« 777・787・A350等、航空機一般の話題・14 | トップページ | 眞子内親王殿下、イギリス留学終え今日ご帰国 »

2015年9月25日 (金)

天皇皇后両陛下、国体総合開会式などにご出席のため和歌山県ご訪問

天皇皇后両陛下は25日午前、第70回国民体育大会総合開会式などにご出席のため、羽田空港発の特別機で和歌山県に向かわれた。午後には田辺市の県立施設で、平成23年9月の紀伊半島豪雨の被災者6人を見舞われる。

26日は和歌山市の紀三井寺公園陸上競技場で国体の総合開会式にご臨席。広川町では津波防災教育センターなどが入る「稲むらの火の館」を視察され、27日にはみなべ町の県果樹試験場うめ研究所を見学し、白浜町で国体の卓球競技を観戦した後、帰京される予定。

リンク:皇后さま笑顔…梅シロップ説明に「うちと一緒」 両陛下、和歌山県からご帰京 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<天皇、皇后両陛下>和歌山国体の卓球観戦…全日程終え帰京 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、卓球競技を観戦=ウメの研究所も視察―和歌山 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、和歌山国体の卓球観戦 - 速報:@niftyニュース.
リンク:両陛下、国体開会式にご臨席 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇、皇后両陛下が「稲むらの火の館」を訪問 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:防災教育施設を視察される両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<両陛下>和歌山の国体開会式に出席 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、防災教育施設を視察=国体開会式に出席―和歌山 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:手を振られる両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、紀伊水害の被災者と懇談 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<天皇、皇后両陛下>紀伊半島豪雨の被災者と懇談 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:陛下、紀伊半島豪雨被災者と懇談 - 速報:@niftyニュース.
リンク:被災者と懇談される両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、豪雨被災者と懇談=11年の紀伊半島水害―和歌山 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、和歌山県入り=国体出席、豪雨被災者と懇談 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<両陛下>和歌山へ出発 国体開会式で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下が国体開会式へ - 速報:@niftyニュース.
リンク:両陛下、和歌山県ご訪問 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

皇后さま笑顔…梅シロップ説明に「うちと一緒」 両陛下、和歌山県からご帰京
産経新聞 9月27日(日)20時14分配信

 和歌山県を訪問していた天皇、皇后両陛下は27日午後、白浜町の白浜会館で行われた国体の卓球競技を観戦し、南紀白浜空港発の特別機で帰京された。

 午前には、みなべ町の同県果樹試験場うめ研究所をご視察。凍らせた梅と氷砂糖を使った梅シロップの作り方の説明を受け、皇后さまは「うちのやり方と一緒」と笑顔で話された。


<天皇、皇后両陛下>和歌山国体の卓球観戦…全日程終え帰京
毎日新聞 9月27日(日)19時29分配信

558
卓球競技をご覧になる天皇、皇后両陛下=和歌山県白浜町で2015年9月27日、三浦博之撮影

 天皇、皇后両陛下は27日、和歌山県白浜町で第70回国民体育大会の卓球競技を観戦された。同県での日程をすべて終え、同日午後、特別機で帰京した。

 両陛下は、白浜町の白浜会館であった少年男子と少年女子の卓球競技を約30分間観戦し、好プレーに拍手を送っていた。

 両陛下は25日に和歌山県入りし、4年前の紀伊半島豪雨の被災者と懇談したほか、国体の総合開会式に出席するなどした。【高島博之】


両陛下、卓球競技を観戦=ウメの研究所も視察―和歌山
時事通信 9月27日(日)18時19分配信

 第70回国民体育大会出席のため和歌山県を訪れた天皇、皇后両陛下は27日午後、同県白浜町で卓球競技を観戦された。
 
 両陛下は少年男子・女子の1次リーグを特別席から観戦。真剣な表情で試合に見入り、選手たちに拍手を送った。
 両陛下はこれに先立ち、和歌山県が全国生産量の6割を占めるウメの研究所(同県みなべ町)を視察。天皇陛下は「こういう研究はモモとかにも応用できるの」などと熱心に質問していた。同日夕、特別機で帰京した。 


両陛下、和歌山国体の卓球観戦
2015年9月27日(日)18時15分配信 共同通信

557
 国体の卓球競技を観戦される天皇、皇后両陛下=27日午後、和歌山県白浜町

 天皇、皇后両陛下は27日午後、和歌山県白浜町で国体の卓球競技を観戦された。25日に同県に入った両陛下は、これで今回の訪問の全日程を終え、南紀白浜空港発の特別機で帰京した。

 両陛下は、卓球の少年男子と少年女子の1次リーグを約30分間観戦。長いラリーが続くなど好プレーが出ると、笑顔で拍手を送っていた。

 午前中は、みなべ町にある県のうめ研究所も視察した。天皇陛下は最新の研究成果の説明を受けた際「万葉集に梅がよく出てきますが、何に利用したのかなと思っているんですよね」と話し、梅のシロップ作りを見学した皇后さまは「うちのやり方と一緒だ」と楽しげな様子だった。


両陛下、国体開会式にご臨席
産経新聞 9月26日(土)23時41分配信

 和歌山県を訪問している天皇、皇后両陛下は26日、和歌山市の紀三井寺公園陸上競技場で行われた国体の総合開会式に臨席し、入場行進する各都道府県の選手団に拍手を送られた。続いて、南海トラフ巨大地震による津波被害が想定される広川町で、津波防災教育センターをご見学。長さ約16メートルの水槽を使った「津波シミュレーション」のコーナーでは、通常時と津波発生時での波の高さや速さの違いを確認された。


天皇、皇后両陛下が「稲むらの火の館」を訪問
読売新聞 9月26日(土)21時51分配信

556
津波シミュレーションをご覧になる天皇、皇后両陛下(26日午後、和歌山県広川町の稲むらの火の館で)=代表撮影
 天皇、皇后両陛下は26日、和歌山県広川町の「稲むらの火の館」を訪問された。

 「稲むらの火」は、江戸時代の安政南海地震で大津波が襲った際、豪商の浜口梧陵(ごりょう)が稲束に火を放って村人を高台に誘導したとされる故事。両陛下は、津波への備えや浜口梧陵の功績などを学ぶ同館の展示を見て回りながら、熱心に質問されていた。


防災教育施設を視察される両陛下
時事通信 9月26日(土)21時38分配信

555
津波のシミュレーション装置を視察される天皇、皇后両陛下=26日午後、和歌山県広川町の「稲むらの火の館」(代表撮影)

(時事通信社)


<両陛下>和歌山の国体開会式に出席
毎日新聞 9月26日(土)19時3分配信

554
第70回国民体育大会の総合開会式で入場行進する選手団に手を振られる天皇、皇后両陛下=和歌山市の紀三井寺公園陸上競技場で2015年9月26日、貝塚太一撮影

 和歌山県を訪問中の天皇、皇后両陛下は26日、和歌山市の紀三井寺公園陸上競技場であった第70回国民体育大会の総合開会式に出席された。両陛下はスタンドから、都道府県ごとに入場した選手らを拍手や手を振って迎え、和歌山県の選手2人による選手宣誓を聞いた。両陛下は27日、同県白浜町で卓球競技を観戦するなどして帰京する。【高島博之】


両陛下、防災教育施設を視察=国体開会式に出席―和歌山
時事通信 9月26日(土)18時41分配信

 第70回国民体育大会出席のため和歌山県を訪問中の天皇、皇后両陛下は26日午後、同県広川町の防災教育施設「稲むらの火の館」を訪れ、津波のシミュレーション装置などを視察された。
 
 同施設には稲束に火を付けて住民を高台に導き、多くの命を津波から救ったとされる浜口梧陵の記念館も設置されている。この逸話は「稲むらの火」として戦前の教科書にも載っており、天皇陛下は「(教科書の基になった)小泉八雲の原作は少し違っていますか」と尋ねていた。
 両陛下はこれに先立ち、和歌山市の紀三井寺公園陸上競技場で開かれた国体の総合開会式に出席し、選手たちに笑顔で拍手を送っていた。 


手を振られる両陛下
時事通信 9月26日(土)17時25分配信

553
第70回国民体育大会の総合開会式に出席し、手を振られる天皇、皇后両陛下=26日午後、和歌山市の紀三井寺公園陸上競技場


両陛下、紀伊水害の被災者と懇談
読売新聞 9月25日(金)20時41分配信

551
紀伊水害の被災者と懇談される天皇、皇后両陛下(25日午後、和歌山県田辺市で)=守屋由子撮影

 天皇、皇后両陛下は25日、和歌山県に入り、2011年の紀伊水害で甚大な被害を受けた田辺市で、被災者6人と懇談された。

 自宅に土石流が流れ込み、当時高校生だった2人の息子と88歳の母を失った同市の打越貴美男さん(52)が、「母と息子が……」と言って声を詰まらせると、天皇陛下は「さみしいこととお察ししています」と静かに語りかけられた。

 皇后さまは、妻と長女を亡くしながらも災害対策に当たった寺本真一・那智勝浦町長に対し、「力を尽くされ、さぞお疲れだったでしょう」とねぎらわれた。

 紀伊水害では和歌山、三重、奈良の3県で88人の死者、行方不明者が出た。両陛下は発生直後から被災者に心を寄せ続け、早期の訪問を希望されていた。奈良県の被災者とは昨年11月、同県を訪問した際に懇談されている。


<天皇、皇后両陛下>紀伊半島豪雨の被災者と懇談
毎日新聞 9月25日(金)19時14分配信

550
紀伊半島豪雨の被災者と懇談される天皇、皇后両陛下=和歌山県田辺市で2015年9月25日午後2時15分、貝塚太一撮影

 和歌山県を訪問している天皇、皇后両陛下は25日、4年前の紀伊半島豪雨の被災者6人と同県田辺市内で懇談された。

 2011年9月、台風12号による河川の氾濫などで、同県では61人の死者、行方不明者が出ており、両陛下は被災者を直接見舞うことを希望していた。

 皇后さまは、妻と長女を亡くした同県那智勝浦町の寺本眞一町長(62)に「町民のために尽くしていただいてありがとうございました。お体はいかがですか」と気遣った。天皇陛下は、母親と長男、次男を亡くした同市の打越貴美男さん(52)に「ずいぶん心の痛みを持っていらっしゃるでしょうね」と語りかけた。

 両陛下は26日、和歌山市内である第70回国民体育大会の総合開会式に出席する。【高島博之】


陛下、紀伊半島豪雨被災者と懇談
2015年9月25日(金)16時42分配信 共同通信

549
 紀伊半島豪雨の被災者と懇談される天皇、皇后両陛下=25日午後、和歌山県田辺市

 国体の総合開会式に臨席するため、和歌山県を訪れている天皇、皇后両陛下は25日午後、田辺市で、2011年9月に多くの犠牲者を出した紀伊半島豪雨の被災者6人と懇談された。天皇陛下は「お寂しいこととお察しいたします。元気に過ごされることを切に願っております」と語りかけ、肉親を亡くした人々をいたわった。

 豪雨では和歌山県で56人が死亡し、5人が行方不明になったほか、奈良、三重両県でも大きな被害が発生。宮内庁によると、両陛下は発生当初から被災者を気にかけ、お見舞いを切望していたという。


被災者と懇談される両陛下
時事通信 9月25日(金)16時38分配信

552
2011年の豪雨災害の被災者と懇談される天皇、皇后両陛下=25日午後、和歌山県田辺市

(時事通信社)


両陛下、豪雨被災者と懇談=11年の紀伊半島水害―和歌山
時事通信 9月25日(金)16時8分配信

 第70回国民体育大会出席などのため和歌山県を訪れた天皇、皇后両陛下は25日午後、同県田辺市の県立情報交流センターBig・Uで、2011年9月に紀伊半島で起きた豪雨災害の被災者6人と懇談された。
 両陛下が以前から訪問を強く希望していたという。
 豪雨災害では和歌山、奈良、三重の3県の広い範囲で浸水などの被害があり、特に和歌山県では死者・行方不明者が計61人に上るなど甚大な被害が出た。天皇陛下は「どんな状況だったんですか」「大変でしたね」と一人一人をねぎらい、皇后さまも夫を亡くした女性(66)を「お寂しくいらっしゃいましたでしょう」といたわった。
 天皇陛下は最後に全員に対し「いろいろ大変だとお察ししますけど、元気で過ごされるよう切に願っています」と言葉を掛けた。 


両陛下、和歌山県入り=国体出席、豪雨被災者と懇談
時事通信 9月25日(金)12時59分配信

 天皇、皇后両陛下は25日、第70回国民体育大会開会式出席などのため、羽田空港発の特別機で和歌山県入りされた。
 
 同日午後、田辺市で2011年9月に紀伊半島を襲った豪雨災害の被災者と懇談。26日に和歌山市で国体の総合開会式に出席し、広川町の防災教育施設「稲むらの火の館」を視察する。27日に卓球競技を観戦するなどして夕方に帰京する。 


<両陛下>和歌山へ出発 国体開会式で
毎日新聞 9月25日(金)11時55分配信

 天皇、皇后両陛下は25日、和歌山県で開催される第70回国民体育大会の総合開会式などに出席するため、羽田空港(東京都大田区)を特別機で出発された。

 両陛下の同県訪問は4年ぶり。26日に和歌山市の紀三井寺公園陸上競技場で行われる国体の総合開会式に出席するほか、27日には同県白浜町で卓球競技を観戦する。また、2011年9月の紀伊半島豪雨の被災者とも懇談する予定。27日に帰京する。【高島博之】


両陛下が国体開会式へ
2015年9月25日(金)11時51分配信 共同通信

548
 和歌山国体の総合開会式などに出席するため、羽田空港に到着された天皇、皇后両陛下=25日午前

 天皇、皇后両陛下は25日、国体の総合開会式などに出席するため、羽田空港発の特別機で和歌山県に向かわれた。

 両陛下は25日午後、田辺市にある県立施設を訪れ、2011年9月に和歌山県内で56人が死亡し、5人が行方不明になった紀伊半島豪雨の被災者6人と面会する。この豪雨では、和歌山県のほか、奈良、三重両県でも大きな被害が発生した。

 26日は、和歌山市の紀三井寺公園陸上競技場で国体の総合開会式に臨席。その後、広川町へ移り、津波防災教育センターなどが入る「稲むらの火の館」を視察する。27日に、みなべ町の県果樹試験場うめ研究所を訪れ、夕方に帰京する。


両陛下、和歌山県ご訪問
産経新聞 9月25日(金)11時50分配信

 天皇、皇后両陛下は25日午前、国体の総合開会式などに臨席するため、羽田空港発の特別機で和歌山県に向かわれた。午後には田辺市の県立施設で、平成23年9月に和歌山県内で56人が死亡、5人が行方不明になった紀伊半島豪雨の被災者6人を見舞われる。

 26日は和歌山市の紀三井寺公園陸上競技場で国体の総合開会式にご臨席。広川町では津波防災教育センターなどが入る「稲むらの火の館」を視察される。27日にはみなべ町の県果樹試験場うめ研究所を見学し、白浜町で国体の卓球競技を観戦した後、帰京される。

« 777・787・A350等、航空機一般の話題・14 | トップページ | 眞子内親王殿下、イギリス留学終え今日ご帰国 »

ニュース」カテゴリの記事

国家・元首・国事」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/62352989

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇皇后両陛下、国体総合開会式などにご出席のため和歌山県ご訪問:

« 777・787・A350等、航空機一般の話題・14 | トップページ | 眞子内親王殿下、イギリス留学終え今日ご帰国 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31