« タイの首都バンコク中心部の繁華街で爆弾爆発 20人死亡、負傷者多数・4 | トップページ | タイの首都バンコク中心部の繁華街で爆弾爆発 20人死亡、負傷者多数・5 »

2015年8月20日 (木)

北朝鮮軍が韓国プロパガンダスピーカーを砲撃

韓国は20日、北朝鮮からロケット弾による砲撃があったとして、報復として北朝鮮側に数十発の砲弾を撃ち込んだと発表した。

韓国はここ数日、北朝鮮を批判するプロパガンダ放送を大音量のスピーカーで流し続けていた。

韓国国防省によると、北朝鮮は攻撃に続き、韓国側のこのスピーカーを48時間以内に撤去しなければさらなる軍事的措置を取るとする朝鮮人民軍(Korean People's Army、KPA)のメッセージを軍事ホットラインを通じて韓国側に伝えた。メッセージは48時間の期限は22日午後5時(日本時間同)に到来するとしている。

リンク:正恩氏「準戦時状態」宣言 北vs韓国 火力部隊を前線移動 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮、国連安保理に緊急会合を要求 米韓軍事演習を非難 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「休戦協定違反」と抗議=韓国軍 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<米国>北朝鮮の挑発「緊張高める」 自制を要求 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:延坪島砲撃時にも布告=北朝鮮の「準戦時状態」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「挑発行動自制すべきだ」菅長官、北朝鮮を批判 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金第1書記、前線部隊に「準戦時態勢」を命令 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<北朝鮮>「準戦時状態」宣言 韓国の放送「侵略」と指摘 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金第1書記、前線部隊に「戦時状態」の命令 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮砲撃 「挑発行動自制すべき」菅官房長官が批判 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮の金第1書記、前線地帯に「準戦時状態」宣言 軍人に「完全武装命令」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「挑発的行動」と非難…北朝鮮の砲撃で米報道官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮の金正恩第1書記、前線に「準戦時状態」布告=KCNA - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮砲撃 岸田外相「米韓と連携し、北朝鮮に自制求める」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:菅官房長官、北朝鮮に自制求める=中谷防衛相「南北の緊張高まる」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮砲撃 中谷防衛相「現時点でわが国の安全保障に影響を与える事態は生起していない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮、「準戦時状態」宣言へ - 速報:@niftyニュース.
リンク:北朝鮮砲撃 米政府、北の「挑発行動」を非難 韓国と緊密に連携へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金第1書記、前線に「準戦時状態」布告 北朝鮮国営通信 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:軍事境界線 北が砲撃、韓国応射 宣伝放送の中止要求 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北、忠誠競争で強硬派台頭 5年ぶりに韓国を砲撃、挑発激化も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:前線に準戦時状態布告へ=韓国への「最後通告」承認―北朝鮮第1書記 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<北朝鮮>韓国側に砲撃 宣伝放送中止を要求 南北境界線 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:朴大統領、北朝鮮の“砲撃”に「断固として対応せよ」 北は48時間以内の宣伝施設撤去要求 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:南北の軍事境界線で砲撃の応酬、北朝鮮攻撃が発端と韓国 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮の砲撃に韓国が応射、宣伝放送めぐり軍事境界線付近で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北が砲撃、韓国軍も応戦…一部住民に退避命令 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮軍、拡声器を砲撃=48時間以内の放送中止要求―韓国軍、数十発で応戦 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮がソウル北方で砲撃 - 速報:@niftyニュース.
リンク:北朝鮮が韓国側に砲撃、韓国軍も約20発応射 全軍に最高警戒態勢発令 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮軍、拡声器を砲撃=韓国軍も数十発で応戦 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮軍が韓国側に砲撃、韓国軍も応射=メディア - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮、韓国に砲撃 48時間以内のスピーカー撤去を要求 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮軍、韓国軍拡声器に射撃 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

正恩氏「準戦時状態」宣言 北vs韓国 火力部隊を前線移動
夕刊フジ 8月21日(金)16時56分配信

 朝鮮半島の軍事的緊張が高まっている。北朝鮮軍が20日、南北軍事境界線近くで韓国側に砲撃を加え、韓国軍も応射したのだ。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記は「準戦時状態」を宣言し、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領も「挑発には断固対応せよ」と指示した。北朝鮮は火力兵器部隊を前線に移動させているという。朝鮮戦争の悲劇が繰り返されるのか。

 「北朝鮮が後方にあった火力(兵器)を、前線に移動配備する動きが確認された」

 聯合ニュース(日本語版)は21日、韓国軍関係者のこのような証言を配信した。北朝鮮が配備する火力兵器とは、240ミリロケット弾と170ミリ自走砲などという。

 韓国軍によると、北朝鮮軍は20日午後3時53分、ソウル北方約60キロの京畿道(キョンギド)漣川(ヨンチョン)付近に向けて、高射砲1発を発射。同4時12分に76・2ミリの直射砲とみられる砲弾を数発発射した。

 これに対し、韓国軍は同5時すぎから、155ミリ砲弾を約20発応射。韓国軍は最高レベルの警戒態勢を発令した。北朝鮮の韓国領土への砲撃は、軍と民間人4人が死亡、約20人が負傷した2010年11月の延坪島(ヨンピョンド)砲撃以来。

 南北間では今月4日、軍事境界線に接するDMZ内で地雷が爆発し、韓国兵2人が負傷。これを受け、韓国は軍事境界線付近で拡声器を使い、北朝鮮に向けて韓国の優位性を誇示する政治宣伝放送を再開した。北朝鮮は15日、韓国が宣伝放送を中止しなければ、軍事行動を行うと警告していた。北朝鮮は今回の砲撃を否定している。

 北朝鮮の金第1書記は同日夜、南北間の砲撃を受け緊急会議を開き、21日午後5時から、前線地帯に「準戦時状態」を宣言する朝鮮人民軍最高司令官命令を出した。朝鮮中央通信が21日伝えた。

 一方、朴大統領は21日、当初予定していた地方視察などをキャンセルし、大統領府で軍の警戒態勢などを点検し対応策を協議するという。

 全面戦争に突入する可能性はあるのか。

 朝鮮半島情勢に詳しいジャーナリストの室谷克実氏は「南北の砲撃合戦はこれまでも繰り返されてきた。北朝鮮の『準戦時状態』も何度も出ている。常識的には全面戦争にはならないだろうが、不確定要素もある。威嚇のために山中などに打ち込んだつもりが、敵部隊に命中した場合だ。大規模な反撃をせざるを得ない」と語っている。


北朝鮮、国連安保理に緊急会合を要求 米韓軍事演習を非難
産経新聞 8月21日(金)12時45分配信

 【ニューヨーク=黒沢潤】北朝鮮の国連代表部は20日、米韓軍事演習を非難し、この問題を国連安全保障理事会の緊急会合で討議するよう求める書簡を安保理議長に提出したことを明らかにした。

 書簡は19日付で、慈成男国連大使名で提出した。韓軍事演習について、北朝鮮に対する「深刻な挑発だ」とし、「米国の典型的な敵視政策を体現したものだ」と批判。また、「米国は『毎年』もしくは『防衛のため』などの言葉を使って、攻撃的な演習の本質を覆い隠そうとしている」とし、挑発抑止のための「措置」を取る、などと警告している。

 書簡は、韓国への20日の砲撃については一切、言及していない。


「休戦協定違反」と抗議=韓国軍
時事通信 8月21日(金)11時57分配信

 【ソウル時事】韓国軍合同参謀本部は21日、北朝鮮軍総参謀部に通知文を送り、北朝鮮軍による砲撃について、朝鮮戦争の休戦協定や南北不可侵合意に違反した重大な挑発と抗議した。
 
 また、挑発に対しては「強力に対応する」と警告、「すべての責任は全面的に北側にある」と強調した。 


<米国>北朝鮮の挑発「緊張高める」 自制を要求
毎日新聞 8月21日(金)11時48分配信

 【ワシントン和田浩明】北朝鮮が20日、韓国を砲撃したことについて、米国務省のカービー報道官は同日の定例記者会見で「こうした挑発的行動は緊張を高めるだけだ」と懸念を表明し、地域の平和と安全に脅威を与える言動を自制するよう要求した。また、韓国に対する米国の防衛義務を堅持する姿勢を強調し、今後も緊密に連携すると説明した。北朝鮮の砲撃には韓国も反撃している。

 一方、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が9月3日に北京で開かれる「抗日戦争勝利70年記念事業」に出席することに関しては「それぞれの国が決定することで、韓国の決定を尊重する」と述べた。米国はこの行事の一環で行われる軍事パレードへの朴大統領の出席に難色を示していたとされており、パレード出席は未定となっている。


延坪島砲撃時にも布告=北朝鮮の「準戦時状態」
時事通信 8月21日(金)11時47分配信

 【ソウル時事】北朝鮮の金正恩第1書記が20日、前線地域に布告を命じた「準戦時状態」は、2010年11月に北朝鮮軍が韓国の延坪島を砲撃した際など、過去にも数度、出されている。
 軍最高司令部の指揮下で、対象地域のすべての機関が戦時状態への転換に向けて準備を行う。
 韓国メディアによると、1968年の米艦プエブロ号拿捕(だほ)事件、76年に板門店で起きた北朝鮮の軍人による殺傷事件(ポプラ事件)、83年の米韓合同演習チームスピリット実施時、93年の北朝鮮の核拡散防止条約(NPT)脱退宣言時などにも布告されている。 


「挑発行動自制すべきだ」菅長官、北朝鮮を批判
読売新聞 8月21日(金)11時38分配信

 菅官房長官は21日午前の記者会見で、北朝鮮軍が韓国に砲弾を発射したことについて、「強く懸念している。北朝鮮はこのような挑発行動を自制すべきだ」と述べ、北朝鮮を批判した。

 日本政府の対応については、首相官邸に設置している情報連絡室で情報の収集と分析を進めていると説明した上で、「関係諸国と連絡を取りながら、適切に対応していきたい」と強調した。


金第1書記、前線部隊に「準戦時態勢」を命令
読売新聞 8月21日(金)11時31分配信

 【ソウル=宮崎健雄】朝鮮中央通信によると、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)第1書記は20日夜、朝鮮労働党中央軍事委員会の非常拡大会議を緊急招集し、21日午後5時(日本時間同午後5時半)から前線部隊に準戦時態勢に入るよう命令した。

 聯合ニュースによると、準戦時態勢は6段階の作戦指令のうち2番目に高く、発令されると、いつでも戦争状態に移行できる準備を整えることになる。1993年の米韓合同軍事演習の際にも発令されたことがある。

 韓国軍は20日午後、北朝鮮軍が2度にわたり、少なくとも砲弾4発を韓国側に撃ち込んだとして対抗射撃を行い、局地挑発に対する最高警戒態勢を発令した。同通信は韓国が「ありもしない北の砲弾発射事件を作り上げた」と関与を否定。その上で、金第1書記が、20日午後5時から48時間以内に韓国が拡声機による宣伝放送を中止しない場合に軍事行動を行うための指揮官も任命し、前線に派遣したと報じた。


<北朝鮮>「準戦時状態」宣言 韓国の放送「侵略」と指摘
毎日新聞 8月21日(金)11時28分配信

 【ソウル米村耕一】北朝鮮の朝鮮中央通信は21日、金正恩(キム・ジョンウン)第1書記(軍最高司令官)が20日に朝鮮労働党中央軍事委員会非常拡大会議を緊急招集し、前線地域に「準戦時状態」を宣言したと報じた。また、韓国の聯合ニュースは、北朝鮮軍が火力部隊を前線に移動させている、と伝えており、南北間の緊張が高まっている。

 朝鮮中央通信は、韓国側が11年ぶりに再開した拡声機による宣伝放送について「対北心理戦は本質的に、露骨な侵略、戦争行為だ」と指摘。あらためて20日午後5時(日本時間同5時半)から48時間以内に放送を中止し、設備を撤去するよう求めた。また、韓国側に20日、砲弾が撃ち込まれた事件についても、「ありもしない事件をつくり上げ、それを口実にして(北朝鮮に)数十発の砲弾を乱射した」と主張、韓国による「捏造(ねつぞう)」だと非難している。

 北朝鮮は1993年にも米韓両国による大規模合同軍事演習に対抗して、全国的な「準戦時状態(態勢)」を宣言したことがある。


金第1書記、前線部隊に「戦時状態」の命令
CNN.co.jp 8月21日(金)11時28分配信

(CNN) 朝鮮中央通信は21日、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)第1書記が南北間の砲撃の事態を受け、前線に展開した部隊に対し「戦時状態」に入るよう命令を発したと報じた。

朝鮮半島情勢が悪化する中、韓国と北朝鮮は20日、互いに軍事境界線越しの砲撃を実施。韓国国防省当局者はCNNに対し、北朝鮮側の砲撃への対抗措置として同日、同国の攻撃開始場所に数十発の砲撃を浴びせたと述べた。

南北関係は最近、非武装地帯の韓国側で地雷が爆発し、韓国軍兵士2人が重傷を負う事件が起き、緊張が高まっている。韓国側はこの事件発生後、拡声器を使ったプロパガンダ放送を再開。北朝鮮はこれを「直接的な宣戦布告行為」と非難し、同様の拡声器放送に改めて踏み切るとともに、 拡声器の破壊を示唆する警告を発していた。


北朝鮮砲撃 「挑発行動自制すべき」菅官房長官が批判
産経新聞 8月21日(金)11時9分配信

 菅義偉官房長官は21日午前の記者会見で、北朝鮮による韓国への砲撃に関し、「政府として強く懸念しており、北朝鮮はこのような挑発行動を自制すべきだ」と批判した。

 北朝鮮が前線地帯に「準戦時状態」を宣言する朝鮮人民軍最高司令官命令を出すなど、韓国との軍事的緊張が高まっていることについて、菅氏は「具体的な内容は控えたい」とする一方、「米国韓国などと緊密に連携し、緊張感を持って情報収集、集約に努めているところだ」と述べ、政府として万全な対応策を講じていることを強調した。


北朝鮮の金第1書記、前線地帯に「準戦時状態」宣言 軍人に「完全武装命令」
産経新聞 8月21日(金)11時7分配信

 【ソウル=名村隆寛】朝鮮半島の軍事境界線を挟んだ南北双方による砲撃を受け、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記は20日夜、朝鮮労働党中央軍事委員会の非常拡大会議を緊急招集し、21日午後5時(日本時間同5時半)以降、韓国との前線地帯に「準戦時状態」を宣言する朝鮮人民軍最高司令官命令を出した。全軍人に対し「完全武装」を命じた。

 朝鮮中央通信などが21日、伝えた。会議では「攻撃作戦計画」が採択され、韓国側が対北宣伝放送用機材を48時間以内に撤去しない場合などに「軍事的対応」を始めるとの韓国への通知文を承認した。作戦に当たる指揮官も前線に派遣されたという。

 軍部隊に戦時に準じた態勢を敷く準戦時状態は、核拡散防止条約からの脱退を通告した1993年などに宣言されたことがある。

 北朝鮮の軍最高司令部は20日、緊急報道文で、砲撃を否定し、「韓国軍がありもしない砲撃を口実に砲弾36発を北側に撃ち込んだ軍事挑発だ」と非難した。

 北朝鮮の前線地域では21日、火力兵器の移動の兆候がみられ、韓国軍は最高水準の警戒態勢に入った。合同参謀本部名義の通知文を同日、北朝鮮に送り、北朝鮮による地雷爆発事件と砲撃は休戦協定と南北不可侵の合意に違反する不法行為であり、重大な挑発だと抗議、警告した。


「挑発的行動」と非難…北朝鮮の砲撃で米報道官
読売新聞 8月21日(金)10時37分配信

 【ワシントン=尾関航也】米国務省のカービー報道官は20日の定例記者会見で、北朝鮮軍による砲撃を「挑発的行動」と非難し、北朝鮮に対し「地域の平和と安全を脅かす行動や発言を控えるよう求める」と自制を促した。

 さらに、「状況を注視している」とし、対処にあたっては韓国と緊密に連携する姿勢を強調した。


北朝鮮の金正恩第1書記、前線に「準戦時状態」布告=KCNA
ロイター 8月21日(金)10時32分配信

[ソウル 21日 ロイター] - 朝鮮中央通信(KCNA)の報道によると、北朝鮮の金正恩第1書記は前線地域に「準戦時状態(quasi-state of war)」を布告した。現地時間21日午後5時をもって自国軍を「完全な戦闘態勢」に置くという。

北朝鮮は前日、韓国側を砲撃。これを受けて、韓国軍も北朝鮮に向けて砲弾を発射しており、朝鮮半島情勢は緊迫の度合いを増している。

北朝鮮は、韓国が南北軍事境界線付近で北朝鮮を批判する放送を拡声器で流し続けていることに強く反発している。韓国の砲弾発射に対して、北朝鮮は反撃していないが、宣伝放送を48時間以内に停止しなければ軍事行動を起こす、とする書簡を韓国側に送ってきた、という。


北朝鮮砲撃 岸田外相「米韓と連携し、北朝鮮に自制求める」
産経新聞 8月21日(金)10時31分配信

 岸田文雄外相は21日午前の記者会見で、北朝鮮軍が韓国側を砲撃し、軍事的緊張が高まっていることに関し「米国、韓国と連携し、北朝鮮に自制を求めていく。情報収集に努め、しっかり分析していきたい」と述べた。


菅官房長官、北朝鮮に自制求める=中谷防衛相「南北の緊張高まる」
時事通信 8月21日(金)10時28分配信

 菅義偉官房長官は21日の閣議後の記者会見で、北朝鮮軍が軍事境界線に近い韓国側に砲弾を撃ち込んだことについて、「政府として強く懸念しており、北朝鮮は挑発行動を自制すべきだ」と表明した。
 首相官邸の連絡室で情報収集に努めていると説明した上で、「韓国などと緊密に連携し、緊張感を持って対応に万全を期している」と強調した。
 中谷元防衛相は会見で「わが国の安全保障に直ちに影響を与えるような事態は生起していない」との認識を示す一方、「南北間の緊張は高まっている。引き続き情報の収集・分析に万全を期し、北朝鮮の行動を注視していく」と語った。
 岸田文雄外相も「米国、韓国とも連携しながら北朝鮮にしっかり自制を求めていく」との方針を示した。 


北朝鮮砲撃 中谷防衛相「現時点でわが国の安全保障に影響を与える事態は生起していない」
産経新聞 8月21日(金)10時5分配信

 中谷元(げん)防衛相は21日午前の記者会見で、北朝鮮軍が韓国側に砲撃を加えたことについて「南北間の緊張は高まっている。現時点でわが国の安全保障に影響を与える事態は生起していないが、防衛省として必要な情報の収集・分析に万全を期す」と述べた。


北朝鮮、「準戦時状態」宣言へ
2015年8月21日(金)9時56分配信 共同通信

 【北京共同】北朝鮮の金正恩第1書記は20日夜、南北間の同日の砲撃を受けて朝鮮労働党中央軍事委員会の非常拡大会議を緊急招集し、21日午後5時(日本時間同5時半)から前線地帯に「準戦時状態」を宣言する朝鮮人民軍最高司令官命令を出した。朝鮮中央通信が21日伝えた。

 これに先立ち軍最高司令部は20日、南北間の同日の砲撃に関する緊急報道文を発表し、韓国に対する砲撃を否定、韓国軍がありもしない砲撃を口実にして36発の砲弾を北朝鮮側に撃ち込んだとして「容認できない軍事的挑発だ」と非難した。北朝鮮側に被害はなかったとしている。


北朝鮮砲撃 米政府、北の「挑発行動」を非難 韓国と緊密に連携へ
産経新聞 8月21日(金)9時12分配信

 【ワシントン=加納宏幸】北朝鮮による韓国への砲撃について、米国務省のカービー報道官は20日の記者会見で、「挑発行動は緊張を高めるだけだ。北朝鮮に地域の平和と安全を脅かす言動の自制を求める」として非難した。

 カービー氏はまた、朝鮮半島の安全や韓国との同盟に関する米国の取り組みは「揺るぎがない」と断言。韓国政府と緊密に連携していく方針を重ねて強調した。


金第1書記、前線に「準戦時状態」布告 北朝鮮国営通信
AFP=時事 8月21日(金)9時1分配信

Knbt
北朝鮮・両江道の白頭山地区革命戦跡地で、朝鮮人民軍兵士らに演説する金正恩第1書記(2015年4月20日公開、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】北朝鮮の国営朝鮮中央通信(KCNA)は21日、金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)第1書記が、軍事境界線をはさんで韓国軍と対峙(たいじ)する前線部隊に対し、戦時態勢をとるよう命じたと伝えた。北朝鮮は前日、軍事境界線を越えた韓国側にロケット弾を撃ち込んでおり、両国間に軍事的緊張が高まっている。

北朝鮮、韓国に砲撃 48時間以内のスピーカー撤去を要求

 KCNAによると、金第1書記は20日夜、自身が委員長を務める中央軍事委員会を緊急招集し、前線に配備された朝鮮人民軍(KPA)の部隊に対し、21日午後5時(日本時間同5時30分)から「戦時状態に入る」よう指示。「奇襲作戦に備えた万全の戦闘態勢」をとり、全ての前線部隊に「準戦時状態」をとるよう命じたという。【翻訳編集】 AFPBB News


軍事境界線 北が砲撃、韓国応射 宣伝放送の中止要求
産経新聞 8月21日(金)7時55分配信

 【ソウル=藤本欣也】韓国軍は20日、北朝鮮軍がソウル北方約60キロの京畿道漣川(キョンギドヨンチョン)付近に向けて、2回にわたり砲撃を加えたと発表した。韓国軍は、砲弾の発射地点とみられる北朝鮮領に向け155ミリ砲弾を約20発応射した。これに対する北朝鮮軍の攻撃はないが、韓国軍は最高レベルの警戒態勢を発令。軍事境界線をはさんで南北の軍事的緊張が高まっている。

 1回目の砲撃は午後3時53分(日本時間同)で高射砲1発が発射された。2回目は同4時12分に76・2ミリの直射砲が数発発射された。砲弾は人家のない山中や、非武装地帯(DMZ)の韓国側に落ち、人的被害は出ていないという。北朝鮮の砲撃は、2010年11月の延坪島(ヨンピョンド)砲撃以来。

 韓国軍は午後5時4分、軍事境界線の北側約500メートルの地点に向けて応射。政府は同6時、国家安全保障会議(NSC)を招集し、朴槿恵(パク・クネ)大統領が「北朝鮮の挑発には断固として対応せよ」と指示した。

 一方、北朝鮮は午後5時前、対韓国政策を担う金養建(キム・ヤンゴン)・朝鮮労働党書記名義で板門店を通じ韓国大統領府に書簡を送付。韓国が今月再開した政治宣伝放送の中止を要求しながらも、「現在の事態を収拾し関係改善の出口を開くため努力する意思がある」と表明した。

 北朝鮮は午後5時ごろにも、軍総参謀部名義で韓国国防省に通知文を送付した。政治宣伝放送の全設備を、20日午後5時から48時間以内に撤去しなければ「軍事的行動を開始する」と警告した。韓国側は「放送を続ける」としている。

 非武装地帯(DMZ)の韓国側では今月4日、北朝鮮が埋設したとされる地雷が爆発し韓国軍の2人が負傷。韓国側は報復として拡声器を使った政治宣伝放送を11年ぶりに再開した。これに対し、北朝鮮側が拡声器を狙った射撃を行うと威嚇していた。

 政治宣伝放送とは、北朝鮮指導部の実態や失政、人権弾圧などを明らかにし、韓国の優越性を強調する内容を大音量で流して北朝鮮将兵や住民らの動揺を狙う心理戦の一環。北朝鮮側が強く反発している。


北、忠誠競争で強硬派台頭 5年ぶりに韓国を砲撃、挑発激化も
産経新聞 8月21日(金)7時55分配信

 【ソウル=藤本欣也】北朝鮮が約5年ぶりに韓国に砲撃を加えた。人的被害は出ていないもようだが、韓国では北朝鮮の軍事挑発に関するニュース一色で、北朝鮮の脅威を改めて国民に想起させる事態となっている。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)体制では、朝鮮労働党高官らの処刑が続くなど“恐怖政治”が進行、幹部の“忠誠競争”とあいまって強硬派が台頭。10月10日の党創建70年に向け威嚇は続く見通しだ。

 北朝鮮軍に砲撃され韓国軍に人的被害が出た2010年11月の延坪島(ヨン・ピョンド)砲撃や、同年3月の韓国海軍哨戒艦撃沈事件を主導したとされるのが、工作機関「偵察総局」の金英哲(ヨンチョル)総局長だ。

 金総局長は今年、朝鮮人民軍の大将から上将に降格されたことが判明したが、聯合ニュースによると、7月下旬、大将に復帰していたことが確認されたという。復帰後の最初の挑発が「地雷埋設」だったと韓国側はみている。

 今回の砲撃という強硬対応措置についても、金総局長の影響を指摘する韓国メディアもある。

 12年に発足した金正恩体制下では、このように側近・幹部がしばしば降格し、しばらくしてから復帰するケースが多い。

 金正恩第1書記の最側近とされる黄炳瑞(ファン・ビョンソ)・朝鮮人民軍総政治局長と崔竜海(チェ・リョンヘ)党書記も役職や序列が頻繁に入れ替わり、注目された。(1)強力なナンバー2を作らない(2)忠誠を競わせる-ための人事とされる。

 韓国では今月に入り、北朝鮮の崔英建(ヨンゴン)副首相が5月に銃殺処刑されていたと報じられた。山林緑化政策に関連し、金第1書記に不満を示したことが処刑理由という。党組織指導部の金グンソプ副部長も昨年9月に公開処刑されたとみられている。

 金正恩体制下では、おじの張成沢(チャン・ソンテク)氏をはじめ、80人以上が処刑されたといわれており、恐怖政治が広がっているのが実情だ。

 北朝鮮当局が恐怖政治による統制でしか人心の掌握を図れないからこそ、金正恩体制の実態などを拡声器を通じて大音量で流す韓国の政治宣伝放送に、極めて敏感に反応するといえる。

 金第1書記は10月の党創建70年に合わせ、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を行うとも報じられており、今後、軍事挑発が激しさを増しかねない。


前線に準戦時状態布告へ=韓国への「最後通告」承認―北朝鮮第1書記
時事通信 8月21日(金)7時47分配信

 【ソウル時事】21日の朝鮮中央通信によると、北朝鮮の金正恩第1書記(軍最高司令官)は20日、労働党中央軍事委員会非常拡大会議を緊急招集し、21日午後5時から前線地域に準戦時状態を布告するとともに、部隊に対し「完全武装した戦時状態」に移行するよう命令を出した。
 
 北朝鮮軍総参謀部は20日午後5時、韓国国防省に対し、「48時間以内に宣伝放送を中止し、すべての手段を全面撤去しない場合、強力な軍事的行動を取る」という「最後通告」を送っており、党中央軍事委非常拡大会議はこの決定を承認した。
 朝鮮中央通信は「(韓国が)ありもしない北朝鮮砲弾発射事件」を捏造(ねつぞう)し、これを口実に北朝鮮側に数十発の砲弾を撃ち込んだと非難した。
 北朝鮮軍最高司令部も「緊急報道」を発表、韓国が砲撃を捏造し、北朝鮮側に「36発の砲弾」を発射したと主張。北朝鮮軍に被害はなかったと強調した。
 同司令部は、48時間以内の宣伝放送中止と装置撤去の要求に対し、「(韓国が)どのように対応するか注視している」と述べた。 


<北朝鮮>韓国側に砲撃 宣伝放送中止を要求 南北境界線
毎日新聞 8月20日(木)20時59分配信

 【ソウル米村耕一】韓国軍合同参謀本部は20日、北朝鮮が同日午後に2度、南北軍事境界線に近い韓国の京畿道漣川(キョンギドヨンチョン)郡を砲撃したと発表した。韓国側に人的被害は出ていない。韓国軍はただちに発射場所と推定される地点に向け155ミリ砲数十発を撃ち応戦した。聯合ニュースが報じた。

 報道によると、北朝鮮は同日午後3時53分(日本時間同)に高射砲を1発発射。続いて同4時15分に別の砲を数発発射したという。

 今月初めに軍事境界線に近い非武装地帯(DMZ)の韓国領内で、北朝鮮軍が設置したとみられる地雷爆発事件が発生。韓国軍は報復として、拡声機による対北朝鮮宣伝放送を再開していたが、北朝鮮は同5時ごろ、軍同士のホットラインを通じて通知文を送り「48時間以内に心理戦のための放送を中止し、設備を撤去」するよう要求した。それが受け入れられない場合は「軍事行動を開始する」と強調した。

 その一方で、金養建(キム・ヤンゴン)朝鮮労働党統一戦線部長(南北関係担当)名義の書簡を韓国青瓦台(大統領府)の金寛鎮(キム・グァンジン)国家安保室長宛てに送り「現在の事態を収拾し関係改善の出口を開くために努力する意思がある」とも伝えたという。

 韓国軍は警戒レベルを最高水準に引き上げると同時に朴槿恵(パク・クネ)大統領が緊急の国家安全保障会議(NSC)常任委員会を招集。青瓦台報道官によると「北朝鮮の挑発に対し、断固とした対応を取ると同時に住民の安全保護に万全を尽くす」よう指示した。漣川地区など軍事境界線に近い地域の住民約2000人に退避命令が出ている。

 韓国紙・朝鮮日報によると、韓国が宣伝放送を再開した数日後に北朝鮮も対韓国宣伝放送を再開。さらに、北朝鮮側DMZの監視所から、韓国側に照準を合わせては隠れるなど、挑発的な動きを盛んにしていた。

 北朝鮮は昨年10月、韓国の民間団体が漣川郡で北朝鮮批判ビラを風船で飛ばした際にも数十発の銃撃を加え、一部の銃弾が韓国側に到達している。


朴大統領、北朝鮮の“砲撃”に「断固として対応せよ」 北は48時間以内の宣伝施設撤去要求
産経新聞 8月20日(木)20時55分配信

 【ソウル=藤本欣也】韓国国防省は20日、北朝鮮側からソウル北方の京畿道(キョンギド)漣川(ヨンチョン)付近に向けて午後3時50分(日本時間同)すぎ、ロケット砲とみられる砲弾1発が発射された航跡が捕捉されたと発表した。韓国軍は、砲弾の発射地点とみられる北朝鮮領に向け155ミリ砲弾を約20発応射した。これに対する北朝鮮軍の攻撃はないが、韓国軍は最高度の警戒態勢を発令。軍事境界線をはさんで南北の軍事的緊張が高まっている。

 北朝鮮の砲弾は人家のない山中に落ち、人的被害は出ていないという。北朝鮮の砲撃が確認されれば、2010年11月の延坪島(ヨンピョンド)砲撃以来。韓国政府は国家安全保障会議(NSC)を招集し、朴槿恵(パク・クネ)大統領が「北朝鮮の挑発には断固として対応せよ」と指示した。

 非武装地帯(DMZ)の韓国側では今月4日、北朝鮮が埋設したとされる地雷が爆発し韓国軍の2人が負傷。韓国側は報復として拡声器を使った政治宣伝放送を11年ぶりに再開した。これに対し、北朝鮮側が拡声器を狙った射撃を行うと強く反発していた。

 北朝鮮軍は20日の砲弾の航跡が捕捉された直後、政治宣伝放送施設を同日午後5時から48時間以内に撤去しなければ「軍事的行動を開始する」と警告した。


南北の軍事境界線で砲撃の応酬、北朝鮮攻撃が発端と韓国
CNN.co.jp 8月20日(木)20時45分配信

(CNN) 韓国国防省当局者は20日、北朝鮮が同日、軍事境界線越しに韓国側に砲撃を加えたため北朝鮮の攻撃の開始場所に数十発の砲撃を浴びせる対抗措置を講じたと述べた。CNNの取材に明かした。

砲撃は韓国西部の京畿道が標的で、北朝鮮は小型のロケット弾とみられる北朝鮮の飛行物体を探知し、応戦に踏み切ったとしている。

南北関係は最近、非武装地帯の韓国側で地雷が爆発し、韓国軍兵士2人が重傷を負う事件が起き、緊張が高まっている。韓国は北朝鮮の地雷敷設を非難しているが、北朝鮮は否定している。

韓国側はこの事件発生後、拡声器を使ったプロパガンダ放送を再開。これに反発した北朝鮮も今週、同様の拡声器放送に改めて踏み切っていた。


北朝鮮の砲撃に韓国が応射、宣伝放送めぐり軍事境界線付近で
ロイター 8月20日(木)20時28分配信

[ソウル 20日 ロイター] - 韓国軍は20日、北朝鮮に向けて数十発の砲弾を発射した。北朝鮮が同日、韓国側に砲撃したことに反撃した。韓国は10日から南北軍事境界線付近で北朝鮮を批判する放送を拡声器で流し続けており、北朝鮮が反発していた。

韓国による反撃の後、北朝鮮からの攻撃はない。ただ、韓国国防省によると、宣伝放送を48時間以内に停止しなければ軍事行動を起こすとする書簡を送ってきたという。

韓国統一省によると、北朝鮮は韓国を攻撃した直後の20日夕に別の書簡を送付し、宣伝放送を宣戦布告として捉えるとしながらも、事態の解決に向けて努力する意思があるとも表明した。

韓国軍当局者は放送を続ける意向を示している。

韓国軍によると、北朝鮮の攻撃は2回で、1回目は午後3時52分(グリニッジ標準時午前6時52分)に14.5ミリの高射砲1発が発射され、2回目は午後4時15分に76.2ミリの直射砲が数発発射された。韓国側の被害やけが人は報告されていない。

韓国政府の報道官によると、朴槿恵大統領は軍高官に対して「(挑発には)断固対応せよ」と指示した。韓国軍は155ミリ砲弾で反撃し、最高レベルの警戒態勢を取っている。韓国国防省は「わが軍は監視体制を強化し、北朝鮮軍の動きを注視している」とのコメントを出した。

北朝鮮の国営メディアは、この交戦について報じていない。こうした事案で北朝鮮のメディアは通常すぐには反応しない。

韓国国防省によると、北朝鮮の最初の砲撃はソウルの北約60キロ(35マイル)の非武装地帯(DMZ)西側部分に着弾した。DMZ近隣の韓国側住民800人近くが避難を命じられた。

南北間の交戦は昨年10月以来。この時は韓国軍が境界線に近づいた北朝鮮の将兵に警告射撃を実施し、北朝鮮側が応射した。交戦は10分ほどで死者は出なかった。

今月上旬になってDMZ内で地雷が爆発し、韓国兵2人が負傷したことで、両国間の緊張がにわかに高まった。韓国は北朝鮮が地雷を埋設したと主張し、報復として2004年以来となる宣伝放送を再開した。北朝鮮は地雷について否定している。

北朝鮮は15日になって、放送を止めるように韓国に要求。続ける場合は軍事行動を起こすと主張した。17日には北朝鮮としての宣伝放送を始めた。

米軍と韓国軍は年次合同軍事演習を17日から開始する中で、今回の交戦は起きた。北朝鮮は合同演習について戦争の準備だと非難している。

1950─53年の朝鮮戦争は平和条約ではなく休戦協定で終わっており、南北両国は事実上の戦争状態にある。

砲撃の報道を受けて韓国ウォンは先物取引で値下がりした。報道は現物取引が終了した後だった。中心限月1月物は、1ドル=約1189.8から1192.7ウォンまで上昇した。


北が砲撃、韓国軍も応戦…一部住民に退避命令
読売新聞 8月20日(木)20時11分配信

 【ソウル=宮崎健雄】韓国国防省によると、北朝鮮軍は20日午後、軍事境界線に近い韓国京畿道(キョンギド)漣川(ヨンチョン)に向けて、高射砲とみられる砲弾1発を発射し、さらに韓国側の非武装地帯(DMZ)に数発砲撃した。

 韓国軍も北朝鮮側に自走砲数十発を発射して応戦した。韓国側に被害はなかった。

 北朝鮮軍は同日夕、韓国軍に対し、「48時間以内に(北朝鮮の軍事挑発を非難する)宣伝放送を中止して全設備を撤去しなければ、軍事的行動を開始する」と電話で通告した。これに先立ち、北朝鮮軍は15日、韓国軍が宣伝放送を中止しなければ、軍事行動を行うと警告していた。

 韓国の朴槿恵(パククネ)大統領は、国家安全保障会議を緊急開催。韓国軍は最高警戒態勢に入り、聯合ニュースによると、砲撃現場周辺や軍事境界線沿いの江華島(カンファド)の一部住民には退避命令が出た。


北朝鮮軍、拡声器を砲撃=48時間以内の放送中止要求―韓国軍、数十発で応戦
時事通信 8月20日(木)19時43分配信

 【ソウル時事】韓国軍合同参謀本部報道官によると、北朝鮮軍は20日午後、軍事境界線に近い韓国の京畿道漣川郡に2回にわたり砲弾を撃ち込んだ。
 韓国軍が宣伝放送に使う拡声器を狙ったとみられる。
 これに対し、韓国軍は北朝鮮のロケット砲発射地点周辺に向けて、155ミリ砲数十発による砲撃で応戦した。
 北朝鮮軍は同日夕、韓国国防省に通知文を送り、48時間以内に北朝鮮に対する宣伝放送の中止と拡声器の撤去に応じなければ軍事行動に出ると警告。砲撃が放送を中止に追い込むための威嚇の一環であることを裏付けた。
 北朝鮮の金養建労働党書記(統一戦線部長)も、韓国大統領府の金寛鎮国家安保室長に書簡を送り、韓国側の放送を「宣戦布告」と非難、中止を求めた。
 漣川郡の住民らに被害はなかったが、周辺地域の住民に退避命令が出された。韓国の朴槿恵大統領は国家安全保障会議(NSC)常任委員会を緊急招集し、北朝鮮の挑発に対して「断固たる対応を取る」と強調。軍は最高度の警戒態勢を敷いた。


北朝鮮がソウル北方で砲撃
2015年8月20日(木)18時24分配信 共同通信

 【ソウル共同】韓国軍は20日、北朝鮮が同日午後、ソウル北方約60キロの京畿道・漣川付近に向け砲撃したと発表した。韓国軍は非武装地帯(DMZ)の北朝鮮地域へ向け155ミリ砲弾数十発の砲撃を行った。

 韓国軍によると、北朝鮮の攻撃は2回で、1回目は午後3時53分(日本時間同)に高射砲1発が発射され、2回目は同4時12分に76・2ミリの直射砲と推定される砲弾が数発発射された。

 韓国軍は同5時すぎから反撃。その後北朝鮮からの攻撃はなく交戦状態にはならなかった。

 北朝鮮の朝鮮人民軍最高司令部は20日、緊急報道文を発表し「容認できない軍事的挑発」と非難した。


北朝鮮が韓国側に砲撃、韓国軍も約20発応射 全軍に最高警戒態勢発令
産経新聞 8月20日(木)18時14分配信

 【ソウル支局】韓国国防省は20日、午後3時50分ごろ、北朝鮮がロケット砲とみられる砲弾1発を韓国側に発射した航跡を韓国軍の感知装置がとらえたと発表した。ソウル北方の京畿道・漣川(ヨンチョン)付近に向け、発射されたとみられる。韓国軍も発射地点とみられる北朝鮮内の地域に向け、155ミリ砲弾約20発を応射した。

 聯合ニュースなどによると、人的被害は確認されていない。韓国は漣川付近の住民に退避命令を出した。また、大統領府高官や安全保障に関わる閣僚による国家安全保障会議(NSC)を招集。全軍に最高レベルの警戒態勢を発令した。

 南北軍事境界線を挟む非武装地帯(DMZ)で、北朝鮮が仕掛けたとされる地雷で韓国軍兵士2人が負傷した事件をめぐり、韓国側が報復措置として対北政治宣伝放送を開始。北朝鮮が拡声器を狙った可能性が指摘されているが、これまでのところ、拡声器の被害は確認されていないという。


北朝鮮軍、拡声器を砲撃=韓国軍も数十発で応戦
時事通信 8月20日(木)18時3分配信

 【ソウル時事】韓国国防省報道官によると、北朝鮮軍は20日午後、ロケット砲と推定される砲弾1発を軍事境界線に近い韓国の京畿道漣川郡に撃ち込んだ。
 韓国軍が宣伝放送に使う拡声器を狙ったとみられる。
 これに対し、韓国軍は北朝鮮のロケット砲発射地点周辺に向けて、155ミリ砲数十発による砲撃で応戦した。
 同郡の住民らに被害はなかったが、一部住民に退避命令が出された。韓国メディアによれば、韓国政府は国家安全保障会議(NSC)常任委員会を緊急招集、軍は最高度の警戒態勢を敷いた。 


北朝鮮軍が韓国側に砲撃、韓国軍も応射=メディア
ロイター 8月20日(木)17時42分配信

[ソウル 20日 ロイター] - 韓国メディアによると、北朝鮮が20日、韓国の拡声器に向け砲撃した。韓国はここ数日、北朝鮮を批判する放送を拡声器で流し続けていた。韓国国営KBSは韓国軍幹部の話として、北朝鮮軍が0700GMT(日本時間午後4時)ごろ、西部戦線に向け砲撃したと報じた。

報道からは、どのような武器が使用されたかは明らかではない。

韓国国防省は、報道の事実関係などを精査中だと述べた。

また、拡声器の損傷はみられないとしている。

聯合ニュースが軍関係者の話として伝えたところによると、韓国軍も北朝鮮に向けて砲撃しているもよう。


北朝鮮、韓国に砲撃 48時間以内のスピーカー撤去を要求
AFP=時事 8月20日(木)17時22分配信

Hcbla
韓国と北朝鮮を隔てる南北軍事境界線に沿って設けられている非武装地帯近くの演習地で実弾発射演習をする韓国軍の戦車(2015年5月20日撮影、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】(一部更新、写真追加)韓国は20日、北朝鮮からロケット弾による砲撃があったとして、報復として北朝鮮側に数十発の砲弾を撃ち込んだ。韓国国防省が明らかにした。

韓国、北の地雷で兵士2人重傷と発表 「厳しい代価」警告

 韓国国防省報道官によると、韓国は現地時間午後4時(日本時間同)の少し前、北朝鮮側から軍事境界線西側地域に沿って発射されたロケット弾の軌道を検知した。

 国防省は声明で「韓国軍は対応として、北朝鮮がロケット砲を発射した地点へ155ミリ弾数十発を発射した」と述べ、「軍がいつでも出動できるようにし、北朝鮮軍の動きを注意深く監視している」と述べた。

 韓国軍の報道官はAFPに「こちら(韓国)側に着弾したが、軍事目標は被弾しなかった」と述べ、負傷者や損害は出ていないとみられると付け加えた。

 ソウル(Seoul)の北約60キロに位置する漣川(Yeoncheon)郡の当局者はAFPに、軍事境界線沿いの複数の村落の住民に、避難所への避難命令が出されたと語った。

 今月上旬に韓国軍兵士2人が地雷に触れて重傷を負い韓国が北朝鮮を非難したことを受け、韓国と北朝鮮の間の緊張は高まっていた。

 また北朝鮮は米韓合同軍事演習「乙支フリーダムガーディアン(Ulchi Freedom Guardian)」の中止を求めていたが米韓はこれを拒否し、北朝鮮は報復攻撃すると脅していた。核武装した北朝鮮による侵略を想定した同演習は今月17日に予定通り開始された。

 北朝鮮が韓国を直接攻撃したのは、韓国の民間人2人と兵士2人が死亡した2010年11月の延坪島(Yeonpyeong-do)砲撃事件以来。北朝鮮と韓国が直接相手側の領域に砲弾を撃ち合うのは極めてまれ。その理由を専門家らは、事態が急激に破滅的な段階にまでエスカレートする恐れがあることを双方が認識しているからだと説明している。

■48時間以内のスピーカー撤去を要求

 韓国国防省によると、北朝鮮は攻撃に続き、韓国側のプロパガンダを軍事境界線を越えて北朝鮮側に大音量で流しているスピーカーを48時間以内に撤去しなければさらなる軍事的措置を取るとする朝鮮人民軍(Korean People's Army、KPA)のメッセージを軍事ホットラインを通じて韓国側に伝えた。メッセージは48時間の期限は22日午後5時(日本時間同)に到来するとしている。【翻訳編集】 AFPBB News


北朝鮮軍、韓国軍拡声器に射撃
時事通信 8月20日(木)17時10分配信

 【ソウル時事】韓国メディアは20日、北朝鮮軍が南北間の非武装地帯にある韓国軍の拡声器に向けて射撃を行ったと報じた。 

« タイの首都バンコク中心部の繁華街で爆弾爆発 20人死亡、負傷者多数・4 | トップページ | タイの首都バンコク中心部の繁華街で爆弾爆発 20人死亡、負傷者多数・5 »

ギャグ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

ネタ」カテゴリの記事

パロディ」カテゴリの記事

破廉恥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/62129460

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮軍が韓国プロパガンダスピーカーを砲撃:

« タイの首都バンコク中心部の繁華街で爆弾爆発 20人死亡、負傷者多数・4 | トップページ | タイの首都バンコク中心部の繁華街で爆弾爆発 20人死亡、負傷者多数・5 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31