« フランス・パリで多発テロ、120人以上死亡・9 | トップページ | フランス・パリで多発テロ、129人が死亡・11 »

2015年11月15日 (日)

フランス・パリで多発テロ、120人以上死亡・10

フランスの首都パリで13日夜(日本時間14日未明)、飲食店や劇場、サッカー競技場など複数の地点で、銃撃や爆発などがおきた。劇場では観客らが人質になったと伝えられる。オランド仏大統領は同夜、テレビ演説で「前例のないテロが起きた」と断定し、国内に非常事態を宣言した。

少なくとも120人が死亡した。AP通信がフランス治安当局の話として伝えた。

ロイター通信などによると、週末を過ごす客でにぎわう13日夜、パリ10区のレストランと近くの劇場で銃撃が起きた。目撃者の証言では、劇場内で60人程度の観客らが人質になった。劇場内からは、散発的な銃声が聞こえているという。

また、ドイツとフランスの親善試合が行われたサッカー競技場では、少なくとも2回の爆発が起きた。自爆テロとみられており、犯人とみられる2人を含む35人程度が死亡したもよう。

オランド大統領は、「われわれは結束し、断固戦う」と国民に訴えた。非常事態の宣言にともない、フランスと周辺国の国境が閉鎖された。

フランス国内では、今年1月、イスラム過激派により週刊紙本社が銃撃されるテロ事件が起き、計17人が死亡した。

オバマ米大統領は、ホワイトハウスで記者団に対し、「民間人を恐怖に陥れる非道な企てだ」と強く非難した。

※以上、産經新聞の報道による。

4番目の記事
5番目の記事
6番目の記事
7番目の記事
8番目の記事
9番目の記事

リンク:「イスラム国」への空爆強化へ=パリ同時テロ受け―米高官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:パリ同時テロ受け声明発表へ=米大統領「努力倍増させる」―G20首脳会議開幕 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:COP21成功に向け協力=首脳宣言で表明へ―G20 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<パリ同時多発テロ>実行犯に仏国籍ベルギー在住者の報道 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<パリ同時多発テロ>EU20日に緊急内相会議 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「仏政府、国民と連帯」=G20で安倍首相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:新たにフランス人実行犯判明=パリ同時テロ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:世界各地の建物、赤白青に=反テロ、仏に連帯 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:国内各地で追悼集会「野蛮な行為、二度と…」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安倍首相、仏外相に支援表明=対テロ「強いメッセージを」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:103人の身元確認=仏首相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<パリ同時多発テロ>3チームに分かれ襲撃 3人ベルギー人 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<米大統領>対IS政策への批判再燃の中、トルコのG20 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:COP21の延期要請へ=前仏大統領 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:東京タワーが仏国旗色に - 速報:@niftyニュース.
リンク:<パリ同時多発テロ>渋谷駅前でも追悼…フランス国歌ささげ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<パリ同時多発テロ>スポーツ界にも波紋 中止や手荷物検査 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米大統領選 民主党3候補が討論会 パリ同時多発テロめぐり議論 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<パリ同時多発テロ>悲しみと怒りと…ろうそく手向ける人々 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:東京タワー・スカイツリーもトリコロールに パリのテロ事件受け追悼 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:パリ同時多発テロ 3部隊に分かれた組織的犯行 実行犯7人は全員死亡 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中露などBRICS首脳会議、同時テロ非難声明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<G20首脳会議>トルコで開幕 テロ対策、世界経済を議論 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:観光名所、旅行者まばら=パリ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<パリ同時多発テロ>京都の総領事館 献花や記帳に市民大勢 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:非常事態宣言のパリ、旅行者「街全体が寂しい」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<パリ同時多発テロ>東京の大使公邸で追悼3000人 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<G20>テロ事件頻発のトルコ 厳重な警備態勢 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:観光名所、旅行者まばら=同時テロ後最初の日曜―パリ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「断固として非難」官房長官と外相、犠牲者弔問 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:駐日仏大使公邸で追悼集会 - 速報:@niftyニュース.
リンク:パリ同時多発テロ 修学旅行中の作新学院高で保護者説明会 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:弾痕に供えられた花 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:テロの現場で悲しみに暮れる人々 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

「イスラム国」への空爆強化へ=パリ同時テロ受け―米高官
時事通信 11月16日(月)0時59分配信

 【アンタルヤ時事】ローズ米大統領副補佐官(戦略広報担当)は15日、米NBCテレビなどに対し、パリ同時テロを受け、フランスと協力して今後、過激派組織「イスラム国」への空爆作戦を強化していくと明言した。
 また、フランスとテロに関する情報共有も強めると述べた。
 ロイター通信によると、ローズ氏はこの中で「テロリストに安全な避難場所はない」と強調。トルコで開催されている20カ国・地域(G20)首脳会議の機会を利用し、「イスラム国」を打倒する有志連合からの「さらなる貢献」を模索すると語った。


パリ同時テロ受け声明発表へ=米大統領「努力倍増させる」―G20首脳会議開幕
時事通信 11月16日(月)0時51分配信

 【アンタルヤ(トルコ)時事】日米欧に新興国を加えた20カ国・地域(G20)首脳会議が15日、トルコ南西部アンタルヤで開幕した。
 世界経済の持続的な成長への取り組みに加え、対テロ戦、シリア難民問題などを主要テーマに据える。首脳らは129人が犠牲になったパリ同時テロを非難し、フランスとの強い連帯を示す強力な声明を出す見通しだ。
 日本からは安倍晋三首相が出席している。
 議長を務めるトルコのエルドアン大統領は開幕に先立ち、オバマ米大統領と会談。その後、記者団に対し「われわれは組織化されたテロ活動と対決している」と危機感をあらわにした。オバマ氏も「実行犯に裁きを下す。(内戦が続く)シリアの政権移行と世界中で人々を苦しめる過激派組織『イスラム国』の壊滅に向けた努力を倍増させる」と強調した。
 首脳らは全体会合の冒頭、パリとアンカラで起きたテロの犠牲者に黙とうをささげた。米ホワイトハウスによると、オバマ大統領とプーチン・ロシア大統領は非公式に約35分間会談し、シリア危機の打開策をめぐり意見交換した。
 首脳らは15日の夕食会で、欧州に殺到する難民の根源である「シリア危機」への対応を話し合う。今回のテロ事件で、難民にテロ犯が紛れ込んでいたとの見方も浮上していることから、難民の受け入れとテロ対策に改めて焦点が当てられる可能性がある。
 ホワイトハウスによると、オバマ大統領は16日、英仏独伊首脳らとの5カ国会談を主宰し、「イスラム国」の打倒を目指す有志連合の結束の強化を訴える。
 シリア内戦の打開策をめぐっては、米ロ欧や中東諸国などが14日、ウィーンでの外相級会合で、シリアのアサド政権と反体制派が停戦交渉を開始し、半年以内に移行政権を設置することなどで合意。G20でもこうした外交解決の動きを後押しするとみられる。
 G20首脳会議は15日、開幕式典後の昼食会で開発と気候変動を討議。その後、世界経済をテーマに議論した。


COP21成功に向け協力=首脳宣言で表明へ―G20
時事通信 11月16日(月)0時16分配信

 【アンタルヤ(トルコ)時事】15日午後にトルコのアンタルヤで開幕した20カ国・地域(G20)首脳会議では、地球温暖化など気候変動問題も議論した。
 温室効果ガスの排出削減の新たな国際的枠組み作りを目指す「国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議」(COP21)の成功に向け協力することで一致した。16日に採択される首脳宣言に反映する。
 COP21が開催されるパリでは同時テロが発生したばかりで、首脳からは「このような時だからこそ成功をもたらそう」との表明が相次いだ。安倍晋三首相は「日本は合意形成のために建設的に関与していく。この場の全ての首脳と連携したい」と強調した。


<パリ同時多発テロ>実行犯に仏国籍ベルギー在住者の報道
毎日新聞 11月16日(月)0時5分配信

 【パリ矢野純一、ブリュッセル斎藤義彦】過激派組織「イスラム国」(IS)が関与したとみられるパリ同時多発テロで、フランス検察当局は14日夜、一連の襲撃は3チームに分かれ、組織的に行われていたことを明らかにした。死亡した実行犯は当初8人と伝えられていたが、7人と説明した。パリ東郊では事件に使われたとみられる車が乗り捨てられており、他にも逃走した実行犯や支援者がいる可能性がある。ベルギーメディアは、死亡した実行犯のうち2人は直前までベルギーに住んでいたフランス人と報じた。事件は複数の国にまたがる混成部隊が、周到に準備した大がかりな犯行との見方が強まっている。

 捜査を指揮する仏検察当局のモランス検事は14日に記者会見し、犠牲者は129人に上り、さらに増えるとした。負傷者は352人という。事件はほぼ同時刻に発生しており、いずれの事件でもTATP(過酸化アセトン)と呼ばれる爆薬や自動小銃カラシニコフが使われていることから、組織的な犯行とみられる。

 監視カメラや目撃情報などから実行犯は3チームに分かれ、競技場やバー、劇場を襲撃したことが判明した。犯行グループは、パリ近郊サンドニの競技場周辺(市民1人死亡)▽パリ中心部のレストランやバーなど4カ所(同39人死亡)▽パリ中心部の劇場(同89人死亡)--に分散。13日午後9時20分(日本時間14日午前5時20分)の競技場を皮切りに、わずか33分の間に計6カ所を襲撃した。競技場では3人が自爆。劇場では2人が自爆したほか、1人が治安当局に射殺された。バーを襲撃したとみられる男1人はさらに南東のカフェバーで自爆した。

 レストランやバーなど4カ所の襲撃では、カラシニコフから銃弾約100発ずつが発砲されていた。うち3カ所では同じ黒の乗用車が使われており、パリ東郊で乗り捨てられていた。

 劇場の襲撃犯3人のうち自爆した一人はパリ南郊の29歳の男で、犯罪歴がありイスラム過激派への関与が疑われて監視対象になっていた。地元メディアによると、男はイスマエル・モスタフェ容疑者で2010年ごろから過激思想に染まったとみられる。13年にトルコへの渡航歴があり、14年にシリアへ入国した可能性があるという。

 事件には少なくとも2台の車が使われたとみられる。ベルギーの捜査当局や報道によると、パリ東郊に乗り捨てられていた車と劇場前に残されていた車は、ともにブリュッセル郊外に住む兄弟が知人から借りたものだった。この兄弟は、もう1人の人物と3人で14日朝にフランスからベルギーに入った地点で拘束された。兄弟のうち1人はシリアで戦闘に参加していた可能性があるという。ベルギー捜査当局はこの兄弟や車の所有者ら計7人を逮捕した。


<パリ同時多発テロ>EU20日に緊急内相会議
毎日新聞 11月15日(日)23時51分配信

 【ブリュッセル斎藤義彦】パリの同時多発テロを受け、欧州連合(EU)は20日、ブリュッセルで緊急の内相会議を開く。フランスと議長国ルクセンブルクが呼びかけて開催が決まった。内相会議は難民問題にも対応しており、会議では難民とテロとの関係も東欧などから問題提起される可能性がある。

 会議はテロを受けて「フランスとの連帯」を示し、「野蛮な行為とテロに対抗」するための対策を協議する。テロはフランスだけでなく、ベルギーやドイツなどでの活動が関係している可能性もあり、各国のテロ対策の連携を強める。一方、テロの実行犯が難民としてギリシャなどで滞在登録申請していたとの情報もあり、東欧や保守色の強い国からは、厳しい難民対策を求める声が上がりそうだ。


「仏政府、国民と連帯」=G20で安倍首相
時事通信 11月15日(日)23時48分配信

 【アンタルヤ時事】安倍晋三首相は15日午後(日本時間同日夜)、20カ国・地域(G20)首脳会議の昼食会で発言し、パリで発生した同時テロ事件について「強い衝撃と怒りを覚える。日本政府、国民を代表し、哀悼の意を表する」と表明した。
 また、「オランド大統領はじめフランス政府、国民に連帯の意を表明する」と語った。


新たにフランス人実行犯判明=パリ同時テロ
時事通信 11月15日(日)23時13分配信

 【パリ時事】ベルギーの公共放送局RTBFによると、ベルギー検察当局は15日、パリ同時テロの実行犯のうち2人について、ベルギー在住のフランス人だと明らかにした。
 首都ブリュッセルと近郊のモレンベーク地区に住んでいたとしている。


世界各地の建物、赤白青に=反テロ、仏に連帯
時事通信 11月15日(日)23時12分配信

 【パリAFP=時事】13日のパリ同時テロを受け、フランス国民への連帯を示すためニューヨークをはじめ世界各地の建物が赤白青の仏国旗の色でライトアップされている。
 米首都ワシントンの公園では14日、集まった人々を前にジェラール・アロー駐米仏大使が「人種、宗教、民族に関係なく誰もが一緒に暮らせることがフランスの意志だ」と訴え、謝意を表明した。
 アイルランドの首都ダブリンでも14日、仏国旗を身に着け、仏国歌を歌う6000人が行進した。ロンドン中心部の広場では約2000人が徹夜で追悼を続けた。仏系住民が多いカナダ西部モントリオールでは「みんながパリ市民」と唱える約1000人が仏領事館前に集まった。


国内各地で追悼集会「野蛮な行為、二度と…」
読売新聞 11月15日(日)23時8分配信

455
フランス大使館前で犠牲者を悼む女性(15日午後5時45分、東京都港区で)=川崎公太撮影

 パリ同時テロから1日たった15日、国内各地で追悼集会が行われた。

 フランスから帰国した旅行者らは「もしかしたら自分も巻き込まれていたかもしれない」と惨劇を振り返った。

 ■追悼

 東京都港区のフランス大使館では、在日フランス人やその家族ら約3000人が集まり、追悼式典が行われた。

 式典では、ティエリー・ダナ駐日フランス大使が「私たちは民主主義を大切にしながら、野蛮な行為が繰り返されないように努力していかなければならない」と述べ、出席者全員でフランス国歌を斉唱。会場には献花台が設けられ、出席者は犠牲者に追悼の祈りをささげた。

 京都市左京区のフランス総領事館が入る施設でも追悼集会が行われた。シャルランリ・ブロソー総領事や在日フランス人ら約70人が参加。京都市の会社員マルグリット・パジェさん(41)は、テロで犠牲になった友人の男性の遺影を献花が並ぶ記帳台に立て掛けた。パジェさんは「友人には2人の子どもがいて、優しくユーモアがある人だった。事件後、友人の妻は夫の写真を手に病院を捜し回ったと聞いた。本当にショックだ」と肩を落とした。


安倍首相、仏外相に支援表明=対テロ「強いメッセージを」
時事通信 11月15日(日)23時5分配信

 【アンタルヤ時事】安倍晋三首相は15日午後(日本時間同日夜)、20カ国・地域(G20)首脳会議の昼食会でフランスのファビウス外相と短時間会談した。
 首相はパリで発生した同時テロ事件の犠牲者に対する弔意を伝え、「フランスは非常に困難な時期にあるが、日本ができることは何でもする」と支援を表明。「国際社会の問題として強いメッセージを出すことが重要だ」と述べた。
 ファビウス外相は謝意を示し、「国際社会と連携して対応する。G20での強いメッセージに期待する」と語った。


103人の身元確認=仏首相
時事通信 11月15日(日)22時44分配信

 【パリ時事】フランスのバルス首相は15日、パリ同時テロで犠牲となった129人のうち、「103人の身元を特定できた」と発表した。

 残りの身元についても同日中に確認できる見通しという。仏メディアが報じた。
 在仏日本大使館によると、犠牲者に日本人が含まれているとの情報はない。犠牲者には、ベルギーやチュニジアなどの外国人も含まれていたことが分かっている。


<パリ同時多発テロ>3チームに分かれ襲撃 3人ベルギー人
毎日新聞 11月15日(日)22時40分配信

454
バーに撃ち込まれた銃弾の痕に訪れた人がカーネーションの花を供えていた。向かいにあるカンボジア料理店では多数の犠牲者が出ている=パリで2015年11月15日、中西啓介撮影

 【パリ矢野純一、ブリュッセル斎藤義彦】過激派組織「イスラム国」(IS)が関与したとみられるパリ同時多発テロに絡み、ギリシャ政府は14日夜、パリ近郊の競技場で自爆した実行犯の一人がトルコからギリシャに入国したシリア難民の可能性があると明らかにした。フランス検察当局は、この実行犯の遺体の近くからシリアのパスポートが見つかったと発表していた。検察当局はまた、実行犯が3チームに分かれて襲撃を行ったことを明らかにし、事件は複数の国にまたがる大がかりな犯行であるとの見方を示した。

 同時多発テロの捜査を指揮する仏検察当局のモランス検事は14日に記者会見し、競技場で自爆した実行犯3人のうちの一人の近くで、1990年9月生まれと記されたシリアのパスポートがあったことを確認。実行犯が所持していたものかを調べているとした。

 複数の欧州メディアは、ギリシャ政府当局者の話として、このパスポートの所有者は10月3日、エーゲ海に浮かぶレロス島で滞在登録を行い、マケドニアに向かったと報じた。セルビアのメディアは、この人物が10月7日に滞在登録し、セルビアを通過したと報じた。また、競技場の別の実行犯の脇にはエジプトのパスポートがあったという。

 一方、米CBSテレビは米情報当局者の話として競技場で見つかったシリアのパスポートについて「偽物の可能性がある」と伝えた。このパスポートには、本物で使用されるはずの正しい番号が含まれていないことや、顔写真と名前が一致しないことを挙げている。仏当局はギリシャなどで採取している指紋と照合し、慎重に人定を進めている。

 仏検察当局によると、テロによる犠牲者は129人に上った。当初は8人とみられていた実行犯は7人と明らかにし、いずれも死亡したという。監視カメラや目撃情報などから3チームに分かれ、競技場やバー、劇場を襲撃したことが判明。自爆に使った爆弾にはTATP(過酸化アセトン)と呼ばれる爆薬が使われ、自動小銃カラシニコフで武装していた。

 劇場の襲撃犯3人のうち自爆した一人はパリ南郊の29歳の男で、犯罪歴がありイスラム過激派への関与が疑われて監視対象になっていた。地元メディアによると、男はイスマエル・モスタフェ容疑者で2010年ごろから過激化した。また、パリ東郊で15日朝、実行犯が乗り捨てたとみられる車内からカラシニコフが見つかった。

 ベルギー捜査当局や報道によると、死亡した実行犯のうち3人がベルギー人で、事件へ関与した疑いがあるとして5人を逮捕。犯行に使われたと見られる車が劇場近くで発見された。この車はベルギー在住のフランス人が長期貸与していたものだった。ベルギー当局はこのフランス人とは別の4人を逮捕。うち1人は事件があった13日夜にパリにいたという。


<米大統領>対IS政策への批判再燃の中、トルコのG20
毎日新聞 11月15日(日)22時23分配信

 【ワシントン和田浩明】オバマ米大統領は15日、中東・アジア3カ国歴訪の最初の訪問先トルコ南西部アンタルヤに到着し、主要20カ国・地域(G20)首脳会議に出席した。直前にISが実行したとされるパリ同時多発テロが起きただけに、米主導の対IS戦略の有効性が問われることになりそうだ。

 ホワイトハウスによると、オバマ氏は15日の出発前に国家安全保障会議を招集し、パリのテロ事件などへの対応を協議した。米国への具体的なテロの脅威は確認されていないが、国内の保安体制について再検討した。

 テロ事件を受け、カーター米国防長官が14日にルドリアン仏国防相と今後の対応で電話協議しており、連携して行っているシリアでの対IS空爆作戦が強化される可能性もある。

 オバマ氏は事件当日の13日に放映された米ABCテレビのインタビューで、ISについて「抑え込んでいる」と発言した。昨年夏にISがイラクやシリアで爆発的に伸長する前も「2軍だ」と過小評価とも取れる発言をしたオバマ氏だけに、米国内では「パリ攻撃の直前にISは縮小していると言った。ひどいものだ」(共和党有力大統領候補のトランプ氏)と対IS政策への批判が再燃している。

 本来は経済対策の協議の場であるG20でもISや過激主義への対策が主要テーマになるのは確実で、オバマ氏が指導力を発揮できるか注目される。

 オバマ氏は17日からマニラを訪問し、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に出席、19日にクアラルンプールに移動し東アジアサミット(EAS)などに参加する。いずれの場でも、南シナ海での中国の強硬な海洋進出を踏まえ、アジア太平洋地域への米国の「リバランス(再均衡)」政策の有効性や同盟・友好国との連携強化を打ち出し、「アジアにおけるルールに基づいた秩序の構築」(ライス米大統領補佐官)を訴えることが主題の一つとなる。


COP21の延期要請へ=前仏大統領
時事通信 11月15日(日)22時10分配信

 【パリAFP=時事】サルコジ前仏大統領は、30日からパリで予定している「国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議」(COP21)について、数カ月の延期を求める方針だ。
 サルコジ氏の関係者が15日明らかにした。
 仏政府は、パリ同時テロ後もCOP21の開催を表明している。同関係者は「(開催は)途方もないリスクを伴う」と述べた。


東京タワーが仏国旗色に
2015年11月15日(日)22時4分配信 共同通信

453
 テロの犠牲者を悼み、フランス国旗色にライトアップされた東京タワー=15日夜、東京都港区

 パリで起きた同時多発テロの犠牲者を悼み、東京都港区の東京タワーが15日、青、白、赤のフランス国旗色にライトアップされた。

 今回の点灯は「pray for paris」と題され、日没の午後4時半すぎに、上から青、白、赤の順に点灯された。

 普段、在日フランス大使館で働くエドワード・ゴードンさん(35)は、パリから来た友人の男女と3人で訪れ「120人以上の方が亡くなり、すごく心が痛む。無差別に人を殺りくするテロは絶対に許せない」と話した。

 東京スカイツリー(墨田区)にも15日、3色のライトがともされた。


<パリ同時多発テロ>渋谷駅前でも追悼…フランス国歌ささげ
毎日新聞 11月15日(日)22時3分配信

 東京都渋谷区の渋谷駅前では15日夕、インターネットの呼び掛けに応じたフランス人や日本人がパリでの同時多発テロ犠牲者追悼のために集まった。エッフェル塔と平和をイメージした絵を掲げ、フランス国歌を歌った。


<パリ同時多発テロ>スポーツ界にも波紋 中止や手荷物検査
毎日新聞 11月15日(日)22時0分配信

 【ニューヨーク田中義郎】パリ中心部と近郊で13日に起こった同時多発テロの余波がスポーツ界にも広がっている。AFP通信によると、パリ市内や周辺で週末に行われる予定の試合やイベントが全て中止となった。当局から各スポーツ団体に中止するよう通達があった。

 フランス以外でも警戒を強めている。ロンドンで15日に開幕した男子テニスツアー最終戦、ATPツアー・ファイナルの主催者は「深く哀悼の意を表する」と声明を出した。大会期間中は会場や周辺の監視を続け、安全を確保するとともに、入場者の手荷物検査を徹底する。

 また、2001年の同時多発テロや13年のボストン・マラソン連続爆破テロ事件を経験している米国でも、スポーツ会場で厳重な警備態勢が敷かれる。プロフットボールのNFLは第10週(15、16日)の13試合の会場で警備員を増やし、国土安全保障省や連邦捜査局(FBI)とも連携する。北米アイスホッケーのNHLではリーグが各チームに注意を促し、14日に行われた試合前には選手たちがテロの犠牲者に黙とうをささげた。

 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は声明で「(同時多発テロは)フランスやパリの人々だけへの攻撃ではない。人類、五輪精神への攻撃だ」と非難。フランスのオランド大統領に哀悼の言葉などをつづった手紙を送ったことを明かし「この悲劇を忘れないために五輪旗を半旗にして掲げる」と語った。

 今回の同時多発テロでは、サッカーのフランス代表とドイツ代表の親善試合が行われたパリ郊外サンドニのフランス競技場も標的となった。来年6~7月にサッカー欧州選手権(EURO2016)がフランスで開催され、開幕戦と決勝は同競技場で行われる予定。複数のメディアによると、大会組織委員会幹部はフランス開催を中止すべきではないとの姿勢を示し「中止すべきかどうかを考えること自体、テロリストの戦略にはまっている」と話した。

          ◇

 14日に予定されたフリーの演技が中止されたフィギュアスケートのグランプリシリーズ、フランス杯に出場していた男子の宇野昌磨(愛知・中京大中京高)ら日本選手は、15日午前に開催地のフランス南西部ボルドーを出発し、帰国の途についた。


米大統領選 民主党3候補が討論会 パリ同時多発テロめぐり議論
産経新聞 11月15日(日)21時57分配信

 【ワシントン=加納宏幸】来年11月の米大統領選に向けた民主党の第2回討論会が14日、中西部アイオワ州デモインで開かれ、3候補がパリ同時多発テロを中心に議論した。最有力候補のヒラリー・クリントン前国務長官(68)はイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」を第一の脅威と位置付け、その国際テロネットワークを打倒する必要性を強調した。

 クリントン氏は「過激な聖戦主義思想を根絶するため、世界を団結させる決意が必要だ」と述べた。米本土でのテロを防ぐため、外国人戦士としてイスラム国に加わり、帰国してテロを企てようとする米国人の取り締まりや難民審査を厳格にする考えを示した。

 ただ、「米国の戦いにしてはならない」とも語り、米国はイスラム国と戦う現地部隊を支援する役割に徹するとのオバマ米大統領の方針に同調。軍事力だけでなく外交、開発援助、情報共有といった分野で協力すべきだと主張した。

 クリントン氏を追う無所属のバーニー・サンダース上院議員(74)は、イラク戦争がイスラム国台頭の原因になったと指摘。マーティン・オマリー前メリーランド州知事(52)は「イスラム国はフランスで西洋の民主主義を攻撃した」と述べた。

 同時多発テロを受け、討論会を主催したCBSテレビはテロ対策を主要テーマとすることを決定。会場となったアイオワ州では来年2月1日、全米の皮切りとなる党員集会が開かれる。


<パリ同時多発テロ>悲しみと怒りと…ろうそく手向ける人々
毎日新聞 11月15日(日)21時56分配信

452
今回のテロ事件現場や1月の仏週刊紙「シャルリーエブド」襲撃事件現場にも近いパリ中心部共和国広場でろうそくを供え犠牲者の冥福を祈る親子=パリで2015年11月15日午前9時54分、中西啓介撮影

 【パリ中西啓介、賀有勇】パリ同時多発テロの現場やパリ中心部の共和国広場では15日、花やろうそくを手向ける人々が絶えず訪れ、テロの被害者らに哀悼の意を示し、悲しみや怒りを共有した。

 仏週刊紙「シャルリーエブド」襲撃事件でも多くの市民が追悼に訪れた共和国広場。レストラン店員のフィッチングさん(46)は「憎しみに満ちた言葉に対しNOと言うべき責任を感じてここに来た」と話した。広場に来るまでに複数の事件の現場を回り、犠牲者に哀悼の意を示したという。「なぜこんなことが起きたのか、なぜこんなに憎しみが増幅されたのか。いまだに自問しているが、答えは見つからない」と苦悶(くもん)の表情を浮かべた。

 ポルトガル生まれで31年間パリに住んでいるというアイリーナ・ロドリゲスさん(41)は「もしこんなことが続くのなら母国に帰ることも考えなくては」と不安を隠さなかった。自爆した容疑者の一人が難民として入国した可能性があることに関連し、「大統領は国境を閉鎖し、難民らを規制すべきだ。政府の対応はいつも後手に回っている」と不満を漏らした。

 5人が死亡したバー「ボンヌ・ビエール」前にも多くの人が集まっていた。それぞれ思い詰めたような表情で献花を行い、静かに現場を立ち去っていた。主婦でユダヤ人のファビエンヌ・バシェシャさん(50)は「シャルリーエブド事件とユダヤ教徒向けスーパー襲撃事件の時、自分の身にも起こりえるとぞっとした。今回それがよみがえった。まるで黙示録のようだ」と恐怖感を語った。その上で「政府は徹底したリベンジ(復讐=ふくしゅう)をすべきだ」と話した。

 カンボジア料理店「プチカンボージュ」とバー「カリヨン」の前では14日、立ち尽くして涙を流す人、フランス国旗を握りしめて国歌を歌う人など、思い思いの形で弔意を表していた。犠牲者に国民の団結を示すために訪れたという大学生のユアンさん(23)はろうそくに火をともした後、「タイミングが悪ければ自分が被害者の一人だったかもしれない。動揺しているが、わたしたちは恐れてはいけない。テロには屈しない」と力強く語った。


東京タワー・スカイツリーもトリコロールに パリのテロ事件受け追悼
ねとらぼ 11月15日(日)21時55分配信

451
トリコロールカラーに照らされた東京タワー(東京タワー公式サイトより)

 日本時間で11月14日の朝に発生した、フランス・パリの連続テロ事件。これを受けて11月15日、日本でも東京タワーや東京スカイツリーなどで哀悼の意を示すライトアップが行われています。

【スカイツリーも青白赤にライトアップ】

 東京タワーは本日15日のみ、スカイツリーは15日から3日間、どちらも日没から23時までの点灯。テロ事件で被害にあった人への追悼の意を示すため、青・白・赤のトリコロールカラーに照らされています。

 また、同じく東京都庁と、駒沢公園のオリンピック記念塔もトリコロールカラーにライトアップされています。こちらも今日より3日間の予定。


パリ同時多発テロ 3部隊に分かれた組織的犯行 実行犯7人は全員死亡
産経新聞 11月15日(日)21時48分配信

 【パリ=松浦肇】パリ同時多発テロの捜査を陣頭指揮するパリ検察のモラン検事は14日、実行犯が3つの部隊に分かれて8件の襲撃を実行し、自動小銃と爆発物を装備した組織的な犯行とする捜査結果を明らかにした。パリでは厳戒態勢が続く中、当局はテロに関連する人物や資金の流れの追跡に取り組んでいる。

 裁判所で会見したモラン検事によると、13日午後9時20分に発生したパリ近郊の競技場における自爆テロを皮切りにパリ市内のレストラン、劇場などで実行犯は銃の乱射や自爆などを繰り返した。14日夜時点で129人が死亡したとされ、99人が重体を負った。

 これまで確認されたテロの実行犯は7人で、いずれも自爆死または仏テロ対策チームとの銃撃戦で死亡。「自動小銃のカラシニコフや、似たような自爆装置を用い、連携がとれていた」(モラン検事)という。いずれも揮発性が高い「TATP」と呼ばれる高性能爆薬を仕込んだ自爆用のベストに身を包んでいた。

 検察当局は、劇場の襲撃犯の1人が、犯罪歴のある仏国籍の29歳の男であることを明らかにした。仏メディアによると、当局は15日までに、死亡した男の父、妻ら関係者6人の聴取を始めた。競技場で自爆した襲撃犯の遺体のそばでは、シリア旅券が見つかった。

 パリ市内の襲撃には2台の車が用いられ、当局が行方を追っている。うち1台は劇場の襲撃用で、ベルギー在住のフランス人が借りたレンタカーだった。

 オランド仏大統領は14日、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」による犯行と断定したが、「捜査は初期の段階」(モラン検事)で、襲撃犯の具体的な実像はまだつかめていない。検察当局は「(実行犯が)どこから来たのか、資金源はどこかを突き止める必要がある」としている。


中露などBRICS首脳会議、同時テロ非難声明
読売新聞 11月15日(日)21時48分配信

 【アンタルヤ(トルコ南部)=緒方賢一】ロシア、中国、インド、ブラジル、南アフリカの新興5か国(BRICS)は15日、アンタルヤで首脳会議を開き、パリ同時テロを「断固として非難」し、「テロとの戦いにおける協力の強化を誓う」と表明する報道声明を発表した。

 BRICS首脳会議は主要20か国・地域(G20)首脳会議の開幕に先立ち開かれた。BRICS首脳会議で議長国ロシアのプーチン大統領は「テロの脅威を打ち破り、家を失った何百万もの人々を支援することは、国際社会の努力を結集することでのみ可能になる」と述べ、イスラム過激派組織「イスラム国」に対する国際社会の共闘を呼びかけた。新華社通信によると、中国の習近平(シージンピン)国家主席は「国際社会は連携し、国連憲章や国際関係の基本原則にのっとり反テロ協力を一層進める必要がある」と応じた。


<G20首脳会議>トルコで開幕 テロ対策、世界経済を議論
毎日新聞 11月15日(日)21時42分配信

 【アンタルヤ(トルコ南西部)坂井隆之、秋山信一】日米欧に中国など新興国を加えた主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)が15日、当地で開幕した。パリで同時多発テロが発生した直後の会議で、主要国首脳がテロ対策を協議し、一致して立ち向かう声明を出す。世界経済が中国など新興国の景気減速に直面する中、テロが一段の重しにならないか点検し、経済の下支え策も議論する。

 首脳らは会議冒頭、同時多発テロや10月にアンカラで起きた爆弾テロの犠牲者に黙とうをささげた。

 会議に先立ち記者会見した欧州連合(EU)のトゥスク欧州理事会常任議長(大統領)は、「G20首脳はテロとの戦いを全面的に決意している。特にテロ資金対策に取り組む責任がある」と強調。オバマ米大統領も同時多発テロについて「文明社会への攻撃」と非難した。議長国トルコのエルドアン大統領はテロ対策を取り上げ、徹底的に対抗する姿勢を声明に盛り込むことを明らかにした。安倍晋三首相も昼食会で「強い衝撃と怒りを覚える。犠牲になった方々に哀悼の意を表し、フランス国民に連帯の意を表明する」と述べた。

 テロ対策では過激派組織「イスラム国」(IS)などの資金源となる密貿易の取り締まりや、資金洗浄の監視強化などを協議し、資金面からテロを封じ込める。ISの本拠地であり、欧州などへの大規模な難民流出を引き起こしているシリアの安定策も議論する見通し。首脳会議は15日発表予定の声明に、国境管理や航空機運航の安全対策強化などを盛り込む方向で調整中という。声明草案を入手したロイター通信が報じた。

 首脳会議の傍ら、シリア情勢で対立するオバマ氏とロシアのプーチン大統領が会談した。ウクライナ問題なども議論したとみられる。オバマ氏はエルドアン氏とも会談し「世界各地で人々に大きな苦痛をもたらしているダーイシュ(ISの蔑称)を打倒するため、有志国連合との結束を強めていく」と述べた。

 首脳会議にはテロ対応のため欠席したオランド仏大統領を除く、各国首脳と国際機関の代表者らが出席。会場周辺は一般の立ち入りが制限されるなど、厳戒態勢の中での開催となった。16日に首脳宣言をまとめて閉幕する。


観光名所、旅行者まばら=パリ
時事通信 11月15日(日)21時35分配信

450
パリ同時テロ後、最初の日曜日となった15日、いつもなら旅行者でにぎわう観光名所のエッフェル塔や凱旋(がいせん)門では人の姿がまばらだった。写真は、エッフェル塔付近で、テロへの警戒を続ける警官ら。


<パリ同時多発テロ>京都の総領事館 献花や記帳に市民大勢
毎日新聞 11月15日(日)21時32分配信

 在京都フランス総領事館が入っている文化施設「アンスティチュ・フランセ関西-京都」(京都市左京区)では15日、大勢の市民らが献花台に花を手向けたり記帳をしたりしてパリでの同時多発テロ犠牲者を追悼した。夕方には西日本在住のフランス人ら約60人が集い、追悼集会も開かれた。

 集会では1分間の黙とうの後、シャルランリ・ブロソー総領事が「野蛮な攻撃の標的になって亡くなった方々に哀悼の意を表明する。多数の日本人にお悔やみや連帯のメッセージをいただき、お礼申し上げる」とあいさつした。

 施設の中庭では、毎月開かれているマルシェ(市場)が警察官が警備する中で予定通りあったが、普段流れる音楽は自粛となった。ワインのブースを出した同市北区のフランス人、バンソン・ブロンドーさん(36)は「事件現場のそばで暮らしたこともあり、暗い気持ちだ。出店したのはフランス人のプライドからだ」と話した。

 パリと姉妹都市を結ぶ京都市の門川大作市長も弔問に訪れ、「暴力は許されない」と話した。【土本匡孝】


非常事態宣言のパリ、旅行者「街全体が寂しい」
読売新聞 11月15日(日)21時30分配信

449
休館中のルーブル美術館周辺を警戒する警察官ら(15日午前9時26分、パリで)=松本剛撮影

 【パリ=水野祥】同時テロで非常事態宣言が発令されたことを受け、パリ市内では15日、観光名所や学校、図書館など多くの施設が前日に引き続き閉鎖された。

 小銃を構えた警察官らが警戒に当たる中、クリスマスシーズンでにぎわうはずの市街地は閑散としていた。

 ルーブル美術館では同日朝、職員が臨時の閉館を知らせる看板を立てると、数十人の観光客からため息が漏れた。観光旅行中だった京都市の会社員女性(34)は「テロのせいで街全体が寂しい。ルーブル美術館が楽しみだったが残念」と話した。

 エッフェル塔や凱旋(がいせん)門、ノートルダム大聖堂なども入場禁止となり、シャンゼリゼ通りでは臨時休業のレストランも目立った。パリ郊外のシャルル・ドゴール空港も人影はまばらで、南部のトゥールーズに行くという東京都品川区の自営業男性(62)は「テロに巻き込まれないか不安だ」と緊張した面持ちで語った。


<パリ同時多発テロ>東京の大使公邸で追悼3000人
毎日新聞 11月15日(日)21時30分配信

448
フランス大使公邸で行われた追悼集会で黙とうをする人たち=東京都港区で2015年11月15日午後4時39分、竹内幹撮影

 東京都港区の駐日フランス大使公邸で15日、同時多発テロによる犠牲者の追悼集会があり、約3000人が参列した。ティエリー・ダナ駐日フランス大使は「非常に卑劣で胸が痛むが、日本のみなさんから多くのメッセージが寄せられ胸が熱くなる思いだ」とあいさつした。ダナ大使によると、帰国していた在日フランス人男性1人がテロに巻き込まれて死亡したという。

 リヨン出身の専修大留学生、エモノ・マルゴさん(24)は電話やインターネットで知人の安否を確認したという。「パリの友だちは『怖くて電車に乗れない』と言っていた。犠牲になった人たちのために祈りたい」。パリ出身で来日25年になる同新宿区のフランス語講師の女性(57)は「現場近くに住む友人もいて昨日は無事が確認できるまで眠れなかった」と話した。

 舛添要一都知事も参列した。舛添知事は「犠牲になった方やご家族に哀悼の意を示したい。人ごとではなく、東京も標的になると考えて全力で治安対策に努める」と述べた。

 ダナ大使は神奈川県横須賀市で開かれた日仏交流行事にも出席し「フランスは野蛮な行為の標的となったが、民主主義や自由という価値の下、国民の連帯意識はかつてないほど結束している」と述べた。【高木香奈、田中義宏】


<G20>テロ事件頻発のトルコ 厳重な警備態勢
毎日新聞 11月15日(日)21時25分配信

 【アンタルヤ(トルコ南西部)秋山信一】15日に主要20カ国・地域(G20)首脳会議が始まったアンタルヤでは、厳重な警備態勢が敷かれている。トルコでは10月に首都アンカラで100人以上が死亡する連続爆発事件が発生するなどテロ事件が頻発している。治安当局は、過激派組織「イスラム国」(IS)のほか、クルド人や左派の過激派などの反政府勢力によるテロを警戒している。

 「スーツケースを開けてください。中身を調べます」。13日夜、首脳会議のメイン会場入り口に設けられた保安検査場で、金属探知機やX線による手荷物検査装置を通過した後、警察官が記者に求めた。ノートパソコンやカメラの電源を入れて、不審な点がないか入念に検査。女性のスーツケースは女性警察官が担当し、衣類などが露出するのも構わず、中身を調べた。記者が過去に取材した首脳級の国際会議と比べても、かなり厳重な警備態勢だと感じた。

 メイン会場はアンタルヤ近郊ベレクの海岸沿いにリゾートホテルが建ち並ぶ一角に設けられた。メイン会場の外縁を走る道路は市民や一般車両の通行が禁止され、高さ約2メートルの金属柵が二重に設けられた。

 首脳会議には各国代表団約1万3000人、記者約3000人の来訪が見込まれている。代表団はメイン会場内の30以上のホテルに宿泊する。地元メディアによると、トルコ軍と警察は1万2000人規模を動員。海上や上空も警戒している。空港からベレクまでの道路沿いには、運転手の顔や車両ナンバーを識別するカメラ付き装置が350台以上設置された。

 ただ、今月6日にはアンタルヤでISとの関係が疑われる20人が治安当局に拘束される事件が起きており、首脳会議を狙ったテロが計画されている可能性もある。

 カルン大統領府報道官は首脳会議を前に「警備態勢に弱点は見当たらない」と自信を見せた。首脳会議を2日後に控えた13日にパリで同時多発テロが起きたが、会場スタッフの一人は「これだけ警備が厳重なら問題が起きるとは思えない」と話した。


観光名所、旅行者まばら=同時テロ後最初の日曜―パリ
時事通信 11月15日(日)21時23分配信

 【パリ時事】パリ同時テロ後、最初の日曜日となった15日、いつもなら旅行者でにぎわう観光名所のエッフェル塔や凱旋(がいせん)門では人の姿がまばらだった。
 警官が至る所に配備され、新たなテロの兆候に目を光らせている。
 エッフェル塔付近では警官数十人が警戒に当たり、迷彩服を着た兵士も銃を構えて巡回していた。テロ後、塔の展望台への入場が禁止されたため、観光客らは下から見上げて記念撮影していた。
 ドイツから来たアブドゥラさん(35)は「閉鎖にはがっかりしたが、当然のことだ」と理解を示した。千葉県から訪れた看護師の藤田弥生さん(46)は「パリは魅力的な街。観光客も市民も早く安心して過ごせるようになってほしい」と語った。
 目抜き通りのシャンゼリゼも営業を見合わせる店が目立った。内務省はテロのあった13日、パリ在住者らに外出を極力控えるよう呼び掛けており、街全体で緊張が続いている印象だ。


「断固として非難」官房長官と外相、犠牲者弔問
読売新聞 11月15日(日)21時15分配信

447
ティエリー・ダナ駐日フランス大使(右)と話す、菅官房長官(15日午後4時14分、東京都港区のフランス大使館で)=川崎公太撮影

 菅官房長官と岸田外相は15日、パリで起きた同時テロの犠牲者弔問のため、東京都港区のフランス大使公邸をそれぞれ訪れ、記帳した。

 菅氏はティエリー・ダナ駐日仏大使に、「非道、卑劣極まりないテロ行為を断固として非難する」と述べた。岸田氏は「テロ行為は我々が共有する価値観に対する挑戦だ」と強調した。

 一方、河野国家公安委員長は15日、外遊中の安倍首相から「テロ対策をしっかりやってほしい」と指示を受けたことを明らかにした。都内で記者団に語った。河野氏は、来年5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に関し、「テロリスト、武器を国内に入れないということをしっかりやっていきたい」と述べた。


駐日仏大使公邸で追悼集会
2015年11月15日(日)20時53分配信 共同通信

446
 駐日フランス大使公邸で、パリのテロ犠牲者を追悼する集会に参加した在日フランス人ら=15日午後、東京都港区

 パリ同時多発テロの犠牲者を追悼する集会が15日、東京都内の駐日フランス大使公邸で開かれ、在日フランス人ら多くの人が犠牲者や遺族に哀悼の意を示した。献花台が設けられ、訪れた人が次々と花を手向けた。

 ティエリー・ダナ駐日大使は「多くの人が凶弾に倒れた。私たちは心に大きな打撃を受けている」と述べ、日本を含む国際社会から示された連帯に感謝の意を示した。参加者らは黙とう後、フランス国歌ラマルセイエーズを合唱した。

 追悼集会には菅義偉官房長官、舛添要一東京都知事も参加。舛添知事は「東京はいつもパリと一緒にいる」とフランス語で話し、大きな拍手を受けた。(共同)


パリ同時多発テロ 修学旅行中の作新学院高で保護者説明会
産経新聞 11月15日(日)20時52分配信

 一部生徒がパリで修学旅行中の作新学院高(宇都宮市)は15日、保護者対象に説明会を行った。

 参加しているのは情報科学部美術デザイン科2年の生徒36人と教員3人の計39人。看護師と旅行会社の添乗員が付き添っている。13日夜にはパリ郊外のホテルにおり全員無事という。

 同校によると、13日にパリ到着後、市内の美術館4館とエッフェル塔などを見学し18日に帰国予定だったが、全てキャンセルし早期に帰国させるという。保護者からは「生徒には精神的なダメージもあるのでケアをしてほしい」との声が上がったという。

 同学部の金田利夫部長は「貴重な機会を奪われ、残念だが、まずは全員が無事に帰国できるようにしなければならない」と話した。


弾痕に供えられた花
時事通信 11月15日(日)20時51分配信

445
15日、パリ同時テロの現場で、割れた窓ガラスの弾痕に供えられた花。


テロの現場で悲しみに暮れる人々
時事通信 11月15日(日)20時51分配信

444
15日、パリの同時テロ現場で、悲しみに暮れる人々。

« フランス・パリで多発テロ、120人以上死亡・9 | トップページ | フランス・パリで多発テロ、129人が死亡・11 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

社会・事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/62690337

この記事へのトラックバック一覧です: フランス・パリで多発テロ、120人以上死亡・10:

« フランス・パリで多発テロ、120人以上死亡・9 | トップページ | フランス・パリで多発テロ、129人が死亡・11 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31