« 三菱MRJ、飛行試験再開 | トップページ | 靖国神社爆破テロ事件 韓国人容疑者を逮捕・4 »

2016年2月10日 (水)

台湾南部でM6.4の地震、ビル倒壊などで100人死亡、500人以上が負傷・5

台湾南部で6日午前3時57分(日本時間同4時57分)ごろ、強い地震が発生した。
中央気象局によれば、地震の規模はマグニチュード(M)6.4。震源は高雄市で深さは16.7キロ。揺れは台湾のほぼ全島で観測された。台湾内の原発の異常は伝えられていない。

台南市では約100世帯が入居する17階建てビルが倒壊するなどの被害が発生し、台湾当局によれば、午前11時半(同午後0時半)までに同市を中心に5人が死亡、358人が負傷した。日本の対台湾窓口、交流協会高雄事務所によると、日本人の被害は確認されていない。
その後の報道で、死者は100人、負傷者は500人以上となった。また倒壊したビル内には依然約20人が取り残されているとも報じられている。

倒壊したビルは築20年以上。消防が救助活動を行い、200人以上を救出したが、乳児や40歳男性ら4人の死亡が病院で確認された。内部に閉じ込められている住民がいるとみて、救出作業が続けられている。
台南市ではこのほか、女性1人が給水塔の下敷きになって死亡した。市内では複数のビル、建物が被害を受けており、広範囲で停電、断水が発生している。雲林、嘉義両県でもけが人が出ている。

※以上、時事通信の報道をもとに構成。

最初の記事
2番目の記事
3番目の記事
4番目の記事

リンク:ビル倒壊、原因究明へ=死者100人に―台湾南部地震から1週間 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<台湾地震>倒壊の16階建てビル 壁や柱の違法撤去疑いも - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:台湾倒壊ビル、約20人が内部に…死者100人 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<台湾地震>初七日…涙の追悼式 がれき中に今なお20人か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:台湾の地震犠牲者追悼式典 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:台湾南部地震 農業被害額約6億円 畜産業への影響大きく - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:台湾地震の死者94人に 30人行方不明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「台南がんばれ」 ランタンで被災地に祈り 平渓天灯祭り/台湾 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:台湾南部地震 初七日の追悼式 死者94人に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:台湾地震>現地で追悼式 雨中の捜索、遺体十数人発見 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:地震7日目、台南市で追悼式典…死者94人に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:台湾南部地震 馬英九総統ら参列して犠牲者追悼式 死者90人超える - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:台湾地震の死者94人に=馬総統ら出席し追悼式 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:台湾地震、依然60人近く不明 死者は67人に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:台湾地震、死者67人に=低層階改築でビル倒壊か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:台湾南部地震 依然60人近く不明 死者は65人に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<台湾地震>募る家族のいらだち 死者67人 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:倒壊ビル、過去に下層階の柱や壁を撤去する改築 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:台湾南部地震 13日で発生から1週間 遺体搬出続く - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:馬英九総統、防災対策「日本に学ぶべき」 台湾南部地震受け - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:台湾南部地震 日本の救援物資到着に台南市長「本当にありがとう」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:子育て世代が多く居住…倒壊した台南市のビル - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:台湾南部地震 5日ぶりに小犬救出 倒壊したマンションで - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:台湾地震、義援金200万円…日華議員懇談会 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:台湾地震 倒壊ビル、鉄筋量半分 強度不足鮮明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:台湾南部地震 日華議員懇談会、義援金200万円手渡す 青森県はりんご100箱 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:台湾南部地震 壁たたく音途絶える 90人なお閉じ込めか - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:台湾南部地震 倒壊建物、鉄筋使用量半分 強度不足鮮明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<台湾地震>呼びかけに壁たたく反応…やがて音は途絶え… - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<台湾地震>倒壊の16階建てビル 一部鉄筋が必要量の半分 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:倒壊ビル「手抜き」否定=台湾 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:倒壊ビル「手抜き」否定=拘束の建設会社元社長―台湾地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:倒壊ビル、鉄筋量が半分以下も…「人災」強まる - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:台湾南部地震 がれきから108時間ぶりに小犬助かる - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

ビル倒壊、原因究明へ=死者100人に―台湾南部地震から1週間
時事通信 2月13日(土)0時22分配信

 【台北時事】台湾南部を襲ったマグニチュード(M)6.4の地震発生から13日で1週間。
 被害が集中する台南市のビル倒壊現場では、これまでに98人の遺体が確認され、台湾全土の犠牲者は100人となった。台湾当局は捜索活動と並行して、原因究明を本格化させている。
 倒壊原因をめぐっては、周辺の建物にほとんど被害が見られないことから、ビルの構造上の問題が疑われている。これまでの調査で、鉄筋量やコンクリート強度の不足が発覚。家電店などが入居していた東南側の低層階では、部屋を隔てる壁を取り除く「違法改築」が行われていたことも明らかになっている。
 台南市の委託を受けて現地調査した構造技師の施忠賢さんは12日、時事通信の取材に応じ「1~4階に構造上の問題があった」と、低層階の改築工事を問題視。「壁が衝撃を受け止めていれば、ビル全体が倒れることはなかっただろう」と語った。検察当局は、業務上過失致死の疑いで身柄を拘束した建設会社元社長ら3人の取り調べを進めるとともに、改築工事が行われた部屋の所有者からも事情を聴く方針だ。


<台湾地震>倒壊の16階建てビル 壁や柱の違法撤去疑いも
毎日新聞 2月12日(金)22時1分配信

25
16階建てビルが倒壊した現場で重機を使ってがれきの撤去を進める救助隊員=台南市で10日、AP

 【台南・林哲平】台湾南部の地震で死傷者が集中している台南市の16階建てビルについては、はりや柱に入った補強用の鉄筋が必要量の半分だったことによる耐震強度の不足が検察当局の調べで判明しているが、低層階の一部で壁や柱が違法に撤去された疑いも新たに浮上している。検察は構造に関わる複合的な要因で倒壊した可能性があるとみて捜査を進めている。

 12日付の台湾各紙は、ビル南側の1~4階の区画(各階とも約300平方メートル)で2004年以前の改築によって壁や柱が撤去されていたと報じた。設計図では複数の部屋に分かれているが、ビルの住民が撮影した写真や証言によると、改築後には数本の柱があるだけの大きな部屋になっていた。ビルは地震後、南東方向に倒壊しており、柱や壁の撤去による耐震性の低下が原因の一つになった可能性がある。

 改築には建物の構造に与える影響評価などが必要で、検察はこうした手続きが適正に行われたかについて、近くこの区画の所有者の女性から事情を聴取する。

 この区画には04年に家電量販店が入居しており、一部の住民は「所有者が売り場用に高く貸そうとして改築したのではないか」と指摘。改築直後に地元政府に対処を求めたが、根本的な対策は取られなかったという。

 一方、検察は12日、業務上過失致死の疑いで拘束している建設会社元社長の自宅を捜索するとともに、倒壊現場で土壌などを採取した。これまでの捜査ではりや柱に入った補強用の鉄筋が構造計算書で記された量の半分に減らされていたことが判明。鑑定を委託されている台南市土木技師協会によると、コンクリートの強度が不足していた疑いもあるという。元社長は容疑を否認している。


台湾倒壊ビル、約20人が内部に…死者100人
読売新聞 2月12日(金)21時23分配信

24
夜間も続けられる懸命な捜索活動(12日午後7時35分、台湾・台南市で)=田村充撮影

 【台南(台湾南部)=向井ゆう子】台湾南部で起きた地震は12日、発生から7日目。

 台南市で倒壊した16階建てビルではこれまでに、98人の死亡が確認され、地震の死者は計100人となった。倒壊したビル内部には約20人がいるとみられ、市当局は重機を投入し、がれきの撤去を進めている。検察当局は12日、業務上過失致死容疑で拘束中の建設会社(倒産)の元社長らの自宅を捜索、関係者を事情聴取した。元社長の財産の差し押さえも決定した。


<台湾地震>初七日…涙の追悼式 がれき中に今なお20人か
毎日新聞 2月12日(金)21時14分配信

23
台湾南部を襲った地震の犠牲者の追悼式に参列する遺族や友人ら=台湾南部・台南市で2016年2月12日、鈴木玲子撮影

 【台南(台湾南部)鈴木玲子】台湾南部を襲った地震は13日で発生から1週間となる。最大の被害を出した台南市の16階建て雑居ビルの倒壊現場では、12日もがれきの撤去作業と行方不明者の捜索が続いた。現場での死者は98人、全体では100人に上っている。12日には犠牲者の初七日の追悼式が市内の葬儀場で営まれ、遺族らは悲しみを新たにした。

 重機によるがれきの撤去で地面に近い場所での捜索が進み、12日未明から約30人の遺体が発見されたが、その後は難航。今なお約20人ががれきの中に閉じ込められているとみられる。倒壊の衝撃で地下約4メートルまで埋没している部分もあり、捜索を困難にしている。

 追悼式では約50人の遺影が並んだ祭壇の前で、遺族や友人らが犠牲者の冥福を祈った。祭壇には犠牲となった子供に供えられたおもちゃや菓子も並んだ。

 妻(27)と4歳の息子を一度に失い、自らも負傷して救出された呉垠(ごぎん)さん(30)は妻子の遺影を前に泣き崩れ、家族らに抱きかかえられながら会場を後にした。いとこを失った男性(34)は「安らかに眠ってほしい。なぜこんなひどいことになったのか。市は徹底して原因を究明してほしい」と涙ながらに訴えた。


台湾の地震犠牲者追悼式典
時事通信 2月12日(金)20時26分配信

22
12日、台湾の台南市で営まれた地震犠牲者の追悼式典。


台湾南部地震 農業被害額約6億円 畜産業への影響大きく
中央社フォーカス台湾 2月12日(金)17時37分配信

(台北 12日 中央社)馬英九総統は12日、台南市内の養鶏場を訪れ、台湾南部地震による被害状況を確認した。行政院農業委員会が同日午後3時までにまとめた台湾全土における農業の推定被害金額は、1億6993万台湾元(約5億7900万円)。馬総統は農家の正常な経営再開に向け、政府として全力で支援していく姿勢を示した。

項目別にみると、畜産施設の被害が最も大きく、1億6425万元(約5億5950万円)に上っている。中でも採卵鶏を飼育する養鶏場は深刻な影響を受けた。ケージの倒壊により、多くの鶏が死ぬ被害も出た。

地域別では台南市が1億2305万元(約4億1900万円)と全体の72%を占めた。嘉義県は4688万元(約1億6000万円)となっている。

(陳俊華/編集:名切千絵)


台湾地震の死者94人に 30人行方不明
BBC News 2月12日(金)16時31分配信

21
台湾地震の死者94人に 30人行方不明

台湾当局は12日、南部で6日午前に起きたマグニチュード(M)6.4の地震による正式な死者数は94人になったと明らかにした。まだ30人が行方不明で捜索活動は続いているが、生存の望みは失われつつある。

犠牲者のうち2人を除く全員は、倒壊した複合型高層マンション「維冠金龍大樓」で被害に遭った。台湾検察はすでに、開発業者のリン・ミングイ容疑者と設計士2人を業務上過失致死の疑いで逮捕している。

12日には遺族や行方不明者の家族による追悼式典が行われ、馬英九総統と蔡英文次期総統が参列した。

(英語記事 Taiwan quake death toll reaches 94 as relatives hold memorial)


「台南がんばれ」 ランタンで被災地に祈り 平渓天灯祭り/台湾
中央社フォーカス台湾 2月12日(金)15時20分配信

20
新北市観光旅遊局提供

(新北 12日 中央社)春節(旧正月)から元宵節(旧暦1月15日)の間に行われる恒例イベント「新北市平渓天灯祭り」が11日、新北市平渓区で開幕した。6日に発生した地震の被災地に祈りをささげようと「台湾に神のご加護を 台南がんばれ」と記したランタンも打ち上げられ、見物客らは被災者が無事に困難を乗り越えられるよう願った。

人気イラストレーターによる手書きの可愛らしいイラストと、大人と子供の無数の指紋を組み合わせて完成させた、高さ約2.4メートルのメインランタンも登場した。

天灯祭りは台湾のみならず、国際的にも高い評価を受けている。開催は18年目。新北市政府観光旅遊局の公式フェイスブックページ「新北旅客」によると、この日は歌手の藤井フミヤさんも来場したという。同祭りは14日と22日にも行われる。

(黄旭昇/編集:名切千絵)


台湾南部地震 初七日の追悼式 死者94人に
中央社フォーカス台湾 2月12日(金)12時21分配信

19
捜索が続けられるマンション倒壊現場

(台南 12日 中央社)台湾南部地震の発生から7日目を迎えた12日午前、被災地の台南市で初七日の追悼式が行われた。馬英九総統や次期総統の蔡英文・民進党主席らが参列し、犠牲者に祈りをささげた。同市政府の発表によると、同日午前10時現在、地震による死者は94人になった。

馬総統は遺族と握手をするなどして哀悼の意を表した。声を上げて泣く人や、身体を支えられながら入ってくる遺族の姿もあり、式場は悲しみに包まれた。

これまでに92人の死者が出ているマンションの倒壊現場では、30人がいまだ行方不明となっており、捜索が続けられている。

(黄国芳、楊思瑞、郭シセン/編集:名切千絵)


台湾地震>現地で追悼式 雨中の捜索、遺体十数人発見
毎日新聞 2月12日(金)11時35分配信

18
地震の犠牲者の冥福と行方不明者の無事を祈る家族ら=台湾南部・台南市で2016年2月11日、林哲平撮影

 【台南(台湾南部)鈴木玲子、林哲平】台湾南部を襲った地震で被害が広がった台南市の葬儀場で12日、市主催による犠牲者の初七日の追悼式が行われた。式では僧侶の読経の中、家族らが犠牲者の冥福を祈った。

 台南市によると、地震の死者は計94人となった。

 最大の被害が出た台南市内のビル倒壊現場ではこの日も降りしきる雨の中で捜索が続けられた。重機によるがれきの撤去が進んだこともあり、未明から朝にかけて十数人の遺体が見つかった。なお約30人が行方不明となっており、捜索を見守る家族の一人は「せめて初七日の今日中には見つかってほしい」とつぶやいた。

 追悼式には遺族や友人のほか、5月に総統に就任する民進党の蔡英文主席や馬英九総統ら多くの人が出席した。

 倒壊したビルには若い家族が多く暮らしていたため、犠牲者には子供が少なくない。祭壇には犠牲者の遺影が並び、近くには花や供物のほか、子供用のおもちゃやサンダルなども数多く供えられていた。


地震7日目、台南市で追悼式典…死者94人に
読売新聞 2月12日(金)11時33分配信

17
追悼式典で遺影の前に立つ僧侶ら(12日午前9時10分、台湾・台南市で)=田村充撮影

 【台南(台湾南部)=向井ゆう子】台湾南部で起きた地震は12日、発生から7日目を迎えた。

 ビルが倒壊するなど最大の犠牲が出た台南市では12日午前、犠牲者を追悼する式典が開かれ、遺族や市関係者のほか、次期総統の最大野党・民進党の蔡英文(ツァイインウェン)主席と、馬英九(マーインジウ)総統が出席した。

 台南市の倒壊したビルでは12日も、激しい雨が降る中、救出作業が続いている。11日深夜から12日午前にかけて、新たな死者の発見が相次ぎ、ビルでの死者は92人になった。全体の死者は計94人となった。ビルではまだ30人程度が取り残されているとみられている。


台湾南部地震 馬英九総統ら参列して犠牲者追悼式 死者90人超える
産経新聞 2月12日(金)11時19分配信

 【台南=田中靖人】台湾南部の地震で、台南市は12日午前、初七日の追悼式を開いた。馬英九総統や張善政行政院院長(首相に相当)、次期総統に当選した民主進歩党の蔡英文主席らも参列し、犠牲者の冥福を祈った。

 16階建て集合住宅が倒壊した現場では11日夜から12日朝にかけても徹夜で救出作業が行われた。今回の地震による死者は同日午前現在、90人を超えた。なお30人程度ががれきの下に埋まっているもようで、当局が捜索を急いでいる。

 一方、台南地方法院(地裁)は12日未明、台南市が一部被災者に代わり申請していた建設業者らの財産の仮差し押さえ申請を認めた。台南市当局などによると、差し押さえ対象は、台南地検に身柄を拘束された3人が台南市や新北市に保有している不動産など3000万台湾元(約1億円)相当の資産という。


台湾地震の死者94人に=馬総統ら出席し追悼式
時事通信 2月12日(金)11時11分配信

 【台北時事】台湾南部で6日未明に起きた地震で、台南市当局は12日午前、倒壊した台南市永康区の16階建てビルの死者が92人、台湾全土の死者が94人になったと発表した。
 依然として、30人ががれきの下敷きになっているとみられる。
 台南市内では同日午前、犠牲者の追悼式典が開かれ、馬英九総統や次期総統の最大野党・民進党の蔡英文主席らが参列した。


台湾地震、依然60人近く不明 死者は67人に
産経新聞 2月12日(金)7時55分配信

 【台南=田中靖人】地震で倒壊した台湾・台南市の16階建て集合住宅では11日、折り重なった建物の上側部分の解体が進み、捜索が難しかった地面側から遺体の搬出が始まった。この場所での死者は11日夜までに65人にのぼり、台湾全体で67人となった。市当局は、なお60人近くが行方不明としており死者はさらに増える見通しだ。

 建物のなかで「壁をたたく反応」があったとされた場所では20時間以上、捜索を行ったが、誰も発見できなかった。11日付の地元紙は、救助隊員が壁をたたいた音が反響したり、解体作業の音を聞き間違えたりした可能性があると指摘した。

 現場では不明者の家族らが、市の救出作業が遅いと批判。頼清徳市長は報道陣に、生命反応が出るたび重機を止めていたと説明、批判は「誤解だ」と述べた。

 建物の強度については、住宅が大通り側に折れるように倒壊していることから、建物自体の強度不足に加え、道路側の1~4階の家電量販店の壁の一部が取り除かれていたことも原因とする見方が浮上している。地元メディアは、台南地方法院検察署(地検)が近く店舗の貸主から事情を聴く方針だと報じた。


台湾地震、死者67人に=低層階改築でビル倒壊か
時事通信 2月12日(金)0時7分配信

 【台北時事】台湾南部を襲った地震は11日、発生から6日目を迎えた。
 台南市永康区の16階建てビルの倒壊現場では、がれきの下敷きになったとみられる人々の捜索が続けられた。当局によると、ビルでの死者は65人、台湾全土では67人となった。
 ビル内には、まだ約60人が取り残されているもよう。下敷きになった被災者の生存率が急激に低下するとされる「発生後72時間」が過ぎ、時間の経過とともに生存者発見は厳しい状況となっている。台南市当局は救助隊員の進入経路を確保するため、大型重機でがれきを除去する作業を急ピッチで進めた。
 11日付の台湾各紙は、ビルの1~4階で部屋の壁を打ち抜く改築工事が行われており、これが建物の強度に影響して崩壊を招く一因となった可能性があると報じた。1~3階は家電店が入居していた。検察当局も関心を持っており、部屋の所有者である女性から事情を聴く方針という。


台湾南部地震 依然60人近く不明 死者は65人に
産経新聞 2月11日(木)23時23分配信

 【台南=田中靖人】台湾南部の地震により、台南市で倒壊した16階建て集合住宅では11日、折り重なった建物の上側部分の解体が進み、捜索が難しかった地面側から遺体の搬出が始まった。この場所での死者は11日夜までに63人、台湾全体で65人となった。13日で地震の発生から1週間となるが、市当局は同所で60人近くが行方不明としており、死者はさらに増える見通しだ。

 現場で捜索を待つ家族らは救出作業の「遅さ」に不満を募らせた。11日夕の説明会で、市側は「1分も無駄にしていない」と理解を求めたが、「何も進んでいない」と大声を出す関係者もいた。

 頼清徳市長は報道陣に、倒壊後36時間で重機の準備を終えたが、生存の可能性がある人や遺体の損傷を避けるため投入を遅らせたと説明。生命反応が出るたびに重機を止めていたこともあり、一部家族の批判は「誤解だ」と述べた。

 「壁をたたく反応」があったとされた場所からは、20時間以上の捜索でも誰も発見できなかった。11日付の地元紙は、救助隊員が壁をたたいた音の反響や、解体作業の音を聞き間違えた可能性を指摘した。

 一方、住宅が大通り側に折れるように倒壊していることから、建物自体の強度不足に加え、道路に面した1~4階の家電量販店の壁の一部が取り除かれていたことも原因だとする見方が浮上。地元メディアは、台南地方法院検察署(地検)が近く店舗の貸主から事情を聴く方針だと報じた。


<台湾地震>募る家族のいらだち 死者67人
毎日新聞 2月11日(木)21時36分配信

 【台南(台湾南部)鈴木玲子、林哲平】台湾南部を襲った地震は11日、発生から6日目を迎えた。これまでの死者は67人。このうち台南市の16階建て雑居ビル倒壊現場での死者は65人に上る。なお約60人が中に取り残されているとみられ、家族はいらだちを募らせている。この日夜、現場近くの廟(びょう)前では、家族らが犠牲者の冥福と行方不明者の無事を祈った。

 台湾メディアによると、家電量販店などが入居していた低層階には、壁が取り払われた部屋もあり、こうした改築が強度に影響した可能性もあるという。

 倒壊現場ではこの日、地面に近い下部を捜索するため、重機を52台に増強。しかし、場所によって作業の進度に大きな差があり、最も捜索が遅れている場所の家族らは、当局に不満を訴えた。

 「いつになったら捜索が始まるんだ」。「もう6日目だ。タイムスケジュールを示してくれ」。状況説明会で、家族が抑え切れなくなった焦りを市幹部にぶつけた。

 11日夜には地震発生後、初めて雨が降った。土砂降りの中、解体作業が進められ、雨水ががれきの隙間(すきま)から建物内部に入らないよう一部はビニールシートで覆われた。市幹部は「雨が降っても作業は中断しない」と強調した。

 一方、一部の被災住民は11日、業務上過失致死の疑いで身柄を拘束されたビル建設会社の元社長ら3人に対する財産の仮差し押さえ申請を台南地方法院(地裁)に提出した。


倒壊ビル、過去に下層階の柱や壁を撤去する改築
読売新聞 2月11日(木)20時36分配信

16
11日、台湾・台南市で、捜索状況を説明する市の関係者らに厳しい表情で問いつめる親族や友人ら(田村充撮影)

 【台南(台湾南部)=向井ゆう子、台北=比嘉清太】台湾南部で起きた地震で16階建てビルが倒壊した台南市の現場では、10日深夜から11日にかけての捜索で新たな死者の確認が相次いだ。

 今回の地震による死者は同ビルだけで63人、全体で計65人となった。ビル内には依然、約60人が取り残されているとみられ、懸命の捜索が続けられている。

 だが、発生から6日目を迎え、生存者発見は難しい状況となっており、安否不明者の親族らは焦りを募らせている。台南市当局が11日に開いた捜索状況に関する説明会では、親族らが市幹部に詰め寄ったり、怒号が飛んだりした。

 倒壊したビルを巡っては、構造上の問題が次々と指摘されている。市幹部や台湾メディアによると、ビルの下層階では過去に、柱や壁を撤去する改築が行われていた。検察当局の調べで、ビルの一部に関し、鉄筋の量が必要とされる半分以下だったことも判明した。

 「手抜き工事」(検察当局)や、「違法改築」(地元メディア)が重なり、強度が損なわれて倒壊を招いた可能性がある。


台湾南部地震 13日で発生から1週間 遺体搬出続く
産経新聞 2月11日(木)19時39分配信

 【台南=田中靖人】台湾南部の地震により、台南市で倒壊した16階建て集合住宅では11日、折り重なった建物の上側部分の解体が進み、捜索が難しかった地面側から遺体の搬出が始まった。この場所での死者は11日午後5時現在で59人、台湾全体で61人となった。13日で地震の発生から1週間となるが、市当局は同所で60人近くが行方不明としており、死者はさらに増える見通しだ。

 現場で捜索を待つ家族らは救出作業の「遅さ」に不満を募らせた。11日夕の説明会で、市側は「1分も無駄にしていない」と理解を求めたが、「何も進んでいない」と大声を出す関係者もいた。

 頼清徳市長は報道陣に、倒壊後36時間で重機の準備を終えたが、生存の可能性がある人や遺体の損傷を避けるため投入を遅らせたと説明。生命反応が出るたびに重機を止めていたこともあり、一部家族の批判は「誤解だ」と述べた。

 「壁をたたく反応」があったとされた場所からは、20時間以上の捜索でも誰も発見できなかった。11日付の地元紙は、救助隊員が壁をたたいた音の反響や、解体作業の音を聞き間違えた可能性を指摘した。

 一方、住宅が大通り側に折れるように倒壊していることから、建物自体の強度不足に加え、道路に面した1~4階の家電量販店の壁の一部が取り除かれていたことも原因だとする見方が浮上。地元メディアは、台南地方法院検察署(地検)が近く店舗の貸主から事情を聴く方針だと報じた。


馬英九総統、防災対策「日本に学ぶべき」 台湾南部地震受け
中央社フォーカス台湾 2月11日(木)18時48分配信

(台北 11日 中央社)馬英九総統は11日、南部で6日未明に起きた地震の中央災害対策センターで、台湾の防災対策について「日本に学ぶべきことは少なくない」と語り、災害を減らす取り組みの重要性を強調した。

台南市政府によると、今回の地震では11日午後5時25分現在までに62人の死亡が確認されている。地震により倒壊した同市内のマンションには、依然として60人以上が取り残されているとみられており、懸命の救助活動が行われている。

馬総統は、10日に倒壊現場で抱き合った状態で発見された2人の犠牲者について「心を痛めている」と語ったほか、救助活動を続ける人々に感謝を述べた。

(劉世怡/編集:杉野浩司)


台湾南部地震 日本の救援物資到着に台南市長「本当にありがとう」
中央社フォーカス台湾 2月11日(木)16時4分配信

15
頼清徳・台南市長のFacebookページより

(台北 11日 中央社)台湾南部で起きた地震で被害を受けた台南市に対する日本の救援物資の一部が10日夜、高雄国際空港に到着したのを受け、同市の頼清徳市長は11日、自身のフェイスブックに「本当にありがとう」と感謝をつづった。

頼氏は、日本政府と安倍晋三首相に対して謝意を示した上で、日本の人々の迅速な援助に台南市民を代表して感謝するとコメントしている。

頼氏の投稿は11日午後4時現在までに4万件以上の「いいね!」を集めているほか、「ありがとう日本」「日本をもっと好きになった」といった感謝のコメントも多数寄せられている。

今回到着したのは、日本政府が寄贈を決めた4リットルの貯水容器3600本のうち100本で、地震の影響で断水が続く同市の一部地域で使用されるという。加えてグラウンドシート200枚も贈られる予定。

日本政府は今回の地震に対して、100万米ドル(約1億1000万円)規模の支援実施を表明している。また、安倍首相は地震が発生した6日、台湾に向けて「必要な支援を何でも供与する用意がある」とするメッセージを出していた。

(葉子綱/編集:杉野浩司)


子育て世代が多く居住…倒壊した台南市のビル
読売新聞 2月11日(木)14時11分配信

 【台南=吉田敏行、大重真弓】台湾南部で起きた地震で、倒壊した台南市の16階建てビルは、教育レベルが高いと評判の公立小学校に近いうえ、居室の価格も手頃だとして、地元では小さな子を持つ若い世代が多く住んでいることで有名だった。

 現地メディアは、犠牲者の3分の1は12歳以下の子供だと伝えている。

 地元市議によると、ビル周辺は30年ほど前まで大根畑や農業用の貯水池などが点在していた。次第に小学校などが整備され、ビルが建築された1990年代に都市化していったという。地元の男性(45)は「近くに大きな市場があり、高速道路の入り口も近い。生活にはとても便利」と話す。

 このビルの居室は、3DKの中古物件が300万台湾ドル(約1030万円)程度。中低所得者層でも購入できるとあって、子供の教育目当てだけでなく投資目的でも人気を集めていたという。


台湾南部地震 5日ぶりに小犬救出 倒壊したマンションで
中央社フォーカス台湾 2月11日(木)13時11分配信

10
台南市政府提供

(台南 11日 中央社)南部で起きた地震により倒壊した台南市のマンションで11日午前、地震発生から5日ぶりに小犬が救出された。同市の頼清徳市長によれば、小犬は軽傷だという。

小犬は同日朝、がれきの撤去を行っていた作業員に発見された後、作業の音に驚いて姿を消していた。だが、鳴き声を上げたのをきっかけに作業員が再び小犬を見つけ出し、救出した。倒壊現場では10日午後にも別の小犬が助け出されており、無事飼い主と再会していた。

台南市政府によれば、6日に起きた地震では、11日午前11時現在までに55人の死亡が確認されている。このうち53人が倒壊したマンションで亡くなっており、がれきの中には、依然として83人が取り残されているとみられている。

(葉子綱、陳朝福/編集:杉野浩司)


台湾地震、義援金200万円…日華議員懇談会
読売新聞 2月11日(木)10時45分配信

 超党派でつくる日華議員懇談会(会長・平沼赳夫衆院議員)は10日、台湾南部で起きた地震の復旧・復興のため、義援金200万円を台湾側に寄贈した。

 懇談会幹事長の古屋圭司衆院議員が同日、台湾の対日窓口機関・台北駐日経済文化代表処(東京都港区)で手渡した。古屋氏は「台湾と日本は友好関係にある。互いに困った時には助け合うということだ」と述べた。日本政府は既に100万ドル(約1億1700万円)規模の支援を表明している。


台湾地震 倒壊ビル、鉄筋量半分 強度不足鮮明
産経新聞 2月11日(木)7時55分配信

 【台南=田中靖人】台南市の16階建て集合住宅の倒壊で、台南地方法院検察署(地検)が業務上過失致死の疑いで身柄を拘束した建築業者の林明輝容疑者らが、柱とはりに巻く鉄筋の数量や長さを減らし、最も少ない場合、構造計算書の50%しか使用していなかったことが分かった。台南地検は強度不足が倒壊につながったとみて調べている。

 他に逮捕されたのは、住宅を建設した「維冠建設」の設計士ら2人。中央通信社などによると、林容疑者は容疑を否認し、施工内容も「覚えていない」と話している。同社は解散しており、被災者が補償を求めるのは難しいとみられる。林容疑者は3回改名し経営会社を変更してきたという。

 倒壊現場の柱や天井などからは、サラダ油などの一斗缶や発泡スチロールが発見されている。これらも耐震性に影響を与えたとみられる。維冠建設や林容疑者が関与した会社は他にも数棟の高層住宅を建てており、台湾メディアは不安を漏らす住民の声を伝えている。また、倒壊した住宅は便利な土地にある割に価格が低く、若年層が購入しやすかったため子供の犠牲者が多くなったという。


台湾南部地震 日華議員懇談会、義援金200万円手渡す 青森県はりんご100箱
産経新聞 2月11日(木)0時55分配信

 台湾南部の地震で、超党派でつくる議員連盟「日華議員懇談会」のメンバーらが10日、台湾の対日窓口機関、台北駐日経済文化代表処(東京都港区)を訪れ、被災者救済にあてられる義援金200万円を沈斯淳代表(台湾の駐日大使に相当)に手渡した。

 日華議員懇談会幹事長で自民党の古屋圭司衆院議員があいさつし、「困ったときに支援の手を差し伸べるのが友情の証しである」と語った。

 一方、同日、台湾との交流が深い青森県の三村申吾知事と青森県りんご輸出協会の太田一民理事長らも台北駐日経済文化代表処を訪れ、義援金とりんご100箱を手渡した。

 三村知事は東日本大震災の際に、台湾から手厚い支援が寄せられたことを強調し、「青森のりんごでぜひ元気になってほしい」と語った。


台湾南部地震 壁たたく音途絶える 90人なお閉じ込めか
産経新聞 2月11日(木)0時44分配信

 【台南=田中靖人】台湾南部の地震による台南市の16階建て集合住宅の倒壊は10日、発生から5日目となった。生存率が大幅に下がる「72時間」を超える100時間が経過し、消防当局は生存者の救出に向け進入経路を確保するためとして、重機を用いた建物の解体に本格的に着手した。9日に生存情報があった1人も救出に至らず、家族らの間に悲観的な見方が広がっている。

 建物では9日午後、男性1人とみられる生命反応が探知された。該当の場所には大人2人、子供2人がいると報告されており、救助隊員の声かけに「壁をたたく反応」があったため、夜を徹して手作業と最小限の重機の使用で、慎重にがれきを取り除いた。

 8日夕、8歳の女児と女児の親戚のベトナム人女性(28)が倒壊後約60時間ぶりに救出されて以来の「奇跡」(地元メディア)と期待が高まり、10日早朝には生命探知機による捜索で約1・8メートルまで接近。母親が「15歳の息子かもしれない」と名乗り出た。だが、頼清徳市長は10日昼前、9日夜まで聞こえた壁をたたく音が「すでに無くなった」と述べた。同日午前には救助隊員が該当の場所に到達したが発見できず、隣の棟の捜索に移った。

 市当局は10日午前、重機35台を使用して建物の解体を本格的に開始。がれきに埋まるなどして収容が難しい遺体はそのまま安置し、解体を急ぐ方針を家族に示したが、反対意見は出なかった。遺体の身元確認に向け、親族のDNA採取も始まった。

 犠牲者の発見も徐々に増え始めた。同所の死者は10日午後8時現在45人、地震による死者は台湾全体で47人となった。消防当局はなお集合住宅で90人近くが閉じ込められているとしており、死者は今後、増える可能性が高い。


台湾南部地震 倒壊建物、鉄筋使用量半分 強度不足鮮明
産経新聞 2月11日(木)0時42分配信

 【台南=田中靖人】台南市の16階建て集合住宅の倒壊で、台南地方法院検察署(地検)が業務上過失致死の疑いで身柄を拘束した建築業者の林明輝容疑者らが、柱とはりに巻く鉄筋の数量や長さを減らし、最も少ない場合、構造計算書の50%しか使用していなかったことが分かった。台南地検は強度不足が倒壊につながったとみて調べている。

 他に逮捕されたのは、住宅を建設した「維冠建設」の設計士ら2人。中央通信社などによると、林容疑者は容疑を否認し、施工内容も「覚えていない」と話している。同社は解散しており、被災者が補償を求めるのは難しいとみられる。林容疑者は3回改名し経営会社を変更してきたという。

 倒壊現場の柱や天井などからは、サラダ油などの一斗缶や発泡スチロールが発見されている。これらも耐震性に影響を与えたとみられる。

 維冠建設や林容疑者が関与した会社は他にも数棟の高層住宅を建てており、台湾メディアは不安を漏らす住民の声を伝えている。また、倒壊した住宅は便利な土地にある割に価格が低く、若年層が購入しやすかったため子供の犠牲者が多くなったという。


<台湾地震>呼びかけに壁たたく反応…やがて音は途絶え…
毎日新聞 2月10日(水)23時18分配信

 【台南・鈴木玲子】台湾南部の地震で死傷者が集中している台南市の16階建てビルの倒壊現場では10日、救助隊員の呼びかけに壁をたたく反応があった部分でがれきを取り除く作業が続いたが、生存者は発見できなかった。壁をたたく反応は10日昼までに消えた。がれきの中には約90人が取り残されているとみられている。現場での死者は45人に増え、全体では47人に上った。

 捜索を終えた部分では重機を使ったがれきの撤去作業が加速している。地面に近い下部の捜索を早めるためで、ビルは倒壊した当初に比べ、上部のがれきが撤去されるなど、大きく姿を変えた。

 10日には、アルバイトをしながら大学に通い、一緒に働く友人の男性3人とルームシェアしていた女子学生(21)や6歳の男児らが新たに遺体で見つかった。一方で、10日夕には白色の犬1匹が救出された。飼い主の女性は既に救出されている。


<台湾地震>倒壊の16階建てビル 一部鉄筋が必要量の半分
毎日新聞 2月10日(水)23時16分配信

6
16階建てビルが倒壊した現場で重機を使ってがれきの撤去を進める救助隊員=台南市で2016年2月10日、AP

 【台南(台湾南部)林哲平】台湾南部を襲った地震で倒壊した台南市の16階建てビルについて、検察当局は一部の鉄筋が必要量の半分しか使われていなかったと明らかにした。10日付の台湾各紙が伝えた。検察は耐震強度の不足が倒壊につながったとみて、拘束した建設会社の元社長らを調べている。

 検察によると、ビルの1階から5階のはりや柱に入った補強用の鉄筋が構造計算書に記された量の半分に減らされていた。また、元社長とともに拘束された建築士が建築申請の段階で設計担当者とされたが、名義を借りた別人が実際には設計していた。元社長は「覚えていない」と供述しているという。

 複数の不動産業者によると、1989年に設立された建設会社は戸建て民家など小規模な住宅を建設し、「地元でもあまり知られていなかった」という。90年代に市内3カ所で相次いでマンション建設を始め、94年にそろって完工させた。倒壊したビルが最後の工事となり、99年に事業停止を申請、倒産した。ある不動産業者は「能力を超える事業拡大の中でずさんな工事や設計が行われたのではないか」と話した。

 倒壊したビルは小学校に近く、買い物にも便利な立地で、子供を持つ若い夫婦らに人気だった。ただ標準的な部屋の中古価格は約300万台湾ドル(約1040万円)と「付近の相場の半分」(不動産業者)という。住民の一人は「水漏れが頻繁に起きるなどトラブルが多かった」と話し、施工の不備をうかがわせた。一方で同時期に完成した2カ所のマンションは地震による被害は出ていない。

 住民に若い家族が多かったことで、犠牲者には子供が目立つ。台湾当局によると、ビルの死者45人のうち12歳以下の子供は14人で3割を超える。また、閉じ込められているとみられる約90人のうち20人が子供という。

 一方、台南市政府は、地震の影響で倒壊の危険性が高まり、撤去の必要がある建物が31棟に上ることを明らかにした。建物に被害が出たり、住民が不安を訴えたりしたことを受け、9日までに97棟を調べた。このうち31棟で解体、17棟では耐震補強の必要があった。


倒壊ビル「手抜き」否定=台湾
時事通信 2月10日(水)21時3分配信

4
台湾で起きた地震で倒壊した台南市永康区の16階建てビルをめぐり、検察当局に業務上過失致死の疑いで身柄を拘束された建設会社の元社長が「手抜き工事」を否定していることが分かった。写真は倒壊したビル=10日


倒壊ビル「手抜き」否定=拘束の建設会社元社長―台湾地震
時事通信 2月10日(水)20時34分配信

 【台北時事】台湾南部で起きた地震で倒壊した台南市永康区の16階建てビルをめぐり、検察当局に業務上過失致死の疑いで身柄を拘束された建設会社の元社長が、「手抜き工事」を否定していることが分かった。
 10日付の聯合報など台湾各紙が伝えた。
 検察当局は9日夜、元社長ら3人の拘束を発表した。同日までの取り調べで、元社長は「手抜き工事」との指摘に対し、1999年の台湾中部大地震などの際に問題が生じなかったことを強調し、「無実だ」と主張しているという。


倒壊ビル、鉄筋量が半分以下も…「人災」強まる
読売新聞 2月10日(水)19時53分配信

3
重機による解体作業が進む建物崩壊現場(10日午後、台湾・台南市で)=安川純撮影

 【台南(台湾南部)=向井ゆう子、台北=比嘉清太】台湾南部で起きた地震で、倒壊した台南市の16階建てビルは、鉄筋の量が必要とされる量の半分以下の部分があったことが10日、検察当局の調べで分かった。

 強度不足が倒壊の原因になった可能性が強まった。

 検察当局は9日、記者団に対し、業者が「手抜き工事」を行ったと指摘した。このビル以外には大きな被害が出ていないことから、倒壊は「人災」との見方が強まっている。

 ビルは1994年の建設。検察当局の調べでは、ビルを支える柱自体が細いものを束ねていたほか、柱と梁(はり)を接続する鉄筋の量が不足し、強度が大きく不足したとみられるという。9日には、業務上過失致死容疑でこのビルを建設した地元建設会社(倒産)の元社長ら3人が身柄拘束された。

 倒壊したビルでは9日夜、男性とみられる生命反応が確認された。救助隊が現場の壁をたたいたところ、内側からも壁をたたくなどの反応もあったという。だが、10日朝までの捜索で、この付近で人は発見されなかった。その後は、生命探知機の反応はないという。

 今回の地震による死者は、これまでに46人。このうちビルでの死者が44人に達した。依然として約100人が安否不明で、ビル内部に取り残されているとみられている。


台湾南部地震 がれきから108時間ぶりに小犬助かる
産経新聞 2月10日(水)19時7分配信

2
10日夕、台湾南部・台南市の集合住宅倒壊現場で、約108時間ぶりに救出され、飼い主に抱えられる小犬(田中靖人撮影)(写真:産経新聞)

 【台南=田中靖人】台湾南部の地震で倒壊した台南市の16階建て集合住宅で10日夕、発生から約108時間ぶりに小犬ががれきの中から救出された。

 飼い主の女性によると、救出されたのは、7歳のメスのマルチーズ「楽楽(ララ)」。この日、重機で解体が行われたH棟の8階で飼われていた。飼い主の家族は全員無事だったが、小犬だけが閉じ込められていたという。飼い主の親戚(しんせき)の女性は「犬も大切な命。助けてくれてありがとう」と話した。

« 三菱MRJ、飛行試験再開 | トップページ | 靖国神社爆破テロ事件 韓国人容疑者を逮捕・4 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/63192172

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾南部でM6.4の地震、ビル倒壊などで100人死亡、500人以上が負傷・5:

« 三菱MRJ、飛行試験再開 | トップページ | 靖国神社爆破テロ事件 韓国人容疑者を逮捕・4 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31