« 皇后陛下、胸にお痛み、心筋虚血の疑い 来月、心臓の精密検査 | トップページ | インド洋の島で航空機の残骸発見、消息不明マレーシア機の一部か? »

2015年7月29日 (水)

マレーシア航空機撃墜に関する国際法廷設置にロシアが拒否権行使

国連安全保障理事会は29日、ウクライナ東部で昨年(2014年)7月に発生したマレーシア航空機撃墜事件に関する「国際法廷」を設置する決議案を採決したが、ロシアの拒否権行使により否決された。

この事件は、マレーシア航空アムステルダム発クアラルンプール行きMH17便ボーイング777型機が、現地時間7月17日午後4時20分(日本時間午後10時20分)ウクライナ東部ドネツク州のロシア国境近くで親ロシア派武装集団のミサイルによって撃墜されたもので、同機には、280人の乗客と15人の搭乗員が乗っていたが全員が死亡した。

リンク:マレー機撃墜国際法廷設置、露が拒否権 安保理で否決 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:マレー機撃墜国際法廷に拒否権 プーチン政権、打撃を回避 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:犯罪法廷設置に露が拒否権、豪首相「言語道断」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<国連安保理>マレーシア機国際法廷設置案、否決 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:マレーシア機撃墜 国際法廷設置でロシアが拒否権行使「政治目的にみえる」中国は棄権、被害国は別の処罰を模索 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロシアが拒否権-マレーシア機撃墜の国際法廷設置決議案 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安保理、マレーシア機撃墜で国際法廷設置を否決 ロシアが拒否権 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:マレーシア機撃墜、国連の特別法廷設置にロシアが拒否権行使 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:マレーシア機撃墜の国際法廷設置、露が拒否権 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:マレー機撃墜、国際法廷設置に露が拒否権行使 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロシアの拒否権行使批判=ウクライナ大統領 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:国際法廷設置を否決=安保理、ロシアが拒否権―マレーシア機撃墜 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:国際法廷設置にロシアが拒否権 - 速報:@niftyニュース.
リンク:ロシアに拒否権自粛要請=マレーシア機撃墜決議案―オランダ首相 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

マレー機撃墜国際法廷設置、露が拒否権 安保理で否決
産経新聞 7月31日(金)7時55分配信

 【ニューヨーク=黒沢潤】国連安全保障理事会は29日、ウクライナ東部で昨年7月に発生したマレーシア機撃墜事件に関する「国際法廷」を設置する決議案を採決したが、ロシアの拒否権行使により否決された。決議案は非常任理事国のマレーシアが提出。採決では11カ国が賛成し、中国、ベネズエラ、アンゴラの3カ国が棄権した。

 ロシアのチュルキン国連大使は採決後、国際法廷設置は時期尚早だと強調した上で、「(マレーシアや欧米諸国には)事実よりも政治的目的の方が重要のようにみえる」と批判した。

 一方、事件で39人の犠牲者を出したオーストラリアのビショップ外相は「(撃墜事件の)責任を有する者は、ロシアの拒否権の陰に隠れることが可能だと信じているだろうが、逃れることは不可能だ」と強調。米国のパワー国連大使は決議案否決を受け、「正義を否定する行為は犠牲者の苦痛を増加させるだけだ。ロシアの拒否権行使はそうした効果しかもたらさない」と断罪した。


マレー機撃墜国際法廷に拒否権 プーチン政権、打撃を回避
産経新聞 7月31日(金)7時55分配信

 【モスクワ=遠藤良介】ロシアがマレーシア航空機の撃墜事件をめぐって国連安保理で拒否権を行使したのは、ロシアが支援する親露派武装勢力による犯行を疑う見方が、国際社会で強まっているためだ。それが事実として確立された場合、プーチン露政権が国内外で受ける打撃は大きい。米欧に対する不信感の延長として、プーチン政権があらゆる国際司法機関への懐疑的な姿勢を強めていることも背景にある。

 事件の究明をめざすオランダ主導の国際調査委員会は7月、ロシアを含む調査参加国に最終報告案を配布した。だが、ロシアは「疑問が多く残る」などと反発しており、自国に不利な内容となっている可能性が高い。

 ロシアはこれまで、親露派と戦闘するウクライナ軍が撃墜したとの見方を強く示唆してきた。

 露国連代表部は、(1)ロシアの専門家が対等な立場で国際調査に参加できておらず、透明な形での調査完結を優先すべきだ(2)マレーシア機の事件は国連憲章7章の「平和に対する脅威」に該当せず、過去の撃墜事件で国際法廷は設けられていない-と主張して拒否権を発動した。

 ロシアは、事件をめぐる国際調査や司法手続きが、米欧の主導で行われることを強く警戒している。

 国際法廷への不信は、旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷(1993年設置)で、歴史的に関係の深いセルビア人に厳しい判断が示されたことにさかのぼる。

 オランダ・ハーグの国際司法裁判所が2010年、コソボによるセルビアからの独立宣言を合法と認めたことも追い打ちをかけた。

 ロシアの憲法裁が今年7月に下した判断にも、国際的な司法機関に背を向ける姿勢が表れている。憲法裁は、欧州人権裁(仏・ストラスブール)の決定がロシア憲法と矛盾する場合、決定を履行しないことも認められるとした。

 欧州人権条約に加わるロシアは人権裁決定に従う義務を負っているが、それを一方的に否定した形だ。露政権は、旧石油最大手「ユコス」をめぐる人権裁の賠償命令に不満を募らせていた。

 一方、ロシアの独立系機関「レバダ・センター」の世論調査では、マレーシア機事件に関する国際法廷設置に、45%が賛成という結果が出た。主要メディアの報道で「ウクライナ犯行説」を信じている人が多いためとみられ、政権にはプロパガンダ(政治宣伝)が崩れることへの警戒感もある。


犯罪法廷設置に露が拒否権、豪首相「言語道断」
読売新聞 7月30日(木)19時35分配信

 【ニューヨーク=水野哲也、ジャカルタ=池田慶太】ウクライナ東部で昨年7月、マレーシア航空機(乗員乗客298人)が撃墜された事件で、国連安全保障理事会は29日、実行犯の責任を追及する国際犯罪法廷の設置を求めた決議案を採決したが、常任理事国のロシアが拒否権を行使し、否決された。

 事件で多数の死者を出したオーストラリアのアボット首相は30日、「言語道断だ」とロシアを非難する声明を発表した。

 決議案は、マレーシアや多くの国民が犠牲になったオランダなどが主導。米英などが賛成し、中国は「安保理の分裂につながる」などとして棄権した。

 事件をめぐっては、親ロシア派武装集団の支配地域から発射されたミサイルによる撃墜との疑惑が浮上するが、ロシアは「ウクライナ軍の犯行の可能性もある」と主張していた。


<国連安保理>マレーシア機国際法廷設置案、否決
毎日新聞 7月30日(木)19時21分配信

 ◇ロシアが拒否権

 【ニューヨーク草野和彦】ウクライナ東部で昨年7月、マレーシア航空機(MH17便)が撃墜され、乗員乗客298人全員が死亡した事件について、国連安全保障理事会は29日、実行犯を裁く国際刑事法廷を設置する決議案の採決を行った。11カ国が賛成したが、常任理事国のロシアが拒否権を行使し、否決された。中国、アンゴラ、ベネズエラの3カ国が棄権した。

 決議案はマレーシア、オランダなど犠牲者を出した国を中心に18カ国が共同提案。国際法廷の検察官は、オランダ政府が主導する国際調査チームから証拠の提出を受けるとしており、チュルキン露国連大使は否決後、「(法廷が)公平さを保証できるのか」と批判した。

 事件は、親露派武装勢力とウクライナ政府軍の戦闘が激化する中で発生した。欧米諸国は、親露派がロシア製の地対空ミサイル「ブク」でマレーシア機を撃墜したと主張。ロシアは、ウクライナ軍のミサイルによって撃墜されたと反論している。


マレーシア機撃墜 国際法廷設置でロシアが拒否権行使「政治目的にみえる」中国は棄権、被害国は別の処罰を模索
産経新聞 7月30日(木)17時39分配信

 【ニューヨーク=黒沢潤】国連安全保障理事会は29日、ウクライナ東部で昨年7月に発生したマレーシア機撃墜事件に関する「国際法廷」を設置する決議案を採決したが、ロシアの拒否権行使により否決された。

 決議案は非常任理事国のマレーシアが提出。採決では11カ国が賛成する一方、中国、ベネズエラ、アンゴラの3カ国が棄権した。

 ロシアのチュルキン国連大使は採決後、国際法廷設置は時期尚早だと強調した上で、「(マレーシアや欧米諸国には)事実よりも政治的目的の方が重要のようにみえる」と批判した。ロシアは、国際法廷を設置せずに実行犯処罰を求める決議案を提出していたが、一本化できずに終わっていた。

 一方、事件で39人の犠牲者を出したオーストラリアのビショップ外相は「(撃墜事件の)責任を有する者は、ロシアの拒否権の陰に隠れることが可能だと信じているだろうが、逃れることは不可能だ」と強調。同国に加えマレーシア、ウクライナ、オランダ、ベルギーの5カ国はこの日、別の手段で実行犯の処罰を目指す考えを示した。

 国連外交筋によれば、5カ国は近い将来、別の決議案の採決を目指す可能性もあるという。

 米国のパワー国連大使は決議案否決を受け、「正義を否定する行為は犠牲者の苦痛を増加させるだけだ。ロシアの拒否権行使はそうした効果しかもたらさない」と断罪した。


ロシアが拒否権-マレーシア機撃墜の国際法廷設置決議案
Bloomberg 7月30日(木)15時4分配信

  (ブルームバーグ):ロシアは29日、ウクライナ東部上空でマレーシア航空の旅客機が2014年7月に撃墜された事件について、実行犯の責任追及で国際法廷設置を求める国連安全保障理事会の決議案採決で拒否権を発動した。

ロシアや中国など安保理常任理事国5カ国を含めた15カ国のうち、中国とアンゴラ、ベネズエラが棄権に回り、11カ国が決議案を支持した。

ロシアのチュルキン国連大使は安保理での採決後、決議案は「早計かつ非生産的で法的に不健全」だと述べ、オランダ主導で進められている5カ国によるこの事件に対する調査はウクライナが有利なようにゆがめられていると主張した。

関連ニュースと情報:トップストーリー:TOP JK海外トップニュースの日本語画面:TOP JI 

原題:Russia Blocks Creation of Tribunal on Downed Malaysian
Plane (1)(抜粋)

記事に関する記者への問い合わせ先:ソウル Sangwon Yoon ,syoon32@bloomberg.net

記事についてのエディターへの問い合わせ先:
Nikolaj Gammeltoft ;
Flavia Krause-Jackson ,ngammeltoft@bloomberg.net,fjackson@bloomberg.net


安保理、マレーシア機撃墜で国際法廷設置を否決 ロシアが拒否権
ロイター 7月30日(木)13時17分配信

179
 7月29日、国連安全保障理事会は、ウクライナ東部でのマレーシア航空機撃墜事件をめぐる国際刑事法廷を設置する決議案を採決したが、ロシアが拒否権を行使し否決された。昨年11月撮影(2014年 ロイター/Antonio Bronic)

[国連 29日 ロイター] - 国連安全保障理事会は29日、ウクライナ東部で2014年7月にマレーシア航空機が撃墜された事件について、実行犯を裁く国際刑事法廷を設置する決議案を採決したが、常任理事国のロシアが拒否権を行使し、否決された。

決議案は犠牲者を出したマレーシアやオーストラリア、オランダ、ベルギー、ウクライナなどが共同提案した。米英仏など11カ国が賛成し、中国、アンゴラ、ベネズエラが棄権した。決議案の可決には9票以上の賛成票が必要で、常任理事国のうち1カ国でも拒否権を発動すれば否決される。

マレーシアー航空のMH17便は2014年7月に親ロシア派勢力が実効支配するウクライナ東部で撃墜され、乗客乗員298人が死亡した。このうち約3分の2がオランダ人の乗客だった。欧米など国際社会は親ロ派がロシアから持ち込んだミサイルを発射したと疑う一方、ロシアはこれを否定し、非難合戦が続いている。


マレーシア機撃墜、国連の特別法廷設置にロシアが拒否権行使
AFP=時事 7月30日(木)12時1分配信

178
ウクライナ・ドネツクで、マレーシア航空機撃墜の犠牲者の遺族が現場にささげた花とぬいぐるみ(2014年7月26日撮影、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】国連安全保障理事会(UN Security Council)は29日、ウクライナで昨年にマレーシア航空(Malaysia Airlines)のMH17便が撃墜された事件をめぐり、責任を追及する特別法廷を設置する決議案を採決していたが、ロシアが拒否権を行使し、否決された。

マレーシア機撃墜、豪紙が「直後の現場映像」公開

 採決に先立ち会議は、昨年7月17日の事件で犠牲になった298人を悼み黙とうから始まった。

 採決では、国連安保理の15か国のうち11か国が賛成したが、ロシアが拒否し、アンゴラ、中国、ベネズエラが棄権した。

 決議案は、オーストラリア、ベルギー、マレーシア、オランダ、ウクライナが作成したものだった。賛成した英国、フランス、米国は、親ロシア派の武装勢力が、ロシアが供給した地対空ミサイルでMH17便を撃墜したと非難している。

 ロシア政府は事件への関与を否定し、ウクライナ軍を非難している。

 一方、ウクライナのペトロ・ポロシェンコ(Petro Poroshenko)大統領は29日、ロシアが拒否権を行使したことを批判し、正義を追求すると明言した。【翻訳編集】 AFPBB News


マレーシア機撃墜の国際法廷設置、露が拒否権
読売新聞 7月30日(木)11時42分配信

 【ニューヨーク=水野哲也】ウクライナ東部で昨年7月、マレーシア航空機(乗員乗客298人)が撃墜された事件で、国連安全保障理事会は29日、実行犯の責任を追及する国際犯罪法廷の設置を求めた決議案を採決したが、常任理事国のロシアが拒否権を行使し、否決された。

 決議案は、非常任理事国のマレーシアや多くの国民が犠牲になったオランダなどが主導した。米英など11か国が賛成したが、ロシアは決議案を「政治目的」などと批判して拒否権を行使し、中国など3か国は「安保理の分裂につながる」などとして棄権した。

 原因調査を主導しているオランダの安全委員会は10月にも最終報告書を公表する予定。親ロシア派武装集団の支配地域から発射された地対空ミサイルによる撃墜と認定するとみられる。ロシアは「ウクライナ軍の犯行の可能性もある」として反発しており、国際法廷の設置に言及しない決議案を独自に提出していた。


マレー機撃墜、国際法廷設置に露が拒否権行使
産経新聞 7月30日(木)8時52分配信

 【ニューヨーク=黒沢潤】国連安全保障理事会は29日、ウクライナ東部で昨年7月に発生したマレーシア航空機撃墜事件を扱う「国際法廷」の設置決議案を採決したが、ロシアの拒否権行使で否決された。

 決議案は、非常任理事国マレーシアが提出した。採決では、11カ国が賛成する一方、中国、ベネズエラ、アンゴラの3カ国が棄権した。

 オーストラリアのビショップ外相は「(撃墜事件について)責任を有する者は、ロシアの拒否権の陰に隠れることが可能だと信じているだろうが、逃れることは不可能だ」と強調。同国に加え、マレーシア、ウクライナ、オランダ、ベルギーの5カ国は同日、別の手段で実行犯の処罰を目指す考えを示した。

 同事件をめぐっては、法廷を設置せずに実行犯処罰を求める決議案をロシアが提出していたが、一本化できなかった。


ロシアの拒否権行使批判=ウクライナ大統領
時事通信 7月30日(木)8時6分配信

 【モスクワ時事】ウクライナのポロシェンコ大統領は29日、同国東部で昨年7月に起きたマレーシア機撃墜をめぐり、犯人を裁く国際刑事法廷設置のための国連安保理決議案の採決でロシアが拒否権を行使したことを批判した。
 事件の真相について、大統領は交流サイトで「(ロシアだけが反対した)結果が物語っている」と述べ、ロシアが支援する親ロシア派の仕業だと暗に主張した。 


国際法廷設置を否決=安保理、ロシアが拒否権―マレーシア機撃墜
時事通信 7月30日(木)6時49分配信

 【ニューヨーク時事】国連安保理は29日、ウクライナ東部で2014年7月にマレーシア航空機が撃墜され、乗客乗員298人が死亡した事件について、犯人を裁く国際刑事法廷を設置するための決議案を採決したが、常任理事国のロシアが拒否権を行使し、否決された。
 
 ロシアのチュルキン国連大使は、決議案提出は政治的な目的に基づくものだと批判した。
 欧米など国際社会の大勢は、ロシアが支援するウクライナ東部の親ロ派が「ロシアから持ち込まれた地対空ミサイルを発射した」と疑う一方、ロシアは「ウクライナ軍がミサイルを発射した」と示唆し、非難合戦が続いている。 


国際法廷設置にロシアが拒否権
2015年7月30日(木)6時8分配信 共同通信

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は29日、ウクライナ東部で昨年7月にマレーシア航空機が撃墜された事件をめぐり、実行犯を処罰するための国際法廷を設置する決議案を採決したが、常任理事国ロシアが拒否権を行使し、否決された。11カ国が賛成し、中国など3カ国は棄権した。

 ロシアは8日にも、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中に起きた虐殺事件の非難決議案に拒否権を行使したばかり。欧米各国からはロシアへの批判が相次ぎ、ウクライナ問題をめぐる対立があらためて浮き彫りとなった。

 決議案は非常任理事国マレーシアが提出していた。


ロシアに拒否権自粛要請=マレーシア機撃墜決議案―オランダ首相
時事通信 7月29日(水)23時15分配信

 【ハーグAFP=時事】オランダのルッテ首相は29日、ロシアのプーチン大統領と電話会談し、2014年7月にウクライナ東部で起きたマレーシア航空機撃墜事件に関する国連安保理決議案に対して、拒否権を行使しないよう要請した。
 
 決議案は、撃墜犯を裁く国際犯罪法廷の設置や法廷への協力を全加盟国に求めることなどが柱で、オランダ、マレーシア、オーストラリア、ウクライナ、ベルギーが主導して作成。29日中に採決が行われる見通し。
 ロシアは国際法廷設置に反対しており、採決では拒否権を発動する可能性が高い。首相府の声明によると、ルッテ首相はプーチン大統領に「犯罪事実や罪状が固まる前に法廷の設置を決めた方が、訴追プロセスの政治問題化を避けることができる」と訴えた。 

« 皇后陛下、胸にお痛み、心筋虚血の疑い 来月、心臓の精密検査 | トップページ | インド洋の島で航空機の残骸発見、消息不明マレーシア機の一部か? »

ニュース」カテゴリの記事

侵略・支配・抑圧」カテゴリの記事

国防・軍事・安全保障」カテゴリの記事

破廉恥」カテゴリの記事

船舶・鉄道・航空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/61985183

この記事へのトラックバック一覧です: マレーシア航空機撃墜に関する国際法廷設置にロシアが拒否権行使:

« 皇后陛下、胸にお痛み、心筋虚血の疑い 来月、心臓の精密検査 | トップページ | インド洋の島で航空機の残骸発見、消息不明マレーシア機の一部か? »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31