« 三菱MRJ初飛行、11月9日以降に再延期と発表 | トップページ | 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2060 »

2015年10月24日 (土)

天皇皇后両陛下、豊かな海づくり大会ご出席のため富山県入り

天皇皇后両陛下は24日、第35回全国豊かな海づくり大会出席などのため、北陸新幹線で富山県へ向け出発された。

両陛下は同日午後、富山市の県立イタイイタイ病資料館を初めて訪問される。
25日には同県射水市で開催される海づくり大会の式典行事などにご出席。26日に滑川市の栽培漁業センターを視察され、空路で帰京される予定。

リンク:両陛下、富山県滑川栽培漁業センターを訪問 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<両陛下>富山県の滑川栽培漁業センターを視察 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下が帰京 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、稚魚の飼育を視察 - 速報:@niftyニュース.
リンク:両陛下が稚魚をご放流 海づくり大会 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、富山県で海づくり大会に出席 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<両陛下>海づくり大会に出席 富山・射水 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、海づくり大会に - 速報:@niftyニュース.
リンク:両陛下、海づくり大会に出席=富山 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:魚を放流される両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、イタイイタイ病資料館ご視察 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、イタイイタイ病資料館を視察…富山 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<天皇、皇后両陛下>イタイイタイ病資料館を初見学 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下が富山訪問 - 速報:@niftyニュース.
リンク:資料館を視察される両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、イタイイタイ病資料館に=患者家族と懇談―富山 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<皇室>両陛下、富山県に出発 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、富山へ出発 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

両陛下、富山県滑川栽培漁業センターを訪問
読売新聞 10月27日(火)6時2分配信

588
滑川栽培漁業センターで飼育水槽を視察される天皇、皇后両陛下(26日、滑川市高塚で)

 天皇、皇后両陛下は26日、富山県滑川市の県滑川栽培漁業センターを訪問された。

 育成中のヒラメの稚魚の餌やりを見学され、天皇陛下は使用している海洋深層水の水深などについて質問。皇后さまは、県などが世界で初めて生産に成功したノドグロ(アカムツ)の稚魚をのぞき込み、のどが黒いことを確かめて「ほんと、真っ黒」と声を弾まされた。両陛下は同日夕、空路で帰京された。


<両陛下>富山県の滑川栽培漁業センターを視察
毎日新聞 10月26日(月)20時11分配信

 天皇、皇后両陛下は26日、富山県滑川(なめりかわ)市の滑川栽培漁業センターを視察され、ヒラメやノドグロ(アカムツ)の稚魚などの生育状況を見学した。両陛下は2泊3日の同県訪問を終え、特別機で帰京した。

 ヒラメの稚魚約5000匹が入った大型水槽には海洋深層水が使われており、天皇陛下は水温などについて質問していた。また、ノドグロが、口の中が黒いことが名前の由来と説明を聞いた天皇陛下は、水槽のノドグロに顔を近づけて「黒いね」と述べ、皇后さまも「本当、真っ黒」と笑顔で話していた。【高島博之】


両陛下が帰京
時事通信 10月26日(月)16時31分配信

 第35回全国豊かな海づくり大会出席などのため、24日から富山県を訪れていた天皇、皇后両陛下は26日夕、空路で帰京された。
 
 これに先立つ同日午前、滑川栽培漁業センター(同県滑川市)を訪れ、水槽に入った約5000匹のヒラメの稚魚に餌をやる様子などを見て回った。
 神通川で取れるサクラマスの漁獲量はかつて年間で160トンに上ったが、今は1トンに減ったと説明を受けた天皇陛下は「それはどういう訳で」と尋ねていた。


両陛下、稚魚の飼育を視察
2015年10月26日(月)11時57分配信 共同通信

587
 富山県農林水産公社滑川栽培漁業センターで、ヒラメの稚魚を視察される天皇、皇后両陛下=26日午前、富山県滑川市

 天皇、皇后両陛下は26日午前、富山県滑川市の県農林水産公社滑川栽培漁業センターでヒラメの稚魚の飼育状況を視察し、県内の漁業の現状について説明を受けられた。

 両陛下は、稚魚を量産し海に放流する漁業について担当者から説明を聴き、センターが隣接する県の水産研究所と連携して育てている高級魚ノドグロ(アカムツ)の稚魚や、数時間前に生まれたばかりのエゾアワビの稚貝の水槽も見学した。

 天皇陛下は、ノドグロは口の中が黒いことが名前の由来と聞くと、水槽の中をのぞき込み、「随分黒いねえ」と笑っていた。

 両陛下は26日午後、富山市に移り、羽田空港着の特別機で帰京する。


両陛下が稚魚をご放流 海づくり大会
産経新聞 10月26日(月)7時55分配信

586
ヒラメの稚魚を放流される天皇、皇后両陛下=25日午後、富山県射水市の海王丸パーク(寺口純平撮影)(写真:産経新聞)

 富山県入りしている天皇、皇后両陛下は25日、射水市の多目的ホールで開かれた第35回「全国豊かな海づくり大会」の式典に臨席された。

 豊かな海づくり大会は、水産資源の維持・培養と海の環境保全に対する意識の高揚を図ることを目的とする国民行事。式典では、石井隆一知事が「豊かな『森・川・海』の環境を、未来を担う子供たちにしっかりとつないでいきたい」とあいさつした。

 式典後には、市内の海浜公園にご移動。秋晴れの中、地元の漁船が色とりどりの大漁旗をはためかせながら海上をパレードする歓迎行事に、熱心に拍手を送られた。

 また、両陛下はヒラメとキジハタの稚魚を富山湾にご放流。石井知事によると、遠くに立山連峰の稜線(りょうせん)を見て天皇陛下は「晴れて良かったですね」と最後に感想を述べられたという。


両陛下、富山県で海づくり大会に出席
読売新聞 10月25日(日)19時56分配信

585
ヒラメの稚魚を放流される天皇、皇后両陛下(25日午後、富山県射水市で)=細野登撮影

 富山県を訪問中の天皇、皇后両陛下は25日、射水市で行われた第35回全国豊かな海づくり大会に出席された。

 式典では、立山連峰から栄養豊富な水が流れ込み、「天然のいけす」といわれる富山湾の魅力が紹介された。その後、両陛下は湾に面した放流会場に移動。海上の安全と豊漁を祈願する伝統の「ボンボコ舞」や、大漁旗を掲げた漁船のパレードを見て笑顔で手を振り、ヒラメとキジハタの稚魚を放流された。


<両陛下>海づくり大会に出席 富山・射水
毎日新聞 10月25日(日)18時36分配信

 天皇、皇后両陛下は25日、富山県射水市で開かれた第35回全国豊かな海づくり大会に出席された。

 両陛下は同市の海王丸パークで、高校生からヒラメとキジハタの稚魚が入ったバケツを受け取り、富山湾に放流した。また、大漁旗を掲げた漁船などが海上をパレードする様子を、手を振ったり拍手をしたりしながら見学した。

 26日は同県滑川市の栽培漁業センターを視察し、夕方に特別機で帰京する。【高島博之】


両陛下、海づくり大会に
2015年10月25日(日)16時50分配信 共同通信

584
 全国豊かな海づくり大会で、ヒラメの稚魚を放流される天皇、皇后両陛下=25日午後、富山県射水市

 富山県を訪問中の天皇、皇后両陛下は25日、射水市で行われた第35回全国豊かな海づくり大会の式典に出席された。その後は市内の海辺にある公園で歓迎行事に臨み、富山湾にヒラメとキジハタの稚魚を放流した。

 式典では、石井隆一知事が「この美しい富山湾をはじめ、豊かな『森・川・海』の環境を、未来を担う子どもたちにしっかりとつないでいきたい」とあいさつした。

 来年の開催地である山形県の吉村美栄子知事は、富山と山形が江戸時代の北前船交易の寄港地として歴史と文化を共有してきたと説明。「大会の理念を当時の北前船に思いをはせながら引き継いでいく」と語った。


両陛下、海づくり大会に出席=富山
時事通信 10月25日(日)16時8分配信

 富山県を訪問中の天皇、皇后両陛下は25日、射水市で開かれた第35回全国豊かな海づくり大会に出席された。
 
 両陛下は午前中、同市の文化施設「高周波文化ホール」で式典行事に臨んだ。午後には、海越しに立山連峰を望む「海王丸パーク」でヒラメとキジハタの稚魚を放流した。
 海上では、船の安全と豊漁を祈る「ボンボコ舞」や漁船のパレードが行われ、両陛下は笑顔で手を振り、拍手を送った。


魚を放流される両陛下
時事通信 10月25日(日)15時58分配信

583
「第35回全国豊かな海づくり大会」で、キジハタの稚魚を放流される天皇、皇后両陛下=25日午後、富山県射水市の海王丸パーク

(時事通信社)


両陛下、イタイイタイ病資料館ご視察
産経新聞 10月25日(日)7時55分配信

 天皇、皇后両陛下は24日、北陸新幹線で富山県入りし、富山市の県立イタイイタイ病資料館をご視察。カドミウムに汚染された農地の土壌復元に33年かかったと説明を受けた天皇陛下は「随分、長くかかったんですね」と感想を述べられていた。25日には、射水市で行われる全国豊かな海づくり大会の式典に臨席される予定。


両陛下、イタイイタイ病資料館を視察…富山
読売新聞 10月25日(日)6時32分配信

 天皇、皇后両陛下は24日、富山県に入り、富山市の県立イタイイタイ病資料館を視察された。

 両陛下が同病の関連施設を訪問されるのは初めて。

 同病は日本の4大公害病の一つで、大正時代頃から同県の神通川流域で発生。上流の鉱山から排出されたカドミウムで骨がもろくなり、激しい痛みに襲われる。昭和30年代に原因が判明したとの説明に、天皇陛下は「随分、時間がかかったわけですね」と、救済までの長い道のりを思いやられた。今も闘病中の認定患者がいると聞いた皇后さまは「痛みの中で生きておられるのですか」と心配されていた。


<天皇、皇后両陛下>イタイイタイ病資料館を初見学
毎日新聞 10月24日(土)23時18分配信

582
富山県立イタイイタイ病資料館を視察される天皇、皇后両陛下=富山市で2015年10月24日午後3時17分(代表撮影)

 天皇、皇后両陛下は24日、日本で最初の公害病に認定されたイタイイタイ病の歴史などを展示する富山県立イタイイタイ病資料館(富山市)を初めて訪問された。天皇陛下は鏡森定信館長に被害の実態や対策などを質問しながら見学し、資料館について「こういうのは大変大事ですね」と感想を述べた。

 資料館は2012年4月に開館し、被害者団体から寄贈された資料などを展示している。皇后さまは、認定患者200人のうち生存している5人について「痛みの中で生きておられるのですか」と気遣った。

 天皇陛下は「病気が出ていることは、かなり前から分かっていたのですか」などとイタイイタイ病の経緯について盛んに質問し、汚染された農地などの土壌復元が12年に終わったとの説明に「ずいぶん長くかかったのですね」と話した。

 また、両陛下は資料館を出発する際、見送りに出た被害者団体の代表や、来館者に被害の実態を伝えている「語り部」の患者家族らに「大変ご苦労されたのでしょうね」などと声をかけたという。

 両陛下は25日、富山県で開催される第35回全国豊かな海づくり大会の式典などに出席する。【高島博之】


両陛下が富山訪問
2015年10月24日(土)18時23分配信 共同通信

581
 富山県立イタイイタイ病資料館を視察される天皇、皇后両陛下=24日午後、富山市

 天皇、皇后両陛下は24日、第35回全国豊かな海づくり大会の式典出席などのため、北陸新幹線で富山県に入られた。この日は四大公害病の一つ、イタイイタイ病の教訓を後世に伝える県立イタイイタイ病資料館(富山市)を訪れ、長年患者に寄り添ってきた医師でもある鏡森定信館長(72)の説明を受けながら、展示を熱心に見て回った。

 資料館は2012年4月に開館し、両陛下の訪問は初めて。天皇陛下は鏡森館長に「原因が分かったのはいつ」などと、関心が高い様子で繰り返し問い掛け、資料館を去る際には施設について「こういうのは大変大事ですね」と話した。


資料館を視察される両陛下
時事通信 10月24日(土)18時9分配信

580
富山県立イタイイタイ病資料館を視察される天皇、皇后両陛下=24日午後、富山市(代表撮影)


両陛下、イタイイタイ病資料館に=患者家族と懇談―富山
時事通信 10月24日(土)17時52分配信

 天皇、皇后両陛下は24日、第35回全国豊かな海づくり大会出席などのため富山県入りし、公害病のイタイイタイ病の歴史を伝える目的で2012年に開館した富山市の県立イタイイタイ病資料館を訪問された。
 
 両陛下は、医師でイタイイタイ病患者を診てきた鏡森定信館長の案内で展示室を見て回った。天皇陛下は「病気はかなり前から分かっていたのですか」などと熱心に質問。1955年に最初の学会報告があり、訴訟では71年の一審、72年の二審とも患者側が勝訴して救済に至ったと説明を受けた。経緯を聞いた陛下は「10年以上たっているわけですか」と話していた。
 両陛下は、患者の家族らとも懇談。「どなたを看病されましたか」などと声を掛けていたという。
 県によると、イタイイタイ病の認定患者は累計で200人に上り、80~90代の5人が生存している。皇后さまは「痛みの中で生きておられるのですか」と心配し、医学の進歩で痛みは良くなっていると聞くと、安心した様子だった。


<皇室>両陛下、富山県に出発
毎日新聞 10月24日(土)13時54分配信

 天皇、皇后両陛下は24日、富山県で開催される第35回全国豊かな海づくり大会などに出席するため、JR東京駅を北陸新幹線で出発された。午後には、富山市の県立イタイイタイ病資料館を初めて訪問し、被害実態などについて説明を受ける。25日は全国豊かな海づくり大会の式典に出席するほか、稚魚の放流などを行う。26日は栽培漁業センターを視察し、帰京する。【高島博之】


両陛下、富山へ出発
時事通信 10月24日(土)11時21分配信

 天皇、皇后両陛下は24日、第35回全国豊かな海づくり大会出席などのため、北陸新幹線で富山県へ向け出発された。
 同日午後、富山市の県立イタイイタイ病資料館を訪問する。
 両陛下は25日、射水市で開催される海づくり大会の式典行事などに出席。26日に滑川市の栽培漁業センターを視察し、空路で帰京する。 

« 三菱MRJ初飛行、11月9日以降に再延期と発表 | トップページ | 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2060 »

ニュース」カテゴリの記事

国家・元首・国事」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史・故事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/62543320

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇皇后両陛下、豊かな海づくり大会ご出席のため富山県入り:

« 三菱MRJ初飛行、11月9日以降に再延期と発表 | トップページ | 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2060 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30