« 北朝鮮軍が韓国プロパガンダスピーカーを砲撃・2 | トップページ | 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2039 »

2015年8月22日 (土)

残忍強欲な侵略国家ロシアの首相・メドベージェフ、3度目の北方領土強行上陸

歴史的な侵略強盗国家ロシアの首相・メドベージェフが、戦後ロシア(ソ連時代も含む)が大東亜戦争終結直前直後のどさくさに乗じて不法占拠した、我が日本国の固有領土である北方四島(歯舞・色丹・国後・択捉)のうちの択捉島に、我が国の再三の中止要請を無視して強行上陸した。メドベージェフは、2010年11月2012年7月の2回にわたって同北方四島の国後島に強行上陸しており、同人としてはこれが3度目の暴挙である。

これは言うまでもなく、この残忍強欲・凶悪な侵略強盗国家ロシアが不法占拠した北方四島を、国際法上の地位も無視して引き続き不法占拠を継続し既成事実化して、日本に返還する意思のないことを鮮明にしようというの明白な領土的野心の表明にほかならない

今日の我が国が、ロシアを筆頭に中共支那・韓国北朝鮮等の好戦的暴力的野蛮国の意を受けた自称「平和主義者」ら日本国の主権を奪い防衛力を弱体化させて、これらの野蛮国の侵略行為に加担すべく画策する反日売国奴どもの執拗かつ邪悪な抵抗と妨害のくびきを断ち切って、安全保障関係法案を成立させようとする矢先に、ことさらに挑発的好戦的な不法占拠既成事実化を誇示する、これら一連のロシア人の凶悪な態度には、今さらながら憤怒の言葉もない。

由来、ロシア人という人種は、一貫して強欲な領土的野心を持ち続けて周辺地域を侵略し続け、一度居座った土地については、満州やアフガニスタンの例が示すように、武力の行使によって追い払わなければ、その土地から撤退した例がないという、厚かましいとか強欲とかいう言葉では到底形容出来ないほどの凶暴・残忍な本性を備えた連中である。
我が国北方領土の不法占拠についても、おそらく最終的には武力の行使によらなければ出て行くことはあるまい。日本人は話し合いが大好きで、なんでもかでも「話し合いによる解決」を言いたがるが、ロシア人が極東に異常な関心を示し始めた19世紀以来の、やつらの一貫した行動様式を見れば、話し合いで解決できるようななまやさしい手合いではないことは明白である。

そして、この凶悪な侵略国家ロシアは、不法占拠した北方四島に中/短距離ミサイル基地をふくむ軍事施設を着々と整備している。ここに戦術核ミサイルでも持ち込まれれば、釧路・帯広は言うに及ばず、旭川・札幌などは充分その射程距離内に入ってしまう。
言葉を替えて言えば、このままロスケに北方四島不法占拠の既成事実化を許してしまえば、次は北海道を人質に取られて、あらゆる難題を吹きかけてくるだろう。そのときになって、現状の日本国憲法の制約をそのままにして日本政府に有効な対抗措置を取る選択肢が有り得るのか?

大東亜戦争終結からすでに80年近くの時を経ているにもかかわらず、この凶悪残忍なロシアの不法占拠を実力を持って終結させる意思も能力も持ち得ない我が国の外交・軍事の状況が腹立たしい。

一刻も早く安全保障関係法案を成立させなおかつ欠陥憲法を改正して、国土防衛に実効性のある軍事力を整備して、日本国内に巣食って日本国を弱体化させ主権を崩壊させることを画策する自称「平和主義者」「護憲派」売国奴どもを叩きつぶし、領土保全と国家主権について責任感と行動力のある、真に日本国民の利益を守る意思を明確にする政府を支持しなければならない。

リンク:日本は大戦の結果認めず=岸田外相の訪ロ延期に懐疑的―ロシア - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北方領土で軍備増強=日ロと四島は別、訪問継続へ―ロシア首相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロ首相、北方領土「今後も訪問」 - 速報:@niftyニュース.
リンク:岸田外相の訪ロ延期に懐疑的=ロシア外務省筋 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<岸田外相>訪露先送り 露首相、択捉島入りで - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<ロシア首相>北方領土の軍備強化 択捉島で表明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:岸田外相の訪露延期固める 露首相択捉入りに抗議 プーチン大統領年内来日はなお模索 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:露、経済協力獲得へ“恫喝” 日本の領土返還“期待値”も下げる 首相の択捉訪問 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「国民感情傷つける」岸田外相、露大使に抗議 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:駐日ロシア大使に抗議=択捉訪問「極めて遺憾」―岸田外相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:外相、8月末訪ロを延期 - 速報:@niftyニュース.
リンク:ロ首相、択捉で愛国集会に参加 - 速報:@niftyニュース.
リンク:択捉島に文化スポーツセンター=移住促進で「ロシア化」狙いも - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロシア首相、択捉島の愛国集会に参加=「日本は隣人、中韓は友人」とけん制 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「日本国民の感情を傷つけ、極めて遺憾だ」 外務省局長が駐日露大使に電話で抗議 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:日本政府:ロシアに抗議をした、メドベージェフ首相の択捉島訪問で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:日本政府「極めて遺憾」と抗議 - 速報:@niftyニュース.
リンク:ロシア首相、択捉島を訪問…日本の中止要請無視 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:駐日ロシア大使に抗議=政府 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロシア首相が択捉島訪問 - 速報:@niftyニュース.
リンク:ロシアのメドベージェフ首相が択捉島入り 実効支配強化の狙い - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<ロシア首相>択捉島を訪問…政府、駐日大使に抗議 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロシア首相が択捉訪問=対日関係悪化は不可避 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:クリミア・ジャズ祭に不参加を=対ロ制裁下、米大使館が呼び掛け - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロ首相、きょう択捉訪問 - 速報:@niftyニュース.
リンク:メドベージェフ首相、極東へ…択捉島も訪問か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:22日に択捉島訪問=日本の中止要請無視―ロシア首相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<ロシア>メドベージェフ首相 22日に択捉島訪問の可能性 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:政府、露首相の北方領土訪問を牽制 菅官房長官「絶対受け入れられない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:菅氏、ロ首相の択捉訪問けん制 - 速報:@niftyニュース.
リンク:<米国>ロシア「重大な脅威」…国防長官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:訪露日程に影響出るとの認識 岸田外相、ロシア首相の北方領土訪問報道に懸念 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロ首相は択捉訪問中止を=岸田外相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロシアは「重大な脅威」 - 速報:@niftyニュース.

以下、参考のために同記事を引用

日本は大戦の結果認めず=岸田外相の訪ロ延期に懐疑的―ロシア
時事通信 8月23日(日)1時7分配信

 【モスクワ時事】ロシア外務省は22日、声明を出し、メドベージェフ首相の北方領土・択捉島訪問に対する日本の抗議について「国際社会に重要な(9月の日本の降伏文書調印による)第2次大戦終結70年を前に、日本は大戦の結果に反対し続けている」と非難した。
 
 また、ロシア外務省筋はタス通信に対し、岸田文雄外相の訪ロが延期されるという見方が出ていることに「あり得ない」と懐疑的な認識を示した。
 岸田外相は22日、アファナシエフ駐日ロシア大使を外務省に呼んで抗議した。この際のやりとりに関して、同筋は「(岸田外相の訪ロには)双方とも言及していない。合意していないことを延期することはあり得ない」と主張した。 


北方領土で軍備増強=日ロと四島は別、訪問継続へ―ロシア首相
時事通信 8月23日(日)0時50分配信

 【モスクワ時事】北方領土の択捉島訪問を強行したロシアのメドベージェフ首相は22日、現地で開発計画の実施状況を視察するとともに、政府主催の愛国集会「全ロシア青年教育フォーラム」に参加した。
 終了時に「クリール諸島(北方領土と千島列島)には現代的な軍部隊が必要だ」と記者団に述べ、軍備増強の考えを示した。
 また、日ロ関係について「ロシア領であるクリール諸島と結び付けるべきではない。(政府要人は)今後も訪問する」と日本をけん制した。ロシア政府が発表した。
 首相は日本側の再三の中止要請を無視。日本政府は外交ルートを通じてロシア側に抗議した。ウクライナ危機で冷え込む日ロ関係のさらなる悪化は不可避で、岸田文雄外相の訪ロや、安倍晋三首相が目指すプーチン大統領の年内訪日に影響しそうだ。
 メドベージェフ首相はフォーラムで、愛国青年活動家ら参加者100人を前に「極東で一番重要なのは予算ではなく人材だ」と指摘し、若い世代に極東開発への参加を呼び掛けた。また、択捉島と国後島を政府の重視する「優先発展地域」に指定すると明言。「極東にバイオテクノロジーの拠点をつくる」というアイデアも披露した。 


ロ首相、北方領土「今後も訪問」
2015年8月22日(土)23時40分配信 共同通信

 【ウラジオストク共同】ロシアのメドベージェフ首相は22日、北方領土・択捉島でロシア人記者団に対し、北方四島は「ロシアの一部」であり「われわれはこれまでも訪れたし、今後も訪問するだろう」と述べて、日本側の抗議に関係なく訪問を続ける意向を示した。インタファクス通信などが伝えた。

 メドベージェフ氏は「日本は隣国であり、友好関係を望んでいるが、そのこととクリール諸島(北方領土と千島列島)の問題を結び付けるべきではない」と指摘。クリール諸島には「近代的で戦闘力がある部隊が必要だ」と述べ、北方領土に展開するロシア軍を強化する方針も示した。


岸田外相の訪ロ延期に懐疑的=ロシア外務省筋
時事通信 8月22日(土)22時34分配信

 【モスクワ時事】ロシア外務省筋は22日、メドベージェフ首相による北方領土の択捉島訪問で、岸田文雄外相の訪ロが延期されるという見方が出ていることについて「あり得ない」と懐疑的な認識を示した。
 タス通信などが伝えた。 


<岸田外相>訪露先送り 露首相、択捉島入りで
毎日新聞 8月22日(土)21時56分配信

Kmfa
ロシアのメドベージェフ首相の北方領土・択捉島訪問について記者からの質問に答える岸田文雄外相=外務省で2015年8月22日午後7時59分、宮間俊樹撮影

 岸田文雄外相は22日夜、外務省で記者団に対し、「(日露の)政治対話を行うことは、両国首脳間で一致している」と述べ、日露間の対話継続の考えを強調した。その上で、プーチン大統領の年内訪日については「さまざまな観点を総合的に勘案し、検討していく課題だ」と語り、引き続き実現を目指す方針を示した。

 ただ、今月末から来月初旬に想定していた自らの訪露については「何も決まっていない」と述べ、先送りする方針を示唆した。

 これに先立ち、岸田氏はロシアのアファナシエフ駐日大使を外務省に呼び、「択捉島は日本固有の領土であり、このような訪問は日本の立場と相いれず、日本国民の感情を傷つけるもので、極めて遺憾だ」と抗議した。

【高橋恵子】


<ロシア首相>北方領土の軍備強化 択捉島で表明
毎日新聞 8月22日(土)21時53分配信

 【モスクワ真野森作】ロシアのメドベージェフ首相は22日、北方領土の択捉島を訪問し、空港や港湾、水産加工場などを視察した。7月下旬に閣議決定した北方領土を含む千島列島(ロシア名・クリル諸島)の新たな「社会経済発展計画」に関連して海外からの投資を歓迎し、経済特区化を検討する意向も示した。ロシア通信が伝えた。日本政府の抗議を無視し、北方領土を「ロシア領」として開発する姿勢をアピールした。

 メドベージェフ氏は、大統領時代の2010年11月と首相就任後の12年7月に国後島を訪れているが、択捉島の訪問は初めて。今回はトルトネフ副首相(極東連邦管区大統領全権代表を兼任)、ガルシカ極東発展相らが同行し、島々の発展を加速させる視察との位置づけを明確に打ち出した。

 択捉島内で開催中の愛国的な青年研修キャンプにも参加し、「ここは特恵的な場所であるべきだ」と発言。新たに導入した経済特区「先行発展地域」を択捉島と国後島にも創設する方向で、北方領土を事実上管轄するサハリン州政府と調整していることを明かした。

 来年から10年間の発展計画に基づく開発では、外国企業の参画も歓迎する姿勢を示し、「真っ先に来た人に優先権が与えられる。隣人である日本でもいいし、中国や韓国の友人たちでも結構だ」と語った。日本が主権を主張する北方領土の開発に第三国の企業を本格的に呼び込む構えだ。

 メドベージェフ氏は、現行の発展計画(07~15年)で整備された港湾を「最新の設備が整っている」と評価、空港に関しては悪天候に対応できる設備を強化するよう指示した。

 メドベージェフ氏は視察後、国営テレビなどに対し、「日本とは友好関係を築きたいが、ロシア領であるクリル諸島と関連づけられては不可能だ」と指摘し、閣僚の北方領土訪問を活発化させる考えを示した。また、「最新の部隊が必要だ」と述べ、軍事力を強化する方針を明らかにした。


岸田外相の訪露延期固める 露首相択捉入りに抗議 プーチン大統領年内来日はなお模索 
産経新聞 8月22日(土)21時17分配信

 政府は22日、ロシアのメドベージェフ首相による北方領土・択捉島入りに強く抗議し、8月末で調整していた岸田文雄外相の訪露を延期する方針を固めた。交渉をロシア側と冷静に進める環境にないと判断した。安倍晋三首相は、プーチン大統領の年内来日を引き続き目指す意向だが、実現は一層困難な情勢となった。

 岸田氏は22日夜、アファナシエフ駐日大使を外務省に呼び「北方四島に関する日本の立場と相いれず、日本国民の感情を傷つけるもので極めて遺憾だ」と抗議した。アファナシエフ氏は同日の林肇外務省欧州局長による電話での抗議に「自分たちの島にだれが行こうが自由だ」と反論した。

 岸田氏は22日夜、プーチン氏来日について「首脳間で一致しているが、何も決まっていない。さまざまな観点から総合的に検討していく課題だ」となお実現を目指す考えを表明した。外務省で記者団に語った。

 また、岸田氏は同日夜、「択捉島は日本固有の領土であり、このような訪問は北方四島に関する日本の立場と相いれず、また日本国民の感情を傷つけるものであり、極めて遺憾」などとする外相談話を発出した。


露、経済協力獲得へ“恫喝” 日本の領土返還“期待値”も下げる 首相の択捉訪問
産経新聞 8月22日(土)21時15分配信

 【モスクワ=遠藤良介】ロシアのメドベージェフ首相が北方領土・択捉島への上陸を敢行したのは、安倍晋三政権がプーチン露大統領の年内訪日を目指してきたことを見越し、北方四島の実効支配が着々と進んでいる現状を誇示しておくためだ。北方領土問題をめぐる日本側の“期待値”を下げる一方で、プーチン政権が課題とする極東開発では日本の経済協力を得る狙いがある。

 第3次プーチン政権は極東の発展やアジア諸国との関係拡大を重視しており、欧米との対立でその方向性は強まっている。9月初頭には極東ウラジオストクで、外国企業を集めた「東方経済フォーラム」を初めて開催する予定。新型経済特区やウラジオストク自由港の構想を説明し、投資の呼び込みを図る方針だ。

 ロシアはその一方、日本との北方領土交渉には真剣に臨むつもりがないことを公然と示してきた。

 ロシア政府が7月に承認した「クリール諸島(千島列島と北方領土)発展計画」は、2016~25年に700億ルーブル(約1256億円)を投じ、インフラ整備を集中的に進めることを明記。政府は、極東への移住促進策として土地を国民に無償分与する法案を策定しており、北方領土にも適用する方針だ。現地の軍備増強も進んでいる。

 プーチン氏が領土問題解決への「意欲」を日本メディアにちらつかせる一方、メドベージェフ氏が強硬な言動を取る役割分担も明らかだ。メドベージェフ氏は今回、中露両国が日本海で大規模な軍事演習を行う中で、択捉島での「愛国イベント」に乗り込んだ。

 安倍政権は「プーチン氏との信頼関係を守るためにも、年内訪日の約束は実行したい」(日露関係筋)との立場をとってきた。ロシアはそれを見込んだ上で、領土交渉のハードルを意図的に引き上げている形だ。

 ただ、プーチン政権の強気な姿勢と裏腹に、極東に潤沢な資金を投下できる状況は遠のきつつある。欧米の対露制裁と国際石油価格の下落により、今年の国内総生産(GDP)は前年比3~4%減の見通し。石油高騰期に蓄積された国家基金も、予算の赤字補填(ほてん9などで、16~17年に底をつく可能性が出ている。

 ロシアが「頼みの綱」と考えていた中国も、景気の減速が鮮明となった。中国向け資源輸出の減少が予想される上、中国からの大型投資も望みづらい状況だ。


「国民感情傷つける」岸田外相、露大使に抗議
読売新聞 8月22日(土)20時51分配信

 ロシアのメドベージェフ首相は22日、北方領土の択捉島を訪問した。

 日本政府は強く反発しており、岸田外相は同日、アファナシエフ駐日露大使を外務省に呼び、「日本の立場と相いれず、国民の感情を傷つけるものであり、極めて遺憾だ」と抗議した。プーチン大統領の年内来日を準備するための岸田氏の訪露の調整は当面、見合わせる方針だ。日露関係の悪化は避けられず、領土問題の解決は困難さを増しそうだ。

 北方領土に関して、日本政府は「ロシアに不法占拠されている」との立場をとる。ロシアは、第2次世界大戦の結果、旧ソ連領になったと主張している。

 メドベージェフ氏は大統領在任中の2010年11月、ソ連・ロシアの最高指導者として初めて国後島を訪れ、12年7月にも首相として同島を再訪した。露首相の択捉島入りは初めてで、「実効支配」を誇示し、領土問題で譲歩しない姿勢を鮮明にし、日本をけん制する狙いがあるとみられる。

 インターファクス通信によると、メドベージェフ氏は訪問先の極東サハリンから択捉島に到着。島の社会基盤の整備状況を視察し、空港では悪天候でも発着できる施設の整備を指示した。


駐日ロシア大使に抗議=択捉訪問「極めて遺憾」―岸田外相
時事通信 8月22日(土)20時11分配信

 岸田文雄外相は22日、ロシアのメドベージェフ首相が北方領土の択捉島を訪問したことを受け、アファナシエフ駐日ロシア大使を外務省に呼び、「択捉島は日本固有の領土であり、訪問は日本の立場と相いれず、日本国民の感情を傷つけるもので、極めて遺憾だ」として抗議した。
 
 外相はこの後、記者団に「ロシア側が北方四島をめぐり一方的な動きを繰り返している状況を懸念している。平和条約締結問題を含め今後の日ロ関係の前進のために建設的な対応を強く求める」と語った。
 一方、「重要なことは北方四島の帰属を解決することだ。問題解決のため精力的に交渉を進めていくことが必要だ」と述べ、ロシア側との対話を継続する考えを強調した。 


外相、8月末訪ロを延期
2015年8月22日(土)19時57分配信 共同通信

 日本政府は22日、ロシアのメドベージェフ首相による北方領土訪問を受け、8月末から9月初旬を軸に調整していた岸田文雄外相の訪ロを延期する方針を固めた。メドベージェフ氏が日本の度重なる中止要請を無視して訪れたため、領土交渉を進める環境が損なわれたと判断した。複数の日本政府筋が明らかにした。

 プーチン大統領の年内来日については、引き続き実現を模索する。「首脳間の関係まで冷え込めば、北方領土交渉は暗礁に乗り上げてしまう」(外交筋)との懸念が背景にある。同氏来日の環境整備を目的とした岸田氏の訪ロに関しては、遅くとも11月ごろまでに実施する必要があるとの見方が有力。


ロ首相、択捉で愛国集会に参加
2015年8月22日(土)18時14分配信 共同通信

3yxz
 22日、北方領土・択捉島を訪れたロシアのメドベージェフ首相(前列中央)(ロイター=共同)

 【ウラジオストク共同】北方領土・択捉島を訪れたロシアのメドベージェフ首相は22日、ロシア政府などが主催する「全ロシア青年教育フォーラム」に参加。プーチン政権ナンバー2の首相が愛国主義の高揚を図るイベントに出席することで、北方四島への実効支配を強める姿勢をあらためて誇示した。

 ロシアメディアによるとメドベージェフ氏はフォーラムで、北方領土の「択捉島と国後島に経済特区を創設する計画についてサハリン州の知事と協議した」と発言。四島の経済発展を進める考えを強調した。

 22日は「ロシア国旗の日」で、メドベージェフ氏はオホーツク海沿岸で国旗を広げる催しにも参加した。


択捉島に文化スポーツセンター=移住促進で「ロシア化」狙いも
時事通信 8月22日(土)17時4分配信

 【モスクワ時事】ロシアのメドベージェフ首相が22日に訪問を強行した北方領土の択捉島に「文化スポーツセンター」がほぼ完成した。
 首相も滞在中に視察。ロシア人住民の福利厚生を拡充することで、他地域からの移住を促進し、一層の「ロシア化」を進める狙いもあるとみられる。
 完成場所は、島の中心地である紗那(ロシア名クリリスク)。面積1000平方メートル以上の体育館やプール、190席の映画館、文化会館、博物館、図書館などを備えた複合施設だ。サハリン州当局者は「住民は完成を待ちわびていた」と胸を張る。
 ロシア政府は、7月に「クリール諸島(北方領土と千島列島)社会・経済発展計画」の次期計画(2016~25年)を決定しており、今後もインフラ整備を継続する方針。人口増に向け、北方領土を含む極東の土地を希望する国民に1人当たり1ヘクタールずつ無償分与する制度も年内に始める。 


ロシア首相、択捉島の愛国集会に参加=「日本は隣人、中韓は友人」とけん制
時事通信 8月22日(土)16時42分配信

 【モスクワ時事】北方領土の択捉島訪問を強行したロシアのメドベージェフ首相は22日、現地で開発計画の実施状況を視察するとともに、政府主催の愛国集会「全ロシア青年教育フォーラム」に参加した。
 タス通信などが伝えた。
 メドベージェフ首相は日本側の再三の中止要請を無視。日本政府は外交ルートを通じてロシア側に抗議した。ウクライナ危機で冷え込む日ロ関係のさらなる悪化は不可避で、岸田文雄外相の訪ロや、安倍晋三首相が目指すプーチン大統領の年内訪日に影響しそうだ。
 メドベージェフ首相はフォーラムで、愛国青年活動家ら参加者100人を前に「極東で一番重要なのは予算ではなく人材だ」と指摘し、若い世代に極東開発への参加を呼び掛けた。また、択捉島と国後島を政府の重視する「優先発展地域」に指定すると明言。「極東にバイオテクノロジーの拠点をつくる」というアイデアも披露した。
 首相はこれに先立ち、水産工場や港湾施設などを視察。「(港湾施設は)極めて現代的な水準。政府による(2007~15年の)クリール諸島(北方領土と千島列島)社会・経済発展計画の成果だ」と評価した。7月の次期計画(16~25年)の閣議決定を踏まえ、外国からの投資に対しては「一番乗りが利益を得るのが原則だ。日本の隣人でも、中国や韓国の友人でも良い」と述べ、日本をけん制した。 


「日本国民の感情を傷つけ、極めて遺憾だ」 外務省局長が駐日露大使に電話で抗議
産経新聞 8月22日(土)13時17分配信

 外務省の林肇欧州局長は22日午前、ロシアのメドベージェフ首相による北方領土・択捉島入りを受け、アファナシエフ駐日大使に電話で抗議した。

 林氏は「ロシアの首相が日本固有の領土である択捉島を訪問したことは北方4島に関する日本の立場と相いれない。また日本国民の感情を傷つけるものであり、極めて遺憾だ」と厳しい口調で伝えた。

 これに対し、アファナシエフ氏は「自分たちの島にだれが行こうが勝手だ」など反論し、北方領土に対するロシアの原則的な立場を繰り返したという。


日本政府:ロシアに抗議をした、メドベージェフ首相の択捉島訪問で
Bloomberg 8月22日(土)13時3分配信

  (ブルームバーグ):日本政府は22日、固有の領土である北方領土の択捉島をメドベージェフ首相が訪れたことについて、駐日ロシア大使に抗議の申し入れをした。

ロシアのメドベージェフ首相は択捉島を訪問、日本政府は直ちに林肇欧州局長がアファナシエフ駐日ロシア大使へ電話で抗議をした、と外務省が電子メールを通じた報道発表資料で明らかにした。これに対して駐日ロシア大使はロシアの原則的な立場を述べた、としている。

メドベージェフ首相が北方領土訪問の意向との報道を受けて菅義偉官房長官は7月下旬、中止を申し入れるとともに訪問すれば日本の国民感情を傷つけるもので受け入れられない、と記者会見で述べていた。今回の訪問を受けて、8月末で最終調整していた岸田文雄外相の訪ロは先送りする、と日経新聞(電子版)は報じている。

安倍晋三首相はロシアのプーチン大統領の訪日を今年の適切な時期に実現したいと2月の施政方針演説で述べる。安倍首相は5月には来日したロシアのナルイシキン下院議長と会談、この場でプーチン大統領からのメッセージがあった、と菅官房長官は明らかにしていた。

北方領土は歯舞群島、色丹島、国後島と択捉島。内閣府のサイトによると1945年8月の第二次世界大戦終了直後、ソ連軍(現ロシア軍)によって不法に占拠され、今もなおロシアに不法占拠されている。

記事についての記者への問い合わせ先:東京 長谷川敏郎 ,thasegawa6@bloomberg.net

記事についてのエディターへの問い合わせ先:
Teo Chian Wei ;大久保義人
上野英治郎 ,cwteo@bloomberg.net,yokubo1@bloomberg.net


日本政府「極めて遺憾」と抗議
2015年8月22日(土)12時46分配信 共同通信

 日本政府は22日、ロシアのメドベージェフ首相による北方領土訪問に強く反発し、外交ルートを通じ厳重抗議した。外務省の林肇欧州局長がロシアのアファナシエフ駐日大使に電話で「現職のロシア首相による北方四島訪問は日本の立場と相いれず、国民の感情を傷つけるものだ。極めて遺憾だ」と申し入れた。8月末~9月初旬を軸に調整していた岸田文雄外相の訪ロの延期も検討する。

 政府筋は、択捉島に上陸したメドベージェフ氏を「ほかのロシア閣僚が訪問するのとは重みが違う」と非難。外務省関係者は「少なくとも現時点では、日ロ双方がハイレベルで対話を続けられる環境とは言い難い」と指摘した。


ロシア首相、択捉島を訪問…日本の中止要請無視
読売新聞 8月22日(土)12時34分配信

 【モスクワ=田村雄】ロシアのメドベージェフ首相は22日、北方領土の択捉島を訪問した。

 露首相の択捉島入りは初めてで、今月で占領70年となる北方領土の実効支配を内外に訴える狙いとみられる。首相の訪問中止を求めてきた日本政府の要請を無視したもので、北方領土問題をめぐる歩み寄りを拒む姿勢を鮮明にした。日露が目指すプーチン露大統領の年内訪日に向けた調整に影響を与える可能性がある。

 インターファクス通信によると、メドベージェフ首相は訪問先の極東サハリンから択捉島に到着。島の社会基盤の整備状況を視察し、空港では悪天候でも発着できる施設の整備を指示した。

 ロシアは第2次大戦終結から70年の今年、「戦勝国」としての立場を訴え、北方領土についても強硬な態度を示している。7月18日にスクボルツォワ保健相、8月13日には極東開発担当のトルトネフ副首相が相次いで北方領土を訪問した。


駐日ロシア大使に抗議=政府
時事通信 8月22日(土)12時17分配信

 外務省の林肇欧州局長は22日午前、ロシアのメドベージェフ首相が北方領土の択捉島を訪問したのを受け、同国のアファナシエフ駐日大使に電話し、「北方四島に関する日本の立場と相いれず、日本国民の感情を傷つけるものであり、極めて遺憾だ」と抗議した。
 
 これに対し、アファナシエフ大使は「自国の領土に首相が行くのは自由だ」と、従来の立場を繰り返した。 


ロシア首相が択捉島訪問
2015年8月22日(土)11時48分配信 共同通信

Ktbr
 北方領土・択捉島の水産加工場で、説明を受けるロシアのメドベージェフ首相(右)=22日

 【ウラジオストク共同】ロシアのメドベージェフ首相が22日、北方領土の択捉島を訪問した。プーチン大統領に次ぐ政権ナンバー2の要人訪問に日本政府は厳重に抗議するとみられ、大統領の年内訪日を目指して調整を続けてきた日本とロシアの関係に悪影響を与えるのは避けられない。

 メドベージェフ氏の北方領土訪問は3度目。2010年11月にロシア大統領として初めて北方領土の国後島を訪問し、首相職に転じた後の12年7月にも国後島入りした。択捉島訪問は今回が初めて。

 択捉島ではサマーキャンプ形式でロシア全土から若者が集まり愛国心の高揚を図る青年フォーラムが開かれている。


ロシアのメドベージェフ首相が択捉島入り 実効支配強化の狙い
産経新聞 8月22日(土)11時20分配信

 【モスクワ=黒川信雄】ロシアのメベージェフ首相は22日、北方領土・択捉島に入った。インタファクス通信が伝えた。ロシア政府は経済、軍事両面におけるクリール諸島(千島列島と北方領土)の開発計画を急ピッチで進めており、訪問はロシアの実効支配を強化する狙いがある。日本政府の反発は必至だ。

 現地報道によると、メドベージェフ氏は択捉島で昨年開設されたばかりの空港から同島に入った。択捉島では、ロシア政府が開催している若者向けの愛国イベントに出席するほか、水産加工場やスポーツ施設などを視察。北方領土を事実上管轄しているサハリン州のコジェミャコ知事代行が同行している。

 メドベージェフ氏は大統領時代の2010年11月、旧ソ連・ロシアの国家元首として初めて北方領土・国後島に上陸し、12年7月にも首相として同島に入った。

 ロシア政府は7月、2016~25年に700億ルーブル(約1236億円)を投じる「クリール諸島発展計画」を承認。空港などのインフラ整備や光ファイバーの敷設などを集中的に進めるほか、人口を25%増やし2万4千人規模とすることなどが盛り込まれた。また露国防省は年内にも択捉、国後両島における新たな駐屯地の建設を完了させる方針だ。

 メドベージェフ氏が択捉島で出席するイベントは、ロシアが併合したウクライナ南部クリミア半島でも開催されており、不法に占拠した土地を占有する正当性を、若年層に植え付ける狙いがあるとみられている。


<ロシア首相>択捉島を訪問…政府、駐日大使に抗議
毎日新聞 8月22日(土)11時9分配信

 【モスクワ真野森作】ロシア通信によると、ロシアのメドベージェフ首相が22日、北方領土の択捉島を訪問した。7月下旬に現地視察の意向を表明して以降、日本政府は外交ルートを通じて中止を要請してきたが、ロシア側から無視された形になった。

 メドベージェフ氏は2010年(当時は大統領)と12年に国後島を視察しているが、択捉島訪問は初めて。

 今年7月以降、ロシア閣僚の北方領土訪問は3回目。今回、トルトネフ副首相(極東連邦管区大統領全権代表を兼任)とガルシカ極東発展相が同行した。ロシアによる実効支配や開発推進を誇示する姿勢を鮮明にするもので、日露関係は困難になりそうだ。

 メドベージェフ氏の択捉島訪問は、24日までロシア政府主催で開催されている愛国的な青年養成の研修キャンプに合わせた訪問で、水産加工場などの視察も目的に入っている。7月下旬に閣議決定した、北方領土を含む千島列島(ロシア名・クリル諸島)の新たな「社会経済発展計画」をアピールする狙いもあるようだ。メドベージェフ氏は7月23日の閣議で訪問の意向を示し他の閣僚にも視察を勧めていた。7月18日にスクボルツォワ保健相が色丹島、今月13日にトルトネフ副首相が択捉島を訪問した。

 ロシア政府は、ウクライナ危機を受けた経済制裁など日本の対露外交に不満を抱いており、今回の択捉訪問には日本をけん制する意図もある模様だ。プーチン大統領は今年4月、北方領土問題に関して「日本側のせいで対話は停止している」と記者団に強調。日本政府に対露姿勢を軟化するよう暗に促していた。

 日露両政府は昨年2月に同年秋のプーチン氏訪日で合意。しかし、ウクライナ情勢が悪化し、ロシアが一方的にクリミア半島を編入したため、日本は対露制裁を決定した。昨年11月、日露はプーチン氏訪日を今年の「適切な時期」に先送りすることで合意したが、ウクライナ東部紛争の影響で日露関係は停滞したまま推移。大統領の訪日準備のための岸田文雄外相の訪露日程も決まっていない。

 ◇「極めて遺憾」

 外務省の林肇欧州局長は22日午前、ロシアのメドベージェフ首相が北方領土を訪問したことについて、アファナシエフ駐日ロシア大使に対し「日本国民の感情を傷つけるもので極めて遺憾だ」と電話で抗議した。

 林氏は「北方4島は日本固有の領土であり、(メドベージェフ氏の訪問は)日本の立場と相いれない」と指摘。アファナシエフ氏は、北方領土はロシアの領土であるとの従来の主張を繰り返した。【高橋恵子】


ロシア首相が択捉訪問=対日関係悪化は不可避
時事通信 8月22日(土)11時1分配信

 【モスクワ時事】タス通信によると、ロシアのメドベージェフ首相が22日、北方領土の択捉島を訪問した。
 ウクライナ危機で冷え込む日ロ関係のさらなる悪化は避けられず、岸田文雄外相の訪ロや、安倍晋三首相が目指すプーチン大統領の年内訪日実現に影響する可能性がある。
 メドベージェフ首相の北方領土訪問は、自身の大統領時代の2010年11月、プーチン大統領復帰に伴う首相転身後の12年7月に続き3回目。過去2回はいずれも国後島を訪れており、択捉島は初めてとなる。
 訪問の目的は、択捉島で開催中の愛国集会「全ロシア青年教育フォーラム」への参加。昨年3月のウクライナ南部クリミア半島編入、旧ソ連の対ドイツ戦勝70年で高揚する国民の領土保全意識や愛国心を背景に、若い人材を北方領土を含む極東に向かわせ、四島支配を固定化する狙いがありそうだ。
 メドベージェフ首相は、7月に閣議決定された「クリール諸島(北方領土と千島列島)社会・経済発展計画」の次期計画(16~25年)を踏まえ、択捉島の水産工場や港湾施設を視察。ロシアは、北方領土を含む極東の土地について、希望する国民1人当たり1ヘクタールずつ無償分与する制度も年内に始める。
 択捉島のフォーラムにはトルトネフ副首相も13、14の両日参加。日本政府は「日本国民の感情を傷つける」と抗議した。 


クリミア・ジャズ祭に不参加を=対ロ制裁下、米大使館が呼び掛け
時事通信 8月22日(土)7時14分配信

 【モスクワ時事】在ウクライナ米大使館は、ロシアが一方的に編入したウクライナ南部クリミア半島コクテベリで28~30日に開催されるジャズ音楽祭に、米演奏家らが参加しないよう呼び掛けた。
 「対ロシア経済制裁で米国民はクリミアでのサービス提供を禁じられている」というのが理由だ。
 音楽祭は、プーチン政権に近い国営ロシア通信のキセリョフ社長が実行委員長。米国の女性歌手の参加が予定されている。 
ロ首相、きょう択捉訪問
2015年8月22日(土)0時22分配信 共同通信

 【ウラジオストク共同】インタファクス通信などロシア主要メディアは21日、極東を視察中のロシアのメドベージェフ首相が22日に、北方領土・択捉島を訪問する予定だと伝えた。メドベージェフ氏は21日夜、北方領土を事実上管轄するサハリン州のユジノサハリンスクに到着。22日午前(日本時間同)にも択捉島入りするとみられる。

 菅義偉官房長官は21日の記者会見で、メドベージェフ氏の訪問意向に対し「仮に訪問すれば日本の立場と相いれず、国民感情を傷つける。絶対に受け入れられない」とけん制していた。日本側の中止要請を無視した訪問強行に対し、日本政府の強い反発は必至だ。


メドベージェフ首相、極東へ…択捉島も訪問か
読売新聞 8月21日(金)22時45分配信

 【モスクワ=田村雄】ロシアのメドベージェフ首相は21日、ロシア極東のアムール州を訪問し、極東視察を開始した。

 22日にも北方領土の択捉島を訪れる可能性がある。

 ロシア政府の発表によると、メドベージェフ首相は21日、ロシアが極東開発の要の一つとしてアムール州に建設中の宇宙基地などを視察。メドベージェフ首相は同日中にも、北方領土に近いサハリンに到着するとの情報がある。

 択捉島では若者を対象とした教育フォーラムが24日まで開かれており、ロシア極東発展省は、ガルシカ極東発展相が22日、択捉島のフォーラムに参加するため、同島を訪れる予定と発表している。メドベージェフ首相も出席する意向を示しており、ガルシカ氏も首相に同行するとみられる。


22日に択捉島訪問=日本の中止要請無視―ロシア首相
時事通信 8月21日(金)21時55分配信

 【モスクワ時事】ロシア主要メディアは21日、メドベージェフ首相が22日に北方領土の択捉島を訪問すると伝えた。
 首相は21日、極東連邦管区を訪れ、アムール州に建設中のボストーチヌイ宇宙基地を視察。同日夜にサハリン(樺太)入りした。日本政府は北方領土訪問中止を強く求めていたが、懸念を無視して現地入りを強行する公算が大きい。
 択捉島訪問は、24日まで開催中の愛国集会「全ロシア青年教育フォーラム」(ロシア政府主催)出席が目的。学生や愛国青年活動家ら参加者100人が滞在中だ。首相は水産加工工場などを視察する予定。22日に悪天候で上陸できなければ、サハリンでの別の会議に出席する。 


<ロシア>メドベージェフ首相 22日に択捉島訪問の可能性
毎日新聞 8月21日(金)20時58分配信

 【モスクワ杉尾直哉】ロシアのメドベージェフ首相は21日、ロシア極東のサハリン州を訪問した。ロシア通信は、首相が北方領土の択捉島を22日に訪問すると伝えた。ガルシカ極東発展相も22日に択捉島を訪問する計画を明らかにしており、メドベージェフ首相はガルシカ氏と共に択捉島に入る可能性が高い。

 北方領土の主権を主張する日本政府は、メドベージェフ氏らロシア政府要人が現地入りしないように申し入れてきた。ロシア側はこれを無視する構えだ。

 安倍晋三首相は、プーチン大統領の年内の訪日を希望しており、その準備として岸田文雄外相の訪露が計画されている。だが、メドベージェフ氏が北方領土を訪問すれば、日本側は抗議せざるを得ない。これに対しロシア側も態度を硬化させるのは避けられず、岸田外相の訪露、プーチン氏の訪日は共に遠のきそうだ。

 択捉島では今月12日から24日までの日程で、若者の指導者を養成するロシア政府主催の研修キャンプが開かれている。メドベージェフ氏らはこのキャンプに参加する計画だ。キャンプには、トルトネフ副首相も今月13日に参加した。

 ロシアは北方領土(ロシア語では南クリル諸島)を「第二次大戦の結果、ロシア領になった」と位置づけてきた。プーチン政権は、極東開発の一環として、北方領土のインフラ整備や島への新たな移民政策を展開する計画だ。

          ◇

 菅義偉官房長官は21日の記者会見で、メドベージェフ氏が今週末にも北方領土を訪問すると伝えられていることについて「仮に訪問が行われれば、日本の立場と相いれず、日本の国民感情を傷つけるものだ。絶対に受け入れられない」とけん制した。【当山幸都】


政府、露首相の北方領土訪問を牽制 菅官房長官「絶対受け入れられない」
産経新聞 8月21日(金)17時24分配信

 菅義偉官房長官は21日の記者会見で、ロシアのメドベージェフ首相が北方領土・択捉島を近く訪問する意向を示していることに関し「訪問すれば日本の立場と相いれず、国民感情を傷つける。絶対に受け入れられない」と強く牽制(けんせい)した。同時に「訪問しないよう、さまざまなレベルで懸念を表明している」と強調した。

 岸田文雄外相も記者会見で「静かな環境で政治対話を進めるという両国首脳間の合意に沿わないのではないか」と批判。8月末にも実施すべく調整している自身の訪露計画に関して「すべての状況を総合的に勘案し、日程を具体的に決めていくことになる」と述べ、メドベージェフ氏が北方領土を訪問すれば影響が出るとの認識を示した。

 岸田氏の訪露は、プーチン大統領の年内来日の前提と位置付けられている。メドベージェフ氏は択捉島で露政府が24日まで開催している、青年の愛国主義高揚を目的とした教育フォーラムに出席する意向を示している。


菅氏、ロ首相の択捉訪問けん制
2015年8月21日(金)12時15分配信 共同通信

 菅義偉官房長官は21日の記者会見で、ロシアのメドベージェフ首相が北方領土の択捉島を近く訪問する意向を示していることに関し「仮に訪問すれば日本の立場と相いれず、国民感情を傷つける。絶対に受け入れられない」と強くけん制した。

 同時に「訪問しないよう、さまざまなレベルで懸念を表明している」と強調した。

 岸田文雄外相は会見で、自らのロシア訪問計画に触れ「訪問すれば、北方領土問題は重要な課題として議論したい。日ロ関係前進のために建設的な対応を求めたい」と訴えた。


<米国>ロシア「重大な脅威」…国防長官
毎日新聞 8月21日(金)11時45分配信

 【ワシントン西田進一郎】カーター米国防長官は20日の記者会見で、ウクライナ南部クリミア半島を編入し、核戦力の増強も打ち出しているロシアについて「非常に重大な脅威だ」と語った。そのうえで、ロシア軍の展開や行動に応じて米軍の軍事展開を調整し、一方で北朝鮮問題やイラン核問題などでは協力する「強く、バランスのとれた」対応をしていると説明した。

 ロシアについては、米軍制服組トップの統合参謀本部議長に就任するダンフォード海兵隊総司令官が7月の上院公聴会で、米国の安全保障にとって最大の脅威と位置づけ、「同盟国などの主権を侵し、米国の国益に合致しないことを行う能力を持ち、そうしたことを行っている」と警戒感をあらわにした。

 冷戦終結以降、米国はロシアを敵対者とはみてこなかったが、カーター氏は「プーチン大統領が率いるロシアはいくつかの非常に重要な局面で、敵対者として振る舞っている」と指摘。新たな脅威が加わったと分析し、「米国はこれに合わせ、対抗する必要がある」などと語った。


訪露日程に影響出るとの認識 岸田外相、ロシア首相の北方領土訪問報道に懸念
産経新聞 8月21日(金)11時10分配信

 岸田文雄外相は21日午前の記者会見で、ロシアのメドベージェフ首相が近く北方領土を訪問する可能性が報じられていることに関し、「そういったすべての状況を総合的に勘案し、訪露日程を具体的に決めていくことになる」と述べ、自身の訪露に影響が出るとの認識を示した。

 メドベージェフ氏が北方領土・択捉島で開催中の若者らの集会に参加するとの観測が強まっている。岸田氏は「訪問はわが国の立場と相いれない。こうした懸念について、さまざまなレベルでロシア側に申し入れている」と説明した。


ロ首相は択捉訪問中止を=岸田外相
時事通信 8月21日(金)10時56分配信

 岸田文雄外相は21日午前の閣議後の記者会見で、ロシアのメドベージェフ首相が近く北方領土の択捉島を訪問する意向を示していることについて、「ロシア要人による北方領土訪問は、静かな環境の中で政治対話を進めるという首脳間の一致に沿わないものだ。日ロ関係前進のために建設的な対応を求めていきたい」と述べ、訪問の中止を促した。
 
 菅義偉官房長官も会見で「北方四島訪問は日本の立場と相いれず、日本国民の感情を傷つけるもので、絶対に受け入れられない」と強調した。 


ロシアは「重大な脅威」
2015年8月21日(金)5時23分配信 共同通信

 【ワシントン共同】カーター米国防長官は20日、国防総省で記者会見し、ウクライナ南部クリミアを強制的に編入したロシアについて「非常に重大な脅威」だと述べ、同国に対抗するため米軍の展開能力を質量ともに調整していると強調した。

 米軍制服組トップの統合参謀本部議長に就任するダンフォード海兵隊司令官が、7月の議会公聴会でロシアが「最大の脅威」と証言するなど、米軍内でロシアに強硬姿勢で対処する必要性を訴える声が相次いでいる。

 カーター氏は、ロシアが核兵器を保有していることに加え、昨年のクリミア編入を通じて「重要な局面で敵対者として振る舞った」と指摘した。

« 北朝鮮軍が韓国プロパガンダスピーカーを砲撃・2 | トップページ | 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2039 »

ニュース」カテゴリの記事

侵略・支配・抑圧」カテゴリの記事

国防・軍事・安全保障」カテゴリの記事

歴史・故事」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

領土・外交」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/62139696

この記事へのトラックバック一覧です: 残忍強欲な侵略国家ロシアの首相・メドベージェフ、3度目の北方領土強行上陸:

« 北朝鮮軍が韓国プロパガンダスピーカーを砲撃・2 | トップページ | 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2039 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30