« 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2061 | トップページ | ロシア・コガルイム航空のエアバスA321がエジプトで墜落・2 »

2015年10月31日 (土)

ロシア・コガルイム航空のエアバスA321がエジプトで墜落

エジプト首相府は31日、「ロシアの旅客機がシナイ半島で墜落した」と発表した。

エジプト航空当局によると、墜落したのはロシアのコガルイム航空(通称メトロジェット航空)が運航するチャーター便エアバスA321で、乗客217人、乗員7人は全員死亡と報じられている。一部の報道では、乗客はロシア人が214人、ウクライナ人が3人とされている。

同便は、エジプト東部シナイ半島の保養地シャルムエルシェイク発、ロシア第2の都市サンクトペテルブルク行きだった。
ロシア航空当局によると、旅客機は現地時間31日午前5時51分(日本時間午後0時51分)、シャルムエルシェイクを離陸し、午前6時14分(同午後1時14分)にキプロス航空管制当局のレーダーから消えた。

リンク:ロシア機、空中で分解か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロシア旅客機は「空中分解」し墜落、調査率いる専門家が見解 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:墜落露機は空中分解か エジプト、163遺体を収容 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロシア墜落機は「空中で分解」=現場視察の調査当局者 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:原因調査、長期化も=ロシア機墜落―エジプト大統領 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロシア旅客機事故に弔意=安倍首相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<ロシア機墜落>空中分解か 広範囲に破片飛散 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロシア機、空中で分解か=エジプト - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<ロシア機墜落>事故原因究明が本格化 224人全員死亡 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:露機墜落、地上からの攻撃否定…エジプト首相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロシア コガリムアビア航空機墜落を受けて…エアバスが調査団を派遣へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロシア機墜落、航空数社シナイ半島上空の飛行見合わせ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロシア機がエジプトで墜落、乗員乗客224人が全員死亡 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:エジプト・シナイ半島でロシア機墜落、乗員乗客224人全員死亡 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロシア機墜落、故障が原因か 遺体と記録装置を発見 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:224人乗りロシア機墜落 エジプト 機体トラブル?「全員死亡」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロシア旅客機墜落事故、224人全員死亡 ブラックボックス回収 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:129人の遺体収容=ロシア機墜落で閣僚派遣―エジプト - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:224人乗り旅客機墜落=ロシア便 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:露旅客機墜落 イスラム国系が「墜落させた」と犯行声明 露当局「信憑性乏しい」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:224人乗り旅客機墜落=ロシア便、全員死亡か―エジプト - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロシア機墜落「全員死亡」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:露旅客機墜落 乗客乗員224人 エジプト当局「生存者いない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロシア旅客機墜落=エジプト - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:露旅客機墜落 機体大破、遺体100体以上を収用「ミサイル撃墜考えにくい」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:露旅客機墜落 大破した機体は製造から18年超、エンジントラブルか - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:224人搭乗のロシア旅客機が墜落、残骸発見 エジプト当局 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:224人乗りロシア機がエジプトに墜落 機長が離陸直後に「技術的問題」ルート変更要請 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:露行きエアバス機、エジプト・シナイ半島で墜落 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロシア旅客機、エジプト・シナイ半島で墜落 224人搭乗か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<ロシア旅客機>エジプトで墜落か…224人搭乗の情報 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:エジプトでロシア機墜落 - 速報:@niftyニュース.
リンク:224人乗りロシア機が墜落 エジプト・シナイ半島に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロシア旅客機墜落=乗客乗員224人安否不明―エジプト - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

ロシア機、空中で分解か
時事通信 11月2日(月)10時0分配信

324
エジプト東部シナイ半島で墜落したロシア旅客機について、ロシアの航空当局高官は1日、「広範囲にわたって破片が散乱しており、機体の分解は空中で起きた」と述べた。写真は墜落現場に散乱する破片。


ロシア旅客機は「空中分解」し墜落、調査率いる専門家が見解
AFP=時事 11月2日(月)9時43分配信

323
エジプト・シナイ半島の山岳地帯に墜落したロシア旅客機の残骸(2015年11月1日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】エジプトで発生したロシア旅客機墜落の原因調査を行っている専門家は1日、同機が「空中分解」し、機体の破片が広範囲にわたり散らばったとの見解を明らかにした。

【写真9枚】現場に散乱する残骸

 紅海(Red Sea)に面したエジプトの観光地シャルムエルシェイク(Sharm el-Sheikh)からロシア・サンクトペテルブルク(St. Petersburg)に向かっていたロシア航空会社コガリムアビア(Kogalymavia)運航のエアバス(Airbus)A321型機は先月31日、エジプトのシナイ半島(Sinai Peninsula)で墜落。乗客乗員224人全員が死亡した。

 イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」は、同機を撃墜したと主張しているが、エジプトのブデルファタハ・シシ(Abdel Fattah al-Sisi)大統領は、墜落原因の調査結果を待つよう呼びかけている。

 ロシア通信(RIA Novosti)のカイロ(Cairo)からの報道によると、原因調査を行う国際調査チームを率いるロシアの国家間航空委員会(Interstate Aviation Committee)のビクトル・ソロチェンコ(Viktor Sorochenko)氏は、「空中分解が起き、機体の破片が広範囲に飛散した」と述べつつも、墜落原因について「結論を出すのは時期尚早だ」と語った。

 墜落現場からはブラックボックスが回収されており、エジプト政府によると、データの分析が行われている。AFP特派員によると、現場では墜落翌日の1日、黒ずんだ機体の残骸が散らばり、金属が燃えた臭いが残っていた。捜索当局によると、現場からはこれまでに168人の遺体が収容された。その中には、機体の主要部分の残骸から8キロ離れたところで見つかった少女も含まれていたという。

 シナイ半島で活動するIS系組織は犯行声明で、シリアでロシアが行う対IS空爆の報復として同機を墜落させたと主張しているが、専門家らは、この高度に達するミサイルの使用に必要な訓練された要員と装備をISが所有していないことなどから、この主張の信ぴょう性を否定している。【翻訳編集】 AFPBB News


墜落露機は空中分解か エジプト、163遺体を収容
産経新聞 11月2日(月)7時55分配信

 【モスクワ=黒川信雄】エジプト北東部シナイ半島で10月31日に墜落した露コガルイム航空のエアバスA321旅客機(乗客乗員224人)に関し、旧ソ連諸国が組織する「国家間航空委員会」当局者は1日、機体が空中で分解したとの見解を明らかにした。インタファクス通信が伝えた。当局者は「墜落原因は特定できていない」としたが、事実なら墜落前に機体に何らかの異常が生じた可能性が高い。

 一方、露外務省は1日、カイロの遺体安置所に163人の遺体が収容されたと発表した。同日中にもロシアに向け移送が開始される。エジプト政府はすでに飛行状況や操縦室の会話を記録したブラックボックスを回収。露調査団も現地入りし、墜落原因をめぐる本格的な調査が開始された。

 同機は31日午前6時前にシナイ半島南部シャルムエルシェイクを離陸。現時点で機体トラブルによる事故との見方が強いが、コガルイム航空側は墜落機に整備上の不備はなく、人為的ミスの可能性も考えにくいと主張している。

 AP通信によるとルフトハンザ、エールフランス、エミレーツ各航空会社は1日までに、原因解明までシナイ半島上空の飛行を回避すると発表した。


ロシア墜落機は「空中で分解」=現場視察の調査当局者
ロイター 11月2日(月)7時53分配信

319
 11月1日、エジプト・シナイ半島で墜落したロシア旅客機について、現場を視察したモスクワに拠点を置く航空事故調査当局者は、空中で分解したとの見方を示した。写真は墜落機の残骸(2015年 ロイター/Mohamed Abd El Ghany)

[カイロ/モスクワ 1日 ロイター] - エジプト・シナイ半島で10月31日に墜落したロシア旅客機について、現場を視察したモスクワに拠点を置く航空事故調査当局者は1日、空中で分解したとの見方を示した。

墜落したのはコガリムアビア運航のエアバスA321型旅客機。乗員乗客224人全員が死亡した。

航空事故調査機関・国家間航空委員会のソロチェンコ氏は「分解は空中で起きた。破片が約20平方キロの広い範囲に飛び散っている」と指摘。ただ「結論を話すのは時期尚早だ」と付け加えた。


原因調査、長期化も=ロシア機墜落―エジプト大統領
時事通信 11月2日(月)6時23分配信

 【カイロ時事】エジプトのシシ大統領は1日、首都カイロで演説し、10月31日に東部シナイ半島で起きたロシア機墜落事故の原因調査について「複雑な問題で、先進的な技術も必要だ。数カ月かかるかもしれない」と述べ、長期化する可能性を示唆した。
 
 その上で「原因の特定については、専門家に委ねるべきだ」と強調。シナイ半島で活動する過激派組織「イスラム国」が撃墜を主張する声明について報じられたことなどを念頭に、国民や国際社会に冷静な対応を求めた。


ロシア旅客機事故に弔意=安倍首相
時事通信 11月2日(月)1時15分配信

 安倍晋三首相は1日、エジプトで起きたロシア旅客機の墜落事故で多数の死者が出たことを受け、プーチン大統領宛てに弔意を伝えるメッセージを送った。
 岸田文雄外相もラブロフ外相に同様のメッセージを送った。


<ロシア機墜落>空中分解か 広範囲に破片飛散
毎日新聞 11月2日(月)1時0分配信

 【カイロ秋山信一、モスクワ真野森作】エジプトのシナイ半島で墜落したロシアの民間航空機に関して、旧ソ連諸国でつくる航空事故調査機関・国家間航空委員会のソロチェンコ氏は1日、空中で分解したとの見解を明らかにした。ロシア通信が伝えた。またエジプト紙は、砂漠の遊牧民が煙を出しながら飛ぶ航空機を目撃したと報じた。

 ソロチェンコ氏は1日、墜落現場の視察後、「機体の破片が約20平方キロの広範囲に飛散しており、空中分解した」との見方を示す一方で「墜落原因について結論を出すのはまだ早い」とも述べた。

 また、エジプト紙のアルゴムフリアによると、墜落現場から約30キロ離れた地域にいた遊牧民の男性らが黒煙を上げながら飛行する機体を目撃。同機は約2分間飛び続けた後に落下し、墜落現場周辺から炎が上がったという。

 エジプト当局は1日時点で、墜落現場から163人の遺体を収容した。また、回収したブラックボックスの分析作業に着手した。分析にはロシア人や事故機の製造元であるエアバス社の専門家も加わる。

 墜落の経緯を巡って、政府系紙アルアハラムは、事故調査委員会のトップが「操縦士が技術的な問題を管制当局に報告し、ルート変更を求めていた」と述べたと報道。一方でカマル民間航空相が31日の記者会見で「乗員から救難要請はなく、交信も正常だった」と説明するなど情報が錯綜(さくそう)している。また、露テレビ局NTVは、墜落機の副操縦士の元妻の話として、副操縦士が出発前に娘と電話で会話した際、「機体の状態があまり良くない」とこぼしていた、と報じた。

 またシナイ半島を拠点とする過激派組織「イスラム国」(IS)の分派が31日、シリアでの露軍の対IS空爆に対する報復措置として「ロシアの航空機を墜落させた」と主張する声明を出したが、エジプトのイスマイル首相は「IS分派に高度9000メートル超の航空機を攻撃する能力はない」との専門家の分析を根拠に懐疑的な見方を示した。

 AP通信によると、独ルフトハンザ、エールフランス、エミレーツ(アラブ首長国連邦)の各航空会社はシナイ半島上空の飛行を当面見合わせると決めた。

 タス通信によると、死亡した乗客・乗員224人のうち219人はロシア人で、ほかにウクライナ人が4人、ベラルーシ人が1人。ロシアの民間航空史上で最悪の事故となり、1日は「服喪の日」に指定された。ロシア政府は現場の遺体収容のため非常事態省の救助隊員ら約80人をエジプトに派遣した。


ロシア機、空中で分解か=エジプト
時事通信 11月2日(月)0時24分配信

 【モスクワAFP=時事】エジプト東部シナイ半島で墜落したロシア旅客機について、ロシアの航空当局高官は1日、「広範囲にわたって破片が散乱しており、機体の分解は空中で起きた」と述べた。
 ロシア通信がカイロ発で伝えた。
 高官は、エジプトやフランス、アイルランドの専門家らと構成する国際調査団の一員。空中分解したからと言って「何か結論付けるのは早過ぎる」とも念を押している。


<ロシア機墜落>事故原因究明が本格化 224人全員死亡
毎日新聞 11月1日(日)21時23分配信

318
エジプトのシナイ半島に墜落したロシアの民間航空機の機体の一部=AP

 【カイロ秋山信一、モスクワ真野森作】エジプトのシナイ半島で10月31日に起きたロシアの民間航空機(乗客・乗員224人)墜落事故で、エジプト当局は墜落現場から163人の遺体を回収した。また、飛行データを記録したブラックボックスを発見し、分析作業に着手した。イスマイル首相は31日午後に墜落現場を視察し、事故原因の究明を急ぐ考えを示した。

 墜落の経緯を巡って、政府系紙アルアハラムは、事故調査委員会のトップが「操縦士が技術的な問題を管制当局に報告し、ルート変更を求めていた」と述べたと報道。一方でカマル民間航空相が31日の記者会見で「乗員から救難要請はなく、交信も正常だった」と説明するなど情報が錯綜(さくそう)している。

 また、露テレビ局NTVは、墜落機の副操縦士の元妻の話として、副操縦士が出発前に娘と電話で会話した際、「機体の状態があまり良くない」とこぼしていた、と報じた。

 またシナイ半島を拠点とする過激派組織「イスラム国」(IS)の分派が31日、シリアでの露軍の対IS空爆に対する報復措置として「ロシアの航空機を墜落させた」と主張する声明を出したが、イスマイル首相は「IS分派に高度9000メートル超の航空機を攻撃する能力はない」との専門家の分析を根拠に懐疑的な見方を示した。

 AP通信によると、独ルフトハンザ、エールフランス、エミレーツ(アラブ首長国連邦)の各航空会社はシナイ半島上空の飛行を当面見合わせると決めた。

 タス通信によると、死亡した乗客・乗員224人のうち219人はロシア人で、ほかにウクライナ人が4人、ベラルーシ人が1人。子供は25人。ロシアの民間航空史上で最悪の事故となり、1日は「服喪の日」に指定された。

 ロシア政府は現場の遺体収容のため非常事態省の救助隊員ら約80人を派遣、ソコロフ運輸相やプチコフ非常事態相がエジプトに入った。


露機墜落、地上からの攻撃否定…エジプト首相
読売新聞 11月1日(日)20時34分配信

 【カイロ=久保健一、モスクワ=緒方賢一】エジプト東部シナイ半島で31日、ロシアの航空会社「コガルイムアビア」のチャーター旅客機(乗員・乗客224人)が墜落したことについて、エジプトのイスマイル首相は31日、墜落現場を視察後にカイロで記者会見し、音声記録などを収めたブラックボックスを回収したことを明らかにした。

 墜落の原因について「(旅客機が航行していたとされる)高度では(地上から)撃墜することはできない」と述べ、攻撃によるものとの見方を否定した。エジプト当局によると、同機はエジプト東部シャルムエルシェイクの空港を離陸して23分後、高度9000メートルを飛行中に交信が途絶えた。

 シナイ半島北部では、イスラム過激派組織「イスラム国」の傘下組織とエジプト軍との武力衝突が続いている。イスマイル氏の発言は、この傘下組織が旅客機を撃墜できる地対空ミサイルを保有していないとの見方によるものだ。


ロシア コガリムアビア航空機墜落を受けて…エアバスが調査団を派遣へ
レスポンス 11月1日(日)19時22分配信

エアバスは10月31日、ロシアの航空会社コガリムアビア運航のA321-200型機が現地時間31日午前6時17分過ぎ、エジプトのシナイ半島に墜落したと発表した。

[関連写真]

墜落した7K-9268便は、エジプトのシャルムエルシェイクを出発し、ロシアのサンクトペテルブルクに向かう途中だった。エアバスによると、機材は1997年に製造され、2012年からメトロジェット(コガリムアビアの商号)で運航されるようになったとのこと。総飛行時間は約5万6000時間。エンジンはIAE-V2500。

A321-200を含むA320ファミリーについては、今年9月末の時点で300以上のオペレーターが約6500機を運航していた。エアバスは、国際民間航空機関の第13附属書に沿って、フランス航空事故調査局と今回の事故調査を担当する当局に対し、最大限の技術的支援を提供する調査団の派遣準備が整ったとしている。

《レスポンス 日下部みずき》


ロシア機墜落、航空数社シナイ半島上空の飛行見合わせ
AFP=時事 11月1日(日)14時55分配信

【AFP=時事】エジプトで乗客乗員224人が乗ったロシアの旅客機が墜落したことを受け、ドイツのルフトハンザドイツ航空(Lufthansa)やアラブ首長国連邦(UAE)のエミレーツ航空(Emirates Airline)、エールフランス(Air France)は10月31日、墜落原因が明らかになるまでシナイ半島(Sinai Peninsula)上空の飛行を見合わせる方針を明らかにした。

ロシア旅客機墜落事故、224人全員死亡 ブラックボックス回収

 墜落したのはロシアの航空会社コガリムアビア(Kogalymavia)の9268便(エアバス、Airbus、A321型機)で、紅海(Red Sea)に面したエジプトのリゾート地シャルムエルシェイク(Sharm el-Sheikh)からロシアのサンクトペテルブルク(Saint Petersburg)に向かっていたが、離陸から23分後に消息を絶った。エジプト当局は、シナイ半島アリシュ(El-Arish)の南方約100キロの地点で、6~8キロ四方の範囲に機体の残骸と遺体が散乱していると述べた。

 米連邦航空局(FAA)は3月、同国の航空各社に対して、シナイ半島上空2万6000フィート以下の高度の飛行を回避するよう勧告していた。

 墜落をめぐっては、エジプトに展開するイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」系グループが同機を墜落させたとの犯行声明を出しているが、エジプトのシャリフ・イスマイル(Sharif Ismail)首相は、同機が飛行していた高度で飛行機が墜落される可能性はないとの専門家の見解を示し、犯行声明に疑問を呈した。ロシア運輸相も、「犯行声明が正確とは考えられない」と述べている。【翻訳編集】 AFPBB News


ロシア機がエジプトで墜落、乗員乗客224人が全員死亡
Bloomberg 11月1日(日)12時7分配信

    (ブルームバーグ):乗員乗客224人を乗せたロシアの旅客機が10月31日、エジプト東部シナイ半島で墜落し、全員が死亡した。エジプト当局は調査を開始した。

初期の調査によれば、ロシアのメトロジェットが運航するエアバスA321は技術的な問題により墜落した。エジプト国営メディアがオンライン版で同国情報当局者の話として報じた。

エジプト政府によると、同機は紅海に面したリゾート地シャルムエルシェイクを出発して23分後に墜落。いったんは巡航高度に達していた。同国のイスマイル首相はブラックボックスが発見されたことを明らかにした。

中東の衛星テレビ局アルジャジーラとワシントンに拠点を置くSITEインスティチュートが傍受したところでは、「イスラム国」がロシア軍のシリア空爆に対する報復だとする犯行声明を出した。

イスマイル首相は記者団に対し、「あのような高度にあった航空機を狙うのは技術的に困難だ」と指摘。ロシアのサンクトペテルブルクに向かっていた同機墜落の理由を判断するには時期尚早だと語った。

ロシアのソコロフ運輸相は国営テレビで、テロリストによるミサイル攻撃のリポートは信頼性を欠くと述べた。

原題:Deadliest Russian Air Crash Kills 224, ISIS Claim
Doubted (2)(抜粋)

記事に関する記者への問い合わせ先:カイロ Tamim Elyan ;モスクワ Elena Mazneva ;カイロ Ahmed Feteha ,telyan@bloomberg.net,emazneva@bloomberg.net,afeteha@bloomberg.net

記事についてのエディターへの問い合わせ先:
Vernon Wessels
Abdel Latif Wahba, Tarek El-Tablawy ,vwessels@bloomberg.net


エジプト・シナイ半島でロシア機墜落、乗員乗客224人全員死亡
ロイター 11月1日(日)11時38分配信

[イスマイリア(エジプト)/カイロ 31日 ロイター] - エジプト東部シナイ半島の山岳地帯で31日、同国の保養地シャルムエルシェイクからロシアのサンクトペテルブルクに向かっていたロシアの航空機が墜落した。搭乗していた乗員乗客224人は全員死亡した。

乗客はロシア人が214人、ウクライナ人が3人だった。

エジプトの民間航空当局によると、ロシアのコガルイム航空(通称メトロジェット航空)のエアバスA321型機は、カイロ時間午前5時51分(GMT0351)に離陸し、23分後にレーダーから消えた。現場からはブラックボックスが回収された。

エジプトのイスマイル首相は記者会見で、生存者を発見する可能性はほぼないとの見方を示した。

欧州航空大手のルフトハンザ<LHAG.DE>とエールフランス・KLM<AIRF.PA>は、墜落原因が明らかになるまでシナイ半島上空の飛行を避けると発表した。

過激派組織「イスラム国」は、ロシアのシリア空爆への報復として同機を撃墜したとする犯行声明を短文投稿サイト「ツイッター」で発表したが、ロシアの運輸相はインタファクス通信に対し、声明内容が「真実とは考えられない」と述べた。


ロシア機墜落、故障が原因か 遺体と記録装置を発見
CNN.co.jp 11月1日(日)9時53分配信

カイロ(CNN) ロシアの旅客機が墜落したエジプト・シナイ半島の現場で、飛行データや操縦室内の音声を記録したブラックボックスが見つかった。またエジプトのカマル民間航空相によると、搭乗者224人のうち129人の遺体が収容され、同国の首都カイロへ送られた。

墜落したのはロシアの航空会社コガリムアビアの9268便(エアバスA321型機)。現地時間の31日早朝に乗客217人、乗員7人を乗せ、シナイ半島南端付近に位置するリゾート地シャルムエルシェイクからロシアのサンクトペテルブルクへ向かって出発したが、離陸から23分後にレーダーから姿を消した。

ロシアの国営メディアによれば、乗客の多くは旅行帰りのロシア人とみられる。子どもも搭乗しており、乗客名簿によれば17人だが、ロシア当局は25人としている。

エジプト国内の空港を管理運営するエジプト空港会社(EAC)の責任者がCNNアラビックに語ったところによると、墜落の原因は不明だが、技術上の故障だった可能性が高い。
墜落機は出発前に通常の点検を受け、異常なしとの結果が出ていた。墜落前にも変わった様子はみられなかったという。当時の天候は良好だったとされる。

ロシアの国営テレビ「ロシア24」など同国のメディアは、墜落機が姿を消す前に、機長から故障の報告と緊急着陸の要請があったと伝えたが、当局者らによる裏付けは得られていない。

過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」系のイスラム武装組織が同日、インターネット上で「対空ミサイルを使って撃ち落とした」との犯行声明を出した。しかしロシアの国営IRAノーボスチ通信はソコロフ運輸相の話として、声明に信ぴょう性はないと伝えている。

独ルフトハンザ航空と仏エールフランスは、現場上空を避ける飛行ルートへの変更を決めた。ルフトハンザの報道担当者は、同機が墜落した状況や原因が明確になるまでの措置だと説明した。


224人乗りロシア機墜落 エジプト 機体トラブル?「全員死亡」
産経新聞 11月1日(日)7時55分配信

317
事故機の飛行ルート(写真:産経新聞)

 【モスクワ=遠藤良介】ロシア航空当局に入った連絡によると、エジプト東部シャルムエルシェイクから露サンクトペテルブルクに向かっていたロシアのコガルイム航空のエアバスA321旅客機(乗客乗員224人)が31日、エジプトのシナイ半島で墜落した。エジプトのメディアは、搭乗者全員が死亡したとする政府関係者の話を伝えた。エジプト当局は、機体トラブルによる事故だとの見方を強めている。

 墜落現場は、シナイ半島中部に位置する山岳地帯のハサナ地区。旅客機は大破した状態で発見され、150人以上の遺体が収容された。

 搭乗者の大半はロシア人旅行客で、在エジプト日本大使館では日本人乗客はいなかったとみている。

 旅客機は離陸の約23分後に消息を絶った。国営ロシア通信によると、同機のパイロットは離陸直後、技術的な問題があるとして、カイロへの緊急着陸を管制官に要請していた。

 露政府は事故原因を究明する国家委員会を設置し、治安当局も運航状況に関する捜査に乗り出した。イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」傘下の武装勢力が「ロシア機を墜落させた」とする声明をインターネット上に出したが、ソコロフ露運輸相は「信憑(しんぴょう)性に乏しい」としている。


ロシア旅客機墜落事故、224人全員死亡 ブラックボックス回収
AFP=時事 11月1日(日)7時31分配信

316
エジプト・シナイ半島の山岳地帯で発見された墜落した旅客機の残骸(2015年10月31日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】(写真追加)エジプトのシナイ半島(Sinai Peninsula)の山岳地帯で10月31日に発生したロシアの旅客機墜落事故で、駐カイロ・ロシア大使館は、乗客乗員224人全員が死亡したと発表した。

【関連写真】悲しみに暮れる親族

 エジプトの首相府は、「ブラックボックスが墜落機後尾で発見、回収され、分析のため専門家に送られた」と述べ、救助隊がこれまでに129人の遺体を回収したと付け加えた。

 シャリフ・イスマイル(Sharif Ismail)首相は後に行われた記者会見で、専門家が「ブラックボックスの情報を調査する。その結果に基づき、墜落の原因を究明する」と語った。

■IS系グループが犯行声明

 この事故をめぐり、エジプトに展開するイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」系グループが同機を墜落させたとの犯行声明を出しているが、その方法については言及していない。これに対しイスマイル首相は、今回のような高度で飛行機を墜落させることはできないとの専門家の見解を示し、犯行声明に疑問を呈した。ロシア運輸相も、「犯行声明が正確とは考えられない」と述べている。【翻訳編集】 AFPBB News


129人の遺体収容=ロシア機墜落で閣僚派遣―エジプト
時事通信 11月1日(日)7時1分配信

 【カイロ、モスクワ時事】エジプト東部シナイ半島で31日に起きたロシア旅客機の墜落をめぐり、エジプトのイスマイル首相は同日夜の記者会見で、墜落現場から129人の遺体を収容したことを明らかにした。
 
 乗客乗員224人が乗っており、事故はロシア旅客機の墜落としては近年で最悪の惨事となった。ロシアのプーチン大統領は事態を重視し、緊急援助隊と共にプチコフ非常事態相、ソコロフ運輸相らを現地に派遣した。
 エジプト捜査当局は、墜落現場から飛行記録と会話記録が残るブラックボックスを回収しており、その解析を通じて事故原因の解明を進める。ロシアの捜査チームも参加する予定。エジプトのシシ大統領は墜落を受けてプーチン大統領と電話会談し、「最大限の協力」を約束した。
 一方、欧州航空大手のエールフランスKLM、ドイツのルフトハンザは、安全を考慮し、墜落原因が解明されるまでシナイ半島上空の飛行を停止すると決めた。
 墜落が機体の不具合が原因という見方が強まる中、過激派組織「イスラム国」を名乗る勢力がツイッター上で撃墜を主張した。ただ、エジプト軍は「テロリストはどのような声明も出せるが、墜落に関与した証拠はない」と指摘、ロシア運輸省も「(撃墜説に)信ぴょう性はない」と全面否定した。


224人乗り旅客機墜落=ロシア便
時事通信 11月1日(日)3時27分配信

315
エジプト・シナイ半島北部の山岳地帯に墜落した、ロシアのコガルイム航空運航のエアバスA321型旅客機(乗客217人、乗員7人)の残骸。ロシア大使館は「全員が死亡した」と述べた=31日


露旅客機墜落 イスラム国系が「墜落させた」と犯行声明 露当局「信憑性乏しい」
産経新聞 11月1日(日)0時50分配信

 【モスクワ=遠藤良介】ロシア航空当局に入った連絡によると、エジプト東部シャルムエルシェイクから露サンクトペテルブルクに向かっていたロシアのコガルイム航空のエアバスA321型旅客機(乗客乗員224人)が31日、エジプトのシナイ半島で墜落した。エジプトのメディアは、搭乗者全員が死亡したとする政府関係者の話を伝えた。エジプト当局は、機体トラブルによる事故だとの見方を強めている。

 墜落現場は、シナイ半島中部に位置する山岳地帯のハサナ地区。旅客機は大破した状態で発見され、150人以上の遺体が収容された。搭乗者の大半はロシア人旅行客で、在エジプト日本大使館では日本人乗客はいなかったとみている。

 旅客機は離陸の約23分後に消息を絶った。国営ロシア通信によると、同機のパイロットは離陸直後、技術的な問題があるとして、カイロへの緊急着陸を管制官に要請していた。

 露政府は事故原因を究明する国家委員会を設置し、治安当局も運航状況に関する捜査に乗り出した。イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」傘下の武装勢力が「ロシア機を墜落させた」とする声明をインターネット上に出したが、ソコロフ露運輸相は「信憑(しんぴょう)性に乏しい」としている。


224人乗り旅客機墜落=ロシア便、全員死亡か―エジプト
時事通信 11月1日(日)0時28分配信

 【カイロ、モスクワ時事】ロシアのコガルイム航空(通称メトロジェット航空)運航のエアバスA321型旅客機(乗客217人、乗員7人)が31日午前(日本時間同午後)、エジプト・シナイ半島北部の山岳地帯に墜落した。
 同機はチャーター便で乗客の大半はロシア人。ロシア大使館は「全員が死亡した」と述べた。
 報道によれば、乗客のうち214人がロシア人で、3人はウクライナ人だった。現地では多数の遺体が発見され、収容作業が進められている。機体は真っ二つに割れ、シートベルトを付けて席に着いたままの遺体も見られた。在エジプト日本大使館は「搭乗者名簿に日本人らしき名前はない」としている。
 ロシア航空当局によると、旅客機は現地時間31日午前5時51分(日本時間午後0時51分)、シナイ半島南部の保養地シャルムエルシェイクを離陸し、午前6時14分(同午後1時14分)にキプロス航空管制当局のレーダーから消えた。ロシア第2の都市サンクトペテルブルクに向かっていた。
 ロシアの通信社は、航空情報サイトの記述として、旅客機は高度を1500メートル一気に下げた後、レーダーから消えたと報道。また、カイロの国際空港筋の話として、旅客機は消息を絶つ前、近くの空港に着陸許可を求めていたと伝えた。
 こうした状況から、機体の不具合が墜落の原因という見方が強い。ツイッター上には、過激派組織「イスラム国」を名乗る勢力が撃墜を主張する声明も投稿されたが、エジプト当局はその可能性を否定している。エジプト、ロシア両国の当局が原因究明のための調査チームを立ち上げた。エジプト捜査当局は、事故現場から飛行記録が残るブラックボックスを回収した。


ロシア機墜落「全員死亡」
時事通信 10月31日(土)22時23分配信

 【カイロ時事】AFP通信によると、エジプトで31日に起きたロシア旅客機墜落事故で、ロシア大使館は「全員が死亡した」と述べた。


露旅客機墜落 乗客乗員224人 エジプト当局「生存者いない」
産経新聞 10月31日(土)22時15分配信

 【モスクワ=遠藤良介】ロシア航空当局に入った連絡によると、エジプト東部シャルムエルシェイクから露サンクトペテルブルクに向かっていたロシアのエアバスA321旅客機(乗客乗員224人)が31日、エジプトのシナイ半島で墜落した。エジプト当局は、機体トラブルによる事故だとの見方を強めている。搭乗者の大半がロシア人の旅行客とみられ、地元メディアによると、複数のエジプト政府当局者は生存者がいないと語った。

 エジプトからの報道によれば旅客機は大破した状態で発見された。在エジプト日本大使館は乗客乗員に日本人はいないとみている。

 旅客機は離陸の約23分後に消息を絶った。国営ロシア通信によると、同機のパイロットは離陸直後、技術的な問題があるとして、カイロへの緊急着陸を管制官に要請。エジプトのメディアは、ミサイルによる撃墜などは考えにくいとする消息筋の話を伝えた。

 旅客機を運航していたロシアのコガルイム航空はチャーター便を扱い、墜落した機は製造から18年以上が経過。プーチン露大統領は31日、搭乗者の親族に弔意を示し、事故に関する国家委員会を設けるようメドベージェフ首相に命じた。


ロシア旅客機墜落=エジプト
時事通信 10月31日(土)21時21分配信

314
ロシアのコガルイム航空運航のエアバス321型旅客機が、エジプト・シナイ半島北部の山岳地帯に現地時間31日午前、墜落した。写真はサンクトペテルブルクの空港で、ニュースを聞いて顔を伏せる乗客の親族たち


露旅客機墜落 機体大破、遺体100体以上を収用「ミサイル撃墜考えにくい」
産経新聞 10月31日(土)21時3分配信

 【モスクワ=遠藤良介】ロシア航空当局に入った連絡によると、エジプト東部シャルムエルシェイクから露サンクトペテルブルクに向かっていたロシアのエアバスA321型旅客機(乗客乗員224人)が31日、エジプトのシナイ半島で墜落した。エジプト当局は、機体トラブルによる事故だとの見方を強めている。搭乗者の大半がロシア人の旅行客とみられ、既に約100人の遺体が収容されたとの情報もある。

 エジプトからの報道によれば、旅客機は大破した状態で発見された。在エジプト日本大使館は乗客乗員に日本人はいないとみている。

 旅客機は離陸の約23分後に消息を絶った。国営ロシア通信によると、同機のパイロットは離陸直後、技術的な問題があるとして、カイロへの緊急着陸を管制官に要請。エジプトのメディアは、ミサイルによる撃墜などは考えにくいとする消息筋の話を伝えた。

 旅客機を運航していたロシアのコガルイム航空はチャーター便を扱う小規模な企業で、墜落した機は製造から18年以上が経過していた。プーチン露大統領は31日、搭乗者の親族に弔意を示し、事故に関する国家委員会を設けるようメドベージェフ首相に命じた。


露旅客機墜落 大破した機体は製造から18年超、エンジントラブルか
産経新聞 10月31日(土)20時14分配信

 【モスクワ=遠藤良介】ロシア航空当局に入った連絡によると、エジプト東部シャルムエルシェイクから露サンクトペテルブルクに向かっていたロシアのエアバスA321型旅客機(乗客乗員224人)が31日、エジプトのシナイ半島で墜落した。同国からの報道によれば、旅客機は大破した状態で発見された。エジプト当局は、機体トラブルによる事故だとの見方を強めている。搭乗者の大半がロシア人の旅行客とみられている。

 旅客機は離陸の約23分後に消息を絶った。国営ロシア通信によると、同機のパイロットは離陸直後、技術的な問題があるとして、カイロへの緊急着陸を管制官に要請していた。エジプトのメディアも、墜落原因はエンジンのトラブルとみられ、ミサイルによる撃墜などは考えにくいとする消息筋の話を伝えた。

 旅客機を運航していたロシアのコガルイム航空は、チャーター便を扱う小規模な企業で、墜落した機は製造から18年以上が経過していた。プーチン露大統領は31日、搭乗者の親族に弔意を示すとともに、事故に関する国家委員会を設けるようメドベージェフ首相に命じた。


224人搭乗のロシア旅客機が墜落、残骸発見 エジプト当局
AFP=時事 10月31日(土)18時58分配信

313
エジプト・シナイ半島の砂漠(2014年1月29日撮影、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】エジプトのシナイ半島(Sinai Peninsula)で31日、乗員乗客224人が乗ったロシアの旅客機が墜落したと、エジプト当局が発表した。エジプト政府は同日、同国軍機が旅客機の残骸を発見したと発表した。

 エジプト首相府は声明で「ロシアの民間機がシナイ半島中部で墜落した」と述べた。航空当局幹部によれば、事故機はロシアの会社のチャーター機で、乗客217人、乗員7人が乗っていた。

 ロシア連邦航空局(Rosaviatsia)の関係者が同国インタファクス(Interfax)通信に語ったところによれば、この旅客機は紅海(Red Sea)に面したエジプトのリゾート地、シャルムエルシェイク(Sharm el Sheikh)を現地時間31日午前5時51分(日本時間同日午後12時51分)に出発した。この関係者によると、旅客機からキプロス島(Cyprus)の管制塔へ行うはずだった連絡がなく「以降、通信もなく、レーダー上にも現れていない」という。

 一方、エジプト政府は、「エジプト軍機がシナイ半島の山岳地帯で旅客機の残骸を発見した。負傷者の救助および遺体収容のため、救急車両45台が現場に向かっている」と伝えた。【翻訳編集】 AFPBB News


224人乗りロシア機がエジプトに墜落 機長が離陸直後に「技術的問題」ルート変更要請
産経新聞 10月31日(土)18時48分配信

 【中東支局】エジプト東部シャルムエルシェイクからロシア西部サンクトペテルブルクに向かっていたロシア「コガルイム航空」のエアバスA321型旅客機が31日午前(日本時間同午後)、離陸後間もなく消息を絶ち、エジプト・シナイ半島中部に墜落した。ロイター通信などが伝えた。乗客乗員224人が搭乗していたという。

 ロシアの航空当局によると、同機は午前6時51分に離陸後、約25分後に消息を絶ったという。同機の機長が離陸直後、「技術的な問題」が発生したために飛行ルートの変更を要請したとの情報もある。

 乗客の大半は、ロシア人とみられている。

 シャルムエルシェイクは、紅海に面した同半島南部にあるリゾート地。シナイ半島の一部では、イスラム過激派の動きが活発化しているが、エジプト当局は、旅客機が撃墜された兆候はないとしている。


露行きエアバス機、エジプト・シナイ半島で墜落
読売新聞 10月31日(土)18時19分配信

 【カイロ=久保健一】エジプト首相府は10月31日、同国東部シャルムエルシェイク発ロシア・サンクトペテルブルク行きのエアバス321型旅客機が同日朝(日本時間同日午後)、エジプト東部シナイ半島で墜落したと発表した。

 ロシアのメディアは、同機に乗客乗員224人が乗っていたと伝えた。

 シナイ半島は、イスラム過激派組織「イスラム国」の傘下組織が活動しており、エジプト軍が掃討作戦を行っている。


ロシア旅客機、エジプト・シナイ半島で墜落 224人搭乗か
CNN.co.jp 10月31日(土)18時9分配信

カイロ(CNN) エジプトのイスマイル首相は、ロシアの旅客機が31日、同国東部シナイ半島で墜落したと明らかにした。ロシア国営メディアは同機に224人が搭乗していたとしている。

ロシアの通信社スプートニクがエジプトの航空管制当局の話として伝えたところによると、同機はエジプトのリゾート地シャルムエルシェイクからロシアのサンクトペテルブルグに向かっていた。

同通信によると、ロシア航空当局筋は国営RIAノーボスチ通信に、墜落したのはコガリマビア航空9268便(エアバス321型機)で、乗客217人、乗員7人が搭乗していたと語った。同機はシャルムエルシェイクをグリニッジ標準時同日3時31分(日本時間同日午後0時31分)に離陸し、23分後にレーダーから消えたという。

エジプト国営アルアフラム紙は、墜落地点はシナイ半島中部アルクンティラとアルカシーマの間で、救急車20台以上が現場に向かったと伝えた。

ロシア外務省は交流サイトのフェイスブックで、エジプトのロシア大使館が情報収集に当たっていると述べた。


<ロシア旅客機>エジプトで墜落か…224人搭乗の情報
毎日新聞 10月31日(土)18時2分配信

 ロイター通信は31日、ロシアの民間旅客機がエジプトのシナイ半島北部で墜落したと報じた。旅客機はエジプト南東部シャルムエルシェイクからロシアのサンクトペテルブルクに向かっていたエアバスA321。乗客・乗員合わせて224人が搭乗しており、多くはロシア人とみられるという。

 同通信は、エジプトの治安当局者の話として、墜落した機体は大破しており、生存者がいる可能性は少ないと報じた。また、現時点では旅客機が撃ち落とされたことを示す情報はないとしている。【八田浩輔】


エジプトでロシア機墜落
2015年10月31日(土)17時46分配信 共同通信

 【カイロ共同】エジプト首相府は31日、同国東部シナイ半島でロシアの航空機が墜落したと発表した。エジプトの国営テレビが伝えた。ロイター通信は同日、エジプト当局者の話として、墜落したのはエアバスA321旅客機で、乗客乗員224人が乗っていたと報じた。

 在エジプト日本大使館の担当者は、乗客乗員に日本人はいないとみられると述べた。

 同機はエジプト東部シャルムエルシェイクを出発し、ロシアのサンクトペテルブルクへ向かっていた。

 ロシア通信によると、パイロットは離陸直後に管制官に技術的な問題があると伝えていた。


224人乗りロシア機が墜落 エジプト・シナイ半島に
産経新聞 10月31日(土)17時25分配信

 【中東支局】ロイター通信によると、エジプト東部シャルムエルシェイクからロシア西部サンクトペテルブルクに向かっていた露コガルイム航空のエアバスA321型旅客機が、キプロス上空付近で消息を絶ち、エジプト・シナイ半島に墜落した。

 乗員乗客224人が搭乗していたという。


ロシア旅客機墜落=乗客乗員224人安否不明―エジプト
時事通信 10月31日(土)17時18分配信

 【カイロ、モスクワ時事】AFP通信などによると、エジプト首相府は31日、声明を出し「ロシアの旅客機がシナイ半島で墜落した」と発表した。
 エジプト航空当局によると、ロシアの航空会社のチャーター便で、乗客217人、乗員7人の安否は不明。在ロシア・エジプト大使館は、乗客は全員ロシア人だと明らかにした。
 旅客機はロシアのコガルイム航空(通称メトロジェット航空)が運航するエアバス321型機。エジプト東部シナイ半島の保養地シャルムエルシェイク発、ロシア第2の都市サンクトペテルブルク行きだった。
 ロシア航空当局によると、旅客機は現地時間31日午前5時51分(日本時間午後0時51分)、シャルムエルシェイクを離陸し、午前6時14分(同午後1時14分)にキプロス航空管制当局のレーダーから消えた。
 エジプト政府は「軍の航空機が墜落した機体の破片を発見した。現場は山岳地帯だが、救急車45台が急行した」と発表した。
 ロシアの通信社は、航空情報サイトの記述として、旅客機は高度を1500メートル一気に下げた後、レーダーから消えたと報道。また、カイロの国際空港筋の話として、旅客機は消息を絶つ前、近くの空港に着陸許可を求めていたと伝えた。

« 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2061 | トップページ | ロシア・コガルイム航空のエアバスA321がエジプトで墜落・2 »

システム・技術・産業」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

事故・トラブル・インシデント」カテゴリの記事

船舶・鉄道・航空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/62587654

この記事へのトラックバック一覧です: ロシア・コガルイム航空のエアバスA321がエジプトで墜落:

« 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2061 | トップページ | ロシア・コガルイム航空のエアバスA321がエジプトで墜落・2 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31