« フランス・パリで多発テロ、129人が死亡・29 | トップページ | フランス・パリで多発テロ、129人が死亡・30 »

2015年11月20日 (金)

奥野誠亮氏、新憲法制定を提唱

元法相で平成15年に衆院議員を引退した政界最長老の奥野誠亮氏が、19日、東京・内幸町の日本記者クラブで会見し、戦後70年を迎えた今も自主憲法の制定が実現していないことについて「いつまでたっても戦後は終わらない。そろそろ自前の憲法を作ろう」と訴えた。

奥野氏は、「GHQがつくった現行憲法の前文には『平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼し』とある。今の世界情勢でこのような表現は笑いものだ。軍隊や非常事態規定、環境権は必要だ」と指摘、「現憲法の改正ではなく、内閣が新しい憲法案を作り、国会の多数決を経て国民投票に付せばいい」と新憲法の制定を唱えた。

産経新聞が伝えた。

リンク:102歳の奥野元法相「そろそろ自前の憲法作ろう」 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

102歳の奥野元法相「そろそろ自前の憲法作ろう」
産経新聞 11月20日(金)7時55分配信

Amlo
日本記者クラブで講演する奥野誠亮・元法相。会見の最後に自ら揮毫した書について語った 19日午後、東京・千代田区の日本記者クラブ (野村成次撮影)(写真:産経新聞)

 平成15年に衆院議員を引退した政界最長老の奥野誠亮元法相が19日、東京・内幸町の日本記者クラブで会見した。奥野氏は、戦後70年を迎えた今も自主憲法の制定が実現していないことについて「いつまでたっても戦後は終わらない。そろそろ自前の憲法を作ろう」と訴えた。

 奥野氏は102歳。衆院議員時代は自民党で無派閥を貫き、官僚時代は政府の終戦処理方針を固めたほか、地方税財政のエキスパートとして連合国軍総司令部(GHQ)と渡り合った。

 歯にきぬ着せぬ物言いは健在で「GHQがつくった憲法の前文には『平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼し』とある。今の世界情勢でこのような表現は笑いものだ。軍隊や非常事態規定、環境権は必要だ」と指摘。「現憲法の改正ではなく、内閣が新しい憲法案を作り、国会の多数決を経て国民投票に付せばいい」と新憲法の制定を唱えた。

« フランス・パリで多発テロ、129人が死亡・29 | トップページ | フランス・パリで多発テロ、129人が死亡・30 »

ニュース」カテゴリの記事

人物・伝記」カテゴリの記事

国防・軍事・安全保障」カテゴリの記事

歴史・故事」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/62729592

この記事へのトラックバック一覧です: 奥野誠亮氏、新憲法制定を提唱:

« フランス・パリで多発テロ、129人が死亡・29 | トップページ | フランス・パリで多発テロ、129人が死亡・30 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31