« タイの首都バンコク中心部の繁華街で爆弾爆発 20人死亡、負傷者多数・6 | トップページ | 東京・調布の住宅地に小型飛行機墜落 地上の1人を含む3人死亡・7 »

2015年8月28日 (金)

沖縄・粟国空港で第一航空の小型双発機DHC-6が滑走路逸脱

28日午前8時55分ごろ、沖縄県粟国村の粟国空港に着陸した第一航空(大阪)の双発プロペラ機デ・ハビランド・カナダ(現ボンバルディア)DHC-6が滑走路を右側に外れてフェンスに衝突し、機体の一部が損傷した。空港は滑走路を閉鎖した。

乗客乗員14人のうち数人が手や首の痛みを訴えるなど軽傷を負い、全員が村内の診療所に搬送された。

同機は民間会社「第一航空」が運航する定期便で、同日午前8時半に那覇空港を離陸した。着陸の際にタイヤがパンクして方向制御ができなくなったとみられ、長は「通常通り着陸したが、ブレーキをかけた後、機体が右側に寄ってしまった」と話しているという。

リンク:第一航空の粟国逸脱事故、副操縦士の知識不足 訓練体制の改善勧告 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:粟国空港事故、原因は前輪曲がったままでの着陸 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:前輪右向き着陸が原因=粟国空港の旅客機衝突―安全委 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:前輪固定の手順を徹底せず - 速報:@niftyニュース.
リンク:<小型機着陸失敗>ブレーキ後、制御失う…12人軽傷 沖縄 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:滑走路フェンス激突「着陸時、ブレーキ違和感」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:副操縦士訓練中に事故=第一航空が謝罪会見―沖縄 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:副操縦士が訓練飛行中、沖縄事故 - 速報:@niftyニュース.
リンク:小型機が沖縄の島で滑走路外れる - 速報:@niftyニュース.
リンク:小型機がフェンス衝突=オーバーラン、数人軽傷―沖縄・粟国空港 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<航空事故>沖縄・粟国空港着陸の小型機オーバーラン - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:小型機が着陸後にフェンス衝突、タイヤ不具合か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:小型機が着陸ミスで滑走路を逸脱 搭乗者軽傷 沖縄・粟国空港 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:小型機がオーバーラン=けが人なし―沖縄・粟国空港 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

第一航空の粟国逸脱事故、副操縦士の知識不足 訓練体制の改善勧告
Aviation Wire 12/15(木) 19:28配信

Dhc6
第一航空のバイキングDHC-6-400当該機=15年8月 PHOTO: Ichiro KANEKO/Aviation Wire

 1年半ほど前の2015年8月、第一航空(大阪市浪速区)のバイキングDHC-6-400型機(登録番号JA201D)が粟国(あぐに)空港着陸後に滑走路を逸脱した事故について、国土交通省の運輸安全委員会(JTSB)は12月15日、操縦業務(パイロットフライング、PF)を担当した副操縦士の知識不足によるものとの見方を示した。JTSBは同社に対し、訓練体制の改善を勧告した。

【つり上げられる事故機】

 事故は8月28日に発生した。同機が粟国空港着陸後、滑走路を逸脱し、滑走路脇のフェンスを超えて停止。これにより、機首と胴体下部などが損傷した。乗客12人と乗員2人が搭乗していたが、乗客10人と乗員1人が軽傷を負った。

 JTSBでは、着陸後に傾き始めた機体を副操縦士が制御できなかったため、逸脱したと見ている。接地後に傾いたことについては、副操縦士がチェックリストを失念し、モニターや通信(パイロットモニタリング、PM)を担当した機長が適切に指摘しなかったことによるものと見ている。

 また、副操縦士が傾きを制御できなかったのは、同機の航空機システムに関する知識が不足していた可能性が高いとし、機長の緊急事態への対応が不十分だったと見ている。

 JTSBは副操縦士の知識不足について、同社の訓練が不適切だった可能性が大きいと指摘。同社に対し、地上と飛行訓練の現状を把握し、適切な訓練体制への改善を求めた。

 第一航空は運航乗務員への訓練記録の改ざんや、フラップ(高揚力装置)の角度を不適切に設定した形態での着陸が発覚したとして、今年3月に国土交通省大阪航空局から事業改善命令を受けている。


粟国空港事故、原因は前輪曲がったままでの着陸
読売新聞 12/15(木) 15:57配信

 沖縄県粟国(あぐに)村の粟国空港で2015年8月、第一航空(大阪府)の小型機(乗客乗員計14人)が着陸に失敗した事故で、運輸安全委員会は15日、前輪が右に曲がった状態で着陸したことなどが原因とする報告書を公表した。

 操縦士の訓練が不適切だったとして、同社に対し、訓練体制の改善を勧告した。

 報告書によると、小型機は着陸の際に滑走路を外れ、右側のフェンスに衝突。乗員乗客計11人が軽傷を負った。当時、機長任用訓練中の副操縦士が操縦し、機長が教官として同乗していた。

 報告書は、前輪が正面を向いているかどうかを副操縦士が着陸前に確認せず、機長も必要な指摘をしなかったため、前輪が右を向いたまま着陸したと分析。副操縦士は知識不足で適切な減速操作などができず、機長の対応も不十分だったことから、衝突した可能性があるとした。

 副操縦士は地上訓練の時間が足りず、機長の教官としての訓練も適切に行われていなかったことも、事故の一因になったと指摘した。


前輪右向き着陸が原因=粟国空港の旅客機衝突―安全委
時事通信 12/15(木) 10:02配信

 沖縄県粟国村の粟国空港で2015年8月、プロペラ旅客機が滑走路をそれてフェンスに衝突し、乗客乗員11人が軽傷を負った事故で、運輸安全委員会は15日、前輪が右側を向いた状態で着陸し、減速が適切に行われなかったのが原因だとする報告書を公表した。

 機長らの訓練体制に不備があったことから、安全委は同機を運航していた第一航空(大阪市)に改善を勧告した。

 事故は15年8月28日午前8時55分ごろ発生。14人が搭乗して那覇空港を離陸した同機は、粟国空港への着陸時に滑走路(800メートル)の中心付近で右側にそれて、草地を横切ってフェンスに衝突した。

 報告書によると、機長昇格の訓練中だった男性副操縦士(63)が操縦していたが、着陸前に前輪の操作レバーの確認を怠っていた。着陸後は右側にそれた理由を理解できずにブレーキや方向舵(だ)を誤って操作。十分な減速ができず、教官役の男性機長(58)も操作を交代しなかった。


前輪固定の手順を徹底せず
2016年2月27日(土)16時24分配信 共同通信

96
 2015年8月、沖縄県・粟国空港で滑走路を外れてフェンスに突っ込んだ第一航空のプロペラ機(同空港管理事務所提供)

 沖縄県粟国村の粟国空港で昨年8月、着陸した第一航空(大阪)のプロペラ機DHC6の前輪が右を向き、滑走路を外れてフェンスに衝突し11人が負傷した事故で、会社が前輪を固定する手順を徹底できていなかったことが27日、社内調査で分かった。運航体制の不備が原因となった可能性があり、国土交通省も調査している。

 関係者によると、レバーを正確にセットすれば前輪は前向きに固定される。同社はレバーの多少のずれを容認してきたが、社内検証で少しでもずれると固定できない場合があると判明した。


<小型機着陸失敗>ブレーキ後、制御失う…12人軽傷 沖縄
毎日新聞 8月28日(金)22時59分配信

444
滑走路を外れてフェンスに乗り上げた第一航空の小型機=沖縄県粟国村の粟国空港で2015年8月28日、同空港管理事務所提供

 28日に沖縄県粟国(あぐに)村の粟国空港で小型旅客機が着陸後に滑走路を右に外れてフェンスに衝突した事故で、運航する「第一航空」(大阪市)は同日、那覇市で記者会見して「着陸後にブレーキをかけたところ違和感があり、急に右にそれて制御が利かなかった」と説明した。

 沖縄県警は業務上過失傷害の疑いもあるとして、機長らから事情聴取を始めた。

 同社によると、小型機は28日午前8時半に那覇空港を出発し、機長昇格のための訓練で62歳の副操縦士が操縦していた。着陸後に滑走路を外れたため、57歳の機長が操縦を代わったが、動きを変えられなかった。副操縦士は飛行時間約1万6800時間で、技量に問題はないという。副操縦士らは「減速のためにブレーキをかけたら、『ギギッ』という音がした」と話しているという。

 事故直後はタイヤがパンクした可能性があるとみられていたが、確認されなかった。原因は不明だが、同社は何らかの理由でタイヤにロックがかかったような状態となって機体が右にそれた可能性もあるとしている。フェンスに衝突した影響で機首部分が大破するなどした。

 沖縄県によると、乗員・乗客14人のうち、乗員2人と乗客10人が軽傷を負った。国土交通省は「航空事故」と認定。国の運輸安全委員会は航空事故調査官3人を現地に派遣し、29日から調査を始める。【佐藤敬一】


滑走路フェンス激突「着陸時、ブレーキ違和感」
読売新聞 8月28日(金)21時35分配信

 沖縄県粟国(あぐに)村の粟国空港で28日、第一航空(大阪府八尾市)の小型機(乗員・乗客14人)が着陸した際、滑走路(800メートル)から外れて滑走路脇のフェンスに激突した事故で、同社は沖縄事業所(那覇市)で記者会見し、操縦していた副操縦士(62)が「着陸時、ブレーキに違和感を感じ、機体のコントロールができなくなった」と話していることを明らかにした。

 この日は機長が同乗したうえで、機長に昇格するための訓練として、副操縦士が終始、操縦していたという。

 事故では機首が損傷し、乗員1人、乗客10人(5~68歳)が擦り傷や打撲などの軽傷を負った。国土交通省は航空事故と認定。運輸安全委員会の航空事故調査官3人を沖縄に派遣した。29日に現地入りし、原因などを調べる。

 小型機は28日午前8時30分に那覇空港を離陸した。19人乗りのプロペラ機で、今月2日に9人乗りの小型機に代わって就航したばかりだった。那覇―粟国空港間を1日3往復している。


副操縦士訓練中に事故=第一航空が謝罪会見―沖縄
時事通信 8月28日(金)18時40分配信

 沖縄県粟国村の粟国空港で小型プロペラ機がフェンスに衝突した事故で、第一航空(大阪)の木田準一副社長らが28日、那覇市内で記者会見し、事故当時、機長に昇格するために訓練中だった男性副操縦士(62)が操縦していたと明らかにした。
 事故原因については、「今の状況では分からない」と述べるにとどめた。
 会見で副社長は「ご心配とご迷惑をお掛けし、大変申し訳ない。運航再開に向け、なるべく早く原因究明をしたい」と謝罪。乗客を乗せたフライトで訓練するのは一般的だといい、「(副操縦士の)パイロット選任は問題ないと考えている」と話した。
 副社長らによると、この日は機長昇格訓練の最終段階だった。副操縦士が着陸後にブレーキをかけたところ、違和感を覚え、機長が操縦を交代したがコントロールできなかったという。出発前の整備作業と機体周りの点検で異常はなく、副操縦士らの体調面も問題なかった。
 粟国空港管理事務所の職員が通常とは異なる「パン」という音を聞いていたが、タイヤはパンクしていなかった。
 国土交通省は28日、機体が大きく損傷していることから航空事故に認定。運輸安全委員会は航空事故調査官3人を現地に派遣した。 


副操縦士が訓練飛行中、沖縄事故
2015年8月28日(金)17時41分配信 共同通信

 沖縄県・粟国島の粟国空港で第一航空(大阪)の双発プロペラ機DHC6が滑走路を外れてフェンスに突っ込んだ事故について、同社は28日午後、那覇市で記者会見を開き、当該機は副操縦士(62)が訓練飛行中だったと明らかにした。

 国土交通省は機体の損傷程度が大きいとして「重大インシデント」から「航空事故」に格上げ。運輸安全委員会は航空事故調査官3人を29日に現地へ派遣し詳しい原因を調べる。沖縄県警は業務上過失傷害の疑いもあるとみて、機長(57)らから事情聴取を始めた。

 記者会見で木田準一副社長は「ご心配とご迷惑を掛け、申し訳ない」と謝罪した。


小型機が沖縄の島で滑走路外れる
2015年8月28日(金)12時17分配信 共同通信

443
 滑走路を外れてフェンスに突っ込んだ第一航空の双発機=28日午前9時ごろ、沖縄県・粟国空港(粟国空港管理事務所提供)

 28日午前8時55分ごろ、沖縄県・粟国島の粟国空港に着陸した直後の第一航空(大阪)の双発プロペラ機DHC6が、滑走路(長さ800メートル)を右側に外れてフェンスに突っ込み、機体の一部が損傷した。空港は滑走路を閉鎖した。

 国土交通省と第一航空によると、乗客12人と乗員2人の計14人の全員に外傷はなく、念のため島内の診療所に向かった。機内で体をぶつけた人がいるという。

 粟国空港管理事務所によると、着陸時にタイヤがパンクして制御できなくなった可能性がある。国交省が詳しい状況を調べている。

 小型機は午前8時40分ごろ、那覇空港を離陸した。


小型機がフェンス衝突=オーバーラン、数人軽傷―沖縄・粟国空港
時事通信 8月28日(金)11時39分配信

442
沖縄・粟国空港でオーバーランし、フェンスに衝突した小型プロペラ機=28日午前(同空港管理事務所提供)

 28日午前8時55分ごろ、沖縄県粟国村の粟国空港で、着陸した小型プロペラ機が滑走路をオーバーランし、フェンスに衝突した。
 乗客乗員14人のうち数人が手や首の痛みを訴えるなど軽傷を負い、全員が村内の診療所に搬送された。
 粟国空港管理事務所などによると、プロペラ機は19人乗り。民間会社「第一航空」が運航する定期便で、同日午前8時半に那覇空港を離陸した。着陸の際にタイヤがパンクしたとみられ、大きく右にそれフェンスに衝突して停止した。
 第一航空によると、プロペラ機の機長は「通常通り着陸したが、ブレーキをかけた後、機体が右側に寄ってしまった」と話しているという。
 機体の前半分と右の翼がフェンスを越えて茂みに突っ込み、機首部分と右プロペラなどが破損。燃料漏れが確認されたが、火災はなかった。このトラブルで滑走路は閉鎖された。 


<航空事故>沖縄・粟国空港着陸の小型機オーバーラン
毎日新聞 8月28日(金)11時21分配信

439
滑走路を外れてフェンスに乗り上げた第一航空のプロペラ機=沖縄県粟国村の粟国空港で2015年8月28日午前(粟国空港管理事務所提供)

28日午前8時55分ごろ、那覇空港(那覇市)発粟国(あぐに)空港(沖縄県粟国村)行き「第一航空」(大阪市)の小型旅客機が、粟国空港に着陸する際、滑走路(長さ約800メートル、幅約25メートル)をオーバーランし、滑走路脇のフェンスに衝突して止まった。乗員2人、乗客12人の計14人は近くの診療所に搬送された。目立った外傷はなく重傷者はいないが、数人が手や首などに痛みを訴えている。国土交通省は事故につながりかねない「重大インシデント」と認定。国の運輸安全委員会は航空事故調査官の派遣を決めた。

 第一航空や国交省などによると、オーバーランした小型機は午前8時半ごろ、那覇空港を出発。粟国空港に着陸した際、機体下部にある右タイヤがパンクし、滑走路の中央付近から滑走路をそれ、滑走路脇の芝生も越えて、約23メートル離れたフェンスに衝突した。機体前部に損傷があり、燃料が漏れているが火災はなかった。フェンス衝突時に機内で体や頭を打った乗客がいたため、全員が島内の診療所を受診したが目立った外傷はなかった。

 第一航空によると、機長は50代男性で飛行時間約5500時間、副操縦士は60代男性で飛行時間約1万6800時間。機長は「通常通り着陸した。停止のためブレーキをかけたところ右にそれた」と説明しているという。小型機は「バイキング・エア」社(カナダ)が製造したDHC-6型機。双発のプロペラ機で定員は19人。今月2日に就航したばかりだった。滑走路は事故後、閉鎖されている。

 県空港課によると、この航路は那覇空港と沖縄県・粟国島にある粟国空港を結び、1日3往復している。粟国空港は県が管理する「地方管理空港」で沖縄県に12カ所ある。沖縄気象台によると、28日午前9時の粟国村上空は風速3.5メートルで風は弱かった。雨は降っていなかったという。【下原知広、佐藤敬一】

 ◇42年間、日本航空のパイロットを務めた小林宏之さんの話

 小型機のタイヤは自転車と同様に、チューブに空気を入れて膨らませる構造のものが多く、着陸時にパンクするトラブルは過去にも起きている。風速3.5メートル程度なら風の影響を受けたとは考えにくい。タイヤやブレーキの整備不良、機長の操縦の問題など複数の原因が考えられる。


小型機が着陸後にフェンス衝突、タイヤ不具合か
読売新聞 8月28日(金)10時57分配信

 28日午前8時54分頃、沖縄県粟国(あぐに)村の粟国空港で、第一航空(大阪府八尾市)の小型機(乗員・乗客14人)が着陸の際に滑走路(約800メートル)を外れ、右側のフェンスに激突して止まった。

 県空港課などによると、5歳から60歳代までの乗客全11人は村内の診療所に搬送され、診察を受けている。手足や首に痛みを訴える人がいるほか、乗員の50歳代男性が右ひじに軽い擦り傷を負った。

 国土交通省は「重大インシデント」に該当すると判断し、運輸安全委員会の航空事故調査官を派遣することを決めた。29日に現地入りする。

 この事故で空港管理事務所は滑走路を閉鎖した。同事務所の職員が着陸直後に「パン」という大きな音を聞いており、タイヤの不具合が原因とみられる。第一航空によると、操縦士(57)は「着陸時に異常はなかったが、ブレーキをかけたところ右に曲がり、滑走路を外れた」と説明しているという。


小型機が着陸ミスで滑走路を逸脱 搭乗者軽傷 沖縄・粟国空港
産経新聞 8月28日(金)10時47分配信

 28日午前8時55分ごろ、沖縄県粟国(あぐに)村の粟国空港で、小型飛行機(乗員乗客14人)が着陸した際に滑走路を右に逸脱し、設置されていた金網フェンスに衝突して停止した。国土交通省によると、打撲程度のけが人の情報が入っているものの、重傷者はいないとみられる。現在、同空港は滑走路を閉鎖している。

 国交省によると、事故機は小型機などを運営する第一航空(大阪府)所属のプロペラ機。同日午前8時40分ごろに那覇空港を離陸して粟国空港に向かっていた。同省は詳しい原因などを調べている。


小型機がオーバーラン=けが人なし―沖縄・粟国空港
時事通信 8月28日(金)10時40分配信

 28日午前8時55分ごろ、沖縄県粟国村の粟国空港で、着陸した小型プロペラ機が滑走路をオーバーランした。
 乗客乗員14人にけがはなかった。
 粟国空港管理事務所などによると、プロペラ機は19人乗りで、民間会社が不定期便として同日午前8時半に那覇空港を離陸した。このトラブルで滑走路は閉鎖された。 

« タイの首都バンコク中心部の繁華街で爆弾爆発 20人死亡、負傷者多数・6 | トップページ | 東京・調布の住宅地に小型飛行機墜落 地上の1人を含む3人死亡・7 »

システム・技術・産業」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

事故・トラブル・インシデント」カテゴリの記事

船舶・鉄道・航空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/62174694

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄・粟国空港で第一航空の小型双発機DHC-6が滑走路逸脱:

« タイの首都バンコク中心部の繁華街で爆弾爆発 20人死亡、負傷者多数・6 | トップページ | 東京・調布の住宅地に小型飛行機墜落 地上の1人を含む3人死亡・7 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30