« 熊本・震度7の地震に関するニュース・10 | トップページ | 熊本・震度7の地震に関するニュース・12 »

2016年4月16日 (土)

熊本・震度7の地震に関するニュース・11

引き続き、熊本県で4月14日および16日に発生した、震度6強~7の地震に関するニュースを伝達します。

リンク:〔地震〕空の便:熊本空港ターミナルビル閉鎖 ANA・JAL全便欠航(16日7時現在) - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:川内原発は通常運転…玄海原発も異常なし - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本地震 中谷防衛相 自衛隊2万人態勢へ 実動部隊大幅増強 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本地震 安倍首相「最新情報を分かりやすく提供を」 非常災害対策本部 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本地震>自衛隊1.5万人態勢に拡充 17日中2万人に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本地震 安倍首相「支援部隊を大幅増強」 4回目の非常災害対策本部会議を開催 16日午前5時 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安倍首相 熊本視察中止へ 熊本地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本地震 「16日未明の大地震が本震」「今後1週間は最大震度6弱の余震に警戒を」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本地震>「生き埋め23件、閉じ込め53件」菅長官会見 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本地震・菅官房長官会見詳報 「各地で甚大な被害」「110番通報が相次ぐ」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本空港、運航不能=天井崩落でターミナル閉鎖 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:閉じ込め53件、生き埋め23件…官房長官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本地震 6強観測の地震 菅官房長官「甚大な被害発生しているもよう」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:あす17日にかけて大荒れ 熊本でも非常に激しい雨に厳重警戒 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:川内原発は運転継続=玄海、伊方、島根も異常なし―規制庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:高齢女性に心臓マッサージ=けが人や避難者続々―地震の中、熊本の病院 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:八代市のアパート火災で1人死亡…熊本地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:政府、救援部隊「最大限投入」…首相の視察中止 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:統合任務部隊を編成へ=自衛隊 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:自衛隊派遣、2万人規模に=政府 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本地震>16日未明のM7.3が「本震」 気象庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:激しい揺れ、何度も=ホテル床に亀裂、客避難―熊本市 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:〔地震〕鉄道:始発から運転見合わせなど九州で影響路線多数(16日7時現在) - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本で110番472件に…8人閉じ込め情報も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:気象庁、熊本のM7・3が一連の本震と発表 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:政府、官邸で非常災害対策本部会議開催へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:14日地震は前震=余震に注意呼び掛け―気象庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:東北、神戸から支援の動き=募金開始、「少しでも力に」―熊本地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:〔九州電力〕熊本県・大分県・宮崎県の16万軒超で停電(16日10時30分現在) - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本で震度6強、M7.3=阪神大震災級、6人死亡―阿蘇など負傷者多数 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:首相、被災地視察を中止…被害拡大受け - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本地震>菅官房長官が緊急会見 16日未明の地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<熊本地震>阿蘇地方で震度6強 午前3時55分 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:自衛隊派遣、2万人規模に=警察・消防も大幅増強―首相現地視察は中止・熊本地震 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

〔地震〕空の便:熊本空港ターミナルビル閉鎖 ANA・JAL全便欠航(16日7時現在)
レスキューナウニュース 4月16日(土)7時0分配信

気象庁によると、16日01:25頃、熊本県熊本地方を震源とするM7.3の地震が発生し、熊本県で震度6強など、九州地方の各地で強い揺れを観測しました。その後も強い地震が相次いで発生しています。
この地震により、熊本空港のターミナルビルは閉鎖となっており、ANA・JALなどは16日の同空港を発着する全便の欠航を決めています。航空各社では、利用者に最新の運航状況を確認するよう呼びかけています。

■運航への影響(遅延・欠航・条件付運航など)
<16日(土)>
【ANA】
全便欠航 :熊本発着便
【JALグループ】
全便欠航 :熊本発着便
影響可能性:鹿児島発着便
【SKY】
影響可能性:福岡、長崎、鹿児島発着便
【ソラシドエア】
全便欠航 :熊本発着便

■無手数料変更(振替)および払戻対応
【ANA】
15日~22日全便:福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島発着便
【JALグループ】
15日~22日全便:福岡、北九州、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島発着便
【SKY】
15日~22日全便:福岡、長崎、鹿児島発着便
【スターフライヤー】
15日~22日全便:福岡、北九州発着便
【フジドリームエアラインズ】
15日~22日全便:福岡、北九州、熊本、鹿児島発着便
【ソラシドエア】
15日~22日全便:長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島発着便
【アイベックスエアラインズ】
15日~22日全便:福岡、大分、宮崎発着便


川内原発は通常運転…玄海原発も異常なし
読売新聞 4月16日(土)6時53分配信

 九州電力によると、16日未明から断続的に発生した地震の後も、川内(せんだい)原子力発電所(鹿児島県薩摩川内市)は通常運転を続けている。

 停止中の玄海原発(佐賀県玄海町)も設備に異常はないという。


熊本地震 中谷防衛相 自衛隊2万人態勢へ 実動部隊大幅増強
産経新聞 4月16日(土)6時53分配信

 中谷元・防衛相は16日午前5時半ごろ、連続発生する熊本県熊本地方での地震に対する自衛隊の態勢に関し、同日中に1万5千人に拡充し、17日には2万人体制に大幅増強することを明らかにした。首相官邸で記者団に明らかにした。

 官邸で16日午前5時から開かれた4回目の地震非常災害対策本部会議で首相が態勢の大幅拡充を指示した。


熊本地震 安倍首相「最新情報を分かりやすく提供を」 非常災害対策本部
産経新聞 4月16日(土)6時50分配信

 安倍晋三首相は16日午前5時、熊本県熊本地方で新たに発生した大きな地震を受け、4回目となる地震非常災害対策本部会議を官邸で開いた。首相の発言は以下の通り。

 「16日、午前1時25分、熊本地方を中心に14日の地震の規模を大きく上回る新たな地震が発生し、その後も余震が相次いでいる。被災地域が広範にわたっており、今後、被害がさらに拡大する恐れもある」

 「そこで、以下3点を改めて指示する。引き続き、関係機関、被災自治体が一体となって情報を共有し、早急に正確な被害状況を集約、把握すること。自衛隊をはじめ、対応にあたる実動部隊を大幅に増強し、住民の安全確保を最優先に被災者の救命、救助、避難誘導、医療行為の提供などの災害応急対策に政府の総力を結集し、取り組むこと。不安を感じている住民に対し、避難にあたって必要な余震や被害状況などに関する最新の情報を分かりやすくタイムリーに提供すること」

 「各自にあってはそれぞれの持ち場で強いリーダーシップを発揮し、特に以上3点について全力を挙げてください」


<熊本地震>自衛隊1.5万人態勢に拡充 17日中2万人に
毎日新聞 4月16日(土)6時49分配信

 中谷元防衛相は16日、首相官邸で開かれた非常災害対策本部の会合後、防衛省で記者団に対し、大規模な災害時に編成される「統合任務部隊」を設けたと表明。自衛隊の出動規模について「16日中に1万5000人、17日中に2万人態勢にするべく検討している」とし、大幅に拡充すると述べた。


熊本地震 安倍首相「支援部隊を大幅増強」 4回目の非常災害対策本部会議を開催 16日午前5時
産経新聞 4月16日(土)6時47分配信

 安倍晋三首相は16日午前5時、熊本県熊本地方で新たに発生した大きな地震を受け、4回目となる地震非常災害対策本部会議を官邸で開き、「支援部隊を大幅に増強し、救助などに取り組む」と述べた。

 首相は「余震が相次いでいる。被害が拡大する恐れがあり政府、自治体が一体となって情報収集し、被害状況の把握に努めてほしい」と関係省庁に指示した。


安倍首相 熊本視察中止へ 熊本地震
産経新聞 4月16日(土)6時43分配信

 政府は16日未明、新たに発生した大きな地震を受け、安倍晋三首相が同日に予定していた熊本の被災地視察を中止することを決めた。首相は被災現場や避難所などを視察する計画だった。


熊本地震 「16日未明の大地震が本震」「今後1週間は最大震度6弱の余震に警戒を」
産経新聞 4月16日(土)6時39分配信

 熊本県で16日午前1時25分ごろに震度6強を観測する地震が発生したことを受け、気象庁は同日午前3時半から記者会見を開き、「今回の地震はマグニチュード(M)の大きさなどから見て、14日以降に熊本県などで発生してきた地震の本震だったと考えている」とする見解を示した。今後は、最大震度6弱程度の余震が1週間程度は起きる可能性があるとして注意を呼びかけている。

 同庁によると、同日午前1時25分ごろに熊本県などで震度6強の地震が発生。Mは7・3だったと推定される。その後も1時44分ごろと同46分ごろにそれぞれ震度5弱(M5・3)、震度6弱(M6・0)を観測する地震が断続的に発生したほか、3時3分ごろに阿蘇地方で震度5強(M5・8)、3時55分ごろには震度6強(M5・8)を観測する地震が起きた。

 気象庁の担当者は1時25分ごろに熊本地方で発生した地震と、3時3分ごろに阿蘇地方で発生した地震の関連について、「力が伝わって発生した可能性はあるが、震源域は別の場所であるため、余震ではなく別の地震だと考えられる」とした。

 14日の地震を前震と判断していなかった点については「地震予知は現時点では不可能。本震と前震の区別は非常に困難だ」と説明。その上で、「断層に沿って北東方向に地震活動の活発化がみられる。今回揺れた地域に住む方は余震に気を付けてほしい。また、北東方向に地震活動の高まりがみられ、注意が必要だ。日本は地震国。常に備えをしておく必要がある」と述べ、注意を呼びかけた。

 気象庁の担当者は記者会見で「周辺の火山活動には今のところ、特段の変化は見られていない」と述べた。


<熊本地震>「生き埋め23件、閉じ込め53件」菅長官会見
毎日新聞 4月16日(土)6時39分配信

 熊本地震に伴う16日未明の地震に関し、菅義偉官房長官は同日未明の記者会見で「閉じ込め53件、生き埋め23件、崩落等が生じている」と被害状況を明らかにした。

 また、安倍晋三首相は16日早朝に首相官邸で開いた非常災害対策本部の会合で「被害がさらに拡大する恐れがある」と指摘。(1)正確な被害情報の把握(2)被災者の救命救助、避難誘導、医療行為提供などに総力を結集(3)最新の情報の提供、の3点に全力を挙げるよう関係閣僚らに指示した。【松井豊、村尾哲】


熊本地震・菅官房長官会見詳報 「各地で甚大な被害」「110番通報が相次ぐ」
産経新聞 4月16日(土)6時36分配信

 菅義偉官房長官は16日午前3時半ごろ、熊本県熊本地方で新たに震度6強の地震が発生したことを受けて緊急の記者会見を開いた。詳報は以下の通り。

 「16日、1時25分ごろ、熊本県熊本地方を震源地とする最大震度6強の地震が発生しました。また、1時44分ごろ、同じく熊本県熊本地方を震源とする震度6弱の地震が発生を致しました」

 「現在、被害状況の全容把握に全力を挙げている所でありますが、この地震によって、熊本県および大分県において新たな110番に関する通報が相次いでおります。熊本においては300数十件、大分県については110数件、さらに、現在確認中でありますけれども、閉じ込め、生き埋め、土砂崩れ、道路崩壊など各地で甚大な被害が発生をしているもようであります。なお、原子力施設については、被害の情報は入っておりません」

 「このような状況を踏まえ、安倍晋三首相から新たに2時38分に、被害が広範囲にわたり、拡大をする恐れがあるため、早急に被害状況を把握すること、地方自治体とともに緊密に連携し、政府一体となって被災者の救命、救助などの災害応急対策に全力で取り組むこと、国民に対し被害に関する情報提供を適切に行うこと、この指示がありました」

 「政府としては、危機管理センターに設置中の官邸対策室において、関係省庁の局長級による緊急参集チームを召集し、私、河野太郎防災担当相も協議に参加して、救出、救助にあたる部隊の広域的な追加応援を含め、対応に万全を期すこととしたところであります。今後とも引き続き、被害情報の把握を進め、被災自治体と緊密に連携を図りながら被災者の救命、救助を最優先に、災害応急対策に全力を尽くす考えであります」

 「被災地の皆さんにおかれましては、自治体などからの避難情報のほか、テレビ、ラジオなどの情報にも注意をしつつ、お互いに助け合い、落ち着いて行動していただきますよう、お願いを申し上げます。私からは以上です」


熊本空港、運航不能=天井崩落でターミナル閉鎖
時事通信 4月16日(土)6時35分配信

 熊本空港は16日、ターミナルビルの天井が崩落するなどしたため、同ビルを閉鎖した。

 当面の間、運航できない見通し。臨時便を飛ばす予定だった全日空と日本航空は、同日中の全便欠航を決めた。

 国土交通省などによると、ビルの保安区画の柱にひびが入り、水漏れが発生。管制室の機材も被害を受けた。ただ、滑走路に大きな被害はなく管制の継続も可能で、航空機は発着できるという。

 熊本空港のホームページによると、発着便は国内線、国際線合わせて1日70便以上ある。


閉じ込め53件、生き埋め23件…官房長官
読売新聞 4月16日(土)6時33分配信

125
強い揺れで大規模に崩落した阿蘇大橋付近(16日午前6時27分、熊本県南阿蘇村で、読売ヘリから)=中司雅信撮影

 菅官房長官は16日朝の非常災害対策本部会議後の記者会見で、熊本県を中心に同日未明起きた強い地震により、「(建物内などでの)閉じ込め53件、生き埋め23件」が起きていると明らかにした。

 菅氏によると、震源周辺の各地で火災が発生しているほか、家屋やアパートの倒壊、トンネルの崩落も起きている。救助を求める119番通報なども相次いでいるという。菅氏は「広い範囲で甚大な被害が発生している」と述べた。

 熊本県は政府に対し、広域緊急援助隊の規模を3倍程度に拡大するよう要請した。政府は、現在2000人派遣している自衛隊員を16日中に1万5000人に増員し、17日には2万人とする方針を決めた。警察官も、現在の1800人から2800人に増やす。消防隊員は現在の約1300人体制を倍増させる。

 菅氏は、地震による死傷者数については「情報を収集しているが、何人ということは掌握していない」と述べるにとどめた。


熊本地震 6強観測の地震 菅官房長官「甚大な被害発生しているもよう」
産経新聞 4月16日(土)6時33分配信

 菅義偉官房長官は16日午前3時半ごろに記者会見し、熊本県熊本地方で震度6強を観測した地震に関し、「閉じ込めや生き埋め、土砂崩れ、道路崩壊など各地で甚大な被害が発生しているもようだ」と述べた。

 政府の対応については「危機管理センターに設置中の官邸対策室において関係省庁の局長級による緊急参集チームを召集し、菅氏、河野太郎防災担当相が参加して救出、救助にあたる部隊の広域的な追加応援も含め対応に万全を期すこととした」と説明した。

 また、被害が広範囲にわたり拡大する恐れがあるため、安倍晋三首相から新たに(1)早急に被害状況を把握すること(2)地方自治体とともに緊密に連携し、政府一体となって被災者の救命、救助などの災害応急対策に全力で取り組むこと(3)国民に対し、被害などに関する情報提供を適切に行うこと-を指示されたと明らかにした。

 一方、原発設備に関しての被害情報はないと説明した。


あす17日にかけて大荒れ 熊本でも非常に激しい雨に厳重警戒
ウェザーマップ 4月16日(土)6時24分配信

 日本海を低気圧が発達しながら進むため、あす17日にかけて広い範囲で大荒れの天気が予想される。熊本でもきょう夕方からあす朝にかけて雨となり、激しく降るおそれもあるため、警戒が必要だ。

【九州北部】
 低気圧の接近に伴い、きょう夕方から雨が降り始め、夜遅くからあす朝にかけて雨足が強まることが予想される。局地的には1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨のおそれもある。予想される雨の量は、今後48時間で最大200ミリ。地震の影響で地盤が緩んでいるため、土砂災害に厳重な警戒が必要だ。風も強まる見込みで、陸上でも最大瞬間風速35メートルが予想されている。

【そのほかの地域】
 西日本や北陸を中心に今夜からあすにかけて、非常に強い風が吹き、海はしける見込み。あすにかけて予想される最大瞬間風速は、北陸・近畿で35メートル、四国で30メートル。予想される波の高さは5メートル。
 また、西日本を中心に今夜からあすにかけて大気の状態が非常に不安定となるため、激しい雨のおそれがある。九州南部ではあす朝までの24時間に120ミリの雨が予想されている。
 低気圧は、あす夜には北海道付近に進む見込みで、北日本でも暴風や大雨に警戒が必要となる。


川内原発は運転継続=玄海、伊方、島根も異常なし―規制庁
時事通信 4月16日(土)6時16分配信

 原子力規制庁は16日、熊本地方を震源とするマグニチュード7.3の地震による影響について、全国で唯一運転中の九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県)は運転を継続しており、異常はないと発表した。

 
 規制庁によると、川内原発のある薩摩川内市では震度4を観測した。放射線量を測定するモニタリングポストなどに異常はなかった。

 また、停止中の九電玄海原発(佐賀県)や四国電力伊方原発(愛媛県)、中国電力島根原発(松江市)も、異常は確認されていないという。


高齢女性に心臓マッサージ=けが人や避難者続々―地震の中、熊本の病院
時事通信 4月16日(土)6時10分配信

 熊本県で未明に相次いだ震度6クラスの地震。

 県内の各病院はけが人の手当てに追われ、心臓マッサージを受ける女性の姿もあった。停電による暗闇の中、非常用電源を備えた病院には避難者も集まり、不安な一夜を過ごした。

 熊本市の熊本赤十字病院には次々と患者が運び込まれ、医師や看護師が慌ただしく行き来した。夜明け前に運ばれてきた高齢女性は意識がなく、ぐったりした様子。看護師は5、6人がかりでストレッチャーに女性を移すと、体の上にまたがって心臓マッサージを始めた。付き添いの男性は、ぼうぜんとした様子で院内に運ばれる女性を見詰めていた。

 1階の待合所では十数人が毛布にくるまり、無言で椅子に座っていた。奧の廊下は臨時の診療スペースになり、医師がストレッチャーに横たわった患者を搬送する様子が見えた。

 柱にもたれて座っていたパート女性(51)は、就寝中たんすに体を挟まれた義母と義兄を車で運んできた。2人は自力ではい出したというが、義兄は「胸がきつい」と漏らしていた。女性は「4時間以上待っているが、まだ義兄は診察中。重傷でないといいが」と心配そうだった。


八代市のアパート火災で1人死亡…熊本地震
読売新聞 4月16日(土)6時6分配信

124
全焼した2階建てのアパート(16日午前6時36分、熊本県八代市で)=大森祐輔撮影

 熊本県内を震源とする一連の地震で、同県などによると、八代市で16日未明に起きたアパート火災で、1人の死亡が確認された。

 熊本市内の病院で倒壊の恐れが出たため、患者が別の施設に搬送されるなど、混乱が続いている。

 このほか、同日午前4時現在、地震による県内の被害は、家屋の倒壊などによる生き埋めと下敷きが計29件、家屋倒壊による閉じ込めが68件、火災が3件などとなっている。


政府、救援部隊「最大限投入」…首相の視察中止
読売新聞 4月16日(土)6時3分配信

 16日未明に熊本県を震源地とする大地震が起きたことを受け、政府は被害状況の情報収集を続けるとともに、現地に派遣する自衛隊や警察、消防など被災地に対する救助・救援態勢を大幅増強する構えだ。

 首相は午前3時29分に首相官邸に入った際、「被害状況は広範にわたっている可能性もある。被害状況の把握に全力を挙げ、救助・救命に全力で当たっていく」と記者団に語った。

 午前5時10分には非常災害対策本部会議を開催。首相は〈1〉早急に正確な被害状況を集約・把握する〈2〉自衛隊をはじめ、対応にあたる実動部隊を大幅に増強し、住民の安全確保を最優先に災害応急対策に政府の総力を結集する〈3〉余震や被害状況に関する最新情報を提供する――という3点の指示を出した。

 会議終了後、記者会見した菅官房長官は「警察、消防、自衛隊、医療部隊を最大限投入し、物資の供給と被災者支援に万全を尽くす」と表明した。政府は現地に派遣している自衛隊員を大幅に増員するほか、警察官を現在の1800人体制から約1000人追加派遣、消防隊員も現在の約1300人体制を倍増させる方針だ。

 首相は被害が拡大したことで、この日に予定していた被災地視察を中止した。また、17日に予定していた衆院北海道5区補欠選挙の応援で現地入りすることも取りやめる。


統合任務部隊を編成へ=自衛隊
時事通信 4月16日(土)6時2分配信

 中谷元防衛相は16日早朝、河野克俊統合幕僚長に対し、熊本地震に対応するため陸海空3自衛隊混成の統合任務部隊の編成を命じた。


自衛隊派遣、2万人規模に=政府
時事通信 4月16日(土)5時48分配信

 中谷元防衛相は16日早朝、防衛省内で記者団に、熊本地震に関する自衛隊の派遣規模について「きょう中に1万5000人、あす以降、2万人態勢にすべく検討する」と述べた。


<熊本地震>16日未明のM7.3が「本震」 気象庁
毎日新聞 4月16日(土)5時43分配信

123
町役場前に出来た大きな亀裂=熊本県益城町で2016年4月16日午前6時37分、宮武祐希撮影

 気象庁は16日の記者会見で、同日午前1時25分ごろに熊本県熊本地方で発生した最大震度6強の地震について、14日以降に続く地震の「本震」であると発表した。14日に起きたマグニチュード(M)6.5、最大震度7の地震とそれ以降続いた地震については「前震」と判断した。16日の地震がM7.3で、より規模が大きく、揺れた範囲も広かったことから判断した。【円谷美晶】


激しい揺れ、何度も=ホテル床に亀裂、客避難―熊本市
時事通信 4月16日(土)5時43分配信

 熊本市北区のホテルでは16日未明、激しい縦揺れが数十秒ほど続き、部屋にあるテレビが倒れたり、外壁が剥がれたりした。

 宿泊客は外の駐車場に出て、いったん様子を見守った後、ロビーに集まり毛布にくるまった。余震は続き、大きな揺れのたびに外に出る人もいた。

 夫と1歳3カ月の長男の3人で泊まっていた女性(37)は「川の字で寝ていたが、揺れで目が覚め、夫婦2人で子どもに覆いかぶさった。きょうこそ、やっと眠れると思っていたのに」とぐったりした様子で話した。

 別のホテルでは、立っていられないほど大きな横揺れで床に亀裂が走り、段差が生じた。停電でエレベーターは動かず、宿泊客らは外の非常階段で1階のロビーへ向かった。


〔地震〕鉄道:始発から運転見合わせなど九州で影響路線多数(16日7時現在)
レスキューナウニュース 4月16日(土)5時30分配信

気象庁によると、16日01:25頃、熊本県熊本地方を震源とするM7.3の地震が発生し、熊本県で震度6強など、九州地方の各地で強い揺れを観測しました。その後も強い地震が相次いで発生しています。
この地震により、JR九州の新幹線・在来線など、九州地方の多くの鉄道路線で始発から運転見合わせやダイヤ乱れなどの影響が出ています。

■運転見合わせ
[新幹線]
・九州新幹線

[九州]
・JR九州:鹿児島本線(二日市~八代)、日豊本線(行橋~宮崎)、福北ゆたか線(折尾~篠栗)、原田線、若松線、日田彦山線、後藤寺線、唐津線、長崎本線、佐世保線、大村線、ゆふ高原線、阿蘇高原線、三角線、肥薩線(八代~吉松)
・西鉄:全線
・平成筑豊鉄道:全線
・私鉄など:松浦鉄道線、島原鉄道線、熊本電鉄線、熊本市電、南阿蘇鉄道線、くま川鉄道線、肥薩おれんじ鉄道(八代~肥後高田、出水~川内)

■ダイヤ乱れ
[中国]
・一畑電車:全線

[四国]
・JR四国:予土線
・伊予鉄:全線

[九州]
・JR九州:山陽本線(下関~門司)、鹿児島本線(門司港~二日市、川内~鹿児島中央)、日豊本線(小倉~行橋、宮崎~鹿児島中央)


熊本で110番472件に…8人閉じ込め情報も
読売新聞 4月16日(土)5時10分配信

 警察庁によると、熊本地震をめぐり、16日未明の地震で、熊本県内では同日午前4時現在、472件の110番があった。

 益城町で8人が倒壊家屋に閉じ込められているなどの情報があるという。

 このほか、大分県では87件、佐賀県では20件の110番が寄せられているという。


気象庁、熊本のM7・3が一連の本震と発表
読売新聞 4月16日(土)5時0分配信

 気象庁の青木元・地震津波監視課長は16日午前3時40分頃から記者会見を行い、同1時25分頃に起きた熊本県熊本地方を震源とするマグニチュード7・3の地震が一連の地震の本震だったと発表した。

 14日午後9時26分頃に発生した地震は、この地震の前震とみられ、「今後1週間は震度6弱程度の余震に注意してほしい」と呼びかけている。


政府、官邸で非常災害対策本部会議開催へ
読売新聞 4月16日(土)4時51分配信

 政府は16日午前5時から、首相官邸で、非常災害対策本部会議を開催する。


14日地震は前震=余震に注意呼び掛け―気象庁
時事通信 4月16日(土)4時37分配信

 気象庁は16日、熊本県熊本地方で同日午前1時25分ごろ発生したマグニチュード(M)7.3(暫定値)の地震が本震で、14日のM6.5、最大震度7の地震は前震と考えられるとの見解を示した。

 
 M7.3は1995年の阪神大震災と同じ規模。気象庁は今後1週間に、最大で震度6弱の余震が起きる可能性があるとして注意を呼び掛けた。

 青木元・地震津波監視課長は16日未明に記者会見し、今後さらに大きな地震が発生する可能性について「そこまでは現在考えていない」と話した。一方で「(M7.3地震の震源の)北東側、大分県の方でも地震活動の高まりが見られる」と指摘した。

 M7.3の地震を予測できなかったことについては「非常に難しい問題だ。予測するのは困難だと考える」と述べた。


東北、神戸から支援の動き=募金開始、「少しでも力に」―熊本地震
時事通信 4月16日(土)4時32分配信

 熊本地震を受け、2011年の東日本大震災で被災した東北各県や、1995年に阪神淡路大震災があった兵庫県では、避難住民らを支援する動きが広がっている。

 仙台市では地元スーパーが店内に設置した募金箱に、買い物客がそれぞれの思いを込めてお金を入れた。東日本大震災で職場が緊急の避難所になった女性(28)は「あの時と同じ気持ち。少しでも熊本の人の力になれれば」と話した。会社員の鈴木菊さん(36)は「私たちも大変な思いをしたので、こみ上げてくる気持ちがある。できることから始めたい」と語った。

 行政も支援を開始。福島県は必要な支援策の情報収集などのため、職員3人を派遣。宮城県も要請があった場合の速やかな支援を確認した。岩手県は見舞金を検討しており、達増拓也知事は「震災津波で甚大な被害を受け、全国から支援をいただいた岩手県民にとってひとごとではない」とコメントした。

 阪神大震災発生日に神戸市内で開催される追悼の集いを主催するNPO法人「1.17希望の灯り(HANDS)」は、熊本地震の当日から募金の受け付けを開始した。藤本真一代表(31)は「21年前は神戸が多くの人に助けられた。大きなことはできないが、混乱している現地の人のために少しでも力になれれば」と話した。

 兵庫県は、阪神大震災を契機に制度化した「家屋被害認定士」の資格を持つ職員3人を派遣し、建物の被害状況の確認を補助。同県教委も教職員らでつくる震災・学校支援チームの3人を派遣、学校避難所の運営などを支援する。井戸敏三知事は「阪神大震災を経験した兵庫・関西として、被災地の一日も早い復旧・復興に向け支援協力していく」とのコメントを寄せた。


〔九州電力〕熊本県・大分県・宮崎県の16万軒超で停電(16日10時30分現在)
レスキューナウニュース 4月16日(土)4時30分配信

九州電力によると、16日10:30現在、熊本県・大分県・宮崎県の合計16万軒超で停電が発生しています。現在、復旧作業が行われています。

■影響地域
熊本県:約163100軒(熊本市中央区、熊本市東区、熊本市南区、熊本市北区、菊池市、宇土市、宇城市、下益城郡美里町、玉名郡玉東町、菊池郡大津町、菊池郡菊陽町、阿蘇郡西原村、上益城郡御船町、上益城郡嘉島町、上益城郡益城町、上益城郡甲佐町、上益城郡山都町、阿蘇市、阿蘇郡南小国町、阿蘇郡小国町、阿蘇郡産山村、阿蘇郡高森町、阿蘇郡南阿蘇村、上天草市)
大分県:約500軒(日田市)
宮崎県:約200軒(西臼杵郡高千穂町)


熊本で震度6強、M7.3=阪神大震災級、6人死亡―阿蘇など負傷者多数
時事通信 4月16日(土)4時20分配信

122
16日午前1時25分ごろ、熊本県熊本地方を震源とする地震があり、熊本市などで震度6強の揺れを観測。気象庁によると地震の規模マグニチュードは7.3(暫定値)と推定される。写真は広場に避難する人たち=同市

 16日午前1時25分ごろ、熊本県熊本地方を震源とする地震があり、熊本市や同県菊池市などで震度6強の揺れを観測した。

 気象庁によると、震源の深さは約12キロ(暫定値)、地震の規模マグニチュード(M)は7.3(暫定値)と推定され、1995年の阪神大震災級。その後も同県阿蘇地方で震度6強や5強の地震が相次いだ。県警などによると、これまでに6人の死亡が確認された。

 菅義偉官房長官は緊急記者会見し、各地で火災が発生し、閉じ込めが53件、生き埋めも23件あると述べた。同県阿蘇市や南阿蘇村、熊本市、益城町などで家屋倒壊や生き埋めをはじめ、閉じ込められたなどの110番が少なくとも約470件あり、各地で多数の負傷者が出ている。

 県警によると、亡くなったのは奥田久幸さん(73)=嘉島町=、矢野悦子さん(95)=熊本市=、高村秀次朗さん(80)=同市=、野田陽子さん(83)=西原村=ら。ほとんどが家屋の倒壊などによる圧死とみられる。

 地震はM6.5だった14日の震度7の地震より大きく、福岡県で震度5強、愛媛県では5弱を観測するなど、九州から中・四国地方の広い範囲で強い揺れがあった。気象庁は14日の震度7の地震が前震で、16日のM7.3の地震が本震との見解を示した。今後1週間で、最大震度6程度の地震が発生する恐れがあると注意を呼び掛けた。

 熊本県などによると、阿蘇市で家屋が多数倒壊した。南阿蘇村では大規模な土砂崩れが発生。東海大学農学部学生アパート4棟で11人が生き埋めとなり10人が救助された。安否は不明。大分県と阿蘇市を結ぶ国道57号と、南阿蘇村の阿蘇大橋は崩落した。

 熊本県宇土市では市役所が半壊したとの通報があった。益城町の老人施設では66人が閉じ込められたとの情報がある。熊本市内の病院では倒壊の恐れが出たため、使用が困難になった。

 このほか、大分県でも土砂崩れやトンネル崩壊などの110番が相次いでいる。同県知事は自衛隊に災害派遣を要請した。

 九州電力によると、熊本、大分、宮崎の各県で一時約20万戸が停電した。

 主な各地の震度は次の通り。

 震度6強=熊本市、熊本県宇城市、菊池市、嘉島町、南阿蘇村、産山村
 震度6弱=熊本県阿蘇市、御船町、山都町、大分県別府市
 震度5強=大分県豊後大野市、福岡県久留米市、佐賀市、長崎県南島原市、宮崎県高千穂町。


首相、被災地視察を中止…被害拡大受け
読売新聞 4月16日(土)4時18分配信

 安倍首相は熊本県内などで余震が相次ぎ、被害が拡大したことを受け、16日に予定していた熊本地震の被災地視察を中止した。


<熊本地震>菅官房長官が緊急会見 16日未明の地震
毎日新聞 4月16日(土)4時18分配信

 菅義偉官房長官は16日未明に首相官邸で記者会見し、熊本県での同日未明の地震に伴い「新たな110番の通報が相次いでいる。熊本は三百数十件、大分は百十数件。閉じ込め、生き埋め、土砂崩れ、道路崩壊などで各地で甚大な被害が発生している模様だ」と述べた。一方、「原子力設備については被害の情報は入っていない」と語った。

 安倍晋三首相も官邸に入り、被害状況の把握や救命救助に全力で当たることなどを指示したと記者団に語った。


<熊本地震>阿蘇地方で震度6強 午前3時55分
毎日新聞 4月16日(土)4時16分配信

 16日午前3時55分ごろ、熊本県阿蘇地方を震源とする最大震度6強の地震があった。震源の深さは約10キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は5.8と推定される。

 主な各地の震度は次の通り。

 震度6強=熊本県産山村

 震度5強=熊本県阿蘇市、南阿蘇村

 震度5弱=熊本県南小国町、高森町、大分県竹田市


自衛隊派遣、2万人規模に=警察・消防も大幅増強―首相現地視察は中止・熊本地震
時事通信 4月16日(土)4時10分配信

 政府は16日早朝、熊本地震による被害拡大を受け、非常災害対策本部を首相官邸で開いた。

 自衛隊の派遣規模を約2000人から、同日中に約1万5000人、17日以降は約2万人に増強することを決定。警察、消防についても、派遣規模を大幅に拡充することを確認した。

 安倍晋三首相は席上、被害状況の把握、被災者の救命・救助などの災害応急対策、的確な情報提供に尽力するよう、関係省庁に改めて指示。「被災地域が広範にわたっており、今後被害がさらに拡大する恐れもある。それぞれの持ち場で強いリーダーシップを発揮し、全力を挙げてほしい」と強調した。

 自衛隊派遣に関し、中谷元防衛相は河野克俊統合幕僚長に対し、東日本大震災時にも組まれた陸海空3自衛隊混成による「統合任務部隊」を編成するよう命じた。

 政府は今後、警察については、15日までの約1800人に対し、約1000人を追加派遣。消防についても約1300人から倍増する。

 熊本県での新たな被害発生に伴い、首相は16日に予定していた現地視察を中止した。菅義偉官房長官は対策本部後の記者会見で「首相には、こちらで指揮に当たってもらうのが最善だと判断した」と理由を説明した。首相は、検討していた17日の衆院北海道5区補選応援も取りやめる。

 菅長官は「救助を求める110番、119番が相次ぐなど、広い範囲で甚大な被害が発生している」と指摘。被災者に対し、「お互い助け合い、落ち着いて行動していただきたい」と呼び掛けた。

« 熊本・震度7の地震に関するニュース・10 | トップページ | 熊本・震度7の地震に関するニュース・12 »

ニュース」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/63493106

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本・震度7の地震に関するニュース・11:

« 熊本・震度7の地震に関するニュース・10 | トップページ | 熊本・震度7の地震に関するニュース・12 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31