« ロシア・コガルイム航空のエアバスA321がエジプトで墜落・6 | トップページ | 三菱MRJが初飛行・2 »

2015年11月11日 (水)

三菱MRJが初飛行

三菱航空機(愛知県豊山町)が開発中の国産初の小型ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」が、11日午前9時半すぎに県営名古屋空港を離陸、待望の初飛行を行なった。同11時すぎに同空港に無事着陸、飛行時間は約1時間半となった。

リンク:開発苦戦続き…図面だけの「紙飛行機」とやゆも - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJ初飛行 菅官房長官「日本航空機産業の新時代の幕開け」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:計画発足から13年、ついに初飛行を迎えた「MRJ」が注目される理由とは? - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「航空機産業の新時代」=菅長官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:帰還するMRJ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:国産初のジェット旅客機「MRJ」が初飛行 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:日本初のジェット旅客機「MRJ」、初飛行を実施 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<MRJ初飛行>「涙出た」離陸に歓声 空港周辺ファン殺到 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「新たな時代の幕開け」=MRJ初飛行を歓迎―林経産相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJ初飛行 国内航空機産業の振興に高まる期待 部品メーカーにも波及効果 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJ、約1時間30分の初飛行を終え無事着陸 - 今後の予定 - 速報:@niftyニュース.
リンク:<MRJ初飛行>競争力実証が課題 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「感動した」「地元の誇りだ」=航空ファン、住民ら歓声―MRJ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJ初飛行 無事着陸 半世紀ぶりの国産旅客機 初飛行に成功 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:待ち望んだ瞬間「すごい」=一気に高度上げ青空に―MRJ初飛行・名古屋空港 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<MRJ初飛行>国産旅客機53年ぶり 産業復活に前進 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<MRJ>待望の初飛行も「見せられない」ジレンマ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<MRJ>夢を乗せて大空へ… 国産初の小型ジェット旅客機初飛行 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<MRJ>夢を乗せて大空へ… 国産初の小型ジェット旅客機初飛行 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<MRJ>夢を乗せて大空へ… 国産初の小型ジェット旅客機初飛行 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:待ち望んだ瞬間、拍手と歓声=MRJ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【速報】国産ジェット旅客機、MRJが初飛行 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ついに「MRJ」初飛行! 約50年ぶりの国産旅客機がテイクオフ 11月11日9時35分頃に離陸 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJ、名古屋空港を離陸し初飛行 - 速報:@niftyニュース.
リンク:MRJが初飛行 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJ初飛行、ネット上に「無事離陸おめでとう」の声--生中継再開は10:55予定 - 速報:@niftyニュース.
リンク:国産初のジェット旅客機「MRJ」が初飛行 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:離陸するMRJ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJが初飛行 YS-11以来53年ぶり、”11″並びの日 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJ初飛行 夢を乗せて離陸、53年ぶりに国産旅客機が初飛行 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJが初飛行=半世紀ぶり国産旅客機―開発着手から7年・三菱重工 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<MRJ>国産旅客機 53年ぶりに初飛行 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJ、11日8:30より初飛行をユーストリームで生中継 - 速報:@niftyニュース.
リンク:MRJ初飛行 離陸は午前9時半ごろか 現地は快晴 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

開発苦戦続き…図面だけの「紙飛行機」とやゆも
読売新聞 11月11日(水)12時25分配信

 初飛行を名古屋空港の滑走路近くで見守った三菱重工業の大宮英明会長(69)はMRJの着陸後、「大変きれいな離陸で、大成功だった」と報道陣に語った。

 2008年に事業化が決定してから7年。これまで開発は苦戦が続いた。初飛行の予定は当初11年で、これまで5回も延期された。

 主翼の素材は最先端の炭素繊維複合材が使われる予定だったが、接合部が重くなることがわかり、アルミに変更した。部品メーカーとの調整に手間取り、エンジンなど主要部品の調達が遅れたりした。業界内では図面だけの「紙飛行機」とやゆされた時期もあった。

 官民で共同開発した国産初のプロペラ旅客機「YS―11」は、敗戦で途絶えていた航空機技術を復活させ、1962年に初飛行を果たした。ただ、赤字が続き、1973年に製造中止になった。その後の空白の影響が、MRJの開発の遅れにつながったとの見方もある。


MRJ初飛行 菅官房長官「日本航空機産業の新時代の幕開け」
産経新聞 11月11日(水)12時15分配信

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は11日午前の記者会見で、国産初の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」が初飛行に成功したことについて「日本の航空機産業の新たな時代の幕開けで、大変喜ばしい」と評価した。

 菅氏は日本の航空機産業に関して「裾野が広く、付加価値が高い、日本の将来を支える産業だ」と指摘。「トップセールスなど官民挙げてしっかり支援していきたい」と述べ、MRJの世界展開に向けた海外での販売体制の強化を後押しする考えを示した。


計画発足から13年、ついに初飛行を迎えた「MRJ」が注目される理由とは?
SBクリエイティブOnline 2015/11/11 12:13 杉山勝彦

Mrjro
日本の技術の粋がつまった国産旅客機、MRJ(三菱リージョナルジェット)

ついに初飛行を迎えた国産旅客機「MRJ」(三菱リージョナルジェット)。なぜ、MRJがこれだけ日本の注目を集めているのか。MRJをウォッチし、航空機産業を支えるメーカーの現場を丹念に見てきた杉山勝彦が、その理由を解説します。

日本の航空機産業において永遠に記憶される日
 2015年11月11日。
 この年月は、日本の航空機産業において永遠に記憶されることになろう。
 三菱航空機の国産ジェット機、「MRJ」(Mitsubishi Regional Jet)がいよいよ初飛行の時を迎えた。
 2002年の基本構想から数えれば、実に13年。2008年3月のローンチ(事業の正式な開始宣言)から数えても、7年の時を経ての初飛行である。2009年の段階で初飛行は2012年とされていたので、計画はずいぶん遅れたことになるが、ビジネスとして見るとMRJは順調な滑り出しをみせている。

 2015年4月時点で、MRJの受注機数は、オプション(覚書)を含めるとすでに400機を超えている。MRJは、ローカル路線を飛ぶ「リージョナルジェット」に分類されるジェット機だが、ローンチからの受注は好調で、すでに実績のあるライバル機と遜色がない。

 MRJを皮切りに、日本の航空機産業は大きく成長すると期待されている。小型ビジネスジェット機の分野では、本田技研工業の6人乗りビジネスジェット「ホンダジェット」が2003年に初飛行を行っており、2015年中には運用が開始される予定だ。ホンダジェットは機体だけでなくエンジンも自社製という世界でも珍しい航空機である。
 自衛隊機を民間機に転用しようという思い切った構想も進行している。かつて名戦闘機「紫電改」を生み出した新明和工業が開発した救難飛行艇「US‐2」は、その性能の高さからインドなどアジア諸国から注目され、輸出商談が進んでいる。
 また、川崎重工業は、自衛隊の固定翼哨戒機「P‐1」と中型戦術輸送機「C‐2」を それぞれ民間機として売り出す計画だ。

MRJは日本の製造業復活の起爆剤になりうる
 これまで日本の製造業は、エレクトロニクスと自動車という2つの高度加工産業を頂点とするピラミッド型の産業構造を形成してきた。
 しかし、ご存じのとおり、日本のエレクトロニクス産業は苦境のただ中にある。パナソニック、ソニー、シャープといった総合家電メーカーは何期にも渡って赤字を垂れ流し、リストラや事業転換による再建途上だ。かつて世界市場に君臨した半導体の大手メーカーは統合を繰り返したあげく、2013年にはエルピーダメモリが会社更生法を申請、ルネサス エレクトロニクスが国や主取引先の自動車メーカーから支援を受ける羽目に陥っている。

 また、自動車業界については、トヨタが2014年度に最高益を出すなど、好調が続いている。ただし今後のボリュームゾーンとして需要の中心になる新興国での販売や、電気自動車、燃料電池車といった次世代自動車において、このままの好調を維持できるかどうかは予断を許さない。
 こうした製造業において、新しい柱になる可能性を秘めた分野が、航空機産業だ。  日本の航空機産業は、敗戦による破壊と、戦後の「空白の7年間」により世界に出遅れた。しかし、防衛庁(現 防衛省)向け航空機のライセンス生産をテコに復活の道を辿り、近年はボーイングなど世界の大手航空機メーカー向け民間機の機体部材・部品の生産、エンジン部品の生産が急成長している。2013年時点における、航空機関連の国内生産規模は1.4兆円、10年後の2023年には2.4兆円になると予測される。

 60兆円の自動車関連産業から見れば、1.4兆円の航空機産業はとるに足らない規模にみえる。しかし、航空機産業は他産業に比べて相対的に付加価値が高く、技術波及効果が極めて大きい。MRJに代表される国産のジェット機開発の盛り上がりは、そのまま製造業全体の活性化につながる可能性が高いのである。
 MRJはいったいどのような意味を持つ航空機であるだろうか。

リージョナルジェット機とは何か
 航空機をその大きさ(座席数)で分類すると、座席数が400以上の「大型機」がまず最初に来る。ボーイングの747(通称ジャンボジェット、標準座席数450)、エアバスのA380(同555)のように、大勢を一度に遠くまで運べる機体だ。航続距離は最大1万6000kmもあり、大陸間の飛行にも多用される。日本では国土が狭く、かつ大都市間の移動に乗客が集中することから、多くの本数を飛ばせないため、国内用にも国内専用のジャンボ機を飛ばしてきた。今でも大都市間にはボーイング777(400席を超える)を飛ばしている。
 これは国際的に見ても珍しいケースだ。乗る側にしてみれば250人乗りの便を2回 出してもらった方が便利だが、運ぶ側の事情で400人以上の乗客を一度に運ぶというやり方になっているのである。

 次の「中型機」は座席数が250~350程度で、都市間飛行に多用されているが、最近では大型機による大量輸送より中型機を使った利便性やサービスのいい輸送の方が好まれており、出番が増えている。ボーイング767やエアバスのA330、A340が代表的だ。エアラインにとってはこのクラスの方が燃料効率がいいため、機体メーカーでもボーイング787、エアバスのA350XWBなど新機種の投入・開発が盛んだ。

 「小型機」はこれより小さい座席数100~200クラスの機体で、ここではボーイング737、エアバスA320の2機種がベストセラーになっている。リージョナルジェット機というのはこの小型機よりもさらに小さい、座席数100未満の航空機を指す。大都市と(大型機の幹線ルートに取り残された)地方都市、あるいは地方都市同士を結ぶ、地域のコミューターとして使われる。国と国とが隣接している欧州では国際線にも用いられている。

 従来、ジェット機といえば燃料効率からいって100席以上の機体でないと採算が合わず、このクラスはプロペラ機の世界と決まっていたのだが、リージョナルジェット機は機体もエンジンもハイテク素材を多用することで、プロペラ機に匹敵する省エネルギーを実現した。そのため「座席数は少なくてもいいが、プロペラ機ではやや非力」といった路線がどんどんリージョナルジェット機に置き換わっている。
 そうでなくとも燃料価格が高騰している昨今、「大きいことはいいことだ」という発想は全く通用しない。ハイテク装備で高効率の小型ジェット機が、水すましのようにすいすいと世界中を飛び回るようになれば、今まで考えられなかった所にも路線ができるようになる。その方がかつてのコンコルドのような超音速旅客機(SupersonicTransport =SST)や超大型機を開発するより時流に合っているのである。

MRJは初の民間主導型プロジェクト
 2002年、経済産業省は「環境適応型高性能小型航空機」計画を発表した。経済産業省が新しい小型航空機(当初計画では30席から50席)の開発について機体メーカー3社(三菱重工業、川崎重工業、富士重工業)に提案を求め、これに応募したのが三菱重工業と富士重工業だ。その結果、三菱重工業を主契約者、富士重工業を副契約者とする国産ジェット旅客機の開発が決まった。これが三菱リージョナルジェット機(MRJ)プロジェクトだ。
 この計画は、環境対応を前面にうたった航空機ということで、機体の軽量化や空気抵抗の少ない機体形状を取り入れることによって、大幅な燃費削減を図り、地球環境の保護に貢献しようというコンセプトになっていた。もっとも、環境対応より高性能小型航空機を造る方に意義があるのはいうまでもない。国民の税金が投入される国家プロジェクトには常に何らかの公的理由がなければならず、今回のプロジェクトの表向きの理由が「環境適応」だと考えればいい。
 ただ、単にエコロジーブームに乗ってこうした理由が持ち出された訳ではなく、実際ジェット旅客機が消費する燃料と排出する二酸化酸素の量は半端ではない。また、エアラインが燃費の高騰に悩まされているのも事実であり、環境対応技術が日本の得意技であることを考えると、市場ニーズに合ったテーマであることは確かだ。

 三菱リージョナルジェット、MRJは、日本最大の機体メーカーである三菱重工業と三菱航空機が開発から販売までの事業主体になっている。それを経済産業省所轄のNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)と文部科学省所轄のJAXA(航空宇宙研究開発機構)が側面から支援し、さらに富士重工業が協力する体制で開発が進められてきた。NEDOは、プロジェクトの評価と開発補助金を提供する。JAXAは数十名規模のプロジェクトチームを結成し、燃費や環境保護、騒音などの差別化技術の検証を担当するほか、大型風洞実験装置など最新の試験装置も提供し、基本設計に深く関与する。

 MRJの開発において最も注目されるのは、それが日本で初めての民間主導型の開発プロジェクトということだろう。50年前のYS‐11はもちろん、その後に次々と打ち出された航空機開発計画はすべて、国家主導型のプロジェクトだった。しかしMRJの開発では、国が後方支援の役割に回るだけでなく、機体メーカー間の横並びも排除された。あくまでも手を挙げた機体メーカーが自身の判断で開発を遂行する形になったのだ。


「航空機産業の新時代」=菅長官
時事通信 11月11日(水)12時10分配信

 菅義偉官房長官は11日午前の記者会見で、国産初の小型ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」の初飛行について「日本の航空機産業の新たな時代の幕開けでもあり、大変喜ばしい」と歓迎した。
 また、「1号機の納入に向け、開発が着実に進むことを期待し、本プロジェクトの成功に向けて官民挙げて取り組んでいきたい」と述べた。


帰還するMRJ
時事通信 11月11日(水)12時9分配信

Mrjap
初飛行を終え、県営名古屋空港に帰還する小型ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」=11日午前、愛知県春日井市


国産初のジェット旅客機「MRJ」が初飛行
AFP=時事 11月11日(水)12時4分配信

Mrjfft
愛知県営名古屋空港を離陸し初飛行する、国産初のジェット旅客機「MRJ」(2015年11月11日撮影)。 【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】三菱重工業(Mitsubishi Heavy Industries)が開発を進める国産初の小型ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」が11日、愛知県営名古屋空港で初飛行を行った。

【写真6枚】初飛行する「MRJ」

 日本で旅客機が製造されたのは、1962年のプロペラ機「YS11」以来。同機はその約10年後に生産を終了している。MRJは、日本の航空業界にとって新たな時代の幕開けとなる。【翻訳編集】 AFPBB


日本初のジェット旅客機「MRJ」、初飛行を実施
sorae.jp 11月11日(水)12時0分配信

三菱航空機と三菱重工業は2015年11月11日午前、開発中のリージョナル・ジェット機「MRJ」(Mitsubishi Regional Jet)の飛行試験機初号機による初飛行を実施した。

MRJの飛行試験機初号機は、2015年11月11日9時40分ごろ(日本時間)、愛知県にある県営名古屋空港を離陸した。そして約1時間ほど周辺を飛行した後、11時5分ごろに名古屋空港に着陸した。

今回の初飛行後、三菱航空機は「今後、MRJはさらなるテスト・検証を経て、型式証明の取得を目指してまいります。さらにお客様への納入、路線への就航、量産体制の構築を目指し、航空輸送への参画に向かって進めてまいります。みなさまと共に世界各地の大空を飛ぶその日まで。MRJにぜひご期待ください」と発表した。

MRJは三菱航空機と三菱重工業が開発している70~90席クラスのリージョナル・ジェット機で、国産旅客機としては「YS-11」以来約50年ぶり、またジェット旅客機としては日本初の航空機である。

2017年ごろの運用開始を目指しており、これまでに国内外の航空会社から、400機を超える受注を取り付けている。


<MRJ初飛行>「涙出た」離陸に歓声 空港周辺ファン殺到
毎日新聞 11月11日(水)11時52分配信

Mrjapr
大勢の航空ファンらが見守る中、初飛行を終えて着陸するMRJ=愛知県春日井市で2015年11月11日午前11時1分、兵藤公治撮影

 国産初のジェット旅客機が11日、初めて大空を舞った。MRJ(三菱リージョナルジェット)は、5度の延期を乗り越え、この日を迎えた。愛知県豊山町の県営名古屋空港や近くの公園などには多くの人が集まり、秋空にはばたいた機体を見上げた。【花井武人、清藤天、林奈緒美】

【写真】初飛行を見守るファンらにサムズアップで応えるパイロット

 午前9時35分、MRJは「キーン」というエンジン音を響かせながら機首を浮かせ、滑らかに飛び立った。近くで見守った関係者ら約300人が大きな拍手を送る。MRJは北に向かった後に右旋回し、太平洋の遠州灘方面に向かった。進行方向の調整や上昇、下降などの基本性能を確認し、約1時間半後、同空港に戻ってきた。

 空港に面したショッピングセンターの駐車場では、千葉や長野、神戸、大分など県外ナンバーの車が並んだ。埼玉県飯能市の設計業、相馬利喜さん(54)は、キャンピングカーで数日間、近くに泊まり込んでいたという。「国産旅客機の飛行はYS11以来のことだから、目に焼き付けようと思った。スマートできれいだったな。こみあげてきちゃった」

 MRJの開発に関係した企業の5人は「待ち望んでいた。じかに見たい」と連れだって来た。愛知県春日井市の新芝ひとみさん(44)は「涙が出た。音も静かだった。これからも良い飛行機を造りたい」と目に手を当てた。

 滑走路の南端に面した春日井市の公園「エアフロントオアシス」では、日の出前から多くの人が詰めかけ、カメラと脚立を構えた。公園から約100メートル離れた歩道橋も、午前7時半ごろには鈴なりとなった。北海道苫小牧市の会社員、土岐将太さん(28)は「昨日の深夜に到着した。この目で見られて良かった。感無量」。名古屋市天白区の豊田工業大の鳥人間サークル「ソラエ」の十川昌也さん(3年)は「機体の『MITSUBISHI』の文字を見て、国産旅客機が飛ぶ実感が湧いた。誇らしい」と興奮気味だ。

 滑走路北端近くの豊山町の神明公園も、午前6時に約130台の駐車場は満杯になった。前夜から友人と車に泊まったという愛知県豊田市の無職、菊地勇雄さん(68)は「夢中でファインダーをのぞき、MRJをゆっくり見る余裕がなかった。家に帰って撮った写真を見て楽しみます」と笑顔を見せた。

着陸に成功後、名古屋市港区の会社員、石塚育裕さん(32)は「さっそくフェイスブックに(着陸の様子の)写真をアップした。暗いうちから待ったかいがあった」と満足そうに話した。

 また、インターネットの生中継は午前8時半ごろに始まり、機体が滑走路に移動した9時半ごろには視聴者が急増したためか視聴ができなくなった。その時点での合計視聴数は94万件を超えていた。


「新たな時代の幕開け」=MRJ初飛行を歓迎―林経産相
時事通信 11月11日(水)11時48分配信

 林幹雄経済産業相は11日、国産初の小型ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」が初飛行に成功したことについて、「日本の航空機産業の新たな時代の幕開けであり、大変喜ばしい」と歓迎する談話を発表した。


MRJ初飛行 国内航空機産業の振興に高まる期待 部品メーカーにも波及効果
産経新聞 11月11日(水)11時34分配信

 国産初の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の初飛行成功は、日本の航空機産業にとっても大きな節目だ。今後は型式証明の取得や、期限通りの納入ができるかが焦点となる。MRJが事業としても成功すれば部品メーカーなどへ波及効果が広がるため、産業振興への期待が高まりそうだ。

 MRJはすでに国内外の航空会社6社から計407機を受注しており、初号機は平成29年4~6月にANAホールディングスに納入する予定。ライバル社の従来機より約20%改善したという燃費性能が強みだ。

 量産は三菱航空機の親会社、三菱重工業が国内で行う。航空機には数百万点の部品が必要とされ、国産化の意義は大きい。部品メーカーの需要拡大や製造業の高度化にもつながり、航空機産業が日本の基幹産業として発展する道が開ける。

 もっとも、半世紀ぶりの“挑戦”だけに、ノウハウの蓄積はこれから。乗り越えなければならない課題は山積みだ。納入期限を守るためには、国内外の航空当局による安全性に関する認証「型式証明」を29年前半までに取得しなければならず、三菱航空機は試験機5機で2500時間の飛行試験を行う予定だ。

 納期を守ることができても、ブラジルのエンブラエル、カナダのボンバルディアの2強が多くを占める世界の小型機市場で勝ち抜いていけるかは未知数。販売網やアフターサービスの構築などの整備が課題になる。

 昭和37年に初飛行した国産プロペラ機「YS-11」は、赤字で事業撤退に追い込まれた。MRJの初飛行成功は、日本の航空機産業振興に向けた「最初の一歩」に過ぎない。


MRJ、約1時間30分の初飛行を終え無事着陸 - 今後の予定は?
2015年11月11日(水)11時31分配信 マイナビニュース

802
写真提供:マイナビニュース

三菱航空機および三菱重工業が開発中の次世代のリージョナルジェット機である「MRJ(Mitsubishi RegionalJet)」は、11月11日11:05頃に飛行試験機初号機による初飛行を終え、県営名古屋空港に着陸した。

初飛行となった飛行試験機初号機は2014年10月18日にロールアウトし、操舵用ペダルの改修などの理由で5度の延期を経て、11月11日に初飛行となった。10月29日には国土交通省航空局より飛行許可を取得し、高速走行試験などを実施し、今回の初飛行に臨んだ。同機は11日09:40頃に離陸し、11:05頃に着陸した。

ローンチカスタマーであるANAは、2008年3月に25機(確定15機、オプション10機)を発注。飛行試験機5号機はANAの塗装仕様にて、国内での飛行試験を実施する見通しとなっている。また、JALも2015年1月に32機を確定発注しており、JALへの納入は2021年に開始される予定となっている。

今後は各種飛行試験を集中的に実施するとともに量産機の製造を加速することで、計画通り2017年第2四半期の量産初号機を納入を目指す。2015年10月1日には型式証明統括部を新設、これと並行して高水準のカスタマーサポート体制を構築していく。

MRJは「YS-11」以来約50年ぶりとなる国産旅客機。YS-11は昭和48年(1973)までに全182機が生産され、一時は国内線を席巻するほどだったが、現在は航空自衛隊機だけとなっている。MRJはANAやJALのほか、JALが発注した時点で407機(確定受注223機、オプション160機、購入権24機)を受注している。

(c)2015 MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES, LTD. All Rights Reserved.


<MRJ初飛行>競争力実証が課題
毎日新聞 11月11日(水)11時31分配信

Mrjcl
初飛行のため愛知県営名古屋空港を離陸するMRJ=愛知県豊山町で2015年11月11日午前9時35分、木葉健二撮影

 「MRJ」の初飛行は、日本の航空機産業史が大きな節目を迎えたことを意味する。国産旅客機の初飛行は官民一体の組織による「YS11」以来、約半世紀ぶり。国内の航空機産業が自動車のような競争力を持ち、継続的な成長を可能にする第一歩となることが期待されている。

【写真】初飛行を見守るファンらにサムズアップで応えるパイロット

 日本の航空機産業の歴史は古く、戦前には「零戦」などの軍用機が開発・製造され、100万人規模の雇用の受け皿ともなった。しかし、敗戦で連合国軍総司令部(GHQ)によって生産が禁止され、伝承が途切れる。航空関係の技術者は自動車や鉄道などへの転身を余儀なくされた。

 航空機生産の解禁後、官民で国産機の復活を目指したYS11の開発は、現在の三菱重工業や川崎重工業、富士重工業などが参加した一大プロジェクトだった。東京五輪(1964年)の聖火輸送にも使われ、「日の丸飛行機」復活の象徴ともなった。しかしコスト管理の甘さなど多くの課題から赤字が続き、73年に生産を終了。その後は国内各社が米ボーイングの機体の国際共同開発に取り組み、世界市場の成長を取り込んできたが、機体製造全体を主導するメーカーは出なかった。

 MRJは、国内メーカーが航空機産業における「下請け」の立場を脱し、市場を引っ張るための挑戦と言える。初飛行によってMRJの開発作業は最終段階に進む。競合他社の機体より燃費性能などを向上させたとしているが、それが実証されるのはこれからだ。10年、20年先に続く航空機産業の基盤が築けるか。計画に携わる関係者のかじ取りが試されている。【竹地広憲】


「感動した」「地元の誇りだ」=航空ファン、住民ら歓声―MRJ
時事通信 11月11日(水)11時31分配信

 愛知県豊山町の県営名古屋空港に隣接し、滑走路を展望できる神明公園には、早朝から多くの航空ファンや地元住民が集まった。
 午前9時半ごろにMRJが飛び立つと、埋め尽くされた公園内の展望施設や丘から「すごい、すごい」と歓声が上がり、拍手が鳴り響いた。
 近くの一宮市に住む会社員の久野達也さん(50)は「感動した。半世紀ぶりの国産旅客機は地元の誇りだ」と興奮した様子で話した。
 息子がMRJの機体製作に関わっており、埼玉県から来た武藤千代子さん(65)は「きれいでした。息子は翼の製作を担当していたので、無事に飛んで本当に良かった」と胸をなで下ろした。
 初飛行を見るため3日前に台湾から来たという航空ファンの大学生ジャスティン・リーさん(21)は「長い間待っていたので、最高だ。機体が上がっていくのがスムーズだった」と目を輝かせた。


MRJ初飛行 無事着陸 半世紀ぶりの国産旅客機 初飛行に成功
産経新聞 11月11日(水)11時13分配信

 三菱航空機が開発する国産初の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」が11日午前11時2分ごろ、愛知県営名古屋空港(豊山町)に無事着陸し、初飛行に成功した。53年ぶりの国産旅客機の初飛行が成功し、日本の航空史に新たな歴史を刻んだ。

 午前9時35分ごろに名古屋空港を飛び立ったMRJは、約1時間半飛行。ルートは太平洋側の静岡県沖から伊勢湾の方向を取った。上昇や下降、左右への旋回などの操作を確認した。

 国産旅客機の初飛行は、昭和37年の戦後初のプロペラ旅客機「YS-11」以来。平成20年の事業化から7年以上かけて、ようやく初飛行にこぎ着けた。MRJは全長35メートル前後、座席数は70~90席程度の小型機。従来機よりも燃費が優れているのが特徴だ。

 開発では設計の見直しなどが相次ぎ、スケジュールの延期は5度に上り、初飛行は当初の計画より4年以上遅れている。初飛行は国産旅客機計画の大きな節目となる。


待ち望んだ瞬間「すごい」=一気に高度上げ青空に―MRJ初飛行・名古屋空港
時事通信 11月11日(水)11時12分配信

 秋晴れの空の下、朝日が降り注ぐ愛知県豊山町の県営名古屋空港。
 大勢の関係者が集まり、熱い視線を向ける。MRJのスリムな機体は浮き上がると一気に高度を上げ、ゆっくりと右に旋回し、空に吸い込まれていった。
 11日早朝から駐機場で待機していたMRJ。エンジンがかかったのは午前9時10分すぎだ。部品メーカーや航空会社の関係者らが固唾をのんで見守る中、悠々と滑走路の南端へ移動した。同35分ごろ、加速を始めると、「飛ぶぞ」とどよめきが広がった。
 MRJはすぐに機首を上げ、一直線に飛び立った。その後ろを上空で待機していた2機の随伴機が左右に分かれ追い掛けた。
 待ち望んだ瞬間に、関係者らは「すごい」と歓声を上げ、一斉に拍手を送った。機体が徐々に遠ざかり点になるまで、指さしたりカメラを向けたりしながら見送った。
 午前11時すぎ、南の空に再び現れたMRJは、難なく着陸に成功。同40分ごろ、外から機体のドアが開けられると、タラップに降り立った操縦士が、両手を挙げ笑顔で拍手に応えた。操縦士2人を含む乗員5人は、三菱重工業の大宮英明会長や三菱航空機の森本浩通社長らと握手やハイタッチを交わした。
 大宮会長は「幼稚園に初めて通うわが子を見送る気分だった。うまくいき大変感激している」と満面の笑み。操縦士には「良かったな」と声を掛けたという。
 量産初号機を購入する全日空の満倉達彦取締役は「(成功に)心より敬意を示したい。美しい飛行機で感無量だ」と話した。


<MRJ初飛行>国産旅客機53年ぶり 産業復活に前進
毎日新聞 11月11日(水)11時11分配信

Mrj
愛知県営名古屋空港を離陸した国産初のジェット旅客機MRJ=2015年11月11日午前9時35分(代表撮影)

 国産初の小型ジェット旅客機「MRJ」(三菱リージョナルジェット)は11日午前、初飛行に成功した。開発を担う三菱航空機は今後、2017年4月以降に予定する全日本空輸(ANA)への初納入に向けた準備作業を加速する。国産旅客機の初飛行は、プロペラ機「YS11」(日本航空機製造製)が実施した1962年8月以来53年ぶりで、日本の航空機産業の復活に向けた大きな前進となる。リージョナルジェットは米国などの短距離の都市間での飛行を想定している。

【写真】MRJの機内のイメージ

 MRJは午前9時35分、愛知県営名古屋空港(同県豊山町)を離陸。約1時間半の飛行後、同空港に無事着陸した。空港周辺には多くの航空ファンらが詰めかけて見守った。

 MRJは08年、三菱重工業が事業化を決定。当初は「11年の初飛行、13年の初納入」を予定していたが、主翼の材料変更や部品調達の遅れなどで計画を先延ばし。今年10月中に予定された初飛行も、操縦席の一部改修が必要と判断し、約2週間延期していた。

 MRJは6月以降、同空港で地上走行試験を繰り返し実施。今月6日からは離陸直前の時速約220キロに達する地上高速走行を試し、この日に備えていた。

 全日空のほか、国内外の航空会社と既に納入する契約を結んでおり、受注はキャンセル可能なものを含めて現時点で407機に上る。しかし今後は日米で2500時間に上る試験飛行を通じて、航空当局の安全性審査を受ける必要がある。ようやく実現した初飛行だが、乗客を乗せて就航するまでには多くの課題が残っている。【竹地広憲】


<MRJ>待望の初飛行も「見せられない」ジレンマ
毎日新聞 11月11日(水)10時28分配信

Mrjm
三菱航空機の小型ジェット旅客機「MRJ」=2015年6月、竹地広憲撮影

 ◇展望デッキや駐車場の一部を閉鎖

 国産初の小型ジェット旅客機「MRJ」(三菱リージョナルジェット)が11日、初飛行した。国産旅客機の初飛行は、プロペラ機「YS11」(日本航空機製造製)が愛知県営名古屋空港(豊山町)で実施した1962年8月以来53年ぶり。しかし、同空港を管理する県は、混乱を避けるため展望デッキや駐車場の一部を閉鎖した。そこには、見せたくても見せられない同空港ならではの事情があった。【米田堅持】

【MRJ 開発の歴史を写真でたどる】

 ◇展望デッキに入れるのは500人

 「展望デッキに入れるのは500人ほどで駐車場は約1350台分しかない。MRJ目当てで来る人の人数は予想がつかないが、とても入りきれず、十分なおもてなしもできない。通常の航空旅客や来場者の安全確保を考えると閉鎖せざるを得ない」

 名古屋空港や中部国際空港を担当する県振興部航空対策課は、昨年10月のMRJお披露目以来の展望デッキ閉鎖に至った理由をこう説明する。今年6月に太陽エネルギーだけで世界一周飛行を行っていた「ソーラー・インパルス2」が名古屋空港へ着陸した際も約3000人が訪れ、トラブルがあったという。

 「人が集まりすぎて明石の歩道橋事故のようになっても……」

 国民的関心事といえるMRJの初飛行は、さらに多くの人が来ることが予想され、県警や周辺自治体とも協議の上、閉鎖に踏み切った。

 ◇MRJは地域振興の重要なコンテンツ

 一方で同課は「MRJは地域振興のための重要なコンテンツ」と位置づけている。

 飛ぶ前からMRJを一目見ようと多くの人が連日集まっており、期待は高かった。中部国際空港で展示を予定しているボーイング787の飛行試験機が飛来した際も多くの見学者が同空港に来ており、愛知は着々と航空分野の「キラーコンテンツ」を手にしている。

 「空港を管理する側としては名古屋空港を発着するフジドリームエアライン(FDA)の利用者が混雑で乗れないなど、利便性を著しく損なう事態は避けたい」

 同課は名古屋空港ならではの「特殊性」も訴える。

 「かつては名古屋空港から国際線も飛んでいたが、今は国内線を主とする小さな空港。中部国際空港とは規模が違いすぎるので同列には語れず、鉄道もない」

 鉄道が乗り入れている中部国際空港と違って、バス輸送がほとんどで、周辺地域は車が主な移動手段。人が集まれば集まるほど渋滞などで道路事情が悪化してしまう。

 さらにMRJならではの事情もある。

 「飛行するかどうかは、前日でなければ分からず、大勢の人が来ることに対応する準備が間に合わない。(仮に展望デッキを開放しても)初飛行の離着陸は、ほんのわずかな時間しかないので、入れ替えなども難しい」

 同課には、閉鎖することに対して厳しい声も寄せられているという。

 「見せて地域活性化につなげたい気持ちはあるが、混乱は避けたい。MRJの見学施設の完成もまだ先で、今後も混乱が予想される場合は閉鎖するしかない」

 見せたくても見せられないジレンマ。MRJとともに地域が大きく羽ばたくには、まだ時間がかかりそうだ。


<MRJ>夢を乗せて大空へ… 国産初の小型ジェット旅客機初飛行
毎日新聞 11月11日(水)10時27分配信

Mrjabn_2
初飛行で離陸したMRJ=愛知県豊山町で2015年11月11日午前9時34分、兵藤公治撮影


<MRJ>夢を乗せて大空へ… 国産初の小型ジェット旅客機初飛行
毎日新聞 11月11日(水)10時18分配信

Mrjff
初飛行のために離陸する国産初のジェット旅客機MRJ=愛知県豊山町の県営名古屋空港で2015年11月11日午前9時35分、木葉健二撮影


<MRJ>夢を乗せて大空へ… 国産初の小型ジェット旅客機初飛行
毎日新聞 11月11日(水)10時16分配信

Mrjab_2
初飛行のために離陸する国産初のジェット旅客機MRJ=愛知県豊山町の県営名古屋空港で2015年11月11日午前9時35分、木葉健二撮影


待ち望んだ瞬間、拍手と歓声=MRJ
時事通信 11月11日(水)10時15分配信

Clmb
大勢の見物客が見守る中、県営名古屋空港を離陸し上昇する小型ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」。待ち望んだ瞬間に、関係者らは歓声を上げ、一斉に拍手を送った=11日午前、愛知県豊山町


【速報】国産ジェット旅客機、MRJが初飛行
レスポンス 11月11日(水)10時6分配信

Mrjabn
愛知県営名古屋空港から離陸していくMRJ。スムーズな上昇だった。

三菱航空機のジェット旅客機「MRJ」(三菱リージョナルジェット)が11日午前9時30分すぎ、県営名古屋空港にて初飛行に成功した。

MRJは三菱航空機と三菱重工業が開発を進めてきた、プロペラ機「YS-11」以来ほぼ半世紀ぶりの国産ジェット旅客機。度重なる開発スケジュールの遅れもあったが、開発に着手してから7年半で無事初飛行を迎えた。

《レスポンス 石田真一》


ついに「MRJ」初飛行! 約50年ぶりの国産旅客機がテイクオフ 11月11日9時35分頃に離陸
Impress Watch 11月11日(水)10時5分配信

 三菱航空機が開発を進める国産リージョナルジェット旅客機「MRJ」が11月11日、初飛行を行なった。「YS-11」以来となる約50年ぶりの国産旅客機、かつ日本初のジェット旅客機である同機が、9時35分頃、県営名古屋空港の34滑走路から空へ飛び立った。

 初飛行を行なったのは、MRJの飛行試験初号機となる「JA21MJ」。離陸、着陸、水平飛行や旋回などの基本特性をチェックを主な目的とし、約1時間の飛行を行なって県営名古屋空港に着陸する予定となっている。

 地上では、三菱重工業や三菱航空機の関係者はもちろん、MRJを契約済みの顧客、サプライヤーなどのパートナー、官公庁、自治体らの関係者など多数の来賓が初飛行を見守った。

 初飛行終了後には三菱航空機と三菱重工業による記者会見も予定されている。詳しくは別記事でレポートする。

【トラベル Watch,多和田新也】


MRJ、名古屋空港を離陸し初飛行
2015年11月11日(水)10時2分配信 マイナビニュース

三菱重工の子会社 三菱航空機が開発するリージョナルジェット機「MRJ(Mitsubishi Regional Jet)」の飛行試験機初号機が11月11日午前9時35分ごろ、愛知県・県営名古屋空港を無事に離陸した。

初飛行では、上昇や下降、左右への旋回といった基本的な性能を確認後、午前中のうちに同空港へ戻る予定となっている。もともと10月26日から30日までの期間中に実施される予定だったが、操舵用ペダルの改修が必要になったことが原因で延期されていた。


MRJが初飛行
時事通信 11月11日(水)9時59分配信

Mrjtf
県営名古屋空港を離陸した小型ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」=11日午前、愛知・県営名古屋空港


MRJ初飛行、ネット上に「無事離陸おめでとう」の声--生中継再開は10:55予定
2015年11月11日(水)9時57分配信 マイナビニュース

802
写真提供:マイナビニュース

三菱航空機および三菱重工業は11月11日9:40分ころ、次世代のリージョナルジェット機であるMRJ(Mitsubishi RegionalJet)の飛行試験機初号機による初飛行を県営名古屋空港にて実施。初飛行の離陸の様子が生中継された。

現在、県営名古屋空港では展望デッキを含む旅客ターミナルビル3階を閉鎖しており、一般来場者の立ち入りを制限している。そのため、一般への情報発信はユーストリームでの生中継だけとなっていた。生中継は離陸および着陸時だけとしている。

離陸の時の様子を伝える配信は08:30より実施され、ネット上の声では「気になって仕事が手がつかない」などの声も見受けられ、その瞬間には「無事離陸おめでとう」など初飛行を歓迎するコメントが寄せられていた。

飛行試験機の初号機は、県営名古屋空港(愛知県豊山町)および周辺空域で約1時間の飛行を経て、11:10分頃に着陸を予定。現在、ライブ中継は中断されているが、着陸時の様子を伝える配信が10:55より再開される。

(c)2015 MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES, LTD. All Rights Reserved.


国産初のジェット旅客機「MRJ」が初飛行
読売新聞 11月11日(水)9時51分配信

Mrjto
県営名古屋空港を離陸するMRJ(11日午前9時35分、愛知県春日井市で)=前田尚紀撮影

 国産初のジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」が11日午前9時35分、愛知県営名古屋空港(愛知県豊山町)で初めて離陸した。

 国産旅客機の初飛行は、戦後初のプロペラ旅客機「YS―11」以来約半世紀ぶり。初飛行をテコに受注拡大を目指す。日本の航空機産業の飛躍につながる期待もある。

 三菱航空機が開発したMRJは座席数が70~90程度で、短距離路線に用いられることを想定している。米大手メーカーの新型低燃費エンジンを採用し、デザインは空気抵抗を抑えるため機体を細くした。ライバル社のエンブラエル(ブラジル)とボンバルディア(カナダ)の同型機に比べ燃費性能が約2割上回るという。

 今後も名古屋空港で飛行試験を重ねつつ試作機を5機に増やし、うち4機は来年4~6月から米国で飛行試験を行う。2017年4~6月に量産1号機を全日本空輸へ納入する計画だ。


離陸するMRJ
時事通信 11月11日(水)9時47分配信

Mrjab2
初の飛行試験のため、離陸する小型ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」=11日午前、愛知・県営名古屋空港


MRJが初飛行 YS-11以来53年ぶり、”11″並びの日
Aviation Wire 11月11日(水)9時44分配信

Mrjab
県営名古屋空港を離陸し初飛行するMRJの飛行試験初号機=11月11日9時35分 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 国産初のジェット旅客機、三菱航空機の「MRJ」が11月11日、初飛行した。午前8時40分すぎにパイロットが搭乗してドアが閉まり、午前9時35分に愛知県の県営名古屋空港(小牧空港)を離陸した。

【名古屋空港を離陸し初飛行するMRJ】

 初飛行した機体は5機ある飛行試験機のうち、2014年10月18日にロールアウトした初号機(登録番号JA21MJ)。機体を製造する小牧南工場に隣接する名古屋空港を離陸後、周辺を1時間程度飛行し同空港へ戻る。

◆基本性能を確認

 今回の試験では真っ直ぐに飛ぶかや左右に曲がれるかなど、基本的な操縦特性を確認し、上空で着陸状態をシミュレーション後に着陸する。MRJは三菱重工業(7011)の社有機と防衛省の航空機を伴って飛行し、機体の状況を両機から把握する。

 MRJの初飛行は、これまでに5度延期。直近では10月26日から30日の間に実施予定だったが、操舵用ペダルの改修が必要になり延期した。29日に国土交通省航空局(JCAB)から飛行許可を取得後は高速走行試験などを実施し、初飛行に向けて準備を進めてきた。

 11日午後には、三菱航空機の森本浩通社長と岸信夫副社長が名古屋市内で会見し、パイロットも登壇する予定。

 国産旅客機の初飛行は、半民半官の航空機メーカー、日本航空機製造によるターボプロップ機YS-11型機の試作1号機(登録番号JA8611)以来、53年ぶり。YS-11の初飛行は1962年8月30日で、MRJと同じく名古屋空港で行われた。延期が重なったMRJの初飛行は、奇しくも“11”が並ぶ11月11日となった。

◆ANAとJALが導入

 MRJは、主に地方路線で運航するリージョナルジェット機。同クラスのライバル機と比べて広く快適性を追求した客室や、機内持ち込み可能な最大サイズのキャリーバッグが入る大型の手荷物収納棚、新型エンジンや細い胴体による空力特性で実現した低燃費などが特徴で、これまでに407機(確定受注223機、オプション160機、購入権24機)を受注している。

 2008年3月27日、全日本空輸(ANA/NH)がローンチカスタマーとして25機(確定15機、オプション10機)を三菱重工に発注し、事業化が決定。同年4月1日には設計や型式証明の取得、販売などを手がける三菱航空機が営業を開始し、三菱重工は製造を担う。

 MRJは2機種で構成。メーカー標準座席数が88席のMRJ90と、76席のMRJ70があり、現在はMRJ90の試験を実施している。エンジンはいずれも低燃費や低騒音を特長とする、米プラット・アンド・ホイットニー(P&W)製のギヤード・ターボファン・エンジン「PurePower PW1200G」を採用する。

 試験機は地上で強度試験を実施する強度試験機2機と、実際に飛行して試験を実施する飛行試験機5機を製造。このうち飛行試験5号機(登録番号JA25MJ)には、ANA塗装を施す。飛行試験機は日本で一定期間の試験後、2016年夏以降は米ワシントン州モーゼスレイクで試験を重ねていく。

 国内ではANAのほか、日本航空(JAL/JL、9201)も今年1月28日に32機を確定発注。ANAでは地方路線を担うANAホールディングス(9202)傘下のANAウイングス(AKX/EH)が、JALではグループのジェイエア(JAR/XM)がそれぞれ運航する。

 機体の安全性を証明するJCABによる型式証明の取得は2年後の2017年前半、量産初号機のANAへの引き渡しは、同年4-6月期を目指す。

◆残るYS-11、自衛隊機のみ

 53年前に初飛行に成功したYS-11は、182機(うち試作機2機)が製造された。国内では航空会社のほか、運輸省(現国土交通省)航空局や自衛隊、海上保安庁が採用した。

 国内の旅客定期便からは2006年9月30日、日本エアコミューター(JAC/3X)の沖永良部発鹿児島行きをもって運航から退いた。その後、飛行検査機として運用していた航空局では2006年12月22日に、海上保安庁では2011年1月13日に、海上自衛隊では2014年12月26日に退役。現在は航空自衛隊機を残すのみとなった。


MRJ初飛行 夢を乗せて離陸、53年ぶりに国産旅客機が初飛行
産経新聞 11月11日(水)9時41分配信

 三菱航空機(愛知県豊山町)が開発する国産初の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」が11日午前9時35分ごろ、愛知県営名古屋空港(同)から飛び立った。国産旅客機の初飛行は戦後初のプロペラ旅客機「YS-11」以来、53年ぶり。平成20年の事業化から7年以上かけて、ようやく初飛行にこぎ着けた。

 名古屋空港の滑走路では報道関係者約300人、航空関係者約100人が見守る中、白いスマートな機体がごう音とともに初めて空へ飛び立った。当日の名古屋空港の天候は晴れで、薄い雲が広がる中、MRJは無事離陸した。

 MRJはこれから1時間程度飛行する。ルートは日本海側の北陸地域沖、または太平洋側の静岡県沖のルートの予定だが、関係者によれば、まずは太平洋側の静岡県沖から伊勢湾の方向へ向かうという。再び、名古屋空港に着陸する。

 再び、世界を目指すMRJは、全長35メートル前後、座席数は70~90席程度の小型機で主に地方と地方を結ぶ路線で利用される見通し。従来機よりも燃費が優れているのが特徴だ。

 開発では設計の見直しなどが相次ぎ、スケジュールの延期は5度に上り、初飛行は当初の計画より4年以上遅れている。


MRJが初飛行=半世紀ぶり国産旅客機―開発着手から7年・三菱重工
時事通信 11月11日(水)9時38分配信

 国産初の小型ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」を開発中の三菱重工業と子会社の三菱航空機(愛知県豊山町)は11日午前9時半すぎ、同町の県営名古屋空港でMRJの初飛行を開始した。飛行時間は約1時間の予定。2008年の開発着手から7年を経て、MRJは実用化への大きなステップを踏み出した。
 1960年代に開発されたプロペラ機の「YS11」以来、約50年ぶりの国産旅客機。17年4~6月に全日本空輸への初号機納入を目指しており、日本の航空機産業の発展にもつながると期待されている。
 MRJの初飛行は、当初計画では11年に実施する予定だった。しかし、主翼の素材変更や開発手順の見直しなどで計5回延期された。直近では10月26~30日に初飛行を予定していたが、操舵(そうだ)ペダルの不具合が見つかり、約2週間先延ばしされた。初号機納入までのスケジュールは一段とタイトになっており、飛行試験をいかに加速するかが課題となる。
 今後は日本と米国で計2500時間の飛行試験を繰り返し、安全性を確認した上で商業飛行の前提となる国の「型式証明」を取得する。三菱航空機は、現在407機のMRJ受注数を向こう20年で約2500機まで増やす目標を掲げている。


<MRJ>国産旅客機 53年ぶりに初飛行
毎日新聞 11月11日(水)9時37分配信

Mrjm
三菱航空機の小型ジェット旅客機「MRJ」=2015年6月、竹地広憲撮影

 三菱航空機による国産初の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」が11日午前、製造拠点のある愛知県豊山町の県営名古屋空港で初飛行を果たした。「歌舞伎のくま取り」とあだ名される赤、黒、金の塗装がりりしい鶴のような細身の機体を、三菱航空機のベテランテストパイロットが操縦。この日を待ちわびた関係者たちの夢を乗せて大空へと舞い上がった。

 MRJは誘導路をゆっくりと自力走行し、滑走路上の離陸開始位置に一時停止した後、徐々にスピードを上げながら疾走。そして、ゆっくり機首を引き起こすと機体は地上を離れ、上昇していった。初飛行のため、3本の脚は格納されず、機体の外に突きだしたままだったが、滑走路近くで見守った多くの関係者が万感の思いで拍手と歓声を送った。

 三菱航空機によると、初飛行で離陸したのは試験用に製造されたMRJ初号機。同空港に隣接する三菱重工業小牧南工場で、2014年10月に完成(ロールアウト)した。これまでに地上で主翼強度、胴体与圧、走行などの各種試験を実施。10月29日に国土交通省による飛行許可を取得していた。

 初飛行は同空港と周辺空域で約1時間の飛行を予定。航空機としての基本特性(上昇、下降、左右への旋回)を確認することが主目的のため、脚や主翼のフラップ(高揚力装置)などの可動装置は固定したままになっているという。

 MRJのプロジェクトは2008年3月の事業化正式決定以来、苦難の連続だった。旅客機開発はYS11以来約半世紀ぶりの挑戦とあって、計5回ものスケジュールの遅延に陥った苦難の「日の丸ジェット」。製造を委ねられた三菱重工にとっても、航空法に定めた型式証明(TC)を付与する国交省にとっても、民間旅客機の開発は約半世紀ぶりのことだ。

 スケジュール遅延はここまで5回もあった。1回目は主翼への炭素繊維複合素材の導入をあきらめ、金属製に改めたことによる設計変更(09年)。2回目は三菱重工の製造ラインにおける不正検査の発覚で、製造工程の全面見直し(12年)、3回目は主要部品の製造・納入が遅延(13年)。そして、5回目は操舵(そうだ)用ペダルを改修する必要性が判明(15年)。

 世界最大手の米ボーイングでさえ、最新のB777機では4年近くの遅延を余儀なくされるなど、近年の航空機開発は複雑化している。とはいえ、MRJは一連の遅延によって機体性能の優位性が失われつつあることも事実だ。

 実績に劣るMRJの切り札は、燃費に優れた米国プラット・アンド・ホイットニー(P&W)製新型エンジン「PW1000G」を世界初搭載することだった。ところが、ブラジル・エンブラエルも採用を決定。後発ながらも新型機の開発を着々と進めており、販売契約にもこぎつけている。同社はリージョナルジェット機(70~100座席)の世界2大メーカーの一つで、航空市場における経験、信頼性、知名度は日の丸メーカーをはるかに上回る。もう一つの雄、カナダ・ボンバルディアはもちろん、ロシアと中国も新規参入するなど、MRJのライバルは数多い。

 2015年11月6日現在、MRJの受注は全世界計407機(確定223機)。三菱航空機は「これだけの受注を初飛行前に達成した例はライバル他社にもない」と自信をみせているが、目標とする「1000機」にはほど遠いと言わざるを得ない。先代のYS11は高性能をうたわれながら、販売に失敗した。機体を購入してくれた世界各国の航空会社に補修部品の安定供給をしていく必要があるほか、MRJを乗りこなすパイロットの養成も大きな課題だ。

初飛行にこぎ着けたとはいえ、MRJが日本の航空史の新たなステージを切り開いていけるか。その真価が証明されるのはこれからだ。【高橋昌紀/デジタル報道センター】


MRJ、11日8:30より初飛行をユーストリームで生中継
2015年11月11日(水)9時25分配信 マイナビニュース

802
写真提供:マイナビニュース

三菱航空機および三菱重工業は11月11日08:30より、次世代のリージョナルジェット機であるMRJ(Mitsubishi RegionalJet)の飛行試験機初号機による初飛行の離陸および着陸時の模様を生中継で配信している。

飛行試験機の初号機は、県営名古屋空港(愛知県豊山町)および周辺空域で約1時間の飛行を予定。飛行試験は安全を全てに優先させて実施し、今後の機体状況および天候状況等によっては、予定が変更となる場合もある。

現在、県営名古屋空港では展望デッキを含む旅客ターミナルビル3階を閉鎖しており、一般来場者の立ち入りを制限している。展望デッキのほか、県営名古屋空港周辺に一般を対象とした見学スペースは設置されない。

(c)2015 MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES, LTD. All Rights Reserved.


MRJ初飛行 離陸は午前9時半ごろか 現地は快晴
産経新聞 11月11日(水)8時56分配信

 三菱航空機は11日朝、愛知県営名古屋空港(豊山町)で国産初の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」初飛行の準備に入った。現地の天候は晴れで、午前9時半ごろ離陸する見通し。上昇や下降、旋回などの動作確認を1時間程度行った後、着陸する予定だ。平成20年の事業化から7年を経てようやく初飛行が実現する。

 先月19~23日に初飛行する予定だったが、ペダルの改修作業が必要となり、2週間延期した。この作業も無事終了し、7日には時速220キロで前輪を浮かせる走行試験を実施していた。

 MRJは、戦後初のプロペラ旅客機「YS-11」以来、約半世紀ぶりとなる国産旅客機。日本の航空機産業を飛躍させるとの期待も大きい。開発スケジュールは5度延期しており、初飛行は当初計画より4年遅れとなる。

« ロシア・コガルイム航空のエアバスA321がエジプトで墜落・6 | トップページ | 三菱MRJが初飛行・2 »

システム・技術・産業」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

船舶・鉄道・航空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/62656375

この記事へのトラックバック一覧です: 三菱MRJが初飛行:

« ロシア・コガルイム航空のエアバスA321がエジプトで墜落・6 | トップページ | 三菱MRJが初飛行・2 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30