« 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2077 | トップページ | 中世の亡霊・暗黒独裁国家・北朝鮮が水爆実験・2 »

2016年1月 6日 (水)

中世の亡霊・暗黒独裁国家・北朝鮮が水爆実験

残虐な中世の亡霊・暗黒独裁国家・北朝鮮の朝鮮中央テレビは6日正午(日本時間0時半)、同日午前10時(同10時半)、初の水素爆弾実験を行い成功したとする政府声明を発表した。

気象庁によると、北朝鮮北東部で同時刻ごろ、マグニチュード(M)5.1相当の揺れを観測した。揺れが観測された場所は北緯41度6分、東経129度2分で、深さはごく浅く、「地表は揺れているが、地下の断層のずれなどは起きておらず、いわゆる地震とは違う可能性が高い」として、地下の断層のずれによる地震とは異なるとみて、詳しく調べている。

日本政府は6日、安倍晋三首相、岸田文雄外相ら関係閣僚とともに、首相官邸で国家安全保障会議(NSC)を開催し、対応を協議。「北朝鮮による核実験実施情報に関する官邸対策室」を設置するなどして情報収集に全力を挙げるとともに、北朝鮮に対する追加制裁の検討に入った。

リンク:北朝鮮核実験 岸田外相、制裁強化の検討を示唆 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:情報収集と警備強化=北朝鮮核実験で警察庁が対策本部 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北核実験 政府、国家安全保障会議開催 北朝鮮の動向に厳戒態勢 自衛隊監視強化 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:情報収集追われる=放射性物質測定に飛行―防衛省 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮核実験 臨海重要施設の警戒徹底 海上保安庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮核実験 中谷防衛相「情報収集に万全を」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:警察、重要施設の警戒徹底へ - 速報:@niftyニュース.
リンク:北朝鮮核実験 自民・稲田政調会長「とても許容できない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:強く非難する…北の「水爆実験」発表に安倍首相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<北朝鮮「水爆実験」>安倍首相「強く非難し断固たる対応」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安倍首相「北朝鮮に断固対応」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮核実験 安倍晋三首相「強く非難する」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮、初の水爆実験「完全成功」を主張 日本でも波形観測 - 速報:@niftyニュース.
リンク:北朝鮮核実験 警視庁、北関連施設でパトロール強化 不測の事態を警戒 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<北朝鮮地震波>日本はNSCで協議 防衛省は緊急幹部会議 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮で核実験か 放射性物質の観測強化 世界版SPEEDIも運用へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:朝鮮総連「お答えできることない」=民団関係者は憤り - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:気象庁「自然地震でない可能性」 - 速報:@niftyニュース.
リンク:「帰国遠のく」=拉致被害者家族ら懸念―北朝鮮の核実験報道 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北が核実験発表、日本政府が情報収集など対応 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮核実験か 「まともな対話できなくなる」増元さん、拉致問題への影響懸念 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「自然地震でない可能性」=過去の核実験時と類似―気象庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮核実験か 政府、国家安全保障会議(NSC)を開催 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:気象庁も揺れ観測=マグニチュード5.1と推定―北朝鮮地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<北朝鮮地震波>「縦揺れなし」放射性物質モニタリング強化 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮核実験か 中谷防衛相「警戒監視に全力」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮核実験か 放射性物質の観測調査強化 SPEEDIも運用へ 規制委 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:NSCで対応協議=安倍首相ら - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮核実験か 菅官房長官「可能性がある」と情報収集 官邸対策室設置 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:菅官房長官「北朝鮮による核実験の可能性があるので情報収集」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:初の水爆実験成功と発表=「米への自衛措置」―安保理緊急招集へ・北朝鮮 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:政府が官邸対策室を設置「北朝鮮による核実験の可能性」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:気象庁も北朝鮮での揺れ確認「地下の断層のずれとは異なる」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:政府、追加制裁を検討=「水爆実験」安保理提起へ―情報収集・分析に全力 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

北朝鮮核実験 岸田外相、制裁強化の検討を示唆
産経新聞 1月6日(水)13時37分配信

 岸田文雄外相は6日午後、北朝鮮が水爆実験の実施を発表したことについて記者団に対し、事実関係は確認中だとしつつも、「累次の国連安保理決議や2005年の6カ国協議共同声明に明白に違反し、この地域および国際社会の平和と安全に対する重大な挑戦であり、断固として非難する」と述べた。また、日本独自の対応についても「考えていく」として、制裁強化の検討を示唆した。

 外務省は北朝鮮に対して北京ルートで抗議するとともに、国連安保理の緊急会合開催を要請し新たな決議の要求する方針。こうした対応について、岸田氏は同日午後に外務省内で開催した対策本部で事務方に指示した。

 また、日米韓で緊密に連携をとりながら情報収集に努めるとして、その一環として同日午後に外務省でケネディ駐日米大使と面談し、連携を確認することを明らかにした。そのほかの関係国外相との電話会談も行う予定だ。


情報収集と警備強化=北朝鮮核実験で警察庁が対策本部
時事通信 1月6日(水)13時33分配信

 警察庁は6日、北朝鮮が核実験を行ったとの情報を受け、沖田芳樹警備局長をトップとする対策本部を設置した。
 情報収集に当たるとともに、全国の警察に対し政府や北朝鮮関連施設の警戒警備を強化するよう指示した。


北核実験 政府、国家安全保障会議開催 北朝鮮の動向に厳戒態勢 自衛隊監視強化
産経新聞 1月6日(水)13時23分配信

 安倍晋三首相は6日午後、北朝鮮が水爆実験を成功させたと発表したことについて「わが国の安全に対する重大な脅威であり、容認することはできない。強く非難する」と批判を強めた。首相はこれに先立ち麻生太郎副総理兼財務相、岸田文雄外相、中谷元(げん)防衛相ら関係閣僚を官邸に呼び集め、国家安全保障会議(NSC)で対処方針を協議。防衛省・自衛隊は北朝鮮関連の情報収集を強化するとともに警戒監視活動を強め、政府は厳戒態勢に入った。

 首相は首相官邸で記者団に対し「これまでの国連安全保障理事会決議に明白に違反している。核不拡散の取り組みに対する重大な挑戦だ」と核実験を非難。その上で「わが国としては国連安保理非常任理事国として米国、韓国、中国、ロシアと連携しながら断固たる対応を取っていく」と強調した。

 政府は6日午前、気象庁が同日午前10時半ごろ、北朝鮮を震源とする地震波を観測した直後に官邸対策室を設置した。菅義偉(すがよしひで)官房長官は直後の記者会見で「過去の事例を踏まえ、北朝鮮による核実験の可能性もある」と指摘し、「緊急の態勢を取っている」と強調した。

 中谷氏は記者団に対し「緊密に連携して警戒監視に万全を期するように(自衛隊に対し)指示した」と明らかにした。岸田氏も外務省で「情報収集に全力で取り組んでいる」と述べた。

 政府は外務省や防衛省、国家安全保障局などを中心に、米国や韓国などの関係当局と情報共有を進め、防衛省では中谷氏が幹部会議を招集し、事実関係の確認を急ぐように指示した。自衛隊は集塵(しゅうじん)装置を取りつけた航空自衛隊のT4練習機を飛行させ、米空軍のWC135偵察機とともに放射性物質の収集に当たらせる。


情報収集追われる=放射性物質測定に飛行―防衛省
時事通信 1月6日(水)13時22分配信

 北朝鮮が水爆実験に成功したと発表した6日、防衛省は緊急会議を開き、担当者らが情報収集に追われた。
 航空自衛隊は、大気中に放出された放射性物質の航空機での測定に当たった。
 省内の幹部会議には中谷元防衛相以下、河野克俊統合幕僚長、陸海空の各幕僚長らが顔をそろえた。中谷防衛相は「関係機関との連携を強化し、情報収集、警戒監視に万全を期す」と話した。
 空自は同日午後、三沢(青森県)、百里(茨城県)、築城(福岡県)の各基地から、大気中の放射性物質などを収集する集じんポッドを装備したT4練習機計3機を出動させた。7日にも引き続き大気中のちりを集め、放射性物質の測定は文部科学省所管の日本分析センターで行われる。
 加えて、7日以降に空気そのものを収集できる袋を装備したC130輸送機を小牧基地(愛知県)から出動させ、空気の組成を調べる。同省は2013年の核実験の際にも各機を出動させた。
 海上保安庁も情報収集を強化しているが、船舶などへの被害は確認されていないという。


北朝鮮核実験 臨海重要施設の警戒徹底 海上保安庁
産経新聞 1月6日(水)13時18分配信

 北朝鮮で6日に核実験が行われたことを受けて、海上保安庁の佐藤雄二長官は、関連情報の収集と臨海重要施設などの警戒を徹底するよう指示を出した。現場で異常を認めた場合には、速やかに報告することも求めた。

 同庁によると、同日正午ごろまでに、日本周辺海域での船舶などへの被害は確認されていないという。


北朝鮮核実験 中谷防衛相「情報収集に万全を」
産経新聞 1月6日(水)13時10分配信

 中谷元・防衛相は6日昼、北朝鮮が核実験を行った可能性を受け、防衛省で開いた緊急の関係幹部会議で「関係機関との連携を強化し、情報の収集、分析、警戒監視に万全を期してもらいたい」と改めて指示した。


警察、重要施設の警戒徹底へ
2016年1月6日(水)13時9分配信 共同通信

 北朝鮮による核実験実施情報を受け、警察庁は6日午前、沖田芳樹警備局長をトップとする対策本部を設置した。

 首相官邸をはじめとした政府の重要施設や在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)関連施設の警戒警備の徹底や、関連情報の収集の強化を全国の警察に指示する。


北朝鮮核実験 自民・稲田政調会長「とても許容できない」
産経新聞 1月6日(水)13時6分配信

 自民党の稲田朋美政調会長は6日、北朝鮮が水爆実験を行ったと発表したことを受け、「とても許容できるものではない。まずは事実関係をしっかりと確認するということだ」と批判した。また、「東アジアの平和と安定という意味において日米韓がしっかり協力することが重要だ」と強調した。


強く非難する…北の「水爆実験」発表に安倍首相
読売新聞 1月6日(水)13時6分配信

382
北朝鮮による核実験実施の発表を受け、記者の質問に答える安倍首相(6日午後0時51分、首相官邸で)

 安倍首相は6日昼、北朝鮮が水爆実験の実施を発表したことについて、「我が国の安全に対する重大な脅威であり、断じて容認できない。強く非難する」と語った。

 その上で、首相は「国連安全保障理事会決議に明白に違反し、国際的な核不拡散の取り組みに対する重大な挑戦だ」と指摘し、「(日本政府は)安保理非常任理事国として、安保理における対応を含め、米国、韓国、中国、ロシアと連携しながら、断固たる対応を取っていく」と述べた。首相官邸で記者団に語った。

 これに先立ち、首相は関係省庁に対し、〈1〉情報収集・分析〈2〉国民への的確な情報提供〈3〉米国、韓国、中国、ロシアなどとの連携――を指示した。


<北朝鮮「水爆実験」>安倍首相「強く非難し断固たる対応」
毎日新聞 1月6日(水)13時6分配信

381
北朝鮮の核実験を受け、報道陣の取材に応じる安倍首相=首相官邸で2016年1月6日午後0時50分、喜屋武真之介撮影

 安倍晋三首相は6日午後0時50分ごろ、北朝鮮による「水爆実験」の発表を受けて「わが国の安全に対する重大な脅威であり、断じて容認できない。強く非難する。国連安保理決議に明白に違反し、核不拡散の取り組みに対する重大な挑戦だ。米国、韓国、中国、ロシアと連携し、断固たる対応をとる」と述べた。首相官邸で記者団に語った。


安倍首相「北朝鮮に断固対応」
時事通信 1月6日(水)13時1分配信

 安倍晋三首相は6日午後、北朝鮮が水爆実験に成功したと発表したことを受け、「わが国の安全に対する重大な脅威だ。断じて容認できない。強く非難する」と述べた。
 その上で「国連安保理における対応を含め、米国、韓国、中国、ロシアと連携しながら断固たる対応を取っていく」として、追加制裁も含め厳しく対処していく考えを示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。
 また、首相は「これまでの安保理決議に明白に違反し、国際的な核不拡散の取り組みに対する重大な挑戦だ」とも指摘した。


北朝鮮核実験 安倍晋三首相「強く非難する」
産経新聞 1月6日(水)13時1分配信

 安倍晋三首相は6日午後、首相官邸で記者団に対し、北朝鮮が「核実験が成功した」と発表したことに対し「強く非難する。国連安全保障理事会決議の明白な違反であり、国際社会の核不拡散の取り組みへの重大な挑戦だ。断固たる対応を取る」と述べた。


北朝鮮、初の水爆実験「完全成功」を主張 日本でも波形観測
2016年1月6日(水)13時0分配信 J-CASTニュース

北朝鮮の朝鮮中央テレビは2016年1月6日0時30分、初の「特別重大報道」として臨時ニュースを放送し、初の水爆実験を「完全成功」させたと発表した。北朝鮮はこれまでも3回にわたって核実験を成功させたと主張しているが、水爆実験の成功に言及したのは初めて。朝鮮中央テレビでは、実験成功で北朝鮮が「核保有国の隊列に加わった」と主張した。

日本でも10時30分頃、気象庁が通常の地震と異なる波形を観測していた。

国営朝鮮中央通信は15年12月10日、金正恩第1書記が水素爆弾の完成に言及したことを報じていた。


北朝鮮核実験 警視庁、北関連施設でパトロール強化 不測の事態を警戒
産経新聞 1月6日(水)12時51分配信

 北朝鮮で6日に核実験が行われた可能性があることを受けて、警視庁は、東京都内にある北朝鮮の関連施設のパトロール強化などを実施する。

 東京都内には、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の中央本部(千代田区)など、北朝鮮の関連施設が点在。核実験が行われれば、強い反発も想定され、警視庁は施設の所在地を管轄する警察署に注意喚起するとともに、警戒の強化を指示した。

 警察庁は同日、対策本部を設置、全国の警察本部に関連施設の警戒警備の徹底や情報収集を強化することを指示した。


<北朝鮮地震波>日本はNSCで協議 防衛省は緊急幹部会議
毎日新聞 1月6日(水)12時42分配信

 政府は6日午前11時40分過ぎから首相官邸で、安倍晋三首相も出席して国家安全保障会議(NSC)の4大臣会合を開催し、北朝鮮付近を震源とする地震について協議した。会議後、中谷元(げん)防衛相は、記者団が「核実験と確認できたか」と質問したのに対し、「それも含めて情報収集している」と語った。

 これに先立ち、政府は6日午前、関係省庁幹部を官邸に緊急招集し、北朝鮮情勢に関する情報連絡室を官邸対策室に格上げした。菅義偉官房長官は記者会見で「過去の事例も踏まえ、北朝鮮による核実験の可能性もある。引き続き情報収集、分析をしている」と述べた。菅氏は同日午後の衆院本会議を欠席し、対応にあたった。

 中谷氏は6日午前、防衛省から官邸に向かう際、「国内関係機関や米国などと緊密に連携して、関連情報の収集分析、警戒監視に万全を期すよう指示した」と記者団に語った。同省は緊急に幹部会議を開き、情報収集を進めることを確認した。また、航空自衛隊機を発進させ、大気中の放射性物質を観測する準備に入った。【高本耕太】


北朝鮮で核実験か 放射性物質の観測強化 世界版SPEEDIも運用へ
産経新聞 1月6日(水)12時37分配信

 北朝鮮が核実験を実施したことを受けて、原子力規制委員会は6日、日本各地に設置してある放射性物質の観測装置(モニタリングポスト)による監視を強化した。同日正午現在、日本の空間線量の数値に異常はない。放射性物質の拡散予測装置も運用し公表する予定。ただ地下実験の場合は、大気中に放射性物質は出にくく、観測されない場合もある。

 観測装置は、東京電力福島第1原発事故後に全国で増加。現在は福島県に計3640カ所あるほか、北海道から沖縄まで計721カ所あり、規制委は各地のデータの収集、分析を進めている。

 規制委によると、地下での核実験の場合、地下から放射性物質が出て日本に到達するまでに1日程度の時間がかかるほか、放射線量はごく微量のため人体に与える影響はないという。

 放射性物質の拡散を予測する「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)」の世界版である「WSPEEDI」の運用も始める。前回平成25年2月の核実験の際には、北朝鮮の核実験施設付近から毎時1ベクレルの放射性物質が放出されたと仮定して拡散予測を出した。


朝鮮総連「お答えできることない」=民団関係者は憤り
時事通信 1月6日(水)12時27分配信

 北朝鮮が核実験を実施したとみられるとの報道を受け、東京都千代田区の在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部前には6日午前、報道陣が詰め掛けたが、中央本部はいつもと変わらず静まり返ったままで、目立った変化はなかった。
 
 門の前や周辺の路上には制服姿の警察官が立ち、警戒に当たった。門は閉じられて職員の出入りはない。室内の電気はついているが、窓はブラインドが閉められるなどし、建物内の様子もうかがえなかった。
 北朝鮮が特別重大報道で「水爆実験を行った」と発表したことについて、インターホンを押して質問すると、男性職員は「お答えできることはありません」とだけ話し、一方的に切った。
 一方、在日本大韓民国民団(民団)の関係者は驚きと疑問の声を上げた。民団の機関紙民団新聞のペー・チョルン副局長(60)は「何をやっているんだ。やりきれない。南北対話の兆しも見えているのに、挑発的なことを繰り返す真意が分からない」と北朝鮮を批判。「自ら破滅に向かっていくのが、なぜ分からないのか。国内の矛盾点をそらすためにやっているとしか思えない」と憤った。


気象庁「自然地震でない可能性」
2016年1月6日(水)12時21分配信 共同通信

 気象庁は6日午前、北朝鮮付近を震源とする地震を観測した。地震波の特徴などから、地殻変動による通常の地震とは異なり、「自然地震ではない可能性がある」としている。

 気象庁によると、地震は午前10時半ごろに検知した。発生時刻は午前10時29分54秒で、震源の位置は北緯41・6度、東経129・2度でマグニチュード(M)は5・1、深さは0キロと推定されている。

 気象庁は6日、記者会見し「核実験が行われた2013年と09年、06年の震動波形と類似した特徴がある」との見解を示した。震源地も過去3回とほぼ同じ場所だった。


「帰国遠のく」=拉致被害者家族ら懸念―北朝鮮の核実験報道
時事通信 1月6日(水)12時17分配信

 北朝鮮が核実験を行った可能性があることについて、拉致被害者家族からは怒りや拉致問題解決の遅れを懸念する声が聞かれた。
 
 横田めぐみさん=失踪当時(13)=の母早紀江さん(79)は「北朝鮮ならやりかねない。一体何が起こっているのかも分からず、こういうことが何十年も続いている」と憤った。
 田口八重子さん=同(22)=の長男飯塚耕一郎さん(38)は「対外的に強硬姿勢を取ってきたということであれば、拉致問題についても同様の姿勢を取ってくるかもしれない。被害者の帰国が遠のくのではないか」と懸念を示した。
 田口さんの兄で家族会代表の飯塚繁雄さん(77)は「現時点では核実験か分からず、コメントできない」と語った。


北が核実験発表、日本政府が情報収集など対応
読売新聞 1月6日(水)12時12分配信

 日本政府は、北朝鮮が核実験の実施を発表したことを受け、警戒監視や情報収集などの対応にあたった。

 菅官房長官は6日午前の記者会見で、「気象庁が北朝鮮付近を震源地とする地震を観測した。自然地震ではない可能性がある。過去の事例を踏まえれば、北朝鮮が核実験を行った可能性がある。引き続き、情報収集や分析を行っている」と述べた。

 菅氏は記者会見で、関係省庁幹部を官邸に緊急参集させたほか、情報収集・分析のため、北朝鮮による核実験実施に関する官邸対策室を設置したことを明らかにした。政府は同日午前、国家安全保障会議(NSC)の閣僚会合を開き、対応を協議した。

 中谷防衛相は6日午前、防衛省で記者団に、「国内の関係機関や米国などと緊密に連携し、関連情報の収集分析、警戒監視に万全を期すよう指示した」と語った。これに先立ち、同省は緊急の幹部会議を開いた。


北朝鮮核実験か 「まともな対話できなくなる」増元さん、拉致問題への影響懸念
産経新聞 1月6日(水)12時6分配信

 昭和53年8月に鹿児島県から北朝鮮に連れ去られた増元るみ子さん(62)=拉致当時(24)=の弟、照明さん(60)は「まともな(日朝両政府の)対話はできなくなるだろう」と拉致問題に与える影響を懸念した。

 昨年7月に拉致被害者らの再調査が始まったが、今も被害者の帰国はかなわず、調査結果の報告すら寄せられていない。照明さんは「今の状況では何も生まれないのではないか。これを契機に圧力を強める方向で考え、北朝鮮の政権をつぶすぐらいの覚悟でやらないと被害者は帰ってこないと思う」と話した。


「自然地震でない可能性」=過去の核実験時と類似―気象庁
時事通信 1月6日(水)12時4分配信

 気象庁は6日、北朝鮮北東部を震源として午前10時29分57秒に発生した地震波を観測したと発表した。
 発生場所は北緯41.3度、東経129.1度で、地表に近い。地震の規模(マグニチュード=M)は5.0と推定され、自然の地震ではない可能性があるという。
 気象庁の長谷川洋平地震津波観測課長は記者会見し、「地震波の波形が過去3回の核実験によると言われる地震が起きた時と極めてよく似ている」と指摘した。日本国内の地震計の観測データに基づき推定したマグニチュードも、過去3回はM4.9~M5.2であり、「それほど異なっていない」という。
 今回観測された地震波は、最初に伝わって来る縦波のP波は大きいが、主要な揺れをもたらす横波のS波がはっきりしない。長谷川課長は「自然の地震は岩盤に力がかかって食い違う動きによって起きるが、爆発であれば圧力が四方八方に同じように伝わるため、S波があまり出て来ない」と説明した。


北朝鮮核実験か 政府、国家安全保障会議(NSC)を開催
産経新聞 1月6日(水)12時0分配信

 安倍晋三首相は6日午前、北朝鮮が核実験を行った可能性があることを受け、麻生太郎副総理兼財務相、岸田文雄外相、中谷元防衛相らを官邸に招集し、国家安全保障会議(NSC)を開催した。また、政府は同日午前、官邸対策室を設置した。

 菅義偉官房長官は6日午前の記者会見で、北朝鮮を震源とする自然地震ではないとみられる地震波を観測したことに関し、「過去の事例を踏まえ、北朝鮮による核実験の可能性もあるので情報収集、分析を行っている」と述べた。


気象庁も揺れ観測=マグニチュード5.1と推定―北朝鮮地震
時事通信 1月6日(水)11時58分配信

 気象庁によると、北朝鮮の揺れは日本時間6日午前10時29分54秒に北緯41.6度、東経129.2度の深さ0キロで観測した。
 地震の規模(マグニチュード)は5.1と推定される。


<北朝鮮地震波>「縦揺れなし」放射性物質モニタリング強化
毎日新聞 1月6日(水)11時56分配信

 気象庁は6日、北朝鮮北東部を震源とするマグニチュード(M)5.1の地震波を午前10時半ごろ観測したと発表した。発生時刻は10時29分54秒、震源の深さはごく浅い0キロ。震源地は北緯41.6度、東経129.2度だった。2006年10月、09年5月、13年2月の核実験時の地震とも震源が近く、地震の波形も似ていることから、核実験を探知した可能性がある。

 気象庁によると、通常の地震では縦波の「P波」を観測した後でより大きくはっきりとした横波の「S波」が観測されるが、今回はそれと異なり、S波に当たる揺れが観測できなかった。今回の震源付近は地震活動が低調な地域の上、S波が不明瞭なことなどから、長谷川洋平地震津波監視課長は、記者会見で「過去の核実験の時と波形が似ているが、揺れの規模はそれほど違わない。波形を比較すると、自然の地震ではない可能性がある」との見方を示した。揺れは30秒~1分程度継続し、日本列島の広い範囲の地震計で捉えられたという。

 一方、防衛省は航空自衛隊の航空機で放射性物質を採取する準備に入った。

 原子力規制庁は北朝鮮の核実験の可能性を受けて、各都道府県にモニタリング態勢の強化を指示した。環境省も佐渡島(新潟県)など離島を中心に10カ所でモニタリング態勢を強化した。両省庁によると、全国に設置された放射性物質を測定するモニタリングポストの観測値に異常はないという。【狩野智彦、酒造唯】


北朝鮮核実験か 中谷防衛相「警戒監視に全力」
産経新聞 1月6日(水)11時50分配信

 中谷元防衛相は6日午前、防衛省で記者団に対し、北朝鮮が核実験を行った可能性があることについて「緊密に連携して警戒監視に万全を期するように(自衛隊に対し)指示した」と述べた。

 岸田文雄外相も外務省で記者団に対し「いま情報収集に全力で取り組んでいる」と述べた。


北朝鮮核実験か 放射性物質の観測調査強化 SPEEDIも運用へ 規制委
産経新聞 1月6日(水)11時47分配信

 北朝鮮が核実験を実施した可能性を受けて、原子力規制委員会は6日、日本各地に設置してある放射性物質の観測装置(モニタリングポスト)による監視を強化した。

 さらに、放射性物質の拡散を予測する「緊急時迅速放射能影響予測ネットワーク システム(SPEEDI)」を運用し、公表するという。


NSCで対応協議=安倍首相ら
時事通信 1月6日(水)11時47分配信

 北朝鮮で観測された核実験が疑われる揺れを受け、安倍晋三首相と関係閣僚は6日、首相官邸で国家安全保障会議(NSC)を開き、対応の協議に入った。


北朝鮮核実験か 菅官房長官「可能性がある」と情報収集 官邸対策室設置
産経新聞 1月6日(水)11時43分配信

 菅義偉官房長官は6日午前の記者会見で、北朝鮮を震源とする自然地震ではないとみられる地震波を観測したことに関し、「過去の事例を踏まえ、北朝鮮による核実験の可能性もあるので情報収集、分析を行っている」と述べた。

 また、政府は同日午前、官邸対策室を設置した。政府は「過去の事例も踏まえれば、北朝鮮による核実験の可能性もある」としている。


菅官房長官「北朝鮮による核実験の可能性があるので情報収集」
産経新聞 1月6日(水)11時29分配信

 菅義偉官房長官は6日午前の記者会見で、北朝鮮を震源とする自然地震ではないとみられる地震波を観測したことに関し、「過去の事例を踏まえ、北朝鮮による核実験の可能性もあるので情報収集、分析を行っている」と述べた


初の水爆実験成功と発表=「米への自衛措置」―安保理緊急招集へ・北朝鮮
時事通信 1月6日(水)11時24分配信

 【ソウル時事】北朝鮮の朝鮮中央テレビは6日正午(日本時間0時半)、同日午前10時(同10時半)、初の水素爆弾実験を行い成功したとする政府声明を発表した。
 核実験の実施は2013年2月以来4回目。場所は明らかにしていないが、北朝鮮北東部の咸鏡北道・吉州郡の北方49キロ地点とみられる。ロイター通信によると、北朝鮮の発表を受け、国連安全保障理事会は6日午前11時(日本時間7日午前1時)に緊急会合を開き対応を協議する。
 水爆実験の成功が事実とすれば、北朝鮮が核能力をさらに高めたことになり、北東アジアの安全保障問題にも大きな影響を及ぼす。国際社会が反発を強め、北朝鮮の孤立化がさらに深まるのは必至だ。
 朝鮮中央通信は昨年12月10日、金正恩第1書記が水爆保有に言及したと伝えたが、韓国国防当局は完成段階にはないとみていた。このため、水素爆弾の前段階であるブースト型核分裂弾(強化原爆)の可能性もある。
 北朝鮮の発表によると、金第1書記が昨年12月15日に水爆実験を行うよう命令を下し、今年1月3日に最終命令書に署名した。政府声明は「小型化された水爆の威力を科学的に解明した」と述べ、「今回の実験は核武力発展のより高い段階だ。水爆まで保有した核保有国の戦列に堂々と加わることになった」と強調した。
 また、「米国をトップとした敵対勢力の核の脅し、恐喝から国の自主権、民族の生存権を守り、朝鮮半島の平和と地域の安全を担保するための自衛的措置だ」と説明した。
 北朝鮮の発表に先立ち、韓国気象庁は「人工地震波を感知した」と述べていた。同庁によると、震源地は豊渓里核実験場の近くで、マグニチュード(M)4.7。
 菅義偉官房長官は記者会見で、「北朝鮮による核実験の可能性もある。情報収集、分析を行っていく」と述べた。韓国政府関係者は「核実験かどうか確認中」と指摘した上で、「核実験なら、国連安保理を緊急招集しなければならない」と強調。米国、中国などと緊密に連携を図っていく考えを示した。
 韓国外務省は尹炳世外相主宰の緊急対策会議を開催。また、韓国大統領府は国家安全保障会議(NSC)を開き、国連安保理の追加制裁を含め、あらゆる必要な措置を取ると表明した。韓国軍は警戒・監視態勢を強化した。


政府が官邸対策室を設置「北朝鮮による核実験の可能性」
産経新聞 1月6日(水)11時23分配信

 政府は6日午前、気象庁が同日午前10時半ごろ、北朝鮮を震源とする地震波を観測したことを受け、官邸対策室を設置した。政府は「過去の事例も踏まえれば、北朝鮮による核実験の可能性もある」としている。


気象庁も北朝鮮での揺れ確認「地下の断層のずれとは異なる」
産経新聞 1月6日(水)11時21分配信

 気象庁によると、北朝鮮北東部で6日午前10時半ごろ、マグニチュード(M)5・1相当の揺れを観測した。揺れは、地下の断層のずれによる地震とは異なるとみて、気象庁で詳しく調べている。

 同庁によると、揺れが観測された場所は北緯41度6分、東経129度2分で、深さはごく浅い。同庁の担当者は「地表は揺れているが、地下の断層のずれなどは起きておらず、いわゆる地震とは違う可能性が高い」と話している。


政府、追加制裁を検討=「水爆実験」安保理提起へ―情報収集・分析に全力
時事通信 1月6日(水)11時19分配信

 北朝鮮が水爆実験を実施したと発表したことを受け日本政府は6日、北朝鮮に対する追加制裁の検討に入った。
 安倍晋三首相は岸田文雄外相ら関係閣僚とともに、首相官邸で国家安全保障会議(NSC)を開催し、対応を協議。「北朝鮮による核実験実施情報に関する官邸対策室」を設置するなどして情報の収集に全力を挙げた。
 首相は関係省庁に対し、(1)情報収集・分析(2)国民に対する的確な情報提供(3)米国、韓国、中国、ロシアなど関係諸国との連携―に取り組むよう指示した。
 岸田外相は外務省で記者団に、「わが国独自の対応を検討せざるを得ない」と述べ、追加制裁に言及。外交ルートを通じて北朝鮮に抗議するとともに、国連安全保障理事会の緊急会合を開き、新たな決議を採択するよう求める意向を明らかにした。
 防衛省は航空自衛隊機を発進させ、大気中の放射性物質の観測を行う準備に入った。中谷元防衛相は同省で記者団に、「国内関係機関や米国と緊密に連携し、関連情報の収集・分析に万全を期すよう指示した」と述べた。
 菅義偉官房長官は記者会見で、米国や韓国などと連携して対応する考えを強調した。

« 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2077 | トップページ | 中世の亡霊・暗黒独裁国家・北朝鮮が水爆実験・2 »

ニュース」カテゴリの記事

国防・軍事・安全保障」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/63017875

この記事へのトラックバック一覧です: 中世の亡霊・暗黒独裁国家・北朝鮮が水爆実験:

« 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2077 | トップページ | 中世の亡霊・暗黒独裁国家・北朝鮮が水爆実験・2 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31