« 栃木で50年に1度の大雨、栃木、茨城に大雨特別警報 | トップページ | 777・787・A350等、航空機一般の話題・13 »

2015年9月10日 (木)

栃木で50年に1度の大雨、栃木、茨城に大雨特別警報・2

気象庁は未明に栃木県に、朝に茨城県にそれぞれ大雨特別警報を発表し、自治体の避難情報に従って安全を確保するよう呼び掛けた。栃木県では1人が心肺停止、1人が行方不明となり、茨城県内では鬼怒川が氾濫した。

栃木、茨城、千葉の各県では土砂災害や河川の氾濫などのため計約16万人に避難指示が出された。

栃木県では日光市・今市で10日午前10時40分までの48時間雨量が613.5ミリに上るなど、観測史上最多雨量を記録する地点が続出した。関東と東北南部では土砂災害警戒情報が各地に出された。

最初の記事

リンク:鬼怒川決壊、2000世帯浸水=100人超を救助-茨城・常総市 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:茶色一面、必死の救助作業=屋上やベランダ、助け待つ姿―濁流のみ込まれた常総上空 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<大雨>「最大限の勢力を動員を」安倍首相が指示 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:栃木、茨城大雨 救助要請あった200人の救出続行 これまで常総市53人、栃木県24人救助 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ツイッターSOS相次ぐ「タオル回して待つ」… - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:首相「異常な状態」…記録的大雨で緊急閣僚会議 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:栃木、茨城大雨 鬼怒川堤防の決壊部分、改修に着手「10年に1度の洪水に対応できない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「複合要因」で決壊=かさ上げ計画の矢先―鬼怒川堤防 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:栃木、茨城大雨 鬼怒川の堤防決壊部分が140メートルに拡大 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:関東と東北、11日も大雨の恐れ - 速報:@niftyニュース.
リンク:栃木、茨城大雨 常総市「住民男性2人と連絡取れず」救助依頼133人中約50人を救出 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:水、15分で腰の高さ=「見たことない量と色」―身寄せ耐える住民・茨城 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:栃木、茨城大雨 11人不明、重軽傷多数 約200人から救助要請 警察庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:栃木、茨城大雨 菅官房長官記者会見詳報「家ごと流されたとか、いろんな情報ある」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「こんなこと初めて」=避難住民ら、不安隠せず―栃木・鹿沼 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:〔大雨〕災害救助法適用(9/9~) - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:栃木、茨城大雨 常総市内で約40人救助 茨城県警 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:関東と東北、大雨警戒続く=栃木・茨城に特別警報―台風17号、三陸沖へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:栃木、茨城大雨 「行方不明1人、重傷3人」と菅官房長官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:栃木、茨城大雨 本紙報道カメラマンが見た“水没する町” - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:常総市などに災害救助法適用=茨城県 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:栃木、茨城大雨 防衛省がヘリ5機を増派 夜間の救助活動も検討 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:特殊救助隊、常総市に派遣=台風大雨災害で―警視庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:栃木・茨城大雨特別警報 引き続き最大級の警戒を 11日にかけ東北も大雨のおそれ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:茨城県常総市の堤防3カ所決壊 自衛隊ヘリで救助 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:栃木、茨城大雨 自民が災害対策本部設置 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:栃木、茨城大雨 「最大限の勢力動員を」首相が関係閣僚集め指示 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:栃木、茨城大雨 堤防決壊の最大浸水想定地域、約37平方キロ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:栃木、茨城大雨 防衛省が自衛官60人、ヘリ6機などを派遣 さらなる増援も準備 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:鬼怒川、堤防決壊で住宅街がのみこまれる ベランダや電柱にしがみつき救助待つ姿 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:鬼怒川が決壊、12人不明か - 速報:@niftyニュース.
リンク:鬼怒川の堤防140m決壊、修復に2週間 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<大雨>孤立被災者、ヘリで救出 NHK中継 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ホテル倒壊、住宅流され橋も崩落…不安募る住民 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

鬼怒川決壊、2000世帯浸水=100人超を救助-茨城・常総市
時事通信 9月10日(木)19時54分配信

 関東地方を中心に降り続いた大雨の影響で、増水していた鬼怒川の堤防が10日午後0時50分ごろ、茨城県常総市新石下付近で決壊し、住宅地など川の東側の広い範囲に濁流が流れ込んだ。県によると、少なくとも8~9人が濁流に流され、他にも逃げ遅れた多数の住民が民家などに取り残された。これまでに警察や自衛隊などがヘリコプターで100人以上を救出した。
 国土交通省によると、浸水想定地域には約2万2000人が居住し、最大で深さ5メートルの浸水となる恐れがある。警察庁によると、約100世帯の家屋が浸水しており、最大で2000世帯に上る可能性もあるという。


茶色一面、必死の救助作業=屋上やベランダ、助け待つ姿―濁流のみ込まれた常総上空
時事通信 9月10日(木)19時43分配信

23
鬼怒川の堤防が決壊し、水の中に浮かぶ茨城県常総市の地域交流センター。「豊田城」と呼ばれ、最上部の天守閣部分には助けを待つ人たちの姿が見える=10日午後3時56分(時事通信ヘリより)

 川に囲まれた街は濁流にのみ込まれていた。
 大雨特別警報が発令された茨城県常総市の上空をヘリコプターで飛んだ。鬼怒川と小貝川に挟まれた一角は、鬼怒川の堤防決壊であふれ出した泥水で茶色一色に。上空からは、甚大な被害を受けた街の中、自衛隊などのヘリやボートが屋上やベランダに逃れた人たちを必死に救助する様子が確認できた。
 午後4時ごろ、常総市東北部に位置する関東鉄道常総線の石下、南石下駅付近上空。市街地の西を走る鬼怒川左岸の堤防が百数十メートルにわたって決壊し、街は激しい濁流に襲われていた。水の勢いは倒木を街まで運び、押し流された車も。家は一部が壊れて傾き、電柱は曲がっていた。
 決壊した堤防近くでは、孤立した民家のベランダから身を乗り出し救助を求める人が。自衛隊ヘリがホバリングし、隊員がロープ降下。抱きかかえてつり上げた。そのすぐそばには、犬を抱き屋上に座り込む男女の姿。救助や状況を確認するための自衛隊や警察、消防のヘリが何機も低空飛行し旋回を続けた。
 救助はヘリだけでなく、ボートでも行われた。田んぼの上だろうか、元の地上の状況がもはや判別できなくなった茶色の一面を、数人の人を乗せ移動するボートが複数確認できた。
 街全体が泥水に漬かった状態で、屋根しか見えなくなっている家も複数あった。南北に走る幹線道路も断絶、付近の田んぼの区切りはなくなり湖のようだった。 


<大雨>「最大限の勢力を動員を」安倍首相が指示
毎日新聞 9月10日(木)19時37分配信

22
大雨で鬼怒川が決壊し、自衛隊のヘリで救助される人=茨城県常総市で2015年9月10日午後3時12分、本社ヘリから長谷川直亮撮影

 大雨災害を受け、政府は10日、安倍晋三首相が出席して関係閣僚会議を首相官邸で開いた。首相は「事態は重大な局面にある。取り得る限り、最大限の勢力を動員するよう指示した。国民の命を守るために一刻の猶予もない」と述べ、警察、消防、自衛隊、海上保安庁などに救助に全力を挙げるよう求めた。

 会議で首相は(1)被災者の救命・救助に全力を尽くす(2)取り残されている被災者がいないか、早急に状況を把握する(3)避難が確実に行われるよう万全を期す--の3点を指示した。

 菅義偉官房長官は会議後の記者会見で孤立・不明者や救助要請の数について「把握していない。救助要請があったところから逐次、そこに向けて懸命の作業をしている」と説明した。【高本耕太】


栃木、茨城大雨 救助要請あった200人の救出続行 これまで常総市53人、栃木県24人救助
産経新聞 9月10日(木)19時29分配信

 警察庁は10日、今回の大雨による鬼怒川堤防の決壊現場周辺で午後5時現在、救助要請のあった約200人の救出を続けている。これまで大きな被害が出た茨城県常総市内で53人、栃木県内で24人をそれぞれ救助した。

 また、国土交通省は、鬼怒川の堤防決壊地点は8月28日に目視点検を実施し、その時点で異常は確認されなかったことを明らかにした。


ツイッターSOS相次ぐ「タオル回して待つ」…
読売新聞 9月10日(木)19時29分配信

 栃木県や茨城県などを襲った記録的な大雨で、ツイッター上には、堤防が決壊した鬼怒川周辺と見られる住民から、救助を求める書きこみが相次いだ。

 常総市に住んでいると書き込んだ女性は<逃げ遅れました……。>と記した。女性がヘリコプターでの救助を要請すると、多くの人から<無事救出されることを祈っています><屋根の色や具体的な目標も併せて載せて>などと、励ましやアドバイスのツイートが寄せられた。女性は約4時間後に家族ら3人とともに救助されたと書き込み、<みんなありがとう なみだが溢(あふ)れました>と感謝の気持ちを記した。

 別の女性は、<水はどんどん家の中に入ってきています。(中略)タオルを回して救出を待とうと思っています>と緊迫した状況をツイートした。

 また、<後輩がまだ家に独りでいる。住所を教えるから救助をお願いします>や<母親が一人でいます。(中略)家に一人でいるのでお願いします>と、家族や知人の身を案じる書き込みもあった。


首相「異常な状態」…記録的大雨で緊急閣僚会議
読売新聞 9月10日(木)19時23分配信

 政府は10日、関東や東北での記録的な大雨への対応を協議するため、首相官邸で緊急の関係閣僚会議を開いた。

 安倍首相は、「これまで経験したことのない異常な状態だ。事態は重大な局面にある。国民の命を守るために一刻の猶予もない」と述べ、地元自治体と連携して被害拡大防止と人命救助に全力を挙げるよう各閣僚に指示した。


栃木、茨城大雨 鬼怒川堤防の決壊部分、改修に着手「10年に1度の洪水に対応できない」
産経新聞 9月10日(木)19時15分配信

21
増水した鬼怒川が決壊し、自衛隊ヘリで屋根から救助される=10日午後、茨城県常総市(本社チャーターヘリから、大山文兄撮影)(写真:産経新聞)

 国土交通省は10日、今回の大雨による鬼怒川堤防の決壊部分は、10年に1度起きると想定される規模の洪水に対応できないとして、かさ上げなどの改修が計画され、昨年度から用地買収に着手していたことを明らかにした。


「複合要因」で決壊=かさ上げ計画の矢先―鬼怒川堤防
時事通信 9月10日(木)19時12分配信

20
鬼怒川の堤防が決壊し、住宅地に流れ込む濁流=10日午後3時36分、茨城県常総市上空(時事通信ヘリより)

 大雨で決壊した鬼怒川の堤防は、10年に1度の洪水に対処できるようにかさ上げ工事が計画されており、周辺の用地買収が進められていた。
 国土交通省の担当者は「(水が堤防を越える)越水など複合的な要因で決壊した可能性が高い」と分析している。
 同省によると、鬼怒川は栃木・群馬県境にある「鬼怒沼」を水源に、全長は約177キロに及ぶ。上流部には2500メートル級の険しい山が連なり、下流の水位が上昇するのは大雨のピークから後にずれることが多い。
 昭和初期から中期にかけ流域で水害が頻発し、上流部にダムが建設された。国が管理する四つのダムでは今回、貯水量の約7割をためていたが、決壊を防げなかった。
 国内の河川堤防のほとんどは、管理のしやすさやコストの低さから土でできている。長時間水に漬かると強度が弱まり、越水が起きると両側から土が削られ、決壊につながることがあるという。
 鬼怒川では、利根川との合流地点から順次堤防のかさ上げを進めており、決壊した周辺地域では工事を行うために昨年度から用地買収を進めていた。 


栃木、茨城大雨 鬼怒川の堤防決壊部分が140メートルに拡大
産経新聞 9月10日(木)19時11分配信

 大雨の影響で決壊した茨城県常総市の鬼怒川の堤防について、国土交通省は10日、決壊部分の幅は午後5時現在で約140メートルに拡大したことを明らかにした。同省によると、午後1時半時点では決壊部分は幅約80メートルだった。


関東と東北、11日も大雨の恐れ
2015年9月10日(木)18時58分配信 共同通信

 気象庁は10日、関東や東北では11日にかけても、湿った空気が入って大気が不安定になり、大雨が続く恐れがあると発表した。特別警報が出た栃木、茨城両県のほか、福島県でも50年に1度の記録的大雨が降った場所があり、依然として新たな土砂災害や河川の氾濫、浸水などに最大級の警戒が必要だ。

 気象庁によると、10日は関東、東北上空で積乱雲が南北に延びて線状に発達し、雷を伴った激しい雨が断続的に降った。茨城県常総市で堤防が決壊した鬼怒川上流でも大雨になり、栃木県日光市では降り始めの7日夜~10日夕の雨量が600ミリ超。常総市に近い茨城県坂東市でも263・0ミリ降った。


栃木、茨城大雨 常総市「住民男性2人と連絡取れず」救助依頼133人中約50人を救出
産経新聞 9月10日(木)18時51分配信

19
増水した鬼怒川が決壊、屋根に上って犬を抱えながら救助を待つ住人=10日午後、茨城県常総市(本社チャーターヘリから、大山文兄撮影)(写真:産経新聞)

 台風18号の影響による大雨に見舞われた茨城県常総市で、同市は10日、30代と年齢不明の住民男性2人と連絡が取れていないとの情報があることを明かした。また、同日午後5時までに救助依頼があったのは62件133人で、うち約50人が救助、搬送されたという。

 また、客らが取り残されたショッピング施設を運営するユニーによると、現在も客と従業員計約100人が取り残され、救助を待っている。


水、15分で腰の高さ=「見たことない量と色」―身寄せ耐える住民・茨城
時事通信 9月10日(木)18時33分配信

 鬼怒川の堤防が決壊した茨城県常総市では、濁った水が町中を覆い尽くし、水位はあっという間に腰の高さまで達した。
 公共施設などに避難した住民らは、身近な川の猛威に震えた。
 「見たこともない水量と色で、流されてしまうかと恐ろしかった」。同市三坂新田町のサービス業柴克美さん(57)は、午前11時ごろ見に行った鬼怒川の様子を振り返った。
 濁流は堤防の上端に迫り、身の危険を感じた柴さんは6キロほど離れたつくば市の施設に避難。約600人が共に身を寄せていた。隣家は車が屋根まで水没したと聞き、「家はほとんどだめだろうな…」とつぶやいた。
 常総市の地域交流センター(同市新石下)には未明から住民らが訪れ、夕方までに約600人が避難。市職員の男性によると、建物に浸水はなく、食料や水も届いたが、周囲は冠水して移動できないという。「また雨が降ってきたが、今後の方針は決まっていない」と緊迫感をにじませた。
 スーパー「アピタ石下店」(同市本石下)には、決壊前の午前10時15分ごろから1階の売り場に水が流れ込み、15分ほどで腰の高さまで上昇した。周辺住民や客、従業員など約100人が2階に避難した。
 夕方には水深が2メートル近くに達し、1階の売り場をのみ込んだ。運営会社の広報担当者は「救助要請は出しており、従業員食堂などで助けを待っている」と話した。
 市立石下小学校(同)は休校に。教諭の吉原茂さん(57)によると、約30人いた教職員も、水かさが増したため、校長と吉原さん以外は帰宅した。校舎に浸水はないが、水は引く気配はない。「もう車では出られないし、この後どうしようか」と疲れた様子で語った。 


栃木、茨城大雨 11人不明、重軽傷多数 約200人から救助要請 警察庁
産経新聞 9月10日(木)18時26分配信

18
土砂崩れで住宅が埋まり、1人が行方不明になった現場を捜索する警察ら=10日午後、栃木県鹿沼市(鴨川一也撮影)(写真:産経新聞)

 警察庁によると、大雨の影響で栃木県鹿沼市で住宅に土砂が流入したために女性1人が行方不明となっているほか、静岡県など5県で6人が重傷、各地で15人が軽傷を負った。栃木県日光市では、排水口内に引き込まれた男性が心肺停止の状態で搬送され意識不明となっている。

 警察は77人を救助したが、鬼怒川の堤防が決壊した茨城県常総市内などから救助を要請する110番通報が相次ぎ、約200人が救助を待っているという。

 茨城や埼玉、千葉などの各県で409世帯以上で床下浸水、98世帯が床上に浸水した。静岡県などで57カ所でがけ崩れなどが発生したほか、茨城などでは道路や橋が損壊する被害も確認された。

 取り残された住民の救助のため、警察庁は、警視庁や愛知、神奈川、千葉、埼玉などの各県警から茨城県内に405人を応援派遣したほか、警視庁や埼玉県警などから救助用のヘリ8機を向かわせた。

 ヘリは住宅などに取り残され孤立した住民が多いとみられる茨城県常総市内などで、住民らをワイヤなどでつり上げて助け出すホイスト救助を行った。11日はさらにヘリを増強する。


栃木、茨城大雨 菅官房長官記者会見詳報「家ごと流されたとか、いろんな情報ある」
産経新聞 9月10日(木)18時8分配信

 菅義偉官房長官の10日夕の記者会見での、台風18号の影響による大雨に関するやりとりは次の通り。

 --現在の状況と政府対応は

 「官邸に官邸対策室設置し、政府一丸となって応急対応にあたってきた。今後さらに被害拡大のおそれがあるので、関係閣僚会議を開催し、(安倍晋三)総理からの3点指示のもと、省庁が全力をあげている。そうした対応について報告があって、さらに、政府の持てる力すべて動員して、被害最小限に抑えるよう、そういうのもあった」

 --これまでの人的被害は

 「現時点で、行方不明1名、重症3人、軽傷14人だが、家ごと流されたとかいろんな情報が入っているので、集約はできていない。住居の被害は一部損壊が8棟、床上浸水が121棟、床下浸水が457棟。これが15時現在だ」

 --懸命な救助活動が続くが、日没後、活動が困難になりそうだが、救助要請は多数になっているか

 「自衛隊、国交省の海上保安庁、消防庁などありとあらゆる総力あげて救援活動に全力であげているところだ」

 --確認だが、現時点で身動きとれない人何人かとか把握は

 「掌握はしていない。救助要請があったところから逐次ヘリを向けて懸命の作業をしている状況だ」

 --法律に基づく非常災害対策本部の設置の見通しは

 「とにかく現状において各省庁がまず現実の対応に取り組んでいる。今日4時から関係省庁の責任者の会合をやったし、7時45分からも総理指示に基づいてそれぞれの省庁と各自治体と連携し、被害最小限にとの形の中で取り組み懸命にやっている」

 --政務三役の現地入りは

 「そこは検討はしている。とにかく、8日から官邸対策室をつくり、最小に被害をおさえるような対策を行っていて、まず現場で救助を最優先だと思う。この一定の落ち着いた、しっかりした形で発表したい」


「こんなこと初めて」=避難住民ら、不安隠せず―栃木・鹿沼
時事通信 9月10日(木)18時2分配信

 未明に大雨特別警報が出され、避難指示が発令された栃木県鹿沼市でも、開設された避難所に多くの住民らが逃れ、不安な様子で過ごした。
 
 市民情報センターに避難した高木正子さん(68)はバッグ一つを握り締め、親戚の車でセンターに。「昨晩は不安だった。鹿沼に生まれ育って70年近くだが、こんなことは初めて。早く家に帰りたい」と硬い表情。
 石川保治さん(74)は、大家の勧めで市立北押原小学校に。前夜は停電し、家に水が入り込み膝元までたまったが、どうしてよいか分からず懐中電灯を照らしじっとしていたという。着の身着のまま、何も持たずに避難した。「独り暮らしでこの先が不安だ」
 同校にいた東京都八王子市の大学生阿部光さん(20)は、友人4人で東北へ旅行する途中だった。車を運転中、危険を感じコンビニに一時避難したが、道は川のようになっており、動けなくなった車を何台も見た。巡回していた消防団員の案内でようやく避難した。「予報は確認していたが(台風の経路が)遠かったので、大丈夫だと思っていた。まさかこんなことになるとは。とても不安だった」と話した。


〔大雨〕災害救助法適用(9/9~)
レスキューナウニュース 9月10日(木)18時0分配信

茨城県・栃木県・内閣府は、台風18号等による大雨により、多数の者が生命又は身体に危害を受け、又は受けるおそれが生じていることから、災害救助法を適用すると発表した。
(9月11日更新)

■適用地域
 茨城県:古河市、結城市、下妻市、常総市、筑西市、結城郡八千代町、猿島郡境町
 栃木県:栃木市、佐野市、鹿沼市、日光市、小山市、下野市、下都賀郡野木町

今までにとられた措置
・避難所の設置等

◆内閣府|平成27年台風第18号等による大雨に係る災害救助法の適用について【第2報】(PDF:115KB)
http://www.bousai.go.jp/kohou/oshirase/pdf/20150911_02kisya.pdf

◆内閣府|平成27年台風第18号等による大雨に係る災害救助法の適用について【第1報】(PDF:111KB)
http://www.bousai.go.jp/kohou/oshirase/pdf/20150910_03kisya.pdf

◆茨城県|平成27年台風第18号等による大雨に係る災害救助法の適用について【第1報】
http://www.pref.ibaraki.jp/kyujo01.html


栃木、茨城大雨 常総市内で約40人救助 茨城県警
産経新聞 9月10日(木)17時57分配信

17
ヘリコプターで救助活動に当たる自衛隊員=10日午後、茨城県常総市本石毛(川口良介撮影)(写真:産経新聞)
 茨城、栃木に大きな被害をもたらした大雨で、茨城県警は10日午後3時10分現在で、これまで常総市内で取り残されていた住民ら計40人を救助したことを明らかにした。また、同市によると、市内のショッピング施設の屋上に約50人が取り残されているといい、自衛隊のヘリコプターが救助を進めている。


関東と東北、大雨警戒続く=栃木・茨城に特別警報―台風17号、三陸沖へ
時事通信 9月10日(木)17時46分配信

 気象庁は10日夕、関東と東北では11日にかけて土砂災害や河川の氾濫、低地の浸水に厳重に警戒する必要があると発表した。
 栃木、茨城両県に発令した大雨特別警報は10日午後も続き、同庁は安全確保を呼び掛けたが、大雨の中心は福島、宮城両県に移った。
 この大雨は日本海にある台風18号から変わった温帯低気圧が主因で、関東や東北に南西から暖かく湿った空気が流れ込み続けた。太平洋側から三陸沖に向かう台風17号の東風により、積乱雲が南北に連なる降水帯が9日午後から関東に停滞したが、10日午後には北上した。
 福島県いわき市・平では10日午後4時25分までの1時間に60.0ミリの非常に激しい雨が降った。
 17号は11日午後に三陸沖に進み、北海道の東海上を北上して温帯低気圧に変わる見込み。11日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、東北200ミリ、北海道150ミリ、関東100ミリ。北海道は11日に大しけとなり、波の高さは北海道8メートル、東北5メートルと予想される。落雷や突風にも注意が必要。 


栃木、茨城大雨 「行方不明1人、重傷3人」と菅官房長官
産経新聞 9月10日(木)17時39分配信

 菅義偉官房長官は10日午後の記者会見で、栃木、茨城両県などの大雨被害について、現時点で行方不明者1人、重傷者3人とした上で「いろいろな情報があり、集約できていない」と述べた。


栃木、茨城大雨 本紙報道カメラマンが見た“水没する町”
産経新聞 9月10日(木)17時30分配信

16
浸水した常総市本豊田地区。自衛隊や警察、消防、海保のヘリが救出にあたっていた。浸水で寸断された道路=10日午後、茨城県常総市本豊田(鈴木健児撮影)(写真:産経新聞)

 台風18号の影響による大雨は10日、常総市三坂町の堤防を決壊させ、鬼怒川の濁流が町をのみ込んだ。

【写真】鬼怒川の堤防が決壊し、住宅地に流れ込む大量の濁流

 現地に入った本紙の報道カメラマンが見たのは、水没した町と住民の救出、そして困惑する人々の姿だった。


常総市などに災害救助法適用=茨城県
時事通信 9月10日(木)17時30分配信

 茨城県は10日、大雨の影響で鬼怒川の堤防が決壊するなど甚大な被害が発生したことを受け、常総市などへの災害救助法の適用を決定した。
 避難所設置などの費用を国と県が負担する。
 ほかに適用するのは、古河、結城、下妻、筑西各市と八千代、境の両町。 


栃木、茨城大雨 防衛省がヘリ5機を増派 夜間の救助活動も検討
産経新聞 9月10日(木)17時18分配信

15
常総市各地で鬼怒川から越水。本石下地区ではヘリコプターによる救助活動が続けられている=10日午後、茨城県常総市(川口良介撮影)(写真:産経新聞)

 防衛省は10日、茨城県常総市で起きた大規模な浸水被害で、被災した住民の救助・捜索のため新たにヘリコプター5機を派遣し、計12機体制で災害支援活動に当たると発表した。

 河野克俊統合幕僚長は記者会見で「ヘリをできるだけ集め、より多くの人を救助できるよう全力を挙げたい」と述べた。必要に応じて日没後も捜索活動を継続する考えも示した。

 防衛省によると、10日午後4時10分現在で69人を救助した。


特殊救助隊、常総市に派遣=台風大雨災害で―警視庁
時事通信 9月10日(木)17時17分配信

 台風18号の大雨による災害で、警視庁は10日、救出活動を支援するため、広域緊急援助隊を茨城県常総市に派遣した。
 高度な救助技能を持つ特殊救助隊員12人で編成され、ゴムボートなどの資機材も持ち込む。
 また、ヘリコプターも常総市に派遣し、救助活動を行っている。
 一方、東京消防庁も消防ヘリ2機を茨城県に派遣した。 


栃木・茨城大雨特別警報 引き続き最大級の警戒を 11日にかけ東北も大雨のおそれ
ウェザーマップ 9月10日(木)17時13分配信

 栃木県と茨城県では、これまでに経験したことのないような大雨となっていて、土砂災害や浸水害など引き続き最大級の警戒が必要だ。その他の関東地方や東北地方でも、11日にかけては、土砂災害、河川の増水やはん濫、低地の浸水に対し厳重な警戒が必要で、北海道地方では11日には高波に警戒が必要となる。

 台風18号から変わった温帯低気圧が、日本海中部を北上し、日本の東海上では台風17号が北上している。このため、関東地方と東北地方を中心に大雨となっていて、これまでの雨量が、栃木県では600ミリ、茨城県では300ミリ、福島県では400ミリを超えるなど、記録的な大雨となっている所がある。11日にかけても湿った空気が流れ込み、大気の非常に不安定な状態が続く見込みだ。

【大雨・雷・突風・高波】
<大雨・雷・突風>
 関東地方は11日明け方まで激しい雨が降り、東北地方では11日朝まで1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがある。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要だ。
 11日午後6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで
  東北地方      200ミリ
  北海道地方     150ミリ
  関東地方      100ミリ

<高波>
 北日本の太平洋側や関東地方には台風17号からのうねりが入ってしけていて、北海道地方では、11日には大しけとなる見込みだ。
 11日にかけて予想される波の高さは
  北海道地方 8メートル
  東北地方  5メートル


茨城県常総市の堤防3カ所決壊 自衛隊ヘリで救助
日刊スポーツ 9月10日(木)17時13分配信

 台風18号による大雨の影響で10日、茨城県常総市を流れる鬼怒川から水があふれ出た。同市若宮戸付近、筑西市船玉、伊佐山付近の計3カ所の堤防が決壊した。NHKは午後、家屋に取り残された人を自衛隊のヘリで救出する映像を生中継。午後2時19分ごろ、家屋2階のベランダに取り残された人を自衛隊のヘリコプターで救助する場面を中継した。

 1階部分に濁流が押し寄せ、2階ベランダでタオルを振り続けて救助を求めていた2人の元に、自衛隊員が到達。次々と救助して、ヘリコプターに収容した。


栃木、茨城大雨 自民が災害対策本部設置
産経新聞 9月10日(木)17時2分配信

 自民党は10日午後、台風18号から変わった低気圧の影響による記録的な大雨で、栃木、茨城両県で発生している土砂崩れや浸水などの大きな被害に対し、稲田朋美政調会長を本部長とする「平成27年台風等による災害対策本部」を設置した。今後、政府と連携して対応する。


栃木、茨城大雨 「最大限の勢力動員を」首相が関係閣僚集め指示
産経新聞 9月10日(木)16時41分配信

 政府は10日午後、栃木、茨城両県の大雨災害を受けた関係閣僚会議を首相官邸で開催した。安倍晋三首相は「事態は重大な局面にある。国民の命を守るため一刻の猶予もない。政府として取り得る限りの最大限の勢力を動員するよう指示する」と述べ、人命救助に全力を尽くすよう指示した。

 首相は「警察、消防、自衛隊、海上保安庁などの各救助部隊が一丸となって人命救助に力を尽くしてほしい」と強調。「被災自治体との緊密な連携のもと、時々刻々と変化する状況を早急に把握し、被災者救出、避難措置など被害拡大の防止に万全を期してもらいたい」と述べた。


栃木、茨城大雨 堤防決壊の最大浸水想定地域、約37平方キロ
産経新聞 9月10日(木)16時28分配信

 栃木、茨城両県で大きな被害が出ている大雨について、国土交通省は10日、鬼怒川の堤防決壊による最大浸水想定地域は、茨城県常総市内の鬼怒川東岸と小貝川西岸の間約37平方キロに及び、最大約5メートルの深さまで水がたまる恐れがあると発表。想定地域内の人口は約2万2000人に上るという。

 同地域には常総市がすでに避難指示を出しており、同省は地域外や高い場所への避難を呼びかけている。


栃木、茨城大雨 防衛省が自衛官60人、ヘリ6機などを派遣 さらなる増援も準備
産経新聞 9月10日(木)16時19分配信

 防衛省は10日、茨城県常総市で起きた大規模な浸水被害で、孤立した住民の救助・捜索のため、陸上自衛隊員60人、多用途ヘリコプター「UH60」6機などを常総市と結城市に派遣したと発表した。

 岩田清文陸上幕僚長は記者会見で「現在の災害状況を見ると、さらなる増援要請があってもおかしくない」と述べ、新たな部隊派遣を準備していることを明らかにした。

 防衛省によると、10日午前9時5分ごろ、茨城県知事から陸自勝田駐屯地内(同県ひたちなか市)の陸自施設学校長に災害派遣の要請があった。


鬼怒川、堤防決壊で住宅街がのみこまれる ベランダや電柱にしがみつき救助待つ姿
J-CASTニュース 9月10日(木)16時15分配信

14
9月10日に撮影された鬼怒川周辺の様子(写真:ロイター/アフロ)

 茨城県内を流れる鬼怒川は堤防が決壊し、氾濫した濁流が付近の住宅街をのみこんでいる。

 NHKの報道ヘリコプターからの生放送映像(2015年9月10日15時頃)では、住宅に取り残された住民がベランダから手やタオルを振ったり、濁流の中で電柱にしがみついたりして救助を待つ人たちの姿が映された。

■一部住民に避難指示

 常総市の発表によると、2015年9月10日7時40分に若宮戸地区で堤防から水があふれる「越水」が発生。13時15分には三坂町地区で堤防が決壊した。14時55分現在、鬼怒川西側の住民には東側への避難指示が出されている。

 NHKなどによると9月10日正午現在、浸水の被害が起きている本石下地区や若宮戸地区などで39件80人が救助を求めている。

 同市上空からNHKの報道ヘリコプターが中継する映像では、住宅街が濁流にのみこまれている様子が伝えられており、一部の住宅や木が流されている様子が確認できる。住宅の2階ベランダ部分から、自衛隊ヘリに向かって手やタオルを振って救助を求めている住民も映し出された。また、濁流に囲まれて孤立した電柱には、男性が流されないよう、しがみついていた。

 関東地方では大雨が続き、気象庁は茨城・栃木両県で特別警報を発表している。栃木県鹿沼市では10日未明に土砂崩れがあり、同日昼現在、女性1人が行方不明になっている。


鬼怒川が決壊、12人不明か
2015年9月10日(木)15時55分配信 共同通信

12
 台風18号の影響による大雨で鬼怒川が氾濫し、濁流にのまれそうな家の屋根からヘリで救助される人=10日午後4時1分、茨城県常総市(共同通信社ヘリから)

 台風18号の影響で関東や東北で記録的な豪雨が降り続いた10日午後、茨城県常総市三坂町の鬼怒川の堤防が決壊し、大規模な水害に見舞われた。常総市は「12人が行方不明になっている」と明らかにした。ほかにも、人が流されたとの情報が複数あり、安否の確認を進めている。県によると、浸水地域は約32平方キロで、約6500棟の住宅があり、一部は流失した。警察、消防、自衛隊、海上保安庁は同日夜までに、取り残された周辺の住民ら約200人をヘリコプターなどで救助した。警察庁によると、午後11時現在、約690人が救助を待っている。


鬼怒川の堤防140m決壊、修復に2週間
読売新聞 9月10日(木)15時54分配信

13
鬼怒川が氾濫し、取り残された家屋で助けを待つ人たち(10日午後1時35分、茨城県常総市で、読売ヘリから)=林陽一撮影

 国土交通省によると、鬼怒川の決壊場所は、当初の約20メートルから広がり、10日夕には140メートルに広がった。

 同省は同日夜、排水ポンプ車による排水作業を開始。11日午前から堤防の緊急復旧工事に入る。1週間ほどで応急的な堤防を完成させ、さらに1週間で工事を終わらせるという。

 鬼怒川下流域の堤防については、同省が「10年に1度の大雨」による災害を防ぐには不十分だとして、かさ上げし、幅も広げる事業を進めているところだった。高さ約3~4メートルの決壊現場付近についても、昨年度から用地買収を始めていた。


<大雨>孤立被災者、ヘリで救出 NHK中継
毎日新聞 9月10日(木)15時46分配信

 台風18号の影響による大雨で、茨城県を流れる鬼怒川の水が10日あふれ、同県常総市で民家が孤立した。NHKは同日午後、浸水した住宅で救助を求める住民の様子をヘリコプターで中継した。

 午後2時20分すぎには、住宅の2階ベランダから、住民計2人を自衛隊がヘリコプターで救助する様子を放送。周辺の別の住宅では瓦屋根の上に住民2人が取り残され、鉄筋コンクリート2階建てと見られる住宅のベランダでは、紺色のジャージー姿の子どもら3人が手を振って救助を待っていた。また、電信柱につかまっている男性の姿も映った。

 周辺の住宅はいずれも1階部分が浸水しており、各住宅からヘリコプターに向かってタオルなどを振る住民の姿が見られた。【中村美奈子/デジタル報道センター】


ホテル倒壊、住宅流され橋も崩落…不安募る住民
読売新聞 9月10日(木)14時36分配信

 栃木県や茨城県などを襲った「50年に1度」の記録的な大雨。土砂崩れが民家をのみ込み、避難所に集まった住民らは不安に声を震わせた。線路が冠水してJRなどでは運休が相次ぎ、通勤の足も乱れた。

 栃木県と茨城県では河川の水位が上昇し、住宅が流されるなどの被害が相次いだ。

 栃木県鹿沼市玉田町の黒川では、10日午前8時35分頃、住宅1棟が流れているのを巡回中の警察官が見つけた。住民は既に避難しており、けが人はなかった。黒川では、10日未明から水位が3メートル以上上昇し、土手と堤防が広範囲にわたって決壊。川沿いの民家や工場など5棟が被害を受けた。

 このうち、山田憲一さん(67)が経営する材木工場は敷地の土台が流され、建物が川の方へ傾いた。工場の半分が水につかり、裁断機や木材が使い物にならなくなったという。同日午前中も雨脚が弱まることはなく、工場の建屋がミシミシと音を立てており、「このまま雨が続けば全てなくなる」と不安そうに川を見つめていた。

 栃木県栃木市大平町榎本では、永野川にかかる旧千部橋の中央部分が崩落。消防に通報した近くの女性(42)は、「今まで聞いたことのない『ぐおん』という音がして、橋を見ると、橋があるはずの場所に濁流とともに枝などが流れていた」と話した。

 茨城県などによると、同県内の鬼怒川は10日午前10時現在、筑西市の2か所、常総市の1か所で氾濫した。常総署によると、常総市内では冠水で身動きできなくなるなどし、数十件の救助を求める連絡が入っている。署員が現場に向かっているが、道路の冠水が激しく救助は難航している。

« 栃木で50年に1度の大雨、栃木、茨城に大雨特別警報 | トップページ | 777・787・A350等、航空機一般の話題・13 »

ニュース」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/62257419

この記事へのトラックバック一覧です: 栃木で50年に1度の大雨、栃木、茨城に大雨特別警報・2:

« 栃木で50年に1度の大雨、栃木、茨城に大雨特別警報 | トップページ | 777・787・A350等、航空機一般の話題・13 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31