« トルコの首都アンカラで連続爆発テロ 95人死亡、負傷者多数 | トップページ | 777・787・A350等、航空機一般の話題・15 »

2015年10月11日 (日)

トルコの首都アンカラで連続爆発テロ 97人死亡、負傷者多数・2

トルコの首都アンカラ中心部で10日、2回連続して大規模な爆発があり、97人が死亡、246人が負傷した。

同国のダウトオール首相は記者会見し「自爆テロ犯2人による犯行だ。確かな証拠がある」と述べた。ただ、犯行声明は出ていない。在トルコ日本大使館によると、これまでに邦人が被害を受けたとの情報はない。

最初の記事

リンク:トルコ連続爆発の容疑者2人を拘束、事前に事件知っていた疑い - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「イスラム国」とPKKの可能性大=首都テロ事件、2人拘束―トルコ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:自爆テロ「シリアに由来」 - 速報:@niftyニュース.
リンク:首都自爆テロ「シリアに起因」=特別捜査を命令―トルコ大統領 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トルコ自爆テロ 「テロ阻止できなかった」と各地でスト 葬儀が反政府デモに転化も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<トルコテロ>「ISを最優先で捜査」支持者ら50人拘束 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【BBC】トルコ首都の連続爆破、犠牲者追悼に数千人 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トルコ首相「『イスラム国』に焦点」…連続テロ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トルコ自爆テロ、ISISを重点捜査 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:与党、選挙集会を一時中止=首都テロ事件受け―トルコ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トルコ連続爆発、ISの犯行を最有力視 PKKと極左組織も捜査 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「イスラム国」を重点捜査=トルコ首相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「イスラム国」を重点捜査=死者97人、選挙は予定通り―トルコ首相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トルコ、「イスラム国」関与疑う - 速報:@niftyニュース.
リンク:トルコ・リラが続落-アンカラの爆弾事件で少なくとも97人死亡 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トルコで自爆テロ、少なくとも97人が死亡-通貨リラが下落 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トルコ爆弾テロ 死者97人に、数千人が追悼集会に参加 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トルコ連続爆発、「男2人による自爆」首相府発表 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トルコ・アンカラで数千人がデモ、エルドアン大統領を糾弾 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トルコ総選挙 来月1日 首都テロ95人死亡受け治安争点 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<トルコ爆弾テロ>狙われた平和的集会 非難と政治的混乱 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<トルコ爆弾テロ>死者95人 負傷の48人が集中治療中 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:犠牲者の写真を掲げて抗議する人々 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

トルコ連続爆発の容疑者2人を拘束、事前に事件知っていた疑い
AFP=時事 10月14日(水)22時43分配信

【AFP=時事】トルコの首都アンカラ(Ankara)で10日に発生し97人が死亡した連続爆発事件で、襲撃を事前に知っていた疑いがあるとして、トルコ当局はクルド人武装組織「クルド労働者党(Kurdistan Workers' Party、PKK)」と関係があるとみられる容疑者2人の身柄を拘束した。当局者らが14日、明らかにした。

 内務省当局者によると、2容疑者は爆弾攻撃のことを事件前から知っており、事件の9時間前にツイッター(Twitter)で攻撃の情報を共有していた疑いが持たれている。

 トルコ政府高官はAFPに「これは新たな捜査だ」と述べ、「(事件のことを)事前に知り得た理由について2容疑者から事情を聴取している」と語った。トルコ政府によると、2容疑者はPKKとつながりがあるという。

 先だってトルコ政府は事件について、イスラム過激派組織「イスラム国(Islamic State、IS)」の犯行である可能性が最も高いものの、PKKなど他の組織による犯行の可能性も除外できないと述べていた。【翻訳編集】 AFPBB News


「イスラム国」とPKKの可能性大=首都テロ事件、2人拘束―トルコ
時事通信 10月14日(水)19時54分配信

 【エルサレム時事】トルコからの報道によると、ダウトオール首相は14日、首都アンカラで10日に起きた自爆テロ事件について、過激派組織「イスラム国」と反政府武装組織、クルド労働者党(PKK)が関与している可能性が高いと述べた。
 最大都市イスタンブールでの記者会見で明らかにした。
 事件ではクルド系デモ参加者97人が犠牲となった。首相は「ツイッターのアカウントやIPアドレス(インターネット上の住所)の情報から、『イスラム国』とPKKが積極的に関与している可能性が高い」と指摘した。
 トルコ警察は14日、事件を事前に把握していた疑いで、PKKメンバーとされる2人を拘束。地元メディアによれば、事件の9時間前に偽のツイッターアカウントを使い、「アンカラで爆発があるだろう」と投稿していたという。 


自爆テロ「シリアに由来」
2015年10月14日(水)9時3分配信 共同通信

 【カイロ共同】トルコのエルドアン大統領は13日、首都アンカラで10日に起きた自爆テロが「シリアに由来するという情報機関の報告がある」と述べ、過激派組織「イスラム国」の関与を示唆した。包括的な捜査や調査を行うため、直属機関「国家監査委員会」の設置を指示した。

 トルコを訪問中のフィンランドのニーニスト大統領との共同記者会見で語った。トルコメディアなどが報じた。

 エルドアン氏は、テロを防げなかった政府の一部対応の「不備」を認めたが、野党が求める担当閣僚の辞任要求には応じない方針を強調した。


首都自爆テロ「シリアに起因」=特別捜査を命令―トルコ大統領
時事通信 10月14日(水)7時13分配信

 【エルサレム時事】トルコからの報道によると、エルドアン大統領は13日、首都アンカラでの自爆テロ事件について、「シリアに起因しているとの情報がある」と述べた。
 その上で、大統領府に所属する国家監査委員会に対し、警察による捜査と並行して、「違う観点から」特別な捜査を行うよう命じたことを明らかにした。
 事件ではクルド系デモの参加者97人が犠牲になった。ダウトオール首相は既に、過激派組織「イスラム国」関与を優先的に捜査していると述べていた。
 エルドアン大統領は13日、アンカラで行われたフィンランドのニーニスト大統領との共同記者会見で、改めて今回の事件を強く非難。犯人の特定まで「少しの辛抱が必要だ」と国民に訴えた。
 また、治安対策が不十分だったとして政府への批判が強まっていることに対しては、「明らかにどこかで過ちや不備があったに違いない」と認めつつ、具体的には調査後に明らかになると述べた。 


トルコ自爆テロ 「テロ阻止できなかった」と各地でスト 葬儀が反政府デモに転化も
産経新聞 10月13日(火)20時21分配信

 【カイロ=大内清】トルコからの報道によると、同国の最大都市イスタンブールなど各地で12日、労組などが呼び掛けたデモやストライキがあり、参加者は、首都アンカラで少なくとも97人が死亡した10日の自爆テロを阻止できなかったとしてエルドアン政権を非難した。最大野党の共和人民党(CHP)や少数民族クルド人系の左派、人民民主党(HDP)もこれに乗じて政府や与党、公正発展党(AKP)への攻勢を強めており、11月1日の出直し総選挙を前に政治対立が深まっている。

 一方、AKPを率いる同国のダウトオール首相は12日、地元テレビ局とのインタビューで、テロはイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」による可能性が高いと指摘。自爆犯2人の身元や背後関係の捜査を進めていると強調した。

 ただ今回の事件ではイスラム国が存在を誇示するために出す犯行声明などは確認されておらず、イスラム国犯行説の真偽はなおも不明のままだ。

 トルコ各地では12日、テロの犠牲者らの葬儀も行われた。一部では葬儀が反政府デモに転化し、参加者らは「エルドアンは殺人者だ」などと非難した。

 トルコ政府は隣国シリアの内戦当初から反体制派を支援してきたが、それがイスラム国の台頭やトルコへの浸透を手助けしたとも指摘される。デモ隊の反政府感情はそうした事情を背景としており、野党からは外交・安全保障政策の転換を求める声も強まっている。


<トルコテロ>「ISを最優先で捜査」支持者ら50人拘束
毎日新聞 10月13日(火)19時24分配信

 【エルサレム大治朋子】トルコの首都アンカラで10日に起きた大規模爆破テロに関し、トルコ治安当局は13日までに、過激派組織「イスラム国」(IS)の関係者や支持者など少なくとも50人を拘束した。またダウトオール首相は12日、ISによる犯行の可能性が最も高いとして「最優先で調べている」と明らかにした。地元メディアが報じた。

 トルコは7月にISへの空爆作戦を開始した。首相は地元テレビに、今回のテロはその攻撃に対する報復との見方を改めて強調。ほぼ同時に起きた2件の爆発は、どちらも自爆テロの可能性が高く、うち1件については容疑者の身元を特定しつつあるとした。

 事件は少数民族クルド人の人権保護を訴える団体などが主催したデモの現場で発生。約50メートルの間隔で2件の爆発が起き、死者は13日までに97人となった。

 アナトリア通信によると、2件の爆発ではTNT火薬が約5キロずつ使われ殺傷能力を高める金属球が詰められていた。トルコ治安当局は、7月20日に南東部スルチで起きたIS関連組織の犯行とみられる事件と手口が酷似しているとの見方を示している。


【BBC】トルコ首都の連続爆破、犠牲者追悼に数千人
BBC News 10月13日(火)11時5分配信

267
【BBC】トルコ首都の連続爆破、犠牲者追悼に数千人

トルコの首都アンカラで少なくとも95人が死亡した連続爆破事件の犠牲者追悼のため、11日から3日間の服喪が始まり、アンカラでは数千人が集まった。2回の爆発の現場近くで一部の人が花を手向けようとしたところ、警官隊ともみあいになる騒ぎもあった。

イスタンブールでは犠牲者の一人、クブラ・メルテム・モラオグルさんの葬儀が行われ、参列した数百人が「平和を求めたのに殺された」というプラカードを手に、「人殺しの政府は罪を問われる!」と口々に叫んでいた。

どの団体も犯行声明を出していない。

トルコのダウトオール首相は、自爆テロ犯2人が関与していた証拠があるとして、過激派勢力「イスラム国」(IS)か反政府武装組織クルド労働者党(PKK)による犯行かもしれないと述べたが、治安当局筋はISの犯行の可能性が高いという見方を示している。

10日の爆発は、左派組織による平和集会が開かれる予定だった中心部のアンカラ駅に近い高架下付近で起きた。集会に参加していた左派のクルド系政党、国民民主主義党(HDP)は、死者の数は128人に上ると主張している。集会では、トルコ軍とPKKの戦闘停止を呼びかける予定で、デモ行進も計画されていた。

2回の爆破が起きた現場の様子(写真ギャラリー)

<ビデオ> 爆発の瞬間をとらえた映像(解説なし)

治安当局筋は、集会への爆弾攻撃は過激派勢力「イスラム国」(IS)によるものとみている。またトルコ政府が関与していたのではないかという疑惑について、政府は強硬にこれを否定している。

PKKは10日、予定通り一方的な停戦を発表し、自衛を除きトルコ領内でのゲリラ活動を停止するよう戦闘員に呼びかけた。しかしトルコ軍は11日、トルコ南東部をはじめイラク北部のPKK拠点を空爆し49人を死亡させたと発表した。

<現場から>BBCニュース、セリン・ギリット記者

アンカラ中心部の広場に11日、数千人が集まった。同じ広場で前日、平和集会が開かれる予定だった。暴力で妨害されてしまったが。

追悼に集まった人たちの間には、政府への怒りがあらわで、警備の不備を批判する声が多く聞かれた。

実に重要で緊迫したタイミングを狙って、爆破攻撃は起きた。10日の前からこうした事件の被害者の葬式は日常化しており、国民感情は大きく揺れていた。

総選挙を3週間後の11月1日に控えて、さらに暴力が激化するのではないか、治安は維持できるのかと多くの人が不安に思っている。

テロの専門家たちは、アンカラでの事件はISがトルコ南部スルチで7月20日に実行した攻撃と手法が似ていると指摘する。スルチの攻撃を受けてPKKは、治安当局がISと協力していると非難。政府とPKKの停戦合意がこれで破綻した。

これに対してHDPは政府そのものの反攻だと非難し、総選挙に向けた集会をすべて中止した。6月には南東部ディヤルバクルでHDPの集会が爆破攻撃を受けている。

一方で首相府のハシミ報道官はBBCに対して、政府の関与を疑うような意見はいずれも「恥ずべきもので受け入れがたい」と反論している。

犠牲になった95人のうちの4人(上から時計回り/敬称略)(c) BBC News


トルコ首相「『イスラム国』に焦点」…連続テロ
読売新聞 10月13日(火)10時51分配信

 【イスタンブール=久保健一】トルコのダウトオール首相は12日、同国の民放テレビ「NTV」に対し、首都アンカラで10日発生した連続自爆テロの捜査に関連し、「犯行の手口などからして、第一に焦点を当てるべきは(イスラム過激派組織)『イスラム国』だ」と語った。

 首相は10日、「イスラム国」や少数民族クルド人の武装組織「クルド労働者党」など4組織が関与している可能性があると指摘していた。

 また、トルコ当局は12日、テロの死者数は97人にのぼったと発表した。


トルコ自爆テロ、ISISを重点捜査
CNN.co.jp 10月13日(火)9時46分配信

(CNN) トルコの首都アンカラで10日に起きた爆弾テロ事件で、ダウトオール首相は12日、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」が関与したとの見方を強め、重点捜査を行っていることを明らかにした。

この事件ではアンカラ中心部の駅の近くで相次いで爆発が起き、少なくとも97人が死亡、250人近くが負傷した。当局は、2人の自爆テロ犯による犯行との見方を示している。

同国のアナドル通信によれば、当局は爆弾事件の捜査に関連して、ISISに加わった疑いのある人物の家族などからのDNA採取に乗り出したという。

ダウトオール首相は地元テレビ局NTVの取材に対して12日、「ダーイシュ(ISIS)を最優先に捜査を行っている。氏名の特定に向けかなりの進展があった」と説明。同国は長年にわたって自爆テロと向き合ってきたと述べ、「トルコはシリアのような状態にはならない」と強調した。

爆弾テロの標的となった集会では、クルド系のクルディスタン労働党(PKK)とトルコ政府の間で再燃した衝突の終結を求めていた。クルド人勢力はイラクやシリアでISISの掃討を目指す戦闘に参加。トルコ政府は同国南部にある空軍基地を、米軍がISISの拠点攻撃のために使うことを認めていた。


与党、選挙集会を一時中止=首都テロ事件受け―トルコ
時事通信 10月12日(月)23時11分配信

 【エルサレム時事】トルコからの報道によると、与党・公正発展党(AKP)は12日、首都アンカラで起きたテロ事件を受け、16日まで選挙集会開催を中止すると発表した。
 その後の集会は「テロに対する団結」を訴えるものになるという。
 クルド系政党の国民民主主義党(HDP)も12日、同様のテロ事件発生を防ぐため、全ての選挙集会の中止を検討していると明らかにした。 


トルコ連続爆発、ISの犯行を最有力視 PKKと極左組織も捜査
AFP=時事 10月12日(月)21時55分配信

265
トルコの首都アンカラで、10日の平和集会での爆発で犠牲となったトルコ労働党党員のひつぎに突っ伏して悲しむ親族(2015年10月11日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】トルコの首都アンカラ(Ankara)で10日に発生し97人が死亡した連続爆発事件について、アフメト・ダウトオール(Ahmet Davutoglu)首相は12日、イスラム過激派組織「イスラム国(Islamic State、IS)」の犯行との見方を最有力視して捜査が行われていると語った。

 ダウトオール首相は現地NTVテレビに対し「事件の発生状況から見て、ダーイシュ(Daesh、ISのアラビア語名の略称)を最も優先して捜査している」と述べた。また爆破は間違いなく2人の自爆犯によるものだと述べた上で「爆破犯のうち1人の特定には近づいており」、それが背後の組織の特定にも役立つだろうと語った。

 ただし同首相は、当局がISの他に、クルド人武装組織「クルド労働者党(Kurdistan Workers' Party、PKK)」と極左グループ「革命人民解放党・戦線(Revolutionary People's Liberation Party–Front、DHKP/C)」の2組織も「参考として」捜査中だと述べた。【翻訳編集】 AFPBB News


「イスラム国」を重点捜査=トルコ首相
時事通信 10月12日(月)20時24分配信

264
トルコのダウトオール首相は12日、アンカラのテロ事件について、過激派組織「イスラム国」による犯行の疑いが最も強いとして「最優先で調べている」と語った。写真は同日、犠牲者の葬儀でひつぎを抱きしめ嘆く遺族


「イスラム国」を重点捜査=死者97人、選挙は予定通り―トルコ首相
時事通信 10月12日(月)20時6分配信

 【エルサレム時事】トルコのダウトオール首相は12日、首都アンカラのテロ事件について、過激派組織「イスラム国」による犯行の疑いが最も強いとして「最優先で調べている」と語った。
 AFP通信が伝えた。トルコは7月、従来の方針を転換して同組織への空爆作戦を始めたが、今回の事件はトルコに対する「報復テロ」の可能性がある。
 10日に起きたテロは、7月に南部スルチで起きた「イスラム国」によるクルド人を狙ったとみられるテロ事件と手口が酷似。このため、同組織の犯行の可能性が高いとの見方が出ていた。
 ダウトオール首相は12日、「間違いなく自爆テロだ」と断言。遺体のDNA鑑定を進めており、近く実行犯が特定できると述べた。一方で、反政府武装組織クルド労働者党(PKK)や極左反政府組織などによるテロの可能性も排除できないとも語った。
 首相はまた、事件の狙いは11月1日の出直し総選挙の結果に影響を及ぼすことにあると指摘。ただ、「どのような状況でも選挙は行う」と強調した。
 これに先立ち、首相府は11日、犯人は「2人の男」と断定。死者数が97人に増えたと明らかにした。犠牲者数については、クルド系政党の国民民主主義党(HDP)が128人に上ると主張している。
 事件では、政府とPKKの戦闘に抗議するための平和集会の参加者らが犠牲になった。政府の一連の空爆作戦や、不十分な安全対策が原因だったとして、エルドアン大統領や政府への批判が強まっている。 


トルコ、「イスラム国」関与疑う
2015年10月12日(月)19時8分配信 共同通信

 【カイロ共同】ロイター通信によると、トルコのダウトオール首相は12日、首都アンカラで10日に起きた爆弾テロで最も関与が疑われるのは過激派組織「イスラム国」と述べた。

 首相府は11日夜の声明で爆発を自爆テロと断定し、実行犯は男2人で、身元確認を進めていると明らかにした。首相府によると、死者は計97人に達した。アナトリア通信が報じた。


トルコ・リラが続落-アンカラの爆弾事件で少なくとも97人死亡
Bloomberg 10月12日(月)17時25分配信

    (ブルームバーグ):トルコ・リラは12日、ドルに対し続落。首都アンカラでの爆弾事件を受け、来月の総選挙に向けて政治的緊張が高まることが懸念される中で国債も値下がりした。

リラは一時1.8%安となった後、0.6%安の1ドル=2.9278リラで取引されている。10日にアンカラでの平和集会の場で発生した自爆テロとみられる爆発で少なくとも97人が死亡した。2年物国債利回りは2週間で最大の上昇。リラは年初来では20%下げている。

イスタンブール時間午前10時56分(日本時間午後4時56分)現在、2年債利回り14ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の10.86%。10年債利回りは4bp上昇の10.33%。イスタンブール100種株価指数は0.5%安。

原題:Turkish Lira Slides After Ankara Attack Risks Escalating
Tension(抜粋)

記事に関する記者への問い合わせ先:イスタンブール Constantine Courcoulas
,ccourcoulas1@bloomberg.net

記事についてのエディターへの問い合わせ先:
Samuel Potter ,spotter33@bloomberg.net


トルコで自爆テロ、少なくとも97人が死亡-通貨リラが下落
Bloomberg 10月12日(月)13時3分配信

    (ブルームバーグ):トルコの首都アンカラで自爆テロとみられる爆発が10日発生し、少なくとも97人が死亡した。爆発現場には、政府軍とクルド人組織との衝突をめぐり平和的な解決を訴える人々が集まっていた。12日の早い時間の為替取引で、トルコ・リラは下落している。

トルコは6月の総選挙後、連立協議がまとまらず、 11月1日にやり直しの総選挙を実施する。今年2回目となる総選挙を3週間後に控え、トルコ史上最悪のテロが発生した。

原題:Turkey’s Deadliest Attack Has Deepened Split Among Its
Leaders(抜粋)

記事に関する記者への問い合わせ先:イスタンブール Isobel Finkel ,ifinkel1@bloomberg.net

記事についてのエディターへの問い合わせ先:
Dale Crofts
Constantine Courcoulas ,dcrofts@bloomberg.net


トルコ爆弾テロ 死者97人に、数千人が追悼集会に参加
CNN.co.jp 10月12日(月)11時45分配信

トルコ・アンカラ(CNN) トルコの首都アンカラで起きた爆弾テロ事件から一夜明けた11日、現場近くに数千人が集まって追悼集会が開かれた。同日までに確認された死者は97人、負傷者は約250人に上っている。依然として犯行声明は出されていない。

英シンクタンク、アジア太平洋財団のサジャン・ゴヘル氏は10日に予定されていた集会について、「トルコ人やクルド人など民族の団結を示す平和集会になるはずだった。だが今回の攻撃でそれが引き裂かれた」と述べ、トルコ社会の対立や不信感が一層深まる恐れがあると指摘した。

ダウトオール首相はテレビ演説で、爆発は2人の自爆テロ犯による犯行との見方を示している。

11日の追悼集会では集まった人たちが犠牲者に哀悼の意を表した。しかし花を供えるため現場に近づこうとした野党議員らのグループが、警察に阻止されて小競り合いになり、警察が催涙弾を宙に向けて撃つ場面もあった。

ゴヘル氏は今回の事件について、「政治的、経済的、社会的反動を引き起こすのが狙いだった。総選挙を控えて今後もトルコの社会的構造を一層傷つけるような事態が相次ぐ可能性もある」と危惧する。

オバマ米大統領は10日、トルコのエルドアン大統領に哀悼の意を伝え、米国民はトルコの国民と団結してテロと戦うと強調した。

ローマ法王フランシスコも11日にサンピエトロ広場で行ったミサで事件に触れ、平和のための集会に参加していた無防備な市民が犠牲になったことを嘆いた。


トルコ連続爆発、「男2人による自爆」首相府発表
AFP=時事 10月12日(月)10時13分配信

263
トルコの首都アンカラで、連続爆発があった列車駅近くの現場に残されたスーツケースを調べる爆発物処理班(2015年10月10日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】トルコの首都アンカラ(Ankara)で10日に起きた、反政権のクルド系左派グループの平和集会を狙ったとみられる2度の爆発について、同国首相府は11日、男2人による自爆だったと発表した。犯人とみられる2人の遺体を確認し現在、身元特定を進めているという。

 首相府の声明によれば、今回の自爆攻撃による犠牲者数は、現代トルコ史上最悪規模となった。また前日に95人と発表していた死者数は97人に引き上げられた。このうち5人が身元不明だという。

 一方、クルド系政党の国民民主主義党(HDP)は死者数について(政府発表より)はるかに多い128人だと主張しているが、当局側はこの数字を確認していない。【翻訳編集】 AFPBB News


トルコ・アンカラで数千人がデモ、エルドアン大統領を糾弾
AFP=時事 10月12日(月)9時25分配信

262
トルコのアンカラで、連続爆発による犠牲者を追悼するとともに政府を糾弾する集会に参加する人々(2015年10月11日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】(写真追加)トルコの首都アンカラ(Ankara)で11日、数千人が街頭に出て、レジェプ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)大統領政権を糾弾した。前日には、平和集会を狙った自爆とみられる連続爆発で95人が死亡、トルコ史上最悪の事件が起きている。

 この連続爆発事件で、アフメト・ダウトオール(Ahmet Davutoglu)首相は3日間の国民服喪を宣言し、全国で半旗が掲げられた。

 平和集会を呼び掛けた団体の一つであるトルコのクルド系政党、国民民主主義党(Kurdish Peoples' Democratic Party、HDP)は声明で、実際の死亡者数ははるかに多い128人と述べ、犠牲者120人の名前を発表した。

 首相府によると、事件はアンカラの列車駅外で10日午前10時(日本時間午後4時)すぎ、左派とクルド系の活動家らの集会で爆弾が爆発し、95人が死亡した。508人が負傷し、160人がなお入院中で、65人は19か所の病院で集中治療を受けているという。【翻訳編集】 AFPBB News


トルコ総選挙 来月1日 首都テロ95人死亡受け治安争点
産経新聞 10月12日(月)7時55分配信

 【カイロ=大内清】トルコの首都アンカラで10日に起きた同国史上最悪規模のテロを受け、11月1日に予定される出直し総選挙では治安や安全保障が重要争点になるのは確実だ。イスラム系の第一党、公正発展党(AKP)を率いるダウトオール首相は10日、犯行声明が確認されていない段階にもかかわらず、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」やクルド武装勢力、極左組織が関与した可能性を示唆。これらの組織の掃討・取り締まりを進める政府の「強い姿勢」をアピールする狙いとみられる。

 首相府は10日、テロの死者が少なくとも95人、負傷者が246人に達したと発表した。犯行は自爆テロとみられ、現地メディアは、実行犯の1人は25~30歳くらいの男とみられると伝えたが、背後関係は不明だ。

 トルコでは6月の総選挙で少数民族クルド人系の左派、人民民主党(HDP)が躍進し、AKPを過半数割れに追い込んだ。

 その後の連立交渉が難航する中、トルコ政府は7月、イスラム国と、非合法武装組織「クルド労働者党(PKK)」との戦闘を開始した。それまで和平協議を続けてきたPKKに対して強硬路線に転じたのは、連立交渉が不調に終わって出直し総選挙が実施されるのを見越し、PKKと近い関係にあるとされるHDPを切り崩す狙いもあったからだと指摘される。

 出直し選でHDPが現在の80議席を維持しAKPが再び過半数割れとなれば、改憲を目指すAKP出身のエルドアン大統領がレームダック(死に体)に陥るとの見方もある。それだけにAKPの焦りは小さくない。

 そんな中で発生した今回のテロでは、HDPを含むクルド系や左派系の集会が標的となった。「テロとの戦い」を旗印にしてきた政府側としては、イスラム国やPKKが関与しているか否かにかかわらず、事件を求心力回復につなげたい思惑があるとみられる。

 他方、最大都市イスタンブールなどでは事件後、クルド人らによる反AKPデモも起きており、政局の行方は混沌(こんとん)としている。


<トルコ爆弾テロ>狙われた平和的集会 非難と政治的混乱
毎日新聞 10月11日(日)22時36分配信

 【エルサレム大治朋子】トルコの首都アンカラの爆弾テロを受け、ダウトオール首相は10日、過激派組織「イスラム国」(IS)や反政府武装組織クルド労働者党(PKK)の関与の可能性を指摘した。一方、クルド人団体などの平和的な集会が狙われたことから、クルド系野党・国民民主主義党(HDP)は、今年6月の総選挙で躍進したクルド系支持票を減らすための「政権側のもくろみ」などと反発。政治的混乱が拡大している。

 事件は11月1日の出直し総選挙を前に、トルコ政府が反トルコ政府を掲げるPKKと、隣国シリア・イラクを本拠地とするISに対する「二正面作戦」を展開する中で起きた。エルドアン大統領は声明で「我々の結束と連帯感、兄弟愛、そして未来を標的にしたものだ」と非難。ダウトオール氏は爆発が自爆によるものとの見方を示し、ISかPKK、極左組織が関与している可能性を指摘した。

 これに対し、HDPのデミルタシュ共同党首はエルドアン政権を「テロの最大の支援者」と厳しく批判。与党・公正発展党(AKP)の支援者などがテロに関与した可能性を示唆した。HDP側は、エルドアン政権が政治組織であるHDPをPKKの武装闘争と関連づけることで、AKPの支持拡大につなげようとしていると主張している。

 トルコメディア、ラディカル紙の編集長は自身のツイッターで「彼ら(実行犯)の動機は総選挙を前にパニックをもたらすことだが、平和を信じる者はだまされないだろう」と指摘した。トルコ情勢に詳しいワシントン研究所の分析官、チャプタイ氏は「民族間の緊張を高めることを狙ったテロだ」とAP通信に答え、背後に「PKKや、より過激な若者を政権との闘争継続に仕向けたい思惑がある」と分析。クルド人と政権との対立が深まれば、「漁夫の利」を得るのはISだとの見方も示した。ISはイラクやシリアでクルド系武装組織と戦っている。

 背後関係は不透明だが、事件が民族間の緊張を高めることは必至で、情勢が混迷化すれば出直し総選挙の信頼性にも傷が付きかねない情勢だ。

 トルコでは6月7日の総選挙を挟み、直前の5日に南東部ディヤルバクル、7月20日に南部スルチでそれぞれ爆弾テロが続発、計37人が死亡した。いずれもクルド人の平和活動家やHDP支持者らが狙われた。スルチの事件ではISを名乗るグループが犯行を認めたが、ディヤルバクルの事件では犯行声明は出ていない。政府はISの犯行との見方を示したが、一部メディアは政権や与党の関与を疑う声を報じていた。

 6月の総選挙ではHDPが第3党に大躍進。12年以上単独与党だったAKPは少数与党に転落した。同党の連立交渉が失敗し、出直し総選挙が行われる。

 PKKはスルチのテロを受け、治安当局の取り締まりが不十分だったとして警察官への報復を開始。トルコ軍は7月、「対テロ」を名目にシリア国内のIS拠点やイラク北部のPKK拠点への空爆に踏みきった。PKKとの戦闘では軍や警察側に少なくとも150人、PKK側に数百人の死者が出ている。


<トルコ爆弾テロ>死者95人 負傷の48人が集中治療中
毎日新聞 10月11日(日)20時44分配信

 【エルサレム大治朋子】トルコ首相府は10日夜、首都アンカラで起きた爆弾テロの死者が95人に上ると明らかにした。負傷者246人のうち48人が集中治療を受けており、死者はさらに増える可能性がある。犯行声明は出ていないが、トルコ治安当局は自爆テロとみて捜査を進めている。地元メディアは「トルコ史上最悪のテロ」と伝えており、国内外でテロを非難する抗議行動が広がった。

 事件は、少数民族クルド人の人権保護を訴える団体などが主催したデモの現場で発生。地元メディアなどによると、ダウトオール首相は約50メートルの間隔でほぼ同時に起きた2件の爆発について、自爆テロだったことを示す有力な証拠があると話した。また、爆弾にはTNT火薬が使用され、殺傷力を高めるために金属球が詰められていたという。

 事件を受け、トルコ最大の都市イスタンブールでは10日、1万人規模の抗議デモが行われ、フランスのパリやスイスのチューリヒでも数千人がデモ行進した。

 オバマ米大統領は同日、トルコのエルドアン大統領と電話で協議し、犠牲者への哀悼の意を伝えた。ホワイトハウスは、両氏がテロとの戦いや地域の安全保障のために協力することを確認したとしている。

 また、ドイツのメルケル首相はダウトオール氏にメッセージを送り、「市民権、民主主義、平和を直接狙ったひきょうな犯行だ」とテロを非難した。英国のキャメロン首相も「私の思いは(テロの)犠牲者とその家族とともにある」と、ツイッターで哀悼の意を表明した。


犠牲者の写真を掲げて抗議する人々
時事通信 10月11日(日)20時1分配信

261
11日、トルコの首都アンカラで、爆発事件の犠牲者の写真を掲げて政府に抗議する人々。

(EPA=時事)

« トルコの首都アンカラで連続爆発テロ 95人死亡、負傷者多数 | トップページ | 777・787・A350等、航空機一般の話題・15 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

社会・事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/62463843

この記事へのトラックバック一覧です: トルコの首都アンカラで連続爆発テロ 97人死亡、負傷者多数・2:

« トルコの首都アンカラで連続爆発テロ 95人死亡、負傷者多数 | トップページ | 777・787・A350等、航空機一般の話題・15 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31