« 雅子妃殿下、今日9日、52歳のお誕生日をお迎え | トップページ | フランス・パリで多発テロ、130人が死亡・54 »

2015年12月 9日 (水)

靖国神社爆破テロ事件 韓国人容疑者を逮捕

東京都千代田区九段北の靖国神社内の公衆トイレで11月23日、爆発音がして不審物が見つかったテロ事件で、警視庁公安部は9日、建造物侵入の疑いで事件発生直後に韓国に逃亡していた韓国人の全昶漢(チョンチャンハン)容疑者(27)を逮捕した。

捜査関係者によると、全容疑者は同日午前10時ごろ、空路で羽田空港に入国したことが判明。公安部によると、事前に連絡がない突然の入国だったという。公安部は、事件に関与した疑いがあるとみて、慎重に裏付けを進めている。

事件は、11月23日午前10時ごろ発生。本殿に近い神社南門近くの公衆トイレの男性用個室トイレで爆発音があり、火薬のような固形物が詰められたパイプや、時限式発火装置とみられるデジタル式タイマーが発見された。けが人はなく、犯行予告や声明は確認されていなかったが、公安部は時限式の爆発物の疑いがあるとみてテロ容疑で捜査していた。

公安部の調べで、爆発音がする約30分前から、現場周辺の防犯カメラにリュックサックや袋を持った不審な男の姿が写っていたことが判明。男は爆発音がする直前に現場を立ち去っていた。さらに、周辺の防犯カメラを調べたところ、男は千代田区内のホテルに宿泊し、事件当日の午後に帰国した全容疑者だったことも分かった。

全容疑者は、事件の2日前に韓国から入国。事件前日にも靖国神社を訪れていたとみられ、下見をしていた可能性もある。

靖国神社ではこの日、収穫に感謝する新嘗祭が予定通り開催されたが、七五三の受け付けは安全確認のため中止された。

リンク:なぜ再入国?韓国は関与否定も日韓水面下でやりとりか? - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:韓国人容疑者、事件直前に初入国 - 速報:@niftyニュース.
リンク:爆発音前日も訪問=参拝せず、目的捜査―靖国侵入容疑の韓国人・警視庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:韓国「捜査結果を注視」…靖国神社爆発音 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:靖国爆発音で逮捕の韓国人、前日にトイレ下見か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:靖国神社爆発音事件容疑者の再入国の謎に迫る - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「トイレ確認しに来た」=韓国人男 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:靖国爆発 菅長官「逮捕したとの報告は受けている。コメントは控える」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:靖国爆発 全容疑者の母「危険な目にあわせるような子ではない」最後に会ったのは3カ月前 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:靖国爆発 「軍国主義の象徴」への犯罪に揺れた韓国「身柄引き渡しの外交摩擦を回避」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「靖国神社のトイレを確認しに来た」 逮捕された韓国人男性 韓国出国は本人の意思 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「トイレ確認しに来た」=韓国人男、再入国の理由供述―靖国神社爆発音・警視庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:韓国人容疑者「短期滞在」再入国 - 速報:@niftyニュース.
リンク:靖国爆発音の27歳韓国人を逮捕 容疑を否認 羽田から再入国 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:日本の捜査注視=靖国事件、領事を派遣―韓国外務省 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:靖国神社内の爆発で韓国人を逮捕 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:チョン容疑者は「もの静か」…韓国でも一斉速報 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:靖国神社への侵入で27歳の韓国人を逮捕-警視庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:逮捕の韓国人、早い段階から捜査線上に浮上 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:靖国爆発 空軍で5年余りの勤務歴 逮捕の全容疑者「電話番号は教えるな」とマンション所有者に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:靖国爆発 全容疑者、突然の再入国の謎 警視庁も一報に驚き「まさか再来日するとは…」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:靖国出火事件で韓国人の男を逮捕 時限式発火装置しかけた疑い - 速報:@niftyニュース.
リンク:靖国爆発 「よく分からない」逮捕の全容疑者は否認 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:男逮捕で韓国メディアが速報 - 速報:@niftyニュース.
リンク:韓国メディア、一斉に速報=靖国爆発音事件、高い関心 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:靖国爆発 韓国メディアも全容疑者の逮捕を速報 「自ら日本に向かった」と韓国外交当局 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:靖国爆発音、逮捕の韓国人「分からない」と否認 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:靖国爆発 韓国籍の27歳男を逮捕 建造物侵入容疑 羽田から9日午前に再入国し、任意同行 警視庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<靖国神社爆発音>韓国人の男逮捕 建造物侵入容疑 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:靖国爆発音で韓国人の男を逮捕 - 速報:@niftyニュース.
リンク:韓国人の27歳男逮捕=羽田から再入国、否認―靖国神社侵入容疑・警視庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<靖国神社爆発音>出国した韓国人27歳男に逮捕状 警視庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:靖国爆発 韓国籍の27歳男に逮捕状 建造物侵入容疑 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:27歳韓国人の逮捕状請求=防犯カメラに映像、再入国―警視庁 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

なぜ再入国?韓国は関与否定も日韓水面下でやりとりか?
スポニチアネックス 12月10日(木)7時1分配信

 靖国神社で爆発音が響いてから2週間余り。事件は急展開した。容疑者はなぜ再入国したのか。

 ある参院議員は「容疑者は深く考えないで行動しているのではないか」と分析する。

 韓国政府は靖国神社を日本の「戦争責任の象徴」として非難してきただけに、同神社を狙った事件で関与が疑われる韓国人の捜査での対日協力には世論の反発があったとみられるため、共同電によると、全容疑者が「自発的に」(韓国政府関係者)日本へ行って逮捕されたことに安堵(あんど)しているもようだという。

 韓国当局は関与を否定しているが、「警視庁と韓国警察が水面下でやりとりしていたようだ」と話す永田町関係者も。別の関係者は「日韓関係改善を求める米国に配慮して朴政権が取った措置かもしれない」と予測。真相の解明に注目が集まっている。


韓国人容疑者、事件直前に初入国
2015年12月10日(木)5時42分配信 共同通信

 東京都千代田区の靖国神社内の公衆トイレで爆発音がして不審物が見つかった事件で、建造物侵入容疑で逮捕された韓国人の全昶漢容疑者(27)が事件直前、日本に初めて入国したとみられることが10日、捜査関係者らへの取材で分かった。

 全容疑者は短期滞在の資格で11月21日に空路で来日、事件直後の23日午後には韓国へ戻っている。爆発音は23日午前にしており、警視庁公安部は、靖国神社内で爆発を起こす狙いで入国した疑いが強いとみて、動機を調べている。

 捜査関係者らによると、全容疑者は11月の入国時、韓国・金浦空港と羽田空港を往復したが、それ以前の来日歴は確認されなかった。


爆発音前日も訪問=参拝せず、目的捜査―靖国侵入容疑の韓国人・警視庁
時事通信 12月10日(木)5時7分配信

 靖国神社(東京都千代田区)敷地内の公衆トイレで爆発音がした事件で、建造物侵入容疑で逮捕された韓国籍の全昶漢容疑者(27)が、事件前日も同神社を訪問していたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。
 神社参拝はしておらず、警視庁公安部は訪問の目的を調べるとともに、事件との関連を慎重に調べている。
 全容疑者は11月22日~23日、正当な理由がないのに神社敷地内に侵入したとして逮捕された。
 爆発音があったのは同月23日午前10時ごろ。捜査関係者によると、防犯カメラの映像などから、全容疑者が爆発音の約30分前に現場のトイレ付近にいたことが分かっていた。映像をさらに調べたところ、前日にも同神社を訪れていたことが判明。しかし、2日連続で訪問したにもかかわらず、参拝する様子は確認されなかった。


韓国「捜査結果を注視」…靖国神社爆発音
読売新聞 12月9日(水)23時20分配信

 【ソウル=井上宗典】靖国神社境内のトイレで先月23日、爆発音がした事件で、全昶漢容疑者の逮捕を受け、韓国外交省は9日、「捜査結果を注視しながら、(容疑者に対する)必要な支援をする」と明らかにした。

 靖国神社では2011年12月にも放火事件があり、警視庁は、日韓犯罪人引き渡し条約に基づき、韓国にいた中国人容疑者の引き渡しを求めたが、韓国は「政治犯」として拒否した。韓国内では、今回の事件でも引き渡しを拒否すれば、日韓関係が悪化すると懸念されていたが、韓国政府関係者は「容疑者が日本で逮捕されたことで、摩擦は回避された」と話した。

 全容疑者は今年9月まで韓国南西部・群山市のアパートに1人で暮らしていた。全容疑者が捜査線上に浮上していることを知ったアパートの管理人がメールで、「何らかの態度を示した方がいい」と促すと、「面倒くさい」と返事があったという。管理人は読売新聞の取材に「物静かな人だった」と話した。

 韓国の聯合ニュースによると、全容疑者は09年12月に空軍に入隊。約5年間勤務し、今年3月に除隊したという。


靖国爆発音で逮捕の韓国人、前日にトイレ下見か
読売新聞 12月9日(水)23時13分配信

 靖国神社境内のトイレで先月23日、爆発音がした事件で、建造物侵入容疑で逮捕された韓国人の全昶漢(チョンチャンハン)容疑者(27)が、事件前日にも神社境内を訪れていたことが捜査関係者への取材でわかった。

 トイレ付近に向かう姿が防犯カメラに映っていたという。警視庁公安部は、時限式発火装置を仕掛けるための下見だったとみて、事情を聞いている。

 捜査関係者によると、事件前日の先月22日、靖国神社境内や周辺の複数の防犯カメラに全容疑者の姿が映っていた。全容疑者は現場近くのホテルに宿泊しており、翌23日朝に再び、紙袋を持って神社を訪れていた。

 23日午前10時頃、大きな爆発音がし、トイレの天井裏からは火薬のようなものが詰められた鉄パイプが見つかり、床にはタイマーと、韓国語で表記された電池が残されていた。公安部は、全容疑者が前日に下見をした上で、時限式発火装置を仕掛けたとみている。

 全容疑者は事件直後に帰国したが、9日朝、ソウル発羽田空港着の航空機で再来日したところを捜査員に任意同行された。調べに対し、「よくわからない」と容疑を否認。再来日した理由については、「報道機関から質問を受け、靖国神社のトイレを確認しに来た」と供述しているという。


靖国神社爆発音事件容疑者の再入国の謎に迫る
辺真一 | コリア・レポート 編集長
2015年12月9日 22時0分配信

先月起きた靖国神社内の公衆トイレでの爆破音に関与した疑いのある韓国人容疑者(全昶漢=27歳)が9日に再来日し、警視庁に身柄を確保された。

それにしても、爆破容疑が掛けられ、日本に戻れば逮捕されることは百も承知なはずなのになぜ、来日したのだろう? 掛けられた容疑を否認するためなのか、あるいは確信犯としてスポットライトを浴びるためなのか、それともそれ以外の理由でもあるのだろうか?全容疑者は「日本に行って確かめたかった」と来日の目的を述べているようだが、何をどう確かめたいのか、不可解極まりない。

全容疑者は11月21日に来日し、靖国神社近くのビジネスホテルに宿泊し、犯行直後の23日に帰国している。僅か二泊三日の滞日だ。それも前日の22日に靖国神社を視察していた。明らかに計画的犯行と言える。ならば、確信犯ということになる。

そもそも、再来日は本人の意思、自発によるものか?それとも、誰かに勧められたからなのか?

全容疑者は今年9月まで韓国中西部にある群山市のワンルームマンションで暮らしていたが、マンションオーナーは「3か月間の家賃を滞納していた」と証言していた。事実ならば、相当生活に困っていたはずだ。とても11月、12月と立て続けに来日できる余裕はなかったはずだ。旅費をどう工面したのだろうか? 

もしかして、韓国政府は再来日に関与していないのだろうか?というのも、全容疑者が自ら進んで日本に「出頭」したことで韓国政府は日本からの身柄引き渡しのプレッシャーを受けないで済むからだ。少なくとも、日本側の要請を受け、韓国国内で逮捕し、日本に引き渡すと言う最悪のシナリオを回避できたことでホッとしているはずだ。

日韓は犯罪人引き渡し条約を結んでいるため日本から要求されれば、当然引き渡さなくてはならない。しかし、今回の事件は靖国神社が絡んでいるだけに韓国政府にとってもやっかいな事柄だった。仮に世論が過去を反省しない日本への義憤に駆られてやった行為と受け止めるようなことになれば自国民をそう簡単に引き渡すわけにもいかなくなる。そうなれば、11月の日韓首脳会談を機に修復に向かいつつあった日韓関係に新たな外交摩擦を引き起こしかねない。何よりも、日本に弱みを握られる恐れがあった。

実際に、朴槿恵政権は過去(2013年)に同様の事件で中国人(朝鮮系中国人)容疑者を日本に引き渡さなかったことがあった。日中間で綱引きをしていた靖国神社放火事件の放火魔をソウル高裁の判決を盾に「政治犯」とみなして中国に引き渡してしまったのだ。

日本と韓国は国交を結んで今年で50年。それに比べて中国と韓国との修好は半分にも満たない23年。中国は共産党一党独裁社会主義体制下にあるが、同じ資本主義の韓国と日本は3権分立の民主主義体制下にある。まして日本と韓国との間には犯罪人の引き渡し協定があるが、韓国と中国との間にはない。常識からして、日本に引き渡すのが筋であった。

まして、この中国人容疑者は韓国でもよりによって日本の大使館に火を放そうとした言わば「放火魔」であった。初犯ならまだ情状酌量の余地もあるが、一度ならず二度となると日本としては黙って見過ごす訳にはいかなかった。日本政府が犯罪人引渡し法に則って引き渡しを求めるのは当然であった。しかし、靖国神社絡みだけに事はそう単純ではなかった。

韓国は日本国総理の靖国神社参拝に常に反対している。この神社が韓国に多大な犠牲と不幸をもたらした日本軍国主義の象徴と映っているからに他ならない。戦争犯罪人である東条英機らA級戦犯らが合祀されている靖国神社への日本国総理の参拝は戦争被害国、被害者への冒涜として韓国では受け止められている。

日本の植民地統治下にあった朝鮮半島では解放される1945年まで日本政府の「国民精神総動員運動」の名の下に朝鮮各地に神宮や神社が建てられ、参拝を強要された。神社参拝を拒否し、不敬罪で投獄された人も多数おり、その中には獄死した者もいるとされる。さらに終戦2年前の1943年からは「内戦一体」の名の下に「報国隊」や「徴用」「学徒兵」として戦場に強制動員された。兵士として戦場に駆り出された人は公表されただけでも23万人に達し、その他軍要員として各地の戦線に動員された人も約15万人に上ったとされる。

多大な犠牲と不幸をもたらした日本軍国主義の象徴である靖国神社を放火したからといって日本の求めに応じ、引き渡すことは韓国政府にとって苦悩であった。

日本は南北(韓国と北朝鮮)の綱引きでは常に韓国に味方してきた。日本に漂着した北朝鮮の脱北者の引き渡しをめぐる南北の綱引きでも日本政府は国際法的な見地から、また人道的な見地から一貫して韓国に送還してきた。政治問題でも2010年の韓国哨戒艦沈没事件や延坪島砲撃事件を例に取るまでもなく一貫して韓国側に与してきた。

また、バーレンで身柄を拘束された大韓航空機爆事件(1987年)の実行犯、金賢姫が「蜂谷真由美」という名の偽造パスポートを所持し、日本人を装っていたことからバーレン当局に日本への引き渡しを求め、韓国と綱引きを演じた際にも、韓国側の立場に配慮し、韓国への引き渡しを優先させた。

しかし、韓国は日中、あるいは日朝の狭間に立たされた時、必ずしも日本一辺倒ではない。これまた、紛れもなく、韓国外交の現実、限界でもある。

辺真一
コリア・レポート 編集長
東京生まれ。明治学院大学(英文科)卒業後、新聞記者を経て、フリージャーナリストへ。1982年 朝鮮半島問題専門誌「コリア・レポート」創刊。1986年 テレビ、ラジオで評論活動を開始。1998年 ラジオ短波「アジアニュース」パーソナリティー。1999年 参議院朝鮮問題調査会の参考人。2003年 沖縄大学客員教授、海上保安庁政策アドバイザー(~2015年3月)を歴任


「トイレ確認しに来た」=韓国人男
時事通信 12月9日(水)21時45分配信

Yk030
靖国神社に侵入した疑いで逮捕され、警視庁麹町署を出る全昶漢容疑者(中央)。調べに対し、「日本の記者から質問を受け、靖国神社のトイレを確認しに来た」と再入国の理由を供述していることが分かった=9日


靖国爆発 菅長官「逮捕したとの報告は受けている。コメントは控える」
産経新聞 12月9日(水)21時28分配信

 菅義偉官房長官は9日の記者会見で、靖国神社内で爆発音がした事件で警視庁が建造物侵入容疑で韓国籍の全昶漢容疑者を逮捕したことに関し、「正当な理由がないのに靖国神社に侵入した建造物侵入の容疑で警視庁が逮捕したとの報告は受けている」とした上で、容疑者の動機などについては「捜査中なのでコメントは控えるべきだと思う」と述べるにとどめた。

 また、今回の事件が日韓関係に与える影響についても「現在捜査中なのでコメントは控えたい」と具体的な言及は避けた。


靖国爆発 全容疑者の母「危険な目にあわせるような子ではない」最後に会ったのは3カ月前
産経新聞 12月9日(水)20時12分配信

 【ソウル=名村隆寛】靖国神社内で11月、爆発音がし不審物が見つかった事件で9日、警視庁に建造物侵入の容疑で逮捕された韓国籍の全昶漢(チョン・チャンハン)容疑者(27)について、韓国メディアは同日までに、韓国空軍で5年余り勤務経験がある人物だと報じた。

 聯合ニュースによると、全容疑者は韓国南西部の全羅北道(チョルラプクト)南原(ナムウォン)市出身だという。朝鮮日報(8日付)は、知人の話として、全容疑者が2009年12月に空軍に下士官として入隊し、全羅北道群山(クンサン)市にある部隊の施設兵科に勤務し、今年3月に除隊したと伝えている。除隊後は、群山市内のワンルームマンションで約2カ月前まで1人で暮らしていたという。

 全容疑者の情報を得た日本の一部メディアは、マンションの所有者の所に取材に来たが、所有者は何も分からず答えようがなかったという。その後、所有者が全容疑者に電話をかけ「記者があなたを捜しに来て大変だった」と伝えたところ、全容疑者は「電話番号を教えたのか? 法に適した手続きなしに聞いてくる者には絶対に教えるな」と言って電話を切った。全容疑者は靖国神社の件については肯定も否定もしなかったという。

 同紙は全容疑者の(携帯)電話に電話をかけ、名前を確認したが、1、2秒後に電話は切れた。その後も、電話には出ず、靖国神社爆発音事件について尋ねたショートメールにも返信はなかったと伝えている。

 一方、全容疑者の母親は9日、聯合ニュースの取材に対し「普段から正しい生活をし、人に迷惑をかけない、危険な目にあわせるような子ではない」と述べ、全容疑者の犯行を否定したという。母親が最後に全容疑者に会ったのは3カ月前という。


靖国爆発 「軍国主義の象徴」への犯罪に揺れた韓国「身柄引き渡しの外交摩擦を回避」
産経新聞 12月9日(水)18時58分配信

Yk029
事件現場となった公衆トイレは今も規制されたままだ=9日、東京都千代田区の靖国神社(早坂洋祐撮影)(写真:産経新聞)

 【ソウル=名村隆寛】靖国神社で爆発音がして不審物が見つかった事件で韓国人の全昶漢(チョン・チャンハン)容疑者(27)が9日、警視庁に逮捕されたことについて、韓国メディアは同日、日本メディアの報道を引用して一斉に伝えた。聯合ニュースによると、韓国外務省は「日本側の取り調べの結果を注視し、協力していく」としている。

 韓国世論が「軍国主義の象徴」として嫌悪する靖国神社で起きた事件は、韓国でも発生当初から注目された。容疑者に韓国人が浮上した時点で、韓国政府は日本在住の韓国人や訪日する者に対し、靖国神社に近づかないように「注意喚起」までしていた。

 一方で、韓国の国民が事件を起こしたことで、対日関係で新たな火種を抱えることへの懸念も浮上。「軍国主義の象徴だとしても公共施設の爆破を試みたことは許されない」(朝鮮日報社説)との意見も出た。

 過去には2011年、靖国神社の門に放火して韓国に渡った中国人をめぐる日本からの身柄引き渡し要求に対し、韓国は「政治犯」としたソウル高裁の判断に従い引き渡しを拒否、日韓の摩擦が強まったあしき前例がある。韓国側は、まさにこの身柄引き渡し問題の再燃を警戒していた。

 今回は「容疑者が自ら日本に行き逮捕された」(韓国外交筋)ことによって、「身柄引き渡しをめぐっての外交摩擦や葛藤は回避できた」(聯合ニュース)形となり、韓国側は内心、胸をなで下ろしているような状況にある。

 ただ、全容疑者が起訴された場合、法廷で明らかにされる取り調べの内容や被告の発言、司法判断などが日韓関係や世論に影響を及ぼすことも予想され、今後広がるであろう「波紋」についても韓国メディアは憂慮を示している。


「靖国神社のトイレを確認しに来た」 逮捕された韓国人男性 韓国出国は本人の意思
産経新聞 12月9日(水)18時48分配信

 靖国神社(東京都千代田区)の公衆トイレで爆発音がして不審物が発見された事件で、警視庁公安部は9日、建造物侵入の疑いで、韓国人の住所、職業ともに不詳、全昶漢(チョンチャンハン)容疑者(27)を逮捕した。容疑について「よく分からない」と否認しており、再来日の理由を「日本の記者から質問を受けて、靖国神社のトイレを確認しに来た」と供述している。公安部は不審物に爆発能力があった可能性もあるとみて鑑定を進めており、爆発物取締罰則違反容疑なども視野に経緯や動機を調べる。

 捜査関係者によると、全容疑者は9日午前10時ごろ、空路で羽田空港に再び入国。情報を把握した捜査員が空港で任意同行した。9日中に帰国するための航空券も確保していたという。韓国警察は全容疑者の所在確認はしておらず、本人の意思で日本に入国した可能性が高いとみられる。

 逮捕容疑は、正当な理由がないのに、11月22日午前11時ごろから翌23日午前10時ごろ、靖国神社の敷地内に侵入したとしている。

 事件は同日午前10時ごろ発生。本殿に近い神社南門近くの公衆トイレ男性用個室で爆発音があり、火薬のような固形物が詰められたパイプや、時限式発火装置とみられるデジタル式タイマー、ハングルが記載された乾電池などが発見された。けが人はおらず、犯行予告や声明もなかった。

 公安部が防犯カメラを解析したところ、爆発音の約30分前、リュックサックや袋を持った不審な男が現場周辺に現れ、爆発音の直前に現場を立ち去ったことが判明。男は千代田区内のホテルに宿泊し、事件当日午後に韓国に帰国した全容疑者だったことが分かった。

 全容疑者は事件2日前の11月21日に入国。事件前日に神社を訪れて、現場の下見をした疑いもある。


「トイレ確認しに来た」=韓国人男、再入国の理由供述―靖国神社爆発音・警視庁
時事通信 12月9日(水)18時17分配信

 靖国神社爆発音事件で、建造物侵入容疑で逮捕された韓国籍の全昶漢容疑者(27)が警視庁公安部の調べに対し、「日本の記者から質問を受け、靖国神社のトイレを確認しに来た」と再入国の理由を供述していることが9日、分かった。
 公安部は全容疑者の携帯電話などを押収しており、事件との関連を慎重に捜査している。
 公安部によると、全容疑者は事件のあった11月23日、韓国に帰国した。9日に羽田空港から再入国したため、情報を得た警視庁の捜査員が任意同行を求めた。この際、抵抗する様子などはなかったという。
 全容疑者は「よく分からない」と容疑を否認している。一方で、事件について取材を受けたことを再入国の理由に挙げているという。
 公安部は事件当日に現場近くの防犯カメラに写った不審な男の足取りを捜査。11月30日、同容疑者が宿泊した千代田区内のホテル客室を建造物侵入容疑で家宅捜索するなどし、男を全容疑者と特定した。


韓国人容疑者「短期滞在」再入国
2015年12月9日(水)17時15分配信 共同通信

 東京都千代田区の靖国神社内の公衆トイレで爆発音がして不審物が見つかった事件で、建造物侵入容疑で逮捕された韓国人の職業不詳全昶漢容疑者(27)は、「短期滞在」の資格で再入国していたことが9日、捜査関係者への取材で分かった。

 事件2日前に入国した際も短期滞在の資格だった。警視庁公安部は、事件当日に帰国した全容疑者が再び入国した目的を調べるとともに、爆発物取締罰則違反容疑での立件も視野に不審物との関連を捜査する。

 爆発音がしたのは11月23日午前10時ごろ。全容疑者は、正当な理由なく靖国神社敷地内に侵入した疑いで逮捕された。「よく分からない」と容疑を否認。


靖国爆発音の27歳韓国人を逮捕 容疑を否認 羽田から再入国
夕刊フジ 12月9日(水)16時56分配信

Yk034
11月23日、トイレで爆発があった靖国神社(写真:夕刊フジ)

 靖国神社(東京都千代田区)の公衆トイレで先月末、大きな爆発音がして天井に穴が空いた事件で、警視庁公安部は9日、神社周辺の防犯カメラに写り、事件直後に帰国した韓国籍の全昶漢(チョン・チャンハン)容疑者(27)を、不審物を仕掛けるため無断でトイレに入った建造物侵入容疑で逮捕した。全容疑者は同日午前、羽田空港から再入国したため、任意同行を求めて事情を聴いていた。全容疑者は容疑を否認しているという。

 事件が発生したのは、靖国神社が、新嘗祭や七五三などの参拝客でにぎわっていた先月23日午前10時ごろ。南門近くのトイレの男性用個室で爆発音がし、床には韓国語が書かれた乾電池のほか、電池ケースやデジタル式タイマーがあった。天井裏からは、火薬とみられる砂状のものが入った金属製パイプが見つかった。

 パイプ爆弾が不発だったとみられ、「爆発物が本当に爆発していたら、大惨事になる可能性があった」(警察幹部)という。

 捜査関係者によると、爆発音の直前、周辺の防犯カメラには袋を持ったリュックサック姿の男が南門のトイレに向かう様子が写っており、爆発音後の映像では袋を持っていなかった。

 警視庁が防犯カメラなどで男の足取りを調べたところ、事件2日前に韓国から入国し、爆発事件後、いったん千代田区内にある宿泊先のホテルに戻り、同日午後に出国した全容疑者の存在が浮かび上がった。全容疑者は事件前日にも靖国神社を訪れ、下見をしていたとみられている。

 フジテレビは9日午前、警視庁公安部の現場検証で、靖国神社のトイレに落ちていたたばこの吸い殻と、全容疑者の宿泊先のホテルにあった吸い殻に付着したDNA型が一致したと報じた。

 韓国紙、朝鮮日報によると、逮捕された全容疑者は2009年12月に韓国空軍に入隊。韓国西部・群山(クンサン)の部隊で勤務し、今年3月に除隊した。最近まで群山に居住していたが、約2カ月前に自宅を引き払っていたという。

 犯行があった先月23日は、パリ同時多発テロの10日後。安倍晋三首相は前日、マレーシアの首都クアラルンプールでの記者会見で「非道卑劣なテロ行為を断固非難する」と断言しており、計画的に、過激派組織「イスラム国」(IS)のテロを偽装した疑いもある。

 日本テレビは最近、全容疑者のものとみられる携帯電話に連絡し、事件について質問していた。

 同局によれば、全容疑者は靖国神社を訪ねたことを認め、目的について「ただ、行っただけです」と説明。さらに、「東京を見て回ろうと思ったのです。ついでに(靖国神社も)行きました。まあ別に何と言えばいいか、別に見るものはなかったです」などと話していたという。


日本の捜査注視=靖国事件、領事を派遣―韓国外務省
時事通信 12月9日(水)15時43分配信

 【ソウル時事】韓国外務省は9日、靖国神社敷地内の公衆トイレで爆発音がした事件で、警視庁が韓国人を逮捕したことを受け、取り調べが行われている警察署に領事を派遣したと明らかにした。
 同省は「経緯を把握中で、日本側の捜査結果を鋭意注視しつつ、必要な領事支援を提供する予定だ」としている。
 9日午前に、在日韓国大使館が日本の警察当局から韓国人1人を逮捕したと連絡を受けたという。韓国政府関係者は「領事面会を行ったが、内容は明らかにできない」と述べた。


靖国神社内の爆発で韓国人を逮捕
BBC News 12月9日(水)15時31分配信

東京・靖国神社の公衆トイレで11月23日に爆発音がして爆発物とみられるものが発見された事件で、警視庁は9日、韓国人男性(27)を建造物侵入の疑いで逮捕した。事件で負傷者はいなかった。

NHKによると、逮捕された男性は事件当日、韓国に帰国していたが、羽田空港から再入国したところを逮捕された。男性は容疑を否認しているという。

日本メディアはこれまでに、神社や宿泊していたホテルの防犯カメラ映像から男性を特定していた。23日の爆発ではトイレの天井に穴が開いた。現場には電池や電線、金属製パイプなどが残されており、警察はパイプに爆発物が含まれていたとみている。

靖国神社には、A級戦犯を含む日本の戦死者が合祀(ごうし)されている。戦死者を追悼するだけでなく祭っているため、第2次世界大戦で日本と敵対した中国や韓国、北朝鮮は安倍晋三首相など保守系の政治家による参拝を問題視する。首相など政治家による参拝は、日本が過去の軍国主義を悔いていない証しだと中国など各国はみなしている。

靖国神社が攻撃されたのは今回が初めてではない。

2011年には中国人男性が門に放火した疑いがもたれているが、韓国の法廷は日本への身柄引き渡しを拒否した(男性は2012年にソウルの日本大使館に火炎瓶を投げた罪で、韓国で有罪となり服役していた)。

2013年には韓国人男性がトルエン入りの容器を持って神社に侵入したところを見つかり、液体を拝殿に向かって投げつけた後に逮捕された。


チョン容疑者は「もの静か」…韓国でも一斉速報
読売新聞 12月9日(水)15時21分配信

 【ソウル=井上宗典】靖国神社で爆発音がした事件で、建造物侵入容疑で警視庁に逮捕された韓国人のチョン・チャンハン容疑者(27)は今年9月まで、韓国南西部・群山市内のアパートで暮らしていた。

 読売新聞の取材に応じたアパートの所有者によると、チョン容疑者は家賃が月28万ウォン(約3万円)のワンルームを1年契約で借りていた。1人暮らしのようだったという。

 アパートの管理人は「他の住民からの苦情は一切なく、穏やかで、もの静かな人だった。転居先は告げていかなかった」と話した。

 一方、韓国メディアは9日、チョン容疑者が逮捕されたことを一斉に速報し、関心の高さを示した。チョン容疑者は2009年12月に韓国空軍に入隊し、今年3月に除隊したとの情報がある。


靖国神社への侵入で27歳の韓国人を逮捕-警視庁
Bloomberg 12月9日(水)14時50分配信

    (ブルームバーグ):警視庁公安部と麹町署は9日、靖国神社内苑に正当な理由なく侵入したとして韓国籍、チョン・チャンハン容疑者(27)を建造物侵入の疑いで逮捕した。警視庁広報課が同日、電話取材に対して明らかにした。

広報課の説明では、同容疑者は11月22日午前11時ごろから23日午前10時ごろまでの間に、東京都千代田区九段北の靖国神社内苑に侵入したとして逮捕された。23日午前10時ごろ、同神社の公衆トイレ内で爆発音の後、煙が出ているのを見た、と警察に通報があり、捜査を進めていた。

共同通信によると、同容疑者は9日午前、空路で日本に再入国。警視庁が羽田空港で任意同行した。容疑を否認している。同通信は捜査関係者の情報として伝えた。

記事についての記者への問い合わせ先:東京 高橋舞子 ,mtakahashi61@bloomberg.net

記事についてのエディターへの問い合わせ先:大久保義人 ;
Andrew Davis
谷合謙三, 広川高史 ,yokubo1@bloomberg.net,abdavis@bloomberg.net


逮捕の韓国人、早い段階から捜査線上に浮上
読売新聞 12月9日(水)14時38分配信

 靖国神社で先月23日に爆発音がした事件は、短期滞在で入国していた韓国人の男が逮捕され、捜査が大きく動き出した。

 年に一度の「新嘗(にいなめ)祭」や七五三の家族連れでにぎわう神社を狙った目的は何だったのか。警視庁公安部は動機の解明を進めている。

 公安部の発表によると、逮捕されたのは、韓国人のチョン・チャンハン容疑者(27)。

 チョン容疑者は事件当日に帰国したが、再入国の情報を得て羽田空港に駆けつけた捜査員が9日午前10時頃、チョン容疑者を発見。公安部は建造物侵入容疑で逮捕状を取って麹町署に任意同行し、逮捕した。

 現場に残された乾電池に韓国語表記があったことや、神社境内の防犯カメラ画像などから、チョン容疑者は早い段階から捜査線上に浮上。公安部は容疑が固まれば、日韓犯罪人引き渡し条約に基づき、身柄の引き渡しを要請する方針だった。


靖国爆発 空軍で5年余りの勤務歴 逮捕の全容疑者「電話番号は教えるな」とマンション所有者に
産経新聞 12月9日(水)14時14分配信

Yk026
爆発があったとされる靖国神社=11月23日、東京都千代田区(鈴木健児撮影)(写真:産経新聞)

 【ソウル=名村隆寛】靖国神社内で11月、爆発音がし不審物が見つかった事件で9日、警視庁に建造物侵入の容疑で逮捕された韓国籍の全昶漢(チョン・チャンハン)容疑者(27)について、韓国の朝鮮日報(8日付)は、韓国空軍で5年余り勤務経験がある人物だと報じている。

 同紙は知人の話として、全容疑者が2009年12月に空軍に下士として入隊し、韓国南西部の全羅北道(チョルラプクト)群山(クンサン)市にある部隊の施設兵科に勤務し、今年3月に除隊したと伝えた。除隊後は、群山市内のワンルームマンションで約2カ月前まで1人で暮らしていたという。

 全容疑者の情報を得た日本の一部メディアは、マンションの所有者のところに取材に来たが、所有者は何も分からず答えようがなかったという。その後、所有者は全容疑者に電話をかけ、「記者があなたを捜しに来て大変だった」と伝えたところ、全容疑者は「電話番号を教えたのか? 法に適した手続きなしに聞いてくる者には絶対に教えるな」と言って電話を切ったという。全容疑者は靖国神社の件については肯定も否定もしなかったという。

 同紙は全容疑者の(携帯)電話に電話をかけ、名前を確認したが、1、2秒後に電話は切れた。その後も、電話には出ず、靖国神社爆発音事件について尋ねたショートメールにも返信はなかったと伝えている。


靖国爆発 全容疑者、突然の再入国の謎 警視庁も一報に驚き「まさか再来日するとは…」
産経新聞 12月9日(水)14時2分配信

Yk026
爆発があったとされる靖国神社=11月23日、東京都千代田区(鈴木健児撮影)(写真:産経新聞)

 突然、再入国した目的は何だったのか。靖国神社で爆発音がして不審物が見つかった騒ぎから2週間あまりが経過する中、事態は急展開した。事件に関与した疑いのある韓国人、全昶漢(チョンチャンハン)容疑者(27)が9日、空路で羽田空港に到着。警視庁公安部に身柄を確保された。再入国した理由が不明な中、公安部は全容解明を急いでいる。

 「男が来日する」-。9日午前、警視庁にもたらされた情報に衝撃が広がった。「男」とは靖国神社の事件に関与した疑いがある全容疑者。爆発音が起きた当日の11月23日午後、韓国に帰国していた。

 「まさか再来日するとは…。経緯や理由が分からない」。警視庁幹部は驚きをにじませた。事件では日本の捜査権が及ばない韓国に全容疑者が帰国。警視庁が独自に事情を聴くことなどは難しく、韓国の捜査当局への協力要請について検討を進めていた。

 防犯カメラの画像などから、全容疑者は事件2日前に来日。爆発音の当日にも靖国神社を訪れていたことが確認されたが、発見された不審物との関連は明確ではない。捜査関係者は「一連の経緯を慎重に裏付ける必要がある」と話した。


靖国出火事件で韓国人の男を逮捕 時限式発火装置しかけた疑い
2015年12月9日(水)13時5分配信 J-CASTニュース
ツイート
靖国神社(東京都千代田区)の公衆トイレで爆発音がした事件で警視庁は2015年12月9日、韓国人の全昶漢(チョン・チャンハン)容疑者を建造物侵入の疑いで逮捕した。火薬取締法違反容疑などでも調べる方針。

全容疑者は11月23日午前9時半頃、靖国神社境内の男子トイレに、トイレを使用する目的以外で侵入した疑いが持たれている。その後、同日午前10時頃にトイレから大きな爆発音がし、ハングルの書かれた乾電池のほか、デジタル表示の時計、火薬のようなものが詰められた鉄パイプが見つかった。警視庁は、何者かが時限式発火装置を仕掛けたとみて捜査していた。

全容疑者は11月21日夜に入国、23日に帰国し、12月9日、羽田空港に再び入国したところを逮捕された。


靖国爆発 「よく分からない」逮捕の全容疑者は否認
産経新聞 12月9日(水)12時35分配信

 靖国神社(東京都千代田区)の公衆トイレで11月23日、爆発音がして不審物が発見された事件で9日、建造物侵入容疑で逮捕された韓国人の全昶漢(チョンチャンハン)容疑者(27)は警視庁の調べに対し、「よく分からない」と容疑を否認しているという。

 捜査関係者によると、全容疑者は9日午前10時ごろ、空路で羽田空港に入国した。警視庁公安部によると、事前に日本に入国するなどの連絡はなかったという。公安部は事件に関与した疑いがあるとみて、慎重に裏付けを進めている。


男逮捕で韓国メディアが速報
2015年12月9日(水)12時31分配信 共同通信

 【ソウル共同】東京都千代田区の靖国神社内の公衆トイレで爆発音がして不審物が見つかった事件で、韓国の聯合ニュースやニュース専門局YTNなどは9日、警視庁が韓国籍の男(27)を逮捕したことについて、日本メディアを引用し速報で伝えた。

 靖国神社は韓国で「軍国主義の象徴」として否定的に伝えられるが、朝鮮日報は4日付の社説で「たとえ軍国主義の象徴だとしても公共施設の爆破を試みたことは許されない」とし、「韓日関係に新たな悪材料とならないよう対応すべきだ」とした。


韓国メディア、一斉に速報=靖国爆発音事件、高い関心
時事通信 12月9日(水)12時24分配信

 【ソウル時事】韓国メディアは9日、靖国神社爆発音事件で日本の警視庁が韓国人の男を逮捕したことを一斉に速報し、高い関心を示した。
 
 「韓国人男性逮捕」「逮捕男性は羽田空港から日本に入国」。通信社の聯合ニュースは速報をつるべ打ち。「建造物侵入容疑が適用された」と報じた。
 朝鮮日報(電子版)も「速報」を掲載し、「男性は事件後、韓国に戻ったが、日本に再入国したと時事通信が報じた」と伝えた。
 朝鮮日報などは、この男が最近まで、韓国西部・群山のワンルームマンションに住んでいたなどと足取りを詳しく報じていた。


靖国爆発 韓国メディアも全容疑者の逮捕を速報 「自ら日本に向かった」と韓国外交当局
産経新聞 12月9日(水)12時6分配信

Yk026
爆発があったとされる靖国神社=11月23日、東京都千代田区(鈴木健児撮影)(写真:産経新聞)

 【ソウル=名村隆寛】靖国神社内で11月、爆発音がし不審物が見つかった事件で、韓国籍の全昶漢(チョンチャンハン)容疑者(27)が9日、警視庁に建造物侵入の容疑で逮捕されたことについて、韓国の聯合ニュースは同日、速報で伝えた。

 聯合ニュースはさらに、全容疑者が日本に再入国した経緯について、「韓国外交当局は、自ら日本に向かったと把握している」と報じている。

 また、KBSテレビなども正午のニュースで、日本メディアの報道を引用するかたちで報じた。


靖国爆発音、逮捕の韓国人「分からない」と否認
読売新聞 12月9日(水)11時55分配信

 靖国神社境内のトイレで爆発音がした事件で、警視庁公安部は9日午前、韓国人の住所、職業不詳チョン・チャンハン容疑者(27)を建造物侵入容疑で逮捕した。

 チョン容疑者は事件後、韓国に帰国したが、9日朝、羽田空港に再入国したところを捜査員に発見された。公安部は、チョン容疑者が神社のトイレに時限式発火装置を仕掛けたとみて事情を聞くとともに、韓国の捜査当局にも協力を求めて装置の入手ルートを調べる。

 発表によると、チョン容疑者は先月22日午前11時から23日午前10時までの間、東京都千代田区の靖国神社境内に無断で侵入した疑い。現場を立ち去った直後の23日午前10時頃、神社南門付近の男子トイレから大きな爆発音がした。調べに対し、「よく分からない」と容疑を否認している。

 爆発音がしたトイレの天井には約30センチの穴が開けられ、天井裏から火薬のようなものが詰められた鉄パイプ4本が見つかった。床にはタイマーや乾電池があり、時限式発火装置が仕掛けられたとみられる。乾電池には韓国語の注意書きがあった。


靖国爆発 韓国籍の27歳男を逮捕 建造物侵入容疑 羽田から9日午前に再入国し、任意同行 警視庁
産経新聞 12月9日(水)11時53分配信

Yk026
爆発があったとされる靖国神社=11月23日、東京都千代田区(鈴木健児撮影)(写真:産経新聞)

 靖国神社(東京都千代田区)の公衆トイレで11月23日、爆発音がして不審物が発見された事件で、警視庁公安部は9日、建造物侵入の疑いで韓国人の全昶漢(チョンチャンハン)容疑者(27)を逮捕した。捜査関係者によると、全容疑者は同日午前10時ごろ、空路で羽田空港に入国したことが判明。公安部によると、事前に連絡がない突然の入国だったという。公安部は、事件に関与した疑いがあるとみて、慎重に裏付けを進めている。

 事件は、11月23日午前10時ごろ発生。本殿に近い神社南門近くの公衆トイレの男性用個室トイレで爆発音があり、火薬のような固形物が詰められたパイプや、時限式発火装置とみられるデジタル式タイマーが発見された。けが人はなく、犯行予告や声明は確認されていなかったが、公安部は時限式の爆発物の疑いがあるとみて捜査していた。

 公安部の調べで、爆発音がする約30分前から、現場周辺の防犯カメラにリュックサックや袋を持った不審な男の姿が写っていたことが判明。男は爆発音がする直前に現場を立ち去っていた。さらに、周辺の防犯カメラを調べたところ、男は千代田区内のホテルに宿泊し、事件当日の午後に帰国した全容疑者だったことも分かった。

 全容疑者は、事件の2日前に韓国から入国。事件前日にも靖国神社を訪れていたとみられ、下見をしていた可能性もある。関係者によると、全容疑者は韓国で軍などに所属した経験もあったという。


<靖国神社爆発音>韓国人の男逮捕 建造物侵入容疑
毎日新聞 12月9日(水)11時48分配信

Yk021
不審物があった靖国神社敷地内のトイレ=東京都千代田区で2015年11月23日、竹内紀臣撮影

 靖国神社(東京都千代田区)の公衆トイレで爆発音が起き、不審物が見つかった事件で、警視庁公安部は9日、住所・職業不詳で韓国籍の全※漢(チョン・チャンハン)容疑者(27)を建造物侵入容疑で逮捕した。全容疑者は事件直後に韓国に帰国していたが、9日午前10時ごろ、羽田空港から日本に再び入国していた。調べに対し、「よくわからない」と容疑を否認しているという。

 公安部は羽田空港で全容疑者に任意同行を求め、捜査本部のある警視庁麹町署で事情聴取。事件に関与した疑いが強まったとして、逮捕に踏み切った。

 逮捕容疑は11月22日午前11時ごろから翌23日午前10時ごろの間、正当な理由なく靖国神社内に侵入したとしている。

 事件は、11月23日午前10時ごろ、靖国神社南門近くの男性用トイレで発生。公衆トイレの天井裏からは金属製パイプが見つかり、床にはリード線が付いたデジタル式タイマーや基板などが落ちていた。公安部は、金属製パイプとリード線でつながった時限式発火装置だったとみて鑑定を進めている。

 付近の防犯カメラには、紙袋を持った全容疑者とみられる男の姿が映っていた。公安部が調べたところ、全容疑者は靖国神社から約1キロ離れた千代田区内のホテルなどに滞在していたことが判明し、建造物侵入容疑で滞在していた部屋を家宅捜索。全容疑者は事件2日前の11月21日に韓国から入国し、事件があった23日に帰国していたことも判明した。いずれも羽田空港を利用していた。

 事件当時、靖国神社では稲の収穫を祝う新嘗祭(にいなめさい)が開かれており、普段より多くの人が参拝に訪れていた。公安部は今後、動機などについて追及する。【堀智行】

 ※は永ヘンに日


靖国爆発音で韓国人の男を逮捕
2015年12月9日(水)11時43分配信 共同通信

Yk028
 警視庁麹町署に入る、韓国人の男を乗せた車両=9日午前11時15分ごろ

 東京都千代田区の靖国神社内の公衆トイレで爆発音がして不審物が見つかった事件で、警視庁公安部は9日、建造物侵入の疑いで、神社周辺の防犯カメラに写り、事件直後に帰国した韓国人の全昶漢容疑者(27)を逮捕した。

 捜査関係者によると、全容疑者は同日午前、空路で日本に入国。到着前に不審者を把握するシステムで動向を把握し、警視庁が羽田空港で任意同行した。不審物の鑑定も進めており、爆発物取締罰則違反の疑いも視野に事件の解明を進める。

 爆発音があったのは11月23日午前10時ごろ。南門近くのトイレの男性用個室で爆発音がし、床には韓国語が書かれた乾電池などがあった。


韓国人の27歳男逮捕=羽田から再入国、否認―靖国神社侵入容疑・警視庁
時事通信 12月9日(水)11時39分配信

 靖国神社(東京都千代田区)敷地内の公衆トイレで爆発音がした事件で、警視庁公安部は9日、建造物侵入容疑で、防犯カメラに写っていた韓国籍のチョン・チャンハン容疑者(27)を逮捕した。
 同容疑者は事件当日に韓国に出国、9日に羽田空港から再入国したところを同庁が任意同行した。公安部によると、「よく分からない」と容疑を否認しているという。公安部は事件との関連を慎重に調べる。
 逮捕容疑は11月22日午前11時~23日午前10時ごろ、正当な理由がないのに靖国神社に侵入した疑い。
 公安部によると、事件は11月23日午前10時ごろ、同神社南門近くのトイレで発生。爆発音を受け、駆け付けた警察官らが確認したところ、男性用個室の床にハングル表記の複数の乾電池や、デジタルタイマーのようなものが散乱していた。
 天井には穴が開いており、天井裏から金属パイプ4本(直径約3センチ、長さ約20センチ)が束ねられた状態で見つかった。けが人はいなかった。
 周辺の防犯カメラにはトイレ付近で袋を持った黒い服の男が写っており、敷地外に出る際には袋を持っていないように見えた。男は千代田区内のホテルを利用。事件2日前に入国し、発生当日に韓国に出国していたことも判明した。


<靖国神社爆発音>出国した韓国人27歳男に逮捕状 警視庁
毎日新聞 12月9日(水)11時36分配信

Yk027
現場周辺に集まる捜査員や爆発物処理班の隊員ら=東京都千代田区で2015年11月23日、竹内紀臣撮影

 靖国神社の公衆トイレで爆発音が起き、不審物が見つかった事件で、警視庁公安部が建造物侵入容疑で、事件直後に韓国に出国した韓国人の男(27)の逮捕状を取ったことが捜査関係者への取材で分かった。韓国人の男は事件2日前の11月21日に韓国から入国し、事件があった23日に帰国していた。いずれも羽田空港を利用していた。

 公安部が靖国神社周辺の防犯カメラを解析し入国後の足取りを調べたところ、男は靖国神社から約1キロ離れた東京都千代田区内のホテルなどに滞在していたことが判明し、建造物侵入容疑で滞在していた部屋を家宅捜索していた。

 爆発音が起きた公衆トイレの天井裏からは金属製パイプが見つかり、トイレの床にはリード線が付いたデジタル式タイマーや基板などが落ちていた。公安部は金属製パイプとリード線でつながった時限式発火装置だったとみて内容物の鑑定を進めていた。

 靖国神社では2011年12月、中国籍の男が神門の扉にガソリンのような液体をかけ、火をつけたとして警視庁が建造物等以外放火容疑で逮捕状を取り、当時男が服役していた韓国に日韓犯罪人引き渡し条約に基づき身柄の引き渡しを求めた。だが韓国は同条約で引き渡しの対象外となる「政治犯」にあたるとして引き渡しを認めなかった。【堀智行】


靖国爆発 韓国籍の27歳男に逮捕状 建造物侵入容疑
産経新聞 12月9日(水)11時24分配信

Yk026
爆発があったとされる靖国神社=11月23日、東京都千代田区(鈴木健児撮影)(写真:産経新聞)

 東京都千代田区の靖国神社内の公衆トイレで11月、爆発音がして不審物が見つかった事件で、警視庁は9日、神社周辺の防犯カメラに姿が映り、事件直後に韓国に帰国していた韓国籍の男(27)について、建造物侵入容疑で逮捕状を請求した。

 事件は11月23日午前10時ごろ発生。靖国神社南門に近い公衆トイレの個室で爆発音があった。個室の天井には約30センチ四方の穴が開き、固形物が詰められたパイプや、デジタル式タイマーが見つかった。遺留品の乾電池にはハングルでの注意書きがあったことが判明した。

 捜査関係者によると、爆発音とほぼ同時刻、現場周辺の防犯カメラに袋を持った不審な男が写っており、その後、公安部が神社外部の防犯カメラの映像を分析した結果、徒歩で千代田区内のホテルに移動していたことが判明した。情報を基にホテルを家宅捜索したが、男は立ち去った後だった。出入国記録などを調べた結果、その日のうちに韓国に渡航していたという。

 男は11月中旬から下旬ごろ、羽田空港を経て日本に入国していた。


27歳韓国人の逮捕状請求=防犯カメラに映像、再入国―警視庁
時事通信 12月9日(水)11時22分配信

 靖国神社の爆発音事件で、防犯カメラに写っていた韓国人の男(27)が再入国していたことが9日、分かった。
 警視庁が逮捕状を請求した。

« 雅子妃殿下、今日9日、52歳のお誕生日をお迎え | トップページ | フランス・パリで多発テロ、130人が死亡・54 »

ニュース」カテゴリの記事

国防・軍事・安全保障」カテゴリの記事

歴史・故事」カテゴリの記事

破廉恥」カテゴリの記事

社会・事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/62838992

この記事へのトラックバック一覧です: 靖国神社爆破テロ事件 韓国人容疑者を逮捕:

« 雅子妃殿下、今日9日、52歳のお誕生日をお迎え | トップページ | フランス・パリで多発テロ、130人が死亡・54 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30