« 中共支那の軍艦が尖閣領海侵入なら自衛隊の艦船を派遣 政府、新方針を決定 | トップページ | 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2079 »

2016年1月12日 (火)

皇居で「講書始の儀」が行われる

天皇皇后両陛下が年頭に学界の第一人者から講義を受けられる恒例の「講書始の儀」が12日、皇居・宮殿「松の間」で行われた。

今年の進講者とテーマは、名古屋大の佐藤彰一名誉教授の「西洋中世修道院の文化史的意義」、大阪大の猪木武徳名誉教授の「技術と労働と生産性の関係について」、自然科学研究機構の佐藤勝彦機構長の「宇宙はどのように始まったのか?-現代物理学が描く創世記-」。

皇太子さまをはじめ皇族方も陪席し、それぞれの講義に耳を傾けられた。
(以上、産經新聞の報道より)

リンク:皇居で「講書始の儀」、両陛下ら熱心に聴講 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:講義を受けられる両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:皇居で「講書始の儀」 - 速報:@niftyニュース.
リンク:皇居で講書始の儀 西洋中世史など - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<両陛下>恒例の「講書始の儀」、皇居・宮殿で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:皇居で講書始の儀 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

皇居で「講書始の儀」、両陛下ら熱心に聴講
読売新聞 1月12日(火)17時1分配信

 天皇、皇后両陛下が年頭に学界の第一人者から講義を受けられる「講書始(こうしょはじめ)の儀」が12日午前、皇居・宮殿「松の間」で行われた。

 今年の進講者とテーマは、佐藤彰一・名古屋大名誉教授(70)の「西洋中世修道院の文化史的意義」、猪木武徳・青山学院大特任教授(70)の「技術と労働と生産性の関係について」、佐藤勝彦・自然科学研究機構長(70)の「宇宙はどのように始まったのか?―現代物理学が描く創世記―」。皇太子さまをはじめ、皇族方も熱心に聴講された。


講義を受けられる両陛下
時事通信 1月12日(火)12時45分配信

522
「講書始の儀」で講義を受けられる天皇、皇后両陛下=12日午前、皇居・宮殿「松の間」(代表撮影)

(時事通信社)


皇居で「講書始の儀」
2016年1月12日(火)12時14分配信 共同通信

521
 「講書始の儀」で講義を受けられる天皇、皇后両陛下=12日午前、宮殿・松の間

 天皇、皇后両陛下が年頭に当たり、学問の各分野の第一人者から講義を受けられる「講書始の儀」が12日午前、皇居・宮殿「松の間」で開かれた。皇太子さまや秋篠宮ご夫妻、長女眞子さまら皇族のほか、日本学士院関係者らも傍聴した。

 今年は、名古屋大の佐藤彰一名誉教授(70)が「西洋中世修道院の文化史的意義」、大阪大の猪木武徳名誉教授(70)が「技術と労働と生産性の関係について」、自然科学研究機構の佐藤勝彦機構長(70)が「宇宙はどのように始まったのか?―現代物理学が描く創世記―」と題し、それぞれ約15分ずつ講義した。


皇居で講書始の儀 西洋中世史など
産経新聞 1月12日(火)11時39分配信

 天皇、皇后両陛下が年頭に学界の第一人者から講義を受けられる恒例の「講書始の儀」が12日、皇居・宮殿「松の間」で行われた。皇太子さまをはじめ皇族方も陪席し、それぞれの講義に耳を傾けられた。

 今年の進講者とテーマは、名古屋大の佐藤彰一名誉教授(70)の「西洋中世修道院の文化史的意義」、大阪大の猪木武徳名誉教授(70)の「技術と労働と生産性の関係について」、自然科学研究機構の佐藤勝彦機構長(70)の「宇宙はどのように始まったのか?-現代物理学が描く創世記-」。


<両陛下>恒例の「講書始の儀」、皇居・宮殿で
毎日新聞 1月12日(火)11時1分配信

520
「講書始の儀」で講義を受けられる天皇、皇后両陛下=皇居・宮殿「松の間」で2016年1月12日午前10時38分(代表撮影)

 天皇、皇后両陛下が年頭に各分野を代表する学者から講義を受けられる恒例の「講書始の儀」が12日、皇居・宮殿で行われた。皇太子さまや秋篠宮ご夫妻ら皇族方も出席した。

 今年の進講者とテーマは、佐藤彰一・名古屋大名誉教授(70)=西洋中世史=の「西洋中世修道院の文化的意義」▽猪木武徳・大阪大名誉教授(70)=経済思想・労働経済学=の「技術と労働と生産性の関係について」▽佐藤勝彦・自然科学研究機構長(70)=宇宙物理学=の「宇宙はどのように始まったのか?-現代物理学が描く創世記-」。【山田奈緒】


皇居で講書始の儀
時事通信 1月12日(火)10時39分配信

 天皇、皇后両陛下が年頭に学界の第一人者から講義を受けられる「講書始の儀」が12日午前、皇居・宮殿で、皇太子さまや秋篠宮ご夫妻ら皇族方も出席して行われた。
 
 今年の進講者とテーマは、佐藤彰一・名古屋大名誉教授(70)=西洋中世史=の「西洋中世修道院の文化史的意義」▽猪木武徳・大阪大名誉教授(70)=経済思想・労働経済学=の「技術と労働と生産性の関係について」▽佐藤勝彦・自然科学研究機構長(70)=宇宙物理学=の「宇宙はどのように始まったのか? ―現代物理学が描く創世記―」。

« 中共支那の軍艦が尖閣領海侵入なら自衛隊の艦船を派遣 政府、新方針を決定 | トップページ | 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2079 »

ニュース」カテゴリの記事

国家・元首・国事」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

歴史・故事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/63055064

この記事へのトラックバック一覧です: 皇居で「講書始の儀」が行われる:

« 中共支那の軍艦が尖閣領海侵入なら自衛隊の艦船を派遣 政府、新方針を決定 | トップページ | 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2079 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31