« 邦人ジャーナリスト、シリアで武装勢力に拘束される | トップページ | 三菱MRJ量産機の納入時期1年延期を発表 »

2015年12月24日 (木)

ホンダジェット、量産機の引き渡し開始

本田技研工業の米国子会社ホンダ エアクラフト カンパニーはは現地時間12月23日、同社が開発した小型ビジネスジェット機「HondaJet(ホンダジェット)」量産機の引き渡しを開始したと発表した。

米・ノースカロライナ州グリーンズボロの本社工場で、量産初号機を引き渡した。

同機は12月8日にFAA(米国連邦航空局)の型式証明を取得し、量産機の引き渡しが可能になった。

同機はこれまでに100機以上を北米と欧州で販売。現在はHACIの本社工場で最終組立を実施。主に個人や企業の自家用機として、購入されているという。

リンク:ニッポンの航空機ビジネス「一日一歩 三日で三歩 三歩進んで 二歩さがる」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ホンダジェット、米国で初号機納入…開発30年 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ホンダ米子会社、小型ジェット機を初納入 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「HondaJet」ついに納入開始 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:HondaJet 引き渡しを開始 - 北米、欧州、ブラジルなどで販売 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ホンダジェット、引き渡しを開始 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<ホンダジェット>顧客への引き渡し開始 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ホンダジェット、引き渡し開始 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ホンダジェット量産機を初納入「世界中の空港で目にできることに期待」 - 速報:@niftyニュース.
リンク:ホンダ、小型ジェットを初納入 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:小型ジェットを初納入=受注、100機超―ホンダ - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

ニッポンの航空機ビジネス「一日一歩 三日で三歩 三歩進んで 二歩さがる」
ニュースイッチ 12月27日(日)11時50分配信

Hjdl
ホンダジェットの引き渡し

ホンダジェット、引き渡し開始。MRJは納入延期
 ホンダの小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」の引き渡しが始まった。米航空機子会社ホンダエアクラフトカンパニー(ノースカロライナ州)の藤野道格社長は「ついに大空へのモビリティの提供を実現した。世界中の空港でご覧いただけるよう努力したい」とコメントしている。

 ホンダジェットは定員7人で8日に米連邦航空局(FAA)から型式証明を取得していた。米国を中心に100機以上の受注があり、同州グリーンズボロの工場で生産して順次引き渡す。

 一方、三菱重工業と子会社の三菱航空機(愛知県豊山町)は24日、国産小型旅客機「MRJ」の初号機納入が従来計画の2017年4―6月から1年程度遅れ、18年半ばになると発表。主翼に荷重をかける試験を解析したところ、目的とする強度に達せず、改修が必要になったという。また開発状況を経験豊富な米国の技術者らと精査し直したところ、一部試験の追加が必要になったという。納入延期は4度目だ。

 「我々に欠けているのは実行力」。森本浩通三菱航空機社長は24日に開いた会見で、初号機の納入延期を釈明した。初号機を受け取る全日本空輸(ANA)などとは納期変更の協議に入っており、現時点でキャンセルはないという。

 MRJは11月11日、国産旅客機として53年ぶりの初飛行。しかし同月27日に実施した3回目の飛行以降は、主翼の付け根や胴体部分の改修作業に入っており、飛行試験の再開は1月後半となる予定だ。飛行試験そのものは良好だが、地上試験の一環で主翼強度を解析したところ、型式証明の取得に必要な「運用中に想定される最大荷重の1・5倍を3秒間かけても耐える」試験に通らない可能性が出て、改修することにしたという。こうした開発状況を経験豊富な米国人技術者とともに話し合い、全体計画を見直した。

 16年夏から計画していた米国での飛行試験も半年程度遅らせる。「米国には役員級の日本人社員を駐在させ、開発を加速させる」(岸信夫三菱航空機副社長)。型式証明取得までの総飛行時間は約2500時間から変えない。

 一方、量産計画への影響も「生産レート(機数)の引き上げは緩やかになるが(20年に)月10機の量産体制に変更はない」(鯨井洋一三菱重工業副社長)と強調した。

<解説>
●求められる現実的な納期設定
 三菱航空機(愛知県豊山町)が開発する国産小型旅客機「MRJ」の納入が、またも遅れることになった。航空業界では新型機の開発遅れは珍しくなく、従来目標の2017年4―6月の初納入にも懐疑的な見方が多くあった。同社は効率的に試験できる米国での飛行開始を急ぐなどし、納期遅延を最小限にする考え。しかし、これまでも遅れを重ねているだけに、今後は現実的な納期設定が求められそうだ。

 「納期目標をそのまま信じ、何もせず待っているわけではない」。初号機を受け取る全日本空輸(ANA)関係者はこう漏らす。MRJの納入遅れは4度目。納期は、08年春の事業化当初で予定された13年から4年以上も遅れる。この間、ANAは退役予定の機体を使い続けるなどして対応してきた。

 11月11日に初飛行したMRJだが、初号機納入までの期間が約1年半と短く、業界では「初号機の納期を守るのは厳しい」(部品メーカー幹部)との声が支配的だった。納入遅延により、機体の開発や製造に関わるサプライヤー、それを受け取る航空会社ともに人員や設備の計画変更を余儀なくされる。

 旅客機市場では新型機の開発は長期化する傾向だ。経験豊富な欧エアバスの大型機「A350」でも初飛行から納入まで1年半、米ボーイングの中大型機「787」は、1年9カ月かかった。また、カナダ・ボンバルディアの開発する「Cシリーズ」は13年9月に初飛行したが、現在の初納入予定は16年前半と、初飛行から3年弱の時間を要することになる。

 一方、三菱航空機はこれまで納期変更には慎重だった。4月や10月に初飛行を延期した際には納期を変えず、11月の初飛行時点でも「現日程での納入は可能」(森本浩通社長)としていた。計画をぎりぎりまで変えなかった背景には、MRJの最大のライバルであるブラジル・エンブラエルの存在がある。

 エンブラエルはMRJと似たサイズの「リージョナルジェット」で世界シェアの約半分を握る。残り約半分を占めるボンバルディアは一回り大きな機体の開発にシフトしており、将来的にリージョナル機市場のシェアはエンブラエルが過半となる見通しだ。

 そのエンブラエルが現行機種の後継として開発するのが「E2」シリーズ。MRJと同型の最新鋭エンジンを搭載し、18年前半の市場投入を目指す。既にMRJの受注総数である407機を上回る600機以上の受注を得ている。三菱航空機にとって、納入延期はエンブラエルとの受注競争に影響する。

 しかし足元で続く試験機の開発では、「細かなトラブルは日々起きる」(関係者)。試験計画を精査し直した結果、納期を変更せざるを得なくなった。

 「生みの苦しみ」が続くMRJ。しかし、今後は現実的な納期を設定し、機体の完成度を高めることも求められそうだ。


ホンダジェット、米国で初号機納入…開発30年
読売新聞 12月24日(木)22時45分配信

 ホンダは24日、米国で小型のビジネスジェット機「ホンダジェット」の初号機を顧客に引き渡したと発表した。

 開発着手から約30年を経て、ようやく納入にこぎ着けた。

 ホンダジェットは今月8日に米連邦航空局から、安全性の基準を満たしたとして、型式証明を受け、量産や販売が可能になった。当面は北米や欧州などの企業経営者や富裕層に絞って販売する予定で、すでに100機超の受注がある。

 米ノースカロライナ州にある生産子会社で記念式典を開き、開発責任者の藤野道格社長は「世界の空港でホンダジェットが見られるよう努力したい」などと述べた。

 7人乗りで、価格は450万ドル(約5億4000万円)。エンジンを主翼の上に置き、飛行中の騒音を抑えたのが特徴だ。日本での販売は未定だという。


ホンダ米子会社、小型ジェット機を初納入
時事通信 12月24日(木)20時0分配信

 【ニューヨーク時事】ホンダ <7267> の米航空機子会社ホンダエアクラフト(ノースカロライナ州)は23日、独自開発した小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」を米顧客に初納入したと発表した。米国を中心に既に100機超の受注があるといい、今後順次、引き渡す。


「HondaJet」ついに納入開始
オートックワン 12月24日(木)15時30分配信

Hj
HondaJet

ホンダの航空機事業子会社であるホンダ エアクラフト カンパニー(HACI)は、ホンダが独自開発した「HondaJet(ホンダジェット)」の納入を開始。12月8日に米国連邦航空局(FAA)からHondaJetの型式証明を取得し、今回、HACI本社にてHondaJetの引き渡しを行った。

(写真31枚)HondaJet

米国ノースカロライナ州グリーンズボロ市に設立されたHACIは、現在、約54万平方メートルの敷地を有し、その生産工場ではHondaJetの量産が行われている。また、ホンダエアクラフト・トレーニングセンターでは、専用のフライトシミュレーターを用いてHondaJetのパイロット訓練を実施。さらにHACI内のカスタマーサービスセンターでは、整備など各種アフターサービスを行う体制が整っている。

HondaJetは、主翼上面のエンジン配置や自然層流翼型、一体成型複合材胴体といった独自技術の採用により、クラス最高水準の最高速度、最大運用高度、上昇性能、燃費性能および室内サイズを実現した小型ビジネスジェット機である。北米、欧州およびブラジルなど、合計11の拠点を通じて販売されている。

HondaJetの開発責任者 HACI社長 藤野道格氏のコメント
「HondaJetの引き渡しを開始することができとてもうれしく思います。ホンダはイノベーションを通じて個人の移動に貢献することに全力を尽くしています。そして私たちは、ついに大空へのモビリティの提供を実現しました。近い将来、多くのHondaJetを世界中の空港でご覧いただけるように努力を続けていきたいと思います。」


HondaJet 引き渡しを開始 - 北米、欧州、ブラジルなどで販売
2015年12月24日(木)11時35分配信 えん乗り

Hjfd
HondaJet 引き渡しを開始 - 北米、欧州、ブラジルなどで販売

Hondaの航空機事業子会社であるホンダ エアクラフト カンパニー(Honda Aircraft Company:HACI)は、Hondaが独自開発した「HondaJet」の引き渡しを開始した。

米国ノースカロライナ州グリーンズボロ市に設立されたHACIは、約54万平方メートルの敷地を有し、その生産工場でHondaJetの量産が行われている。また、ホンダエアクラフト・トレーニングセンターでは、専用のフライトシミュレーターを用いてHondaJetのパイロット訓練が実施されている。

HondaJetは、主翼上面のエンジン配置や自然層流翼型、一体成型複合材胴体といった独自技術の採用により、クラス最高水準(Honda調べ)の最高速度、最大運用高度、上昇性能、燃費性能、室内サイズを実現した小型ビジネスジェット機。北米、欧州およびブラジルなど、合計11の拠点を通じて販売されている。


ホンダジェット、引き渡しを開始
レスポンス 12月24日(木)11時29分配信

Hjdlv
顧客に引き渡されたホンダジェットの量産第一号機

ホンダの航空機事業子会社、ホンダ エアクラフト カンパニーは12月23日、『ホンダジェット』の引き渡しを開始した。

[関連写真]

ホンダ エアクラフト カンパニーは12月8日、米国連邦航空局(FAA)からホンダジェットの型式証明を取得。12月23日、同社の本社において、ホンダジェットの量産第一号機を引き渡した。

ホンダ エアクラフト カンパニーは、米国ノースカロライナ州グリーンズボロ市に設立。現在、約54万平方メートルの敷地を有し、その工場でホンダジェットの量産を行っている。

また、ホンダエアクラフト・トレーニングセンターでは、専用のフライトシミュレーターを用いてホンダジェットのパイロット訓練を実施。さらにカスタマーサービスセンターでは、整備など各種アフターサービスを行う体制を整えた。

ホンダジェットは、主翼上面のエンジン配置や自然層流翼型、一体成型複合材胴体といった独自技術の採用により、クラス最高水準の最高速度、最大運用高度、上昇性能、燃費性能および室内サイズを実現した小型ビジネスジェット機。北米、欧州およびブラジルなど、合計11の拠点を通じて販売されている。

ホンダジェットの開発責任者であり、開発・製造・販売を担当するホンダ エアクラフト カンパニーの藤野 道格社長は、「ホンダジェットの引き渡しを開始することができとてもうれしく思う。ホンダはイノベーションを通じて、個人の移動に貢献することに全力を尽くしている。そして私たちは、ついに大空へのモビリティの提供を実現した。近い将来、多くのホンダジェットを世界中の空港でご覧いただけるように努力を続けていきたい」とコメントしている。

《レスポンス 森脇稔》


<ホンダジェット>顧客への引き渡し開始
毎日新聞 12月24日(木)11時20分配信

Hjdv
引き渡されるホンダジェット=ホンダ提供

 ホンダは24日、開発した小型ビジネスジェット「ホンダジェット」の顧客への引き渡しが、子会社のホンダ・エアクラフト・カンパニー(HACI、米ノースカロライナ州グリーンズボロ市)本社で始まったと発表した。

 ホンダジェットは定員7人で全長約13メートル、翼幅約12メートルの小型機。8日に米連邦航空局(FAA)の認証(型式証明)を受けていた。当面は年間70機程度を生産し、日本への投入も検討している。4月に日本にも飛来していた。

 HACIの藤野道格社長は、「ホンダジェットの引き渡しを開始することができてうれしく思う。近い将来、多くのホンダジェットを世界中の空港でご覧いただけるように努力を続けていきたい」とコメントしている。【米田堅持】


ホンダジェット、引き渡し開始
Aviation Wire 12月24日(木)10時52分配信

Hjfd
本社工場での引き渡しで顧客と握手するHACIの藤野道格社長(中央右、ホンダ提供)

 本田技研工業(7267)の米国子会社ホンダ エアクラフト カンパニー(HACI)は現地時間12月23日、小型ビジネスジェット機「HondaJet(ホンダジェット)」の引き渡しを開始したと発表した。米・ノースカロライナ州グリーンズボロの本社工場で、量産初号機を引き渡した。

【ホンダジェットの引き渡し開始を祝うHACIの従業員ら】

 ホンダジェットはHACIが開発。主翼上に配された低騒音エンジンや複合材を使った胴体、標準仕様で乗客4人が乗れるゆったりとした客室などが特徴。エンジンは米GEとの合弁会社GEホンダ製HF120を搭載し、パイロット1人でも運航できる。

 ホンダジェットは2015年4月から、米国以外での公開は初めてとなるワールドツアーを実施。日本を含む13カ国に飛来するもので、量産16号機(登録番号N420HE)が4月23日、羽田空港に到着した。25日に羽田空港の格納庫でメディア向けに公開後、25日に仙台空港、26日に神戸空港、29日に熊本空港、5月2日から3日までは岡山市の岡南飛行場で、4日には成田空港でデモ飛行や見学会を実施し、空港を訪れた多くの人を魅了した。

 その後、5月には欧州、8月には南米の展示会に出展。受注拡大を目指している。

 これまでに100機以上を北米と欧州で販売。現在はHACIの本社工場で最終組立を実施。主に個人や企業の自家用機として、購入されているという。

 3月にFAA(米国連邦航空局)の事前型式証明(PTC)を、12月8日にFAAの型式証明を取得。機体の安全性をFAAに証明できたことで、引き渡しが可能になった。

 FAAによる試験は、米国内31州の54空港で実施。さまざまな運航条件下での離陸・巡航・着陸試験、飛行中のシステムの故障シミュレーション、高温、低温、高湿度など各種環境下での飛行試験、計器着陸試験を重ねた。

 これらの試験を含め、ホンダジェットの試験は米国内70カ所以上で実施。試験時間は3000時間を超えるという。


ホンダジェット量産機を初納入「世界中の空港で目にできることに期待」
2015年12月24日(木)9時38分配信 マイナビニュース

Hjfdv
写真提供:マイナビニュース

ホンダ エアクラフト カンパニー(HACI)は現地時間の12月23日、ホンダジェット量産機をノースカロライナ州グリーンズボロで納入した。同機は米国連邦航空局(Federal Aviation Administration、以下FAA)から12月8日に型式証明を取得して以降、今回が初の納入となる。

同社の藤野道格社長は、「技術革新を経て人々のモビリティを発展させるホンダのコミットメントでもある初号機の納入開始に、私たちは非常に興奮している。近い将来、世界中の空港でホンダジェットを目にすることができることに期待している」とコメントしている。

同社はグリーンズボロでホンダジェットを製造し、北南米や欧州で販売を展開。同時に世界11地域で重整備などの顧客サポートができるネットワークを形成している。また、パイロット訓練はグリーンズボロのトレーニングセンターにフライトシミュレータを設置し、顧客に展開している。


ホンダ、小型ジェットを初納入
時事通信 12月24日(木)9時8分配信

Hahj
ホンダの米航空機子会社ホンダエアクラフトは23日、独自開発した小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」を米顧客に初納入したと発表した。写真はホンダジェットと藤野道格社長=9日撮影、ノースカロライナ州


小型ジェットを初納入=受注、100機超―ホンダ
時事通信 12月24日(木)7時51分配信

 【ニューヨーク時事】ホンダの米航空機子会社ホンダエアクラフト(ノースカロライナ州)は23日、独自開発した小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」を米顧客に初納入したと発表した。
 米国を中心に既に100機超の受注があるといい、今後順次、引き渡す。
 ホンダジェットは最大7人乗り。エンジンを主翼の上に置くユニークな設計で、燃費の良さが特長。同社は8日、米連邦航空局(FAA)から販売許可に当たる型式証明を取得し、顧客への操縦訓練など納入準備を進めていた。
 藤野道格社長は声明で「たくさんのホンダジェットが、世界中の空港で間もなく見られるようになることを願っている」と述べた。

« 邦人ジャーナリスト、シリアで武装勢力に拘束される | トップページ | 三菱MRJ量産機の納入時期1年延期を発表 »

システム・技術・産業」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

船舶・鉄道・航空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/62930759

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダジェット、量産機の引き渡し開始:

« 邦人ジャーナリスト、シリアで武装勢力に拘束される | トップページ | 三菱MRJ量産機の納入時期1年延期を発表 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30