« 777・787・A350等、航空機一般の話題・22 | トップページ | 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2085 »

2016年1月31日 (日)

航空自衛隊、那覇基地に「第9航空団」新設 尖閣防空体制強化

航空自衛隊は31日、那覇基地(那覇市)所属のF-15戦闘機を従来の1個飛行隊から2個飛行隊の約40機体制に増強し、「第9航空団」を新設した。

これは、我が国の固有領土である沖縄県の尖閣諸島への武力侵略・強奪を画策する凶暴な侵略強盗国家・中共支那の空軍機が同諸島に接近するなど、東シナ海上空での挑発行為が活発化しており、同諸島を含む南西諸島周辺空域の防空体制を強化する必要性に対応した措置である。

那覇基地では31日、第9航空団新設の記念式典が開かれた。若宮健嗣防衛副大臣が出席し、「まさに国防の最前線。緊張感をもって任務に当たってほしい」と訓示。司令旗が授与され、式典後には第9航空団のF-15戦闘機が基地上空を祝賀飛行した。

リンク:空自、尖閣防衛へ那覇基地に「第9航空団」新設 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:那覇基地で航空団発足式 - 速報:@niftyニュース.
リンク:<那覇基地>第9航空団新設 F15戦闘機1.5倍に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:第9航空団発足、F15増強=2個飛行隊40機、中国対処―那覇基地 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

空自、尖閣防衛へ那覇基地に「第9航空団」新設
読売新聞 1月31日(日)20時14分配信

 沖縄県・尖閣諸島など南西諸島の防衛強化を受け、航空自衛隊は31日、那覇基地(那覇市)のF15戦闘機部隊を2隊(計約40機)に倍増し、新たに「第9航空団」を編成した。

 航空団の新設は51年ぶり。

 那覇基地のF15戦闘機部隊は、領空侵犯に対する緊急発進(スクランブル)が主要な任務。中国が軍用機の活動を活発化させ、2014年度のスクランブルは468回と5年前の4・6倍に急増しており、防空体制を強化する狙いがある。那覇基地には今回、築城基地(福岡県)からF15戦闘機が追加配備された。

 この日の記念式典には、来賓や隊員ら約700人が出席。若宮健嗣・防衛副大臣は訓示で、「まさに国防の最前線というべき地域。任務に真摯(しんし)に向き合うことで、領土、領海、領空を確実に守り抜くことが可能となる」と話した。


那覇基地で航空団発足式
2016年1月31日(日)20時10分配信 共同通信

9afc
 第9航空団の記念式典後、那覇基地上空を編隊飛行する自衛隊機=31日午後

 航空自衛隊は31日、南西諸島の防衛力強化のため、那覇基地(那覇市)に「第9航空団」を新たに置き、記念式典を開いた。東シナ海での中国の海洋進出をにらんだ措置で、同基地配備のF15戦闘機は十数機増え、約40機態勢となった。

 この日基地で行われた式典には若宮健嗣防衛副大臣が出席。隊員らを前に「南西地域の防空態勢が一層強化された。緊張感を持って任務に当たってほしい」と訓示した。式典後には第9航空団のF15戦闘機が上空を飛行した。

 那覇基地では、沖縄が本土復帰した1972年から第83航空隊が置かれ1個飛行隊のF15戦闘機二十数機が所属。今後は2個飛行隊で活動する。


<那覇基地>第9航空団新設 F15戦闘機1.5倍に
毎日新聞 1月31日(日)19時0分配信

 防衛省は31日、沖縄・九州の防空にあたる航空自衛隊那覇基地(那覇市)に第9航空団を新設し、配備のF15戦闘機をこれまでの約1.5倍の約40機に増やした。九州・南西諸島の防衛力を高める「南西シフト」の一環。

 那覇基地の2014年度の戦闘機の緊急発進(スクランブル)は468回で、国内の半分を占める。地域別では4年連続の最多で、この5年で4倍に急増した。中国機が東シナ海周辺での飛行を活発化させているためだ。

 「那覇の戦闘機部隊はスクランブル数が多い上にカバーする空域が広く、他の戦闘機部隊と比べて負担が大きかった」(空自幹部)ことから、約50年ぶりになる航空団新設となった。増強されるF15は築城基地(福岡県)から移った。

 一方、那覇基地の戦闘機部隊が使用するのは民間機や陸海自衛隊も使う那覇空港の滑走路1本。那覇空港は14年度の離着陸数は15.5万回と国内有数の過密空港で、安全確保の徹底も課題となる。昨年6月には空自ヘリが離陸滑走中の民間機の前を横切って飛行するトラブルが起きた。

 防衛省によると戦闘機部隊増強で訓練飛行など離着陸数は一定程度増加する見込み。国土交通省那覇空港事務所は「日中の混雑時間帯は、新たな訓練飛行を他の時間帯に分散するなどして民間機にこれ以上の影響を与えないよう要望している」と話す。

 4年後の20年3月には2本目の滑走路の使用が始まる予定だが、それまで過密状態は続くとみられ、空自幹部は「南西防衛の任務をしっかり果たしつつ、部隊で工夫して運用していくしかない」と話している。【町田徳丈】


第9航空団発足、F15増強=2個飛行隊40機、中国対処―那覇基地
時事通信 1月31日(日)14時28分配信

 航空自衛隊は31日、那覇基地(那覇市)所属のF15戦闘機を1個飛行隊から2個飛行隊の約40機体制に増強し、「第9航空団」を新たに編成した。
 
 中国軍機が尖閣諸島に接近するなど東シナ海上空で活動を活発化させており、南西諸島周辺空域の防空体制を強化する狙いがある。
 那覇基地では31日、第9航空団新編の記念式典が開かれた。若宮健嗣防衛副大臣が出席し、「まさに国防の最前線。緊張感をもって任務に当たってほしい」と訓示。司令旗が授与され、F15が祝賀飛行を行った。

« 777・787・A350等、航空機一般の話題・22 | トップページ | 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2085 »

ニュース」カテゴリの記事

侵略・支配・抑圧」カテゴリの記事

国防・軍事・安全保障」カテゴリの記事

領土・外交」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/63153005

この記事へのトラックバック一覧です: 航空自衛隊、那覇基地に「第9航空団」新設 尖閣防空体制強化:

« 777・787・A350等、航空機一般の話題・22 | トップページ | 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2085 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30