« 無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・17 | トップページ | タイの首都バンコク中心部の繁華街で爆弾爆発 20人死亡、負傷者多数・2 »

2015年8月17日 (月)

タイの首都バンコク中心部の繁華街で爆弾爆発 19人死亡、負傷者多数

17日午後7時(日本時間同9時)ごろ、タイの首都バンコク中心部の繁華街で爆弾が爆発し、これまでに外国人観光客3人を含む少なくとも19人の死亡が確認され、負傷者も100人以上にのぼっている。

一部の報道によると、この爆発の巻き添えで現地病院の当局者は日本人の安藤紘太さん(31)が負傷し、内臓を損傷する重体となり集中治療室(ICU)で治療を受けているという。

現時点で犯行声明は出されていないが、タイ政府は同国の経済と観光産業を狙ったテロ攻撃との見方を示している。

爆発が起きたのはヒンズー教の神を祭った「エラワン廟」と呼ばれるほこらがある交差点。近隣には高級ホテルやショッピングセンターなどがあり、特に東アジアからの観光客に人気がある。

リンク:一夜明けたバンコク中心部の爆発現場 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:爆発のあったバンコクのエラワン廟 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:爆発現場で救助活動を行う救急隊 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:爆発現場で横倒しになったバイク - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:バンコクの爆発現場に集まる人々 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:バンコクの爆発現場 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:爆発現場となったバンコクのエラワン廟 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:爆発巻き添え、邦人男性重体=タイ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:バンコク爆弾テロ 繁華街に響く悲鳴、焦げたバイク散乱 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:バンコク繁華街で爆弾爆発、19人死亡 「標的は外国人」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:タイ爆弾テロ、邦人1人重体 - 速報:@niftyニュース.
リンク:バンコクの爆発を非難=米 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【タイ】爆破テロとの見方も、非常事態宣言などは発令せずータイ軍政 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【タイ】爆弾は3キロのTNT火薬か、19人が死亡ーバンコク中心部で爆発 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:爆発巻き添え、邦人男性重体=バンコク爆弾テロ―タイ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:バンコク「繁華街」で爆弾テロ 18人死亡、117人が負傷 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:政治的に微妙な時期=バンコク爆弾事件―タイ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:バンコク「繁華街」で爆弾テロ 16人死亡、70人以上が負傷…日本人が巻き込まれたとの情報も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【タイ】27人死亡の爆発事件、赤シャツが関与とのうわさー交差点名称に意味が? - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:首都中心部で爆弾テロ、19人死亡=100人超けが、邦人負傷情報も―タイ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<バンコク爆発>首都で異例の大規模テロ 犯行声明なし - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<バンコク爆発>繁華街大混乱 助け求める声、泣き叫ぶ声 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【タイ】バンコク中心部で爆発、27人死亡・軍事用TNT爆薬ーバンコクテレビ報道 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:鳴り響くサイレン、壊れた鉄柵…爆発現場騒然と - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<バンコク爆発>死亡は外国人含む19人 別の爆弾2発処理 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:バンコクの爆発で19人死亡、邦人男性1人が重体 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:バンコク「繁華街」で爆弾爆発 27人死亡、70人以上が負傷…日本人が巻き込まれたとの情報も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:タイ首都の繁華街で爆発、複数の死傷者-手製の爆弾私用か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:バンコク中心部で爆発20人以上死亡ーバンコクテレビ報道 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:バンコクで爆発、16人死亡 - 速報:@niftyニュース.
リンク:バンコク爆弾テロか、16人死亡…邦人男性負傷 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<タイ>バンコク中心部で爆弾爆発15人死亡 80人負傷 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:バンコクの爆発で壊れたバイク - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:バンコクの爆発現場 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

一夜明けたバンコク中心部の爆発現場
時事通信 8月18日(火)9時36分配信

360
18日、爆弾テロが起きたバンコク中心部のエラワン廟(びょう)で現場検証を行う警官ら。


爆発のあったバンコクのエラワン廟
時事通信 8月18日(火)8時41分配信

359
17日、爆発現場近くを通過した電車内から撮影されたバンコクのエラワン廟(びょう)。


爆発現場で救助活動を行う救急隊
時事通信 8月18日(火)8時39分配信

358
17日、タイの首都バンコク中心部で起きた爆発現場で、負傷者の救助活動を行う救急隊員。


爆発現場で横倒しになったバイク
時事通信 8月18日(火)8時39分配信

357
17日、タイの首都バンコクの爆発現場で横倒しになったバイク。


バンコクの爆発現場に集まる人々
時事通信 8月18日(火)8時39分配信

356
17日、タイの首都バンコクで起きた爆発現場周辺に集まる人々。


バンコクの爆発現場
時事通信 8月18日(火)8時39分配信

355
17日、立ち入りが規制されるバンコクの爆発現場。


爆発現場となったバンコクのエラワン廟
時事通信 8月18日(火)8時39分配信

354
17日、爆発が起きたバンコクのエラワン廟(びょう)。


爆発巻き添え、邦人男性重体=タイ
時事通信 8月18日(火)8時39分配信

353
タイの首都バンコクで17日発生した爆弾テロで、バンコクの警察病院は18日未明、日本人男性が事件に巻き込まれ重体となっていることを明らかにした。写真は爆発現場となったエラワン廟前に駆け付けた爆弾処理班。


バンコク爆弾テロ 繁華街に響く悲鳴、焦げたバイク散乱
産経新聞 8月18日(火)7時55分配信

 【ニューデリー支局】17日に多くの死傷者を出したタイの爆弾テロ事件。現場となったのはバンコク屈指の繁華街だった。日本人など外国人旅行者らにも人気の観光スポットだったため、大勢の犠牲者を出した。過去のマレー系イスラム教徒などによるテロとの関連は不明だが、バンコクの市民や観光客の間では不安が高まっている。

 買い物客らでにぎわう夜のバンコク中心部に、突然、鳴り響いた爆音。逃げ惑う人々の悲鳴や緊急車両のけたたましいサイレンの音で、辺りは騒然となった。路上には、被害者の遺体や体の一部が散乱し、焼け焦げたバイクが何台も横たわった。

 警察当局は、現場周辺200~300メートルを封鎖。タイ首相府は、国軍部隊に警戒に当たらせることを明らかにした。

 現場は、ショッピングセンターや高級ホテル、オフィスがひしめく、多くの外国人旅行者らにも人気の観光スポット。爆発現場近くのヒンズー教のほこら「エラワン」も、地元参拝者や外国人観光客がひっきりなしに訪れるが、このほこらの中も、被害者の鮮血で赤く染まった。

 外務省によるとタイへの日本人渡航者は約126万人(2014年)で、バンコクの在留邦人は約3万6千人。爆発現場は日本大使館からも近く、近隣で暮らす日本人・外国人駐在員も多く、現場周辺で食事や買い物中だった邦人もいたとみられる。


バンコク繁華街で爆弾爆発、19人死亡 「標的は外国人」
AFP=時事 8月18日(火)7時43分配信

352
タイ首都バンコク中心部で爆弾が爆発した現場から、負傷者を搬送する救助隊(2015年8月17日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】タイ首都バンコク(Bangkok)中心部の繁華街にあるヒンドゥー教の祠(ほこら)のそばで17日、爆弾が爆発し、地元警察によると少なくとも19人が死亡、120人以上が負傷した。同国政府は、外国人を標的とした攻撃だったとの見解を示している。

【写真21枚】現場に残る焼け焦げたバイク

 爆発があったのは同日午後6時半(日本時間同8時半)ごろ。現場となったのは、ヒンドゥー教の神をまつった「エラワン廟(びょう)」(Erawan Shrine)前の歩道で、同市有数の人気を誇る高級ショッピングモールにも近接し、当時は参拝者や観光客でにぎわっていた。

 事件は、近年起きた単一の攻撃としては最多の犠牲者を出した。死者にはタイ人10人、中国人1人、フィリピン人1人が含まれている。他の犠牲者の国籍は明らかになっていない。

 現在軍事政権が統治しているタイの首都バンコクは、何年も激しい政治的暴力行為に見舞われてきたのに加え、南部ではイスラム武装勢力による蜂起が10年近く続いており、すでに何千人もの命が奪われた。

 警察当局はAFPに対し、事件は政治的な動機に基づいており、「混乱」を巻き起こすことを目的としている可能性が高いと語った。しかし犯行声明は出されておらず、犯人の身元を示す情報は今のところない。

 またプラウィット・ウォンスワン(Prawit Wongsuwong)国防相は、使用されたのはTNT(トリニトロトルエン)爆弾だったと明らかにするとともに、犯人は観光業に打撃を与える狙いで外国人を標的にしていたとの見解を示した。経済が低迷する同国では、観光が唯一希望をもたらす産業となっている。【翻訳編集】 AFPBB News


タイ爆弾テロ、邦人1人重体
2015年8月18日(火)6時36分配信 共同通信

 【バンコク共同】タイの首都バンコク中心部の繁華街で17日夜に起きた爆弾テロで、警察病院当局者は18日、日本人の安藤紘太さん(31)が負傷したと明らかにした。内臓を損傷して集中治療室(ICU)で治療を受けており、重体だという。バンコクの救急当局者は死者が20人、負傷者は123人になったと明らかにした。

 プラユット暫定政権は18日、市内各所に軍や警察の部隊を配置し、厳戒態勢を敷いた。捜査当局は暫定政権に反対する勢力の犯行との見方を強め、監視カメラの映像を分析するなどして犯人の行方を追っている。


バンコクの爆発を非難=米
時事通信 8月18日(火)6時23分配信

 【ワシントン時事】米国家安全保障会議(NSC)のプライス報道官は17日、声明を出し、タイの首都バンコクで起きた爆発について「この悲惨な暴力行動を非難する」と表明した。
 一方、カービー国務省報道官は同日の記者会見で、爆発に関して「(テロかどうかを)判断するには早過ぎる。タイ当局が捜査している」と指摘し、現時点でタイ側から米政府に対して支援要請がないことも明らかにした。 


【タイ】爆破テロとの見方も、非常事態宣言などは発令せずータイ軍政
Global News Asia 8月18日(火)6時11分配信

350
資料写真、爆発事件のあったラチャプラソン交差点。左側奥にエラワン廟がある。

 2015年8月17日バンコク都心ラーチャプラソン交差点で起きた爆破事件に、タイ軍政と警察はテロとの見方を示しているものの、この事件によって非常事態宣言などを発令する考えは無いと発表した。

【その他の写真:観光客も多く訪れるエラワン祠。中央の祠には梵天様(タイ語でプラ・プロム・シーナー)が安置されていて、参拝客が絶えない。(そむちゃい吉田撮影)】

 タイ時間深夜までに19人の死亡が確認されている爆破には、3キロのTNT火薬が使われていた。これにより123人も負傷。周辺の病院に搬送され、治療を受けている。

 タイ軍政は、今回の爆破についてテロであるとの見方を示したが、これによって非常事態宣言などは発令する用意はなく、タイ国民、同時に観光中の外国人にも落ち着いて発信される情報に注意して欲しいと呼びかけた。

 同交差点周辺の道路は、18日午前中いっぱい閉鎖され現場検証などが行われる。またタイ人のツイッターには#Playforbangkokが付けられ、多くの人が悲しみとテロへの憤りを表明している。
【翻訳/編集:そむちゃい吉田】


【タイ】爆弾は3キロのTNT火薬か、19人が死亡ーバンコク中心部で爆発
Global News Asia 8月18日(火)6時0分配信

351
資料写真、観光客も多く訪れるエラワン祠。中央の祠には梵天様(タイ語でプラ・プロム・シーナー)が安置されていて、参拝客が絶えない。(そむちゃい吉田撮影)

 2015年8月17日午後7時頃に発生した爆破事件での死者が19人に達している。負傷者は123人に上っている。警察病院、チュラロンコン病院、セントルイス病院、パヤタイ病院などへ搬送し治療を行なっている。

【その他の写真:爆発事件のあったラチャプラソン交差点。左側奥にエラワン廟がある。】

 警察が記者会見で明らかにしたのは、爆発した爆弾は、TNT火薬3キロだったとのこと。また死亡した中には、中国人1名、フィリピン人1名が含まれている。

 爆発した爆弾は、エラワン祠歩道のベンチに仕掛けられており、不発弾のひとつは周辺に留められていたバイクに仕掛けられていたものとゲイソンショッピングセンター前でも発見された合計3発と見られている。

 タイ時間22時半現在、周辺は道路規制が行われ、交差点を横切るスカイウォークも通行禁止にされている。しかし、高架鉄道BTSは、通常通り営業している。警察では18日午前中に現場検証などのために交差点周辺を閉鎖する予定。

 一時、銀行や政府機関などが18日休みなるとの報道が見られたが、政府公報により否定され、同機関は平常通り営業される。しかし、バンコク都下の学校は生徒の安全の為に休みとすることが発表された。

【翻訳/編集:そむちゃい吉田】


爆発巻き添え、邦人男性重体=バンコク爆弾テロ―タイ
時事通信 8月18日(火)5時22分配信

 【バンコク時事】タイの首都バンコクで17日発生した爆弾テロで、バンコクの警察病院は18日未明、記者会見し、日本人男性が事件に巻き込まれ重体となっていることを明らかにした。
 男性は神奈川県出身の安藤紘太さん(31)。内臓に損傷を負うなどして緊急手術を受けた。集中治療室(ICU)で治療を受けているという。
 病院などによると、これまでに20人が死亡し、このうち少なくとも6人は中国やフィリピン出身者を含む外国人。負傷者は120人以上に達した。
 一方、軍事政権のプラユット暫定首相は政府副報道官を通じて声明を出し「治安を回復するため慎重かつ断固として全力を尽くす」と表明。治安当局に「状況が完全に正常に戻るまで、最高度の警戒態勢を取るよう」指示したという。さらに、国民に向け、パニックを起こさず「一致団結して状況を切り抜けなければならない」と協力を呼び掛けた。
 バンコクのスクムパン知事は事件を受け、首都の公立校400校以上について18日は休校とすることを決めた。
 在タイ日本大使館は在留邦人に対し「今後も不測の事態が発生する可能性も排除できない」と注意を促した。外出時には十分注意するよう呼び掛けている。 


バンコク「繁華街」で爆弾テロ 18人死亡、117人が負傷
産経新聞 8月18日(火)1時39分配信

 【ニューデリー=岩田智雄】タイの首都バンコクの繁華街にあるヒンズー教のほこらをまつった広場付近で17日夜、爆弾が爆発し、現地からの報道によると、タイ警察長官は中国人やフィリピン人を含む16人の死亡を確認したと述べた。爆弾テロとみられる。CNNは18人が死亡、117人が負傷したと報じた。犯行声明は出ておらず事件の背景は不明。日本人が巻き込まれたとの情報があり、現地の日本大使館が邦人の安否確認を急いでいる。

 プラウィット国防相は「経済と観光の破壊を狙ったものだ」と述べて、犯行を非難した。仏教国タイの南部ではイスラム教徒によるテロ事件がしばしば起きているが、バンコクでのテロはまれ。負傷者には、中国と台湾からの観光客が多数含まれているもよう。別の爆弾2個が見つかり、撤去されたとの報道もある。

 現場は日系の百貨店がある繁華街で、日本人観光客も多数訪れる。「エラワン」と呼ばれるほこらには四面体のブラフマー神の像があり、多くの人が訪れ、奉納のための踊りが催されている。

 タイでは2006年に当時のタクシン首相に対する軍事クーデターが起き、その後、タクシン派と反タクシン派のグループの対立が深まり、デモ隊と治安部隊が衝突。10年には今回爆発があった広場に近い日系百貨店などが放火される事件が起きている。昨年もタクシン氏の妹のインラック氏が職権乱用に問われて首相職を失い、軍が再びクーデターを宣言していた。


政治的に微妙な時期=バンコク爆弾事件―タイ
時事通信 8月18日(火)1時23分配信

 【バンコク時事】タイは昨年5月のクーデター以降、比較的平穏な治安情勢が保たれてきた。
 しかし、首都バンコクで17日に起きた大規模な爆弾事件は、政治的に微妙な時期に差し掛かる中で発生した。
 新憲法制定のため軍事政権は憲法起草委員会を設置した。委員会は新憲法案を国家改革評議会(NRC)に近く提出する。これを受け9月上旬にNRCでは採決が行われる予定。採決で新憲法案が承認されれば、来年1月にも新憲法案の是非を問う国民投票が実施される見通しとなっている。
 こうした動きに対し、タクシン元首相は動画投稿サイトに先週投稿されたビデオ映像の中で、新憲法案を「最悪」と厳しく批判、同案を否決するよう呼び掛けた。憲法案をめぐりタクシン派と反タクシン派の対立が再燃する可能性が高まっていた。
 今回の爆弾事件について軍政のプラウィット副首相兼国防相は地元テレビに対し「動機が観光と経済の破壊にあるのは明白だ」と述べた。政府副報道官も「結論付けるのは時期尚早」と指摘しつつ、「権益を失い、混乱を引き起こしたいと考えているグループによる犯行の可能性が高い」と語り、反軍政勢力が政治的動機から犯行に及んだとの見方を示した。 


バンコク「繁華街」で爆弾テロ 16人死亡、70人以上が負傷…日本人が巻き込まれたとの情報も
産経新聞 8月18日(火)0時54分配信

 【ニューデリー=岩田智雄】タイの首都バンコクの繁華街にあるヒンズー教のほこらをまつった広場付近で17日夜、爆弾が爆発し、米CNNによると、タイ警察長官は16人の死亡を確認したと述べた。爆弾テロとみられる。ロイター通信は中国人とフィリピン人を含む27人が死亡、70人以上が負傷したと伝えており、情報は錯(さく)綜(そう)している。犯行声明は出ておらず、事件の背景は不明だ。日本人が巻き込まれたとの情報があり、現地の日本大使館が邦人の安否確認を急いでいる。

 プラウィット国防相はロイター通信に「経済と観光の破壊を狙ったものだ」と述べて、犯行を非難した。仏教国タイの南部では、イスラム教徒によるテロ事件がしばしば起きているが、バンコクでのテロはまれ。負傷者には、中国と台湾からの観光客が多数含まれているもようだ。別の爆弾2個が見つかり、撤去されたとの報道もある。

 現場は日系の百貨店がある繁華街で、日本人観光客も多数訪れる。「エラワン」と呼ばれるほこらには四面体のブラフマー神の像があり、多くの人が訪れ、奉納のための踊りが催されている。爆発当時も多くの人でにぎわっていた。

 タイでは2006年に当時のタクシン首相に対する軍事クーデターが起き、その後、タクシン派と反タクシン派のグループの対立が深まり、デモ隊と治安部隊の衝突で死傷者が出る事態となった。10年には今回爆発があった広場に近い日系百貨店などが放火される事件が起きている。昨年もタクシン氏の妹のインラック氏が職権乱用に問われて首相職を失い、軍が再びクーデターを宣言していた。


【タイ】27人死亡の爆発事件、赤シャツが関与とのうわさー交差点名称に意味が?
Global News Asia 8月18日(火)0時18分配信

350
爆発事件のあったラチャプラソン交差点。左側奥にエラワン廟がある。

 8月17日バンコク都心で起きた爆発は、これまでに27人死亡と80人以上が負傷との報道がされている。また一部では、この爆発が赤シャツのタクシン派の仕業であると断定的に囁かれている。

【その他の写真:エラワン廟は、常日頃から多くの観光客とタイ人参拝者が絶えない。(写真家太田亨氏提供)】

 爆発があったのは、ラーチャプラソン交差点。このラーチャプラソンというタイ語には、王になりたい。という意味があるという。このため、タイの王座につきたいと考えているもの。すなわちタクシン派の犯行によるものだとまことしやかに囁かれている。

 今年2月初めに今回の現場からも近いサイアム駅構内で起きた爆破事件も赤シャツによる犯行とされた。それだけに、多くのタイ人が信憑性が高いとしているようだ。

 しかし、実際には犯行声明などはなく、今後の現場検証と捜査を待つべきであろう。
【執筆/撮影:そむちゃい吉田 】


首都中心部で爆弾テロ、19人死亡=100人超けが、邦人負傷情報も―タイ
時事通信 8月18日(火)0時8分配信

 【バンコク時事】タイの首都バンコク都心の繁華街で17日午後7時(日本時間同9時)ごろ、爆発があり、救急当局などによると、19人が死亡、117人が負傷した。
 死者は27人に上るという情報もある。警察は、簡易爆弾(IED)による爆発だと説明している。昨年5月のクーデターで軍事政権が実権を掌握して以降、首都で大規模な爆弾テロが起きたのは初めて。
 また、日本人1人が事件に巻き込まれ負傷したとの情報があり、在タイ日本大使館が確認を進めている。
 ソムヨット国家警察長官が記者団に語ったところでは、バンコク中心部にあるエラワン廟(びょう)の敷地内にあるフェンス付近で、何者かが仕掛けた約3キロのIEDが爆発した。死者には中国人とフィリピン人が含まれているという。
 エラワン廟は大勢の観光客でにぎわう観光スポットで、現場からのテレビなどの映像には、爆発と同時に大きな火の手が上がり、近くを歩いていた人々が逃げ惑う姿が映し出された。炎上するバイクや、爆発で負傷したとみられる人々が倒れている様子も見えた。
 政府副報道官によると、プラユット暫定首相は治安当局に対し、事件の調査とともに「治安維持を最優先に」取り組むよう指示した。 


<バンコク爆発>首都で異例の大規模テロ 犯行声明なし
毎日新聞 8月17日(月)23時56分配信

 タイの首都バンコクで17日夜起きた爆弾事件で、タイ政府はテロとの見方を強めている。だが、犯行声明は出ておらず、背景は不明だ。昨年5月のクーデターで軍部が政権を握った国内では政治対立が続くが、これほど多くの死傷者が出る爆弾事件は極めて異例。タイ南部では分離独立を求めるイスラム過激派らによる爆弾事件が頻発しているが、これまでバンコクで大規模なテロ事件を起こした例はない。

 現場のエラワン廟(びょう)周辺はバンコクきっての観光エリア。AFP通信によると、プラウィット副首相兼国防相は「外国人を標的にタイ観光や経済に打撃を与えるのが狙いだ」との見方を示したが、犯人につながる証拠や声明は明らかになっておらず、動機や背景は不明のままだ。

 タイでは2013年11月以降、反タクシン元首相派による反政府デモが激化し、衝突や襲撃で30人以上が死亡した。しかし、昨年5月にクーデターでタクシン派政権を打倒した軍部は治安態勢を強化し、目立った混乱は起きていなかった。

 今年2月にはバンコクの繁華街で爆発が起き、男性1人が負傷。ただ、爆弾の威力は弱く、警察は「殺傷ではなく混乱を狙った犯行」との見方を示していた。

 一方、マレーシアに近いタイ南部3県ではタイからの分離独立を目指すイスラム武装勢力が爆弾テロを繰り返している。しかし、爆弾などによる死亡事件が多発しているものの発生は南部3県に集中している。【岩佐淳士】


<バンコク爆発>繁華街大混乱 助け求める声、泣き叫ぶ声
毎日新聞 8月17日(月)23時56分配信

 【アジア総局】繁華街を突然襲ったオレンジ色の閃光(せんこう)と響き渡る爆発音--。悲鳴をあげ、頭を抱えて逃げ惑う通行人ら。タイの首都バンコク中心部で17日夜に起きた爆弾テロ事件は、地元のタイ人だけでなく多くの外国人らで夜遅くまでにぎわうバンコク最大の商業地区を大混乱に陥れた。

 「助けてくれ」「痛い」。爆弾が仕掛けられていたのは「願いごとがかなう」との口コミから多くの外国人観光客が終日訪れるヒンズー教寺院のエラワン廟(びょう)。

 「廟の敷地内では、多くの人々が泣き叫んでいた」。付近に居合わせた警備員のチャラーン・スリダさん(37)によると、突然大きな爆発音が聞こえ、その方向を見ると、廟に面するラチャプラソン交差点で1台のバイクが焼け焦げて骨組みだけとなり、3、4台が爆風で横倒しになっていた。バイクの運転手らが痛みを訴えて助けを求め、辺りには遺体の一部が散らばっていた。現場近くのショッピングセンターでもガラスが割れ、負傷者が出ている。

 付近に設置された防犯カメラの映像には、突然、画面の奥の方でオレンジ色の炎が四方八方に向かって広がり、直後に人々が頭を抱え、友人同士で手を握り合い、駆け出す姿が映っていた。

 地元メディアによると、廟の鉄柵の一部も爆風で吹き飛ばされていた。警察や救急車がひっきりなしに行き交い、現場は騒然とした雰囲気に包まれた。新たな爆発の危険性があるとして警察は交差点を封鎖。警察官は「また爆発があるかもしれない。下がってくれ」と叫んだ。


【タイ】バンコク中心部で爆発、27人死亡・軍事用TNT爆薬ーバンコクテレビ報道
Global News Asia 8月17日(月)23時55分配信

349
エラワン廟は、常日頃から多くの観光客とタイ人参拝者が絶えない。(写真家太田亨氏提供)

 2015年8月17日、タイ・バンコク中心部で爆発があり、27人死亡したと地元テレビが伝えている。4人の外国人が含まれており、23人はタイ人。

【その他の写真:爆発事件のあったラチャプラソン交差点。左側奥にエラワン廟がある。】

 爆発があったのは、ラチャプラソンの交差点。プラポン仏像のすぐ近く。使用されたのは軍人用に使用されているTNT爆薬で4ポンド程度の量と警察が発表した。

 プラポン仏像は、東西南北に4つの顔を持つ仏様で、繁華街にある事もあり、普段からタイ国民のよりどころになっている。バンコク伊勢丹の近く。

 現地の事情に詳しい見識者によると、通りの反対側には、ルイビトンやシャネルなどトップブランドが入る、ゲイソンプラザがあり、外国人をターゲットにしたものではなく、このテロ事件は、タイ人をターゲットにした仏教徒以外が起こしたものと見ている。

 今回の爆発で、プラポン仏像の本体は無事だが、壁だけ崩壊した。タイの伝統舞踊を奉納する場所として有名。
【編集:TY】


鳴り響くサイレン、壊れた鉄柵…爆発現場騒然と
読売新聞 8月17日(月)23時32分配信

 【バンコク=辻本貴啓】バンコク中心部で17日夜起きた爆発事件の現場では、救急車のサイレンが鳴り響き、警察官らの怒声が飛び交うなど騒然とした。

 記者が爆発の20分後、爆発物が仕掛けられた「エラワンのほこら」に到着した際、ほこらの敷地内や近くのラチャプラソン交差点には、カバーをかけられた複数の遺体が横たわっていた。エラワンの敷地を囲う鉄柵の一部は爆風で大きく壊れていた。

 エラワンに隣接するショッピングモールの警備員チャロエンさん(37)は「ボンという爆音が聞こえ、最初は電気がショートしたのかと思った。外を見ると、花売りの女性が血まみれになって、息絶えていた。エラワンの敷地内にも、旅行者が何人も血だらけになって倒れていた」とショックを受けた様子で話していた。

 エラワンのほこらは地元の人々らの信仰の対象で、ヒンズー教の神がまつられている。「タイで最も御利益がある」とされ、昼夜を問わず、タイ人や外国人観光客でにぎわっている。

 付近には高級ホテルや、日系百貨店の「バンコク伊勢丹」や欧米の高級ブランド店が入居するショッピングセンターのほか、企業も集中する。近くの交差点は朝夕のラッシュ時には特に混雑する。タクシン派勢力と、その対抗勢力の支持者らが、何度もデモを行ってきた地域でもある。

 爆発時、付近には多くの自動車やバイクのほか、歩行者もいたとみられる。爆風でなぎ倒され、焦げたバイクやコンクリート片が路上に転がっていた。近くにいた人が履いていたとみられる靴もあった。遺体の一部などが散乱し、路上に血のりがべっとりと付着していた。

 バンコク・ポスト紙は17日、現地で爆発していない爆弾が見つかり、警察が処理したと伝えた。地元テレビの映像によると、爆発の瞬間、車道交差点の付近で大きな炎があがり、女性が走って逃げた。炎はその後も燃え続け、数メートル離れた地点まで車の破片とみられるものが飛散していた。

 警察幹部はロイター通信に対し、「不審な物体が見つかったので、ほかに2、3個の爆弾があるのではないかとみて捜している」と述べた。周辺道路は爆発後、封鎖された。


<バンコク爆発>死亡は外国人含む19人 別の爆弾2発処理
毎日新聞 8月17日(月)23時22分配信

348

爆発現場のエラワン廟の敷地に入る爆発物処理班=バンコクで2015年8月17日、AP
 【アジア総局】タイの首都バンコク中心部の目抜き通りで17日午後7時(日本時間午後9時)ごろ、爆弾が爆発し、タイ当局によると、少なくとも19人が死亡した。負傷者は外国人を含む約115人に上るとみられる。

 プラウィット副首相兼国防相は「外国人を標的にし、タイの経済と観光業の破壊を狙った」と話し、テロとの見方を示した。また、政府のサンサーン副報道官は「国家に反逆し、タイ人の幸せを望まない者がいる」と話し、軍事政権と対立するタクシン元首相派ら反軍政勢力が関与した可能性を示唆した。ただ犯行声明はどこからも出ておらず、事件の背景は不明だ。

 観光警察によると、死亡者には中国人とフィリピン人が含まれている。日本人が巻き込まれている可能性もあり、日本大使館などが安否の確認を急いでいる。

 地元メディアによると、中心部の商業地区にあるエラワン廟(びょう)の敷地内で、電柱に仕掛けられた爆弾が爆発し、付近のラチャプラソン交差点を走行中のオートバイやタクシーが炎上したという。近くには、百貨店大手の伊勢丹バンコク店、高級ホテルのグランド・ハイアットやショッピングモールがあり、日本人観光客も多数訪れる。現場付近では爆発していない二つの爆弾も見つかり、警察が処理した。タイ政府は現場に軍を派遣し警戒に当たっている。


バンコクの爆発で19人死亡、邦人男性1人が重体
ロイター 8月17日(月)23時14分配信

347_2
 8月17日、バンコクの繁華街で爆発物が爆発し、これまでに外国人観光客を含む少なくとも16人の死亡が確認された。写真はオートバイの残がい。現場で17日撮影(2015年 ロイター/Athit Perawongmetha)

[バンコク/東京 18日 ロイター] - タイの首都バンコクで17日、観光客で賑わう繁華街で爆発物が爆発し、これまでに外国人観光客3人を含む少なくとも19人の死亡が確認され、負傷者も多数にのぼっている。

日本の各メディアの報道によると、現地病院の当局者は日本人の安藤紘太さん(31)が負傷したと明らかにした。内臓を損傷して集中治療室(ICU)で治療を受けているという。

現時点で犯行声明は出されていないが、タイ政府は同国の経済と観光産業を狙った攻撃との見方を示している。

爆発が起きたのはヒンズー教の神を祭った「エラワン廟」と呼ばれるほこらがある交差点。近隣には高級ホテルやショッピングセンターなどがあり、特に東アジアからの観光客に人気がある。

現地紙バンコク・ポストは警察の発表をもとに、17日1720GMT(日本時間18日午前1時20分)時点で死者が19人、負傷者は123人となっていると伝えた。「エラワン廟」の内部にパイプ爆弾が仕掛けられていたとしている。

観光警察官によると、死者のうち2人は中国人、1人はフィリピン人。地元メディアはこの大部分が中国、および台湾から訪れていた人たちだったと報じている。

プラウィット・ウォンスワン国防相はロイターに対し、「爆発は観光客で賑わう場所で起きたため、タイの観光業、および経済を狙ったものと考えられる」と述べた。地元テレビによると、タイ政府は対策本部を立ち上げる。

警察は当初、新たな爆発が起きる恐れがあるとして現場周辺を立ち入り禁止としていたが、新たな爆発物は見つからなかった。ただ、バンコク市内では主要な交差点のほか、観光客で賑わう場所を中心に警戒態勢が敷かれている。

爆発が起きた交差点は、多くの死者を出した2010年の反政府デモが行われた場所に近い。

爆発を受け、米国務省は、爆発がテロ攻撃かどうかを判断するのは時期尚早だと表明。ジョン・カービー報道官は、タイ当局が捜査にあたっており、現時点で米国への協力要請はない、と述べた。


バンコク「繁華街」で爆弾爆発 27人死亡、70人以上が負傷…日本人が巻き込まれたとの情報も
産経新聞 8月17日(月)23時13分配信

 【ニューデリー=岩田智雄】タイの首都バンコクの繁華街にあるヒンズー教の祠(ほこら)をまつった広場付近で17日夜、爆弾が爆発し、ロイター通信などの報道によると、外国人を含む27人が死亡、70人以上が負傷した。爆弾は広場のそばのバイクに仕掛けられていた。これまでのところ犯行声明は出ておらず、事件の背景は不明だ。日本人が巻き込まれたとの情報があり、現地の日本大使館が邦人の安否確認を急いでいる。

 プラウィット国防相はロイター通信に「経済と観光の破壊を狙ったものだ」と述べてテロとの見方を示し、犯行を非難した。仏教国タイの南部では、イスラム教徒によるテロ事件がしばしば起きているが、バンコクでのテロはまれ。現場付近から、電気回路が見つかったとの報道もある。

 現場は日系の百貨店がある繁華街で、日本人観光客も多数訪れる。「エラワン」と呼ばれる祠には四面体のブラフマー神の像があり、多くの人が訪れ、奉納のための踊りが催されている。爆発当時も多くの人でにぎわっていたという。

 タイでは2006年に当時のタクシン首相に対する軍事クーデターが起き、その後、タクシン派と反タクシン派のグループの対立が深まり、デモ隊と治安部隊の衝突で死傷者が出る事態となった。10年には今回爆発があった広場に近い日系百貨店などが放火される事件が起きている。昨年もタクシン氏の妹のインラック氏が職権乱用に問われて首相職を失い、軍が再びクーデターを宣言していた。


タイ首都の繁華街で爆発、複数の死傷者-手製の爆弾私用か
Bloomberg 8月17日(月)22時32分配信

  (ブルームバーグ):タイの首都バンコク中心部の繁華街で17日、大きな爆発があり、複数の死傷者が出た。警察当局は手製の爆発物によるものとみている。

爆発はラッシュアワーの時間帯で、ショッピングモールや高級ホテル、観光客や地元市民も訪れるヒンズー教寺院のある地域で起きた。

警察当局の報道官は、負傷者や死者に関する詳細は不明だとした上で、手製の爆弾が使われた可能性があるとの見方を示した。タイのPBS報道によると、15人が死亡し、少なくとも80人が負傷した。

原題:Powerful Explosion Hits Thai Capital; Police Suspect Bomb
(抜粋)
Bangkok Explosion Kills 15, Injures 80, Thai PBS Reports(抜粋)

記事に関する記者への問い合わせ先:バンコク Chris Blake ,cblake28@bloomberg.net

記事についてのエディターへの問い合わせ先:
Andrew Davis
Tony Jordan ,abdavis@bloomberg.net


バンコク中心部で爆発20人以上死亡ーバンコクテレビ報道
Global News Asia 8月17日(月)22時28分配信

 2015年8月17日、タイ・バンコク中心部で爆発があり、20人以上死亡したと、地元テレビが伝えている。

 爆発があったのは、ラチャプラソンの交差点。プラポン仏像のすぐ近くで、爆発があった模様。

 プラポン仏像は、東西南北に4つの顔を持つ仏様で、繁華街にある事もあり、普段からタイ国民のよりどころになっている。バンコク伊勢丹の近く。

 現地の事情に詳しい見識者によると、通りの反対側には、ルイビトンやシャネルなどトップブランドが入る、ゲイソンプラザがあり、外国人をターゲットにしたものではなく、このテロ事件は、タイ人をターゲットにした仏教徒以外が起こしたものと見ている。

 今回の爆発で、プラポン仏像の本体は無事だが、壁だけ崩壊した。タイの伝統舞踊を奉納する場所として有名。
【編集:TY】


バンコクで爆発、16人死亡
2015年8月17日(月)22時20分配信 共同通信

346
 バンコク中心部の繁華街で発生した爆発現場付近に散乱する二輪車=17日(AP=共同)

 【バンコク共同】タイ警察によると、首都バンコク中心部の繁華街で17日午後6時55分(日本時間同8時55分)ごろ、爆発があり、中国人とフィリピン人を含む少なくとも16人が死亡、115人が負傷した。バンコクの日本大使館当局者は、爆発により日本人が死亡したとの情報はないと述べた。自身の負傷を同僚に伝えた日本人会社員がおり、確認を急いでいる。

 タイ国家警察長官は、現場に仕掛けられていた爆弾が爆発したとの見方を示した。プラウィット副首相兼国防相は「タイの経済と観光業の破壊を狙ったものだ」と述べ、テロとの見方を示した。バンコクで大規模な爆弾テロが発生するのは異例。


バンコク爆弾テロか、16人死亡…邦人男性負傷
読売新聞 8月17日(月)22時9分配信

345
17日、バンコクで、爆発があった現場付近の交差点(辻本貴啓撮影)

 【バンコク=児玉浩太郎】17日午後7時(日本時間同9時)頃、バンコク中心部の繁華街で爆弾が爆発し、タイの警察当局などによると、複数の外国人を含む16人が死亡、約80人が負傷した。

 昨年5月のクーデターで全権を掌握した軍事政権に反発する勢力によるテロの可能性もある。

 死者のうち国籍が判明しているのは中国2人、タイ、フィリピン各1人。ロイター通信によると、死傷者の多くは中国人や台湾人だという。外交筋によると、日本人男性1人が負傷した。現場は高級ホテルやショッピングモールが立ち並ぶラチャプラソン交差点付近で、爆発当時、外国人観光客らでにぎわっていた。

 タイ国家警察などによると、爆弾は交差点の一角にある地元信仰の対象「エラワンのほこら」の敷地内に仕掛けられていたとみられる。軍事政権の報道官によると、爆発したのは遠隔操作で起爆させる簡易仕掛け爆弾(IED)だった。周辺には他にも爆弾が見つかったとの情報もある。

 プラウィット副首相兼国防相は記者団に対し、「観光と経済に打撃を与えるために外国人を狙った犯行だ」との見方を示した。軍事政権の報道官は「どんな目的による妨害工作なのかを巡る結論に飛びつくのは時期尚早だ」と述べた。

 タイでは2013年11月以降、インラック政権に対する反政府デモの激化に伴い、死傷者が相次いだ。14年5月のクーデター以降の軍事政権下では治安は安定してきたが、今年2月には、今回の現場から約500メートル離れたショッピングモール付近の通路で爆弾が爆発し、2人が軽傷を負った。

 外務省の統計によると、昨年10月1日時点で、タイの在留邦人は6万4285人。日本旅行業協会によると、日本からタイへの観光客は14年、126万5307人だった。


<タイ>バンコク中心部で爆弾爆発15人死亡 80人負傷
毎日新聞 8月17日(月)22時4分配信

 【アジア総局】バンコク中心部の目抜き通りで17日夜、爆弾が爆発し、タイ警察によると、15人が死亡した。少なくとも外国人旅行者1人を含む負傷者80人が出ているとみられる。警察当局者は、バイクに爆弾が仕掛けられていたと語った。

 ロイター通信などによると、現場は中心部の商業地区にあるエーラーワンの廟(びょう)付近の交差点。伊勢丹バンコク店のすぐ近くで、日本人観光客も多い。


バンコクの爆発で壊れたバイク
時事通信 8月17日(月)22時3分配信

344
17日、バンコク中心部で、爆発により壊れたバイク。


バンコクの爆発現場
時事通信 8月17日(月)22時3分配信

343
17日、タイの首都バンコク中心部の繁華街で起きた爆発現場。

« 無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・17 | トップページ | タイの首都バンコク中心部の繁華街で爆弾爆発 20人死亡、負傷者多数・2 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

社会・事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/62105223

この記事へのトラックバック一覧です: タイの首都バンコク中心部の繁華街で爆弾爆発 19人死亡、負傷者多数:

« 無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・17 | トップページ | タイの首都バンコク中心部の繁華街で爆弾爆発 20人死亡、負傷者多数・2 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31