« 御嶽山噴火行方不明者の捜索を再開 | トップページ | マレーシア航空機撃墜に関する国際法廷設置にロシアが拒否権行使 »

2015年7月29日 (水)

皇后陛下、胸にお痛み、心筋虚血の疑い 来月、心臓の精密検査

宮内庁は29日、皇后陛下に心臓の筋肉へ血液が十分行き渡らない心筋虚血の疑いがあると発表した。8月9日に東大付属病院で精密検査を行う。心拍数の上がる激しい運動や炎天下での活動などは控えるが、当面、行事などのご出席に変更の予定はないという。

同庁の名川弘一皇室医務主管によると、皇后陛下は6月末頃から胸に軽い痛みを訴えるようになり、当初は週に数回程度だったものが徐々に増え、1日に何度か症状が出るようになったため、7月24日に24時間、心電図の検査を行ったところ異常が見つかった。

精密検査では心臓に3本ある冠動脈に、細くなった狭さく部分がないかをCT(コンピューター断層撮影)検査で確認する。

平成24年2月に心臓のバイパス手術を受けられた天皇陛下は心筋虚血だった。

※以上、産經新聞の報道内容によりまとめ。

皇后陛下のご体調不良に謹んでお見舞いを申し上げますとともに、一日も早いご快癒を衷心よりお祈り申し上げます。

リンク:<皇后さま>心臓の精密検査へ 心筋虚血の疑い - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:皇后さま心筋虚血の疑い…東大病院で精密検査へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:皇后さま、心筋虚血の疑い - 速報:@niftyニュース.
リンク:皇后さま、胸にお痛み 来月、心臓の精密検査へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:皇后さま、心筋虚血の疑い=来月冠動脈CT検査―宮内庁 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

<皇后さま>心臓の精密検査へ 心筋虚血の疑い
毎日新聞 7月29日(水)20時8分配信

 宮内庁は29日、皇后さま(80)に心筋虚血の疑いがあるため、8月9日に東京大病院(東京都文京区)で冠動脈CT(コンピューター断層撮影)検査という精密検査を受けられると発表した。

 同庁によると、皇后さまは6月末から胸に痛みを訴えるようになり、徐々に頻度が増してきた。今月24日に24時間心電図(ホルター心電図)検査を受けた結果、心臓につながる血管が細って酸素や栄養が十分に行き渡らなくなる心筋虚血が疑われる所見が得られたという。

 同庁によると、心拍数が上がるテニスなどの運動や炎天下での活動は控えていただくが、現時点では公務を取りやめる予定はない。皇后さまは天皇陛下とともに26日から28日まで国際会議開会式出席のために愛知県を訪問したが、滞在中は痛みはなかったという。【真鍋光之】


皇后さま心筋虚血の疑い…東大病院で精密検査へ
読売新聞 7月29日(水)18時54分配信

 宮内庁は29日、皇后さまに心筋虚血の疑いがあるため、8月9日に東京都文京区の東大病院で精密検査を受けられると発表した。

 同庁によると、皇后さまは6月末頃から胸の痛みを訴え、徐々に痛みの頻度が増してきたため、今月24日に24時間の心電図検査を受けられた。その結果、心筋虚血が疑われる所見がみられたという。

 心筋虚血は、心臓の筋肉に血液が十分に供給されなくなる病気で、動脈硬化などで心臓の冠動脈が細くなっている可能性があるという。同庁では東大病院の精密検査で、コンピューター断層撮影法(CT)によって冠動脈の状態を確認し、今後の治療方針を決める。

 同庁は、予定されている皇后さまの公務に変更はないとしているが、テニスのような激しい運動や炎天下での行事など心拍数が上がるような行動は避けてもらうという。


皇后さま、心筋虚血の疑い
2015年7月29日(水)17時25分配信 共同通信

526
 皇后さま

 宮内庁は29日、皇后さま(80)が6月末ごろから胸の痛みを訴えられていたため、心電図検査をした結果、心臓につながる血管が細り、酸素や栄養が十分に行き渡らなくなる「心筋虚血」が疑われる所見が得られたと発表した。皇后さまは、8月9日に東大病院を訪れ、冠動脈CT検査という精密検査を受ける。

 宮内庁によると、皇后さまが現段階で予定されている公務を取りやめることはないとする一方、心筋虚血は心筋梗塞にもつながりかねない病気でもあると説明。テニスなどの激しい運動や、日中に暑い場所で長時間立ちっぱなしでいるなど、心拍数が上がる活動は控えてもらう方針とした。


皇后さま、胸にお痛み 来月、心臓の精密検査へ
産経新聞 7月29日(水)17時16分配信

 宮内庁は29日、皇后さまに心臓の筋肉へ血液が十分行き渡らない心筋虚血の疑いがあると発表した。8月9日に東大付属病院で精密検査を行う。心拍数の上がる激しい運動や炎天下での活動などは控えるが、当面、行事などのご出席に変更の予定はないという。

 同庁の名川弘一皇室医務主管によると、皇后さまは6月末頃から胸に軽い痛みを訴えるようになり、当初は週に数回程度だったものが徐々に増え、1日に何度か症状が出るようになったため、7月24日に24時間、心電図の検査を行ったところ異常が見つかった。

 精密検査では心臓に3本ある冠動脈に、細くなった狭さく部分がないかをCT(コンピューター断層撮影)検査で確認する。

 心筋虚血は心筋梗塞につながるおそれもあり、平成24年2月に心臓のバイパス手術を受けられた天皇陛下は心筋虚血だった。


皇后さま、心筋虚血の疑い=来月冠動脈CT検査―宮内庁
時事通信 7月29日(水)16時35分配信

 宮内庁は29日、皇后さまについて、心臓の筋肉に血流が不足する心筋虚血の疑いがあるため、8月9日に東大病院で冠動脈のコンピューター断層撮影(CT)検査を受けられると発表した。
 
 名川弘一皇室医務主管によると、皇后さまは6月末ごろから胸に痛みがあり、徐々に頻度が増してきた。7月24日に24時間心電図検査を受けたところ、心筋虚血を疑わせる所見が得られた。7月上旬に宮内庁病院で受けた定例の健康診断では、異常は見つからなかった。
 このため、テニスなど心臓に負担の掛かるような活動は控えるが、現時点で公務を取りやめる予定はない。皇后さまには名川医務主管らが29日、検査について説明し、了解を得たという。
 皇后さまは昨年10月に80歳を迎えた。持病の頸椎(けいつい)症性神経根症で、時折肩や腕に痛みもあるという。26日から公務で天皇陛下と愛知県を訪れ、28日に帰京していた。 

« 御嶽山噴火行方不明者の捜索を再開 | トップページ | マレーシア航空機撃墜に関する国際法廷設置にロシアが拒否権行使 »

ニュース」カテゴリの記事

国家・元首・国事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/61981389

この記事へのトラックバック一覧です: 皇后陛下、胸にお痛み、心筋虚血の疑い 来月、心臓の精密検査:

« 御嶽山噴火行方不明者の捜索を再開 | トップページ | マレーシア航空機撃墜に関する国際法廷設置にロシアが拒否権行使 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31