« 米原子力空母ロナルド・レーガンが横須賀基地に入港 | トップページ | 栃木で50年に1度の大雨、栃木、茨城に大雨特別警報・17 »

2015年10月 1日 (木)

天皇皇后両陛下、豪雨被害の茨城県常総市を訪れ、被災者をお見舞い

天皇皇后両陛下は1日、東日本豪雨で鬼怒川の堤防が決壊し、2人が死亡した茨城県常総市を訪れ、被災者らを見舞われた。発災当初から甚大な浸水被害を気にかけ、早期の慰問を希望されていた。

両陛下は被災状況の説明を受けた後、三坂町地区の堤防の決壊現場をご見学。冷たい雨が降る中、同地区で濁流にのまれ、死亡した男性=当時(71)=が発見された場所に向かい、傘を差さずに黙礼された。

高杉徹市長によると、両陛下は濁流で土砂がえぐり取られた惨状に驚かれ、皇后さまは「みなさん、とても怖かったでしょうね」と気遣われていたという。

約180人が避難生活を送る施設では、被災者6人とご懇談。天皇陛下は「復興に向かって進んで行かれるよう願っています」といたわられた。救助活動に尽力した自衛隊、警察、消防の関係者らも慰労された。

※以上、産経新聞の報道より。

リンク:両陛下が常総市をお見舞い 復興に向かう住民に勇気 茨城 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:東日本豪雨 天皇、皇后両陛下が常総市をお見舞い - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<天皇、皇后両陛下>豪雨被害の常総市を訪問 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:見送りを受けられる両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:懇談される両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:決壊現場付近を視察される両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:決壊現場付近で黙礼される両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下が常総市を訪問、浸水被災者をお見舞い - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、豪雨被災者をお見舞い=犠牲者に黙礼―茨城・常総 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

両陛下が常総市をお見舞い 復興に向かう住民に勇気 茨城
産経新聞 10月2日(金)7時55分配信

 天皇、皇后両陛下は1日に訪問された避難所となっている常総市大塚戸町の「水海道あすなろの里」で、被災者らに「大変でしたね」「ご家族はご無事でしたか」「どうぞお大事に」などと声をかけ、復興に向け歩み始めている住民らを勇気づけられた。

 同市水海道天満町から避難している星野立子(りつこ)さん(62)は、浸水して泥まみれになった自宅から、両陛下の写ったテレホンカードが見つかり、お守り代わりに身につけている。それは、平成17年に全国植樹祭で両陛下が潮来市に来られたときのものだった。

 天皇陛下が星野さんに声をかけられた際、星野さんがテレホンカードを取り出すと、陛下は「若いときですね。持っていてくれてありがとう」と話されたという。星野さんは「最後に『お元気で』と声をかけていただけた。これから頑張らなきゃと思いました」と感無量の様子だった。

 皇后さまが同市水海道天満町の稲葉智恵美さん(32)に「身体は大丈夫ですか。お大事にしてね」と話されると、稲葉さんの目に涙があふれた。「感謝の気持ちと、被災当時のことを思い出して感極まった」という。

 両陛下は、救助活動に当たった警察官や自衛官、消防隊員らにもねぎらいの言葉をかけられた。陛下は県警機動隊の伊丹正昭中隊長(43)に「人命救助をしていただいてありがとう。隊員のみなさんにけがはなかったですか」といたわられた。伊丹中隊長は「『隊員にけがはないです』とお伝えしたら、とても喜んでいらっしゃった」と話していた。


東日本豪雨 天皇、皇后両陛下が常総市をお見舞い
産経新聞 10月1日(木)20時31分配信

 天皇、皇后両陛下は1日、東日本豪雨で鬼怒川の堤防が決壊し、2人が死亡した茨城県常総市を訪れ、被災者らを見舞われた。発災当初から甚大な浸水被害を気にかけ、早期の慰問を希望されていた。

 両陛下は被災状況の説明を受けた後、三坂町地区の堤防の決壊現場をご見学。冷たい雨が降る中、同地区で濁流にのまれ、死亡した男性=当時(71)=が発見された場所に向かい、傘を差さずに黙礼された。

 高杉徹市長によると、両陛下は濁流で土砂がえぐり取られた惨状に驚かれ、皇后さまは「みなさん、とても怖かったでしょうね」と気遣われていたという。

 約180人が避難生活を送る施設では、被災者6人とご懇談。天皇陛下は「復興に向かって進んで行かれるよう願っています」といたわられた。救助活動に尽力した自衛隊、警察、消防の関係者らも慰労された。


<天皇、皇后両陛下>豪雨被害の常総市を訪問
毎日新聞 10月1日(木)19時11分配信

 天皇、皇后両陛下は1日、関東・東北豪雨で大きな被害を受けた茨城県常総市を訪問し、被災者らを見舞われた。

 両陛下は、市役所石下(いしげ)庁舎で、橋本昌知事と高杉徹市長から被災状況の説明を受けた後、鬼怒川の堤防が決壊した三坂町地区を視察した。両陛下は雨の中、濁流で寸断された道路や倒壊した家を見て歩き、亡くなった男性が見つかった場所に向かって、傘を畳んで黙礼した。


見送りを受けられる両陛下
時事通信 10月1日(木)19時7分配信

562
豪雨災害の避難所「水海道あすなろの里」の訪問を終え、被災者らの見送りを受けられる天皇、皇后両陛下=1日午後、茨城県常総市(代表撮影)


懇談される両陛下
時事通信 10月1日(木)19時7分配信

561
豪雨災害の被災者救助などに尽力した人たちと懇談される天皇、皇后両陛下=1日午後、茨城県常総市の「水海道あすなろの里」(代表撮影)


決壊現場付近を視察される両陛下
時事通信 10月1日(木)19時7分配信

560
豪雨災害の被災地を訪問し、鬼怒川決壊現場付近を視察される天皇、皇后両陛下=1日午後、茨城県常総市三坂町(代表撮影)


決壊現場付近で黙礼される両陛下
時事通信 10月1日(木)19時7分配信

559
天皇、皇后両陛下は1日午後、関東・東北水害で大きな被害が出た茨城県常総市を訪問された。両陛下は雨の中、決壊現場近くの様子を視察。犠牲者の遺体が見つかった方向に向かい、傘を閉じて黙礼した。(代表撮影)


両陛下が常総市を訪問、浸水被災者をお見舞い
読売新聞 10月1日(木)19時5分配信

 天皇、皇后両陛下は1日、鬼怒川の決壊で甚大な浸水被害を受けた茨城県常総市を訪問された。

 厳しい避難所生活を続ける被災者を見舞いたいと、早期の訪問を希望された。

 雨が降りしきる午後3時過ぎ、両陛下は同市三坂町地区の堤防決壊現場に到着し、流された家の残骸や寸断された県道など水害の生々しい爪痕を視察。この地区で男性(当時71歳)が濁流にのまれて亡くなったと聞くと、傘を閉じ、雨にぬれながら深々と黙礼された。

 続いて両陛下は、約180人が避難生活を送る同市の宿泊学習施設「水海道あすなろの里」を訪問された。腰まで水につかりながら歩いて避難した女性(62)や、足をけがした母とともにヘリコプターで救助された男性(43)らに対し、天皇陛下は「怖い思いをされたでしょう」と気遣い、「大変だと思いますが、元気で復興に向かって進んでいかれることを願っています」と話された。

 皇后さまは、ヘリで倒壊寸前の民家などから住民を救助した自衛隊員に「大勢を救ってくれてありがとう」とねぎらわれた。

 同市では、決壊から3週間たった今も、約600人が避難所生活を続けている。


両陛下、豪雨被災者をお見舞い=犠牲者に黙礼―茨城・常総
時事通信 10月1日(木)19時1分配信

 天皇、皇后両陛下は1日午後、関東・東北水害の被災者見舞いのため、鬼怒川の堤防が決壊して大きな被害が出た茨城県常総市を訪問された。
 
 両陛下は雨の中、高杉徹市長の説明を聞きながら決壊現場近くの様子を視察。犠牲者の遺体が見つかった方向に向かい、傘を閉じて黙礼した。 

« 米原子力空母ロナルド・レーガンが横須賀基地に入港 | トップページ | 栃木で50年に1度の大雨、栃木、茨城に大雨特別警報・17 »

ニュース」カテゴリの記事

国家・元首・国事」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/62394400

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇皇后両陛下、豪雨被害の茨城県常総市を訪れ、被災者をお見舞い:

« 米原子力空母ロナルド・レーガンが横須賀基地に入港 | トップページ | 栃木で50年に1度の大雨、栃木、茨城に大雨特別警報・17 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30