« 熊本・震度7の地震に関するニュース・28 | トップページ | 熊本・震度7の地震に関するニュース・30 »

2016年4月19日 (火)

熊本・震度7の地震に関するニュース・29

引き続き、熊本県で4月14日および16日に発生した、震度6強~7の地震に関するニュースを伝達します。

リンク:<熊本地震>停電20日にも解消へ 発電機車で暫定的に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:南阿蘇村自宅姿に10代姉妹ぼう然、本紙記者がルポ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本市の看護師が支援訴え「水がありません」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:家屋崩れ道路地割れ「こういうときは1人じゃ無理」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本地震 岸田外相「心から感謝」 50超の国などからのお見舞いに - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:南阿蘇村・河陽地区で自衛隊が新たに1人発見 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本地震>車中泊の避難者、エコノミー症候群予防法は? - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:〔熊本地震〕14日からの地震回数600回に達する なお最低1週間程度は警戒を(19日9時30分現在) - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米国務副長官「トモダチのため、何でもする」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:被災者と党への寄付、同じ封筒で…共産党関係者 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本、地震で中止=大分も一部見送り―2教科で学力テスト・文科省 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:支援物資が熊本で山積みになっているワケ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本便4日ぶり再開=地震で欠航―全日空、日航など - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本地震 東日本大震災の経験踏まえて 宮城・村井知事が教訓語る - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本地震 人員不足、支援物資届かず… 避難長期化に衛生面の不安も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本地震 交通寸断、遠い「復旧」 九州新幹線の線路、損傷100カ所超 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本地震 「72時間」緊張の捜索 「一人でも…全力尽くす」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本復興計画策定へ 政府、補正編成 財源を協議 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本地震 与党、支援策づくり急ぐ 「激甚災害」早期指定を要請 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:自らを棚上げ 民進、政府批判 首相視察中止→菅元首相は? - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:気象庁の阿蘇山観測機器、半数超がデータ送れず - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:77歳女性が急性心不全…初の震災関連死か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:国交省、「ホテルシップ」フェリー2隻配備へ…計1100~1200人受け入れ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:72時間の壁に挑む…東日本大震災でも活躍「国際救助犬」投入 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:“震災ドロ”頻発に住民怒り 家財散乱「取られても分からない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本地震 スイカ再開、励みに・・・ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本地震>九州新幹線、早期再開が絶望的 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本地震>いらだち募らせる利用者 九州新幹線復旧長期化 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本 朝晩の冷え込み注意 21日は再び雨 土砂災害に警戒 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:捜索で1人発見=被災地拡大で自衛隊増派へ―72時間超え、懸命の捜索・熊本地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:〔九州電力〕熊本県の約13100軒で停電(19日11時40分現在) - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:被災地ニーズ調べ、物資輸送=自衛隊の備蓄品提供へ―パンやレトルト食品・防衛省 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:〔熊本地震〕高速道路:九州地方で一部区間の通行止め続く(19日3時現在) - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本刑務所、被災住民を受け入れ…2万食分備蓄 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

<熊本地震>停電20日にも解消へ 発電機車で暫定的に
毎日新聞 4月19日(火)10時1分配信

315
土砂崩れで崩落した道路に残る車両=熊本県南阿蘇村で2016年4月17日午後1時6分、本社機「希望」から梅村直承撮影

 九州電力は19日、熊本地震による停電が20日にも解消する見通しを明らかにした。

 阿蘇地区に電力を供給している6万6000ボルトの送電線周辺で大規模な土砂崩れが起きて送電線が使えなくなり、19日午前10時現在で熊本県阿蘇市、高森町、南阿蘇村の約1万3100戸で停電が続いている。

 このため九電は発電機車を50台以上阿蘇地区に配置して暫定的に停電の解消を目指すほか、一時的な代替用送電線の設置も急いでいる。【遠山和宏】


南阿蘇村自宅姿に10代姉妹ぼう然、本紙記者がルポ
日刊スポーツ 4月19日(火)9時58分配信

314
田爪佑佳さん(左)来実さん姉妹。目の前で自衛隊が行方不明者の捜索を行っていた

 熊本、大分両県を中心に相次ぐ地震で、熊本県警や消防は18日、土砂崩れなどで被害の大きかった熊本県南阿蘇村で行方不明者の捜索を行い、土砂の中から男女2人を発見した。ともに死亡が確認され、一連の地震による死者は熊本県内で44人になった。一方、家が土砂にのまれた同村河陽地区の姉妹は、16日未明の「本震」後初めて自宅に戻り、変わり果てた故郷の光景にぼうぜんとした。

 阿蘇山の西斜面。南阿蘇村河陽の高台で、姉妹は変わり果てた風景を眺めていた。高校3年の田爪(たづめ)佑佳さん(17)は合志市の祖母宅から通学しており、地震後、初めて自宅に戻った。「2階のベランダから見える熊本市内の夜景がきれい。金峰山も見えるし、天気が良い日は、有明海の向こうに雲仙岳も見えるんです」。妹で中学1年の来実(くるみ)さん(12)が続けた。「星もすごくきれいだよね」。その家は、16日未明の地震で土砂にのまれた。

 16日未明の地震発生時、自宅には父正剛さん(48)と母晴恵さん(43)と来実さんがいた。両親とも小学校の先生だ。15日の夜、来実さんと晴恵さんは夕食後、1階でおしゃべりをしていた。この日まで益城町の小学校で地震対応に追われた正剛さんは早めに休もうと珍しく2階で寝た。来実さんと晴恵さんも2階の寝室で布団に入った。

 16日未明。強い揺れが襲った。来実さんは「戸が倒れてきて目が覚めたら、家が傾きだした」。揺れが収まり、2階のベランダから外を見ると目の前に土砂があった。1階は土にのまれ倒壊していた。隣接する4軒の家は跡形もなかった。

 合志市の祖母宅にいた佑佳さんは、夜が明けた後、テレビの空撮映像で、自宅が崩れたことを知った。「あれ、うちじゃない?」。この日、初めて目にした光景に「テレビで見るよりひどい」と絶句した。

 転勤続きの教員夫妻が13年前に建てたマイホーム。晴恵さんは「子どもを転校させたくなくて、拠点を持ちたかった。阿蘇の自然も豊かで環境が良かった」と話す。ハザードマップでも、危険地域に入っていないことを確認した。「斜面もなだらかで、災害が起きても地滑り程度と思っていた」。だが、自宅東側のなだらかな斜面は、16日未明の地震で土の波となって落ちてきた。

 大好きなおうちだった。佑佳さんは「大学生になったら車で家から通おうと思っていた。ここがすごく好き。また、ここに住みたい」。来実さんも「私もここがいい」と言った。

 晴恵さんはこの日、姉妹に「おうちにさようならするからつらかよ」と話して連れてきた。「ふるさとがなくなっちゃう」。そう言う来実さんに、「ふるさとはまた作ればいいたい」と声を掛けた。

 南阿蘇村では、阿蘇大橋が崩落。倒壊家屋も多数で、村の機能回復にどれだけの期間がかかるか、見通せない。正剛さんは「将来のことはまだ白紙。今は、これからやることを考えて前に進みたい。ただ、この地域の人は強い。必ず、復興すると信じています」と話した。【清水優】


熊本市の看護師が支援訴え「水がありません」
日刊スポーツ 4月19日(火)9時58分配信

 熊本、大分両県を中心に相次ぐ地震で、熊本県警や消防は18日、土砂崩れなどで被害の大きかった熊本県南阿蘇村で行方不明者の捜索を行い、土砂の中から男女2人を発見した。ともに死亡が確認され、一連の地震による死者は熊本県内で44人になった。

 被災した熊本県内の各病院は、物資の不足、頻発する余震による病棟の損傷などで機能不全に陥りかけているという。熊本機能病院(熊本市)の看護師・斉藤香織さん(30)が、医療現場の厳しい現状を明かし、支援を訴えた。

 <現状>どこの病院も米や塩、保存がきく食事、大人用オムツなど不可欠な物資の備蓄が底をついています。建物が崩壊し、患者の安全が確保できない病院もある。うちは病棟の損傷が激しく、入院患者に外来ロビーに移動していただいたので、避難してきた400人以上の方と狭い空間で一緒に過ごしています。別な病院では、入院患者を福岡の病院に移送し熊本からスタッフが通うと聞きました。

 <物資>水が一番ありません。水道が一部、復旧したところも水は濁り、砂が出て飲料としては使えない。給水車も、整理券をもらって何時間も並ばないといけない。赤ちゃんの粉ミルクも足りず、あっても水がないから作れない。食べることに障害があり、飲み込みがうまくいかなかったり、鼻や胃の管から栄養を入れなくてはいけない患者もいて(食事に)必要なトロミ剤や流動食も足りません。

 斉藤さんは熊本市内の自宅に戻ることができた。一方、大津町在住の父は、東海大農学部の学生が犠牲になった南阿蘇キャンパス近くで働いていたが、阿蘇大橋が崩落し職場に行けなくなった。「生まれ育った町並みが一瞬にしてなくなり熊本城、阿蘇など愛された場所も踏み入ることができなくなり涙しか出ません。被災者全員に、支援が行き届くことを願っています」と悲痛な思いを吐露した。


家屋崩れ道路地割れ「こういうときは1人じゃ無理」
日刊スポーツ 4月19日(火)9時58分配信

313
車が下敷きになっているアパート

 熊本、大分両県を中心に相次ぐ地震で、熊本県警や消防は18日、土砂崩れなどで被害の大きかった熊本県南阿蘇村で行方不明者の捜索を行い、土砂の中から男女2人を発見した。ともに死亡が確認され、一連の地震による死者は熊本県内で44人になった。

 西原村から18日朝、南阿蘇村に入った。外輪山の山頂で気温は10度を下回る。ふもとの西原村より4~5度低い。緊急車両の後を追い、東海大の手前のゴルフ場で車を降りた。大学前の阿蘇大橋は深い谷底に崩落していた。

 大学周辺の河陽地区。地割れした道路に家屋が崩れ落ち、車が多数横転していた。サッシが外れたアパートの部屋を片付けていた介護職員の女性(58)は「揺れた時、体が浮きました」と16日未明の地震を振り返った。阪神・淡路大震災の時も兵庫県で被災し、今回が2回目の大地震という。

 勤務する介護施設の入居者は全員無事という。食事も備蓄物資でおかゆとみそ汁を出している。「職員不足で休みも取れません。今、初めて部屋を片付けにきた。雨漏りもしていて。大変です」。駐車場の地割れで車が出せず、週1回通っていた大分県の母親にも会いに行けない。「私も母もそうですけど、こういう時は1人じゃ、無理ですね」と心細そうに話した。


熊本地震 岸田外相「心から感謝」 50超の国などからのお見舞いに
産経新聞 4月19日(火)9時53分配信

 岸田文雄外相は19日午前の記者会見で、熊本地震に関し「50を超える国、地域、機関から温かいお見舞いのメッセージなどをいただいている。心から感謝を申し上げたい」と述べた。


南阿蘇村・河陽地区で自衛隊が新たに1人発見
読売新聞 4月19日(火)9時52分配信

312
高台の別荘地で、土砂の中から発見された人を運び出す自衛隊員(19日午前9時33分、熊本県南阿蘇村河陽で)=浦上太介撮影

 熊本県を中心に相次いでいる地震で、大きな被害を受けた同県南阿蘇村を捜索していた自衛隊が19日午前8時頃、河陽(かわよう)地区で新たに1人を発見した。

 性別や生死は不明。


<熊本地震>車中泊の避難者、エコノミー症候群予防法は?
西日本新聞 4月19日(火)9時47分配信

 避難生活を続ける熊本地震の被災者たちにとって、ショッキングなことが起きた。マイカーで夜を過ごす「車中泊」をしていた複数の被災者が救急搬送されたという。震災直後の15~17日、被災地を訪ねた災害支援に詳しい杉本めぐみ九州大助教(持続可能な社会のための決断科学センター、地球環境学)に避難生活の注意点を聞いた。

 熊本市、益城町、大津町、南阿蘇村を訪れた。避難所を見て気付いたのは車中泊の避難者が多いこと。近くの店舗も含めて、どこの駐車場もいっぱいで驚いた。自宅の倒壊が怖いとか、揺れに驚いた子どもが泣くのを周囲に遠慮する心理があるからで、余震が続いている今回の特徴と言える。

 車中泊の人や高齢者は血管が詰まる肺血栓塞栓(そくせん)症(エコノミークラス症候群)になりやすい。水分補給と適度な運動を心掛け、塩分の摂取は控えた方がいい。

 先の長い避難生活が想定される。きちんと睡眠を取ることは大切。余震が続くと寝付けないので、昼間でも仮眠を。リラックスする時間も欲しい。幼児を抱えたお母さんは疲労がたまりやすい。周りの人が子どもの面倒を見てあげるなど協力してあげて。災害弱者と言われる高齢者、妊婦、子ども、ハンディのある人は声を上げにくい。みんなきつい時期だが、周囲が気付いてあげる以外になく、声掛けをお願いしたい。

 避難所は昼間だけでもカーテンで仕切り、男女別に着替えられるような過ごしやすい環境が必要。寒さ対策として新聞紙で体を覆ったり、段ボールで仕切り壁を作ったりの工夫を。風邪をひかないよう手洗いや消毒も大切だ。特に口の衛生状態を守るため歯磨きを。歯磨き粉を使わなくても、最後に1杯の水で口をゆすぐだけで衛生上は十分だ。

 食料は、避難所では火を使えないだろうからトマトやキュウリなど生で食べられる野菜のほか、いりこ、ドライフルーツなど乾物が重宝される。避難生活は必ず抜け出せる。気持ちを落ち着かせ体調を管理し、乗り切ってほしい。 (談)

エコノミークラス症候群とは?
 車の中や、狭い避難所などで、いすに座ったまま長時間過ごすと起きる恐れがある。下肢にできた血栓が肺動脈で詰まり、呼吸困難を引き起こし、突然死を招くこともある。お年寄りの健康問題に詳しい日本赤十字社福岡県支部の坂本峰子看護師によると、予防のポイントは(1)窮屈な場所で寝泊まりしない(2)水分を十分に取る(3)定期的に体を動かす-で、座ったままでも足の指でグーをつくったり、足の指を開いたり、ふくらはぎを軽くもんだりするだけでも効果がある。この病気は高齢者や妊婦、大手術をした人がかかりやすい。

=2016/04/19付 西日本新聞朝刊=


〔熊本地震〕14日からの地震回数600回に達する なお最低1週間程度は警戒を(19日9時30分現在)
レスキューナウニュース 4月19日(火)9時30分配信

平成28年熊本地震では、熊本県から大分県にかけて地震活動の活発な状態が続いており、14日21:26頃に発生した最大震度7の地震からの震度1以上の地震回数は19日09:30現在、合わせて600回に達しています。
気象庁は、揺れの強かった地域では家屋の倒壊や土砂災害などの危険性が高まっているとして、今後の地震活動や降雨の状況に十分注意し、身の安全を図るよう呼びかけています。

【地震活動の状況】〔気象庁(※速報値)〕
・14日21:26の地震以降、19日09:30現在、震度1以上を観測する地震が600回発生
 震度7:1回、震度6強:3回、震度6弱:3回、震度5強:2回、震度5弱:6回、震度4:72回、震度3:148回、震度2:246回、震度1:119回

【4月14日21:26以降に発生した震度5弱以上を観測した地震】
<4月18日>
・20:42 熊本県阿蘇地方   9km  M5.8 震度5強
<4月16日>
・16:02 熊本県熊本地方 ごく浅い M5.3 震度5弱
・09:48 熊本県熊本地方 約10km  M5.4 震度6弱
・07:23 熊本県熊本地方 約10km  M4.8 震度5弱
・07:11 大分県中部   約10km  M5.3 震度5弱
・03:55 熊本県阿蘇地方 約10km  M5.8 震度6強
・03:03 熊本県阿蘇地方 約20km  M5.8 震度5強
・01:46 熊本県熊本地方 約20km  M6.0 震度6弱
・01:44 熊本県熊本地方 約10km  M5.3 震度5弱
・01:25 熊本県熊本地方  12km  M7.3 震度6強(地震規模最大)
<4月15日>
・01:53 熊本県熊本地方  12km  M4.8 震度5弱
・00:03 熊本県熊本地方   7km  M6.4 震度6強
<4月14日>
・22:38 熊本県熊本地方  11km  M5.0 震度5弱
・22:07 熊本県熊本地方   8km  M5.8 震度6弱
・21:26 熊本県熊本地方  11km  M6.5 震度7


米国務副長官「トモダチのため、何でもする」
読売新聞 4月19日(火)9時27分配信

 来日中のブリンケン米国務副長官は18日、岸田外相や菅官房長官、斎木昭隆外務次官らと相次いで会談し、熊本地震の災害復旧などで米国が支援にあたる考えを改めて表明した。

 岸田氏は会談で、米軍による輸送支援に対し謝意を伝えた。ブリンケン氏は「危機の時こそ、友人が友人として手助けするべきだ。米国の支援が悲劇に立ち向かう一助となることを期待する」と語った。斎木氏との会談では「トモダチが困っている時には、何でもできることはする」と述べた。

 斎木氏とブリンケン氏はまた、北朝鮮の核・ミサイル開発に対し、日米が連携して対応することを確認した。両氏は19日、ソウル市内で開催される日米韓外務次官協議に出席し、3か国の安保・防衛協力強化などについて協議する。


被災者と党への寄付、同じ封筒で…共産党関係者
読売新聞 4月19日(火)9時3分配信

 共産党の小池書記局長は18日の記者会見で、熊本地震の被災者への寄付と、共産党への寄付を同時に募ったとして、党関係者を注意したことを明らかにした。

 小池氏によると、16日に都内で開いた党の演説会で、党関係者が被災者と党へのお金を同じ封筒で集めた。小池氏は「被災地への募金は、それに限った形で集めるのが当然だ」と述べた。集まったお金は全て被災自治体に届けるという。


熊本、地震で中止=大分も一部見送り―2教科で学力テスト・文科省
時事通信 4月19日(火)8時58分配信

 小学6年と中学3年を対象にした文部科学省の全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)が19日、行われた。

 同省は、地震の影響で問題冊子を配送できなかった熊本県の全小中学校と宮崎県の五ケ瀬町など4町村の7中学校については中止を決定。その他の国公立のほぼ全てと私立の約5割、計3万校弱に約215万人分の問題を配送したが、大分県の一部の学校は19日の実施を見送った。

 学力テストは国語と算数・数学の2教科で、いずれも基礎的な知識を問うA問題と活用力を試すB問題に分けて実施。学習意欲や生活習慣などのアンケート調査も行う。


支援物資が熊本で山積みになっているワケ
qBiz 西日本新聞経済電子版 4月19日(火)8時39分配信

311
熊本県庁に集まった支援物資を仕分けする職員ら=18日午後4時半ごろ(撮影・三笘真理子

東北大震災でも同じ状況、打開策は…
 熊本地震の被災地から、食料や水など支援物資の不足を訴える声が相次いでいる。全国各地から支援物資は向かっているが、受ける側の自治体が分配機能を十分果たせていない。大動脈である九州自動車道が寸断され、陸路で支援物資が集まるほど渋滞を悪化させる悪循環にも陥っている。地震発生から5日目の18日になり、やっと物流に民間業者を入れ、空路輸送も始まった。東日本大震災の教訓は生かされたのか。新たな取り組みはうまく機能するのか―。

 熊本県庁1階のホール。ペットボトルの水や食料、生理用品などの支援物資が山積みになっている。簡易トイレも数多い。

 だが、それが各市町村や避難所になかなか届かない。県の担当者は「物資の仕分けなどを担当する職員が足りず、作業が追いつかない」。別の県の担当者によると、「熊本県庁の混乱、人手不足が著しく、(被災地からの)物資の要望も止まっている」と明かす。

 支援物資の配布には食料や衛生用品といった仕分けが重要だが、行政は「素人」。2011年の東日本大震災でも支援物資の滞留が指摘され、仕分けを民間物流業者に任せることでようやく避難所に物資が届くようになった。今回の物資不足は、5年前の反省が生かされたとは言い難い事態だ。

 行政と市町村の連携にも難がある。今の分配は市町村の要請を受けて県が送る「プル型」。県が避難者数から必要量を見積もり、要請がなくても送る「プッシュ型」に比べ、プル型はどうしてもニーズと支援に時間差が生じるが、県は今も「プル型」を続けている。

 「物資不足」の訴えを受け、主に福岡県の物流拠点から民間業者が市町村に直接、支援物資を送る枠組みが18日、ようやく出来上がった。政府からの支援物資は佐賀県鳥栖市にいったん集め、警察車両が先導することも決めた。九州地方知事会も18日、熊本県内の被災市町村ごとに、各県が担当を決めて支援する仕組みを整えた。

 被災者の生活環境は刻一刻と悪化している。支援物資のスムーズな分配には被災者の命がかかっている。

寸断、渋滞…陸送は限界 自衛隊ヘリ、人命救助優先
 支援物資が届かないもう一つの原因は、交通インフラの遮断による渋滞だ。九州道は植木インターチェンジ(IC)-八代IC間が不通になっており、九州道や福岡方面と熊本をつなぐ国道3号は大渋滞となっている。

 なぜ輸送ヘリによる空輸ができないのか。18日、米軍の新型輸送機オスプレイ2機が初めて支援物資を空輸したが、自衛隊は輸送だけで80機以上、救難や哨戒などの用途を含めると約530機のヘリを所有している。

 防衛省は「熊本地震では延べ291機を投入している」とするが、人命救助を優先させており、「輸送にどれだけ当てているかは把握できていない」(統合幕僚監部)。中谷元・防衛相は18日の参院決算委員会で、「自衛隊が持っているヘリなどの運用をもってしてもまだ十分に行き届いていない」と答弁した。

 九州には、ヘリ部隊がある佐賀県の陸自目達原駐屯地をはじめ、ヘリが離着陸できる基地は多くある。軍事ジャーナリストの神浦元彰氏は「東日本大震災の時は8割の自衛隊機を投入した。自衛隊機を『使えない』のではなく、政治が『使わない』だけではないか」と現在の運用を批判した。河野太郎防災担当相は18日、物資輸送について、記者団に「自衛隊の航空部隊を最大限、活用していきたい」と明言した。


熊本便4日ぶり再開=地震で欠航―全日空、日航など
時事通信 4月19日(火)8時3分配信

 全日本空輸と日本航空は19日、熊本地震の影響で欠航が続いていた熊本空港への到着便の一部の運航を4日ぶりに再開した。

 両社とも羽田、大阪(伊丹)発を、さらに全日空は名古屋(中部)発も運航。ただ、熊本空港のターミナルビルを利用できないことから、航空各社の熊本出発は全便が欠航となる。

 19日午後にはソラシドエア(宮崎市)が羽田線を、フジドリームエアラインズ(静岡市)が名古屋(小牧)線を、それぞれ再開。この日に熊本空港に到着するのは4社合計で18便となる。

 ジェットスター・ジャパン(千葉県成田市)も成田線の再開を準備している。

 石井啓一国土交通相は19日の閣議後記者会見で「熊本空港への旅客便が一部であっても再開できたことは復興に向けての大きなステップになる」と強調。熊本からの出発便については「一日も早く再開できるよう関係者間で調整していく」と述べた。


熊本地震 東日本大震災の経験踏まえて 宮城・村井知事が教訓語る
産経新聞 4月19日(火)8時0分配信

 東日本大震災で陣頭指揮にあたった宮城県の村井嘉浩知事は18日の定例記者会見で、当時の経験を踏まえながら、熊本地震の対応について助言した。

 宮城県は18日、「東日本大震災の経験を活かした支援をしてほしい」という熊本県の要請に応じて、4人の職員を派遣。食料、燃料などは自ら調達し、熊本県への負担をかけない“自己完結”の支援を行う。

 初動の支援について村井知事は「震災時、あちらこちらから連絡が来たが、被害状況の確認だけで大変。5年前はそうした対応だけでも人手をとられてしまう。揺れが収まるまで動かない方が熊本のためになる。(今は)宮城が力を注ぐところではない」とし、職員の継続的な派遣など、中長期的な支援が重要だとした。

 全国知事会は、東日本大震災の教訓を踏まえ、平成24年5月に「全国都道府県における災害時等の相互応援に関する協定」を大幅に改正。災害発生時の都道府県間の支援は災害の大きさに応じて、局所的災害は近隣の「カバー県」で対応、中規模災害は隣接地域の「カバーブロック」対応、大規模かつ広域な災害は複数のブロックで広域的に対応する-と決められている。熊本地震は局所的災害のため、近隣の県が対応に当たっている。

 そのため、今回の派遣に関しても村井知事は「ノウハウを蓄積し、経験した職員がいるのでそれを多いに活用していくためにも前に出ている。あくまでも熊本から打診があって派遣したわけで、知事会を飛び越えてやったわけではない」と強調した。

 また、5年前の初動について「(他県などから)宮城県のどこに何が必要なのか教えてほしい、と言われたが、こちらが教えてもらいたいほどの状況だった。いろんな町や市に必要なものを届けたりして、徐々に支援体制が整っていった。支援をやりながら統制を取った方がいい」と混乱した当時を振り返った。

 これまでの経験を踏まえ、今後は住宅やインフラの再建が重要になるとし、「(被災自治体は)どこから手に付けていいのかわからないので、迷惑にならないようにこちらから出て行って、自主的に必要なものを提供することが重要」と述べた。


熊本地震 人員不足、支援物資届かず… 避難長期化に衛生面の不安も
産経新聞 4月19日(火)7時55分配信

310
避難所となっている小学校で夕食の配給に並ぶ人たち=18日午後6時、熊本県益城町の広安小学校(鳥越瑞絵撮影)(写真:産経新聞)

 熊本地震の被災地で、支援物資が被災者に行き渡らない事態が生じている。道路網の寸断による輸送の遅れに加え、人員不足のため集積拠点で滞留しているとの指摘も。避難の長期化を見据え、医療体制の復旧なども課題に挙がる。

 ◆おにぎり2時間待ち

 「車中泊をしながら避難所で食料を求める方もいて、避難者の現状把握が行き届かないことも食料不足の一因になっている」。熊本県の蒲島郁夫知事は18日、同県益城町の避難所を訪れ、食料不足について釈明した。

 県内の避難者は16日未明の本震で9万人に拡大。18日午後の時点では632カ所、9万3874人に上り、避難所に入りきれず車中泊の人も目立つ。家族8人で避難生活を送る益城町の女性(59)は「おにぎり1つもらうのに2時間待ち。全国から物資が届いているとの報道もあるけど信じられない」。別の女性は「お風呂代わりに体を拭くウエットティッシュが欲しいけど、1、2枚しかもらえない」。

 支援物資の集積拠点では、仕分けや配送作業の人員不足が深刻とみられる。「余震が続いている」(県社会福祉協議会)などの理由でボランティアを受け入れておらず、自治体職員だけで対応しているためだ。

 東日本大震災を受けた災害対策基本法の改正で、政府は今回、被災地からの要請を待たずに支援物資を輸送する「プッシュ型」で対応。菅義偉(すが・よしひで)官房長官は18日午前の記者会見で、被災者向けの非常食を90万食から180万食に倍増する考えを明らかにした。

 東日本大震災の経験を生かすため、18日に熊本県に入った宮城県危機対策課の松平幸雄危機対策企画専門監は「応援する側とされる側のミスマッチをなくすことが非常に大切だ」と指摘。「被災状況の把握に努めた上で、物資の滞留が起きていないかどうかなどを確認したい」と話した。

 ◆衛生面も不安広がる

 相次ぐ余震で医療機関も多数被災した熊本県。DMAT(災害派遣医療チーム)事務局(東京)によると、18日午後には全国の190チームが避難所などで活動し、新たに105チームが現地に向かっている。東日本大震災ではDMATが引き揚げた後に、被災地の一部で十分な医療が行き届かなかった教訓もあり、「ギャップが生じないようにしたい」(DMAT事務局)としている。

 避難所生活の長期化に伴い衛生面の不安も広がる。気象庁によると、熊本市の19日の予想最高気温は21度、20日には25度前後まで上昇する見込みだ。益城町のパート従業員の女性(54)は「仮設トイレは悪臭がしたり、虫が飛んだりして使うのに躊躇(ちゅうちょ)する。暑くなってきたら病気の原因になるかもしれない」と訴える。

 避難者の帰宅の可否の目安となる被災家屋の診断も遅れる。県によると、益城町では14日の前震の直後に診断に入る予定だったが、16日の本震で被害が拡大、見通しが立たなくなった。同町の実家が全壊したという女性(86)は「いつになれば避難所から出られるのか分からず不安だ」と話した。


熊本地震 交通寸断、遠い「復旧」 九州新幹線の線路、損傷100カ所超
産経新聞 4月19日(火)7時55分配信

309
脱線した九州新幹線で、車両の撤去作業をする作業員=18日午後3時28分、熊本市西区(本社ヘリから、竹川禎一郎撮影)(写真:産経新聞)

 熊本地震で寸断された熊本県内の鉄道や道路などは、復旧まで時間がかかる見込みとなっている。1編成が脱線した九州新幹線では、線路や高架橋など100カ所以上で損傷などが見つかった。3路線が通行止めの高速道路も、覆った土砂やがれきの撤去作業が始まったばかり。救援物資や資機材輸送の動脈となる一般道も被害が大きく、多くの被災者が出た南阿蘇村と熊本市を結ぶ国道57号は、大規模な土砂崩落で工事のめどすら立っていない。

 国土交通省によると、九州新幹線は熊本総合車両所の保守基地内のクレーンが落下したほか、新玉名-熊本間で外壁が壊れているのが見つかった。このほか、高架橋の亀裂や軌道の損傷、防音壁が落下するなどの被害も判明した。

 脱線した列車は18日、専用ジャッキでレールに乗せる作業が始まった。今後、自走が可能か検証するが、軌道や高架橋などの損傷がどの程度影響を及ぼすかは不明で、JR九州は「初めてのことで、見通しがまったく立たない」と話す。

 ◆「最短でも1カ月」

 東日本大震災では、試運転中の東北新幹線1編成が脱線し、約1750カ所で同様の被害が発生した。一時は全線が運休したが、3月11日の震災4日後の15日には東京-那須塩原で運行を再開。同月22日には、架線の断線や変電設備の故障などがあった盛岡-新青森間が再開し、全面復旧は約50日後だった。平成16年の中越地震で上越新幹線が脱線した際は、復旧まで約2カ月かかった。関西大学の安部誠治教授(公益事業論)は「東日本大震災や中越地震のケースを考えると全面復旧までは最短1カ月、最長2カ月程度かかるのではないか」と話す。

 在来線はJR鹿児島線が18日午後に荒尾-熊本間で運転を再開。その後、熊本駅舎に損傷が見つかり、JR九州は約3時間半にわたって駅を閉鎖、一時運転を見合わせた。駅の安全を確認した後、再び運転を開始した。

 ◆高速に大量の土砂

 高速道路は九州、九州中央、大分自動車道の3路線が通行止めのまま。九州道の緑川パーキングエリア付近で、高速をまたいでいた全長約60メートルの橋が落下した現場では、がれきの撤去が始まったばかり。大分道の湯布院インターチェンジ-日出ジャンクション間では約100メートルにわたり路上を覆った土砂の搬出作業が続いているが、ともに「復旧のめどは立っていない」(西日本高速道路)。東日本大震災では当初、20路線で被害が確認され、除染の影響もあって全面開通は約3年後の26年2月だった。

 一般道も熊本、大分、宮崎の県道と熊本市の市道で114カ所が通行止めになっている。被害が大きな南阿蘇村と熊本市を結ぶ国道57号は、同村立野の阿蘇大橋をのみ込んだ大規模土砂崩壊などで寸断。専門家が現場に向かい復旧方法を検討しているが、復旧には相当の時間がかかるとみられている。

 国交省によると、旅客ターミナルが損壊し民間定期便の運航が止まっていた熊本空港は、19日から日航と全日空などが一部運航を再開する。


熊本地震 「72時間」緊張の捜索 「一人でも…全力尽くす」
産経新聞 4月19日(火)7時55分配信

308
捜索で女性が発見された土砂崩れ現場。女性はその後死亡が確認された=18日午後、熊本県南阿蘇村(納冨康撮影)(写真:産経新聞)

 9人の行方が分からなくなっていた熊本県南阿蘇村。18日、自衛隊や警察などによる捜索が再開され、土砂崩れ現場から発見された2人のうち、女性1人の死亡が確認された。負傷者の生存率が下がるとされる「72時間」が19日未明に経過。余震が続く上に断続的に雨が降り、二次災害の危険性をはらんで作業は難航している。

 複数の重機が投入された同村の高野台団地の土砂崩れ現場。18日朝から断続的に降った弱い雨で、粘土質の土はぬかるみ、捜索活動を困難にした。午後5時ごろ、警察官ら50人以上の捜索隊が見守るなか、土砂の中から発見された女性が運び出された。担架に向かって「がんばれ」と声をかける捜索隊員。だが「生存」の願いはかなわなかった。

 「72時間」が刻一刻と迫るなか、18日は必死の捜索が続いた。

 「ピー!」。原形をとどめないほど損壊した民家から少し離れた場所で、作業を見守っていた広島県警の機動隊員が笛を吹く。約10人の捜索隊は一斉に手を止め民家から急いで離れた。

 県警関係者によると、笛は余震の合図。担当者は携帯電話の緊急地震速報のアラームや、強い揺れを感じた場合は笛で知らせて作業を一時中断させるという。

 土砂崩れなどの二次災害に巻き込まれるのを防止するためだ。「気をつけないとこちらも危ない。16日の地震以降はさらに緊張感が高まっている」。救助に奔走する同村の消防団員が話した。

 ある自衛隊員は「隊員の安全を確保しながら、慎重に捜索作業を進めることが何よりも重要」とこわばった表情。また、同村消防団第14分団の松田仁さん(45)も「一人でも地元の人を助けるために、全力を尽くしたい」と話した。


熊本復興計画策定へ 政府、補正編成 財源を協議
産経新聞 4月19日(火)7時55分配信

 政府が「熊本震災復興計画」を策定する方針を固めたのは、被害を受けたインフラの総合整備や地域経済の再生、被災者の生活再建など中長期の復興を確実にするためだ。復興計画の裏付けとなる平成28年度補正予算案編成に向けた財源の協議も開始。政府として「オールジャパンで被災者らを支えていく」(安倍晋三首相)という姿勢を明確にする。

 安倍首相は18日の衆院環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)特別委員会で、補正予算案を編成する可能性について「必要なあらゆる手段を講じていきたい」と述べた。政府の財政支援を手厚くする激甚災害指定についても「復旧復興にしっかり国が支援していく。早期に指定していきたい」と明言した。

 政府は行方不明者の捜索・救助を最優先に進めている。並行して電気や水道、道路などの復旧に加え、仮設住宅の確保や医療面の支援などに取り組む。そうした緊急の対策は、自治体への普通交付税の繰り上げ配布や政府予算の予備費の投入などで優先的にまかなう考えだ。

 ただ、熊本、大分両県では、道路や橋だけでなく、河川や港湾にも甚大な被害が出ており、避難者は約9万4千人に上った。政府は被害が拡大していることを受けて、地域の経済基盤を総合的に復興させ、被災者の生活再建には中長期の計画が必要だと判断した。

 復興計画の策定に当たっては、東日本大震災を担当する復興庁のノウハウを生かし、被災自治体との連携を重視する。政府は被災者生活支援チームの職員を熊本県益城(ましき)町と南阿蘇村などに派遣。今後も政府職員が積極的に現地に入り、課題や地域が求める支援を把握する。自治体ごとの復興計画の策定も支援する。

 復興計画の裏付けとなる補正予算案編成では、財源確保が課題となる。特別会計の余剰金や税外収入などを活用し、国債発行をなるべく抑制したい考えだ。

 安倍首相は18日の非常災害対策本部会議で「先手先手であらゆる対応を並行的に進めていく。被災者の切実な思いをしっかりと受け止め、できることは全てやる」と強調した。


熊本地震 与党、支援策づくり急ぐ 「激甚災害」早期指定を要請
産経新聞 4月19日(火)7時55分配信

 自民党の谷垣禎一、公明党の井上義久両幹事長は18日の政府与党協議会で、熊本地震について、政府の財政支援を拡大する「激甚災害」に早急に指定するよう菅義偉(すが・よしひで)官房長官に求めた。両党は熊本地震に関する対策本部会合もそれぞれ開き、政府関係者らから被害状況の説明を受けた。

 谷垣氏は政府与党協議会で、行方不明者の救命救助活動に全力を挙げるよう要請した上で、「必要な物資の確保や避難生活の環境改善といった被災者支援に取り組んでほしい」と述べた。井上氏も「物資が被災者の手元に届いていないという現状もあり、早急に解消してほしい」と速やかな対応を求めた。

 谷垣氏は協議会後の記者会見で、被害が広がった大分県にも党の関係議員を派遣し、調査にあたらせていることを明らかにした。

 自民党の稲田朋美政調会長は同日、党本部で開かれた党全国政調会長会議で、熊本地震に関し「政権与党としての責任を果たしたい」と述べ、近く支援策をまとめる考えを示した。出席者からは、夏の参院選の公約に、災害対策やインフラ整備などの「国土強靱(きょうじん)化」の推進を盛り込むよう求める意見が相次いだ。

 公明党は同日午後、地震対策の緊急要請書をとりまとめ安倍晋三首相に提出。行方不明者らの救助と避難者への援助物資の提供を最優先し早期に激甚災害に指定することを求めた。山口那津男代表らから要請書を受け取った首相は「被災者生活支援チームを生かし、迅速に支援にあたっていきたい」と応じた。


自らを棚上げ 民進、政府批判 首相視察中止→菅元首相は?
産経新聞 4月19日(火)7時55分配信

 ■デマ対応→民進ツイートは?

 民進党の大西健介衆院議員は18日の衆院環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)特別委員会で、熊本地震を受けて安倍晋三首相が現地視察の中止を決めたタイミングを批判し、インターネット上のデマ拡散について政府の対応を求めた。

 首相は15日、被災地を16日に視察すると発表したが、同日未明に起きた「本震」を受けて中止した。しかし大西氏は「行くと言っておいて次の日に撤回するなら、最初から行くと言わなければいい」と、首相の視察計画を批判した。

 首相は、本震の前の段階では行方不明者がいなかったことなどを挙げ、「熊本県知事らも、その段階では視察受け入れは十分可能ということだった」と主張。「恣意(しい)的に何か利用しているかのような議論はぜひ慎んでほしい」と反論した。

 大西氏はまた、ネット上で「朝鮮人が井戸に毒を投げ込んだ」などのデマが飛び交ったとの報道を紹介し、「一種のヘイトスピーチだ。しっかり対応すべきだ」と政府に求めた。

 ただ、大西氏は民主党政権時に起きた東日本大震災の翌日、当時の菅直人首相が東京電力福島第1原発を視察したことには言及せず。菅氏の視察は国会の原発事故調査委員会が「指揮命令系統の混乱を拡大」と結論づけている。

 民進党が15日に公式ツイッターで、根拠なく「自民党の有力議員が原発対応についてデマを流して政権の足を引っ張ったのも有名な話」などと投稿(後に削除)した不祥事に触れることもなかった。


気象庁の阿蘇山観測機器、半数超がデータ送れず
読売新聞 4月19日(火)7時31分配信

 気象庁が阿蘇山(熊本県)を監視するために設置している地震計などの観測機器のうち、半数以上がデータを伝送できなくなっていることが分かった。

 16日のマグニチュード(M)7・3の地震以前は、観測機器16基のうち15基が正常に作動していた。しかし、現在は10基からデータが来なくなっている。なかでも地震計は、6基すべてがデータを送れなくなっていたが、18日夕に1基が復旧した。データを送る回線や電源の異常が原因という。気象庁は、他の研究機関の観測機器などがあるとして「現状でも火山監視体制に問題はない」と説明する。

 火山噴火予知連絡会の石原和弘副会長は「地震計は周辺の地震と、火山性の地震を区別するために不可欠。早期復旧してほしい」と話している。


77歳女性が急性心不全…初の震災関連死か
スポーツ報知 4月19日(火)7時6分配信

 熊本、大分両県を中心に地震が相次ぐ中、避難のため「車中泊」をしていた50~60代の女性3人が熊本市内の病院でエコノミークラス症候群と診断され、意識不明の重体となったほか、熊本県阿蘇市の避難所では市内の女性(77)が17日に死亡していたことが判明した。初の震災関連死の可能性がある。

 今後も多くの住民が避難生活を続けなければいけない中、関連死を防ぐために必要なことは何か。

 神奈川県藤沢市民病院の救命救急センター長・阿南英明さんは、居住環境が決して良いとはいえない避難生活に「通常と比べて状況が悪くなるのは当然だし、仕方のないこと。その中で、少しでも体調の悪化を防がなければいけません」と話す。手洗いによる感染症の予防を第一とした上で、さらに3つのポイントを挙げた。

 〈1〉車での生活には細心の注意を

 余震の回数や規模を考慮し、すぐに逃げられるように自家用車内で避難生活を送る人も多いが「極力控えてほしいと伝えています」。車中での生活は、2004年の新潟県中越地震で死者が出て注目されたエコノミークラス症候群を引き起こす可能性が高いという。「車中では足が低い位置にあり、同じ体勢で長時間過ごすと血管内に血栓ができやすくなる。水分をしっかり取ることと、特に足を動かしてください」

 〈2〉食べるのと同じくらいに「出す」のも大切

 慣れない生活や明かりを消せない状況は、精神的ストレスとなり、不眠や高血圧になりやすいが、とりわけ問題になるのは便秘。「避難所はトイレ環境が良くないことが多く、特に女性は水分を取るのを控えたり、(便意を)我慢して便秘が余計にひどくなるのが見られますが、体には非常に悪い。『出す』ことを優先させてください。トイレの環境を整える努力も必要だと思います」

 〈3〉自分に必要な薬を把握し、伝達する

 避難所での生活が体調を悪化させるのはもちろんだが、特に高齢者に該当するものとして「普段服用している薬が定期的に飲めない」ことが悪影響を与える。「医師は何よりも情報が必要。例えば『高血圧の薬が欲しい』などと分かれば、準備ができる。それをきちんと伝えてください。今後のことになってしまいますが、『お薬手帳』を持っていることをお勧めします」

 ◆エコノミークラス症候群 同じ姿勢で長時間座るなどして手足がうっ血し、静脈に血の塊(血栓)ができる症状。血栓が肺の血管を詰まらせると呼吸困難に陥り突然死する恐れがある。薬で血栓を溶かす治療法が一般的。飛行機の狭い座席を利用した旅行者に多く見られたことで知られるようになった。

 2011年3月11日に発生した東日本大震災の「震災関連死」は、震災から1週間後の時点で469人。最新の統計である昨年9月末まででは計3407人に上る。最も人数が多いのは、福島県の1979人。宮城県が918人で続く。福島県が突出しているのは福島第1原発の事故による避難者数が多く、また帰還が困難であることが要因とみられる(数字はいずれも復興庁調べ)。


国交省、「ホテルシップ」フェリー2隻配備へ…計1100~1200人受け入れ
スポーツ報知 4月19日(火)7時6分配信

 国土交通省は18日、熊本地震の被災者の避難所として宿泊や入浴、食事ができる「ホテルシップ」としてフェリー2隻を用意し、八代港(熊本県八代市)などに配備する方針を明らかにした。熊本県が必要と判断すれば、今週後半にも受け入れを開始する予定。

 「ホテルシップ」の候補は、ゆたかシッピングの「はくおう」(約500人乗り)や商船三井フェリーの「さんふらわあ ふらの」(705人乗り)、同社の「さんふらわあ さっぽろ」(632人乗り)などの大型船。フェリーの受け入れ人数は、2隻で計1100~1200人程度。

 国交省によると、震災によって運休中の別の2隻のフェリーを準備していたが、短距離航路用で宿泊や入浴設備がなく、座席でしか休息できなかった。新たに用意されるフェリーには、食堂や風呂が備わっており、「被災者は横になって休めるので過ごしやすい」(国交省の担当者)としている。今後、他の企業にも要請していく。

 2011年の東日本大震災では、民間のフェリー2隻と独立行政法人の訓練船2隻を「ホテルシップ」として活用。被災者ら計約6900人が利用した。


72時間の壁に挑む…東日本大震災でも活躍「国際救助犬」投入
スポーツ報知 4月19日(火)7時6分配信

 多くの安否不明者がいる熊本県南阿蘇村では18日、16日未明の本震から3日目を迎え、負傷者の生存率が下がるとされる「72時間の壁」が目前に迫っていることを受け、土砂崩れ現場などでは自衛隊員らが朝から懸命の捜索を続けた。

 冷たい小雨が降る中、重機の音が鳴り響く。隊員の一人は「72時間が迫っている。急ぎたい」と緊迫した様子で話した。十数軒の家屋が立ち並んでいた一角では、複数の人と連絡が取れない。土砂は高く積もり、2階建ての住居をすっぽり埋めた場所もある。自衛隊はショベルカーを5台ほど投入。住宅の柱などを隊員がチェーンソーで細かく切断し、土砂をかき分けていく作業を延々と続けた。

 自衛隊、警察、消防など約2500人態勢で展開。その現場には、海上自衛隊呉地方隊(広島県呉市)に所属する3頭の災害救助犬も出動。午前10時から日没まで捜索に加わった。

 投入されたのは、いずれもジャーマンシェパードのオスの「妙見丸(みょうけんまる)」(9歳)、「多聞丸(たもんまる)」(7歳)、「那智(なち)」(5歳)の3頭。いずれも「国際救助犬」の資格を持っており、呉地方隊に所属する19頭の中でもえりすぐりの精鋭。2011年の東日本大震災や14年の広島土砂災害の現場にも出動した実績がある。

 16日に呉を出発し、17日から現場での捜索を開始。人間の約5000倍とも言われる嗅覚、約10倍とされる聴覚を頼りに、不明者を捜している。新潟県中越地震では、警視庁の警備犬として現場に投入されたジャーマンシェパードが土砂の中に生存者がいることを突き止め、本震発生から92時間後に男児(当時2歳)を奇跡的に救出した。

 この日午後、土砂崩れの現場では新たに男女2人の死亡が確認された。男性は香川県東かがわ市の鳥居敬規さん(42)で、女性の身元は不明。14日以降の地震による死者は44人となった。警察庁によると、けが人は熊本のほか、福岡、佐賀、大分、宮崎の各県で計1101人となった。


“震災ドロ”頻発に住民怒り 家財散乱「取られても分からない」
スポニチアネックス 4月19日(火)7時1分配信

 【阪神大震災被災 岩田記者現地ルポ】熊本県益城町は、どこを歩いても崩れた家屋だらけの風景が広がっていた。住民は崩れた我が家に恐る恐る近づき、複雑な表情で家財道具や貴重品を捜していた。

 今にも崩れそうな家に向かう男性がいた。ゆがんだ玄関のサッシを外して入っていった。見ているこちらがヒヤヒヤした。

 少し歩くと、自宅前に座り込んでいる男性がいた。陶芸家の野口文夫さん(77)で「貴重品や、使えるものは持ち出した」という。だが「空き巣が頻発していると警察に聞き、こうして座っている」と話した。

 ツイッターでは“震災ドロ”に関する投稿が複数あがっている。警察庁によると、県内では空き巣被害が急増しているという。不審者や不審車両の目撃も相次ぎ、住民の不安をあおっている。

 野口さんは「みんな夜になれば、避難所や自家用車に移動する。何かなくなっても分からないよ」と話した。

 2階が道路に崩れ落ちた自宅の前に立つ山崎なおみさん(54)は「看護師免許や保険の書類を捜しているけど、見つからない。どこにあるのかな」と肩を落としていた。

 普段は避難所や自家用車の中で過ごし、明るいうちに自宅を訪れるという。足の不自由な母に頼まれた捜し物もあったといい「タンスの右にあると聞いたけど…」とガレキをかき分けたが、タンスそのものがなく「これじゃタンスの右も左もない」と困惑していた。

 「空き巣に取られた物があっても分からない。大体困っている人の弱みをついて大切なものを盗むなんて、同じ人間のすることとは思えない」。いら立ちを隠さなかった。

 ≪16日から被害多く県警戒強める≫大地震に見舞われた熊本県の被災地で、避難者の留守宅などを狙った空き巣被害が相次いでいることが18日、熊本県警への取材で分かった。県警は警戒を強めるとともに「避難の際も戸締まりはきちんとして」と注意を呼び掛けている。

 14日夜の地震発生から18日午前7時までに、窃盗の被害届が計6件寄せられた。住民の避難所などへの移動が本格化した16日から本格化したという。地域別には熊本市3件、大津町2件、益城町1件。現金計約80万円と貴金属や通帳、タブレット端末などが盗まれた。


熊本地震 スイカ再開、励みに・・・
日本農業新聞 4月19日(火)7時0分配信

307
再開した選果場にスイカを持ち込む農家。機械が壊れているため手作業で箱詰めした(18日、熊本県益城町で)

 地震被害の大きい熊本県JAかみましきでは、14日以降停止していたスイカの選果を18日に再開した。選果機が故障したため、手作業での選別にJA職員や近隣農家らが集まり、懸命に出荷作業を進めた。

 1.5ヘクタールで大玉スイカを作る守本隆盛さん(45)は、自宅、小屋、納屋などが倒壊。町内の親戚の家に身を寄せながら、唯一無事だったハウスでスイカを収穫し、JA益城支所の西瓜自動選果場に持ち込んだ。

 震災による停電は17日に解消されたものの、故障が発覚。手作業での選別で出荷再開を決めた。荷受けを始めた18日朝には農家らが押し寄せ、スイカを満載したトラックが選果場の外まで列を作った。自宅が倒壊し、避難所で生活するスイカ農家、守山香美さん(50)は「避難所で何もせずにいると、地震のことばかり考えてしまう。やることがあると励みになる」と汗を流した。


<熊本地震>九州新幹線、早期再開が絶望的
毎日新聞 4月19日(火)6時31分配信

306
復旧に向けての作業が続く九州新幹線の車両=熊本市西区で2016年4月18日午後3時32分、本社ヘリから矢頭智剛撮影

 ◇壁の落下が80カ所にも

 14日の地震で熊本市の熊本駅近くで回送列車(6両編成)が脱線し、全線が運休している九州新幹線について、早期復旧が絶望的であることが国土交通省への取材で分かった。JR九州は14日の地震後、「ゴールデンウイークまでには迷惑がかからないようにしたい」と説明していたが、被害が予想以上に大きかったとみられる。

 国交省によると、防音壁の落下が新たに約30カ所見つかり、これまでの判明分を加え計約80カ所に及ぶことが18日、分かった。さらにレールが複数箇所で変形し、レールを枕木に固定する金属製の装置が損傷していることも判明。損傷は一定の距離に及んでおり、回送列車が脱線して停止するまでの間、装置を壊しながら進んだとみられる。

 JR九州は14日の地震後は、車両を撤去して、ゴールデンウイーク前の運行再開を目指すと説明していた。しかし、16日未明に熊本市などで震度6強の地震が発生し、被害が拡大したとみられる。

 国交省によると、17日までに発見された高架橋の亀裂25カ所やホームを支える柱約20本の損傷は新玉名(熊本県玉名市)-新八代(同八代市)の約60キロの区間に集中している。

 JR九州は18日、回送列車を線路に戻す準備を始めた。現場は川に近く地盤が軟らかいため、クレーンでつり上げられず、6両のうち1両を油圧ジャッキで垂直方向に持ち上げた。今後、横向きに移動させることができるかどうかを検討している。国交省の担当者は「高架の点検がまだ終わっていない。詳細調査も未着手で再開までにかかる期間は予想がつかない」と話した。【門田陽介、神崎修一】


<熊本地震>いらだち募らせる利用者 九州新幹線復旧長期化
毎日新聞 4月19日(火)6時31分配信

305
復旧に向けての作業が続く九州新幹線の車両=熊本市西区で2016年4月18日午後3時半、本社ヘリから矢頭智剛撮影

 最初の地震発生から4日。熊本駅近くで脱線した九州新幹線を線路に戻す作業が18日、ようやく始まった。一方で高架橋やレールなど設備にも予想を上回る深刻な被害があったことが明らかになった。復旧作業の長期化は必至で、JR九州が当初想定していた大型連休前までの運転再開は絶望的だ。九州の大動脈が断たれ、利用者らはいらだちを募らせている。

 今も余震が続く熊本市のJR熊本駅。18日、東京都大田区のNPO法人理事、羽山義明さん(68)は「回送列車が脱線するなんて、到底考えられない事態。地震対策が果たして十分だったのだろうか」と語った。14日夜、博多経由で熊本に帰省中に最初の地震に遭遇し、JR久留米駅に止まった新幹線の車内で一夜を過ごした。その時の払い戻しのため駅を訪れたという。

 18日夜、博多駅前で知人と待ち合わせていた福岡市の男性会社員(46)も「JR九州は脱線防止対策を安価に済ませようとしたのではないか。地震があるかもしれないと予想できなかったのか。一日も早く復旧してほしい」と話す。男性はゴールデンウイークに家族で行く予定だった鹿児島旅行を諦めたという。

 新幹線の運休中、航空各社は福岡-鹿児島の臨時便を運航しており、福岡空港の臨時便の搭乗手続きカウンターには行列ができた。

 福岡から鹿児島県霧島市の実家に戻る途中の会社員、中筋由貴さん(20)は「ずっと満席でキャンセル待ちしてやっと臨時便が取れた」。長崎市の大学職員、中尾孝広さん(58)は「あれだけの地震があったのだから、再開まで相当な時間がかかるのは仕方ない。被災者のことを考えると行きたいところに行けるだけでもありがたい」と話した。

 JR九州によると、18日は約50人態勢で復旧作業に着手した。油圧ジャッキや車体の転倒防止用資材をクレーンで現場に搬入し、脱線した全6両のうち1号車から線路に戻そうとしているが、断続的に余震が発生しているため慎重な作業を余儀なくされている。全車両を線路上に復旧した後は、熊本市内の総合車両所に移動させるが、まだその方法を検討している段階だ。

 国土交通省によると、高架橋や線路、プラットホームなど設備の損壊は当初の予想を超え少なくとも約130カ所に上る。JR九州は「全体の脱線復旧作業の終了見込みは未定」とだけ繰り返し、運転再開時期については見通しも示せないままだ。【川上珠実、柿崎誠】


熊本 朝晩の冷え込み注意 21日は再び雨 土砂災害に警戒
ウェザーマップ 4月19日(火)6時15分配信

 きょう19日は、西から高気圧に覆われ、朝から晴れる所が多い。ただ、けさはきのうの朝より気温が低い所が多く、西日本でも10℃を下回っている所が多くなっている。熊本では、午前6時現在の最低気温は7.1℃と地震発生以降、最も低い気温となっている。あす20日の朝も気温が低くなる見込みで、熊本の予想最低気温(午前5時発表)は8℃の予想。引き続き、体調管理に注意が必要となる。

 また、21日(木)は全国的に雨が降り、西日本を中心に雨量が多くなる見込み。地震の被害が大きかった地域でも雨が続くため、土砂災害に警戒が必要となる。土砂災害警戒区域はもちろん、勾配が緩い斜面や渓流でも、わずかな雨で土砂災害が発生するおそれがある。危険な場所には近付かず、身の危険を感じた場合には直ちに安全な場所に避難することが大切だ。


捜索で1人発見=被災地拡大で自衛隊増派へ―72時間超え、懸命の捜索・熊本地震
時事通信 4月19日(火)5時35分配信

304
熊本県を中心に続く地震で、大規模な土砂崩れが起きた同県南阿蘇村では19日も自衛隊や警察、消防による捜索・救出活動が行われ、土砂崩れ現場から性別不明の1人を発見した。写真は行方不明者を運び出す自衛隊員。

 熊本県を中心に続く地震で、大規模な土砂崩れが起きた同県南阿蘇村では19日も自衛隊や警察、消防による捜索・救出活動が行われ、土砂崩れ現場から性別不明の1人を発見した。

 安否は分かっていない。マグニチュード7.3の本震発生から4日目。負傷者の生存率が急激に低下するとされる発生から72時間が経過したが、被災地拡大に伴い、防衛省は自衛隊の派遣規模を2万人から2万6000人に増強する方針だ。

 気象庁によると、熊本県益城町で震度7を記録した14日夜以降、震度1以上の地震は590回に上る。18日夜にも阿蘇市や大分県竹田市で震度5強の揺れを観測した。

 熊本県などによると、一連の地震による死者は44人、重軽傷者は熊本、福岡、佐賀、大分など各県で計約1100人。南阿蘇村では大規模な斜面崩落などが発生し、同村の河陽地区と長野地区などで少なくとも計8人が行方不明になっている。

 避難者は18日現在で約9万3000人。避難生活が長期化することで、高齢者を中心に過労などによる震災関連死も懸念される。車で寝泊まりしている人も多い。狭い座席に長時間座り、足を動かさないと静脈に血のかたまりができて、肺塞栓症を引き起こすエコノミークラス症候群になる恐れもある。


〔九州電力〕熊本県の約13100軒で停電(19日11時40分現在)
レスキューナウニュース 4月19日(火)5時0分配信

九州電力によると、19日11:40現在、熊本県の約13100軒で停電が発生しています。現在、復旧作業が行われています。

■影響地域
熊本県:約13100軒(阿蘇市、阿蘇郡高森町、阿蘇郡南阿蘇村、菊池市)


被災地ニーズ調べ、物資輸送=自衛隊の備蓄品提供へ―パンやレトルト食品・防衛省
時事通信 4月19日(火)4時41分配信

 熊本県を中心に相次いでいる地震で、防衛省は、被災地に派遣されている自衛隊員が必要な救援物資のニーズを調べ、自衛隊が管理するパンやレトルト食品などの備蓄品を直接、避難所などに輸送することを決めた。

 19日から本格的に始める。

 これまで自衛隊は、各自治体が要請した場所へ物資を輸送していたが、加えて市町村の担当者や被災者らから独自にニーズについて聞き取り調査を実施。結果を踏まえて九州補給処(佐賀県)や健軍駐屯地(熊本市)などにある自衛隊管理の備蓄品を被災地に集め、支援物資が足りない避難所などに直接搬送する。

 同省は全国の補給処から九州補給処へ物資を集め対応するという。

 既に18日に自衛隊が備蓄していた水やトイレットペーパーなどを、米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイに積み込み、熊本県南阿蘇村に運んだ。19日以降、避難施設などに輸送する。


〔熊本地震〕高速道路:九州地方で一部区間の通行止め続く(19日3時現在)
レスキューナウニュース 4月19日(火)3時10分配信

熊本地震の影響により、きょう19日も、九州地方の高速道路では一部区間で通行止めが続いています。

■高速道路への影響(19日03:00現在 JARTIC)
≪通行止め≫
・九州道  :植木IC~八代IC(上下線)
・大分道  :湯布院IC~別府IC(上下線)
・東九州道 :日出JCT~速見IC(上下線)
・九州中央道:嘉島JCT~小池高山IC(上下線)

<50キロ規制>
・大分道 :玖珠IC~湯布院IC(上下線)

<80キロ規制>
・九州道 :門司IC~南関IC付近(上下線)
・大分道 :鳥栖JCT~杷木IC(上下線)
・東九州道:北九州JCT~苅田北九州空港IC(上下線)


熊本刑務所、被災住民を受け入れ…2万食分備蓄
読売新聞 4月19日(火)1時2分配信

 熊本刑務所(熊本市中央区)が施設の一部を開放し、地震で被災した近隣住民を受け入れている。

 法務省によると、17日朝までに、一時最大で約280人を受け入れたという。現在も、近隣の刑務所や法務局などの関係施設から食料や飲料水などの物資が集まっており、同省幹部は「水や食料にはまだ余裕があり、今後も避難者への対応を続けていく」と話している。

 法務省によると、同刑務所には益城町で震度7を観測した翌日の15日夜から、近隣住民が避難のために集まり始めたため、職員用の武道場などを開放し、食事や飲料水を提供したという。

 17日現在で491人の受刑者を収容している熊本刑務所には、元々、受刑者と職員の1週間分の備蓄があったほか、近隣県の刑務所や法務局からは非常食や飲料水などの物資が送付されるなど、約2万食分の備蓄が確保できているという。

« 熊本・震度7の地震に関するニュース・28 | トップページ | 熊本・震度7の地震に関するニュース・30 »

ニュース」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/63507207

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本・震度7の地震に関するニュース・29:

« 熊本・震度7の地震に関するニュース・28 | トップページ | 熊本・震度7の地震に関するニュース・30 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31