« 熊本・震度7の地震に関するニュース・12 | トップページ | 熊本・震度7の地震に関するニュース・14 »

2016年4月16日 (土)

熊本・震度7の地震に関するニュース・13

引き続き、熊本県で4月14日および16日に発生した、震度6強~7の地震に関するニュースを伝達します。

リンク:<熊本地震>被災地への支援活動が活発化 関西 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本地震>伊方原発、異常なし 停止中の1~3号機 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本地震>2万人態勢へ 自衛隊、警察、消防の派遣増強 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本地震 16日未明のM7・3が「本震」、28時間前は「前震」だった 気象庁「予測困難」と釈明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本地震>「きしむような音」…関西でも揺れ未明の本震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本県「少なくとも16人死亡」…未明M7・3 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<阿蘇山>小規模噴火 気象庁、地震と関連なし - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本地震 熊本の3町村で11人、土砂崩れに巻き込まれる - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:九州、大雨や土砂災害警戒=西日本や北陸、暴風高波も―気象庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:阿蘇山、ごく小規模噴火 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本地震の被災者支援に万全=麻生財務相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本地震>被災範囲が広く「情報錯綜」 表情険しい各省庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本、大分で通信障害=停電や回線切断―携帯3社 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本地震>夜から大雨に「土砂災害を警戒」「早めに避難」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安倍首相、地震対応優先し北海道への応援遊説を中止 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本地震 熊本と菊池市で震度6弱 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本地震 熊本県阿蘇で震度4 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本地震>前のは前震、今度は本震 被害が拡大の益城町 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:阿蘇山で小規模噴火、目立った異常はなし - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本地震>熊本県菊池市で震度6弱 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本地震>本震に「とにかく落ち着け」響く県庁職員の怒声 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本地震 大分県中部で震度3 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:阿蘇神社の楼門全壊=重文「地元のシンボル」―熊本 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:〔地震〕熊本県菊池市で震度6弱、津波の心配なし - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:阿蘇山が小規模噴火 「地震との関連は不明」と気象庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:半壊の市役所、道路も寸断=陸自ヘリ上空映像―熊本地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:斜面崩れJR豊肥線のレール流失…南阿蘇村 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本地震 下敷きになった東海大生は友人の手を握りしめた 10人以上が生き埋めとなったアパート - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本地震で8カ月赤ちゃん救出、がれきの下に6時間 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「日本三名城」熊本城が無残な姿 瓦落ち、石垣崩落 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:剣豪宮本武蔵の史跡は無事 熊本市・泰勝寺跡 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本地震>未明の「本震」、主な各地の震度 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本地震>九州の高速道寸断 各地で通行止め - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:土砂崩落、橋落下…高速道など通行止め - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

<熊本地震>被災地への支援活動が活発化 関西
毎日新聞 4月16日(土)10時54分配信

 熊本、大分両県を中心に16日未明から相次ぐ地震を受け、関西でも同日早朝から、被災地への支援活動が活発化した。

 各消防機関は総務省消防庁の要請を受け、緊急消防援助隊を熊本県に相次いで派遣した。大阪市消防局は午前5時55分から、隊員80人とヘリコプター1機、消防車両21台を向かわせ、東大阪市消防局も隊員9人と消防車両2台を出動させた。兵庫県内は神戸市消防局などから172人が出発した。

 災害派遣医療チーム(DMAT)は午前6時から、国立病院機構大阪医療センター(大阪市中央区)や大阪大医学部付属病院(大阪府吹田市)など大阪府内の医療機関計16カ所から派遣された医師ら計約80人を順次、熊本県に向かわせた。

 関西広域連合は、建物の被害を判定する家屋被害認定士8人を被災地に出した。熊本県庁に14日深夜から派遣した職員から仮設トイレ1200基を送るよう報告があり、各府県から調達する準備を始めた。【山下貴史、石川貴教、神足俊輔】


<熊本地震>伊方原発、異常なし 停止中の1~3号機
毎日新聞 4月16日(土)10時50分配信

 16日未明から熊本県を震源とする強い地震が相次いだことを受け、愛媛県と四国電力は同日、停止中の伊方原発1~3号機(同県伊方町)に異常はなかったと発表した。

 16日午前1時25分ごろ発生した地震で、伊方町では震度4、隣接する同県八幡浜市で震度5弱を観測した。【橘建吾】


<熊本地震>2万人態勢へ 自衛隊、警察、消防の派遣増強
毎日新聞 4月16日(土)10時48分配信

138
生き埋めになった人の救出作業をする警察官ら=熊本県益城町で2016年4月16日午前8時15分、宮武祐希撮影

 ◇防衛省が陸海空3自衛隊混成の「統合任務部隊」

 政府は16日、地震被害の拡大を受け、救助などにあたる自衛隊、警察、消防の派遣を増強することを決めた。自衛隊はこれまでの2000人規模から同日中に1万5000人規模に増やし、17日にも2万人態勢にする。

 防衛省は16日未明、陸海空3自衛隊による「統合任務部隊」を編成した。災害派遣での同部隊設置は東日本大震災、伊豆大島土砂災害に続き3例目。陸自西部方面総監部に指揮系統を一元化する。

 また、現在1800人規模の警察官の派遣隊を約1250人増員。消防も派遣要員を倍増し、2700人規模にする。医療チームの増強も準備している。

 安倍晋三首相は16日午前、この日2回目の非常災害対策本部会議で「今夜から九州地方では天候の悪化が予想され、土砂崩れなど2次被害も懸念される。日中が勝負だ」と述べ、迅速な救助活動を指示した。首相は同日予定していた熊本県の被災現場の視察を中止し、17日の衆院北海道5区補選応援も見送った。【松井豊、町田徳丈】


熊本地震 16日未明のM7・3が「本震」、28時間前は「前震」だった 気象庁「予測困難」と釈明
産経新聞 4月16日(土)10時46分配信

150
(上)16日未明の地震で熊本県道の橋が崩れ、ふさがれた九州自動車道=緑川パーキングエリア付近 (下)土砂崩落でふさがれた道路=大分自動車道の湯布院IC-日出JCT(国土交通省提供)(写真:産経新聞)

 16日未明に熊本県で起きたマグニチュード(M)7・3の地震は熊本地震の余震ではなく、一連の地震活動で最も規模が大きい「本震」だった。気象庁は28時間前に起きた熊本地震は「前震」だったと訂正。「予測は困難だった」と会見で釈明した。

 地震活動は最初に本震が発生し、その後に小規模の余震が続くことが多い。気象庁は今回もこのケースとみていたが、M6・5の熊本地震はいわば前触れにすぎなかった。M7・3は阪神大震災と同規模で、エネルギーの大きさは熊本地震の約16倍に及ぶ。

 なぜ“主役”の本震が控えていることを見抜けなかったのか。会見した気象庁の青木元・地震津波監視課長は「ある地震が起きたとき、さらに大きな地震が起きることをその場で予測するのは地震学上、非常に難しい」と説明した。

 前震を事前に把握できれば地震予知にもつながるが、本震が起きた後でないと分からないのが実情だ。東日本大震災でもM9・0の巨大地震の2日前に、震源の北東側でM7・3の前震が起きていたことが後に判明した。

 16日未明の地震を本震と判断した理由について気象庁は、熊本地震の余震域で発生したことや、熊本地震の規模が日(ひ)奈(な)久(ぐ)断層帯の地震想定と比べてやや小さかったことを挙げた。

 もっと大きな地震が起きる恐れはないのか。青木課長は「この付近の活断層の地震はM7級と想定されており、それ以上は考えにくい」と述べた。

 16日未明の地震は、日奈久断層帯と交差する布(ふ)田(た)川(がわ)断層帯のやや北側で発生した。気象庁は2つの断層帯との関係は不明としている。


<熊本地震>「きしむような音」…関西でも揺れ未明の本震
毎日新聞 4月16日(土)10時43分配信

 16日午前1時25分ごろに熊本県で発生した最大震度6強の地震は、大阪市内の一部や兵庫県尼崎市など関西でも震度3を観測した。大阪市中心部では発生時、高層ビルが大きく横揺れし、数分にわたって円を描くような揺れが続いた。

 震度2を観測した神戸市東灘区の高層マンションでも横揺れを感じた。住人の薬剤師の女性(48)は「布団で寝ていたら、きしむような音が聞こえた。すぐに起きたが、照明のひもがぐるぐる回っていた」と話した。【黄在龍】


熊本県「少なくとも16人死亡」…未明M7・3
読売新聞 4月16日(土)10時41分配信

149
強い揺れで大規模に崩落した阿蘇大橋付近の山の斜面。右下には多くの学生が下敷きとなったアパートがある(16日午前7時34分、熊本県南阿蘇村で、読売ヘリから)=中司雅信撮影

 16日午前1時25分頃、熊本県熊本地方を震源とする地震が発生し、熊本市中央区や南阿蘇村、菊池市などで震度6強を観測した。

 大分県別府市では震度6弱、福岡県久留米市、佐賀市などで震度5強を記録。気象庁によると、震源の深さは約12キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は7・3と推定される。同庁は、14日に震度7を観測したM6・5の熊本地震は「本震」に先立つ「前震」で、今回が本震とみられると発表した。その後も、震度6強などの強い地震が断続的に発生し、震源は大分県にも拡大。熊本県は、少なくとも16人が死亡したと発表し、一連の地震での死者は計25人になった。

 M7・3は1995年の阪神大震災と同規模。14日夜以降に周辺で起きた震度1以上の地震は16日正午現在、260回に上る。気象庁は「今後1週間は震度6弱程度の余震に注意してほしい」としている。

 熊本県によると、16日午後1時現在、地震による県内の被害は、家屋の倒壊などによる生き埋めや下敷き、エレベーターなどでの閉じ込めが計160件、火災が9件に上っている。

 熊本市の済生会熊本病院には16日未明から約120人が搬送され、3人の死亡が確認された。同県南阿蘇村にある東海大農学部の学生アパートでは12人が一時下敷きになり、1人が死亡、1人が心肺停止との情報もある。警察庁によると、午前9時までに同村と益城(ましき)町で倒壊した家屋などから31人の男女を救助したが、1人が心肺停止の状態という。

 国土交通省によると、熊本県南阿蘇村では大規模な斜面崩落が発生。付近にある「阿蘇大橋」が崩落した。並走しているJR豊肥線はレールが押し流され、運転を休止した。

 九州新幹線は、16日も引き続き博多―鹿児島中央間の上下線で運休。熊本空港ではターミナルビルで天井の一部が崩落し、航空会社6社は同空港を発着する全便の終日欠航を決めた。九州自動車道を含む高速道路7区間、国道13区間、県道53区間などが土砂崩れなどにより通行止めとなった。

 経済産業省によると、16日未明、熊本、大分、宮崎の3県で最大約45万5200戸が停電。熊本市周辺の約10万戸では都市ガスが供給できなくなった。

 16日午前8時半頃には熊本県・阿蘇山でごく小規模な噴火があったが、気象庁によると、火山活動に特段の変化はないという。

 政府は、3100人を派遣している自衛隊員を16日中に1万5000人に増員し、17日には2万人とする方針を決定した。


<阿蘇山>小規模噴火 気象庁、地震と関連なし
毎日新聞 4月16日(土)10時38分配信

148
噴煙を上げる阿蘇山=熊本県阿蘇村で2016年4月16日午前8時41分、本社機「希望」から梅村直承撮影

 気象庁によると、16日午前8時半ごろ、熊本県の阿蘇山・中岳第1火口で小規模な噴火があり、噴煙が火口から約100メートルまで上がった。同庁は噴火警戒レベル2(火口周辺規制)を維持している。

 気象庁火山課は「(16日未明に同県で起こったマグニチュード7.3の)地震との関連を明確に示すデータは得られていない」としている。

 火山噴火予知連絡会副会長の石原和弘・京都大名誉教授(火山物理学)は「阿蘇山は地震前から噴火活動が続いており、このところの火山性微動のデータを見ていても、活発化する要因が見当たらない。今のところは、たまたま同じ地域で地震と噴火が重なったと見ていいと思う」と話した。【五十嵐和大】


熊本地震 熊本の3町村で11人、土砂崩れに巻き込まれる
産経新聞 4月16日(土)10時33分配信

 熊本県災害対策本部によると、同県の南阿蘇村と西原村、益城町の3町村で、計11人が土砂崩れに巻き込まれたとの情報がある。安否について同本部で確認を進めている。


九州、大雨や土砂災害警戒=西日本や北陸、暴風高波も―気象庁
時事通信 4月16日(土)10時33分配信

 気象庁は16日、西日本や北陸では同日夜から17日にかけて暴風や高波に警戒するよう呼び掛けた。

 九州では非常に激しい雨が降る恐れがあり、地震が多発している熊本県などでは17日未明から明け方にかけて大雨が予想される。同庁は土砂災害に警戒を呼び掛けた。

 前線を伴う低気圧が発達しながら、17日朝に日本海、同日夜に北日本(北海道と東北)に進むとみられる。17日午前6時までの24時間雨量は熊本県や大分県を含む九州北部が150ミリ、九州南部が120ミリと予想される。九州北部ではその後、18日午前6時までの24時間雨量が約50ミリの見込み。

 九州北部と四国、近畿、北陸では、17日にかけての最大瞬間風速が30~35メートル、波の高さが5メートルと予想される。突風や落雷に注意が必要。


阿蘇山、ごく小規模噴火
時事通信 4月16日(土)10時26分配信

 気象庁は16日、熊本県の阿蘇山で、ごく小規模な噴火が起きたと発表した。

 同日午前8時半に確認した。噴煙の高さは火口から100メートルで、同県などで続く地震との関連は不明という。

 気象庁の青木元・地震津波監視課長は記者会見で、「特段の変化は見られない」と述べた。


熊本地震の被災者支援に万全=麻生財務相
時事通信 4月16日(土)10時26分配信

 【ワシントン時事】麻生太郎財務・金融相は15日、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議閉幕後の記者会見で、熊本地震への対応について「熊本県内の金融機関には預金の払い戻しなどで柔軟な取り扱いを要請した。被災者支援に万全を期したい」と語った。


<熊本地震>被災範囲が広く「情報錯綜」 表情険しい各省庁
毎日新聞 4月16日(土)10時25分配信

147
地震で大規模に崩落した現場=熊本県南阿蘇村で2016年4月16日午前7時32分、本社ヘリから矢頭智剛撮影

 16日未明から熊本県を中心に続く地震。被害の大きさが明らかになるにつれて、各省庁関係者の表情も険しさを増した。

 16日午前4時45分、警察庁19階記者会見室。警察庁は急きょ、記者を集めて状況説明を行った。「死者は出ているのか」「けが人は」。矢継ぎ早に質問が続いたが、本震発生から3時間程度しか経過しておらず、担当職員は手元の資料に目を落としながら「確認中」と繰り返すだけ。14日に発生した地震よりも被災範囲が広く、「情報が錯綜(さくそう)している」とも述べた。

 石井啓一国土交通相は16日朝から熊本県益城町に入り、現地を視察する予定だったが、急きょ中止した。同日未明の地震で土砂崩れや道路の陥没などが多数発生し、国交省職員は徹夜で対応に追われた。16日午前8時から報道陣に被災状況を説明したが、慌ただしい雰囲気。道路の通行止めや土砂崩れ、交通網に関する質問が相次いだが、職員は「現地の状況が確認できていない」と繰り返す場面が目立った。

【川上晃弘、曽田拓】


熊本、大分で通信障害=停電や回線切断―携帯3社
時事通信 4月16日(土)10時23分配信

 NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの携帯電話大手3社は16日、熊本地震の影響で熊本、大分両県の一部地域で通信障害が発生していると発表した。

 停電や通信回線の切断により通話やデータ通信ができないなどの状況が生じている。復旧のめどは立っていない。

 通信障害の範囲は、熊本県の阿蘇市と南阿蘇村を中心に、大分県内ではドコモが日田市、KDDIが由布市と九重町、ソフトバンクが九重町に及んでいる。


<熊本地震>夜から大雨に「土砂災害を警戒」「早めに避難」
毎日新聞 4月16日(土)10時21分配信

146
地震で壊れた屋根をブルーシートで覆う人たち=熊本県益城町で2016年4月15日午後2時35分、本社ヘリから矢頭智剛撮影

 熊本県は16日夜から17日にかけて大雨となる見通しで、気象庁は16日午後6時からの24時間雨量を多いところで100~150ミリと予想。地震で地盤が緩んでいる地域もあり、土砂災害への懸念が指摘されている。被災地に雨がもたらす危険性や避難生活での心構えを専門家に聞いた。

 熊本地方気象台によると、被害の大きい益城町の南部には山地があり、「大雨にならなくとも土砂災害が発生しやすい状況」にあるという。梅雨のように激しい雨が長時間続く可能性は低いが、山地付近に雨雲が停滞すれば土石流などにつながることも考えられる。

 被災地では土砂災害警戒情報、警報、注意報の発表基準を通常より下げて運用するという。担当者は「気象情報に注意し、被災家屋などでは、ぬれては困るものをブルーシートで覆うなど、早めの雨対策を進めてほしい」と話した。

 被災地支援のため現地入りしている一般社団法人「九州防災パートナーズ」の藤澤健児・代表理事(52)は、「土砂崩れの不安がある地域や家屋に被害がある場合などは無理に自宅にとどまらず、雨が降り出す前に早めに避難してほしい」と呼び掛ける。

 藤澤さんによると、被災直後は屋外で過ごす人もみられたが、雨をしのげる場所に行政が順次誘導している。一方で、車で過ごす被災者もおり、「被災者にとってボランティアが入るまでの今が一番厳しい状況。エコノミークラス症候群や脱水症状に陥らないよう、こまめに体を動かしたり水分を補給したり、声を掛け合って自己管理してほしい」と話す。【林由紀子】


安倍首相、地震対応優先し北海道への応援遊説を中止
日刊スポーツ 4月16日(土)10時21分配信

 安倍晋三首相が17日に予定していた、衆院北海道5区補選(24日投開票)の自民党候補への応援遊説が、中止されることになった。16日午前、候補者の和田義明氏(44)の陣営が、発表した。

 16日未明、熊本県を中心に再び大規模な地震が起き、断続的に余震が続いていることから、地震への対応を優先するためとみられる。

 首相は、この日予定していた熊本県での被災地視察も見送り、東京で対応に当たっている。

 首相は当初、17日に北海道入りし、道内5カ所で街頭演説をする予定だった。候補者の遊説は予定通り行われる。


熊本地震 熊本と菊池市で震度6弱
産経新聞 4月16日(土)10時18分配信

145
熊本地震 益城町役場庁舎外で朝を迎えた避難者ら=16日午前7時1分、熊本県益城町(安元雄太撮影)(写真:産経新聞)

 16日午前9時48分ごろ、熊本県熊本と同菊池市で震度6弱を記録する地震があった。震源は熊本県熊本地方で、震源の深さは約10キロ、地震の規模はマグニチュード(M)5・4と推定される。この地震による津波の心配はない。

 各地の震度は次の通り。

 震度6弱=熊本県熊本、菊池市(熊本)▽震度5弱=玉名市、合志市、大津町、菊陽町、美里町(熊本)▽震度4=熊本県阿蘇、大分県西部


熊本地震 熊本県阿蘇で震度4
産経新聞 4月16日(土)10時17分配信

 16日午前9時16分ごろ、熊本県阿蘇で震度4を観測する地震があった。震源は熊本県熊本地方で、震源の深さは「ごく浅い」、地震の規模を示すマグニチュード(M)は4・5と推定される。この地震による津波の心配はない。

 各地の震度は次の通り。

 震度4 熊本県阿蘇、熊本県熊本、南阿蘇村、八代市、宇城市  

 震度3 熊本県天草・芦北、産山村、阿蘇市、玉名市、山鹿市、熊本美里町、氷川町、熊本西区、熊本南区、熊本北区、上天草市


<熊本地震>前のは前震、今度は本震 被害が拡大の益城町
毎日新聞 4月16日(土)10時16分配信

144
倒壊した家屋で捜索する救急隊員ら=熊本県益城町で2016年4月16日午前7時47分、久保玲撮影

 14日夜の最初の地震で最も大きな揺れを観測した熊本県益城町。16日午前1時25分ごろ、熊本県熊本地方で発生した最大震度6強の地震は、14日以降に続く地震の「本震」と気象庁から発表された。この地震で、さらに被害が拡大。倒壊する建物が増え、道路に大きなひびが入り、各所が通行止めになった。

 同町の西村正敏さん(88)と美知子さん(82)夫妻は、同居する孫の洋介さん(38)と一緒に、倒壊した自宅の下敷きに。洋介さんは月明かりを頼りに何とか外に出られたが、夫妻は約6時間後に遺体で見つかった。洋介さんは「『痛い、動けない』と言う祖母の姿が見えた」と話し、救出できなかった無念ををかみしめた。

 一方、同町の田上信弘さん(60)は妻さつきさん(55)とともに自宅の下敷きに。警察官らが「あと少し頑張って」と声をかける中、救出作業が続けられ、約5時間後に2人とも無事助けられた。救助活動を見守った長男の智士さん(29)は「絶望しかけていたが、無事でよかった」と涙ぐんだ。【深津誠、岩崎邦宏】


阿蘇山で小規模噴火、目立った異常はなし
読売新聞 4月16日(土)10時15分配信

143
噴煙を上げる阿蘇中岳火口(16日午前、熊本県阿蘇市で、読売ヘリから)=中司雅信撮影

 16日午前8時半頃、阿蘇山でごく小規模な噴火があった。

 しかし、気象庁火山課によると、九州の火山で目立った異常はなく、火山の専門家も「地震による火山への影響は考えにくい」としている。

 九州地方には17の活火山があり、気象庁はこのうち、阿蘇山や桜島など9火山を24時間体制で常時監視している。一連の地震の震源に最も近いのは阿蘇山で、現在は噴火警戒レベル2(火口周辺規制)が継続中。小規模噴火はときおり発生しており、火口から1キロ・メートルの範囲の立ち入りが禁止されている。

 阿蘇地方では16日午前3時55分にマグニチュード5・8の地震が発生したが、火山噴火予知連絡会の石原和弘副会長(京都大名誉教授)は「観測データに目立った変化はなく、立ち入り禁止となっている範囲の外に被害が及ぶような噴火が起きる兆候はない」と影響を否定している。

 防災科学技術研究所の藤田英輔・総括主任研究員(火山物理学)は「地震が、火山の地下にあるマグマだまりにかかる力に何らかの影響を与えた可能性はあるものの、急に規模の大きな噴火につながることはないだろう」と話す。一方で、余震や誘発地震が活発化しているため、藤田氏は「今後、さらに新たな地震が起きることで状況が変わる可能性があり、警戒を続けないといけない」と指摘した。


<熊本地震>熊本県菊池市で震度6弱
毎日新聞 4月16日(土)10時15分配信

 16日午前9時48分ごろ、熊本県菊池市で震度6弱の地震があった。気象庁によると、震源地は熊本地方で、震源の深さは約10キロ。地震の規模を示すマグニチュード(M)は5.4と推定される。同県玉名市などでは震度5弱の地震が観測された。この地震による津波の心配はないという。

 主な各地の震度は次の通り。

 ▽震度6弱=熊本県菊池市▽震度5弱=玉名市、大津町、菊陽町、美里町、合志市▽震度4=南阿蘇村、八代市、西原村、嘉島町、甲佐町、宇城市、山都町、和水町、熊本市、大分県日田市


<熊本地震>本震に「とにかく落ち着け」響く県庁職員の怒声
毎日新聞 4月16日(土)10時9分配信

142
町役場前で毛布にくるまりながら夜を明かした避難者たち=熊本県益城町で2016年4月16日午前6時15分、宮武祐希撮影

 「落ち着け。とにかく落ち着け」。16日午前1時25分ごろ、熊本県熊本地方で発生した最大震度6強の地震は、14日以降に続く地震の「本震」と気象庁から発表された。熊本市の熊本県庁10階に設けられた災害対策本部では16日未明、余震による県内の被害が次々に入り、職員の怒声が響いた。

 熊本市は前夜よりはるかに強い揺れに見舞われた。熊本市西区では鉄筋コンクリート造7階建てのマンションが崩落し、1階の駐車場部分が押しつぶされた。1階の飲食店を経営する森田康敬さん(40)は閉店後の片付け中に地震に見舞われ、急いで外に出て助かった。「余震が続いて揺れに慣れていたのかもしれない。あのままつぶされていたら」

 地震直後から多くの住民が自宅近くの公園や自家用車に避難し、一夜を明かした。同市中央区の緑地公園には16日未明、住民らが続々と集まり、身を寄せ合った。近くに住む佐藤ひろみさん(67)は「前日からほとんど寝ていない。地震が落ち着くよう祈るだけ」。同区の会社員女性(26)は「とにかく怖い」と公園で毛布を頭からかぶり、「今日の揺れの方がずっと強い。熊本は大丈夫なんでしょうか」と不安げな表情を見せた。

 避難所になった熊本市立砂取小(同市中央区)でも近隣住民が集まった。体育館で収容しきれず、一部校舎も開放。避難した20代の女性は「いつまで続くの、もう嫌」と校庭で大声で泣き崩れ、周囲の住民らに慰められていた。【深津誠、原田悠自】


熊本地震 大分県中部で震度3
産経新聞 4月16日(土)10時4分配信

 16日午前9時2分ごろ、大分県中部で震度3を観測する地震があった。震源は大分県中部で、震源の深さは約10キロ。地震の規模を示すマグニチュード(M)は3・0と推定される。この地震による津波の心配はない。

 各地の震度は次の通り。

 震度3 大分県中部、別府市


阿蘇神社の楼門全壊=重文「地元のシンボル」―熊本
時事通信 4月16日(土)10時0分配信

 熊本県阿蘇市の阿蘇神社では、16日未明のマグニチュード7.3の地震の影響で、国の重要文化財「楼門」と拝殿が全壊し、神殿3棟も一部損壊した。

 文化庁によると、楼門や神殿は江戸時代末期の再建で、2007年に重文に指定された。楼門は「日本三大楼門」の一つとされる。


〔地震〕熊本県菊池市で震度6弱、津波の心配なし
レスキューナウニュース 4月16日(土)10時0分配信

気象庁によると、16日09:48頃、熊本県熊本地方を震源とするM5.4の地震があり、熊本県菊池市で震度6弱の揺れを観測しました。
この地震による津波の心配はありません。

■発生事象
発生日時 :4月16日09:48頃
震源地  :熊本県熊本地方(北緯32.9度、東経130.8度)
震源の深さ:約10km
地震の規模:M5.4(推定)

■震度3以上が観測された市町村(*印は気象庁以外の震度観測点)
【震度6弱】
熊本県:菊池市旭志*
【震度5弱】
熊本県:玉名市天水町*、大津町引水*、大津町大津*、菊陽町久保田*、熊本美里町永富*、合志市竹迫*
【震度4】
熊本県:南阿蘇村中松、南阿蘇村河陰*、八代市坂本町*、玉名市横島町*、菊池市隈府*、菊池市泗水町*、西原村小森*、嘉島町上島*、甲佐町豊内*、熊本美里町馬場*、宇城市松橋町、宇城市不知火町*、宇城市小川町*、宇城市豊野町*、山都町下馬尾*、合志市御代志*、和水町江田*、熊本中央区大江*、熊本東区佐土原*、熊本西区春日、熊本南区城南町*、熊本南区富合町*、熊本北区植木町*
大分県:日田市中津江村栃野*
【震度3】
熊本県:南小国町赤馬場*、熊本小国町宮原*、産山村山鹿*、熊本高森町高森*、阿蘇市一の宮町*、阿蘇市波野*、阿蘇市内牧*、八代市平山新町、八代市泉町、八代市松江城町*、八代市千丁町*、八代市鏡町*、八代市東陽町*、八代市泉支所*、荒尾市宮内出目*、玉名市中尾*、玉名市岱明町*、山鹿市老人福祉センター*、山鹿市菊鹿町*、山鹿市鹿本町*、山鹿市鹿央町*、山鹿市鹿北町*、山鹿市山鹿*、菊池市七城町*、玉東町木葉*、南関町関町*、長洲町長洲*、宇城市三角町*、山都町大平*、山都町今*、氷川町島地*、氷川町宮原*、人吉市西間下町、人吉市蟹作町*、山江村山田*、芦北町芦北、津奈木町小津奈木*、上天草市大矢野町、上天草市松島町*、天草市五和町*
大分県:津久見市宮本町*、佐伯市春日町*、佐伯市鶴見*、佐伯市上浦*、日田市前津江町*、日田市上津江町*、日田市田島*、竹田市直入町*、九重町後野上*
福岡県:福岡空港、福岡中央区大濠、福岡南区塩原*、福岡西区今宿*、北九州若松区桜町*、飯塚市立岩*、飯塚市長尾*、赤村内田*、久留米市津福本町、久留米市小森野町*、久留米市城島町*、久留米市北野町*、柳川市三橋町*、柳川市本町*、八女市吉田*、八女市黒木町今*、八女市立花町*、八女市矢部村*、八女市星野村*、八女市本町*、大川市酒見*、大刀洗町冨多*、大木町八町牟田*、福岡広川町新代*、筑前町篠隈*、東峰村宝珠山*、朝倉市杷木池田*、みやま市瀬高町*、みやま市高田町*
佐賀県:佐賀市川副*、佐賀市久保田*、上峰町坊所*、白石町福田*、白石町福富*、白石町有明*、小城市芦刈*、神埼市千代田*
長崎県:諫早市多良見町*、諫早市森山町*、島原市有明町*、雲仙市国見町、雲仙市小浜町雲仙、南島原市深江町*
宮崎県:延岡市北川町川内名白石*、椎葉村総合運動公園*、椎葉村下福良*、高千穂町三田井、高千穂町寺迫*、宮崎美郷町田代*、国富町本庄*、小林市真方
鹿児島県:長島町獅子島*、長島町伊唐島*、霧島市横川町中ノ*、伊佐市菱刈前目*


阿蘇山が小規模噴火 「地震との関連は不明」と気象庁
産経新聞 4月16日(土)9時59分配信

 16日午前8時半ごろ、熊本県の阿蘇山が小規模噴火した。気象庁によると、噴煙の高さは約100メートル。

 気象庁は「一連の地震との関連は不明」としている。


半壊の市役所、道路も寸断=陸自ヘリ上空映像―熊本地震
時事通信 4月16日(土)9時59分配信

 半壊した市役所、寸断された道路。

 16日未明に熊本市などで観測された震度6強の地震。発生直後に陸上自衛隊のヘリコプターが離陸し、甚大な被害が発生した現場上空の映像を撮影した。

 半壊した熊本県宇土市役所では、ベランダに面する白い外壁がほとんど剥がれ落ち、周辺に散らばっているのが確認された。市役所の正面玄関では自衛隊車両が複数台止まっていた。

 阿蘇大橋が崩落した南阿蘇村上空では、山の斜面で大規模な土砂崩れが発生。大量の土砂で道路が寸断されていた。また、山の麓にかけて土砂が流れ込み、複数の家屋が倒壊。周辺の至るところで建物が壊れている様子が見られた。


斜面崩れJR豊肥線のレール流失…南阿蘇村
読売新聞 4月16日(土)9時57分配信

141
崩壊した阿蘇大橋付近で寸断された豊肥線の線路(16日午前6時25分、熊本県南阿蘇村で、読売ヘリから)=中司雅信撮影

 熊本地震の影響で、国土交通省によると、熊本県南阿蘇村で斜面が崩壊した。

 土砂が流入した国道57号線は通行止めとなり、並走するJR豊肥線はレールが流失し運転を休止している。


熊本地震 下敷きになった東海大生は友人の手を握りしめた 10人以上が生き埋めとなったアパート
産経新聞 4月16日(土)9時55分配信

140
倒壊したアパートの一階からクルマのライトなどをあて、生き埋めと成った友人たちの救助活動を行う東海大学農学部の学生たち=16日午前、熊本県南阿蘇村(早坂洋祐撮影)(写真:産経新聞)

 救出してくれた友人の手を強く握った男子大学生、「友達も助かって」と祈る中国人留学生-。16日午前1時25分ごろに発生した地震で、震度6強の激しい揺れに襲われた熊本県南阿蘇村では2階建てアパートの1階部分が崩壊、近くにある東海大学阿蘇キャンパスの学生ら計10人以上が下敷きとなった。消防隊員や難を逃れた男子学生らは、激しく変形したアパートで必死の救助活動を続けた。

 地震発生から約3時間半が経過した午前6時前。アパート1階で就寝中だったという同大農学部3年の鷲頭朋之さん(21)は、救出活動にあたっていた消防隊員に抱きかかえられるようにして、天井と床のわずかな隙間から救出された。すぐに毛布にくるまれ路上に横たわる。

 「大丈夫か」。胸を負傷し、苦しげな表情を浮かべる鷲頭さんのもとに、救出活動に加わった友人らが駆け寄ってきた。鷲頭さんは右手で胸を押さえながら、左手で友人らの手をしっかりと握りしめる。「天井に挟まれて動けなくなった。でも、外からの友人の声に励まされた」。痛みに耐えながら絞り出したその声には、友への感謝と安堵が感じられた。

 同学部1年の梁嘉玲(りょう・かれい)さん(19)は相次ぐ地震に恐怖を感じ、眠れないまま部屋で友人4人と話をしている最中に、激しい揺れを感じた。「最初に床が抜け、次に天井が落ちてきた」。偶然、こたつテーブルが支えになり、天井と床の間にスペースができたため、押し潰されずに救出を待つことができた。

 しかし、一緒にいた友人は安否不明のまま。「絶対出られる、絶対助かると思っていたが…怖かった。友達も早く救出されてほしい」と祈った。

 同大農学部4年の女性(22)は、1階の自室のベッドで寝ている最中に地震に遭遇した。起き上がろうとしたが、気づいたときには天井や壁がすぐ目の前に迫っていた。そこで初めて生き埋めになったことを知った。

 残された狭い空間で、前屈みの姿勢を強いられたまま救助を待った。救出の手が差し伸べられたのは午前6時ごろ。「5人くらいの助けを求める声が聞こえた。みんなで『頑張ろう』と大きな声で励まし合いながら耐えていた」。救助隊から渡された毛布に身をつつみ、震える声でこう話すと、救助活動を心配そうな表情で見守った。


熊本地震で8カ月赤ちゃん救出、がれきの下に6時間
日刊スポーツ 4月16日(土)9時55分配信

 震度7の大地震に見舞われた熊本県益城町(ましきまち)で、生後8カ月の赤ちゃんが奇跡的に救われた。14日午後9時26分の地震発生から約6時間後の15日午前3時46分ごろ、崩れた木造2階建ての家屋の下から女児が無事、助け出された。相次ぐ余震で倒壊が進行する中、警察、消防ら50人以上が命がけの救助活動を展開。崩れ落ちた太い梁(はり)のわきにできた小さな隙間で女児を発見、屋根を切り開いて救助した。

 奇跡の救出劇から15時間が経過した15日夕方、生後8カ月の女児は母親に抱かれて、スヤスヤと眠っていた。時折ほおを膨らませると、安心しきったように母の左胸に顔をうずめた。

 地震発生時、仕事だった父親を除く女児の家族は益城町の母親の実家にいた。母親によると、女児を1階の部屋で午後9時に寝付かせた後、台所にいた時に地震が発生。ドーンという音とともに縦から横へと激しく揺れ、天井の梁と2階の床が落ちてきた。母親は女児の元に走ったが間に合わず、4歳の兄、祖父母、叔母と何とか脱出。同9時43分に110番通報し、同10時半に警察、消防隊員ら50人以上が駆けつけた。

 家は築65年の木造住宅。余震のたびに倒壊が進み、深夜0時3分の余震で2階部分がさらに崩れ落ちた。家族が見守る中、救援隊は話し合いを続けた。「内部に入らせてください」。熊本市消防局東消防署特急隊の小森博文(42)古田祐一(39)両隊員の決死の申し出に、渡辺秀典大隊長(56)は「1回の進入は5分間」とタイムリミットを区切り捜索の指示を出した。

 両隊員は倒壊した家屋の側面の、ひし形の隙間に進入。5分ごとに脱出しては、家具の位置を家族に伝え女児の寝ていた位置を探った。3回目の進入で、がれきに押しつぶされた太い梁の下に小さな水色の布団を発見。梁の向こう側は見渡せなかったため、両隊員は屋根に上り、瓦をどけて屋根をチェーンソーで切り開いた。

 がれきを約1・5メートル掘り進めた午前4時前。水色の布団が見えた。「子どもの声が聞こえたぞ」。布団の端に乗った梁の脇にできた、わずかな隙間の中で赤ちゃんが体を動かしていた。がれきの中から抱き上げられた白い寝間着姿の女児は、首を左右に動かして隊員を見ると、元気に両足を動かしたという。

 救急車の中で小さな愛娘と再会した母親は「(体に)触って、涙が出てきました」。検査を終え、午前5時におっぱいを飲ませた。「ゴクゴク飲んでいました。おなかがすいていたんだと思います」と笑みを浮かべた。

 奇跡的に命が救われた夜のことを、母親は将来、娘に伝えるつもりだという。「いろいろな人に助けてもらったことを、大きくなって分かるようになったら話して伝えたい」。その言葉が伝わったのか、女児は一瞬、母の胸にうずめた小さな顔を上げた。【村上幸将】


「日本三名城」熊本城が無残な姿 瓦落ち、石垣崩落
日刊スポーツ 4月16日(土)9時55分配信

 堂々とした天守閣で、「日本三名城」の1つといわれる熊本城が、地震で甚大な被害を受けた。熊本城総合事務所によると、「頬当御門」といわれる正門や天守閣の入り口周辺など、約6カ所の石垣が崩落。建物の壁がひび割れたほか、城の周辺を囲む国重要文化財の長塀が約100メートルにわたって崩れた。天守閣の上にあった2つの「しゃちほこ」も落下したとみられる。城の内部には豪華なしつらえで知られる本丸御殿があるが、余震の影響で城の中に入れず、内部の被害状況は確認できていない。

 加藤清正による築城から約400年。1889年(明22)7月に熊本で起きた地震で大きな被害が出たとされるが、具体的な記録は残っておらず、「ここまでの被害を、職員は目の当たりにしたことがない。どこから手を付ければいいのか」(担当者)。近く文化庁の担当者らとともに、本格的な被害の調査を始める。


剣豪宮本武蔵の史跡は無事 熊本市・泰勝寺跡
日刊スポーツ 4月16日(土)9時55分配信

 剣豪宮本武蔵の史跡は無事だった。熊本市内の立田自然公園内にある泰勝寺跡では、石塔7基が倒壊。しかし、同寺跡にある宮本武蔵の供養塔は倒れることなく、無事だった。

 寺は細川藩の墓所で、明智光秀の娘で細川忠興の妻だった細川ガラシャの墓もあるが、地震の被害はなかった。武蔵が60歳の時に「五輪書」を記したという熊本市西区の雲厳禅寺も「大きな揺れはありましたが、寺は岩盤の上に立っており、武蔵が五輪書を書くためにこもった霊厳洞も、石1つ落ちず無事でした」(馬場哲哉住職=60)という。


<熊本地震>未明の「本震」、主な各地の震度
毎日新聞 4月16日(土)9時52分配信

 熊本県熊本地方を震源に16日午前1時25分ごろ発生した「本震」の主な各地の震度は次の通り。

 震度6強=熊本市、熊本県菊池市、宇城市、合志市、大津町、南阿蘇村

 震度6弱=熊本県八代市、玉名市、上天草市、阿蘇市、天草市、美里町、和水町、菊陽町、御船町、山都町、氷川町、大分県別府市

 震度5強=熊本県山鹿市、南小国町、福岡県久留米市、柳川市、大川市、みやま市、佐賀市、佐賀県神埼市、大分県豊後大野市、日田市、竹田市、長崎県南島原市、宮崎県美郷町、高千穂町

 震度5弱=熊本県荒尾市、人吉市、水俣市、大分市、大分県臼杵市、佐伯市、福岡市、福岡県八女市、筑後市、佐賀県白石町、みやき町、長崎県諫早市、島原市、雲仙市、宮崎県延岡市、愛媛県八幡浜市、鹿児島県長島町


<熊本地震>九州の高速道寸断 各地で通行止め
西日本新聞 4月16日(土)9時36分配信

 16日午前9時10分現在の高速道路情報によると、地震の影響で下記各区間が通行止めとなっている。

■九州道
栗野IC―植木IC
宮崎道都城IC―えびのJCT

■大分道
大分米良IC―日田IC

■東九州道
日出JCT―安心院IC

■東九州道
佐伯IC―大分米良IC

■九州中央道
益城料金所―嘉島JCT
日出バイパス日出IC―速見IC

■南九州道
日奈久IC―八代JCT

■九州中央道(国)
小池高山IC―益城料金所

■南九州道(国)
津奈木IC―日奈久IC

=2016/04/16 西日本新聞=


土砂崩落、橋落下…高速道など通行止め
読売新聞 4月16日(土)9時34分配信

139
強い揺れで崩落した九州自動車道の陸橋(16日午前6時15分、熊本県甲佐町で)=泉祥平撮影

 熊本地震の影響で国土交通省によると、大分自動車道の湯布院インターチェンジ(IC)~日出ジャンクション(JCT)間で、土砂崩落があり、通行止めになっている。

 九州自動車道では緑川パーキングエリア付近で熊本県道の府領跨道橋が落橋しているほか、ひび割れや段差が多数見つかったため、古賀IC~栗野IC間(232キロ)が通行止めになっている。いずれも巻き込まれた車などは確認されていない。

 同省によると高速道路7区間、国道13区間、県道53区間で通行止めになっている。

 また熊本県御船町で土石流が、佐賀県武雄市、大分県日田市、熊本県の八代市、宇城市、大津町の計5か所で崖崩れが起きている。いずれも被害の状況は不明という。

« 熊本・震度7の地震に関するニュース・12 | トップページ | 熊本・震度7の地震に関するニュース・14 »

ニュース」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/63494026

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本・震度7の地震に関するニュース・13:

« 熊本・震度7の地震に関するニュース・12 | トップページ | 熊本・震度7の地震に関するニュース・14 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31