« ホンダジェット、FAAの型式証明まもなく取得 | トップページ | フランス・パリで多発テロ、129人が死亡・25 »

2015年11月18日 (水)

フランス・パリで多発テロ、129人が死亡・24

フランスの首都パリで13日夜(日本時間14日未明)、飲食店や劇場、サッカー競技場など複数の地点で、銃撃や爆発などがおきた。劇場では観客らが人質になったと伝えられる。オランド仏大統領は同夜、テレビ演説で「前例のないテロが起きた」と断定し、国内に非常事態を宣言した。

フランス治安当局の発表では、この同時テロで129人が死亡した。

ロイター通信などによると、週末を過ごす客でにぎわう13日夜、パリ10区のレストランと近くの劇場で銃撃が起きた。目撃者の証言では、劇場内で60人程度の観客らが人質になった。劇場内からは、散発的な銃声が聞こえているという。

また、ドイツとフランスの親善試合が行われたサッカー競技場では、少なくとも2回の爆発が起きた。自爆テロとみられており、犯人とみられる2人を含む35人程度が死亡したもよう。

オランド大統領は、「われわれは結束し、断固戦う」と国民に訴えた。非常事態の宣言にともない、フランスと周辺国の国境が閉鎖された。

フランス国内では、今年1月、イスラム過激派により週刊紙本社が銃撃されるテロ事件が起き、計17人が死亡した。

オバマ米大統領は、ホワイトハウスで記者団に対し、「民間人を恐怖に陥れる非道な企てだ」と強く非難した。

※以上、産經新聞の報道による。

18番目の記事
19番目の記事
20番目の記事
21番目の記事
22番目の記事
23番目の記事

リンク:パリ郊外の銃撃戦で容疑者2人死亡、7人逮捕 仏検察 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:仏警察:パリ郊外の作戦で7人拘束-アバウド容疑者が含まれるか不明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:容疑者7人拘束、作戦終了=パリ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:対テロ作戦連携強化で一致…仏露首脳が電話協議 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:パリ多発テロの首謀者、郊外の現場付近のアパートに潜伏-警察が包囲 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<原子力規制委員長>原発対テロ施設猶予「問題ない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英首相、シリア空爆方針表明=米仏ロと連携、包囲網強化 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:取材登録申請を却下=仏同時テロが影響か―COP21 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:パリ攻撃犯は暗号ソフト使用か、米議員が相次ぎ指摘 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:パリ郊外で銃撃戦、テロ容疑者3人死亡 警官3人負傷 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:焦点:米共和党がシリア難民に拒否反応、パリ攻撃で移民政策に波紋 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:仏大統領が重要閣僚と会議、パリ郊外でテロ容疑者の立てこもり続く - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:夜明け前、響き渡る爆発音=対テロ作戦に軍も投入―パリ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:テロ後のフランスで最も危険な極右党首ルペン - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:アノニマス、「イスラム国」関連アカウント攻撃 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:パリ郊外のテロ容疑者拘束作戦 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:テロ容疑者か、2人死亡 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:テロ容疑者の拘束作戦現場 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:アバウド容疑者 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「ジハーディ・ジョン」の仲間を拘束、欧州への途上 テロ計画か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:フランス検察:サンドニの作戦で容疑者3人を拘束-作戦は継続中 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:フランス軍、テロ掃討に空母“急派”へ オランド大統領「戦争状態にある」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:パリ郊外で銃撃戦、標的はテロ事件の首謀者か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:サミットへ「テロ対策強化を」=鈴木三重県知事 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<フランス>パリ近郊銃撃戦1時間 2人死亡3人逮捕 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:テロ容疑者か、2人死亡=女が自爆、7人確保―「首謀格」狙い拘束作戦・パリ郊外 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【パリ連続襲撃】郊外で警察が強制捜査 容疑者1人が自爆 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:パリ北郊のサンドニで発砲、警察が同時テロ容疑者を包囲 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:パリ同時多発テロ パリ郊外の銃撃戦で女1人が自爆 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:フランス警察:パリ郊外の作戦で3人殺害、3人拘束-LCIテレビ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:パリ近郊、銃撃戦7人拘束…テロ首謀者の捜索中 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:パリ同時多発テロ パリ郊外で銃撃戦 警察官数人負傷 主犯格を捜査中? - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:パリ連続襲撃、情報機関の失態と懸念 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:相次ぐ計画、摘発追い付かず=監視対象拡大の一途―仏テロ - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

パリ郊外の銃撃戦で容疑者2人死亡、7人逮捕 仏検察
CNN.co.jp 11月18日(水)20時13分配信

フランス・サンドニ(CNN) フランスのパリ郊外サンドニで18日に発生した銃撃戦で、パリ検察当局によれば、パリ同時多発テロの容疑者2人が死亡し、7人が逮捕された。警察の情報筋はこれまでCNNに対し、容疑者3人が死亡したと述べていた。

サンドニでは犯行グループが立てこもっていたとみられる建物に対して突入作戦が実施された。

検察によれば、逮捕された7人の中には建物から移動させた男3人も含まれているという。

作戦では5人の当局者が軽傷を負ったほか、警察犬1頭が死亡したという。

警察の主な標的は過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の幹部で今回の事件の首謀者とみられるアブデルアミド・アバウド容疑者だった。


仏警察:パリ郊外の作戦で7人拘束-アバウド容疑者が含まれるか不明
Bloomberg 11月18日(水)19時57分配信

  (ブルームバーグ):フランス警察は18日早朝のパリ北郊サンドニでのアパート捜索で7人を拘束した。パリ検察当局が発表した。

13日のパリ同時多発テロの首謀者とみられる20代のベルギー人、アブデルハミド・アバウド容疑者がこの中にいるかどうかは現時点で不明だという。

原題:French Police Arrest Seven in Pre-Dawn Raid North of Paris
(抜粋)

記事に関する記者への問い合わせ先:パリ Geraldine Amiel ,gamiel@bloomberg.net

記事についてのエディターへの問い合わせ先:
Mark Deen ,markdeen@bloomberg.net


容疑者7人拘束、作戦終了=パリ
時事通信 11月18日(水)19時49分配信

 【パリ時事】フランスのメディアは18日、パリ郊外サンドニで行われた同時テロの容疑者拘束作戦が終了したと伝えた。
 拘束されたテロ容疑者は計7人となった。


対テロ作戦連携強化で一致…仏露首脳が電話協議
読売新聞 11月18日(水)19時38分配信

 【パリ=石黒穣、ロンドン=角谷志保美】パリで13日に起きた同時テロを受け、フランスのオランド大統領とロシアのプーチン大統領は17日、電話で協議し、対テロ作戦などでの連携強化で一致した。

 仏ラジオが伝えた。仏露両国はそれぞれ、同時テロの犯行声明を出したイスラム過激派組織「イスラム国」のシリアでの拠点の空爆を継続。英国のキャメロン首相も同日、シリアを空爆する意向を表明しており、「イスラム国」への包囲網形成が加速している。

 仏露は同日、シリアでの「イスラム国」の拠点に対する攻撃の効果を高めるため、軍事作戦の調整を図ることでも合意した。フランスのルドリアン国防相は、シリア北部で3夜連続となる空爆を行ったことを表明。ロシアも、シリアでの「イスラム国」拠点に対し、大規模空爆を実施した。また、ロシア軍は地中海に展開中の潜水艦から初めて、「イスラム国」の拠点に巡航ミサイルを撃ち込んだ。


パリ多発テロの首謀者、郊外の現場付近のアパートに潜伏-警察が包囲
Bloomberg 11月18日(水)19時34分配信

    (ブルームバーグ):先週のパリ同時多発テロの首謀者とみられるアブデルハミド・アバウド容疑者を標的としてフランス警察当局が18日早朝に実施した作戦では、少なくとも2人が死亡し5人を拘束した。国際的な捜査と追跡の末、容疑者は最初にテロが発生したパリ郊外の付近に潜んでいることが分かった。

アバウド容疑者はベルギー国籍を持つ20代の男性。パリ検察のチボールキュイブル報道官は、同容疑者が他の数人とともにパリ郊外サンドニのアパートに潜伏しているもようだと発表。アパートの場所は13日のテロ現場の1つである競技場「スタッド・ド・フランス」の近くだった。

フランス王家の墓所のあるサンドニ大聖堂の近くでの作戦は午前4時20分ごろに始まった。死亡者の1人は女性で自爆、警察側の死者はなかった。3人がアパートで、さらに2人は付近で拘束された。

ラジオ局フランス・アンフォによると、5人がアパートに立てこもり、周辺住民は外出を控え室内の照明を消すよう要請された。同地域の上空にはヘリコプターが旋回し、散発的に銃声が響いた。オランド大統領はバルス首相、カズヌーブ内相とともに大統領官邸で作戦の展開を見守った。

13日にパリの7カ所でほぼ同時に発生したテロ事件では129人が死亡、300人以上が負傷した。フランス当局はこれまでに国内全土に捜査網を敷き、数百カ所で家宅捜索を実施した。

16日には国内で23人を拘束、同日夜に128カ所を捜索した。捜査はベルギーとドイツにも広がり、当局は自爆した実行犯の1人、ブラヒム・アブデスラム容疑者の兄弟のサラ・アブデスラム容疑者の行方を追っている。

フランスは過激派組織「イスラム国」のシリア内の拠点に対する空爆も強化し、ラッカにある司令部と訓練施設を破壊した。警察の作戦が継続している中で、ロワイヤル・エコロジー持続可能開発・エネルギー相は国内の高速鉄道網および国際鉄道路線の警備を厳重にするとフランス2テレビとのインタビューで述べた。

原題:Paris Raids Target Terrorist Ringleader, Leaving at
Least 2 Dead(抜粋)

記事に関する記者への問い合わせ先:パリ Blaise Robinson ;パリ John Follain ;パリ Geraldine Amiel ,brobinson58@bloomberg.net,jfollain2@bloomberg.net,gamiel@bloomberg.net

記事についてのエディターへの問い合わせ先:
James Hertling
David Whitehouse, Alex Webb ,jhertling@bloomberg.net


<原子力規制委員長>原発対テロ施設猶予「問題ない」
毎日新聞 11月18日(水)19時27分配信

 原発のテロ対策施設の設置を猶予したことについて、原子力規制委員会の田中俊一委員長は18日の定例記者会見で、「当面は警察などと警戒する」と述べ、対策に問題はないとの見方を示した。

 原発のテロ対策施設は、「特定重大事故等対処施設」と呼ばれ、テロなどで原子炉が冷却不能になった場合に冷却作業を遠隔操作できる。新規制基準で2018年7月まで設置することになっていたが、原発本体の審査自体に時間がかかっていることなどから、規制委は13日に「原発本体の工事計画認可を受けてから5年間」猶予することを決めた。その後、パリで同時多発テロが発生した。【鳥井真平】


英首相、シリア空爆方針表明=米仏ロと連携、包囲網強化
時事通信 11月18日(水)19時25分配信

 【ロンドン時事】キャメロン英首相は17日、過激派組織「イスラム国」に対する米軍主導の有志連合によるシリア空爆に参加する方針を表明した。
 パリ同時テロを受け、米国、フランス、ロシアが連携を強め、同組織に対する世界的な包囲網が狭まっている。英国はシリアでの軍事行動に二の足を踏んできたが、これに加わる意向を明確にした。
 キャメロン首相は議会下院で「イスラム国に対処する包括的戦略を策定する。シリアでの行動が含まれる」と述べた上で、「同盟国はそれを望んでいる」と強調。首相は、戦略への表決で「強い支持」を示すよう議会に求めた。戦略は、今月末までに発表される見通し。
 パリ同時テロ後、フランス軍はシリア空爆を激化。ロシアも10月末のロシア旅客機墜落をテロと断定し、シリアでの軍事行動を強化した。オランド仏大統領は、米国のほか、ロシアとの連携も強める構えを見せている。キャメロン首相としては、国際情勢の変化を背景に、シリアへの積極的な介入にかじを切る好機と判断したとみられる。


取材登録申請を却下=仏同時テロが影響か―COP21
時事通信 11月18日(水)19時16分配信

 今月30日からパリで開かれる国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)をめぐり、同条約事務局は18日までに、メディアの取材登録申請を一部却下する異例の通知を出した。
 パリで発生した同時テロの影響とみられる。
 事務局は日本メディアへの通知で、「最近の事件を踏まえると、警備を強化する必要性に直面している」と同時テロ事件の影響を示唆。COP21の交渉関係者は「事件を受けて会議の規模を縮小しようとしているのではないか」との見方を示している。


パリ攻撃犯は暗号ソフト使用か、米議員が相次ぎ指摘
ロイター 11月18日(水)19時3分配信

76
11月17日、複数の米議員がパリ同時攻撃について、ベルギー、フランス、シリアにいる犯行グループが端末間の通信に解読困難な暗号技術を使用していた公算が大きいと述べた。写真はイメージ。独ハノーバーで3月撮影(2015年 ロイター/WOLFGANG RATTAY)

[ワシントン 17日 ロイター] - 複数の米議員が17日、先週のパリ同時攻撃について、ベルギー、フランス、シリアにいる犯行グループが、端末間の通信に解読困難な暗号技術を使用していた公算が大きいと述べた。

上院情報特別委員会のバー委員長(共和党)は「現時点では暗号化された特定のプラットフォームが使用されたとは断言できないが、(攻撃前に)直接の交信を傍受しなかったことから、その公算が大きいと考えている。無料でダウンロードできる端末間暗号ソフトは30あまり存在する」と述べた。

委員長は、情報特別委員会はこの問題に対応する法案を作成する段階とは程遠い状況で、考え得る最良の選択肢を模索していると述べた。

ほかにも、タカ派の議員や多数の情報当局者が、今回の事件から暗号化の利用が拡大することの危険性を指摘している。

米下院情報特別委員会の有力メンバーであるアダム・シフ議員はCNNで、「過激派組織ISIS(イスラム国)は戦闘員に対し、参加後はソーシャルメディアから暗号化の可能なアプリに乗り換えるよう指示していることが分かっている」と述べた。

アップル<AAPL.O>やグーグル<GOOGL.O>など多くのハイテク企業は、暗号化を製品のデフォルト設定にしている。この傾向は、2013年に米国家安全保障局(NSA)の元職員、エドワード・スノーデン 容疑者が政府による情報収集活動を暴露したことなどで加速している。

バー委員長は、暗号についてハイテク企業から多くの協力を得られるとは期待していないとしながらも、国家の安全保障問題となれば選択の余地はないとの見方を示した。


パリ郊外で銃撃戦、テロ容疑者3人死亡 警官3人負傷
CNN.co.jp 11月18日(水)18時47分配信

(CNN) パリ同時多発テロ事件を捜査している警察は18日午前、同市北郊のサンドニで、犯行グループが立てこもっていたとみられる建物に突入した。現地の警察情報筋がCNNに語ったところによると、この作戦で容疑者3人が死亡し、警官3人が負傷した。

突入作戦には軍要員も出動し、現場周辺に銃声や爆発音が響いた。警察は付近の道路を閉鎖し、住民らには自宅にとどまるよう指示した。

地元のCNN系列局が伝えたところによると、死亡した容疑者のうち1人は警官が射殺した。また、女の容疑者1人が着衣に仕掛けた爆弾で自爆したことを、パリ検察が確認した。

警察はさらにアパートの中にいた男3人を拘束したが、今のところ身元は公表していない。アパートの近くでも男女各1人が拘束された。

トビラ仏法相は国内ラジオ局とのインタビューで、作戦は完了しつつあると述べた。これに対して地元議員は「まだ終わっていない」語り、建物の中にはまだ重武装のテロリストがいると主張した。

同ラジオ局は、この作戦で通りかかった市民1人が死亡、少なくとも警官3人が負傷したと伝えた。

ベルギーの対テロ当局高官がCNNに語ったところによると、警察の主な標的は過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の幹部で今回の事件の首謀者とみられるアブデルアミド・アバウド容疑者だった。ただ同高官によれば、警察の作戦は現場に同容疑者がいるかどうか不明な状態のまま実行されたという。


焦点:米共和党がシリア難民に拒否反応、パリ攻撃で移民政策に波紋
ロイター 11月18日(水)18時41分配信

[ワシントン 17日 ロイター] - 13日に発生したパリ同時攻撃を受け、米国では移民や国家安全保障に関する議論が再燃している。議員らからは17日、シリア難民への監視強化を求める声も上がり、難民の受け入れ拒否は「攻撃的であり、米国の価値観に相反する行為」とするオバマ大統領への厳しい批判につながっている。

オバマ大統領は9月、今後1年間に少なくとも1万人のシリア難民を受け入れるよう指示しているが、下院の共和党議員らはこの計画に強く反発。民主党も、過激派組織「イスラム国」と関係のあるシリア難民がいる場合に備え、厳しい身辺調査が必要だと主張した。共和党のポール・ライアン下院議長もシリア難民1万人の受け入れの一時中止を主張した。

今回の問題は、「虐げられた移民を歓迎する」という米国のイメージに異を唱えるものだ。一部の議員からは、シリア難民全員の入国を禁止すべきとの主張や、キリスト教徒のシリア難民をイスラム教徒より優先して受け入れるべきとの主張も出ている。

これに対しオバマ大統領は、難民問題で点を稼ごうとする政治家を批判。時折怒りの表情をのぞかせながら「ヒステリー状態で、誇張されたリスクに基づいて判断を下そうとするなら、良い結果は生まれない」と述べ、「このような議論から来るレトリックこそ、ISIL(イスラム国)へ過激派を呼び込む最大の要因だ」と強調した。

大統領によると、難民は米国への入国申請前の1年半―2年間の身元調査をされた後、入国を許可されるという。

共和党のマケイン上院議員は、難民に対する慎重な監視を支持しつつ、宗教などによる差別には強く反発。「われわれは皆、等しく神の子だ。キリスト教徒だけ入国を許可するという前提には反対する」と述べた。

上院外交委員会の民主党トップのベン・カーディン議員は、政府はテロリストが難民支援プログラムを通じて米国に入国するのを阻止するよう、監視を最も厳しくすべきだと主張した。1年半―2年間という監視機関は、欧州よりも長い。

米国家安全保障会議(NSC)は、入国者の審査強化を引き続き検討するとしている。

ジョンソン国土安全保障長官を含むオバマ政権の幹部らは17日夜、下院議員435人全員を集めてパリ同時攻撃事件に関する機密扱いの会議を開いた。それでも、多くの共和党員の深刻な懸念は払しょくされていない。

「情報を得ることができない人々を入国させることは非常に心配だ」。共和党のマット・サーモン下院議員は話す。「きょうの会議を終えて、出席する前よりはるかに不安になった」

<入国をめぐる闘い>

2016年の米大統領選における共和党有力候補である不動産王ドナルド・トランプ氏は、不法移民1100万人を国外退去させる意向を表明。ジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事は、一部シリア難民の受け入れを支持する一方、過激派を排除するため入国審査は十分に厳格化すべきだと強調した。

パリ同時攻撃を受け、少なくとも26人の州知事が、シリア難民の受け入れを拒否すると表明。その大半が共和党員で、難民の一部はイスラム国との関係があるためと説明した。一方、残りの多くの民主党知事らは受け入れを歓迎している。

米政府は声明で、17日に34人の州知事らと電話会議を行い、難民支援プログラムについて説明したと明らかにした。マクドノー大統領首席補佐官らは、難民は最も厳しい審査や身元調査を受けることになると説明し理解を求めたもようだ。

ケリー国務長官によると、2001年以降78万5000人の難民が入国を許可されたが、うち「テロ活動に関する危険性が見つかった」とされたのは12人だけだったという。

ただ国務長官はNBCに対し、難民の審査は効果的だが強化の必要はあり、今後おそらく「より長く時間を要するようになり、費用も増大する」との見方を示した。

ライアン下院議長は米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)とのインタビューで、オバマ大統領の難民対策への代替案を19日に下院へ提出すると表明。共和党議員の一部は、予算案にシリア難民の定住を阻止するための準備金を盛り込むよう働きかけている。シリア難民の審査に関しても、連邦捜査局(FBI)長官による身辺調査結果の承認など厳しい条件を付けることが提案されている。

(Patricia Zengerle記者、Megan Cassella記者 翻訳:田頭淳子 編集:加藤京子)


仏大統領が重要閣僚と会議、パリ郊外でテロ容疑者の立てこもり続く
Bloomberg 11月18日(水)18時37分配信

    (ブルームバーグ):フランスのオランド大統領は18日、重要閣僚との会議を持った。先週の同時多発テロの容疑者が潜伏していたパリ郊外のアパートを警察が包囲し、現在もにらみ合いが続いている。

大統領官邸での会議にはバルス首相とカズヌーブ内相、トビラ法相、ルドリアン国防相が出席した。

大統領府によると、大統領のこの日のスケジュールに変更はなく、午前10時からの閣議は予定通り行われる。

原題:French President Meets With Key Ministers as Siege
Continues(抜粋)

記事に関する記者への問い合わせ先:パリ Gregory Viscusi ,gviscusi@bloomberg.net

記事についてのエディターへの問い合わせ先:
Alan Crawford ,acrawford6@bloomberg.net


夜明け前、響き渡る爆発音=対テロ作戦に軍も投入―パリ
時事通信 11月18日(水)18時36分配信

 【サンドニ(パリ郊外)時事】「壁が揺れた」「銃撃音で目が覚め、恐怖に襲われた」。
 パリ郊外サンドニで18日未明行われた同時テロの容疑者拘束作戦で、地区一帯には夜明け前から爆発音が響き渡った。
 約100人の治安部隊が午前4時半(日本時間午後0時半)ごろの作戦開始前から地域を封鎖し、作戦には軍も投入された。集合住宅への突入後、7回ほどの爆発音や銃撃音が1時間以上続いた。
 現場近くに住む女性は地元メディアに「銃声などがどんどん大きくなり、止まらなかった。警察に電話したが、つながらず、怖かった」と語った。
 現場は商店が並ぶ一角。警察車両が通りを埋め、上空にはヘリコプターが旋回した。作戦に合わせ、近くを通る地下鉄駅は封鎖された。地域住民には外出を控えるよう指示が出され、一帯は息を潜めた。
 現場の通りにある職場で15年働いているモクタールさん(40)は「普段は人通りの多いにぎやかな場所。たまに犯罪はあるが、過激派がいるという話は全く聞かなかった」と話した。
 サンドニには有名な大聖堂があり、観光客を集めているが、移民系住民が多く、治安が比較的悪いことでも知られる。


テロ後のフランスで最も危険な極右党首ルペン
ニューズウィーク日本版 11月18日(水)18時4分配信

 あれだけの惨事があった今、Iパリで笑顔を見つけるのは難しい。先週の同時多発テロの現場や、市中心部の共和国広場では、ろうそくや花束を手に集まった人々が人目もはばからず泣いている。

 例外があるとすれば、マリーヌ・ルペン率いるフランスの極右政党「国民戦線」だろう。

 ルペンはこれまでに数えきれないほど、イスラム過激派の脅威について警告し、国境管理の強化を主張してきた。先週末のテロは、ISIS(自称イスラム国、別名ISIL)につながる過激派が実行したとされ、実行犯の1人は遺体の近くにシリアのパスポートが見つかっている。ルペンにとって都合のいい「証拠」ばかりだ。

 フランスでは3週間後に全国規模の地方議会選が予定されており、そこで国民戦線が歴史的な勝利を収めるのではないかと危惧する声が上がるのも当然だ。

 マリーヌ・ルペンはこれまで、父であり同党の創設者であるジャンマリ・ルペンがつくり上げた党の極右イメージを払拭しようと努めてきた。しかし、テロのわずか数時間後の記者会見では態度が一変。「イスラム・テロの拡大」を非難し、国境の厳重な管理で過激派を壊滅させるべきと訴えた。

 歴史的にユダヤ人が多く住むパリのル・マレ地区でも、国民戦線が今回のテロを機に党勢を増すのではないかと心配する人々がいた。国民戦線は、ジャンマリ・ルペンの時代には、敵意に満ちた反ユダヤ主義で有名だった。

 実際、国民戦線の支持者はお祝いムードだ。退役海軍将校のジャンクロード・フラジュロ(65)は、1974年からの同党支持者。国民戦線こそがフランスを救うと、彼は言う。

「テロ攻撃はフランスにとって大惨事だった」と、フラジュロ。テロリストの出入りを取り締まれないフランス政府も大惨事だという。フラジュロに言わせれば、国民戦線は「解決策もなく、ただそこに居座っているだけ」の現政権とは違う。

複雑な問題に簡単な解決策を提示

 同党支持者は人種差別主義者やイスラム嫌悪主義者ばかりだという批判に対しては、「人種差別主義者はどの党にもたくさんいる」と、フラジュロは反論する。「私はナショナリストで、イスラム過激派のことを心配しているだけだ」

 彼らの主張は、イスラム過激派の市民権を剥奪し出身国に送り返すこと、国境管理も厳しくして過激派予備軍の入国を阻止することだ。

 国民戦線の支持者の要求は、テロ後のオランド大統領の姿勢にも反映されている。ルペンや中道右派のサルコジ前大統領といった政敵からの攻撃をかわすため、同時多発テロを「戦争行為」と強い言葉で非難し、フランスが「(テロとの)戦いを主導する」と宣言した。

 フランス空軍は既に、ISISが首都と称するシリア北部ラッカへの大規模空爆を開始している。

 オランドがテロとの戦いに舵を切る一方で、国民戦線も着々と準備を進めている。世論調査での支持率上昇を追い風に、ルペンは2017年の総選挙で躍進し、大統領選をうかがう構えだ。

 国民戦線の党員バルラン・ドサンジュスト(60)は、パリの議会選に立候補する予定だ。ドサンジュストは、本誌の取材に対し選挙では国民戦線が勝利すると語った。「得票を増やすことは間違いない。国民戦線はテロ問題の解決策を持っている」

 国民戦線の掲げる「解決策」とは、一言で言えば難民を拒否すること。「これ以上、難民を入れるべきではない」とドサンジュストは言う。「そのうちの何人かがテロリストになる」

 一方、フランス政府がテロにどう対応するかはまだ明確ではない。テロ実行犯のうち少なくとも1人がまだ捕まっておらず、銃撃戦やテロ予告なども起こっており、国内問題で手一杯。ヨーロッパの難民危機のような複雑な問題に対処できる状態にない。

 テロ発生から数日間で露呈したように、現政権はそれでも今後、ますます勢いづく国民戦線からの攻撃から身をかわし続けなければならないだろう。


アノニマス、「イスラム国」関連アカウント攻撃
読売新聞 11月18日(水)17時54分配信

 【パリ=水野祥】AFP通信によると、国際ハッカー集団「アノニマス」は17日、パリ同時テロを巡り、イスラム過激派組織「イスラム国」に関連する5500個のアカウントを攻撃したことを明らかにした。

 「アノニマス」の象徴とされる仮面をかぶった男は16日、動画投稿サイト「ユーチューブ」で、パリ同時テロについて、「攻撃は免罪されない。『イスラム国』にこれまでで最大の攻撃を実施する。宣戦布告だ」と述べ、サイバー攻撃を警告していた。


パリ郊外のテロ容疑者拘束作戦
時事通信 11月18日(水)17時49分配信

75
18日、パリ郊外サンドニで、テロ容疑者拘束作戦に当たる警官隊。


テロ容疑者か、2人死亡
時事通信 11月18日(水)17時49分配信

74
フランス警察は18日、パリ郊外サンドニの集合住宅で潜伏していた同時テロ容疑者の拘束作戦を実施した。女1人が自爆するなど容疑者側の2人が死亡、7人が身柄を拘束された。写真は拘束作戦に当たる警官隊。


テロ容疑者の拘束作戦現場
時事通信 11月18日(水)17時38分配信

73
18日、パリ郊外サンドニで、同時テロ容疑者の拘束作戦現場に集結する警官隊。


アバウド容疑者
時事通信 11月18日(水)17時38分配信

72
パリ同時テロの首謀者とみられるアブデルハミド・アバウド容疑者とされる画像=2月、過激派組織「イスラム国」の英字機関誌ダビクに掲載


「ジハーディ・ジョン」の仲間を拘束、欧州への途上 テロ計画か
CNN.co.jp 11月18日(水)17時33分配信

(CNN) トルコの最大都市イスタンブールで13日、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の英国人メンバーが拘束されていたことが分かった。17日付のトルコ紙が伝え、同国当局者がCNNに確認した。

拘束されたのは西ロンドン出身のエイン・レズリー・デービス容疑者。米軍が殺害したとされるISISメンバーのムハンマド・エムワジ容疑者(通称ジハーディ・ジョン)と近い関係にあり、テロ計画の指令を出すために欧州へ向かう途中だったとみられる。パリではこの日の夜に同時多発テロ事件が起きた。

当局者らによると、デービス容疑者には薬物関連の犯罪歴がある。2013年にシリアで姿を消した後、ISISに加わったとされる。

トルコの情報当局は英対外情報部(MI6)と連携し、シリア北部ラッカにいたエムワジ容疑者の連絡係を監視するなかで、デービス容疑者のテロ計画を突き止めたという。エムワジ容疑者は13日に米軍の空爆で死亡したとみられる。

同紙によると、デービス容疑者は取り調べに対して口を開かず、当局は同容疑者の電話のデータから全ての情報を得た。


フランス検察:サンドニの作戦で容疑者3人を拘束-作戦は継続中
Bloomberg 11月18日(水)17時14分配信

  (ブルームバーグ):フランス警察によるパリ郊外サンドニでの対テロ作戦で、アパートに立てこもっていた容疑者3人が拘束されたと、パリ検察当局が発表した。

アパートの近くでさらに2人が拘束されたが、立てこもりは続いているという。

原題:French Prosecutor Says Three Men in St-Denis Apartment
Arrested(抜粋)

記事に関する記者への問い合わせ先:パリ David Whitehouse ,dwhitehouse1@bloomberg.net

記事についてのエディターへの問い合わせ先:
David Whitehouse
木下晶代 ,dwhitehouse1@bloomberg.net


フランス軍、テロ掃討に空母“急派”へ オランド大統領「戦争状態にある」
夕刊フジ 11月18日(水)16時56分配信

71
パリ同時多発テロ 規制が緩和されたバタクラン劇場近くには多くの人が訪れ犠牲者を悼んだ =17日、フランス・パリ (大西正純撮影)(写真:夕刊フジ)

 フランスの怒りが炸裂した。129人が犠牲となった、過激派組織「イスラム国」(IS)によるパリ同時多発テロを受け、オランド大統領は演説で「わが国は戦争状態にある」と宣言し、IS掃討のため、シリア空爆をさらに強化することを表明したのだ。全面戦争を覚悟したのか、原子力空母「シャルル・ドゴール」を中東に急派させる。一方、ISは新たなビデオ声明で「ワシントンにある米中枢を攻撃する」と恫喝した。 

 オランド氏は16日午後(日本時間17日未明)、パリ郊外のベルサイユ宮殿で上下両院合同会議を緊急招集した。

 毅然とした表情で、「わが国は世界を脅かすテロ、過激主義と戦っている」「国は全力を挙げて国民を守る」「フランスはテロに破壊されない。フランスがテロリストを破壊する」などと演説し、IS壊滅のため、全世界的な反撃を呼び掛けた。近く、米露首脳と協議するという。

 さらに、国家の非常事態に対応するため、(1)2年間で警察官など5000人を増員(2)フランス生まれのテロリストから国籍の剥奪を可能にする-考えを示し、非常事態宣言の3カ月間延長や、憲法改正も提案した。

 フランス国会は通常、下院はブルボン宮、上院はリュクサンブール宮で行う。ベルサイユ宮殿での開催は異例。AFP通信によると、フランス大統領が上下両院合同会議で演説を行った例は、過去150年以上さかのぼっても今回を含め2度しかない。

 「IS掃討」への強い決意の表れといえ、演説を聞き終わると、議員らはフランス国歌「ラ・マルセイエーズ」を熱唱した。同国の国歌には、《武器を取れ 市民らよ 隊列を組め 進もう 進もう! 汚れた血が われらの畑の畝(うね)を満たすまで》という歌詞がある。

 フランスの強い決意を示すように、同国が誇る原子力空母「シャルル・ドゴール」が今週19日、地中海に面したトゥーロンの海軍基地から、中東に向けて出撃する。

 同空母は、全長261・5メートル、全幅64・36メートル。乗員約1900人。艦載機は固定翼機35機、ヘリコプター5機で、斜めにせり出した飛行甲板「アングルド・デッキ」や、蒸気カタパルト(射出装置)も装備している。ここから、同軍のダッソーラファールF1戦闘機などが発艦して、ISの戦略拠点を爆撃することになりそうだ。

 「疾風」という意味のラファール戦闘機は、アフガン紛争や、マリ共和国イスラム系反政府勢力への軍事介入にも投入されている。

 米軍主導の有志国連合も動いた。

 シリア東部アブカマルで15日に空爆を実施し、ISのタンクローリー116台を破壊したのだ。米国防総省が16日、発表した。

 米政府は、ISが盗んだ石油を闇市場に密売し、1日当たり100万ドル(約1億2300万円)を得ているとみている。石油を運ぶ車両を攻撃し、組織の主要な資金源を断つ狙いがある。

 さらに、米国務省は、サウジアラビアに対する計12億9000万ドル(約1589億円)相当の爆弾や関連装備の供与を承認し、議会に通知した。同省のトナー副報道官が16日、明らかにした。

 兵器は、精密誘導兵器のスマート爆弾など。ロイター通信によると、サウジ軍によるシリアでのIS空爆などに使われるという。

 こうしたなか、ISは16日、新たなビデオ声明を公表した。

 シリアに軍事介入する国に対し、パリと同様のテロを実施するという警告で、「われわれは誓う。(米国の首都)ワシントンにある米中枢を攻撃する」と強調したのだ。

 残虐非道なテロ組織による許し難い恫喝に、FBI(米連邦捜査局)は同日、「現時点で米国への具体的な脅威(の情報)はない」との見解を示したうえで、「米国人を守るために保安態勢を調整することは躊躇(ちゅうちょ)しない」とし、断固として即応する方針を強調した。


パリ郊外で銃撃戦、標的はテロ事件の首謀者か
CNN.co.jp 11月18日(水)16時36分配信

フランス・サンドニ(CNN) パリ同時多発テロの容疑者が逃走しているとして警察が行方を追うなか、同市北郊の街サンドニで18日未明、警官との銃撃戦などで容疑者3人と付近の通行人1人が死亡した。容疑者の1人は警察の狙撃手に撃たれ死亡、もう1人は自爆ベストを爆発させた。少なくとも警官3人が負傷したという。CNN系列局のBFMTVが伝えた。

仏AFP通信によれば、警察の標的は過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の幹部で今回の同時テロの首謀者とみられているベルギー人、アブデルアミド・アバウド容疑者だという。

サンドニのペイヤール市長は18日未明、CNN系列局とのインタビューで、当局が同市内の建物に複数の容疑者を追い詰めたと語っていた。ただAFP通信は、これらの容疑者の中にアバウド容疑者が含まれているかどうかは不明としている。

サンドニには同時テロで3人が自爆したスタジアムがある。警察は市内の一部区域で道路を閉鎖した。

今回の同時テロでは実行犯7人が現場で死亡し、逃走中とされるサラ・アブデスラム容疑者(26)が国際手配されている。このほか目撃者が撮影したビデオに容疑者1人が映っていたとされるが、身元は明らかでない。

仏警察はサンドニの作戦で警官が負傷したかどうかについてコメントを避けた。

現場では複数回の爆発が起きたとされるが、警察当局によるものなのかは確認されていない。


サミットへ「テロ対策強化を」=鈴木三重県知事
時事通信 11月18日(水)16時33分配信

 岸田文雄外相は18日午後、外務省で鈴木英敬三重県知事と面会し、パリで発生した同時テロ事件を踏まえ、来年の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)でのテロ対策に万全を期す考えを示した。
 鈴木知事は面会後、記者団に「今回、劇場やレストランなど市民が日常集う場所で(テロが)起きた。そういう部分の対策を強化してほしい」と語った。


<フランス>パリ近郊銃撃戦1時間 2人死亡3人逮捕
毎日新聞 11月18日(水)16時26分配信

70
容疑者が立てこもっているとみられる建物(写真奥)を取り囲む治安部隊=2015年11月18日、中西啓介撮影

 【パリ賀有勇】パリで起きた同時多発テロに関連して、フランス治安当局は18日早朝(日本時間同日午後)、パリ近郊サンドニに潜伏中とみられる容疑者の拠点に踏み込んだ。AP通信によると、治安部隊と容疑者グループの間で銃撃戦となったほか、最低7回の爆発が起き、少なくとも2人が死亡、3人が逮捕された。

 作戦は今回のテロの首謀者とみられるモロッコ系ベルギー人、アブデルハミド・アバウド容疑者(27)の拘束を狙ったという。同容疑者はシリアからテロを指令していたとみられていた。

 AP通信は近くの住民らの情報に基づき、何度も爆発が起きた後、1時間近く銃撃戦が続いたと報じた。容疑者グループのうち女が自爆したほか、治安部隊側でも2人の負傷者が出たと伝えられている。


テロ容疑者か、2人死亡=女が自爆、7人確保―「首謀格」狙い拘束作戦・パリ郊外
時事通信 11月18日(水)16時19分配信

 【パリ時事】フランス警察は18日午前4時20分(日本時間午後0時20分)ごろ、パリ郊外サンドニの集合住宅で潜伏していた同時テロ容疑者の拘束作戦を実施した。
 女1人が自爆するなど容疑者側の2人が死亡、7人が身柄を拘束され、約7時間後に終了した。警察筋は首謀者とされるアブデルハミド・アバウド容疑者の身柄確保が作戦の目的だったと説明した。
 女はアバウド容疑者のいとことみられ、死亡時に自爆ベストを起動させた。容疑者グループと警察特殊部隊の銃撃戦で、警官側にも3人の負傷者が出た。アバウド容疑者は当局の警戒対象で、過去にシリアに滞在していたことが確認されている。作戦には特殊部隊110人が参加した。
 仏検察はメディアに、押収物の分析などを通じて「アバウド容疑者がアパートにいる可能性が高まった」ため作戦を実行したと説明した。ただ拘束者の中に同容疑者はいないとの報道がある。
 潜伏現場は、容疑者とは無関係とみられる30代の一般男性が住む部屋で、容疑者グループは知人を介してこの男性宅での滞在を依頼したという。作戦開始に当たり、男性は地元テレビの取材に「ベルギーから来た男2人を短期間泊めてくれと頼まれただけだった。親切心があだになった」と語った後、警察に伴われ現場を立ち去った。
 作戦が始まった時、拘束された7人のうち男3人はこの男性宅に滞在していた。これ以外の2人は部屋を貸した男性とその知人女性で、残る2人が事件の容疑者かは不明。
 作戦が行われたサンドニには、同時テロで容疑者3人が自爆した競技場がある。事件ではアバウド容疑者のほか、実行犯が少なくとも8人いたことが分かっており、このうちサラ・アブデスラム容疑者は逃亡中とされていた。さらに「9人目」の共犯者も浮上していた。
 仏政府は18日、同時テロの犠牲者129人の身元確認が終了したと発表した。在仏日本大使館によると、この中に邦人は含まれていない。オランド大統領は作戦後の演説で「テロでは将来ある全ての若者が狙われた」と述べ、治安対策に万全を期す意向を強調した。


【パリ連続襲撃】郊外で警察が強制捜査 容疑者1人が自爆
BBC News 11月18日(水)16時16分配信

69

【パリ連続襲撃】郊外で警察が強制捜査 容疑者1人が自爆
<ビデオ>強制捜査の現場近くでは爆発音や銃声が鳴り響いた

パリの北郊サンドニで、パリ連続襲撃事件に関連した強制捜査が18日未明に行われ、捜査が入ったアパート付近では爆発や銃声が鳴り響いた。

検察によると、容疑者の女性1人が自爆し死亡。2人死亡したとの一部報道もある。また、5人が拘束されている。

当局は連続襲撃事件の主犯格とされるベルギー国籍のアブデルハミド・アバウド容疑者(27)の拘束を目指していた。

連続襲撃事件で自爆攻撃があった「スタッド・ド・フランス」競技場と同じ地区にあるレピュブリック通り付近の道が封鎖された。

武装警官に加えて、多数の兵士も現場に派遣されている。複数の警官が負傷していると報じられている。

付近の住民のベンソン・オイさんはBBCの取材に対し、「銃声が花火みたいにずっと聞こえている」と語った。

目撃者のひとり、アミン・グイザニさんはAP通信に、「一時間にわたって銃撃が続いた。ノンストップで。手りゅう弾も。それから止んだり、また始まったりだ」と語った。

検察の発表によると、強制捜査は午前4時20分(日本時間午後12時20分)に始まった。捜査が始まって間もなく、アパートにいた女性が自爆死し、3人が拘束された。またアパートの近くで男女2人が拘束された。

アパートには依然として1人が立てこもっているとの未確認情報がある。

サンドニのステファン・ピュ副地区長は、「これは新たな攻撃でない。警察の作戦行動だ」と述べ、住民に対して屋内に留まるよう求めた。

<英語ビデオ>警察は容疑者が使ったとみられるホテルの部屋などを捜索した。

これに先立ち、仏治安当局は襲撃犯の9人目の容疑者と疑われる人物が監視カメラにとらえられていたことを明らかにしている。

襲撃では、129人が死亡したほか400人以上が負傷し、うち221人が依然として入院中で、57人が集中ケアを受けている。

欧州各国では厳戒態勢がしかれている。17日夜にはドイツのハノーバーで予定されていたドイツ対オランダの親善試合が開始直前に中止された。ハノーバー市の警察は、競技場への爆破攻撃の「具体的な」情報があったためだとしている。

鉄道のハノーバー駅でも、不審物が見つかったことから一部が閉鎖された。

また同日夜に、パリから米国に向かったエールフランス2便が爆破予告などを受け、カナダのハリファクスと米ユタ州のソルトレークシティーに緊急着陸した。2機は無事着陸し乗客などにけがはなかった。


パリ北郊のサンドニで発砲、警察が同時テロ容疑者を包囲
Bloomberg 11月18日(水)16時15分配信

  (ブルームバーグ):フランス警察当局は18日、先週の同時テロ事件に関連する作戦をパリ北郊サンドニで展開、作戦中に発砲があった。

警察当局によると、サンドニのサンドニ・バジリク地区にある住居を急襲。ルモンド紙によれば、作戦中に2人が死亡した。AFPは同作戦ではアパートに立てこもる武装グループを標的にしていると伝えた。グループには13日のパリ同時テロの首謀者とみられるアブデルハミド・アバウド容疑者が含まれているという。RTLによれば、警察官少なくとも3人が負傷した。

ラジオ局フランス・アンフォによれば、アパートに立てこもっているのは5人の男で、周辺住民は外に出ず、明かりを消すよう要請されている。サンドニのディディエ・パイヤール市長はラジオ局フランス・アンフォに対し、同地域の上空をヘリコプターが旋回しており、散発的に銃声が聞かれていると語った。地域一帯は交通止めとなっている。AFPによれば、サンドニの学校は18日休校となる。

13日パリの7カ所で同時発生したテロ事件では129人が死亡、300人以上が負傷した。フランス当局はこれまでに、国内全土に捜査網を敷き、数百カ所で住居を捜索した

テロの実行犯や共犯者とみられる複数の容疑者がベルギーとドイツで逮捕された。仏当局はテロを過激派組織「イスラム国」の犯行と非難しているが、バルス首相は17日、事件の全貌は明らかになっておらず、犯行に関与した人数もまだ不明だと述べた。

フランスはシリア内のイスラム国拠点の空爆も行い、ラッカにある司令部と訓練施 設を破壊した。

原題:Shots Fired as Police Pin Down Terror Suspects in Paris
Flat (1)(抜粋)

記事に関する記者への問い合わせ先:パリ Vidya Root ;パリ Geraldine Amiel ,vroot@bloomberg.net,gamiel@bloomberg.net

記事についてのエディターへの問い合わせ先:
Vidya Root
Lars Klemming, Frank Connelly ,vroot@bloomberg.net


パリ同時多発テロ パリ郊外の銃撃戦で女1人が自爆
産経新聞 11月18日(水)16時6分配信

 【パリ=宮下日出男】パリ同時多発テロ事件に絡み、パリ北部のサンドニで起きた警察などによる銃撃戦で、死者が2人出たと現地メディアが伝えた。このうち1人は女で自爆したという。

 またAP通信によると、銃撃戦の現場近くで、少なくとも7回の爆発音がしたという。


フランス警察:パリ郊外の作戦で3人殺害、3人拘束-LCIテレビ
Bloomberg 11月18日(水)15時56分配信

  (ブルームバーグ):フランス警察は先週のパリ同時テロ事件に関連した作戦をパリ北郊で実施し、容疑者3人を殺害し3人を拘束したと、LCIテレビが報じた。

原題:Police Kill Three, Arrest Three in Paris Suburb Raid, LCI
TV(抜粋)

記事に関する記者への問い合わせ先:パリ Vidya Root ,vroot@bloomberg.net

記事についてのエディターへの問い合わせ先:
Vidya Root ,vroot@bloomberg.net


パリ近郊、銃撃戦7人拘束…テロ首謀者の捜索中
読売新聞 11月18日(水)15時56分配信

68
パリ近郊サンドニで、建物を包囲する警察官ら(18日午前11時13分)=松本剛撮影

 【パリ=本間圭一】フランスの警察当局は18日未明(日本時間同日午後)、パリ同時テロの首謀者とされるアブデルハミド・アバウド容疑者が潜伏しているとの情報に基づき、パリ近郊サンドニのアパートを強制捜索した。

 警察の対テロ部隊とアパートにいたとみられる数人との間で銃撃戦となり、容疑者側の男女2人が死亡、7人が身柄を拘束された。カズヌーブ内相は同日、今回の捜査対象となったグループが、新たな場所を標的にテロを計画していた可能性があると明らかにした。

 当局によると、この捜索は、シリアにいるとされたアバウド容疑者のパリでの潜伏先に踏み込む目的で行われた作戦という。現場はサンドニ中心部で、同時テロで襲撃されたスタジアムに近い。

 当局は、これまで判明した同時テロの実行犯8人のほかに、監視カメラの映像解析などから、別のメンバーがいたとみて捜査。電話の通信記録などから、アバウド容疑者が、武装したメンバーと一緒にこのアパートにいるとみて、慎重に調べていた。仏国営テレビ「フランス2」は当局筋の話として、アパートにいたグループが空港やビジネス街を標的にテロを計画しており、実行の時期が迫っていたと伝えた。

 カズヌーブ内相らによると、作戦は18日午前4時20分頃に始まり、当局の対テロ部隊ら約110人が投入され、同11時半頃に終了した。部隊がアパートに入った際、男1人が殺害され、女1人が自爆し、警官5人が負傷した。拘束した7人のうち、3人がアパート内にいた。自爆した女は、このアパートを借り、アバウド容疑者をかくまっていたとの情報もある。


パリ同時多発テロ パリ郊外で銃撃戦 警察官数人負傷 主犯格を捜査中?
産経新聞 11月18日(水)15時35分配信

 【パリ=宮下日出男】パリで起きた同時多発テロ事件に絡み、警察当局が関係先を捜索していたパリ北部のサンドニで18日未明、銃撃戦が発生した。米CNNや現地メディアが報じた。警察官数人が撃たれて負傷したという。

 銃撃戦が発生した現場は、13日夜に3回の自爆テロが起きた国立競技場「スタッド・ド・フランス」のあるサンドニの市街地。英紙ガーディアンによると、18日午前4時半から激しい銃撃戦が始まり、少なくとも90分間続いた。2、3人の男がアパートに立てこもり、警官に向けて発砲した。目撃者はCNNに、複数の銃声が聞こえたと語った。

 ロイター通信は、同時多発テロ事件の主犯格とされるベルギー国籍のアブデルハミド・アバウド容疑者(27)の関係先を捜索中に銃撃戦が起きたと伝えた。

 パリ周辺では、13日の同時多発テロ以来、警察などによるテロに関連した捜索が続いている。


パリ連続襲撃、情報機関の失態と懸念
AFP=時事 11月18日(水)15時31分配信

67
仏パリ連続襲撃事件の現場の一つ、パリ10区アリベール通りのカンボジア料理店とカフェ付近に残る銃痕(2015年11月14日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】フランスの首都パリ(Paris)で13日夜に起き、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が犯行声明を出した連続襲撃事件では、凶行を阻止できなかった同国の情報機関に再び厳しい視線が向けられている。

犯行声明の主、シリアの仏人過激派と特定 パリ襲撃

 特に大きな懸念とされるのは、事件現場の一つとなったコンサートホール「バタクラン(Bataclan)」を襲撃後、自爆した実行犯の一人、サミ・アミムール(Samy Amimour)容疑者(28)の行動を当局が阻止できなかったことだ。

 仏国籍のアミムール容疑者は、イエメン渡航計画が発覚して2012年に保護観察処分になったにもかかわらず、その1年後にシリア行きを果たし、国際指名手配されていた。それでも当局は、アミムール容疑者がひそかにフランスに帰国し、襲撃事件に加わることを防げなかった。

 情報機関は、コンサートホールで自爆した別の実行犯、オマル・イスマイル・モステファイ(Omar Ismail Mostefai)容疑者(29)についても非難を浴びている。

 モステファイ容疑者は2010年からマークされ、仏当局の要注意人物リスト「Sファイル」に過激派として掲載されていた。また、トルコ政府筋が明らかにしたところによれば、トルコはモステファイ容疑者が脅威となる可能性を昨年12月と今年1月の2度にわたり、フランスに警告したが「フランス側からは何の反応もなかった」という。モステファイ容疑者は13年にトルコに入国しているが、これはシリアへ渡航する途上だった可能性がある。

 仏情報機関、対外治安総局(DGSE)のアラン・シュエ(Alain Chouet)元情報部長は「(欧州の)シェンゲン(Schengen)圏の境界管理に問題がある。大きな問題だ」という。シュエ氏は、アミムール容疑者の帰国が「危険信号の引き金になるべきだった。しかし、彼らはシェンゲン圏を出入りする方法を非常によく分かっており、しかも何度も実践している」と語る。

 また欧州の安全保障にとって、ベルギーも大きな問題となっている。実行犯のうち数人はベルギーの現地警察によって把握されていたにもかかわらず、その動きはほとんど追跡されていなかった。仏警察の幹部筋は16日、「ベルギーから警告がなければ、我々には何もできない」と弁解した。

■潜在的過激主義者の完全追跡は不可能

 こうした批判の声が上がる一方で、専門家は、監視対象の規模があまりに大きく、完全な追跡を不可能にしているという。

 イスラム過激派に加わるためにシリアやイラクへ渡航している国民が最も多いのはフランスだ。公式統計によれば、シリアやイラクでISに合流しているとみられるフランス人の数は500人を超える。また帰国した者が250人、これから渡航を希望している者が約750人いるといわれる。過激主義者になる恐れがあるとして「Sファイル」に登録されている人物は1万人を超える。

 フランスは今夏、新たな法的枠組みを設けて警察に、裁判所の令状なしに電話の盗聴や通信傍受ができる広範囲な権限を与えた。だが、1月に風刺週刊紙シャルリー・エブド(Charlie Hebdo)本社襲撃事件を引き起こしたクアシ(Kouachi)兄弟の例と同様、「問題は潜在的なテロリストを特定することではなく、彼らが分析・評価のための情報源を持っていることだ」と、米調査会社IHS系のIHSカントリー・リスク(IHS Country Risk)のアナリスト、キット・ニコル(Kit Nicholl)氏は話す。「おそらく外国で訓練を受けた者たちは、通信を一切回避するなり、情報機関が先回りできないようなペースで進化する最新の暗号技術を使うなりして、監視を迂回する方法を分かっている」という。

 DGSEの元職員は匿名で取材に応じ、今回のパリ連続襲撃事件には三つの可能性があると話す。「まず、もしもそうならば大いに懸念されることだが、誰も何も見ていなかった可能性。あるいは、我々は目にはしていたが、目にしたものを理解できなかった可能性。これも問題だ。あるいは我々は見ていて、さまざまな手立てを打ったにもかかわらず攻撃を許してしまった可能性だ」。つまり「情報活動か、情報の分析か、さもなくば治安部門の指揮系統のどれかに問題があるということだ」

 元職員はまた襲撃の「準備が行われたのがベルギーだったという事実も、問題をいっそう難しくした」という。「人口比でシリアに渡る人間の割合が最も多いのはベルギーなのに、ベルギー当局は役割を果たせていないと言わざるを得ない。襲撃事件の実行犯の多くはブリュッセル(Brussels)で知られていた人物だ」「誰かがしくじったのだ」

 しかし、対テロ機関の職員たちは、限られたリソースで監視対象人物の優先順位をつけるという困難な選択を迫られている。「それを考えると夜、眠れなくなる」と、フランスの対テロ機関のある幹部は今回の事件の前に行ったインタビューで語っていた。「監視対象リストの中で、どうすれば正しい位置に正しい名前を挙げることができるか。厳正な科学からはまったく遠い仕事だ」

 最終的な矛先が治安機関に向かうべきではないという意見もある。シュエ氏は「明らかに襲撃事件が起こり、問題があったということだ。だが、森林火災を消防隊のせいにはできないだろう」と語った。【翻訳編集】 AFPBB News


相次ぐ計画、摘発追い付かず=監視対象拡大の一途―仏テロ
時事通信 11月18日(水)15時12分配信

 【パリ時事】フランス当局はコンサート会場を狙ったテロの可能性を把握していながら、バタクラン劇場を含む13日のパリ同時テロを阻止できなかった。
 背景には、潜在的テロリストが増え、監視対象が拡大の一途をたどってきたという事情がある。摘発しても、またどこかでテロ計画が生まれる「いたちごっこ」に当局は追い付けなくなっている。
 仏メディアによれば、シリアとイラクで過激派組織「イスラム国」に参加する仏国籍の戦闘員は571人に上り、これとは別に247人が既に帰国したとみられる。過激思想は一部の若者らに広がり、国内で監視を要する人物は約1万1000人に増加した。
 国家警察総合情報局のポション元治安部長は、当局の手が回らず、「長期間の監視は困難」と述べ、テロを完全に抑止し切れない現状を示唆した。
 当局は今年、国内で拘束した過激派メンバーから大規模テロ計画を聞き出し、今回のテロの首謀者とされるアブデルハミド・アバウド容疑者に目を付けてはいた。
 捜査当局の元高官トレビディック氏は同時テロ発生前の10月、地元誌に「最悪の事態はこれから。『イスラム国』は仏国内で大量殺害を準備中だ」と強調。深刻な懸念は関係当局間で共有されていた。
 だが、対テロ部門当局者は「テロの可能性の把握と具体的な場所の特定には大きな開きがある」と指摘。別の捜査官は、アバウド容疑者と実行犯の関係までは突き止められていなかったと述べ、テロ実行の拠点となったベルギーの当局との連携不足を認めた。

« ホンダジェット、FAAの型式証明まもなく取得 | トップページ | フランス・パリで多発テロ、129人が死亡・25 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

社会・事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/62712665

この記事へのトラックバック一覧です: フランス・パリで多発テロ、129人が死亡・24:

« ホンダジェット、FAAの型式証明まもなく取得 | トップページ | フランス・パリで多発テロ、129人が死亡・25 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30