« 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2083 | トップページ | 先進技術実証機 ATD-X(X-2)、いよいよ来月中旬に初飛行 »

2016年1月26日 (火)

天皇皇后両陛下、26~30日にフィリピンを公式にご訪問

天皇皇后両陛下は26~30日の5日間の日程でフィリピンを公式にご訪問される。

今年は日本と同国の国交正常化60周年に当たり、訪問の主な目的はアキノ大統領の招待を受けての友好親善だが、両陛下の強い意向で両国の戦没者を慰霊する。

同国訪問は皇太子夫妻時代の1962年11月以来。即位後は初めてで、歴代の天皇・皇后としても初めてとなる。滞在中は国賓として、マラカニアン宮殿での公式歓迎行事に臨み、現地の日系人や在留邦人らと懇談。看護師候補者らが来日前に日本語を学ぶ語学研修センターの視察なども予定されている。
29日にはラグナ州カリラヤに日本政府が建立した「比島戦没者の碑」で供花し、日本人戦没者遺族らと懇談する。フィリピンでは太平洋戦争中、海外地域別で最多の約51万8000人の日本人が死亡し、フィリピン人も多数犠牲となった。両陛下は日本側慰霊碑だけでなく、フィリピン側戦没者が眠る英雄墓地の「無名戦士の墓」にも花を供える。

両陛下の外国訪問は、昨年4月に戦後70年の戦没者慰霊のためパラオをご訪問されて以来となる。

※以上、時事通信の報道より。

リンク:追悼 両陛下のご悲願 54年ぶりフィリピンご訪問 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、54年ぶりフィリピンご訪問 「亡き戦友たちも喜んでいる」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<両陛下>27日に追悼の慰霊碑に供花へ フィリピン訪問 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<両陛下>マニラ市民、温かく歓迎 フィリピン訪問 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:夕日を鑑賞される両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下ご訪比 両陛下、フィリピンにご到着 戦没者に心寄せ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ホテルに到着された両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:歓迎を受けられる両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:歓迎を受けられる両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:歓迎を受けられる両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、フィリピンに到着 - 速報:@niftyニュース.
リンク:両陛下、フィリピンに到着 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇、皇后両陛下がフィリピンに到着 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇皇后両陛下、フィリピンへ出発 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:見送られる皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:出発を前にお言葉を述べられる天皇陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、フィリピンへ出発 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:お言葉を述べられる天皇陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下ご訪比 天皇陛下のお言葉 ご出発にあたり - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下ご訪比 両陛下ご出発 戦没者に心寄せ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下が比へ出発、「戦没者を心に置き訪問」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<両陛下>フィリピンに出発「無辜の犠牲、心に」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下フィリピンへ出発 - 速報:@niftyニュース.
リンク:両陛下を歓迎するため設置された看板 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、フィリピンへ出発=54年ぶり、戦没者慰霊も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<両陛下フィリピン訪問へ>友好、未来へつなげ 遺族期待 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、26日フィリピンへ - 速報:@niftyニュース.
リンク:両陛下を歓迎するため設置された看板 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下を歓迎するため掲げられた横断幕 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「ウエルカム」横断幕も=両陛下、26日訪比 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、26日からフィリピンご訪問 戦没者をご追悼 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<天皇、皇后両陛下>26日からフィリピンで戦没者慰霊など - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:比日系人、両陛下心待ちに=マニラで9年ぶり全国大会―2世の女性「うれしい」と涙 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、26日フィリピンへ=親善訪問、両国の戦没者慰霊も - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

追悼 両陛下のご悲願 54年ぶりフィリピンご訪問
産経新聞 1月27日(水)7時55分配信

 【マニラ=大島真生】天皇、皇后両陛下は29日、フィリピンのルソン島ラグナ州カリラヤにある日本人戦没者の慰霊碑「比島戦没者の碑」に供花される。先の大戦で国外最多の51万8千人に上る犠牲者を出したフィリピンでは、両陛下による邦人犠牲者の慰霊が戦後70年を経た現在まで実現していなかったことから、両陛下にとって悲願のご追悼といえる。

                   ◇

 日本は開戦前夜、フィリピンを植民地としていた米国による燃料や物資の禁輸措置により、資源を東南アジアに求めて南進政策をとったことから、輸送ルートの要衝となったフィリピンは、日米の決戦の舞台となり、激しい戦いが繰り広げられた。その結果、ルソン島の27万人を筆頭に、各島々で膨大な日本兵の犠牲が出た。

 特に昭和19年のレイテ沖海戦で日本の連合艦隊が壊滅させられると、食料や物資の供給を絶たれた日本軍は敗走に敗走を重ね、山地に逃げた多くの日本兵が餓死したほか、疫病などによって死亡した。

 両陛下はこうした英霊の魂を慰めたいと長年、願われてきた。

 両陛下は皇太子夫妻時代の37年に昭和天皇の名代として同国を訪問していたが、当時はまだ日本人の慰霊碑がなく、現地でのご慰霊は実現しなかった経緯がある。

 日本政府は48年3月、当時のマルコス政権から土地の提供を受け、カリラヤに「比島戦没者の碑」を建設。ただ、両陛下の外国訪問は法律上、内閣が決める規定となっていることから、両陛下のお気持ちだけでご訪問先は決められないという制限がある。

 特に初訪問国は、親善のための国賓としての公式訪問となるため、過去に訪問歴のある米国の自治領サイパンに慰霊を目的に訪問されたケースなどと、フィリピンは事情が異なり、なかなか実現できなかった。

 29日、両陛下はヘリでマニラをたち、約70キロ離れたカリラヤで供花される。

 同行中の宮内庁幹部は、「戦没者のご遺族も多数駆け付けると聞いている。平和を願う両陛下のお姿を、みんなでしっかりと目に焼き付けたい」と話した。


両陛下、54年ぶりフィリピンご訪問 「亡き戦友たちも喜んでいる」
産経新聞 1月27日(水)7時55分配信

 ■生還した元陸軍第1師団副官

 「サイパン、パラオへの慰霊の旅を見ていて、いつかフィリピンでも慰霊をしていただきたいと願っていた。亡くなった戦友たちも喜んでいると思う」

 マッカーサー率いる米軍とレイテ島で対峙(たいじ)した日本の陸軍第1師団。副官だった松本実さん(95)=東京都新宿区=は29日、天皇、皇后両陛下が「比島戦没者の碑」に拝礼されるのをそばで見届ける。戦友のために祈り、両陛下のお姿を心に刻むつもりだ。

 レイテ島では、約8万人の日本兵が戦死。第1師団は参戦した約1万3000人のうち約1万2000人が犠牲になった。残りは隣のセブ島に逃れ、終戦を迎えたが、日本に生還したのはわずか約400人だった。

 松本さんも生死の境目に何度も直面した。昭和19年11月1日にレイテ島に上陸し、戦況を視察する師団長に従い、3日に北部の海岸で米軍に遭遇。洋上から艦砲射撃を受けたが、壕(ごう)の中でやり過ごした。

 そのまま北部のリモン戦線に展開した師団司令部に残るが、敵砲弾の破片を右足の裏に受け、肉をえぐり取られた。ほどなく、西方のカンギポットに転進することになるが、雨でぬかるむ道では松葉づえが役に立たず、上り坂をはい、下り坂を滑って進んだ。

 途中、敵機に見つかり、自分の後方にいた上官が被弾。「天皇陛下、万歳」と叫んで息絶えた。「上官の命令は、天皇陛下の命令」。松本さんもそう聞かされ、従軍してきた。最後の最後には、母親の名前を口にする戦友も多くいた。

 20年8月19日、セブ島で無線機を通して終戦の玉音放送を聞いた。戦犯容疑で一時、捕虜収容所に入れられたが、日本に生還。戦友の戦死認定作業に携わり、遺族に戦死公報を送った。「昭和20年7月1日、レイテ島カンギポット付近」。大半は、米軍との最後の戦闘で玉砕したとされる日付が記されたという。

 松本さんは42年12月、遺骨調査団の一員として戦後初めてレイテ島を訪問。それ以降、25回にわたり、レイテ島、セブ島で戦友の遺骨・遺品を探し求め、慰霊の巡拝を続けてきた。

 「米軍の激しい攻撃を前に、戦友の遺体を収容することもできず、置き去りにしてきた」。贖罪(しょくざい)の気持ちが島に向かわせる。生還者の多くも鬼籍に入ったが、「体が動く限りは、慰霊を続ける」という。

 30日から2月2日にかけて再びレイテ島、セブ島を回り、第1師団と、同じくレイテ島で戦った第16師団、第26師団の慰霊碑に立ち寄り、戦友たちに両陛下のご訪問を報告する。


<両陛下>27日に追悼の慰霊碑に供花へ フィリピン訪問
毎日新聞 1月26日(火)21時53分配信

539
ニノイ・アキノ国際空港に到着し、アキノ大統領の出迎えを受けられる天皇、皇后両陛下=フィリピン・マニラで2016年1月26日午後3時、代表撮影

 【マニラ高島博之】天皇、皇后両陛下は26日、日本とフィリピンの国交正常化60周年を節目とする友好親善のためフィリピンを公式訪問された。同日午前、政府専用機で羽田空港を出発した両陛下は午後、首都マニラの「ニノイ・アキノ国際空港」に到着した。27日は太平洋戦争などで犠牲となったフィリピン人を追悼する慰霊碑に供花する。大統領主催の晩さん会も開かれ、陛下がおことばを述べる。

 両陛下はマニラの空港でアキノ大統領の出迎えを受けた。宿泊先のホテルでは、国際協力機構(JICA)がフィリピンに派遣している青年海外協力隊員ら46人と懇談した。協力隊のフィリピンでの活動は1966年に始まり、これまで約1600人が派遣されている。懇談は25分間の予定だったが、両陛下は約1時間、隊員と言葉を交わした。

 出発に先立ち、天皇陛下は羽田空港の貴賓室で「フィリピンでは、先の戦争において、フィリピン人、米国人、日本人の多くの命が失われました。中でもマニラの市街戦においては、膨大な数に及ぶ無辜(むこ)のフィリピン市民が犠牲になりました。私どもはこのことを常に心に置き、この度の訪問を果たしていきたいと思っています」とおことばを述べた。

 マニラ市街戦 太平洋戦争中の1945年2月、日本軍の占領からの奪還を狙う米軍が、マニラに突入し、市民を巻き込んだ戦闘が市街地で展開された。約1カ月で10万人の市民が犠牲になったとされる。


<両陛下>マニラ市民、温かく歓迎 フィリピン訪問
毎日新聞 1月26日(火)21時49分配信

538
宿泊するホテルに到着され、マニラ日本人学校の児童(奥)らから歓迎を受ける天皇、皇后両陛下=マニラで2016年1月26日午後3時43分、丸山博撮影

 【マニラ高島博之、丸山博】26日にフィリピンを訪問された天皇、皇后両陛下を、首都マニラの市民たちは温かく歓迎している。両陛下にとって54年ぶりとなる訪問が、今後の日本とフィリピンの関係がさらに発展する機会になることを期待している。

 両陛下が到着したマニラの「ニノイ・アキノ国際空港」から市街地の中心部に通じる道路の中央分離帯には、数多くの日本とフィリピンの国旗が交互に立てられている。大きな交差点や橋には、歓迎を表す看板や横断幕が掲げられている。天皇、皇后両陛下が26~30日に公式訪問することが英語で記され、「WELCOME(ようこそ)」と大きな文字で書かれている。

 今回の訪問が、日比関係の発展につながると期待するのはマニラに住む会社員、カルロス・ナシオンさん(43)。以前、日本人の上司と仕事をしたことがあり、「とても尊敬できる人だったので、日本人には良い印象を持っている。日本で働きたいと思っている知人も多い」と話す。また、2013年11月にフィリピンを襲った台風被害で日本が自衛隊の国際緊急援助隊の派遣などを行ったことに触れ、「フィリピン人は感謝の気持ちを忘れていない」と話す。

 両陛下が27日に訪れるフィリピン独立運動の英雄「ホセ・リサール」の記念碑がある公園で、観光客向けの写真撮影をしているホセ・リガルデさん(79)の表情も明るい。「フィリピン人が尊敬しているホセ・リサールの記念碑に来てくれることは、とてもうれしい」。タクシー運転手のローテン・ノラスコさん(47)は「天皇陛下がフィリピンに来られることはニュースでも見た。両国の関係がもっとよくなってほしい」と話した。

 両陛下が宿泊するマニラのホテル近くでは、警察が警備態勢を敷いている。数台の装甲車が止まり、銃を肩にかけた警察官の姿も目立つ。宮内庁によると、両陛下がフィリピン国内を移動する際は、周辺の道路が封鎖される。

 両陛下は26日夕に宿泊するホテルに到着した際、女性従業員2人から花束を受け取られた。集まった日本人学校の子供たちに笑顔で「ありがとう」と声をかけ、手を振って応えた。


夕日を鑑賞される両陛下
時事通信 1月26日(火)21時14分配信

537
青年海外協力隊員らと夕日を鑑賞される天皇、皇后両陛下=26日午後、フィリピン・マニラ、代表撮影

(時事通信社)


両陛下ご訪比 両陛下、フィリピンにご到着 戦没者に心寄せ
産経新聞 1月26日(火)20時49分配信

 【マニラ=大島真生】天皇、皇后両陛下は26日、羽田空港発の政府専用機でフィリピンに到着された。30日までの5日間、首都マニラに滞在し、先の大戦での日比両国の戦没者を慰霊するとともに、同国側との友好親善に努められる。両陛下のフィリピンご訪問は、皇太子夫妻時代の昭和37年11月以来2回目となった。

 マニラ首都圏のニノイ・アキノ国際空港に降り立った両陛下は、出迎えたアキノ大統領らと笑顔で握手を交わし、両国国歌の演奏の後、送迎の車に乗り込まれた。宿泊先のホテルでは、日本人学校の児童約70人の出迎えを受け、歓迎の声に手を振って応えられた。

 その後、日本から派遣されている青年海外協力隊の隊員約45人と海辺の芝生でご懇談。両陛下は隊員らに「成果はあがりましたか」などと熱心に質問した後、マニラ湾に沈む夕日を隊員とともに眺められた。

 出発前の羽田空港で行われた行事では、天皇陛下がお見送りの皇太子さまをはじめ皇族方、安倍晋三首相らに対し、先の大戦においてフィリピンで多くの犠牲者が出たことに触れ、「このことを常に心に置き、この度の訪問を果たしていきたい」と述べられた。

 今回のご訪問は、国交正常化60周年を記念した国際親善を目的とする公式訪問だが、宮内庁は国籍を問わず戦没者を慰霊する旅を続ける両陛下の強い意向を踏まえ、日比双方の慰霊碑でのご供花を日程に入れた。

 また、マラカニアン宮殿(大統領府)で行われる国賓歓迎式典やアキノ大統領主催の晩餐(ばんさん)会に臨み、フィリピン独立運動の英雄「ホセ・リサール」の記念碑にも花輪を手向けられる。


ホテルに到着された両陛下
時事通信 1月26日(火)19時26分配信

536
宿泊するホテルに到着された天皇、皇后両陛下。マニラ日本人学校の児童(奥)らから歓迎を受けた=26日午後、マニラ、代表撮影


歓迎を受けられる両陛下
時事通信 1月26日(火)18時24分配信

535
フィリピン・マニラのニノイ・アキノ国際空港に到着し、歓迎を受けられる天皇、皇后両陛下。右手前はアキノ大統領=26日午後

(時事通信社)


歓迎を受けられる両陛下
時事通信 1月26日(火)18時16分配信

534
フィリピン・マニラのニノイ・アキノ国際空港に到着し、歓迎を受けられる天皇、皇后両陛下。右手前はアキノ大統領=26日午後

(時事通信社)


歓迎を受けられる両陛下
時事通信 1月26日(火)18時16分配信

533
フィリピン・マニラのニノイ・アキノ国際空港に到着し、歓迎を受けられる天皇、皇后両陛下。右手前はアキノ大統領=26日午後


両陛下、フィリピンに到着
2016年1月26日(火)17時3分配信 共同通信

 【マニラ共同】天皇、皇后両陛下は26日午後、国交正常化60周年に際して友好親善を図り、太平洋戦争の戦没者を慰霊するため、歴代天皇で初めてフィリピンを訪問された。

 両陛下としては、皇太子ご夫妻時代の1962年に昭和天皇の名代として訪れて以来、54年ぶり。4泊5日の日程で、27日はアキノ大統領主催の晩さん会に臨み、天皇陛下が友好親善を誓って、あいさつする。

 日本人戦没者の慰霊は29日に予定され、両陛下はラグナ州カリラヤにある日本政府の「比島戦没者の碑」を初めて訪れ、約51万8千人に上った犠牲を悼む。


両陛下、フィリピンに到着
時事通信 1月26日(火)16時5分配信

 【マニラ時事】フィリピン公式訪問に出発した天皇、皇后両陛下は26日午後、首都マニラにあるニノイ・アキノ国際空港に到着された。
 同国訪問は皇太子夫妻時代の1962年以来、54年ぶり。
 同日夕には、青年海外協力隊員と懇談する。


天皇、皇后両陛下がフィリピンに到着
読売新聞 1月26日(火)16時3分配信

 天皇、皇后両陛下は26日午後、公式訪問先のフィリピンに到着された。

 国賓として国交正常化60周年の親善行事に出席するほか、先の大戦における日比両国の戦没者の慰霊などに臨まれる。天皇陛下は出発にあたってのお言葉で、戦中、膨大な数に及ぶフィリピンの人々が犠牲になったことに触れ、「このことを常に心に置き、この度の訪問を果たしていきたい」との思いを明かされた。

 両陛下は27日にアキノ大統領との会見など歓迎行事のほか、国立英雄墓地で、フィリピン人戦没者を慰霊される。28日は両国の親善に尽くす人々や日系人の代表と懇談。29日はマニラの南約70キロのラグナ州にヘリで移動し、約52万人の日本人戦没者をまつる「比島戦没者の碑」に供花。30日午後、帰国される。


天皇皇后両陛下、フィリピンへ出発
AFP=時事 1月26日(火)15時58分配信

532
フィリピン訪問への出発を前に、見送りの人々にあいさつされる天皇皇后両陛下。東京・羽田空港で(2016年1月26日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】天皇皇后両陛下が26日、フィリピンに向けて出発された。羽田空港では皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻らが両陛下のご出発をお見送りされた。両陛下のフィリピン訪問は30日まで。【翻訳編集】 AFPBB News

【関連写真】皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻らがお見送り


見送られる皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻
時事通信 1月26日(火)12時17分配信

649
フィリピンに向け出発された天皇、皇后両陛下を見送る皇太子ご夫妻と秋篠宮ご夫妻=26日午前、羽田空港

(時事通信社)


出発を前にお言葉を述べられる天皇陛下
時事通信 1月26日(火)12時9分配信

531
フィリピン訪問を前に、羽田空港の貴賓室でお言葉を述べられる天皇陛下=26日午前(代表撮影)

(時事通信社)


両陛下、フィリピンへ出発
時事通信 1月26日(火)12時9分配信

530
天皇、皇后両陛下は26日午前、フィリピン公式訪問のため、羽田空港発の政府専用機で首都マニラに向けて出発された。同国訪問は皇太子夫妻時代の1962年以来54年ぶりで、歴代の天皇、皇后として初めて。

(時事通信社)


お言葉を述べられる天皇陛下
時事通信 1月26日(火)12時9分配信

529
フィリピン訪問を前に、羽田空港の貴賓室でお言葉を述べられる天皇陛下=26日午前(代表撮影)

(時事通信社)


両陛下ご訪比 天皇陛下のお言葉 ご出発にあたり
産経新聞 1月26日(火)11時46分配信

 天皇、皇后両陛下はフィリピン訪問を前に、羽田空港で見送り行事に臨まれた。天皇陛下は皇太子さまをはじめ皇族方、安倍晋三首相らに、先の大戦において同国内で多くの犠牲者が出たことに触れ「このことを常に心に置き、この度の訪問を果たしていきたい」と述べられた。お言葉の全文は以下の通り。

 この度、フィリピン国大統領閣下からの御招待により、皇后と共に、同国を訪問いたします。

 私どもは、ガルシア大統領が国賓として日本を御訪問になったことに対する答訪として、昭和三十七年、昭和天皇の名代として、フィリピンを訪問いたしました。それから五十四年、日・フィリピン国交正常化六十周年に当たり、皇后と共に再び同国を訪れることをうれしく、感慨深く思っております。

 フィリピンでは、先の戦争において、フィリピン人、米国人、日本人の多くの命が失われました。中でもマニラの市街戦においては、膨大な数に及ぶ無辜のフィリピン市民が犠牲になりました。私どもはこのことを常に心に置き、この度の訪問を果たしていきたいと思っています。

 旅の終わりには、ルソン島東部のカリラヤの地で、フィリピン各地で戦没した私どもの同胞の霊を弔う碑に詣でます。

 この度の訪問が、両国の相互理解と友好関係の更なる増進に資するよう深く願っております。

 終わりに内閣総理大臣始め、この訪問に心を寄せられた多くの人々に深く感謝いたします。


両陛下ご訪比 両陛下ご出発 戦没者に心寄せ
産経新聞 1月26日(火)11時44分配信

 天皇、皇后両陛下は26日、羽田空港発の政府専用機でフィリピンに向け出発された。30日までの5日間、首都マニラに滞在し、先の大戦で命を落とした日比両国の戦没者を慰霊するとともに、同国側との友好親善に努められる。両陛下のフィリピンご訪問は、皇太子夫妻時代の昭和37年11月以来、2回目となる。

 今年は日本とフィリピンの国交正常化60周年に当たることから、昨年6月に国賓として来日したアキノ大統領から両陛下のご訪問について招請があったという。国際親善を目的とする公式訪問という位置づけだが、宮内庁は戦没者の「慰霊の旅」を続ける両陛下の強い意向を踏まえ、日本人戦没者の慰霊碑「比島戦没者の碑」と、フィリピン側戦没者を追悼する「無名戦士の墓」でのご供花を日程に組み入れた。

 このほか、マラカニアン宮殿で行われる歓迎式典や、アキノ大統領主催の晩餐(ばんさん)会に臨席するほか、フィリピン独立運動の英雄「ホセ・リサール」の記念碑にも供花される。

 先の大戦中、同国のルソン島で約27万人、レイテ島で約8万人、ミンダナオ島で約6万人など、多くの日本兵が戦死。厚生労働省によると、フィリピン全域での日本兵戦死者は51万8千人に上るという。また、同国側の犠牲者も多く、110万人に上ったとも言われる。昭和31年、日本が5億5千万ドル(当時1980億円)の戦争賠償金を支払うことが決まり、国交が正常化した。


両陛下が比へ出発、「戦没者を心に置き訪問」
読売新聞 1月26日(火)11時34分配信

528
フィリピンご訪問のため、羽田空港を出発される天皇、皇后両陛下(26日午前10時56分)=工藤菜穂撮影

 天皇、皇后両陛下は26日午前、フィリピン公式訪問のため、羽田空港を出発された。

 国賓として、国交正常化60周年の親善行事に出席するほか、先の大戦における日比両国の戦没者の慰霊に臨まれる。天皇陛下は出発にあたってのお言葉で、戦中、膨大な数に及ぶフィリピンの人々が犠牲になったことに触れ、「このことを常に心に置き、この度の訪問を果たしていきたい」との思いを明かされた。

 空港内の貴賓室で行われた出発行事には、皇太子さまを始めとする皇族方や安倍首相ら三権の長が出席。陛下は54年前、昭和天皇の名代として訪れた同国を再訪することについて、「うれしく、感慨深い」とした上で、「両国の相互理解と友好関係の更なる増進に資するよう深く願っている」と述べられた。


<両陛下>フィリピンに出発「無辜の犠牲、心に」
毎日新聞 1月26日(火)11時32分配信

527
フィリピンへ出発される天皇、皇后両陛下=羽田空港で2016年1月26日、徳野仁子撮影

 天皇、皇后両陛下は26日午前、羽田空港から政府専用機でフィリピンへ出発された。日本とフィリピンは今年、国交正常化60周年を迎え、友好親善を目的に国賓として招かれた。天皇陛下はアキノ大統領主催の晩さん会であいさつする。また、フィリピンには太平洋戦争の激戦地があり、陛下の希望で、日本とフィリピンの戦没者の慰霊碑をそれぞれ訪問する。30日に帰国する。

 両陛下は1962年の皇太子ご夫妻時代にフィリピンを訪れており、54年ぶりで2回目の訪問となる。天皇としてフィリピンを訪れるのは歴代初めて。

 午前10時40分ごろから、空港の貴賓室であった出発行事は、皇太子さまや秋篠宮さま、安倍晋三首相らが参加し、天皇陛下は「フィリピンでは、先の戦争において、フィリピン人、米国人、日本人の多くの命が失われました。中でもマニラの市街戦においては、膨大な数に及ぶ無辜(むこ)のフィリピン市民が犠牲になりました。私どもはこのことを常に心に置き、この度の訪問を果たしていきたいと思っています」と訪問への思いを述べられた。

 両陛下は27日、太平洋戦争などで亡くなったフィリピン人戦没者の慰霊碑「無名戦士の墓」で拝礼する。29日には、マニラから約70キロ離れたラグナ州カリラヤに日本政府が建てた「比島戦没者の碑」を海上保安庁のヘリコプターを使って訪れ、供花する。両陛下が海外で日本人戦没者の慰霊碑を訪れるのは、米自治領サイパン島(2005年)、パラオ(15年)に続いて3回目。

 アキノ大統領との会見や晩さん会は、27日に予定されている。【山田奈緒、高島博之】

 ◇両陛下のフィリピン訪問の主な日程

<26日>

・マニラに到着

・青年海外協力隊員と面会

<27日>

・歓迎式典が行われ、アキノ大統領と会見

・独立運動の英雄ホセ・リサールの記念碑に供花

・「無名戦士の墓」に供花

・大統領主催の晩さん会

<28日>

・日本に留学・研修経験のあるフィリピン人と面会

・フィリピンに在留する邦人や日系人と面会

・看護師・介護福祉士として日本で働くことを目指すフィリピン人が学ぶ語学研修センターを視察

・駐フィリピン日本大使主催のレセプション

<29日>

・比島戦没者の碑に供花

<30日>

・帰国


両陛下フィリピンへ出発
2016年1月26日(火)11時30分配信 共同通信

526
 フィリピンへ出発される天皇、皇后両陛下=26日午前、羽田空港

 天皇、皇后両陛下は26日、国交正常化60周年に際しての公式訪問として、友好親善と戦没者慰霊のため、フィリピンへ出発された。慰霊は、天皇陛下の強い希望を踏まえて日程に盛り込まれた。両陛下は訪問中、太平洋戦争で犠牲となった日本とフィリピン双方の戦没者を悼み、平和への思いを示す。

 出発に先立ち、天皇陛下は羽田空港の貴賓室で行事に臨み、太平洋戦争においてフィリピンで多くの命が失われたことに言及し「私どもはこのことを常に心に置き、このたびの訪問を果たしていきたい」と述べた。皇太子ご夫妻をはじめとする皇族や安倍晋三首相らが見送る。

 歴代天皇でフィリピン訪問は初めて。


両陛下を歓迎するため設置された看板
時事通信 1月26日(火)11時16分配信

413
天皇、皇后両陛下を歓迎するために設置された看板=26日午前、マニラ

(時事通信社)


両陛下、フィリピンへ出発=54年ぶり、戦没者慰霊も
時事通信 1月26日(火)11時11分配信

 天皇、皇后両陛下は26日午前、フィリピン公式訪問のため、羽田空港発の政府専用機で首都マニラに向けて出発された。
 同国訪問は皇太子夫妻時代の1962年以来54年ぶりで、歴代の天皇、皇后として初めて。30日に帰国する。
 日本と同国の国交正常化60周年を機とした親善訪問が主目的だが、両陛下の強い意向で、太平洋戦争によって犠牲となった両国の戦没者を慰霊する。外国訪問は昨年4月に戦後70年の戦没者慰霊でパラオを訪れて以来。
 天皇陛下は空港の貴賓室で行われた出発行事で、「マニラの市街戦においては、膨大な数に及ぶ無辜(むこ)のフィリピン市民が犠牲になりました。私どもはこのことを常に心に置き、この度の訪問を果たしていきたい」と述べた。空港では皇太子ご夫妻ら皇族方、安倍晋三首相夫妻らが見送った。


<両陛下フィリピン訪問へ>友好、未来へつなげ 遺族期待
毎日新聞 1月25日(月)21時17分配信

 天皇、皇后両陛下が26日から5日間、フィリピンを訪問される。訪問中の29日には、戦没日本人の慰霊碑で拝礼する。フィリピンで戦死した父の足跡を知るために繰り返し現地を訪れ、住民との交流を深めてきた亀井亘さん(72)=浜松市=は「日本とフィリピンの友好が引き継がれていくきっかけになってほしい」と期待している。

 亀井さんの父・正美さんは仕事を求めて渡った朝鮮で軍に召集され、1945年6月、フィリピンで戦死した。34歳だった。終戦後、2歳だった亀井さんは母や姉と一緒に朝鮮から引き揚げた。

 86年、亀井さんは父と同じ部隊にいた元日本兵と知り合ったことをきっかけに、父が最期を迎えた場所がフィリピン・ルソン島北部の山岳地帯にあることを知った。父の戦友とともにフィリピンを訪れた。通信兵だった正美さんは、通信拠点にしていたトンネルの近くで米軍機の爆撃を受けて死亡したという。

 その場所に着いた時、父がひょっこり出てくるのではという思いにとらわれ、気づくと木々を分け入っていた。「もしかしたら、そこらで生きとらせんかな。このあたりで生きのびてるんじゃないかって思ったんです」

 その後、日本軍の末路を詳しく知りたいという思いに駆られ、何度もフィリピンを訪ねた。米軍の猛撃を受けた日本軍は山の奥へ奥へと逃れた。兵士の多くは、敗走の途中、病気や飢餓で死亡した。亀井さんは、その跡を歩いた。

 フィリピンへの旅は100回を超える。山岳地帯の案内は、地元の住民を頼った。カラングーヤ族と呼ばれるその住民の生活は貧しかった。水道や電気の整備が遅れ、家事の手伝いに追われる子供たちは教育を受ける機会さえ乏しい状況だった。亀井さんはその窮状を目の当たりにした。

 「見て見ぬふりはできない」。亀井さんは2002年からカラングーヤ族を援助する活動を始めた。賛同者から資金を集め、奨学金を創設。現地の高校に奨学金を送り、自力で学費を工面することができない生徒の大学進学を支援した。

 支援の内容は年1回発行する会報「カラングーヤだより」で賛同者に伝えた。「目標に向かって大きな助けになります」「勉強を続けることができ感謝しています」。生徒たちのメッセージや、現地の暮らしぶりを会報に記した。

 賛同者の中には、フィリピンへの償いの気持ちを支援に込めた元日本兵も多い。そうした人々も高齢になり、亡くなった人もいる。亀井さんの活動は、縮小を余儀なくされている。「支援の始まりは、かつての戦争の償いや慰霊だった。しかしここで生まれた交流は、日本とフィリピンの未来につなげていきたい」。亀井さんはそう願う。【山田奈緒】

 【ことば】太平洋戦争とフィリピン

 1941年12月8日、日本軍は真珠湾攻撃の直後にアメリカの植民地だったフィリピンを攻撃し、翌年1月に首都マニラを占領。フィリピンを軍政下に置いた。奪還を狙う米軍は44年10月に上陸作戦を開始。米軍の激しい攻撃に加え、フィリピン人抗日ゲリラの抵抗もあり、日本軍は壊滅状態となった。51万8000人の日本人が亡くなり、戦渦に巻き込まれたフィリピン人の死者は100万人を超えるとされる。サンフランシスコ講和条約を経て52年から戦後賠償の交渉が始まり、56年7月に賠償協定が発効。国交を回復した。


両陛下、26日フィリピンへ
2016年1月25日(月)20時30分配信 共同通信

 国交正常化60周年に際して、天皇、皇后両陛下が26日からフィリピンを公式訪問される。歴代天皇としては初の訪問。友好親善を図ることを主な目的としつつ、戦没者慰霊に深く思いを寄せる両陛下は、日本とフィリピン双方の犠牲者を追悼し、平和を願う。

 海外での慰霊は、戦後60年のサイパン、戦後70年だった昨年のパラオに続き3回目。太平洋戦争で日米の戦場となったフィリピンでは、約51万8千人の日本人が命を落とし、フィリピン人も約110万人が亡くなったとされている。

 両陛下は皇太子ご夫妻時代の1962年に昭和天皇の名代としてフィリピンを訪れており、今回が54年ぶりとなる。


両陛下を歓迎するため設置された看板
時事通信 1月25日(月)17時18分配信

412
天皇、皇后両陛下を歓迎するために設置された看板=25日、マニラ

(時事通信社)


両陛下を歓迎するため掲げられた横断幕
時事通信 1月25日(月)17時18分配信

411
天皇、皇后両陛下を歓迎するために掲げられた横断幕=25日、マニラ

(時事通信社)


「ウエルカム」横断幕も=両陛下、26日訪比
時事通信 1月25日(月)17時15分配信

 【マニラ時事】天皇、皇后両陛下が26日から公式訪問されるフィリピンの首都マニラで、受け入れの準備が進んでいる。
 空港から市内に向かう大通りなどのあちこちに日本とフィリピンの国旗や、両陛下を迎える看板が設置され、歓迎ムードが高まっている。
 市内中心部から、両陛下の歓迎行事が27日に行われるマラカニアン宮殿(大統領府)に向かう途中の橋には、英語で「ウエルカム」と書かれた横断幕が掲げられた。
 25日のマニラは日中、汗ばむほどの陽気となった。マニラ在住で通訳の本多年子さん(77)は父がフィリピン人で母が日本人。「日本人の血が流れる一人として、両陛下に来ていただけるのはうれしいし、誇りに思う。この機会に、フィリピンのことをもっと知っていただきたい」と話した。


両陛下、26日からフィリピンご訪問 戦没者をご追悼
産経新聞 1月25日(月)8時1分配信

 天皇、皇后両陛下は26日から5日間の日程で、フィリピンを公式訪問される。首都マニラに滞在し、先の大戦で命を落とした日比両国の戦没者を慰霊するとともに、マラカニアン宮殿(大統領府)で催される晩餐会で天皇陛下がお言葉を述べるなど、両国の友好親善に努められる。歴代天皇として初めての同国訪問で、両陛下にとっては、皇太子夫妻時代の昭和37年11月以来、54年ぶり2回目のご訪問となる。

 今年は日本とフィリピンの国交正常化60周年にあたることから、昨年6月に国賓として来日したアキノ大統領から両陛下のご訪問の招請があった。国際親善を目的とする公式訪問という位置づけだが、同国は先の大戦最大の激戦地である上、両陛下は国籍を問わずに全ての戦没者の霊を慰めたいとの強い意向を持っておられることから、宮内庁は日本人戦没者の慰霊碑「比島戦没者の碑」と、フィリピン人戦没者が眠る「無名戦士の墓」でのご供花を日程に組み入れた。

 先の大戦中には、同国のルソン島で約27万人、レイテ島で約8万人、ミンダナオ島で約6万人など、多くの日本兵が戦死。フィリピン全域での日本兵戦死者は51万8千人に上る。また、同国側の犠牲者も極めて多く、110万人とも言われる。両陛下の「ご慰霊の旅」は続く。


<天皇、皇后両陛下>26日からフィリピンで戦没者慰霊など
毎日新聞 1月24日(日)19時1分配信

 天皇、皇后両陛下は26日、国交正常化60周年を迎えたフィリピンへの公式訪問に出発される。両陛下は皇太子ご夫妻時代の1962年にフィリピンを訪れており、お二人にとっては2回目の訪問。天皇としてフィリピンを訪れるのは歴代で初めてとなる。

 友好親善を目的に、国賓として招待された。フィリピンにはルソン島やレイテ島など太平洋戦争で日米が激しい戦闘を行った場所が多くある。同国での日本人戦没者は51万8000人。戦闘に巻き込まれて亡くなったフィリピン人は100万人を超えるとされる。両陛下はフィリピン人犠牲者が眠る「無名戦士の墓」と、日本人を追悼する「比島戦没者の碑」に供花し、両国の戦没者を慰霊する。両陛下の希望により実現することになった。

 アキノ大統領との会見や、同大統領主催の晩さん会も、マニラのマラカニアン宮殿にある大統領府で行われる。帰国は30日。

 両陛下が外国で日本人戦没者の慰霊碑に供花するのは、2005年の米国自治領サイパン島、15年のパラオに続いて3回目となる。【高島博之】

 ◇両陛下のフィリピン訪問の主な日程

 <26日>

 ・政府専用機で羽田空港を出発、マニラに到着

 ・青年海外協力隊員と面会

 <27日>

 ・歓迎式典が行われ、アキノ大統領と会見

 ・「無名戦士の墓」に供花

 ・大統領主催の晩さん会

 <28日>

 ・日本に留学・研修経験のあるフィリピン人と面会

 ・フィリピンに在留する邦人や日系人と面会

 ・看護師・介護福祉士として日本で働くことを目指すフィリピン人と面会

 ・駐フィリピン日本大使主催のレセプション

 <29日>

 ・比島戦没者の碑に供花

 <30日>

 ・帰国


比日系人、両陛下心待ちに=マニラで9年ぶり全国大会―2世の女性「うれしい」と涙
時事通信 1月24日(日)14時34分配信

 天皇、皇后両陛下が26日からフィリピンを公式訪問されるのに合わせ、同国在住の日系人約200人が28日、マニラに集まり、9年ぶりに全国大会を開く。
 うち日系2世は約100人が出席。両陛下の同国訪問を心待ちにしている。フィリピン日系人会連合会会長で日系3世のイネス・マリャリさん(44)は「高齢となった日系2世がこうして集まるのは恐らく最後。両国をつなぐ日系人としての誇りを持って両陛下をお迎えしたい」と話している。
 日本人のフィリピン移住は19世紀末から始まった。アバカ(マニラ麻)栽培が行われた同国南部ミンダナオ島のダバオでは、1941年には日本人移民が約2万人に達した。ダバオ在住で日系2世の田中愛子さん(84)は父吉郎さんが熊本県出身。母アリガンさんとの間に、田中さんを含め8人が生まれた。「豊かで、食べ物に不自由はしていなかった」と戦前の生活を振り返る。
 41年に太平洋戦争が勃発。旧日本軍の攻撃が始まると、日本人は一カ所に集められ、食べ物もなくなった。45年に米軍の反撃が開始され、住民に避難命令が出された。父と兄は徴用されて家族の元を離れており、田中さんは母、弟3人、妹の計6人でジャングルに逃げ込んだ。
 田中さんの母は避難生活中、川で洗濯していた際に空からの機関銃攻撃に遭い、精神的に不安定になった。ある日の夜、「天皇陛下万歳」と言ってカミソリで2人の弟の首を切り付け、無理心中を図り、末弟が亡くなった。終戦直前に再会した父は、戦後間もなく他界した。
 「戦争は二度とない方がいい」と話す田中さんは戦後、日本人会結成に関わり、日本語教室も開いた。「苦しんできたので、両陛下が来てくださるのは本当にうれしい」と話し、涙を拭った。
 娘のエリザベスさん(53)によると、田中さんが戦争の詳しい話をするようになったのは5年ほど前から。「年を取り、心を整理する中で、抑え切れない思いがあるのだろう」と推し量った。


両陛下、26日フィリピンへ=親善訪問、両国の戦没者慰霊も
時事通信 1月24日(日)14時14分配信

 天皇、皇后両陛下は26日から5日間の日程でフィリピンを公式訪問される。
 今年は日本と同国の国交正常化60周年に当たり、訪問の主な目的はアキノ大統領の招待を受けての友好親善だが、両陛下の強い意向で両国の戦没者を慰霊する。30日に帰国する。
 同国訪問は皇太子夫妻時代の1962年11月以来。即位後は初めてで、歴代の天皇、皇后としても初めてとなる。滞在中は国賓として、マラカニアン宮殿での公式歓迎行事に臨み、現地の日系人や在留邦人らと懇談。看護師候補者らが来日前に日本語を学ぶ語学研修センターの視察なども予定されている。
 29日にはラグナ州カリラヤに日本政府が建立した「比島戦没者の碑」で供花し、日本人戦没者遺族らと懇談する。フィリピンでは太平洋戦争中、海外地域別で最多の約51万8000人の日本人が死亡し、フィリピン人も多数犠牲となった。両陛下は日本側慰霊碑だけでなく、フィリピン側戦没者が眠る英雄墓地の「無名戦士の墓」にも花を供える。
 両陛下の外国訪問は、昨年4月に戦後70年の戦没者慰霊のためパラオを訪れて以来となる。

« 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2083 | トップページ | 先進技術実証機 ATD-X(X-2)、いよいよ来月中旬に初飛行 »

ニュース」カテゴリの記事

国家・元首・国事」カテゴリの記事

歴史・故事」カテゴリの記事

領土・外交」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/63114339

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇皇后両陛下、26~30日にフィリピンを公式にご訪問:

« 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2083 | トップページ | 先進技術実証機 ATD-X(X-2)、いよいよ来月中旬に初飛行 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31