« 口永良部島で爆発的噴火 住民に島外避難指示 | トップページ | 口永良部島で爆発的噴火 住民に島外避難指示・3 »

2015年5月29日 (金)

口永良部島で爆発的噴火 住民に島外避難指示・2

気象庁は、鹿児島県屋久島町の口永良部島の新岳で29日午前9時59分ごろ、爆発的噴火が発生したと発表した。
この噴火による火砕流が海岸まで到達した。気象庁は噴火警戒レベルを3(入山規制)から5(避難)に引き上げた。また、屋久島町は午前10時20分、全島民に避難指示を出した。

最初のニュース

リンク:<口永良部噴火>迫る噴煙「必死」…軽装、少ない荷物で避難 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<口永良部噴火>全島137人避難…噴煙9000m、火砕流 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:1933~34年に死者8人=口永良部島・新岳の噴火 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:口永良部島噴火 首相「安全確保に全力を挙げる」 関係省庁に指示 政府調査団も派遣 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:口永良部島火口の観測機器、昨年の噴火で故障 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:灰の傘、山肌走る火砕流=噴火の口永良部島上空 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:137人全島避難、屋久島に - 速報:@niftyニュース.
リンク:大噴火の口永良部島は危険な火山だった 山頂火口から溶岩流出と爆発的噴火を繰り返す - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:夜も噴煙1200メートル超=火砕流、全方向に下る―衛星で火山灰観測・口永良部島 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:口永良部噴火、全島民らが屋久島に避難 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:風評被害に懸念も=屋久島観光で―鹿児島県など・口永良部島噴火 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:口永良部島噴火 火山性地震、噴火前後に「急増」 気象庁「前兆はなかった」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<口永良部噴火>島民ら約130人、屋久島に避難 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:口永良部島から避難…島民乗せたフェリーが出港 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:口永良部島噴火 ひまわり8号の映像公開 噴煙が広がる様子「鮮明に」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:〔口永良部島噴火〕災害救助法適用(鹿児島県屋久島町:5/29~) - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:口永良部島、全島避難=住民ら137人、屋久島に―噴火活動続く・鹿児島 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<口永良部島>マグマ噴火か 再び大規模噴火の可能性も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:屋久島町に災害救助法適用=鹿児島県 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:口永良部島噴火 71歳男性がやけど - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:口永良部島噴火 屋久島町で多量の降灰予想 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:口永良部島・新岳、過去にも噴火…死者も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<口永良部島噴火>全島民の生存を確認 70代男性やけど - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<口永良部島噴火>「ボーン、稲光のような閃光」震える島民 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:口永良部島噴火 測量船が沖合に到着 小型船で島民のピストン輸送検討 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「昨年8月よりやや大きい」=口永良部島、マグマ関与の噴火―気象庁課長 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「住民避難、迅速に」=口永良部島噴火で省庁対策会議―山谷防災担当相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:口永良部島噴火 気象庁「今後も同規模の噴火が発生する恐れある」 有感地震観測も爆発的噴火予想される事象なしと説明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:口永良部島噴火 防衛省、部隊派遣規模検討 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:口永良部噴火 避難用のフェリー出発 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<口永良部島噴火>気象庁、屋久島などに多量の降灰予報 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:口永良部島噴火 首相「全ての力を総動員。島民の安全確保に全力」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:口永良部島噴火 菅官房長官、安全確保に全力 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:口永良部島噴火 屋久島町が全島民の無事確認 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

<口永良部噴火>迫る噴煙「必死」…軽装、少ない荷物で避難
毎日新聞 5月29日(金)21時25分配信

 「逃げるのに必死だった」。鹿児島県屋久島町の口永良部島(くちのえらぶじま)の新岳(しんだけ)が29日、爆発的に噴火し、わき上がる噴煙から逃れるように全島民ら137人がフェリーなどで島外に避難した。幸い犠牲者はいなかったが、避難先にたどり着いた島民は軽装で荷物も少ない。「これからどうなるのか」。夜の避難所で不安な表情を浮かべた。【柳瀬成一郎】

 「ドカーン」。新岳から約2キロ離れた畑で夫婦でジャガイモの収穫作業をしていた口永良部島の本村地区の区長、林信昭さん(69)は午前10時ごろ、ごう音を聞いた。黒い噴煙が見え、たちまち周囲は薄暗くなった。「硫黄の匂いがして怖かった」

 迫ってくる噴煙。急いで妻と車に乗り、避難場所になった番屋ケ峰(ばんやがみね)に向かう。山道で速度は20~30キロしか出せず気が焦る。15分ほどで番屋ケ峰につくと、ぐったり疲れた様子の人もいた。

 ひと息つこうと思ったその時、今度は町から全島避難指示が出た。着替えなどを取りに帰るため、再び車で自宅へ戻る。2週間分くらいの着替えと持病の薬をとりあえずリュックに詰め、急いで番屋ケ峰に戻った。ずっと逃げたい一心だった。「フェリーに乗り、ようやく安心した」

 フェリーから屋久島の宮之浦港に降り立った林さんはポロシャツの軽装。笑顔もみせた。だが、帰宅がいつになるかは火山次第だ。「避難所で体調を崩す人もいそうで心配だ。しかし、長い避難生活は覚悟している」と自らに言い聞かせるように話した。

 経験したことのない爆発だった。島に住む漁業、後藤利幸さん(69)は、漁の途中でその瞬間を目撃した。「ドーンという大きな音がした。今まで4回噴火を見てきたが、一番大きい」と声を震わせた。島で民宿を経営する後藤しづ子さん(64)は「外にいたら『ボーン』というすごい音がし、家の方向に真っ黒い煙が迫ってきた。息もしづらい。着の身着のままで何も持たずに避難を始めた」と慌てた様子で話した。

 約12キロ離れた屋久島でも噴火がはっきりと見えた。屋久島で民宿を経営する女性(59)は「噴煙が見えた。空の半分くらいを灰色の煙が埋め尽くし、暗くなった」と不安そう。屋久島町永田の海沿いで民宿を経営する岩川和司さん(59)も午前10時ごろ、海の向こうの口永良部島から黒い噴煙が高く上がる様子を見た。「『ゴボゴボ』という低い音も響いて聞こえてきた。小学生の時にも大きな噴火を見たことがあるが、今回はそれをはるかにしのぐ規模だ」と驚く。屋久島町永田で旅館を経営する牧シゲコさん(79)は「噴煙に覆われて急に空が真っ暗になった。口永良部島を見たら、島の左半分が噴煙で見えなかった。噴煙の中に稲光みたいな閃光(せんこう)が『パッパッ』と見えて、恐ろしくて生きた心地がしなかった」と語った。


<口永良部噴火>全島137人避難…噴煙9000m、火砕流
毎日新聞 5月29日(金)21時22分配信

Photo_9
新岳が噴火した口永良部島で、火山灰に覆われた家屋や車=鹿児島県で2015年5月29日午後1時43分、本社機「希望」から長谷川直亮撮影

 鹿児島県屋久島町の口永良部島(くちのえらぶじま)の新岳(しんだけ)(626メートル)が29日午前9時59分、爆発的噴火をした。火砕流が発生し、北西に約2キロ離れた海岸まで到達。噴煙は火口上空9000メートル以上に達した。町は午前10時20分、全島に避難指示を出し、住民ら137人全員が午後4時ごろまでに島外に避難した。専門家は最も大規模な「マグマ噴火」の可能性を指摘している。

 気象庁は午前10時7分、同島に噴火警報を発令し、火山の活動状況を5段階で表す噴火警戒レベルを3(入山規制)から最高の5(避難)に引き上げた。2007年12月の同レベル導入以来、5が出されたのは初めて。

 同庁によると、国内の火山の噴火で噴煙が9000メートル以上まで上がったのは、00年の三宅島噴火で1万4000メートルを観測して以来。気象衛星ひまわり8号が撮影した画像で、火山灰は噴火から約3時間後には口永良部島から東南東約100キロの地点まで達している様子が確認された。

 町は島全域の82世帯137人に島外への避難指示を出した。県によると当時、旅行者を含め137人が島におり、うち124人が新岳から北西に約5キロ離れた高台の番屋(ばんや)ケ峰に避難した。他の13人は島東部の湯向(ゆむぎ)地区などにいた。

 2人が県の防災ヘリで屋久島の病院に搬送され、このうち男性(72)は噴煙で顔などをやけどし軽症。男性(82)は心臓病が悪化し体調不良になったが、命に別条はない。

 噴火には、マグマの熱で熱せられた地下水が気化して噴出する「水蒸気噴火」、地下水と接触したマグマが水蒸気噴火と共に噴出する「マグマ水蒸気噴火」、マグマ自体が噴出する「マグマ噴火」がある。同庁によると、火砕流は新岳の南西側から、向江浜(むかえはま)地区がある北西側の一帯、北東側にも流れた痕跡が確認された。町などによると、向江浜地区は125人が住む最大の居住地・本村地区まで約1キロしか離れていないが、家屋の被害は確認されていない。

 同庁火山課の北川貞之課長は記者会見で、詳細は不明としつつ「規模の大きさから言って水蒸気噴火ではなく、1966年の噴火(マグマ噴火)と同じ程度」と説明。今後については「直ちに大規模な噴火が起こる兆候はないが、爆発力が強い噴火や規模の大きな噴火が今後発生する可能性はある」と警戒を呼びかけた。

 政府は午前10時7分、首相官邸内危機管理センターに官邸対策室を設置した。安倍晋三首相は官邸で記者団に「全ての力を総動員して島民の安全確保に全力を挙げる」と述べた。【狩野智彦、内田久光】


1933~34年に死者8人=口永良部島・新岳の噴火
時事通信 5月29日(金)20時44分配信

 鹿児島県・口永良部島の新岳で過去100年間で最も被害が大きかったのは、1933年12月24日から34年1月11日にかけて数回起きた噴火だった。気象庁の「日本活火山総覧」によると、集落の一つが全焼し、死者8人、負傷者26人に上った。
 次に被害があったのは66年11月22日の噴火で、負傷者3人。80年9月まで、数年おきに小噴火を繰り返した。
 その後34年間、噴火はなかったが、昨年8月3日に発生。噴煙の高さは800メートル以上で、火口から数百メートルの範囲に大きな噴石が飛んだほか、火砕流も起きた。火山灰を分析した結果、マグマの噴出が確認された。
 噴煙の高さは今回の9000メートル以上が最も高かった。 


口永良部島噴火 首相「安全確保に全力を挙げる」 関係省庁に指示 政府調査団も派遣
産経新聞 5月29日(金)20時24分配信

 安倍晋三首相は29日、鹿児島県の口永良部(くちのえらぶ)島の爆発的噴火を受け、早急に被害状況を把握し、政府一体となって住民の安全確保を徹底するよう山谷えり子防災担当相をはじめ、関係省庁に指示した。火山活動の観測強化や住民への的確な情報提供、避難長期化に備えた仮設住宅の必要性の検討なども求めた。

 首相は29日昼、官邸で記者団に「全ての力を総動員し、島民の安全確保に全力を挙げる」と強調。その後、公明党の山口那津男代表と官邸で会談し、政府・与党が結束して対応する方針で一致した。

 政府は、噴火直後に官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置。午前と午後に内閣府で関係省庁災害対策会議を開き、今後の火山活動の見通しや各省庁の対応状況などについて意見交換した。夕方には鹿児島県屋久島町役場に現地連絡調整室を設置した。

 また、赤沢亮正内閣府副大臣をトップとする政府調査団を、29日午後に鹿児島県庁と屋久島町役場へそれぞれ派遣。国土交通省は上野賢一郎政務官を30日に現地へ派遣し、情報収集に当たることを決めた。

 政府は30日夕に再び災害対策会議を開き、今後の対応などを協議する予定だ。


口永良部島火口の観測機器、昨年の噴火で故障
読売新聞 5月29日(金)20時4分配信

 気象庁は29日、口永良部島・新岳の火口周辺にある複数の観測機器が、昨年8月の噴火で故障していたことを明らかにした。

 同庁は「火山活動の影響で人が近づけず、修理できなかった」と説明している。

 気象庁によると、火口周辺には、同庁などが地震計やカメラなどの観測機器を設置している。しかし昨年8月の噴火以降、山頂から約1キロ・メートルの範囲内にある約10か所に配置された機器が、データを送信できなくなった。その時の噴火の影響で機械か通信機器が壊れたとみられ、今回の噴火時も、データが取れなかったという。


灰の傘、山肌走る火砕流=噴火の口永良部島上空
時事通信 5月29日(金)19時59分配信

 山頂付近から白い煙が空に噴き上がり、上空で傘のように広がっていた。噴火した口永良部島上空からは29日、真っすぐ湾に向かって山肌を流れ落ちた火砕流の灰色の筋が確認できた。島に近づくにつれ、取材の航空機内はむせるような硫化水素の匂いが立ち込めた。
 噴煙を吐く火口から西側に向かい、谷のように低くなった山肌を幅数百メートルはありそうな灰色の跡が湾まで伸びる。すぐ脇には10軒ほどの民家があり、対岸には本村集落。工場のような建物が火砕流に巻き込まれたように見える。
 火砕流が流れ込んだ湾内は、海面が乳白色に染まっている。岸壁には3、4隻の船が係留されていた。
 木々に覆われ緑色の島の景色は山頂に近づくにつれ、灰一色に。肉眼でも分かる巨大な岩石が多数、火口周辺に転がっていた。火口北側は焦げたように木々が赤茶け、葉や枝が燃えてしまったのか、枯れ木のように幹だけしか見えない樹木の姿が灰色の山肌に広がっていた。
 火口の南側からも、2カ所から白い煙が噴き出していた。噴煙は島の西側に向かって流れ、上空からも灰で水平線が見えなくなった。島の近海は複数の海上保安庁の船が航行し、上空は自衛隊などのヘリコプターが行き交った。 


137人全島避難、屋久島に
2015年5月29日(金)19時23分配信 共同通信

Photo_8
 口永良部島・新岳が噴火し、避難のため屋久島に到着、自衛隊員に支えられて下船する住民=29日午後、鹿児島県の屋久島・宮之浦港

 鹿児島県屋久島町の口永良部島・新岳(626メートル)の爆発的噴火で、避難指示を受けた住民ら137人全員が29日夕までに、船やヘリコプターで10キロ余り離れた屋久島への避難を終えた。安倍晋三首相は避難の長期化に備え、仮設住宅の必要性を含めて検討するよう山谷えり子防災担当相に指示した。気象庁は、引き続き爆発的噴火が起きる恐れがあるとして注意を呼び掛けた。

 屋久島町役場などによると、火口から約4キロの番屋ケ峰の高台にある避難所に集まっていた住民ら125人は町営フェリー「太陽」で口永良部島西部の本村港を出港し、午後5時半ごろ、屋久島・宮之浦港に到着した。


大噴火の口永良部島は危険な火山だった 山頂火口から溶岩流出と爆発的噴火を繰り返す 
J-CASTニュース 5月29日(金)19時2分配信

Photo_7
火砕流は2キロも流れた(画像は気象庁ライブカメラより)

 2015年5月29日、鹿児島県の口永良部島新岳(屋久島町)で爆発的噴火が発生し、火砕流が海岸まで到達した。気象庁は即座に噴火警戒レベルを5まで引き上げ、町は全島民に島外避難を促した。

 九州で「危険な火山」と言えば、大正時代に大規模な噴火を起こした桜島(鹿児島県)や1991年の大噴火で40人以上の死者を出した雲仙岳(長崎県)が有名だ。しかし、口永良部島も14年に大規模噴火を起こしたばかりの活火山だった。

■14年の噴火よりは大規模

 口永良部島は屋久島の北西およそ12キロに位置する、ひょうたん形の島だ。周囲はおよそ50キロで、150人ほどが暮らしている。島への交通手段は屋久島経由の町営フェリーしかない。

 口永良部島が属する薩南諸島は九州の南方に浮かぶ島々で、弧を描くように10個ほどの火山島が連なる。口永良部島はその中でも最大の火山島だ。

 実は、2014年8月3日にも34年ぶりの噴火を起こしていた。島の真ん中に位置する新岳が突如噴火し、噴石が降り注いだ。しかし、1日前に噴火した御嶽山(岐阜・長野県境)が死者57名を出したのに対し、当時台風の接近によって町営フェリーが欠航していたという背景もあったのか負傷者はゼロ。噴火の事実だけはマスコミ報道で広く伝えられたものの、あまり注目されなかったようだ。

 12月9日付け西日本新聞朝刊は、噴火後4か月経っても島を視察する国会議員がいなかった事実や、「見捨てられとるんよ」「犠牲者が出んと国は動かん。口永良部で噴いたことを政治家は知っとるんやろうか」という島民の怒りを伝えている。

 今回の噴火では、火砕流が火口からおよそ2キロ離れた向江浜地区の海岸に到達した。命に別状はなかったものの、やけどをした72歳男性と体調不良を訴える80歳の男性2人が病院へ搬送されている。一部の火山学者はツイッターで、14年の噴火よりも大規模だった、との見方を示している。東京大学火山噴火予知研究センターの武尾実教授もジェイ・キャストの取材に対し、「映像を見る限り、少なくとも前回の噴火より小さくはないだろう」と語った。

 そもそも、口永良部島は有史以前の火山活動も活発だった。国立研究開発法人産業技術総合研究所地質調査総合センターや気象庁のホームページによると、現在から1万年前までの火山活動をみると、山頂火口から溶岩流出と爆発的噴火を繰り返している。有史以降でも記録に残る最も古い天保年間の噴火では死者多数、昭和に入ってからも数回死傷者を出す噴火を起こしている。

九州各地の活火山へ影響は「考えられない」
 九州には、これまで幾度となく噴火を繰り返した活火山が多く存在する。桜島や阿蘇山(熊本県)、雲仙岳、霧島山(宮崎・鹿児島県境)をはじめ、口永良部島のすぐ北には今から6300年前に日本火山史で最大規模の爆発を起こしたとされる海底火山「鬼界カルデラ」もある。

 これらの火山が連動して噴火する、そんな恐ろしい事態はありえるのだろうか。口永良部島の噴火をうけてツイッターでは

  「口永良部が噴火して桜島も活発でさすがに心配」
  「あの辺は鬼界カルデラだから心配だ...」

と心配する声も上がっている。

 この点について武尾教授に質問すると、「それは考えられない。少なくとも現在の科学的知見では、異なる活火山の活動の関連性を指摘することはできない」との答えが返ってきた。


夜も噴煙1200メートル超=火砕流、全方向に下る―衛星で火山灰観測・口永良部島
時事通信 5月29日(金)18時6分配信

 気象庁は29日夜、鹿児島県・口永良部島の新岳で噴火が続き、午後9時時点で噴煙が火口の縁から約1200メートル上がっていたと発表した。同庁は噴火警戒レベル5(避難)を維持し、大規模な噴火に警戒を呼び掛けている。
 午後のヘリコプターによる観測では、午前の噴火に伴う火砕流が山頂からほぼ全方向に下っていた。北西側では海岸まで到達したのが確認された。火口周辺に飛散した噴石は、最大で直径50センチから1メートル程度あった。
 火山噴火予知連絡会(会長・藤井敏嗣東京大名誉教授)は30日午後、気象庁で拡大幹事会を開き、噴火の状況を評価する。
 一方、7月から運用を始める新気象衛星「ひまわり8号」の試験観測では、黒っぽい火山灰が噴火から約3時間で上空の風に乗り、口永良部島から屋久島付近を経て、東南東方向に100キロ以上流れる様子が分かった。屋久島では降灰が確認された。
 29日午前の噴火は、水蒸気だけでなくマグマの噴出を伴った可能性がある。気象庁の機動観測班が避難前に火山灰を採取しており、30日にも分析する。
 全島避難の解除時期については、気象庁と鹿児島県、屋久島町などが「火山活動の低下が認められた場合に火山噴火予知連絡会の検討結果を踏まえて評価する」と申し合わせており、同庁は噴煙や火山性地震、地殻変動などの観測を続ける。 


口永良部噴火、全島民らが屋久島に避難
読売新聞 5月29日(金)17時59分配信

Photo_6
フェリーで口永良部島から屋久島に避難してきた島民たち(29日午後5時55分、鹿児島県屋久島町で)=前田尚紀撮影

 鹿児島県屋久島町・口永良部島(くちのえらぶじま)の新岳(しんだけ)(626メートル)で29日午前9時59分頃、爆発的噴火が発生し、島民ら137人が約12キロ離れた屋久島に船などで避難した。

 気象庁の観測によると、爆発的噴火は5分ほど続き、噴煙は上空9000メートルまで上昇した。全方位に火砕流が発生、一部は北西約2キロの海岸に達した。新岳は過去に繰り返し何度も噴火した例があり、同庁は今後も同程度の噴火が起きる恐れがあるとして、厳重な警戒を呼びかけている。

 気象庁は、同10時7分、5段階の噴火警戒レベルを「3(入山規制)」から、「5(避難)」に引き上げた。2007年の噴火警戒レベル導入以来、「5」が出されるのは全国で初めて。

 政府は同日午前、首相官邸危機管理センターに官邸対策室を設置した。

 同町は同10時20分、全島に避難指示を出し、ほとんどの住民が島北西部の番屋ヶ峰(ばんやがみね)の避難所に一時避難。同日午後、全島民118人と観光客ら19人の計137人が町営フェリーや海上保安庁の巡視船などで島を離れ、同5時半頃までに屋久島に到着した。

 この噴火で、口永良部島の向江浜地区周辺に住む男性(72)が火山灰を浴びるなどして額にやけどを負い、屋久島の病院に搬送された。1週間程度の入院が必要という。

 気象庁によると、ヘリからの観測で火口付近で約1メートルの噴石が確認された。広い範囲で火山灰が降り、屋久島の数か所でも降灰が観測されたという。噴煙は午後10時20分現在、上空1000メートル付近まで上がっている。


風評被害に懸念も=屋久島観光で―鹿児島県など・口永良部島噴火
時事通信 5月29日(金)17時48分配信

 鹿児島県・口永良部島(屋久島町)で29日発生した噴火を受け、世界遺産登録された屋久島では、観光に対する風評被害を懸念する声が出ている。同県などはホームページや旅行業者を通じて、観光客に正確な情報が伝わるよう対応に追われている。
 「屋久島は大丈夫か」―。口永良部島の噴火を受け、屋久島観光協会などには問い合わせの電話が相次いだ。同県によると、29日夕方の時点で、南東12キロに位置する屋久島への旅行に支障はない。「口永良部島が同じ屋久島町で、屋久島が噴火したと勘違いしている人もおり、正しい情報を伝えるのが大事」と担当者は話す。
 屋久島へのツアーを企画している東京の旅行業者は、「キャンセルなどはないが、今後問い合わせは増えるかもしれない」と情報収集に努めている。
 屋久島への観光客は2013年に42万人。ここ数年は外国人も増えている。鹿児島県は同日午後、ホームページに噴火に関する英語、中国語、韓国語の情報を掲載した。福岡市にある各国の領事館にも連絡して情報提供を依頼した。
 同県観光課は「事実誤認で風評被害になるのは困る。できることをやろうと対応している」と話している。 


口永良部島噴火 火山性地震、噴火前後に「急増」 気象庁「前兆はなかった」
産経新聞 5月29日(金)17時39分配信

Photo_5
新岳が噴火し、火砕流が海岸まで流れ込んだ。手前は本村港に入港する「フェリー太陽」=29日午後、鹿児島県の口永良部島(本社チャーターヘリから・鈴木健児撮影)(写真:産経新聞)

 口永良部島の爆発的噴火で、気象庁は29日午後4時に口永良部島の火山解説情報を出し、火砕流は、海岸まで達していることが確認された向江浜地区(新岳北西側)のほか、南西側と北東側でも確認されたと発表した。

 気象庁によると、機動調査班が29日午後に上空から観測した結果、南西側にごくわずかの火砕流の痕があったほか、北東側でも山肌で確認されたという。

 一方、微弱な火山性地震の観測は29日午前0時から午前8時台までは7回、午前9時台は1回だったが、噴火後の午前10時台は77回と急増したという。午前11時台も75回、午後0時台も37回観測したとする。

 ただ、午後1時以降は午後4時まで一度も観測されていないという。気象庁は「火山性地震が止まった理由は不明だ。火山活動がいつまで続くかも現時点では分からない」としている。

 口永良部島の火山活動は昨年8月の噴火以降、高止まり傾向で、火山性地震の観測も増減を繰り返していたという。最近も、1日当たり10回程度は観測していた。ただ、噴火直前に有感地震などはなく、気象庁は「(爆発的噴火の)前兆はなかった」としている。

 気象庁は、有感地震が24時間以内に複数回発生した場合や、山が隆起するような地殻変動があった場合などに警戒レベルを避難準備の「4」に上げる予定だったという。


<口永良部噴火>島民ら約130人、屋久島に避難
毎日新聞 5月29日(金)17時3分配信

Photo_4
口永良部島が噴火し、巡視船「さつま」へ避難した住民たち=鹿児島県口永良部島沖で2015年5月29日、海上保安庁提供

 鹿児島県屋久島町の口永良部島の島民ら約130人は29日、フェリーや海上保安部のヘリコプターなどで東に約12キロ離れた屋久島に避難した。

 口永良部島・西部にある、番屋ケ峰の町営施設に一時避難していた約120人は、町営フェリーで午後4時ごろ島を出て、屋久島の宮之浦港に向かった。

 口永良部島の東部・湯向地区に残されていた6人は、海上保安部の船で沖合に停泊した巡視船に運ばれた後、ヘリコプターで2回に分け屋久島空港に運ばれた。避難した人々は屋久島内の避難所に向かう。【尾垣和幸】
口永良部島から避難…島民乗せたフェリーが出港
読売新聞 5月29日(金)16時3分配信

 鹿児島県屋久島町・口永良部(くちのえらぶ)島の新岳で爆発的噴火が発生し、全島民に避難指示が出されたのを受け、島民らを乗せた町営船「フェリー太陽」が29日午後3時40分過ぎ、口永良部島・本村港を出港し、屋久島・宮之浦港へ向かった。

 島民らは約1時間40分後に同港に到着する見通しで、公民館など5か所の避難所に身を寄せる予定。


口永良部島噴火 ひまわり8号の映像公開 噴煙が広がる様子「鮮明に」
産経新聞 5月29日(金)16時1分配信

 口永良部島の爆発的噴火で、気象庁は29日、ホームページ(HP)上に昨年10月に打ち上げた気象観測衛星「ひまわり8号」の映像を公開した。

 気象庁によると、HPで公開した映像は29日午前9時50分から午後1時までのもので、上空1万メートル付近の西から東に吹く強い風に乗って口永良部島から黒い火山灰などが広がる様子が確認できるという。

 ひまわり8号は、気象衛星として初めてカラー画像が撮影でき、画像解像度もひまわり7号よりも格段に向上。7月7日から運用を開始予定で、現在は試験観測中だとしている。


〔口永良部島噴火〕災害救助法適用(鹿児島県屋久島町:5/29~)
レスキューナウニュース 5月29日(金)15時25分配信

鹿児島県・内閣府は、平成27年5月29日の口永良部島(新岳)噴火により、多数の者が生命又は身体に危害を受け、又は受けるおそれが生じていることから、災害救助法を適用すると発表した。

■適用地域
 鹿児島県:熊毛郡屋久島町

今までにとられた措置
・避難所の設置等

◆内閣府|口永良部島(新岳)噴火に係る災害救助法の適用について【第1報】
http://www.bousai.go.jp/kohou/oshirase/pdf/20150529-04kisya.pdf


口永良部島、全島避難=住民ら137人、屋久島に―噴火活動続く・鹿児島
時事通信 5月29日(金)14時38分配信

 鹿児島県屋久島町の口永良部島では29日午後も、活発な噴火活動が続いた。噴火警戒レベル5(避難)を受け、避難指示が出た住民らは同日午後5時半ごろ、フェリーで屋久島に到着。公民館など3カ所に避難した。
 屋久島町は避難した住民に対し、健康状態の聞き取りのほか、親戚宅など希望する避難先があるかどうか確認を進めた。
 荒木耕治町長は29日夜、「訓練などの備えがあったから、すぐに避難できた。避難生活が続く限りは心のケアなどについて、診療所や看護師をフルに使って対応したい」と述べた。
 屋久島町は噴火を受け、29日午前10時20分に全島避難を指示。島には当時、住民118人と旅行者17人、気象庁職員2人の計137人がいた。
 県によると、住民のうち向江浜地区の72歳の男性が額や両手にやけどを負った。男性は「ドーンという音を聞き、逃げようとしたら5メートル離れた所を噴煙が通った」と説明。熱風でやけどをしたとみられ、軽傷という。他に体調不良を訴えた82歳の男性がおり、一緒にヘリコプターで屋久島の病院に運ばれた。
 住民ら約120人は島西部・番屋ケ峰の施設に一時避難した後、車で本村港に移動。午後3時40分すぎ、町営フェリー「太陽」で島を離れた。
 一方、海保は島北東部の湯向地区にいた住民6人を巡視船「さつま」に収容した後、ヘリで屋久島空港まで運んだ。他に3人が自分の船で避難した。
 気象庁によると、島東部の新岳(標高626メートル)で29日午前9時59分、爆発的噴火が発生。火砕流が海岸に到達し、噴煙の高さは火口から9000メートル以上だった。 


<口永良部島>マグマ噴火か 再び大規模噴火の可能性も
毎日新聞 5月29日(金)13時51分配信

Photo_3
火山灰をかぶった畑や民家=鹿児島県屋久島町の口永良部島で2015年5月29日午後0時15分、本社ヘリから須賀川理撮影

 爆発的噴火を起こした鹿児島県・口永良部(くちのえらぶ)島(屋久島町)の新岳(標高626メートル)は、過去にも死者を出すなど大きな噴火を繰り返してきた。専門家は今回の噴火について、死者が出た1933年の噴火や66年の噴火に匹敵するか、それよりも規模の大きな噴火と分析。マグマ自体が噴出する「マグマ噴火」の可能性が高いと指摘する。

 火山の噴火には、「水蒸気噴火」「マグマ水蒸気噴火」「マグマ噴火」の3種類がある。戦後最悪の火山災害となった昨年の御嶽山(おんたけさん)(長野・岐阜県境)の噴火は、火山の地下にある水がマグマの熱で熱せられ、大量の水蒸気によって圧力が急激に高まり噴出する「水蒸気噴火」だった。「マグマ水蒸気噴火」は地下水と接触したマグマが水蒸気と共に噴出する噴火だ。

 気象庁は「今回の噴火は、規模から見て水蒸気噴火ではない」と説明。中田節也・東京大地震研究所教授(火山学)は、マグマそのものが噴出する規模の大きい「マグマ噴火」の可能性が高いと指摘し、「それほど間を置かずに同規模かそれ以上の噴火が起こる可能性がある。南九州全体の火山活動が活発化しており、警戒が必要だ」と話す。石原和弘・火山噴火予知連絡会副会長(京都大名誉教授)は「噴煙の色が黒いので、温度が比較的高く、500~600度に達するのではないか」と推定している。【斎藤広子、須田桃子、酒造唯】


屋久島町に災害救助法適用=鹿児島県
時事通信 5月29日(金)13時51分配信

 鹿児島県は29日、口永良部島の新岳が噴火したことを受け、同島のある屋久島町に災害救助法の適用を決定した。避難所設置などに掛かる費用を国と県が負担する。 


口永良部島噴火 71歳男性がやけど
産経新聞 5月29日(金)13時29分配信

 鹿児島県によると、口永良部島(鹿児島県屋久島町)新岳の噴火で、番屋ケ峰避難所に避難した島民の男性(71)がやけどを負った。意識はあるという。


口永良部島噴火 屋久島町で多量の降灰予想
ウェザーマップ 5月29日(金)13時26分配信

Photo_2
噴火が継続した場合の口永良部島降灰予報(29日午前11時発表)。出典=気象庁ホームページ

 口永良部島(新岳)で発生した噴火は、正午すぎ現在も継続し、噴煙は火口上1000メートルまで上がっている。

 多量の火山灰を流す口永良部島上空の風は、北西から南東に向かって吹いており、今後島の南東方向へ火山灰が流れることが予想される。
 気象庁の予想では、午後3時まで現在の噴火が継続した場合、29日午後4時までに口永良部島(屋久島町)では多量の降灰があり、屋久島でも路面表示が見えにくくなるような降灰が予想される。

 気象庁は、多量の降灰が予想される範囲内では不要な外出や車の運転を控え、やや多量の降灰が予想される範囲内では、傘やマスク等で防灰対策をして、徐行運転を心掛けるよう呼びかけている。


口永良部島・新岳、過去にも噴火…死者も
読売新聞 5月29日(金)13時26分配信

 口永良部島の新岳では過去にも噴火が繰り返されてきた。

 1841年の噴火では死者多数を出し、1933~34年には何度も噴火して集落が全焼、死者8人の惨事となった。戦後になっても66年に火砕流が発生して負傷者が出ている。

 国内では過去にも火山災害が相次いでいる。2014年には御嶽山(長野・岐阜県境)が噴火し、噴石などで、死者・行方不明者63人を出す戦後最悪の被害となった。1991、93年の雲仙・普賢岳(長崎県)では火砕流に巻き込まれ、計44人の被害となった。

 死者は出なくても、長期の避難を強いられるケースも。2000年には伊豆諸島の三宅島(東京都)で噴火し、約1900世帯約3800人の住民全員が島外に避難した。噴火後も有毒な火山ガスを放出し続けたため、島民の帰島が阻まれた。避難指示が解除されたのは4年半後だった。


<口永良部島噴火>全島民の生存を確認 70代男性やけど
毎日新聞 5月29日(金)13時12分配信

 気象庁は29日、鹿児島県・口永良部島(くちのえらぶじま)(屋久島町)の新岳(しんだけ)(標高626メートル)が同日午前9時59分に爆発的噴火をしたと発表した。噴火に伴って火砕流が発生し、一部が海岸まで到達。気象庁は午前10時7分、同島に噴火警報を発令し、火山の活動状況を5段階で表す噴火警戒レベルを3(入山規制)から5(避難)に引き上げた。屋久島町は同10時20分、82世帯137人の全島民に島外への避難指示を出し、町によると、島民全員の生存が確認された。海上保安庁によると、70代の男性がやけどをした。

 気象庁によると、噴火警戒レベルで最高の5が発令されたのは、気象庁が2007年12月に制度を導入して以来初めて。

 火砕流は新岳の南西側から北西側の向江浜地区にかけての海岸に達した。噴煙は火口から9000メートル以上上がり、周辺に噴石が飛散。火山灰は屋久島がある南東方向に流れ、降灰予報では口永良部島で多量(厚さ1ミリ以上)、屋久島でやや多量(0.1ミリ以上1ミリ未満)と予想されている。

 噴火の種類などについて、同庁火山課の北川貞之課長は記者会見で、詳細は不明としつつ「規模の大きさから言って(マグマの熱で温められた地下水が気化して噴き出す)水蒸気噴火ではなく、1966年の噴火(マグマ噴火)と同じ程度」と説明。今後については「直ちに大規模な噴火が起こる兆候はないが、爆発力が強い噴火や規模の大きな噴火が今後発生する可能性はある。厳重に警戒してほしい」と述べた。

 政府は午前10時7分、首相官邸内危機管理センターに官邸対策室を設置した。安倍晋三首相は、早急に被害状況を把握▽地方自治体と連携し、早急な避難住民らの安全確保▽火山の観測を強化し、住民らへ適時的確な情報を提供--を指示。首相官邸で記者団に対し「海上保安庁の船舶と自衛隊のヘリが島に向かっている。全ての力を総動員して島民の安全確保に全力を挙げる」と述べ、赤沢亮正副内閣相を長とする政府調査団を現地に派遣することを明らかにした。

 また、菅義偉官房長官は記者団に「10時35分現在、人的被害がないことを確認した。住民137人のうち120人が避難所に既に避難している」と語った。

 口永良部島は約12キロ離れた屋久島との間に町営のフェリーが就航しており、屋久島町が住民の避難準備を進めている。フェリーには150人程度乗船できる。町と鹿児島県はそれぞれ災害対策本部を設置した。

 また、海上保安庁は巡視船など19隻を島周辺に派遣しており、午前11時50分ごろに測量船「(拓洋たくよう」が島の本村港沖に到着した。直接接岸できないため、小型船を港に向かわせて島民を拓洋まで運び、避難させる。午後0時半ごろには大型巡視船「さつま」も島の付近に到着した。また正午過ぎ、ヘリコプターから海保の機動救難士2人が、島の北西部の高台に設けられた一時避難所付近に降下。被害状況などを確認している。

 一方、国土交通省は、噴煙が1万メートル近くに達することから、付近を飛行する航空機に航空情報を流し、注意を促した。

 島では3月末に、夜間に高温のガスなどが噴煙や雲に映って赤く光っているように見える「火映現象」が観測された。火山性地震も時折発生し、今月23日には震度3を観測する地震があった。【内田久光、狩野智彦、松本惇】


<口永良部島噴火>「ボーン、稲光のような閃光」震える島民
毎日新聞 5月29日(金)12時56分配信

Photo_5
大規模な噴火が発生し、上空高く噴煙を上げる口之永良部島=鹿児島県屋久島町永田沖で2015年5月29日午前10時8分、高久至さん撮影

 噴き上がる灰色の噴煙は島を覆うように広がり、火砕流は海岸にまで達した。鹿児島県・口永良部(くちのえらぶ)島(屋久島町)の新岳(標高626メートル)が29日午前、爆発的噴火をし、噴火警戒レベルが「5」(避難)に引き上げられた。「ボーンという大きな音がした」「稲光のような閃光(せんこう)を見た」。住民は恐怖に震えた。

 口永良部島で漁業を営む後藤利幸さん(69)は火口から南西に約3キロ離れた海上で漁をしている時、噴煙に気づいた。毎日新聞の電話取材に「振り向くと、噴煙が高さ200~300メートルに上がり、火砕流が東と西の方向に流れていくのが見えた」と興奮した様子で話した。すぐに船から家族に電話をかけ、安否を確認すると「避難所に行っている」と返事があったという。後藤さんも「様子を見て自分も避難を考えたい」と語った。

 島で民宿を経営する後藤しづ子さん(64)は「外にいたら『ボーン』というすごい音がし、家の方向に真っ黒い煙が迫ってきた。息もしづらい。着の身着のままで何も持たずに避難を始めた」と慌てた様子で話し、住民の男性は「まだ状況が全然つかめていない。とにかく勤め先の戸締まりに行って、避難したい」。

 噴煙は島の東約12キロの屋久島にも届いた。屋久島北西部にある屋久島町立永田小学校の長崎克則教頭(49)は「噴火の音には気づかなかったが午前11時ごろには噴煙が流れてきて空が真っ暗になった。口永良部島で人的な被害がないことを祈っている」と話した。

 屋久島町永田で旅館を経営する牧シゲコさん(79)は「噴煙に覆われて急に空が真っ暗になった。口永良部島を見たら、島の左半分が噴煙で見えなかった。噴煙の中に稲光みたいな閃光が『パッパッ』と見えて、恐ろしくて生きた心地がしなかった」と声を震わせた。

 屋久島町永田の海沿いで民宿を経営する岩川和司さん(59)も午前10時ごろ、海の向こうの口永良部島から黒い噴煙が高く上がる様子を見た。「『ゴボゴボ』という低い音も響いて聞こえてきた。小学生の時にも大きな噴火を見たことがあるが、今回はそれをはるかにしのぐ規模だ」と驚いていた。

 屋久島町役場の職員は「島民の被害は出ていないようだ。昼から島民を避難させるためにフェリーの臨時便を出した」と話した。鹿児島県の防災ヘリで町幹部が現地入りし、被害状況の把握に努めるという。

 気象庁によると、口永良部島は、長さ約12キロ、最大幅約5キロ。古い火山である西部の番屋ケ峰と、島の中央部から東部にあり、現在まで活動を続けている新岳、古岳、野池山などからなる。

 今回大規模な噴火を起こした新岳は、山頂部に岩のかたまりを多く含んでおり、古岳と新岳では複数の火山灰層を確認できることから、過去1000年以内に複数回の爆発的なマグマ噴火があったとみられる。【川崎桂吾、岸達也、杣谷健太、鈴木一生】


口永良部島噴火 測量船が沖合に到着 小型船で島民のピストン輸送検討
産経新聞 5月29日(金)12時47分配信

 口永良部島(鹿児島県屋久島町)新岳の爆発的噴火を受け、海上保安庁は29日、巡視船など計19隻を現場付近の海域に派遣し、うち測量船「拓洋」(定員168人)が午前11時50分ごろ、同島沖に到着した。海保は拓洋に搭載されている小型船のほか、ヘリコプターなどを使った避難者のピストン輸送が可能かどうかを検討している。

 また、午後0時半ごろに大型巡視船「さつま」(同約500人)も同島湯向地区沖に到着。さつまはヘリコプターの離着陸が可能という。

 海保は多くの島民が避難している番屋ケ峰の避難所にヘリを向かわせ、機動救難士2人をロープで降下させており、避難者の状況確認や避難方法の検討などを行っている。

 このほか、16隻が現在も同島付近に向けて航行中という。


「昨年8月よりやや大きい」=口永良部島、マグマ関与の噴火―気象庁課長
時事通信 5月29日(金)12時42分配信

 気象庁の北川貞之火山課長は29日午前の記者会見で、鹿児島県・口永良部島の新岳噴火について、「昨年8月の噴火よりやや大きく、水蒸気噴火ではない。マグマが関与する噴火と考えているが、直ちに大規模な噴火に移行する兆候はない」と説明した。
 口永良部島では今月23日午前8時ごろ、最大震度3を観測する火山性地震があった。気象庁と屋久島町は、噴火が発生した場合は警戒レベルを3から5に引き上げ、全島避難することを決めていた。住民にも説明会を開いたという。 


「住民避難、迅速に」=口永良部島噴火で省庁対策会議―山谷防災担当相
時事通信 5月29日(金)12時39分配信

 鹿児島県・口永良部島の新岳噴火を受け、政府は29日午前、関係省庁災害対策会議を開いた。冒頭、山谷えり子防災担当相は「住民の安否情報を速やかに収集し、避難を安全迅速に実施するようお願いしたい」と述べ、住民の安全確保に万全の態勢で臨むよう指示した。
 会議では、鹿児島県の幹部らとテレビ会議を実施。情報を共有し今後の対応を協議した。また、政府は赤沢亮正内閣府副大臣をトップとする政府調査団を同県と屋久島町に派遣した。 


口永良部島噴火 気象庁「今後も同規模の噴火が発生する恐れある」 有感地震観測も爆発的噴火予想される事象なしと説明
産経新聞 5月29日(金)12時34分配信

 口之永良部島の爆発的噴火を受け、気象庁は29日午前11時半すぎから記者会見を開き、今回の噴火は、比較的規模の小さい水蒸気噴火ではない可能性があると指摘した上で、北川貞之・火山課長は「今後も同規模の噴火が発生する恐れがある」と説明した。

 気象庁によると、29日午前9時59分に爆発的噴火が発生。火砕流が新岳の南西側から北西側にかけての海岸まで達したという。噴煙は火口縁上から9千メートル以上まで上がり、火口周辺に噴石が飛散したという。爆発的噴火は5、6分続いたとしている。

 北川課長は「今後も爆発力が強い噴火や規模の大きな噴火が発生する可能性がある」などと説明。火砕流の到達が予想される居住地域では厳重な警戒をし、住民に自治体などの避難指示に従うように促した。

 火砕流は、3月ごろから派遣する気象庁の機動観測班が向江浜地区と前田地区の間に到達しているのを確認したという。東側については未確認だとしている。

 口之永良部島では26日に震度3の地震が発生し、火山性微動も少ないながらもあったという。ただ、北川課長は「直前に(爆発的噴火を予想させる)何かが急激に高まったということはなかった」としている。

 気象庁は、有感地震に限ると、24時間以内に複数回観測されれば、警戒レベルを避難準備の「4」に引き上げることになっていたと説明。地元の防災協議会などとも認識を共有し、住民側にも伝わっていたとしている。

 一方、噴煙は屋久島方向に流れているという。周辺では硫黄島など火山活動が活発化する地点もあるが今回の口之永良部島の爆発的噴火が影響を与える可能性は考え難いとしている。

 また、全国的に火山活動が活発化している可能性については、北川課長は「なかなか判断は難しい」と説明した。

 口之永良部島では、昭和41年にも爆発的な噴火が発生し、噴石が火口から3キロ以上離れたところにも飛散したという。


口永良部島噴火 防衛省、部隊派遣規模検討
産経新聞 5月29日(金)12時30分配信

 鹿児島県屋久島町・口永良部島の新岳噴火で、防衛省は29日午前10時40分に鹿児島県から災害派遣要請を受け、部隊派遣規模の検討に入った。これに先立ち、陸海空自衛隊はそれぞれ情報収集のため、戦闘機やヘリコプターを現地に派遣した。

 防衛省統合幕僚監部によると、午前10時15分、航空自衛隊新田原基地(宮崎県)のF4戦闘機2機が現地に向けて離陸。10時48分に海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿児島県)のP3C哨戒機、11時12分には陸上自衛隊目達原駐屯地(佐賀県)のUH1ヘリコプター2機とUH60ヘリコプター1機、11時15分に高遊原分屯地(熊本県)のUH601機が現地に向かった。

 また、陸自は国分駐屯地(鹿児島県)から連絡員を鹿児島県庁に派遣。被災状況やニーズに関する情報収集にあたる。


口永良部噴火 避難用のフェリー出発
産経新聞 5月29日(金)12時28分配信

 鹿児島県危機管理防災課によると、午前11時50分ごろ、屋久島の宮之浦港から口永良部島に向かって住民の避難用のフェリー臨時便が出発した。1時間40分ほどで口永良部島本村地区の港に到着する見通し。到着次第、島民と一時滞在者を含む約140人がフェリーに乗って屋久島へ避難する。

 フェリーの定員は通常は100人だが、国土交通省九州運輸局が噴火を受けて定員数を一時的に150人に変更した。


<口永良部島噴火>気象庁、屋久島などに多量の降灰予報
毎日新聞 5月29日(金)12時24分配信

Photo
火山灰をかぶって灰色となった山林や畑(上)=鹿児島県屋久島町の口永良部島で2015年5月29日午後0時31分、本社ヘリから須賀川理撮影

 鹿児島県・口永良部(くちのえらぶ)島(屋久島町)・新岳の爆発的噴火に伴い、気象庁は29日午前、降灰予報を発表した。

 噴火が続いた場合、同日午後4時までに予想される降灰量は、屋久島町で1ミリ以上。同庁は、多量の降灰が予想される地域では、不要な外出や車の運転を控えるよう呼びかけている。


口永良部島噴火 首相「全ての力を総動員。島民の安全確保に全力」
産経新聞 5月29日(金)12時9分配信

 安倍晋三首相は29日午前、鹿児島県の口永良部島の爆発的噴火について、海上保安庁の船舶や自衛隊のヘリコプターが島民の救助に向かっていることを明らかにした上で、「全ての力を総動員して島民の安全確保に全力を挙げる」と述べた。官邸で記者団に明らかにした。

 また、内閣府の赤沢亮正副大臣を団長とする政府調査団を現地に向かわせる考えも示した。


口永良部島噴火 菅官房長官、安全確保に全力
産経新聞 5月29日(金)12時7分配信

 菅義偉官房長官は29日午前、鹿児島県の口永良部島の爆発的噴火を受けて官邸内で記者会見し、「現時点で人的被害はないことを確認している」と述べた。

 菅氏は「島民137人のうち、120人は避難している。住民避難のために海上保安庁などの船舶が島に向かっている」と発言し、島民の安全確保に全力をあげる方針を示した。県から自衛隊の派遣要請を受け、現在、派遣規模などを調整していることも明らかにした。


口永良部島噴火 屋久島町が全島民の無事確認
産経新聞 5月29日(金)12時2分配信

 総務省消防庁は29日、口之永良部島の噴火で、鹿児島県屋久島町から、全島民の無事を確認したとの連絡が入ったことを明らかにした。

« 口永良部島で爆発的噴火 住民に島外避難指示 | トップページ | 口永良部島で爆発的噴火 住民に島外避難指示・3 »

ニュース」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/61665791

この記事へのトラックバック一覧です: 口永良部島で爆発的噴火 住民に島外避難指示・2:

« 口永良部島で爆発的噴火 住民に島外避難指示 | トップページ | 口永良部島で爆発的噴火 住民に島外避難指示・3 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30