« ベルギー・ブリュッセルで多発テロ、32人死亡 ISが犯行声明・14 | トップページ | 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2114 »

2016年3月29日 (火)

大阪・八尾空港で小型飛行機墜落・炎上 4人死亡・2

26日午後4時20分ごろ、大阪府八尾市の八尾空港で、4人乗りの単発プロペラ機ムーニーM20Cが滑走路付近に墜落・炎上した。

火災は約15分後に消し止められたが、機内にいたとみられる男性4人の死亡が確認された。同機はこの日午後4時過ぎに神戸空港を離陸して八尾空港に向かい、西向きにA滑走路(1490メートル)に進入していたが、事故の直前、着陸のやり直しを求める無線通信が管制塔に入り、高さ約20メートルまで再上昇した直後に墜落したとみられる。

国の運輸安全委員会は航空事故調査官2人を現地に派遣。府警は業務上過失致死事件として八尾署に捜査本部を設置し、遺体の身元確認を急ぐとともに詳しい事故原因を調べる。

最初の記事

リンク:墜落機、機首が上がりすぎて失速 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:八尾墜落「重量超過で機体失速も」…調査報告書 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<八尾・小型機墜落>急角度の機首上げ、失速が原因 安全委 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:着陸やり直しで失速=重量超過も、八尾の小型機墜落―安全委 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:小型航空機の事故相次ぎ…国交省、運航者団体に安全確保策の策定と報告を通達 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:残る1人の身元、機長と判明…八尾空港墜落事故 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<小型機墜落>副操縦士席は機体所有の男性 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:着陸時にバランス崩したか - 速報:@niftyニュース.
リンク:死亡機長、広島の45歳男性=小型機墜落事故―大阪府警 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:小型機墜落 事故機と飛行クラブの訓練機で最適な巡航速度に差…着陸に影響か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<小型機墜落>国内2機、着陸難しく 機長席の男性不慣れか - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:小型機墜落 定期検査で機体異常なし 後部座席の2人は府警警部補らと判明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<小型機墜落>2人の身元判明…大阪府警 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:新たに2人の身元判明=いずれも大阪の41歳男性―小型機墜落事故・府警 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:小型機墜落 飛行計画を急遽変更、訓練飛行中?機長以外も操縦か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<小型機墜落>飛行計画急きょ変更 席交代、訓練指導目的か - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

墜落機、機首が上がりすぎて失速
ホウドウキョク 3/30(木) 18:52配信

367
(写真:ホウドウキョク)

機首が上がりすぎて失速し、墜落したとする報告書をまとめた。
この事故は、2016年3月、大阪・八尾空港で、小型機が滑走路脇に墜落して4人が死亡したもので、小型機が、1度急上昇したあと、急な角度で墜落する様子が防犯カメラに映っていた。
事故原因の調査を進めている運輸安全委員会は、機体の重量が最大重量を超え、不安定になりやすかったほか、重心が後ろに偏っていたため、着陸をやり直そうとした際に、機首が上がりすぎて失速し、墜落したとする報告書をまとめた。
国土交通省は、機体の重量の点検や整備の確実な実施を呼びかけている。

関西テレビ/FNN


八尾墜落「重量超過で機体失速も」…調査報告書
読売新聞 3/30(木) 13:13配信

 2016年3月、大阪府八尾市の八尾空港に小型機(ムーニー式M20C型)が墜落し、乗っていた男性4人が死亡した事故で、運輸安全委員会は30日、着陸をやり直した際に機首が上がり過ぎ、失速したことが原因とする調査報告書を公表した。

 機体が重量超過の状態にあったことが、失速などにつながった可能性も指摘した。

 報告書によると、小型機は16年3月26日午後4時過ぎ、八尾空港に着陸しようとした際に滑走路でバウンドし、管制官に着陸のやり直しを伝えて上昇。だが、機首が上がり過ぎて高度38メートルで失速し、きりもみ状態となって滑走路脇に墜落した。

 報告書では、上昇時の機体の姿勢維持が適切ではなく、失速寸前となっても回避操作が行われなかったと指摘した。さらに、燃料や乗員4人の体重を合わせた機体の重さが約1230キロと、安定して飛行できる最大重量を約60キロ超過していた上、着座位置などから重心が通常より後方にずれていたと指摘し、これが機首の上がりすぎにつながった可能性に言及した。


<八尾・小型機墜落>急角度の機首上げ、失速が原因 安全委
毎日新聞 3/30(木) 10:27配信

366
小型機墜落のイメージ

 大阪府八尾市の八尾空港で小型プロペラ機が墜落して4人が死亡した事故で、国の運輸安全委員会は30日、着陸をやり直した同機が急角度で機首を上げ、失速したことが原因とする調査報告書を公表した。安全に飛行できる総重量をオーバーし、重心が機体後方に偏っていたことが影響したと指摘した。

 報告書によると、事故は2016年3月26日夕方に発生。機体は機長の所有で、機長を含む4人が練習目的で搭乗し、事故の約15分前に神戸空港を離陸した。八尾空港への着陸を試みて車輪が一度滑走路に着いたが、車輪が弾んだため着陸をやり直した。

 機体はエンジン出力を上げて高さ38メートルまで再上昇した。だが、急角度で機首を上げた姿勢が続いたために速度が低下し、翼に対して上向きに作用する揚力が小さくなった結果、失速して回転しながら墜落した。低空だったため機体の姿勢を回復する余裕もなかったとみられる。

 同機が安全に飛行するための総重量は、機体の重さを含めて1168キロ以下だが、事故当時は約1220キロと約52キロ超過。重心も安全規定より後方に偏っていた。報告書は、こうした機体の状態が急角度での機首上げや、安定性の低下につながったと指摘した。

 運輸安全委は今回、主として目撃証言を根拠に、機首を上げすぎた姿勢を続けたと結論づけた。一時的に機首を上げすぎても修正すれば速度や揚力は回復するが、機首が下がらなかった理由は搭乗者全員が死亡したため特定できなかった。【内橋寿明】


着陸やり直しで失速=重量超過も、八尾の小型機墜落―安全委
時事通信 3/30(木) 10:04配信

 八尾空港(大阪府八尾市)で2016年3月、小型機が着陸時に墜落し、乗っていた男性4人が死亡した事故で、運輸安全委員会は30日、機体は重量超過状態で、着陸をやり直した際に機首が上がり過ぎて失速したのが原因だとする調査報告書をまとめた。

 事故は16年3月26日午後4時20分ごろ発生。単発プロペラ機「ムーニー式M20C」が神戸空港(神戸市)まで往復飛行した帰りに滑走路脇に墜落し、機長の西本泰志さん=当時(45)=、事業用操縦士免許取得を目指していた川崎貴嗣さん=同(40)=ら4人が死亡した。

 報告書によると、滑走路接地時に機体がバウンドし、着陸をやり直すため急上昇。その際に機首の角度が上がり過ぎて失速し、高度38メートルまで上昇後に左旋回しながら墜落した。

 八尾空港出発時に燃料を満タンにし、男性4人が乗ったため、事故時の機体は制限重量を約52キロ超過。さらに、後部座席に体重の重い男性が座るなど重心位置が機体後部にあり、機種ごとに定められた規則の範囲を外れていた。このため着陸時のバウンドや異常な機首上げ姿勢につながった可能性があるとした。


小型航空機の事故相次ぎ…国交省、運航者団体に安全確保策の策定と報告を通達
レスポンス 3月31日(木)15時45分配信

国土交通省は、3月26日に発生した八尾空港内での小型航空機事故を踏まえ、運航者団体などに対し、運航の安全確保徹底を通達した。

3月26日に小型航空機が八尾空港に着陸する際、空港施設内で墜落し、搭乗者4人が死亡する事故が発生した。

小型航空機の事故が多発していることから国交省は昨年7月、安全確保の徹底を求めて通知している。今回の事故は空港周辺の地域住民に大きな不安を与えるとともに、搭乗者全員が死亡する深刻な事態となった。

事故原因は運輸安全委員会が調査しているが、公表されている報告書を参考に、それぞれの事故発生状況も踏まえて、運航者が着陸の際の安全手順の再確認などを含めて法令順守、機体の点検・整備の確実な実施、運航にかかわる手順順守を通じて運航の安全確保を徹底するよう求めた。

対象は日本航空機操縦士協会、全日本航空事業連合会、日本航空協会、NPO法人のAOPA-JAPANで、具体的な措置の実施について4月11日までの報告を求めている。

《レスポンス レスポンス編集部》


残る1人の身元、機長と判明…八尾空港墜落事故
読売新聞 3月30日(水)13時34分配信

 大阪・八尾空港で小型プロペラ機が墜落し、4人が死亡した事故で、大阪府警は30日、身元が確認できていなかった残り1人について、同機の所有者で機長の自営業・西本泰志さん(45)(広島市安芸区中野東)と判明したと発表した。

 発表によると、死因は頭を強く打ったことによる頭蓋内気腫。同機は、前部にある左右の座席双方に操縦かんがあり、府警は、前部の右席にいた西本さんか、前部の左席にいた職業不詳・川崎貴嗣(たかし)さん(40)(大阪府豊中市)が操縦していたとみている。


<小型機墜落>副操縦士席は機体所有の男性
毎日新聞 3月30日(水)12時2分配信

 大阪府八尾市の八尾空港で小型プロペラ機が墜落して4人が死亡した事故で、府警は30日、副操縦士席で亡くなった男性の身元は、事故機所有者で自営業の西本泰志さん(45)=広島市安芸区中野東6=だったと発表した。死因は顔を強く打ったことによる頭蓋(ずがい)内気腫で、即死状態だった。これで4人全員の身元が判明した。

 府警によると、飛行計画では西本さんが機長席で操縦する予定だったが、川崎貴嗣(たかし)さん(40)が機長席で亡くなっていた。【山田毅】

 ◇岡山拠点に活動

 西本さんは数年前に小型機のライセンスを取得した。自家用パイロットの親睦団体であるNPO法人「日本オーナーパイロット協会(AOPA-JAPAN)」(東京都)の会員として、岡南(こうなん)飛行場(岡山市)を拠点にフライトを楽しんでいた。知人によると、「将来は飛行機のリース業をしたい」と話していた。

 また、西本さんは広島市で飛行クラブを主宰。「ライセンスを取得したい」という相談があると、熱心に勉強の仕方や訓練について相談に乗り、フライトにも誘っていた。

 昨年11月8日に神戸空港で開かれた「空の日」の記念イベントでは、小型機の機体展示に協力。今回の事故機の「ムーニーM20C」を岡南飛行場から空輸して、見学の子どもたちを操縦席に座らせ、説明していたという。【山田尚弘】


着陸時にバランス崩したか
2016年3月30日(水)11時25分配信 共同通信

 大阪府八尾市の八尾空港で小型機が墜落し4人が死亡した事故で、小型機が着陸を試みた際、滑走路に車輪が片方ずつ接触して機体が左右にふらつき、バランスを崩したとの目撃情報があることが30日、捜査関係者への取材で分かった。

 小型機はその後、着陸をやり直すために再上昇した際に失速し、墜落したとみられる。八尾署捜査本部は、車輪の接触時のトラブルが操縦に影響した可能性もあるとみて経緯を調べる。

 死亡した4人のうち、最後の1人を、機長の自営業西本泰志さん(45)=広島市安芸区中野東=と確認した。死因は頭蓋内気腫。


死亡機長、広島の45歳男性=小型機墜落事故―大阪府警
時事通信 3月30日(水)10時50分配信

 大阪府八尾市の八尾空港で小型プロペラ機が墜落した事故で、大阪府警は30日、死亡した4人のうちの1人について、機長で広島市安芸区中野東の自営業西本泰志さん(45)と判明したと発表した。

 これにより、4人全員の身元が確認された。


小型機墜落 事故機と飛行クラブの訓練機で最適な巡航速度に差…着陸に影響か
産経新聞 3月30日(水)8時32分配信

 大阪府八尾市の八尾空港で小型機が墜落し4人が死亡した事故で、死亡が確認された3人が所属する飛行機クラブの訓練で使われていた小型機と墜落した機体では、最も燃費効率のよい「巡航速度」が最大で約30キロ違うことが29日、分かった。墜落機は機長以外の男性が操縦していた可能性があり、大阪府警八尾署捜査本部や運輸安全委員会は機体の速度差が着陸時の操作に影響を与えた可能性もあるとみている。

 3人が所属していた飛行機クラブによると、同クラブで主に訓練用に使う小型機はセスナ社製「172R」で、墜落したムーニー社製「M20C」は使っていない。巡航速度の最大値は172Rが時速228キロなのに対し、M20Cが同257キロと、約30キロ差がある。

 3人と同じ飛行機クラブに所属し40年以上のパイロット歴がある60代男性は「ムーニー社製の機体はとても速い。上空では操作に問題ないが着陸するときは減速の感覚が(セスナ社製とは)全く違う」と語った。

 捜査本部などによると、通常は機長が座る前列左側の操縦席から、飛行機クラブに所属する川崎貴嗣さん(40)=同府豊中市=の遺体を発見。事故機の所有者で機長の西本泰志さん=広島市=とみられる遺体は前列右側から見つかっており、訓練飛行中の事故だった可能性がある。


<小型機墜落>国内2機、着陸難しく 機長席の男性不慣れか
毎日新聞 3月30日(水)7時31分配信

431
墜落した小型機を調べる国交省運輸安全委員会の事故調査官と大阪府警の捜査員ら=大阪府八尾市で2016年3月27日、本社ヘリから川平愛撮影

 大阪府八尾市の八尾空港で墜落した米国製の小型プロペラ機「ムーニーM20C」は、国内でこの機体を含めて計2機しか登録がない希少な小型機であることが29日、国土交通省への取材で分かった。高速で飛行できるが、着陸時の操縦は難しい。事故当時、機長席には操縦に習熟した事故機の所有者ではなく、この機体に不慣れな川崎貴嗣(たかし)さん(40)が座っており、府警がこうした経緯を調べている。

 同省航空局によると、今回の事故機と同型機は国内では他に1機しかない。小型機を操縦する現役パイロットの男性によると、セスナ社などの同クラスの量産機と比べて、▽速度が出る▽車輪が固定式ではなく引き込み式で離着陸時の操作が多い▽着陸時にはねやすい--などの特徴があり、特に着陸が難しいという。

 別の男性パイロットも「ムーニーはスポーツカーみたいな飛行機で、経験がない人が操縦するとミスしやすい」と指摘する。川崎さんを知る男性は「川崎さんはムーニーを操縦したことがなかったと思う」と明かした。

 事故機の所有者で、機長として操縦に習熟していた西本泰志さん(広島市)とみられる男性は、副操縦士席で亡くなっていた。副操縦士席と機長席の両方で同時に操縦ができ、府警は西本さんが川崎さんの操縦を指導していた可能性もあるとみている。

 ただ、国交省などによると、西本さんは教官免許を持っていなかった。西本さんも慣れない副操縦士席にいたため、「川崎さんの操縦とうまく連携できずに事故が起きたのではないか」という指摘もある。

 事故機の後部座席では、会社員の堀本崇生(たかお)さん(41)と、府警守口署員の麻生賢一さん(41)の遺体も見つかっている。【山田毅、宮本翔平、遠藤浩二】


小型機墜落 定期検査で機体異常なし 後部座席の2人は府警警部補らと判明
産経新聞 3月29日(火)12時40分配信

 大阪府八尾市の八尾空港で小型機が墜落し、乗っていた男性4人が死亡した事故で、小型機は昨年5月の定期検査で異常が見つからなかったことが29日分かった。事故前に同空港などで2回着陸した際も目立ったトラブルはなく、大阪府警八尾署捜査本部や運輸安全委員会は、操作ミスが事故につながった可能性があるとみて詳しい状況を調べている。

 また、捜査本部は同日、死亡した4人のうち、後部座席の遺体は職業不詳、堀本崇生さん(41)=大阪府高槻市栄町=と府警守口署の警部補、麻生賢一さん(41)=大阪市城東区今福西=の2人と判明したと発表した。死因は堀本さんが中枢性呼吸まひで、麻生さんは失血死。いずれも事故の衝撃が要因とみられる。

 関係者によると、小型機は昨年5月、年1回義務づけられている「耐空証明検査」を熊本県内の整備会社で受けたが、異常は見つからなかった。整備会社の関係者は取材に「機体は丁寧に扱われていた。過去に事故や故障があれば記録に残るが、そうした記載はなかったと思う」と話した。

 国土交通省などによると、事故前の飛行中に機体トラブルや着陸をやり直した形跡はなかった。事故後も機体左側の燃料タンクに燃料が残っており、燃料切れの可能性もないという。

 通常は機長が座る前列左側の遺体はすでに川崎貴嗣さん(40)=同府豊中市=と判明。前列右側には機体所有者の西本泰志さん=広島市=が座っていたとみられる。捜査本部は、事故時に誰が操縦していたか特定を進めている。

 小型機は26日午前、岡山県内の空港を離陸し、昼過ぎに八尾空港に着陸。その後、神戸空港(神戸市)に寄って再び八尾空港に戻る際に墜落した。


<小型機墜落>2人の身元判明…大阪府警
毎日新聞 3月29日(火)11時19分配信

462
小型機が墜落した八尾空港=大阪府八尾市で2016年3月27日午前10時25分、本社ヘリから川平愛撮影

 大阪府八尾市の八尾空港で小型プロペラ機が墜落して4人が死亡した事故で、府警は29日、機長席で亡くなった川崎貴嗣(たかし)さん(40)以外の2人について、司法解剖の結果と身元を公表した。

 府警によると、新たに死亡が確認されたのは会社員、堀本崇生(たかお)さん(41)=大阪府高槻市栄町2=と、府警守口署員の麻生賢一さん(41)=大阪市城東区今福西6。いずれも後部座席で見つかった。墜落による即死状態で、死因は堀本さんが中枢性呼吸まひで、麻生さんは失血。副操縦士席で亡くなった男性は小型機所有者で機長の西本泰志さん(広島市)とみられ、府警が身元確認を急いでいる。【山田毅】


新たに2人の身元判明=いずれも大阪の41歳男性―小型機墜落事故・府警
時事通信 3月29日(火)10時50分配信

 大阪府八尾市の八尾空港で小型プロペラ機が墜落し、4人が死亡した事故で、大阪府警は29日、新たに2人の身元について、府警守口署の警部補麻生賢一さん(41)=大阪市城東区今福西=、職業不詳堀本崇生さん(41)=同府高槻市栄町=と判明したと発表した。

 
 府警によると、司法解剖の結果、死因は麻生さんが失血死、堀本さんは中枢性呼吸まひと分かった。いずれも乗っていたのは後部座席で、麻生さんが右側、堀本さんは左側だった。


小型機墜落 飛行計画を急遽変更、訓練飛行中?機長以外も操縦か
産経新聞 3月29日(火)8時34分配信

427
大阪府警と運輸安全委員会との合同で行われた現場検証=27日午前、大阪府八尾市の八尾空港(竹川禎一郎撮影)(写真:産経新聞)

 大阪府八尾市の八尾空港で小型機が墜落し、乗っていた男性4人が死亡した事故で、当初の飛行計画が事故直前に変更されていたことが28日分かった。通常は機長が座る左側操縦席に、墜落時は機長以外の男性が座っており、大阪府警八尾署捜査本部は訓練飛行中に事故を起こした可能性もあるとみている。

 捜査関係者によると、通常は機長が座る前列左側の操縦席から川崎貴嗣さん(40)=同府豊中市=の遺体を発見。右側の操縦席からは、事故機所有者で機長の西本泰志さん=広島市=の身分証を身につけた男性の遺体が見つかった。また、後部座席の2人のうち1人は、大阪府警の40代の警察官とみられる。

 提出書類によると、西本さんは事故当日、岡南飛行場(岡山市)を出発し神戸、八尾経由で名古屋を目的地とする経路を申告。その後、八尾と神戸を往復後に名古屋へ向かう経路へと飛行計画を変更していた。

 国土交通省によると、川崎さんは自家用小型機の操縦免許を所持。航空身体検査にも合格していたが、2年に1度受ける必要がある「特定操縦技能審査」の期限が昨年10月で失効していた。ただ、機長の西本さんが隣席に同乗していれば、仮に川崎さんが操縦しても法的に問題ないという。

 川崎さんは民間航空会社のパイロット養成講座を受講していたが、今回墜落した米ムーニー社製「M20C」を講座で操縦した経験はなかった。捜査本部と運輸安全委員会は墜落時は訓練飛行だった可能性もあるとみて、関係者への聞き取りなどをさらに進める。


<小型機墜落>飛行計画急きょ変更 席交代、訓練指導目的か
毎日新聞 3月29日(火)8時30分配信

431
墜落した小型機を調べる国交省運輸安全委員会の事故調査官と大阪府警の捜査員ら=大阪府八尾市で2016年3月27日、本社ヘリから川平愛撮影

 大阪府八尾市の八尾空港の滑走路脇に小型プロペラ機が墜落して4人が死亡した事故で、飛行計画が急きょ変更されていたことが28日、捜査関係者への取材で分かった。当初は岡山県から愛知県に向かう予定だったが、八尾と神戸を往復する飛行計画が追加された。機長の小型機所有者とみられる男性が副操縦士席に座っていたことも判明しており、大阪府警はこうした計画変更の経緯を調べる。

 府警などによると、岡山県の岡南(こうなん)飛行場に提出された飛行計画の機長は、小型機所有者の西本泰志さん(広島市)だった。小型機は同飛行場から愛知県の空港に向かうはずだったが、同飛行場を出た小型機は八尾空港に着陸。その後、西本さんの知人が八尾と神戸の両空港を往復する飛行計画を八尾空港に出した。

 八尾空港を離陸した小型機が神戸空港に着いた後、再び八尾空港に折り返す際に事故が起きた。機長席には機長の西本さんではなく、死亡が確認された川崎貴嗣(たかし)さん(40)=大阪府豊中市=が座っていた。

 西本さんとみられる男性が、副操縦士席で亡くなっていたことが分かっている。副操縦士席でも操縦はできるが、飛行計画の機長は西本さんだった。川崎さんは事業用免許の取得を目指して訓練中だったこともあり、府警は川崎さんの飛行訓練のため、西本さんが副操縦士席で川崎さんを指導していた可能性もあるとみて調べている。【山田毅、宮本翔平、遠藤浩二】

« ベルギー・ブリュッセルで多発テロ、32人死亡 ISが犯行声明・14 | トップページ | 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2114 »

ニュース」カテゴリの記事

事故・トラブル・インシデント」カテゴリの記事

船舶・鉄道・航空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/63415252

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪・八尾空港で小型飛行機墜落・炎上 4人死亡・2:

« ベルギー・ブリュッセルで多発テロ、32人死亡 ISが犯行声明・14 | トップページ | 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2114 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31