« 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2004 | トップページ | 口永良部島で爆発的噴火 住民に島外避難指示・2 »

2015年5月29日 (金)

口永良部島で爆発的噴火 住民に島外避難指示

気象庁は、鹿児島県屋久島町の口永良部島の新岳で29日午前9時59分ごろ、爆発的噴火が発生したと発表した。
この噴火による火砕流が海岸まで到達した。気象庁は噴火警戒レベルを3(入山規制)から5(避難)に引き上げた。また、屋久島町は午前10時20分、全島民に避難指示を出した。

リンク:緊急消防援助隊を派遣=消防庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安倍首相「安全確保に全力」=口永良部島噴火 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:口永良部島噴火 国交省、避難フェリーの定員増許可、海保は巡視船派遣 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「ドーンと体に響く音」=隣の屋久島にも噴煙―口永良部島噴火・鹿児島 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<口永良部島噴火>「火砕流が見えた」住民、避難急ぐ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:口永良部島噴火 山谷防災相「住民避難を安全、迅速に」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:口永良部島噴火 防衛省、情報収集を強化 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<口永良部島>防災対策が難しい火山 噴火20年に1度 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:政府調査団派遣「島民の安全確保に全力」…首相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<口永良部噴火>政府が官邸対策室設置 首相が安全確保指示 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「人的被害ない」と確認=120人が避難―菅官房長官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:口永良部島噴火 安倍首相、住民の安全確保徹底指示 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:口永良部の島民、避難所へ誘導…けが情報なし - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<口永良部島噴火>二つの火山が結合した島 昨年も噴火 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:住民の安全確保指示=安倍首相―口永良部島噴火 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<口永良部島噴火>住民に島外避難指示 人的被害の情報なし - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<口永良部島噴火>【ことば】火砕流とは-時速100キロ超 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<口永良部島噴火>火砕流が発生 住民に島外避難指示 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<口永良部島>爆発的噴火で全島、島外への避難指示 火砕流は海岸に到達 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:口永良部島噴火 屋久島町小学校校長「爆発音の後、『ゴロゴロ』という音が聞こえた」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:関係省庁対策会議を開催へ=政府 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:口永良部島全域に島外避難指示…137人暮らす - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:口永良部島噴火 政府、省庁対策会議開催へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:口永良部島噴火 「緑の火山島」と呼ばれる口永良部島 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<口永良部島>全島の居住者に島外避難指示 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:口永良部島噴火 屋久島町が全島避難 気象庁が警戒レベル5に引き上げ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:官邸対策室を設置=政府 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:口永良部島、爆発的噴火…全島民に避難指示 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:口永良部島噴火 政府、官邸対策室設置 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<鹿児島>口永良部島で噴火 住民に島外避難指示 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:鹿児島・口永良部島で爆発的噴火 噴火警戒レベル5に引き上げ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:〔口永良部島噴火〕初の噴火警戒レベル5(避難)発表 口永良部島全域に避難指示 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:口永良部島で爆発的噴火 - 速報:@niftyニュース.
リンク:口永良部島で爆発的噴火=火砕流発生、住民避難へ―1人やけど・鹿児島 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

緊急消防援助隊を派遣=消防庁
時事通信 5月29日(金)11時58分配信

 総務省消防庁は29日、鹿児島県・口永良部島の新岳の爆発的噴火を受け、同県からの求めに応じ、高知、宮崎両県と福岡市に対して緊急消防援助隊の出動を要請した。また、鹿児島市消防局の先遣隊7人が海上保安庁の巡視船で現地へ向かった。
 防衛省によると、伊藤祐一郎鹿児島県知事からの災害派遣要請を受け、陸上自衛隊のヘリや海上自衛隊のP3C哨戒機が口永良部島に向かい、情報収集を進めた。警察庁によると、被害情報収集などのため、鹿児島県警屋久島署の署員3人が口永良部島に向かった。さらに同県警などの機動隊員約30人を派遣する。
 海上保安庁は口永良島周辺を航行する船舶に注意を呼び掛ける航行警報を出した。巡視船など21隻やヘリコプターも同島に向かわせた。 


安倍首相「安全確保に全力」=口永良部島噴火
時事通信 5月29日(金)11時56分配信

 安倍晋三首相は29日午前、口永良部島の噴火への政府対応に関し「全ての力を総動員して島民の安全確保に全力を挙げる」と述べた。また、赤沢亮正内閣府副大臣をトップとする政府調査団を現地に派遣することを明らかにした。首相官邸で記者団に語った。


口永良部島噴火 国交省、避難フェリーの定員増許可、海保は巡視船派遣
産経新聞 5月29日(金)11時46分配信

 国土交通省九州運輸局は29日、口永良部島新岳の爆発的噴火を受け、島民が避難するための屋久島町営フェリーについて、100人だった船の定員数を全島民約130人が一度に乗船できるよう150人に変更することを認めた。数日前から気象庁が火山活動の活発化を発表していたことから、事前に町側が定員数の一時変更を申請していた。

 海上保安庁と第10管区海上保安本部(鹿児島市)は同日午前10時すぎ、それぞれに対策本部を設置。鹿児島海上保安部所属の巡視船「さつま」を同島付近の海域に派遣した。正午ごろに到着する予定。また、海保は午前10時35分ごろ、付近を通る船舶に注意を促すための航行警報を出した。


「ドーンと体に響く音」=隣の屋久島にも噴煙―口永良部島噴火・鹿児島
時事通信 5月29日(金)11時46分配信

 「ドーンと体に響く音がした」「辺りが暗くなり、焦げ臭い臭いがする」。鹿児島県・口永良部島の新岳で発生した爆発的噴火。風に乗った噴煙は15キロ以上離れた隣の屋久島にも届き、住民は29日午前、突然の爆音と噴煙に驚きの声を上げた。
 屋久島北西部の永田地区に住む主婦有馬和子さん(69)は「家の中にいたら突然『ドーン』と、頭の上ではじけるようなものすごい音がした。家が壊れるかと思ったくらいで、体にもびりびりと衝撃がきた」と驚いた様子で話した。噴煙は永田地区上空まで流れて来ており、「空が真っ暗になっている」という。
 民宿「ながた岳」のオーナー牧勝広さん(66)は「真っ黒な太い煙が数千メートルの高さまで上がり、口永良部島の3分の2以上が煙に包まれているのが見える」と語った。口永良部島にいる友人に電話がつながらないといい、「心配だ。火砕流は海岸まで到達したらしく、民家が巻き込まれたかもしれない」と不安そうに話した。
 永田小学校の長崎克則教頭(49)は「校庭からも、噴煙の中に火山雷が走るのが見え、ゴロゴロと雷の音も聞こえる」と語った。 


<口永良部島噴火>「火砕流が見えた」住民、避難急ぐ
毎日新聞 5月29日(金)11時45分配信

Photo_8
新岳が噴火して避難所に集まる島民=鹿児島県屋久島町の口永良部島で2015年5月29日午後0時25分、本社ヘリから須賀川理撮影

 鹿児島県・口永良部島(屋久島町)が29日午前、爆発的噴火をし、火砕流が海岸まで到達し、灰色の噴煙が島を覆うように上がった。噴火警戒レベルは「5」に引き上げられ、住民は島外への避難を急いだ。屋久島町や鹿児島県は住民の避難対策に追われた。

 口永良部島で漁業を営む後藤利幸さん(69)は火口から南西約3キロ離れた海上で漁をしている時に、噴煙に気づいた。毎日新聞の電話取材に「振り向くと、噴煙が高さ2、300メートルに上がり、火砕流が東と西の方向に流れていくのが見えた」と興奮した様子で話した。すぐに船から家族に電話をかけ、安否を確認すると、「避難所に行っている」と返事があったという。後藤さんも「様子を見て自分も避難を考えたい」と語った。


口永良部島噴火 山谷防災相「住民避難を安全、迅速に」
産経新聞 5月29日(金)11時45分配信

 政府は29日午前、口永良部島の爆発的噴火を受け、関係省庁による対策会議を内閣府で開いた。山谷えり子防災担当相は冒頭、「火山活動を注視するとともに住民の安否情報を速やかに収集し、住民避難を安全で迅速に万全の態勢で実施してほしい」と指示した。

 続いて鹿児島県の防災担当者とテレビ会議を行い、県側は自衛隊に災害派遣要請を行ったことを報告した。


口永良部島噴火 防衛省、情報収集を強化
産経新聞 5月29日(金)11時43分配信

 防衛省は29日、口永良部島(鹿児島県屋久島町)の新岳で爆発的噴火が発生したことを受け、県知事から要請があった場合、海上自衛隊鹿屋航空基地(同県鹿屋市)のUH60J救難ヘリコプターなどを島民輸送にあてる検討を始めた。


<口永良部島>防災対策が難しい火山 噴火20年に1度
毎日新聞 5月29日(金)11時37分配信

 鹿児島県の屋久島の沖にある口永良部(くちのえらぶ)島が29日、噴火した。口永良部島とはどんな火山なのか、今後の活動の推移は--。過去の活動記録から探った。

 多くの火山が点在する九州の中でも、口永良部島は防災対策が難しい火山の一つだ。噴火が約20年に1度というやや長めのサイクルのため、噴石が飛来するエリアに民家があり、離島という地理的な悪条件も加わる。関係者は「いつも噴火している諏訪之瀬島(鹿児島県十島村)のような火山なら、危険な場所に人は住まず、対策も立てやすいのだが……」と話す。

 口永良部島は、ひんぱんに「水蒸気爆発」という噴火を起こす火山だ。直前予知に成功した北海道・有珠山や伊豆諸島・三宅島のような火山は、マグマの上昇により地震が多発するなどの前兆現象がある。が、マグマの熱で地下水が急膨張する水蒸気爆発は、はっきりとした前兆を伴わない場合が多く、発生メカニズムもよく分かっていない。

 昭和期の記録では、口永良部島は1931年に噴火を起こし、33~34年には19日にわたり大規模な噴火が続いた。66年には噴石が海まで飛ぶ爆発があり、70年代には小さな噴火を繰り返す4年程度の活動期が見られた。80年には単発のやや大きな爆発が起き、その後は大きな爆発はない。

 このように口永良部島の噴火は継続期間が単発だったり、数年続く場合もあり、専門家は「噴火がどのような経緯をたどるのか、しっかりと見極める必要がある。少なくとも1年間は要警戒だ」と話す。

 また三宅島や雲仙・普賢岳のように、数千年に1度の特異な噴火に移行する可能性もゼロではない。専門家によると、口永良部島は1000年に1度ほど、溶岩の流出が起きている。文献に残された噴火の記録も江戸時代後期からしかなく、専門家は「我々が知っているのは、たかだか150年ほどの活動でしかない。過去の記録にないタイプの噴火へも注意が必要だ」という。

 活動の推移を検討するには、観測データの蓄積が重要だ。しかし口永良部島は交通アクセスが悪い離島ゆえに、観測体制の整備は本土の火山に比べ大きく遅れていた。90年代から京都大が中心となり、地震計やGPS(全地球測位システム)の設置を進めたが、データを本土の研究機関に送る無線システムなどは頑強とは言い難い。

 噴火が長引き、観測機器が十分に機能しない事態になれば、気象庁や大学などの研究機関は厳しい対応を迫られることになりそうだ。


政府調査団派遣「島民の安全確保に全力」…首相
読売新聞 5月29日(金)11時37分配信

 安倍首相は29日午前、口永良部島の噴火について、「すべての力を総動員して、島民の安全確保に全力を挙げる」と述べ、赤沢亮正内閣府副大臣を長とする政府調査団を現地に派遣する方針を明らかにした。首相官邸で記者団に語った。

 これに先立ち、首相は〈1〉早急に被害状況を把握する〈2〉地方自治体と緊密に連携し、政府一体となって、早急な避難など住民らの安全確保の措置を徹底する〈3〉火山の観測を強化し、住民らに適時的確な情報提供を行う――ことを指示した。噴火後、参院本会議に出席中だった首相は、世耕弘成官房副長官から状況について報告を受けた。

 菅官房長官は同日午前、首相官邸で記者団に対し、午前10時35分時点で人的被害は確認されておらず、同島の住民のうち120人が避難所に避難したことを明らかにした。


<口永良部噴火>政府が官邸対策室設置 首相が安全確保指示
毎日新聞 5月29日(金)11時34分配信

 鹿児島県・口永良部島(屋久島町)の新岳(しんだけ・標高626メートル)の爆発的噴火で、政府は29日午前10時7分、首相官邸内危機管理センターに官邸対策室を設置した。安倍晋三首相は、早急に被害状況を把握▽地方自治体と緊密に連携し、政府一体となって早急な避難住民らの安全確保の徹底▽火山の観測を強化し、住民らへ適時的確な情報を提供--を指示した。

 菅義偉官房長官は記者団に対し「10時35分現在、人的被害がないことを確認した。120人が避難所に既に避難している。海上保安庁の船舶が島に向かっている。自衛隊の派遣規模については現在、調整中だ」と述べた。

 口永良部島は屋久島との間に町営のフェリーが就航しており、町では午前11時現在、約12キロ離れた屋久島への出航準備を進めている。フェリーには150人程度乗船できる。

 口永良部島の新岳では昨年8月3日にも、34年ぶりとなる噴火が発生。噴火警戒レベルが1(活火山であることに留意)から3に引き上げられた。新岳に近い二つの集落61人が屋久島に自主避難した。

 屋久島町は災害対策本部を設置。住民の安全確認などを進めている。鹿児島県も知事を本部長とする災害対策本部を今後設置し、被害状況などの把握を急ぐ。

 今回の噴火を受け、海上保安庁は対策本部を設置。大型巡視船「さつま」を現地周辺に派遣し、情報収集を進めている。また、航行警報を出し、付近の海域を通過する船舶に警戒を呼びかけている。一方、噴煙が1万メートル近くに達することから、国土交通省は、付近を飛行する航空機に航空情報を流し、注意をうながしている。


「人的被害ない」と確認=120人が避難―菅官房長官
時事通信 5月29日(金)11時31分配信

 菅義偉官房長官は29日午前、鹿児島県・口永良部島の新岳噴火を受けて「午前10時35分時点で、人的被害がないことを確認している」と述べ、引き続き島民の安全確保に全力を尽くす考えを示した。首相官邸で記者団に語った。
 また、島民137人のうち、120人が避難所に既に避難していると説明。鹿児島県から自衛隊に災害派遣要請があり、派遣規模を調整していることも明らかにした。


口永良部島噴火 安倍首相、住民の安全確保徹底指示
産経新聞 5月29日(金)11時27分配信

 安倍晋三首相は29日、鹿児島県の口永良部島の爆発的噴火を受け、関係省庁に対し、早急に被害状況を把握することや、地方自治体と緊密に連携し早急な避難、住民の安全確保措置を徹底するよう指示した。


口永良部の島民、避難所へ誘導…けが情報なし
読売新聞 5月29日(金)11時23分配信

 鹿児島県屋久島町総務課によると、29日午前10時50分現在、町役場にけが人などの情報は寄せられていないという。

 消防団が中心となり、口永良部島北西部の避難所に島民を誘導している。

 町は町営船のほか、漁船も使って島外に避難させられないかどうかを検討している。島内の港は降灰がひどいとの情報もあり、確認を急いでいる。

 また、鹿児島県に防災ヘリの出動を要請。荒木耕治町長がヘリで現地へ向かう予定だという。


<口永良部島噴火>二つの火山が結合した島 昨年も噴火
毎日新聞 5月29日(金)11時21分配信

Photo_7
噴煙を上げる口永良部島=福岡管区気象台提供

 口永良部島は屋久島の西約12キロの島。気象庁によると、西部の番屋ケ峰(ばんやがみね)と、島の中央から東部の新岳(しんだけ)や古岳などの二つの火山体が結合された火山島だ。

 新岳は昨年8月、1980年9月以来34年ぶりに噴火し、気象庁は噴火警戒レベルを1(平常)から3(入山規制)に引き上げていた。それ以降も白色の噴煙が最高600メートル上がるなど活動は活発化、火山性地震も多い状態だった。

 鹿児島地方気象台などの現地調査では新岳火口西側の割れ目付近で、今年2月ごろから温度が上昇し、今月は「今後、爆発力が強い噴火や規模の大きな噴火に移る可能性がある」と警戒を呼びかけていた。【斎藤広子】


住民の安全確保指示=安倍首相―口永良部島噴火
時事通信 5月29日(金)11時11分配信

 安倍晋三首相は29日午前、口永良部島の噴火を受け、早急な被害状況の把握、住民の安全確保の徹底、住民に対する的確な情報提供を指示した。 


<口永良部島噴火>住民に島外避難指示 人的被害の情報なし
毎日新聞 5月29日(金)11時9分配信

Photo_4
屋久島から撮影された、口之永良部島から上がる噴煙=気象庁提供

 鹿児島地方気象台は29日、鹿児島県・口永良部島(屋久島町)が同日午前9時59分に爆発的噴火をしたと発表した。噴火に伴い火砕流が発生し、海岸まで到達したため、気象台は午前10時7分、同島に噴火警報を発令。噴火警戒レベルを3(入山規制)から5(避難)に引き上げ、島の住民に避難など厳重な警戒をするよう呼びかけた。地元消防などによると、今のところ人的被害の情報は入っていないという。

 気象台によると、噴火警戒レベル(1~5)で最高の5が発令されたのは、気象庁が2007年12月に導入して以来初めて。

 屋久島町は災害対策本部を設置。住民の安否確認などを進めている。鹿児島県も知事を本部長とする災害対策本部を今後設置し、被害状況などの把握を急いでいる。


<口永良部島噴火>【ことば】火砕流とは-時速100キロ超
毎日新聞 5月29日(金)11時7分配信

Photo_6
噴煙を上げる新岳から海岸に達した火砕流=鹿児島県屋久島町の口永良部島で2015年5月29日午後2時55分、本社ヘリから須賀川理撮影

 ◇火砕流

 熱く溶けた火山灰や軽石などが火山ガスと混じりあって火口付近から流れ出したもの。温度は数百度になることもあり、時速は100キロを超える。1990年に約200年ぶりに噴火した長崎県の雲仙・普賢岳では、91年6月3日に大火砕流が発生。ふもとの居住地域まで流れ下り、消防団員や報道関係者ら計43人が死亡した。雲仙・普賢岳のように溶岩ドームが崩壊して発生する火砕流は非常に高温で危険だが、マグマの噴出を伴わない水蒸気爆発では温度が低い。


<口永良部島噴火>火砕流が発生 住民に島外避難指示
毎日新聞 5月29日(金)11時3分配信

Photo_5
大規模な噴火が発生し、上空高く噴煙を上げる口之永良部島=鹿児島県屋久島町永田沖で2015年5月29日午前10時8分、高久至さん撮影

 気象庁は29日、鹿児島県・口永良部島(屋久島町)の新岳(標高626メートル)が29日午前9時59分に爆発的噴火をしたと発表した。噴火に伴って火砕流が発生し、海岸まで到達。気象庁は午前10時7分、同島に噴火警報を発令し、火山の活動状況を5段階で表す噴火警戒レベルを3(入山規制)から最高の5(避難)に引き上げた。国土交通省によると、島内には78世帯130人の住民のほか、来島者5人と行政関係者6人がおり、屋久島町は噴火後、全島避難指示を出した。町によると、島民137人全員の無事を確認した。政府によると、人的被害の情報は入っていない。

 気象庁によると、噴火警戒レベルで最高の5が発令されたのは、気象庁が2007年12月に同レベルを導入して以来初めて。噴煙は火口から9000メートル以上に達し、火口の周辺に噴石が飛散。今後も爆発力が強い噴火や規模の大きな噴火が発生する可能性があるという。

 屋久島町は災害対策本部を設置。鹿児島県も知事を本部長とする災害対策本部を今後設置し、被害状況などの把握を急ぐ。


<口永良部島>爆発的噴火で全島、島外への避難指示 火砕流は海岸に到達
毎日新聞 5月29日(金)10時55分配信

Photo_4
屋久島から撮影された、口之永良部島から上がる噴煙=気象庁提供

 気象庁は、鹿児島県・口永良部島の新岳で29日午前9時59分に爆発的噴火が起きたと発表した。火砕流が海岸まで到達した。噴火警戒レベルを3(入山規制)から5(避難)に引き上げた。また、全島の居住者の島外避難を指示した。


口永良部島噴火 屋久島町小学校校長「爆発音の後、『ゴロゴロ』という音が聞こえた」
産経新聞 5月29日(金)10時53分配信

 口永良部島から約20キロ東の屋久島町立永田小の長吉明典校長は「かすかな爆発音が聞こえたあと、時折雷のような『ゴロゴロ』という音が聞こえた。噴煙がこちらまで迫ってきており、次第に空が暗くなってきている」と話した。


関係省庁対策会議を開催へ=政府
時事通信 5月29日(金)10時52分配信

 政府は29日午前、鹿児島県・口永良部島の新岳噴火を受けて、山谷えり子防災担当相が出席して、関係省庁災害対策会議を開催する。 


口永良部島全域に島外避難指示…137人暮らす
読売新聞 5月29日(金)10時51分配信

 鹿児島県屋久島町は午前10時15分、口永良部島の全域に島外への避難指示を出した。

 町によると、島内では82世帯137人が暮らしている。午前10時半時点で、けが人の情報は入っていないという。


口永良部島噴火 政府、省庁対策会議開催へ
産経新聞 5月29日(金)10時50分配信

 政府は29日、口永良部島の爆発的噴火を受け、関係省庁による対策会議を開くことを決めた。


口永良部島噴火 「緑の火山島」と呼ばれる口永良部島
産経新聞 5月29日(金)10時47分配信

 口永良部島(くちのえらぶじま)鹿児島県の屋久島の西方に位置する島。屋久島や種子島などとともに大隅諸島を形成する。東西2つの火山体が結合された火山島で、東部の新岳・古岳周辺では多くの噴気穴が見られる。照葉樹林などで覆われた景観から「緑の火山島」と呼ばれ、全域が屋久島国立公園に指定されている。住民は約130人。


<口永良部島>全島の居住者に島外避難指示
毎日新聞 5月29日(金)10時46分配信

Photo_4
屋久島から撮影された、口之永良部島から上がる噴煙=気象庁提供

 気象庁は、鹿児島県・口永良部島の新岳で29日午前9時59分に爆発的噴火が起きたと発表した。火砕流が海岸まで到達した。噴火警戒レベルを3(入山規制)から5(避難)に引き上げた。また、全島の居住者の島外避難を指示した。


口永良部島噴火 屋久島町が全島避難 気象庁が警戒レベル5に引き上げ
産経新聞 5月29日(金)10時36分配信

 29日午前9時59分ごろ、鹿児島県屋久島町の口永良部島で爆発的噴火が発生、気象庁は10時7分に噴火警報を発令し、噴火警戒レベルを3(入山規制)から5(避難)に引き上げた。屋久島町は同日午前10時15分、口永良部島の島民約130人に対し島外への全島避難指示を出した。

 政府は、首相官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置。午前11時から関係省庁会議を開く。海上保安庁は大型巡視船を派遣した。

 口永良部島は昨年8月3日にも噴火が発生した。噴火の翌日には住民や仕事で滞在していた人ら87人が島外に避難した。

 火山の西側にできた割れ目から活発に煙が噴き出し、火山性地震も増加傾向にあることから、活動はたかまってた状態が続いているとみて、警戒を続けていた。


官邸対策室を設置=政府
時事通信 5月29日(金)10時35分配信

 政府は29日午前、鹿児島県・口永良部島の新岳噴火に関し、首相官邸の危機管理センター内に官邸対策室を設置した。 


口永良部島、爆発的噴火…全島民に避難指示
読売新聞 5月29日(金)10時30分配信

 29日午前9時59分頃、鹿児島県屋久島町・口永良部島(くちのえらぶじま)の新岳(しんだけ)(626メートル)で爆発的噴火が発生した。

 気象庁によると、噴煙は火口から高さ9000メートル以上に達し、火口の西側に向かって火砕流が発生し、約2キロ離れた向江浜地区の海岸に到達した。同庁は、5段階の噴火警戒レベルを「3(入山規制)」から「5(避難)」に引き上げ、屋久島町は午前10時20分、全島民に避難指示を出した。

 同庁によると、2007年の噴火警戒レベル導入以来、「5」が出されるのは初めて。爆発的噴火は5分程度続き、その後は小規模な噴煙が上がっている。今後も同程度の噴火が起きる可能性があり、厳重な警戒を呼びかけている。

 総務省消防庁が屋久島町役場に確認したところ、島内には4月末現在、82世帯137人が暮らしている。島北西部の番屋ヶ峰避難所に120人が一時避難するなど、全員の無事が確認されたという。町などによると、70歳代の男性1人がやけどを負い、体調不良の高齢者1人も鹿児島県のヘリで屋久島に搬送された。

 全島民を島外に避難させるため、海上保安庁の巡視船と測量船が口永良部島周辺に到着、同町も町営船「フェリー太陽」を島に向かわせた。島内の本村港などは降灰が激しく、船が接岸できるか海保などが確認中。海保では、島東部の湯向(ゆむぎ)地区にいた住民8人を小型ボートで巡視船に収容する。さらに避難所の住民をヘリで船に運ぶことも検討している。

 噴火を受けて政府は、首相官邸に対策室を設置。鹿児島県は午前10時7分、伊藤祐一郎知事をトップとする災害対策本部を設置し、自衛隊に災害派遣を要請した。第10管区海上保安本部(鹿児島市)は、午前10時45分に航行警報を出し、付近を航行する船舶に注意を呼びかけている。

 口永良部島の新岳は昨年8月3日、1980年9月以来、約34年ぶりに噴火した。この際は、住民らが屋久島に一時、自主避難。気象庁が噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から、3(入山規制)に引き上げていた。

 気象庁のホームページによると、新岳では33年12月から34年1月にかけて噴火が発生し、死者8人、負傷者26人が出ている。

 口永良部島は、鹿児島市から南南西に約130キロ、屋久島の西方約12キロにあり、面積は約35平方キロ・メートル。主な産業は水産業で、肉用牛の飼育も行われている。


口永良部島噴火 政府、官邸対策室設置
産経新聞 5月29日(金)10時30分配信

 政府は29日、鹿児島県の口永良部島の爆発的噴火を受け、官邸の危機管理センターに対策室を設置した。


<鹿児島>口永良部島で噴火 住民に島外避難指示
毎日新聞 5月29日(金)10時28分配信

Photo_3
噴煙を上げる口之永良部島の新岳=気象庁のライブカメラから

 気象庁は、鹿児島県・口永良部島の新岳で29日午前9時59分に爆発的噴火が起きたと発表した。火砕流が海岸まで到達した。噴火警戒レベルを3(入山規制)から5(避難)に引き上げた。また、全島の居住者の島外避難を指示した。


鹿児島・口永良部島で爆発的噴火 噴火警戒レベル5に引き上げ
産経新聞 5月29日(金)10時21分配信

 気象庁によると、鹿児島県の口永良部島で29日午前9時59分ごろ、爆発的噴火が発生した。同庁は噴火警戒レベルを3(入山規制)から5(避難)に引き上げた。

 気象庁は、避難が必要として、住民に対し厳重な警戒を呼び掛けている。


〔口永良部島噴火〕初の噴火警戒レベル5(避難)発表 口永良部島全域に避難指示
レスキューナウニュース 5月29日(金)10時20分配信

29日09:59、鹿児島県の口永良部島・新岳で爆発的噴火が発生し、噴煙は火口上9000m以上まで上昇しました。
この噴火に伴い、福岡管区気象台・鹿児島地方気象台は、口永良部島に噴火警報(噴火警戒レベル5 避難 引上げ)を発表しました。気象庁が現行の噴火警戒レベルを導入して以降、レベル5(避難)の発表は初めてとなります。
また、29日10:15、鹿児島県屋久島町は、口永良部島の全域(78世帯113人)に避難指示を発表しました。
現在も噴火が継続している模様です。今後の火山活動の推移に厳重に警戒してください。

■避難情報
≪避難指示≫
鹿児島県屋久島町:口永良部島の全域(78世帯113人)


口永良部島で爆発的噴火
2015年5月29日(金)10時19分配信 共同通信

Photo_2
 爆発的噴火が発生した鹿児島県の口永良部島(気象庁のホームページから)

 29日午前9時59分ごろ、鹿児島県の口永良部島の新岳で爆発的噴火が発生した。火砕流も発生し海岸まで到達した。気象庁は、噴火警報を発表し、噴火警戒レベルを3(入山規制)から最も高い5(避難)に引き上げた。地元の鹿児島県屋久島町は、全島に避難指示を出した。

 政府や鹿児島県などによると、避難の対象は、一時滞在者も含め約140人。島民の多くは島西部の番屋ケ峰にある避難所などに一時避難した。鹿児島県は、口永良部島の番屋ケ峰避難所に避難した島民の1人がやけどを負ったことを明らかにした。小中学校に被害はない。

 記者会見した気象庁は、マグマによる噴火の可能性を指摘。


口永良部島で爆発的噴火=火砕流発生、住民避難へ―1人やけど・鹿児島
時事通信 5月29日(金)10時16分配信

 気象庁は29日、鹿児島県・口永良部島の新岳で同日午前9時59分に爆発的噴火が発生し、火砕流が海岸に達したと発表した。同庁は噴火警報を出し、噴火警戒レベルを3(入山規制)から5(避難)に引き上げた。口永良部島がある同県屋久島町は午前10時20分、島の82世帯137人に島外への避難を指示した。
 鹿児島県などによると、70代の男性が火山灰でやけどをしたほか、病気の高齢者がおり、計3人をヘリコプターで屋久島に運んだ。海上保安庁によると、120人が島内の番屋ケ峰にある避難所に逃れており、島の北側の集落に8人が残っている。
 安倍晋三首相は同日午前、「全ての力を総動員して島民の安全確保に全力を挙げる」と述べた。
 気象庁によると、噴煙は新岳の火口上空9000メートルに達した。火口周辺には噴石が飛散しており、火口から南東約10キロまでの範囲では小さな噴石が風に流されて降る恐れがある。多量の火山灰が火口から南東の屋久島方向へ流されている。火砕流は新岳の南西から北西側の海岸に達した。
 同庁の北川貞之火山課長は記者会見し、「今後も同規模の噴火が発生する恐れがあり、火砕流や噴石に厳重に警戒してほしい」と呼び掛けた。噴火警戒レベルが導入されて以降、5が出たのは初めて。
 鹿児島県は自衛隊に災害派遣を要請した。県はヘリコプターを飛ばすなどして、情報収集を続けた。海上保安庁の測量船が口永良部島沖に到着し、住民避難に向け港の状況を確認している。住民は屋久島の公民館などに避難する予定。
 新岳は昨年8月、1980年以来、34年ぶりとなる噴火が確認され、警戒レベルが1から3に引き上げられていた。 

« 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2004 | トップページ | 口永良部島で爆発的噴火 住民に島外避難指示・2 »

ニュース」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/61664087

この記事へのトラックバック一覧です: 口永良部島で爆発的噴火 住民に島外避難指示:

« 東日本大震災・原発事故関連のニュース・2004 | トップページ | 口永良部島で爆発的噴火 住民に島外避難指示・2 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31