« 悠仁親王殿下、今日9歳の御誕生日 | トップページ | 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2047 »

2015年9月 7日 (月)

天皇皇后両陛下、「私的ご旅行」で17~18日栃木県日光市ご訪問

宮内庁は7日、天皇皇后両陛下私的ご旅行として、17~18日の日程で栃木県日光市をご訪問されると発表した。

戦後70年にあたり、天皇陛下が先の大戦中に疎開された日光田母沢御用邸が残る記念公園や学習院の疎開教室が置かれた東大大学院付属植物園日光分園、終戦を迎えた奥日光の南間ホテルがあった湯ノ湖畔などをご訪問される予定。

リンク:<両陛下>日光訪問を中止 17~18日予定 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、日光訪問を取りやめ…豪雨被害受け - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、茨城、栃木県知事にお見舞い 日光訪問はお取りやめ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、日光訪問取りやめ=豪雨被害に配慮、知事にお見舞い - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<両陛下>日光訪問へ 戦時中に疎開、思い出たどる - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、日光の疎開先ご訪問へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、17日から日光へ=天皇陛下が戦時中疎開 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

<両陛下>日光訪問を中止 17~18日予定
毎日新聞 9月11日(金)20時8分配信

 宮内庁は11日、17~18日に予定していた天皇、皇后両陛下の栃木県日光市への訪問を取りやめると発表した。天皇陛下が1944~45年に疎開していた旧日光田母沢御用邸などを訪ねる予定だったが、関東・東北豪雨で県などが災害対策に専念できるよう配慮した。

 また、両陛下は11日、侍従長を通して栃木、茨城両県知事にお見舞いと災害対策に従事する関係者へのねぎらいの気持ちを伝えた。両陛下は宮城県の被害についても心配しているという。【高島博之】


両陛下、日光訪問を取りやめ…豪雨被害受け
読売新聞 9月11日(金)19時3分配信

 関東地方などの豪雨被害を受け、宮内庁は11日、17~18日に予定されていた天皇、皇后両陛下の栃木県日光市の訪問を取りやめると発表した。

 戦時中に天皇陛下が疎開した地を巡る予定だったが、両陛下は、県などの関係機関には災害対応に専念してほしいとの意向を示された。

 同庁によると、両陛下は、死者や多くの行方不明者、大規模な浸水被害が出ていることに大変心を痛められている。11日午後には、被害の大きかった茨城、栃木両県知事に対し、河相周夫侍従長を通じてお見舞いと災害対応へのねぎらいの気持ちを伝えられた。

 同日は秋篠宮妃紀子さまの49歳の誕生日だったが、宮邸での祝賀行事なども取りやめとなった。


両陛下、茨城、栃木県知事にお見舞い 日光訪問はお取りやめ
産経新聞 9月11日(金)18時29分配信

 天皇、皇后両陛下は11日、豪雨災害へのお見舞いと、災害対策に従事している関係者へのねぎらいのお気持ちを、河相周夫侍従長を通じて茨城県の橋本昌知事と栃木県の福田富一知事に伝えられた。災害対策に専念できるようにとの意向で、17~18日に予定していた栃木県日光市への訪問を取りやめられた。

 宮内庁によると、両陛下は報道などで被害状況を確認し、茨城県で行方不明者や家屋の流出が相次ぎ、栃木県でも死傷者が出ていることに心を痛められている。11日に被害が広がった宮城県の様子も気にかけられているという。

 今回の日光市の訪問は、戦後70年にあたり、天皇陛下の疎開先だった日光田母沢御用邸が残る記念公園、学習院が疎開教室を置いた東大大学院付属植物園日光分園、終戦を迎えた南間ホテルがあった湯ノ湖畔などを巡られる予定だった。


両陛下、日光訪問取りやめ=豪雨被害に配慮、知事にお見舞い
時事通信 9月11日(金)18時1分配信

 宮内庁は11日、天皇、皇后両陛下が17~18日に予定していた栃木県日光市への私的旅行を取りやめられたと発表した。
 豪雨災害により、関東や東北地方で大きな被害が発生しているため、同県知事をはじめとする関係機関が災害対策に専念できるよう配慮したという。戦後70年に当たり、天皇陛下が戦時中に疎開していたゆかりの場所などを訪れる予定だった。
 両陛下はまた、河相周夫侍従長を通じ、茨城、栃木両県の知事に対し、お見舞いと災害対策に従事している関係者に対するねぎらいの気持ちを伝えた。側近によると、両陛下は大雨で多くの被害が出ていることに心を痛めているという。 


<両陛下>日光訪問へ 戦時中に疎開、思い出たどる
毎日新聞 9月7日(月)23時34分配信

 天皇、皇后両陛下は17~18日、栃木県日光市を訪問される。天皇陛下は戦時中の1944年、同市の日光田母沢御用邸に疎開し、東大大学院付属植物園日光分園の建物などで授業を受けた。戦後70年の節目にあわせ、陛下の意向もあり、これらの疎開先を訪れることになった。

 天皇陛下は44年7月10日から同御用邸に疎開した。皇太子だった陛下は、学習院初等科5年で10歳だった。

 同級生とともに日光分園内にあった建物で授業を受けた。一緒に授業を受けた同級生の明石元紹(もとつぐ)さん(81)は「殿下(天皇陛下)とともに体操もした。宮内省(当時)が用意した馬で乗馬したこともあった」と振り返る。

 明石さんによると、日光分園は暖房設備が十分でなかったため、冬からは同御用邸に教室を移した。「畳の広間に机といすを入れて授業を受けた」。45年3月10日の東京大空襲で同級生の家が焼失したことを知った天皇陛下は、授業の前に立ち上がって「お気の毒だった」と同級生に声をかけたという。

 45年7月、疎開先が奥日光の南間ホテルに移った。8月15日の終戦の玉音放送は、天皇陛下はホテルの別館で、同級生らは本館で聞いた。

 終戦後、天皇陛下が帰京したのは11月7日。国鉄日光駅から皇室専用ホームがある原宿駅まで列車で移動した。天皇陛下は93年12月、60歳を迎えての誕生日の記者会見で当時をこう振り返っている。「戦後、日光の疎開先から焼け野原の中にトタンの家の建つ東京に戻ってみた状況は、現在の東京からは、とても考えられないものでした」

 宮内庁によると、両陛下は17日に東武鉄道で同市を訪れ、同御用邸が残る公園や日光分園を散策する。18日には奥日光を訪問する。【真鍋光之、高島博之】


両陛下、日光の疎開先ご訪問へ
産経新聞 9月7日(月)19時1分配信

 宮内庁は7日、天皇、皇后両陛下が私的旅行として、17~18日の日程で栃木県日光市を訪問されると発表した。戦後70年にあたり、天皇陛下が先の大戦中に疎開した日光田母沢御用邸が残る記念公園や学習院の疎開教室が置かれた東大大学院付属植物園日光分園、終戦を迎えた奥日光の南間ホテルがあった湯ノ湖畔などを見て回られる。


両陛下、17日から日光へ=天皇陛下が戦時中疎開
時事通信 9月7日(月)16時19分配信

 宮内庁は7日、天皇、皇后両陛下が17~18日、天皇陛下が戦時中に疎開していた栃木県日光市を訪問されると発表した。
 戦後70年に当たり、両陛下の意向で私的旅行として訪れる。
 同庁によると、両陛下は17日、臨時専用列車で東武日光駅に到着後、天皇陛下が1944年7月から1年間滞在していた旧御用邸の建物が残る日光田母沢御用邸記念公園や、同級生らと授業を受けた教室があった東京大の日光植物園を訪問。18日は陛下が終戦を迎えた「南間ホテル」があった奥日光湯元地区などを訪れ、帰京する。

« 悠仁親王殿下、今日9歳の御誕生日 | トップページ | 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2047 »

ニュース」カテゴリの記事

国家・元首・国事」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史・故事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/62242080

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇皇后両陛下、「私的ご旅行」で17~18日栃木県日光市ご訪問:

« 悠仁親王殿下、今日9歳の御誕生日 | トップページ | 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2047 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31