本県:玉名市、甲佐町、山都町、熊本市東区

■震度5弱以上と考えられる市町村
熊本県:益城町


熊本震度7 菅官房長官「負傷者12名、倒壊家屋19件の情報」
産経新聞 4月15日(金)0時9分配信

47
倒壊した家屋=14日、熊本県益城町影(中島信生撮影)(写真:産経新聞)

 菅義偉官房長官14日夜、首相官邸で開いた地震非常災害対策本部常災害対策本部会議後に記者会見し、倒壊家屋が19件、負傷者が12名との情報があることを明らかにした。


12人負傷、19軒倒壊=菅官房長官
時事通信 4月15日(金)0時9分配信

 菅義偉官房長官は15日午前0時前に首相官邸で緊急記者会見し、九州地方での大規模地震により、熊本県益城町中心に負傷者12人、家屋の倒壊19軒を確認したことを明らかにした。

 約1万6000戸で停電し、約3万8000戸でガスの供給が止まっているという。

 また、災害救援のため、自衛隊員350人、熊本県外から警察官200人、消防隊員200人が派遣されていると説明した。


<熊本震度7>「実家燃えた」立ち尽くす女性 益城町
毎日新聞 4月15日(金)0時8分配信

48
地震のため倒壊し、火事になった民家=熊本県益城町で2016年4月14日午後10時54分、野呂賢治撮影

 被害が大きい熊本県益城町安永地区に14日夜、車で入った。熊本市から東隣の同町に入ると信号が止まっていて、警察官が交通整理をしていた。

 一帯が停電状態で、民家の土塀が各地で道路に倒れている。古い木造家屋などが何軒も傾いたり倒壊したりしているのが暗闇の中でも分かる。木造家屋が崩れ、警察官らが救出作業にあたっていた。細い路地が多く、救急車や消防車が立ち往生している。

 午後11時ごろ、目の前で木造2階建ての民家が白い煙を上げて焼け落ちていた。消防車両に水が供給されず、消火作業が滞っていたが、15分後、消防団員が「水がきた」と叫び、ようやく消火活動が始まった。住民とみられる女性は「実家が燃えてしまった」と立ち尽くした。

 付近には、電線がたわんで道路までたれてきている場所やアスファルトの道路にひび割れや段差が走っている箇所も。町内放送が避難場所への避難を呼びかけている。余震も続き、住民らは暗闇の中、「また揺れている」「怖くて家に入れない」と携帯電話を片手に不安そうに屋外で震えていた。【野呂賢治、出口絢】


熊本の断層帯に関連か=名古屋大の田所准教授
時事通信 4月15日(金)0時7分配信

 熊本県益城町で最大震度7を観測した地震について、名古屋大地震火山研究センターの田所敬一准教授は14日夜、「布田川(ふたがわ)、日奈久(ひなぐ)断層帯に関連があるのではないか」との見方を示した。

 田所准教授は「今後1週間程度は震度5強ぐらいの余震に注意が必要」と話した。

 気象庁の観測では、14日午後9時26分ごろの地震は震源の深さが11キロで、地震の規模(マグニチュード)が6.5。震度7は益城町のみで、「地盤の揺れやすさが関係した可能性がある」という。

 政府の地震調査研究推進本部によると、布田川断層帯は熊本県の南阿蘇村から益城町付近を経て宇土半島の先端に至り、長さは64キロ以上とみられる。一方、日奈久断層帯は益城町付近から八代海南部に至り、長さは約81キロとみられる。

 布田川断層帯全体が活動した場合の地震の規模はM7.5~7.8程度、日奈久断層帯全体が活動した場合はM7.7~8.0程度と推定されていた。


熊本地震 益城町の住人「家の中はぐちゃぐちゃ」
日刊スポーツ 4月15日(金)0時6分配信

 熊本県益城町で起きた震度7の地震で、同町平田地区に住む33歳男性は「家族は無事ですが、余震が続いていて、家の中はぐちゃぐちゃで大変です。益城町の中心街では火災や家屋の倒壊があると聞いている」と話した。

 老人介護施設「ケアポート益城」の女性職員はせっぱ詰まった声で「要介護者の対応に追われています」と話した。入所者の無事は確認できているという。


道路にひび、家屋倒壊=役場に多数避難、応急手当ても―震度7の益城町
時事通信 4月15日(金)0時5分配信

 ひび割れた道路に、電柱が倒れていた。

 震度7を観測した熊本県益城町では14日夜、複数の家が倒壊し、火災が起きている家屋もあった。役場には着の身着のままで避難した多くの住民が集まり、応急手当てを受けている人もいた。

 道路にはひびが入り、陥没や隆起している所があった。路面が数十センチずれている所も。幹線道路に電柱が倒れている。押しつぶされたような家や、火が出ている家もあった。救急車や消防車がサイレンを鳴らしながら行き来した。

 益城町役場は停電していた。駐車場に臨時の指揮本部が設けられ、町職員や消防隊員らが地図を広げて被害状況を確認。ホワイトボードに「下敷き」などの被害が次々に書き込まれた。住民200人以上が自宅から逃れ、屋外に敷かれたビニールシートや段ボールの上で毛布にくるまり、余震におびえていた。大きな余震が起こると消防車が倒れそうなほど横揺れし、悲鳴が上がった。

 同町宮園のパート女性(54)は家族4人で避難してきた。「突き上げるような縦揺れで、立っていられなかった。家の中はめちゃくちゃで冷蔵庫や洗濯機も位置が大きくずれた」。女性は青ざめた表情で話した。

 町内にある熊本空港によると、地震発生は最終便の到着から時間がたっていたため、利用客はおらず大きな混乱はなかった。町中心部の状況が確認できず、職員を呼び出せないので空港にいた職員約10人で滑走路などの安全点検を続けている。


熊本で最大震度6強の余震
アフロ 4月15日(金)0時4分配信

熊本県熊本地方で15日午前0時3分ごろ、最大震度6強を観測する強い地震が発生した。余震とみられる。地震の強さを示すマグニチュードは6.4。
6強=熊本県宇城市


熊本震度7 活断層による直下型か 益城町付近は活断層の“交差点”
産経新聞 4月15日(金)0時2分配信

47
倒壊した家屋=14日、熊本県益城町影(中島信生撮影)(写真:産経新聞)

 熊本県で14日夜に起きた地震について、専門家は活断層による直下型地震の可能性が高いとみている。震度7を観測した益城町付近は2つの活断層が交わっており、地震が起きやすい場所として警戒されていた。

 政府の地震調査委員会の長期評価によると、熊本県中部では布田川(ふたがわ)断層帯と日奈久(ひなぐ)断層帯がいずれもほぼ北東-南西方向に走っており、益城町付近で交差している。どちらの断層帯もM7級が想定されていた。

 名古屋大の山岡耕春教授(地震学)は「どちらかの断層帯が関係した地震だろう。いわゆる直下型だ」と指摘。東大地震研究所の平田直教授(観測地震学)は「どの活断層が関係したのかは分からない」と話す。地震の規模がM6.5と想定より小さいことから、動いたのは断層帯の一部だった可能性もある。

 防災システム研究所の山村武彦所長は「比較的浅い場所で活断層が動いた直下型と思われる。このタイプは震源の真上の狭い範囲で揺れが大きくなり、大きな被害をもたらす。震源が浅いと余震が頻発する可能性が高いので、当分は警戒が必要だ」と話す。

 一方、益城町の北東約30キロには活火山の阿蘇山があるが、山岡教授は「山から離れており、噴火の引き金にはならないと思う」と指摘。東北大の長谷川昭名誉教授(地震学)は「一般論では地震でマグマが揺すられ火山噴火を誘発することがある。必要以上に恐れてはならないが、十分注意する必要がある」と話す。


熊本市の医療機関に100人超搬送
西日本新聞 4月15日(金)0時0分配信

 熊本市内の各医療機関によると、14日午後11時半現在、100人を超える負傷者が搬送された。熊本赤十字病院には44人が運び込まれた。地震発生直後、救命救急センターにけが人が殺到し、混乱したという。国立病院機構熊本医療センターには30人超が搬送され、うち1人が脳挫傷、別の1人がやけどで入院した。済生会熊本病院には約35人が、熊本中央病院には約40人が運び込まれた。

=2016/04/14 西日本新聞=


<熊本震度7>首相官邸で非常災害対策本部会議
毎日新聞 4月14日(木)23時59分配信

 政府は午後11時20分から、首相官邸で非常災害対策本部会議を開き、安倍晋三首相や菅義偉官房長官、河野太郎防災担当相らが出席した。首相は冒頭、「現在、政府は総力を挙げて対応しているが、夜間で被害状況の全容がまだ明らかではない。被害が多数発生している恐れがある」と懸念を表明。「被害者の救命救助を最優先に、政府一丸となって災害応急対策に全力を尽くす。強いリーダーシップを発揮し、対応に万全を期す」と述べた。【松井豊】


<熊本震度7>信号消え、道路渋滞…自衛隊確認
毎日新聞 4月14日(木)23時54分配信

 自衛隊は揺れの激しかった熊本県益城町や熊本市などを中心に、航空機で上空から被害状況を確認している。航空機が14日午後10時半ごろに撮影した益城町の映像では、道路が車で渋滞し、信号機が点灯していない箇所がある。道路脇の電灯はついている。同県御船町では火災が起きており、消防が消火活動をしている。

 国土交通省九州地方整備局の災害対策本部は14日午後9時26分の地震発生と同時に非常体制を発令し、益城町に現地情報連絡員(リエゾン)6人を派遣した。現地で被害情報の収集や国への連絡に当たるほか、国が把握した災害情報を市町村に伝える。派遣先は熊本県庁と熊本市役所、益城町に各2人。


「経験したことない揺れ」ガラス粉々…熊本地震
読売新聞 4月14日(木)23時54分配信

46
割れた瓶が散乱した店舗(14日午後10時30分、熊本市中央区で)=北村真撮影

 熊本県熊本地方を14日夜、激しい地震が襲った。

 熊本県益城(ましき)町で最大震度7を観測。同県玉名市や宇城(うき)市、熊本市なども震度6弱で、2011年の東日本大震災以来の大規模地震となった。現地では家屋が倒壊し、火災が発生、がれきの下敷きになった女性が意識不明の重体という情報も。数分おきに余震が続いており、時間の経過とともに被害は広がりを見せている。

 震度7を観測した同県益城町の自営業野口恵さん(56)は、自宅で経験したことのない「ドンッ」という揺れに遭った。部屋の蛍光灯はほとんど落ちて割れ、台所の冷蔵庫は30センチ以上動いたという。

 読売新聞の電話取材中にも、何度も大きな揺れが続いた。「徒歩5分の実家にも怖くて行けない。隣の家か近くの公民館に避難しようと思っている」と不安げに話した。

 「これまでに経験したことのない大きい揺れ。死ぬかと思った」。同町の馬肉料理店「菅乃屋 西原店」の本田和大店長(37)も声を震わせた。フロアで接客中、突然、突き上げるような揺れが起き、一瞬で停電したという。

 7人いた客は「うわー」「キャー」と悲鳴を上げ、テーブルの下に隠れた。棚から皿が次々と落ちて割れたが、けが人はなく、すぐに店外に逃れた。本田店長によると、信号機が消えた街で余震が続いている。

 「下から突き上げるような揺れだった」。震度6弱を観測した熊本市東区にある「海鮮居酒屋かづま」店長の野崎和孝さん(48)も、店内で激しい揺れに遭遇。約30人の客にけがはなかったが、20本ほどの酒ビンや皿などが床に落ちて砕けている。

 同市西区で酒店を営む徳永和江さん(60)は「いきなりひどい横揺れが来て、酒のびんが10本ぐらい落ちた」と話した。入浴中の義母は、湯船の湯が激しく波打ちおびえていたという。同市東区のパチンコ店では、入り口付近のガラスが大破し、粉々になった破片が店前の路上に広がっている。

 同市中央区の熊本県庁10階にある危機管理防災課では、10秒ほど強い揺れが続き、机の上の書類などが落ちた。課内には10人ほどの職員がいたといい、ある職員は、読売新聞の取材に対し、「今まさに情報を収集しようとしている状況。まだ全く分からない」と緊張した声で応じた。

 東京・大手町の気象庁では、地震直後からいったん退庁した職員がタクシーなどで続々と登庁し、庁舎内はあわただしい雰囲気に包まれた。7階にある地震火山部では、職員らが電話で各方面と連絡を取り合い、状況把握に追われた。午後10時前、広報担当の職員が記者室に走り込み、「午後11時半から会見を行う」と叫ぶように告げた。


首相ら政権幹部、続々参集=大規模地震に官邸緊迫
時事通信 4月14日(木)23時54分配信

 熊本県を中心とする九州地方での大規模な地震発生を受け、東京・永田町の首相官邸は14日夜、安倍晋三首相ら政権幹部が相次いで駆け付け、緊迫した雰囲気に包まれた。

 地震発生時、首相は都内のフランス料理店で、自民党の稲田朋美政調会長や財界関係者らと会食中だったが、一報を受けると直ちに席を立ち、料理店前で「災害応急対策を指示した」と記者団に表明。地震発生から約25分後に官邸へ戻り、待ち構える記者団に「状況を把握するため全力を尽くす」と厳しい表情で語った。

 菅義偉官房長官は、地震発生の約15分後に官邸へ到着。記者団からの質問にはほとんど答えず、エレベーターに駆け込んだ。午後10時すぎに緊急記者会見に臨み、「被害状況の全容把握に努めている」と説明した。河野太郎防災担当相も駆け付け、「これから状況を確認する」と言葉少なに語った。

 政府は地震発生後、直ちに官邸内の危機管理センターに対策室を設置。関係省庁の局長級による緊急参集チームを招集するなど、対応に追われた。


熊本震度7 自衛隊が初動対処部隊や戦闘機など派遣
産経新聞 4月14日(木)23時54分配信

 防衛省は14日夜、熊本県を震源とする地震を受け、初動対処部隊「ファストフォース」のほか、航空自衛隊のF2戦闘機2機、海上自衛隊の「P3C」哨戒機1機、陸上自衛隊の多用途ヘリコプター「UH1」1機などを現地に派遣し、情報収集に当たっている。


<熊本震度7>震度6弱程度の余震、1週間程度発生の恐れ
毎日新聞 4月14日(木)23時51分配信

45
空き地にまる住民たち=熊本県益城町安永で2016年4月14日午後11時40分ごろ、出口絢撮影

 気象庁は午後11時半から記者会見。地震津波監視課の青木元課長は「周りの状況を確認し、なるべく安全な所に移動するなど身の安全を図ってほしい。余震が非常に多く発生しており、今後も震度6弱程度の余震が1週間程度発生する恐れがあるので十分注意してほしい」と呼びかけた。【円谷美晶】


<熊本震度7>政府、官邸対策室を設置
毎日新聞 4月14日(木)23時48分配信

 政府は午後9時31分、熊本県を震源とする地震に関し、首相官邸内の危機管理センターに官邸対策室を設置した。安倍晋三首相は午後9時36分、早急に被害状況を把握する▽地方自治体と緊密に連携し、政府一体となって災害応急対策に取り組む▽避難や被害などに関する適時的確な情報提供を行う--の3点を指示した。首相は午後9時50分ごろ、首相官邸入り。「これから状況をよく把握するために全力を尽くしていく」と述べ、危機管理センターに入って対応に当たった。

 菅義偉官房長官は午後10時14分から記者会見。複数の家屋が倒壊している情報があり、原発の被害情報は入っていないことなどを明らかにした。菅氏は「被災者の救命救助を最優先に、災害応急対応に全力を尽くす。被災地の皆さまは、自治体の避難情報や、テレビ、ラジオなどの情報に注意し、助け合ってほしい」と呼びかけた。【高本耕太】


熊本震度7 安倍首相「救命、救助を最優先に政府一丸となって全力を尽くす」
産経新聞 4月14日(木)23時47分配信

 安倍晋三首相は14日夜、熊本県を震源とする地震を受け、首相官邸で非常災害対策本部会議を開き、「被害者の救命、救助を最優先に政府一丸となって災害応急対策に全力を尽くす」と新たに3つ指示を出した。

 首相発言の詳細は以下の通り。

 「現在、政府は総力を挙げて対応しているが、夜間で被害状況の全容がまだ明らかではありません。被害が多数発生している恐れがあり、さらに次の3点を指示します」

 「住民の安全確保が第1。被害者の救命、救助を最優先に、引き続き政府一丸となって災害応急対策に全力を尽くすこと」

 「次に、余震が依然として相次いでいることから、地方自治体と緊密に連携して、細心の注意を払って警戒を継続し、住民の避難が確実に行われるよう、対策に万全を期すこと」

 「3点目は、被害自治体と連携し、必要な物資の確保や、医療行為の提供など被災者の支援策に関係機関が一体となって取り組むこと。各位にあっては、強いリーダーシップを発揮し、対応に万全を期してまいりたいと思います」

« 熊本・震度7の地震に関するニュース・2 | トップページ | 熊本・震度7の地震に関するニュース・4 »

ニュース」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/63487649

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本・震度7の地震に関するニュース・3:

« 熊本・震度7の地震に関するニュース・2 | トップページ | 熊本・震度7の地震に関するニュース・4 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31