« 777・787・A350等、航空機一般の話題・24 | トップページ | 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2093 »

2016年2月29日 (月)

天皇陛下がインフルエンザにご罹患

宮内庁は29日、天皇陛下がインフルエンザにかご罹患されたと発表した。
37度台後半の熱などの症状があるため、同日の公務を取りやめ、皇居・御所で静養されているという。

同庁によると、陛下は27日午後から発熱を伴うせきなどの風邪の症状があり、28日夜、御所での検査でA型インフルエンザと診断された。29日に予定されていた離任するタンザニア大使との面会などの公務は、日程を再調整する。3月1日以降の公務については、今後の症状を見て決める。

なお宮内庁は4日、皇居・御所で静養されていた天皇陛下が平熱に戻り、同日から通常の生活に戻られたと明らかにした。

リンク:陛下がご公務に本格復帰 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇陛下、インフルから回復…予定通りの公務に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<皇室>天皇陛下がインフルエンザから回復 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:陛下がインフルエンザからご回復 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇陛下、通常の生活に=宮内庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇陛下、インフルでも「体調次第でご公務」にネット反響 年間休日は「82日」しかない - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<皇太子さま>エジプト大統領と会見「陛下に見舞いの言葉」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:皇太子さまエジプト大統領と会見 - 速報:@niftyニュース.
リンク:皇太子さま、エジプト大統領と会見=天皇陛下がインフルで代理 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:皇太子さま、エジプト大統領とご会見 インフルの陛下のご代行 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇陛下がインフルエンザに、皇居・御所で療養 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:大統領会見、皇太子さまが代理=天皇陛下、インフルで―宮内庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<天皇陛下>インフルエンザ診断 御所で安静に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇陛下、A型インフルエンザと診断 29日の公務は取りやめ - 速報:@niftyニュース.
リンク:天皇陛下がインフルエンザと診断 - 速報:@niftyニュース.
リンク:天皇陛下がインフルエンザ、入院せず御所で療養 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<天皇陛下>インフルエンザと診断…発熱やのどの痛み - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇陛下がインフルエンザにご罹患 29日の予定はお取りやめ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇陛下がインフルエンザに=宮内庁 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

陛下がご公務に本格復帰
産経新聞 3月7日(月)21時46分配信

 天皇陛下は7日、皇居・御所で、来日したノルウェーのトンメセン国会議長と懇談し、インフルエンザからの本格的な公務復帰を果たされた。

 陛下は2月28日から御所で療養していたが、今月4日には熱やせきの症状が治まり、通常の生活に戻られていた。


天皇陛下、インフルから回復…予定通りの公務に
読売新聞 3月4日(金)22時31分配信

 宮内庁は4日、A型インフルエンザで療養中だった天皇陛下の症状が回復し、通常の生活に戻られたと明らかにした。

 2月28日にインフルエンザと診断され、大半の公務を取りやめられていた。3月2日に平熱に戻り、4日には内閣から送られた書類に署名するなど予定通りの公務に臨まれたという。


<皇室>天皇陛下がインフルエンザから回復
毎日新聞 3月4日(金)19時7分配信

 インフルエンザのため住まいの皇居・御所で安静にされていた天皇陛下は4日、発熱などの症状がなくなり、普段の生活に戻った。

 宮内庁によると、陛下は2月27日夕から発熱し、28日夜にインフルエンザと診断され、大半の公務を取りやめていたが、2日朝には平熱に戻った。


陛下がインフルエンザからご回復
産経新聞 3月4日(金)17時51分配信

 宮内庁は4日、インフルエンザにかかっていた天皇陛下が同日朝から通常の生活に戻られたことを明らかにした。2日朝に熱が下がるなどして症状が見られなくなったが、3日までは皇居・御所で療養されていた。週末は体力の回復に努め、7日から公務に本格的に復帰される予定。


天皇陛下、通常の生活に=宮内庁
時事通信 3月4日(金)17時31分配信

 宮内庁は4日、インフルエンザのため皇居・御所で静養していた天皇陛下が平熱に戻り、同日から通常の生活に戻られたと明らかにした。
 
 同庁によると、陛下は2月27日に発熱し、A型インフルエンザと診断された。大半の公務を取りやめて静養していたが、3月2日朝以降は平熱になり、4日は内閣の書類への署名など定例の執務を行ったという。


天皇陛下、インフルでも「体調次第でご公務」にネット反響 年間休日は「82日」しかない
J-CASTニュース 3月1日(火)20時0分配信

515
全国戦没者追悼式に出席した天皇皇后両陛下(2014年8月15日撮影)

 いま、ネット上で天皇陛下の「激務ぶり」に注目が集まっている。陛下がインフルエンザと診断されたことを伝えるニュースの中で、翌日の公務について「体調を見て検討する」との一文があったためだ。

 ネット上では、「インフルエンザの天皇陛下をご公務させる宮内庁って」という声が飛んでいる。宮内庁ホームページに掲載された公務日程によると、陛下の2015年の休日はたった「82日」だった。

■「一般企業としてはありえない判断」

  「明日以降の公務については、症状を見ながら判断する」

 陛下の「激務ぶり」がネットで注目を集めるきっかけとなったのは、2016年2月29日朝に報じられた「天皇陛下、インフルエンザと診断」のニュースだ。各社の報道によると、陛下はインフルエンザによる発熱や喉の痛みといった症状があり、29日の公務を全て取りやめ静養する。だが、翌日(3月1日)以降の予定については「陛下の体調を見て検討する」というのだ。

 こうした報道に対し、ネット上では「インフルエンザでも休めない可能性があるなんて」といった反応が上がった。ツイッターには、

  「インフルなのに、明日の公務は症状を見て決めるって...」
  「天皇でさえインフルエンザで休めない日本って怖いわー」

といった投稿が相次いで寄せられた。さらには、宮内庁の判断に対し「パワハラでは?」「インフルで苦しんでる時にまでご老体に鞭打って仕事させるの?」と問題視するようなツイートも目立った。

 実際、大手製薬会社「第一三共」が運営するインフルエンザの情報サイト「インフルニュース」によると、発熱などの症状が出てから完治までには10日前後が必要という。さらに、高齢者の場合は、死亡率の高い細菌性の肺炎など合併症のリスクが高いため、とくに注意を払う必要があるとも呼びかけている。

 また、病気と労働の問題に詳しい認定産業医・労働衛生コンサルタントの新井孝典氏はJ-CASTニュースの取材に、「一般企業では考えられない判断といえます」と答えた。その理由については、

  「社員がインフルエンザに感染した際、企業は文部科学省が定める『学校保健安全法』の施行規則に基づき、発症から5日が経過するまで出社停止措置を取ることが一般的です。しかし、今回のケースでは発熱の症状が出てからまだ3日しか経っていません。この段階で『症状を見ながら翌日の公務について検討する』というのは、一般企業としてはありえない判断でしょう」

と説明した。

「年齢からすれば異常な労働量」
 2月29日夕の報道では、陛下はインフルエンザのため、この週の公務の多くを取りやめる見通しになったことが改めて伝えられた。だが、ネット上では今回の騒動から派生する形で、陛下の「激務ぶり」に注目が集まっている。

 15年12月23日に82歳を迎えた陛下。過去には大病を患った経験もあり、02年には癌が発見されたことから前立腺の全摘出手術を受けている。近年では、11年にマイコプラズマ肺炎で入院したほか、12年には狭心症の治療のため心臓手術を受けている。加えて、ここ最近の皇室報道では、陛下の体調を気遣うような関係者のコメントも目立っていた。

 だが、宮内庁ホームページに掲載された2015年の公務日程によると、天皇陛下の予定が入っていない「休日」は82日。公務の日に、どれほどの時間が公務に割かれているかは不明だ。

 だが、単純に計算すると週休1.5日ほどのペースで、祝日や夏季休暇も一切ない。ちなみに、厚生労働省が2014年に発表した就労条件調査の結果では、日本の労働者の平均年間休日は約113日だった。

 こうした過密なスケジュールについて、先述の新井氏は「周りの医師が厳密に体調を管理しているとしても、年齢からすれば異常な労働量」だと指摘している。


<皇太子さま>エジプト大統領と会見「陛下に見舞いの言葉」
毎日新聞 3月1日(火)19時25分配信

 インフルエンザと診断された天皇陛下に代わって、皇太子さまは1日、皇居・宮殿でエジプトのシシ大統領と会見された。大統領は「陛下の一日も早い回復をお祈りします」と見舞いの言葉を述べたという。

 宮内庁によると、大統領は「日本は古くからの自らの価値観を維持しつつ、発展を遂げてきました。日本から多くのことを学びたい」と述べ、皇太子さまは「日本もエジプトから学び、お互いが理解を深めることにより、両国間の関係がますます発展することを願っています」と応えた。また、大統領は皇太子さまのエジプト訪問を招請した。

 皇太子さまは見送りの際、東日本大震災に対する支援に感謝の気持ちを伝え、大統領は「過去に日本からいただいた支援に対する感謝の気持ちでもあります」と話した。

 天皇陛下は2月28日にインフルエンザと診断され、住まいの御所で療養されているが、3月1日は内閣から届いた書類に署名するなど公務もしたという。【高島博之】


皇太子さまエジプト大統領と会見
2016年3月1日(火)17時9分配信 共同通信

 皇太子さまは1日、インフルエンザで療養中の天皇陛下に代わり、皇居・宮殿で、来日中のエジプトのシシ大統領と会見された。続いて、秋篠宮さまや宮内庁幹部も同席して昼食を共にした。

 宮内庁によると、会見の冒頭、皇太子さまが陛下の言葉として「お会いできず残念です」と伝えると、大統領は「陛下の一日も早い回復をお祈りします」とお見舞いを述べたという。

 大統領は「日本は自らの価値観を維持しつつ、発展を遂げて来ました。多くのことを学びたい」と話し、皇太子さまは「お互いが理解を深めることにより、両国間の関係が発展することを願っています」と応じた。


皇太子さま、エジプト大統領と会見=天皇陛下がインフルで代理
時事通信 3月1日(火)16時58分配信

 皇太子さまは1日、インフルエンザと診断された天皇陛下の代理として、初来日中のエジプトのシシ大統領と皇居・宮殿で会見し、昼食を共にされた。
 宮内庁幹部によると、陛下は1日も発熱が続いているが、症状の悪化は見られないという。
 同庁によると、皇太子さまは「お会いできず残念です。日本とエジプトの関係がさらに深まることを願っています」などと、陛下の言葉を大統領に伝え、東日本大震災の支援に謝意を述べた。
 大統領は「陛下の一日も早い回復をお祈りします。日本は素晴らしい国で、発展に驚嘆しています。日本から多くのことを学びたいと思います」などと応じた。エジプト出身の力士大砂嵐関や、同国の水不足問題も話題に上ったという。


皇太子さま、エジプト大統領とご会見 インフルの陛下のご代行
産経新聞 3月1日(火)16時11分配信

 皇太子さまは1日、インフルエンザを発症された天皇陛下に代わり、日本を公式訪問したエジプトのシーシー大統領と皇居・宮殿「竹の間」で会見された。

 宮内庁によると、皇太子さまが冒頭に「お会いできず残念です。日本とエジプトの関係がさらに深まることを願っています」との陛下のお言葉を伝えられ、大統領は「陛下の一日も早い回復をお祈り致します」と述べたという。

 会見に引き続き、皇太子さまが宮殿「連翠」で大統領を歓迎する昼食会を催され、秋篠宮さまが陪席された。宮殿「南車寄」まで大統領を見送った際には、皇太子さまが東日本大震災の際のエジプトの支援に感謝の意を示されたという。


天皇陛下がインフルエンザに、皇居・御所で療養
読売新聞 3月1日(火)5時35分配信

 宮内庁は29日、天皇陛下がインフルエンザと診断されたと発表した。

 入院はせず、皇居・御所で療養されるという。

 同庁によると、陛下は27日午後から37~38度台の発熱などの症状があり、28日夜、A型インフルエンザと診断された。29日の公務は全て取りやめられ、1日に予定されていた来日中のエジプト大統領との会見や昼食も皇太子さまが代理を務められる。同日以降のこのほかの公務については、陛下の症状を見ながら判断するという。


大統領会見、皇太子さまが代理=天皇陛下、インフルで―宮内庁
時事通信 2月29日(月)20時29分配信

 宮内庁は29日、インフルエンザと診断された天皇陛下が、3月1日に皇居・宮殿で行われるエジプト大統領との会見への出席を取りやめられると発表した。
 陛下の依頼で皇太子さまが代理を務め、陛下は引き続き、皇居・御所で静養する。


<天皇陛下>インフルエンザ診断 御所で安静に
毎日新聞 2月29日(月)19時23分配信

 宮内庁は29日、天皇陛下がインフルエンザA型と診断され、この日の公務を取りやめられたと発表した。27日から発熱やのどの痛み、せきなどの症状があり、28日夜にインフルエンザと診断された。29日も発熱が続き、住まいの皇居・御所で安静にしている。

 皇后さまにインフルエンザの症状はなく、29日午前に検査を受けられたところ、陰性だった。

 同庁によると、29日に陛下が予定していた離任タンザニア大使との面会や、会計検査院長らとの昼食会を取りやめた。3月1日のエジプト大統領との会見や昼食会は皇太子さまが代理を務められる。その他の公務についても陛下の体調が回復するまで、再調整したり取りやめたりする。【山田奈緒】


天皇陛下、A型インフルエンザと診断 29日の公務は取りやめ
2016年2月29日(月)12時7分配信 J-CASTニュース

宮内庁は2016年2月29日、天皇陛下がA型インフルエンザと診断されたと発表した。37~38度の熱や喉の痛み、せきの症状があるため、同日の公務は全て取りやめ、皇居・御所で静養されるという。各紙が報じた。

報道によると、陛下は27日夕に発熱など風邪の症状を訴えられ、28日夜の検査でインフルエンザと診断された。3月1日以降の予定は症状を見ながら判断するという。


天皇陛下がインフルエンザと診断
2016年2月29日(月)11時36分配信 共同通信

514
 天皇陛下

 宮内庁は29日、天皇陛下がインフルエンザと診断された、と発表した。37~38度の発熱や喉の痛み、軽いせきの症状があり、住まいの皇居・御所で安静にして過ごされる。この日に予定されていた公務は取りやめとなった。

 宮内庁によると、陛下は27日夕方から発熱など風邪の症状があり、28日夜にインフルエンザとの診断を受けた。


天皇陛下がインフルエンザ、入院せず御所で療養
読売新聞 2月29日(月)11時23分配信

 宮内庁は29日、天皇陛下がインフルエンザと診断されたと発表した。

 入院はせず、皇居・御所で療養されるという。

 同庁によると、陛下は27日から37~38度台の発熱や喉の痛みなどの症状があり、28日夜、A型インフルエンザと診断された。29日に予定されていた離任する駐日タンザニア大使との会見や、会計検査院長、人事院総裁らとの昼食など、全ての日程は取りやめになった。明日以降の公務については、症状を見ながら判断する。


<天皇陛下>インフルエンザと診断…発熱やのどの痛み
毎日新聞 2月29日(月)11時15分配信

513
新年の一般参賀で集まった人に手を振って応える天皇陛下=皇居で2016年1月2日午前11時3分、竹内紀臣撮影

 宮内庁は29日、天皇陛下がインフルエンザA型と診断され、同日の公務を取りやめられたと発表した。27日から発熱やのどの痛み、せきなどの症状があり、28日夜にインフルエンザと診断された。

 同庁によると、陛下は住まいの皇居・御所で安静にしているという。29日に予定されていた離任タンザニア大使との面会や会計検査院長らとの昼食会を取りやめた。皇后さまにインフルエンザの症状はないという。


天皇陛下がインフルエンザにご罹患 29日の予定はお取りやめ
産経新聞 2月29日(月)10時48分配信

 宮内庁は29日、天皇陛下が27日に発熱などの風邪の症状を訴えられ、28日夜にA型インフルエンザと診断されたと発表した。29日に予定していた会計検査院長らとの昼食会などの公務は取りやめ、皇居・御所で静かに過ごされるという。

 宮内庁によると、陛下の熱は37~38度で、他にのどの痛みや軽いせきの症状がおありになる。

 陛下は皇后さまとともに1月に新年の宮中行事やフィリピン訪問を果たすなど忙しい日々を過ごされていた。今月中旬に受けられた健康診断では、特に異常は見られなかったという。


天皇陛下がインフルエンザに=宮内庁
時事通信 2月29日(月)10時47分配信

 宮内庁は29日、天皇陛下がインフルエンザにかかられたと発表した。
 37度台後半の熱などの症状があるため、同日の公務を取りやめ、皇居・御所で静養しているという。
 同庁によると、陛下は27日午後から発熱を伴うせきなどの風邪の症状があり、28日夜、御所での検査でA型インフルエンザと診断された。29日に予定されていた離任するタンザニア大使との面会などの公務は、日程を再調整する。3月1日以降の公務については、今後の症状を見て決める。

« 777・787・A350等、航空機一般の話題・24 | トップページ | 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2093 »

ニュース」カテゴリの記事

健康・生活」カテゴリの記事

国家・元首・国事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/63280938

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇陛下がインフルエンザにご罹患:

« 777・787・A350等、航空機一般の話題・24 | トップページ | 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2093 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30