« 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2097 | トップページ | 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2098 »

2016年3月 6日 (日)

三笠宮彬子殿下ご出席のスキー大会で破裂音 札幌

6日午前10時15分ごろ、札幌市清田区の白旗山競技場で開かれていた「宮様スキー大会国際競技会」のパレード中に大きな破裂音がした。

パレードには三笠宮家彬子殿下が出席されていたが、けがはないという。北海道警は現場でパイプのようなものを持っていた男の身柄を確保し、道警豊平署で詳しい事情を聴いている。

道警などによると、パレードは午前10時ごろから開始。彬子殿下があいさつなどを終えて退場しようとしていた時に破裂音がしたという。約200人の一般参加者にもけがはなかった。

リンク:札幌のスキー大会会場で破裂音 - 速報:@niftyニュース.
リンク:彬子さま右後方で破裂音 パイプ持った男取り押さえ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:宮様スキー大会爆発音 わずか十数メートル、道警「警備検証」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:宮様スキー大会爆発音 火炎瓶、車接近…皇族方お出ましの行事、過去にも被害 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<宮様スキー大会>パレード中に爆発音 彬子さま出席 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「宮様スキー大会」で破裂音=男の身柄確保、事情聴く―北海道警 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:彬子さま出席スキー大会で爆発音 - 速報:@niftyニュース.
リンク:宮様スキー大会で破裂音…三笠宮彬子さま出席 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

札幌のスキー大会会場で破裂音
2016年3月7日(月)11時3分配信 共同通信

 札幌市清田区の白旗山競技場で、故寛仁親王の長女彬子さまが出席された「宮様スキー大会」の関連行事中に破裂音がした事件で、直後に現場で自分がやったと名乗り出た男が「目立ちたかった」と動機を話していることが7日、捜査関係者への取材で分かった。

 道警によると、男は持っていた長さ40~50センチ、直径3~4センチの金属製の筒で音を発生させたとみられる。道警は火薬類取締法違反の疑いで札幌市の男の自宅を家宅捜索したが、特に危険物は見つからなかったという。

 男は取り調べに対し、意味の分からないことを言うこともあるといい、同法違反などの疑いで引き続き任意で事情を聴く。


彬子さま右後方で破裂音 パイプ持った男取り押さえ
日刊スポーツ 3月7日(月)10時10分配信

801
閉会式でモーグル女子の優勝者を表彰する彬子さま

 6日午前10時15分ごろ、札幌市の白旗山競技場で行われた「宮様スキー大会」の関連行事中、会場内で大きな破裂音がした。行事には故寛仁親王の長女彬子さまが出席しており、大会関係者によると、破裂音は彬子さまから約10メートルの場所で発生。北海道警は現場で、「私がやりました」と話した男を取り押さえた。けが人はいなかった。

 道警によると、男は長さ40~50センチ、直径3~4センチの金属製パイプを持っていた。道警は、火薬類取締法違反や軽犯罪法違反に当たる可能性もあるとみて、破裂音との関連を調べている。事情聴取に対し、男は意味の分からないことを言い、話がかみ合わないという。

 道警や札幌スキー連盟によると、彬子さまは当時、スキーパレードのスタートを見届けた後、コース脇を通り、貴賓室へ向かう途中だった。階段を1段上ったところで、彬子さまの右後方約10メートルの観客の中から、破裂音が1回上がった。

 破裂音がしたあたりから煙が上がっており、男が筒のようなものを落とし、「私がやりました」と両手をあげたという。道警や皇宮警察が、男を取り押さえた。会場には参加者や大会関係者ら数百人がいた。彬子さまは予定通りに次の会場に移動した。

 札幌スキー連盟の和田明副会長によると、世界選手権などの大会では観客の持ち物検査などを行ったことがあるが、「一般のレースでは実施していなかった」(和田氏)という。来年2月に行われる冬季アジア大会に向け「持ち物検査などの対策を検討しなければならない」とした。

 ◆三笠宮彬子(あきこ)女王殿下 1981年(昭56)12月20日、寛仁親王の第1女子として誕生。学習院大を卒業後、英オックスフォード大へ留学。日本美術史を専攻し、哲学博士号を取得。女性皇族の博士号取得は初めて。京都産業大日本文化研究所研究員。


宮様スキー大会爆発音 わずか十数メートル、道警「警備検証」
産経新聞 3月7日(月)7時55分配信

 爆発音がしたのは、「宮様スキー大会」の最終日に市民が参加して行われる恒例のイベント「パレード」(歩くスキー)がスタートした直後だった。

 関係者によると、彬子さまは午前10時のスタートを前に、コース内のステージで、パレードが市民参加で始まった経緯などを話し、参加者を激励されていた。その後、コース外へ移り、初級者用(5キロ)のスターターを務めた後、中級(10キロ)、上級(15キロ)を含む総勢約170人の参加者に声をかけ、階段をのぼって貴賓室に戻られる途中で大きな爆発音が響いた。

 彬子さまを先導していた札幌市秘書課の職員は「(スターターピストルの)3倍くらいの大きな音で、スターターピストルが暴発したかと思った」と話した。職員が振り返ると、わずか十数メートル先で男が北海道警の警察官らに取り押さえられていたという。

 道警によると、男が所持していたのは長さ40~50センチ、直径3~4センチの鉄製パイプ状のようなものだったが、会場では、参加者の所持品検査などは行われていなかった。彬子さまは貴賓室でしばらく待機した後、モーグル競技が行われる別のスキー場に、予定より約30分遅れで向かわれた。天候で競技も遅れていたことから、プログラム自体に支障はなかったという。道警本部は「今のところ、警備に問題はなかったと考えるが今後、警備強化も含め検証する」としている。


宮様スキー大会爆発音 火炎瓶、車接近…皇族方お出ましの行事、過去にも被害
産経新聞 3月7日(月)7時55分配信

137
皇室のお出まし中に起きた主なトラブル(写真:産経新聞)

 天皇、皇后両陛下をはじめ皇族方がお出ましになった行事では、過去に火炎瓶が投げつけられるなどのトラブルがあった。

 昭和50年7月、当時皇太子ご夫妻だった天皇、皇后両陛下が沖縄県糸満市の「ひめゆりの塔」で献花台に菊の花束をささげられた際、慰霊塔の背後の壕に潜んでいた過激派2人が火炎瓶を投げつけ、火炎瓶は献花台を直撃して炎上。両陛下におけがはなかった。

 平成4年には10月に山形県天童市で行われた国体秋季大会の開会式で、天皇陛下のお言葉の最中に男が突然、グラウンドに飛び出し、火のついた発炎筒をロイヤルボックスにめがけて投げつけた。当時は皇后さまが右手で陛下をかばうしぐさをされ、緊迫した状況になった。

 15年7月には北海道をご視察中だった両陛下の車列に軽乗用車が接近し、これを阻止しようとした皇宮警察官の白バイと衝突。弾みで白バイが両陛下のお車と接触した。両陛下にけがはなく、予備の車に乗り換え、視察を続けられた。


<宮様スキー大会>パレード中に爆発音 彬子さま出席
毎日新聞 3月6日(日)14時18分配信

132
爆発音があったスキー会場=札幌市清田区の白旗山競技場で2016年3月6日午後1時37分、武市公孝撮影

 北海道警などに入った連絡によると6日午前10時すぎ、札幌市清田区の白旗山(しらはたやま)競技場で行われていた「宮様スキー大会」のパレードの最中に爆発音があり、警察官が現場で男を取り押さえた。パレードには三笠宮家の彬子さまや選手ら約350人が参加していたが、けが人はいなかったという。

 大会関係者などによると、開会式で彬子さまがあいさつを終えた後に何かが投げ込まれ、爆発音がしたという。道警が当時の詳しい状況を調べている。【三股智子、高野玲央奈】


「宮様スキー大会」で破裂音=男の身柄確保、事情聴く―北海道警
時事通信 3月6日(日)14時15分配信

 6日午前10時15分ごろ、札幌市清田区の白旗山競技場で開かれていた「宮様スキー大会国際競技会」のパレード中に大きな破裂音がした。
 パレードには三笠宮家の彬子(あきこ)さまが出席されていたが、けがはないという。北海道警は現場でパイプのようなものを持っていた男の身柄を確保し、道警豊平署で詳しい事情を聴いている。
 道警などによると、パレードは午前10時ごろから開始。彬子さまがあいさつなどを終えて退場しようとしていた時に破裂音がしたという。約200人の一般参加者にもけがはなかった。


彬子さま出席スキー大会で爆発音
2016年3月6日(日)13時54分配信 共同通信

131
 爆発音があった白旗山競技場。「宮様スキー大会」の開会式が行われていた=6日午後1時40分ごろ、札幌市清田区

 6日午前10時15分ごろ、札幌市清田区の白旗山競技場で爆発音があった。けが人はいない。北海道警が現場でパイプを持った男1人を取り押さえ、事情を聴いている。当時は「宮様スキー大会」の開会式が行われ、故寛仁親王の長女彬子さまも出席されていた。

 道警や大会関係者によると、開会式で彬子さまがあいさつをされた後に「ドン」という音がしたという。大会のスケジュールに影響はなかった。


宮様スキー大会で破裂音…三笠宮彬子さま出席
読売新聞 3月6日(日)13時42分配信

 6日午前10時15分頃、札幌市清田区の白旗山競技場で開かれていた宮様スキー大会国際競技会の会場で、大きな破裂音がした。

 会場には三笠宮彬子さまが出席されていたが、一般参加者を含めてけがはなかった。警察官がパイプのような物を持った20~30歳代とみられる男を取り押さえ、北海道警豊平署が事情を聞いている。

 道警などによると、現場では当時、歩くスキーのパレードが行われていたが、破裂音がした後も中断せず、最後まで続けられた。彬子さまはスタート時に選手を見送り、運営本部に戻られる途中だったといい、その後も、予定された公務を続けられたという。

« 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2097 | トップページ | 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2098 »

ニュース」カテゴリの記事

人物・伝記」カテゴリの記事

社会・事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/63307535

この記事へのトラックバック一覧です: 三笠宮彬子殿下ご出席のスキー大会で破裂音 札幌:

« 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2097 | トップページ | 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2098 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30