« 終戦記念日の今日15日、高市総務相、有村少子化相、山谷国家公安委員長の3閣僚が靖国神社参拝 | トップページ | 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2037 »

2015年8月15日 (土)

今日終戦記念日、全国戦没者追悼式

今日8月15日の終戦記念日を迎え、東京都千代田区の日本武道館で正午前から、天皇、皇后両陛下のご臨席のもと、政府主催の全国戦没者追悼式が開かれた。

正午の時報に合わせて、参列者全員で1分間の黙とうをささげた後、天皇陛下が「終戦以来既に70年、戦争による荒廃からの復興、発展に向け払われた国民のたゆみない努力と、平和の存続を切望する国民の意識に支えられ、我が国は今日の平和と繁栄を築いてきました。戦後という、この長い期間における国民の尊い歩みに思いを致すとき、感慨は誠に尽きることがありません。ここに過去を顧み、さきの大戦に対する深い反省と共に、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されぬことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心からなる追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります」とのお言葉を述べられた。

リンク:終戦70年、平和の誓い 戦没者追悼式 天皇陛下「深い反省」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:終戦70年 ご慰霊「集大成」 陛下、平和に思い強く - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:全国戦没者追悼式 「深い悲しみを新たに」天皇陛下お言葉全文 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:全国戦没者追悼式 天皇陛下、お言葉に「さきの大戦に対する深い反省」 ひ孫世代が初の献花 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:追悼式のお言葉英文版公表=平成入り初めて―宮内庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:式辞を述べる安倍首相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:黙とうされる両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:黙とうする参列者 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:戦没者追悼式に7000人、犠牲者の冥福祈る - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇陛下、戦没者追悼式「お言葉」で「深い反省」表明 安倍談話より踏み込む - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:70回目終戦の日 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:黙とうされる両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<終戦の日>「歴史の話」今は身近に…青少年献花・御厩さん - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<終戦の日>平和70年ありがたい…遺族代表・野間さん - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<終戦の日>「深い反省」天皇陛下、追悼式で初めて言及 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:黙とうされる天皇、皇后両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:献花する安倍首相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「深い反省」、異例のお言葉=天皇陛下、昨年までは定型―全国戦没者追悼式 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<終戦の日>天皇陛下「深い反省」…全国戦没者追悼式 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<終戦の日>天皇陛下おことば全文…全国戦没者追悼式 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇陛下、「深い反省」言及=全国戦没者追悼式 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:終戦70年、平和への誓い新たに - 速報:@niftyニュース.
リンク:きょう70回目終戦記念日=日本武道館で追悼式 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:終戦70年…全国戦没者追悼式、日本武道館で - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

終戦70年、平和の誓い 戦没者追悼式 天皇陛下「深い反省」
産経新聞 8月16日(日)7時55分配信

339
全国戦没者追悼式で黙祷される天皇、皇后両陛下=15日正午、東京都千代田区の日本武道館(長尾みなみ撮影)(写真:産経新聞)

 70回目となる終戦の日を迎えた15日、政府主催の全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で開かれた。追悼式には、天皇、皇后両陛下ご臨席のもと、安倍晋三首相や戦没者遺族5327人が参列。戦争の犠牲となった軍人・軍属約230万人、一般市民約80万人の計約310万人の冥福を祈り、平和への誓いを新たにした。

 安倍首相は式辞で「(平和と繁栄は)皆さまの尊い犠牲の上に、その上にのみ、あり得たものだということを、わたくしたちは、片時も忘れません」と戦没者に哀悼の意を示し、「歴史を直視して、常に謙抑(けんよく)を忘れません」と誓った。

 その後、正午の時報を合図に黙祷(もくとう)がささげられ、天皇陛下が「ここに過去を顧み、さきの大戦に対する深い反省と共に、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されぬことを切に願い(ます)」とお言葉を述べられた。天皇陛下がお言葉の中で「さきの大戦に対する深い反省」との文言を盛り込んだのは初めて。

 父がニューギニア島で戦死した大阪府松原市の野間征子(ゆきこ)さん(73)は遺族代表として「次世代の人たちに、戦没者が遺(のこ)された尊い教訓、平和のありがたさをしっかり伝え、世界の安定平和にむけて、たゆまぬ努力をいたします」と追悼の辞を述べた。

 戦争の記憶を次世代に継承することを目的に、戦没者のひ孫世代に当たる18歳未満の遺族6人が青少年代表として初めて献花した。


終戦70年 ご慰霊「集大成」 陛下、平和に思い強く
産経新聞 8月16日(日)7時55分配信

 天皇陛下は全国戦没者追悼式のお言葉の中で、初めて「さきの大戦に対する深い反省」に言及された。戦後70年にあたり、激戦地のパラオ共和国などで「慰霊の旅」を果たしており、「集大成」(側近)といえる追悼式の場で平和への思いを改めて示された。

 これまでのお言葉でも、陛下が「深い反省」の文言を使われたことはある。

 平成4年に天皇として初めて中国を訪れた際の晩餐(ばんさん)会で「戦争を再び繰り返してはならないとの深い反省にたち」と触れ、6年に韓国の金泳三大統領を迎えての宮中晩餐会では「過去の歴史に対する深い反省の上に立って」と話された。

 戦後50年だった7年の全国戦没者追悼式では「戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い」との一文を初めて盛り込み、その後も踏襲されている。

 13年以降の追悼式では同じお言葉を繰り返してきたが、今年は「戦争の惨禍」の前に「深い反省」のくだりを加え、戦後の平和と繁栄に触れた部分では、新たに「平和の存続を切望する国民の意識に支えられ」との表現を用いられた。側近は「節目の年に、平和への変わらぬ思いを強調されたかったのだろう」としている。


全国戦没者追悼式 「深い悲しみを新たに」天皇陛下お言葉全文
産経新聞 8月15日(土)16時59分配信

336
全国戦没者追悼式に出席された天皇陛下と皇后さま=15日、東京都千代田区の日本武道館(写真:産経新聞)

 「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。

 終戦以来既に七十年、戦争による荒廃からの復興、発展に向け払われた国民のたゆみない努力と、平和の存続を切望する国民の意識に支えられ、我が国は今日の平和と繁栄を築いてきました。戦後という、この長い期間における国民の尊い歩みに思いを致すとき、感慨は誠に尽きることがありません。

 ここに過去を顧み、さきの大戦に対する深い反省と共に、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されぬことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心からなる追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。


全国戦没者追悼式 天皇陛下、お言葉に「さきの大戦に対する深い反省」 ひ孫世代が初の献花
産経新聞 8月15日(土)16時50分配信

 70回目となる終戦の日を迎えた15日、政府主催の全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で開かれた。追悼式には、天皇、皇后両陛下ご臨席のもと、安倍晋三首相や戦没者遺族5327人が参列。戦争の犠牲となった軍人・軍属約230万人、一般市民約80万人の計約310万人の冥福を祈り、平和への誓いを新たにした。

 安倍首相は式辞で「(平和と繁栄は)皆様の尊い犠牲の上に、その上にのみ、あり得たものだということを、私たちは片時も忘れません」と戦没者に哀悼の意を示し、「歴史を直視して、常に謙抑(けんよく)を忘れません」と誓った。

 その後、正午の時報を合図に黙祷(もくとう)がささげられ、天皇陛下が「ここに過去を顧み、さきの大戦に対する深い反省と共に、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されぬことを切に願い(ます)」とお言葉を述べられた。天皇陛下がお言葉の中で「さきの大戦に対する深い反省」との文言を盛り込んだのは初めて。

 父がニューギニア島で戦死した大阪府松原市の野間征子(ゆきこ)さん(73)は遺族代表として「次世代の人たちに、戦没者が遺された尊い教訓、平和のありがたさをしっかり伝え、世界の安定平和にむけて弛まぬ努力をいたします」と追悼の辞を述べた。

 戦争の記憶を次世代に継承することを目的に、戦没者のひ孫世代に当たる18歳未満の遺族6人が、青少年代表として初めて献花。参列予定遺族は戦後生まれが1109人と、初めて参列予定遺族全体の2割を超えた。


追悼式のお言葉英文版公表=平成入り初めて―宮内庁
時事通信 8月15日(土)14時25分配信

 宮内庁は15日、天皇陛下が同日の全国戦没者追悼式で述べられたお言葉の英文版を、同庁ホームページ(HP)に掲載した。
 同庁によると、戦没者追悼式のお言葉の英文版公表は、平成に入り初めて。
 陛下は戦後70年の節目の戦没者追悼式で、先の大戦に対する「深い反省」に言及した。昨年までの戦没者追悼式のお言葉の英文版については、HPへの掲載予定は今のところないという。 


式辞を述べる安倍首相
時事通信 8月15日(土)13時55分配信

333
全国戦没者追悼式で、式辞を述べる安倍晋三首相。「平和と繁栄の享受は、皆さまの犠牲の上にあり得た」と約310万人の犠牲者を追悼した=15日午前、東京都千代田区の日本武道館


黙とうされる両陛下
時事通信 8月15日(土)13時55分配信

332
全国戦没者追悼式で、黙とうされる天皇、皇后両陛下=15日正午、東京都千代田区の日本武道館


黙とうする参列者
時事通信 8月15日(土)13時48分配信

331
全国戦没者追悼式で黙とうする参列者=15日正午、東京都千代田区の日本武道館


戦没者追悼式に7000人、犠牲者の冥福祈る
読売新聞 8月15日(土)13時37分配信

330
全国戦没者追悼式でお言葉を述べられる天皇陛下(15日午後0時1分、日本武道館で)=佐々木紀明撮影

 政府主催の全国戦没者追悼式が15日、東京都千代田区の日本武道館で開かれた。

 終戦から70年となる今年、戦没者の妻から玄孫(やしゃご)(ひ孫の子)までの遺族や各界代表者ら計約7000人が参列し、先の大戦で犠牲となった約310万人の冥福を祈った。

 式は正午前から始まり、天皇、皇后両陛下をお迎えした後、国歌を斉唱した。安倍首相は、「戦争の惨禍を決して繰り返さない、今を生きる世代、明日を生きる世代のために、国の未来を切り拓(ひら)いていく、そのことを誓います」と式辞を述べた。

 正午の時報に合わせ、参列者全員で1分間の黙とうをささげた後、天皇陛下が「戦争による荒廃からの復興、発展に向け払われた国民のたゆみない努力と、平和の存続を切望する国民の意識に支えられ、我が国は今日の平和と繁栄を築いてきました」と述べられた。陛下は、先の大戦に対する「深い反省」にも言及しながら、戦没者への深い追悼の意を示された。


天皇陛下、戦没者追悼式「お言葉」で「深い反省」表明 安倍談話より踏み込む
J-CASTニュース 8月15日(土)13時30分配信

329
全国戦没者追悼式で「お言葉」を述べる天皇陛下(奥)

 70回目の終戦の日にあたる2015年8月15日に政府が東京・北の丸公園の日本武道館で開いた全国戦没者追悼式で、天皇陛下が「先の大戦に対する深い反省」を表明した。

 安倍晋三首相が70年談話で「反省」に間接的にしか言及しなかったのに対して、より踏み込んだ内容だ。

■「平和の存続を切望する国民の意識に支えられ」も加わる

 正午の黙とう直後に天皇陛下が読み上げる「お言葉」の文言は毎年ほとんど同じ内容だ。例えば戦後50年(1995年)と戦後60年(2005年)の文言を比べた場合、その違いは「尊い命」「苦難に満ちた往時を思い、感慨は誠に尽きるところを知りません」(1995年)と「かけがえのない命」「苦難に満ちた往時をしのぶとき、感慨は今なお尽きることがありません」(2005年)といったきわめて小さいものだ。05年と14年との比較にいたっては、「終戦以来すでに●●年」という部分しか違いがない。

 ところが15年の文言ではそれが一転。例年の文言では「国民のたゆみない努力」が「今日の我が国の平和と繁栄」をもたらしたとされていたが、今回は「戦争による荒廃からの復興、発展に向けはらわれた国民のたゆみない努力と、平和の存続を切望する国民の意識に支えられ」に変化。「国民」と「平和」を強調する内容だ。

 例年の「ここに歴史を顧み、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い」という表現では、「顧み」の後に「先の大戦に対する深い反省とともに」という表現が挿入された。

70年談話では、過去の談話の反省が「揺るぎない」と説明
 15年8月14日に政府が閣議決定した「70年談話」では、「反省」「お詫び」といったキーワードについて、

  「我が国は、先の大戦における行いについて、繰り返し、痛切な反省と心からのお詫びの気道を表明してきました」

という過去の談話の立場を

  「今後も、揺るぎないものであります」

と間接的に言及するにとどめていた。

 式典には天皇皇后両陛下、安倍晋三首相、100歳から3歳までの遺族ら6820人が参列し、日中戦争と第二次世界大戦で犠牲になった約310万人を追悼した。


70回目終戦の日
時事通信 8月15日(土)13時24分配信

328
70回目の終戦記念日を迎えた15日、政府主催の全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で開かれた。写真は、追悼式でお言葉を述べられる天皇陛下と皇后さま。


黙とうされる両陛下
時事通信 8月15日(土)13時24分配信

327
全国戦没者追悼式で黙とうされる天皇、皇后両陛下=15日正午、東京都千代田区の日本武道館


<終戦の日>「歴史の話」今は身近に…青少年献花・御厩さん
毎日新聞 8月15日(土)13時19分配信

 日本が無条件降伏したあの日から70年。日本武道館(東京都千代田区)で営まれた全国戦没者追悼式には多くの遺族たちが参列し、祈りをささげた。戦争は大切な家族を容赦なく奪った。結婚後、出征したまま帰ってこなかった夫、一度も顔を見たことのない父や曽祖父--。かけがえのない人の面影を思い浮かべながら、平和への思いを新たにした。

 「戦争という言葉に正直なところぴんとこない。歴史の話という感じ」という御厩帆香(みまや・ほのか)さん(17)=北海道立旭川東高校2年=は、祖父に誘われて参列した。

 1944年10月、戦艦「武蔵」と共に海に沈み32歳で亡くなった曽祖父のことも戦争のこともほとんど知らなかった。それでも参列することにして、戦争にまつわるテレビ番組に興味を持つようになった。青少年代表の一人として「悲しむ人が二度と出ないよう、戦争について深く考えていくつもりです」との思いを込めて献花した。

 曽祖父の軍服姿の写真が残り、毎年墓参りもしてきた。だが、7年前に亡くなった曽祖母からも、祖父母、両親からも「武蔵に乗っていた」という以上は聞いたことはなかった。祖父の北原博さん(78)=旭川市=は「母は女手一つで私ら子供4人を育てた。戦後は食べるので精いっぱいだったし、苦労話も戦争話も家族で話題にならなかった。私自身、父をよく知らない」と明かす。

 御厩さんは参列を前に、曽祖母が戦後も保管してきた曽祖父からの手紙を見た。「達筆すぎてほとんど読めなかった」が「大事に思い出をしまって、子育てを頑張ったひいおばあちゃんはすごいと思った」と話した。式典では曽祖父にこう語りかけるつもりだ。

 「ひいおじいちゃんには今、ひ孫が14人もいてみんな元気に暮らしているよ」【山田奈緒】


<終戦の日>平和70年ありがたい…遺族代表・野間さん
毎日新聞 8月15日(土)13時16分配信

 日本が無条件降伏したあの日から70年。日本武道館(東京都千代田区)で営まれた全国戦没者追悼式には多くの遺族たちが参列し、祈りをささげた。戦争は大切な家族を容赦なく奪った。結婚後、出征したまま帰ってこなかった夫、一度も顔を見たことのない父や曽祖父--。かけがえのない人の面影を思い浮かべながら、平和への思いを新たにした。

 遺族代表として追悼の辞を読んだ大阪府松原市の野間征子(ゆきこ)さん(73)は、一度も顔を見ないまま亡くなった父の写真を携えて式に臨んだ。終戦時、3歳。戦火の記憶はないが、平和への願いを受け継ごうと壇上に立った。

 大阪城(大阪市中央区)近くにあった兵器工場で働いていた父中井武夫さんは1941年7月、妻の正野(まさの)さんを残し、陸軍に召集された。間もなく、正野さんが身ごもっていたことがわかる。翌年1月に生まれたのが野間さん。過去に長女を生後1週間で亡くしていた夫婦にとって待望の子どもだった。

 父は出征先で撮った自分の写真の裏に「相変わらず元気で勤務をいたしております。月日のたつのは早いものだ。別れて約3年。征子も大変大きく成ったことと存じます」と書き送ってきたが、戦局が悪化するにつれ便りは途絶えた。ニューギニアで戦病死したという知らせを受け取ったのは終戦翌年の46年11月。死亡の日付は45年2月3日、32歳だった。

 母は、働きながら野間さんを育ててくれた。生まれたときから2人きりの生活が当たり前で、「お父ちゃんとお風呂行くねん」と話す友達がうらやましかった。進学や就職で「片親だから」と受験を断られたこともある。

 結婚し2人の娘を授かってからも母との同居は続いた。父や戦争の話をすることはなかったが、40代のころ、ニューギニアの戦跡を巡る会に参加しようと相談すると「そんなところ行ったらあかん。生きて帰ってこられへん」と猛反対された。

 地元の遺族会で役員を務めるようになった56歳の秋、母を説き伏せ初めて、ニューギニアを訪れた。密林の過酷な道と厳しい暑さを目の当たりにし「父もこの道を通ったのだろうか」と胸が痛んだ。父が亡くなったとされる地域を訪ねる前日、遺族会の職員から「死亡の理由は餓死だった」と知らされた。「こんなに遠いところで無念だっただろう。爆弾で死んだ方がいっそ楽だったのかな」。ショックで食事ものどを通らなかった。帰国して母に現地の写真を見せると「もうええ。見んでええ」と目をそらし、「戦争に行ってほしくなかった。生木を裂かれるようだった」とだけつぶやいた。父の足跡に迫ろうと戦争に関する資料を集め、テレビ番組やDVDを見るが、ニューギニアの場面は直視できない。餓死した父の苦しむ姿を思い浮かべるからだ。

 母は2002年、94歳で亡くなった。戦没者遺族の高齢化が進み、年々戦争の記憶の風化が進むように感じる。「70年間平和だったのは本当にありがたいこと。二度と戦争はしてはいけない」。悲しみを知る遺児として、平和の尊さをかみしめた。【田辺佑介】


<終戦の日>「深い反省」天皇陛下、追悼式で初めて言及
毎日新聞 8月15日(土)12時58分配信

 今年の全国戦没者追悼式の天皇陛下のおことばは、「平和の存続を切望」「さきの大戦に対する深い反省」などの文言が盛り込まれ、戦後70年の節目にあたりご自身の思いをこれまで以上に表すものになった。

 陛下のおことばは、2001年以降同じ表現で述べられた。「深い反省」が入ったのは、1989年に陛下が即位して以来、初めてだ。今年は「平和の存続を切望する国民の意識に支えられ」たものであるとの文言が加わった。戦後という「長い期間」について「国民の尊い歩み」と表現したところも新しい。

 戦没者追悼式でのおことばでは初めてだが、陛下は「深い反省」との言葉で戦争に言及したことがある。92年に中国を訪問した際、「我が国民は、戦争を再び繰り返してはならないとの深い反省にたち、平和国家としての道を歩むことを固く決意して、国の再建に取り組みました」と述べている。94年、韓国大統領を歓迎する宮中晩さん会で「過去の歴史に対する深い反省の上に立って、貴国国民との間にゆるがぬ信頼と友情をつくり上げるべく努めてまいりました」と語った。

 昨年、陛下は沖縄、長崎、広島を訪問。今年4月には南太平洋のパラオを訪れ、戦没者を慰霊した。今年の年頭には「(戦後70年の)機会に、満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び、今後の日本のあり方を考えていくことが、今、極めて大切なことだと思っています」との所感を公表した。【真鍋光之、高島博之】


黙とうされる天皇、皇后両陛下
時事通信 8月15日(土)12時49分配信

324
70回目の終戦記念日を迎え、全国戦没者追悼式で黙とうされる天皇、皇后両陛下=15日正午、東京都千代田区の日本武道館


献花する安倍首相
時事通信 8月15日(土)12時35分配信

326
千鳥ケ淵戦没者墓苑で献花する安倍晋三首相=15日午前、東京都千代田区


「深い反省」、異例のお言葉=天皇陛下、昨年までは定型―全国戦没者追悼式
時事通信 8月15日(土)12時10分配信

 天皇陛下は15日の全国戦没者追悼式の「お言葉」で、先の大戦に対する「深い反省」という表現を盛り込まれた。
 陛下が戦没者追悼式でこうした表現を使ったことはなく、戦後70年の節目の式で、異例と言える内容となった。
 戦没者追悼式のお言葉は、戦後50年の1995年に「歴史を顧み」との文言が加わって以降、昨年までは毎年、ほぼ定型化していた。今年は「過去を顧み、さきの大戦に対する深い反省と共に」という文言が加わり、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願うと述べた。
 さらに、「戦争による荒廃からの復興、発展に向け払われた」国民の努力と、「平和の存続を切望する国民の意識」に支えられ、日本は平和と繁栄を築いてきたと語った。 


<終戦の日>天皇陛下「深い反省」…全国戦没者追悼式
毎日新聞 8月15日(土)12時8分配信

323
全国戦没者追悼式で黙とうされる天皇、皇后両陛下=東京都千代田区の日本武道館で2015年8月15日正午、長谷川直亮撮影

 70回目の終戦記念日の15日、政府主催の全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で正午前から開かれ、天皇、皇后両陛下や遺族ら約7000人が参列した。安倍晋三首相は式辞で「戦争の惨禍を決して繰り返さない」と不戦を誓った。天皇陛下は、おことばで「さきの大戦に対する深い反省」に戦没者追悼式で初めて言及された。

 安倍首相は、歴代首相が言及してきたアジア諸国の戦争犠牲者への加害責任や「哀悼の意」「深い反省」には一昨年、昨年に続いて触れず、世界の国や地域の繁栄のために歩んできた戦後日本の姿を強調。「今を生きる世代、明日を生きる世代のために国の未来を切り拓いていく」と述べた。

 正午の1分間の黙とうの後、天皇陛下は、日本が「平和の存続を切望する国民の意識」に支えられ平和と繁栄を築いたと述べ、初めて「さきの大戦に対する深い反省」を語り、「戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心からなる追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります」と述べた。

 続いて、遺族代表らが追悼の辞を述べ、その後の献花には9歳から17歳の遺族6人が青少年代表として初めて参加した。

 安倍政権は今国会で、集団的自衛権の行使を認める安全保障関連法案の成立を目指している。7月に衆院平和安全法制特別委員会で法案を強行採決するなど審議を推し進めるが、憲法学者から「憲法違反」との批判が相次ぎ、国民の懸念もぬぐい去れていない。戦後の安全保障政策の大転換となる法案の議論が続く中での追悼式になった。

 14日に閣議決定された戦後70年の首相談話は「我が国は、先の大戦における行いについて、繰り返し、痛切な反省と心からのおわびの気持ちを表明してきた」と述べたうえで、「歴代内閣の立場は今後も揺るぎない」としている。

 1937年7月に始まる日中戦争と1941年12月開戦の太平洋戦争の戦没者は軍人・軍属約230万人と民間人約80万人の計約310万人と推定されている。厚生労働省によると、参列を予定する遺族のうち戦争を直接知らない戦後生まれは1109人(20・1%)と初めて2割を超えた。一方で戦没者の妻は14人と過去最少で、遺族の世代交代が進んでいることを印象づけた。

 広島と長崎の原爆被爆者の平均年齢は今年初めて80歳を超え、戦争経験者の高齢化も進んでいる。【古関俊樹】


<終戦の日>天皇陛下おことば全文…全国戦没者追悼式
毎日新聞 8月15日(土)12時8分配信

325
全国戦没者追悼式でお言葉を述べる天皇、皇后両陛下=東京都千代田区で2015年8月15日午後0時3分、喜屋武真之介撮影

 「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。

 終戦以来既に70年、戦争による荒廃からの復興、発展に向け払われた国民のたゆみない努力と、平和の存続を切望する国民の意識に支えられ、我が国は今日の平和と繁栄を築いてきました。戦後という、この長い期間における国民の尊い歩みに思いを致すとき、感慨は誠に尽きることがありません。

 ここに過去を顧み、さきの大戦に対する深い反省と共に、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されぬことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心からなる追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。


天皇陛下、「深い反省」言及=全国戦没者追悼式
時事通信 8月15日(土)12時7分配信

 天皇陛下は15日の全国戦没者追悼式のお言葉で、先の大戦に対する「深い反省」に言及された。 


終戦70年、平和への誓い新たに
2015年8月15日(土)8時36分配信 共同通信

 終戦から70年を迎えた15日、政府主催の全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で開かれ、全国から集まった約5千人の戦没者遺族が鎮魂の祈りをささげ、平和への誓いを新たにする。

 安全保障関連法案をめぐる国会審議が続き、国民から「不戦の誓いが揺らぎ始めた」との懸念も出る中、安倍晋三首相が式辞を読み上げ、正午の時報に合わせて参列者が1分間黙とう。

 参列遺族の最高齢は、夫が1944年にビルマ(現ミャンマー)で戦死した京都市の松岡せいさん(100)。最年少は45年に曽祖父が沖縄で戦死した沖縄県の宮城天音ちゃん(3)だ。


きょう70回目終戦記念日=日本武道館で追悼式
時事通信 8月15日(土)5時14分配信

 70回目の終戦記念日を迎えた15日、政府主催の全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で開かれる。
 式典には天皇、皇后両陛下や安倍晋三首相ら政府関係者と遺族の計約7000人が参列する見込み。先の大戦で命を落とした約310万人の冥福を祈り、平和への誓いを新たにする。
 式典では安倍首相が式辞を述べた後、正午から参列者全員で1分間の黙とうをささげる。天皇陛下のお言葉に続き、衆参両院議長、最高裁長官、遺族代表の大阪府松原市、野間征子さん(73)が追悼の辞を述べる。
 第2次安倍内閣発足以降、安倍首相が式辞を述べるのは3回目。過去2回は歴代首相が踏襲したアジア諸国に対する加害責任に言及しない一方、「未来志向」を強調する内容だった。
 厚生労働省によると、参列予定の遺族は5525人。父母は5年連続のゼロ、妻は14人で過去最少となる見通し。最高齢は夫を亡くした京都府の100歳の女性で、最年少は曽祖父が亡くなった沖縄県の女児(3)。
 戦後生まれの参列予定者は昨年より378人多い1109人で、全体に占める割合が初めて2割を超えた。若い世代に戦争の記憶を継承するため、今年から「青少年代表」による献花を行い、8~17歳の6人が黄菊を手向ける。
 厚労省は公共施設などで15日は半旗の掲揚を求めるとともに、正午からの黙とうを呼び掛けている。追悼行事は列島各地で行われ、約4万3000人が参列予定という。 


終戦70年…全国戦没者追悼式、日本武道館で
読売新聞 8月15日(土)0時6分配信

 終戦から70年を迎える15日、戦没者約310万人を悼む政府主催の全国戦没者追悼式が、天皇、皇后両陛下をお迎えして東京都千代田区の日本武道館で開かれる。

 式典には、戦死した軍人・軍属の遺族、空襲や原爆で亡くなった一般市民の遺族ら計約5500人と、安倍首相など各界代表者らが参列する。遺族の高齢化が進む中、戦争の記憶や追悼の思いを次世代に引き継ぐため、政府は今年、青少年の参列を促しており、18歳未満の遺族が全都道府県から計98人参列する。

« 終戦記念日の今日15日、高市総務相、有村少子化相、山谷国家公安委員長の3閣僚が靖国神社参拝 | トップページ | 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2037 »

ニュース」カテゴリの記事

歴史・故事」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/62084057

この記事へのトラックバック一覧です: 今日終戦記念日、全国戦没者追悼式:

« 終戦記念日の今日15日、高市総務相、有村少子化相、山谷国家公安委員長の3閣僚が靖国神社参拝 | トップページ | 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2037 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31