« ホンダジェット、日本初飛行 本田宗一郎氏の「夢」日本の空に・2 | トップページ | 首相官邸屋上でドローン(小型無人飛行体)発見、微量の放射性物質を検出・5 »

2015年4月25日 (土)

ネパール中部でM7.8の地震

ネパール中部で25日午前11時56分(日本時間午後3時11分)ごろ、マグニチュード(M)7.8の強い地震が発生した。

ネパール警察当局者の話として、これまでに876人が死亡したと報じた。死者がさらに増える恐れがある。世界最高峰エベレスト(8848メートル)でも雪崩が起き、8人が犠牲となった。インドやチベットなどでも被害が出ている模様。

首都カトマンズでは多くの建物が崩壊し、少なくとも50人が生き埋めになっている状況と報じられている。

リンク:カトマンズの広場 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:日本人1人連絡取れず…野口健さんもヒマラヤに - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<ネパール地震>日本人の安否確認続く - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<ネパール地震>「目の前でビル崩れ」 病院に負傷者殺到 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:叫び、逃げ惑う住民=邦人旅行者「死ぬかと思った」―ネパール - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:旅行会社、地震情報収集急ぐ - 速報:@niftyニュース.
リンク:ネパール地震死者876人に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<ネパール地震>「M8級」過去にも - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【ネパール大地震】野口健さん「無事」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【ネパール大地震】チベット側BCにいた登山家・竹内洋岳さんは無事 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:野口さんもヒマラヤ滞在か - 速報:@niftyニュース.
リンク:ネパール地震死者、758人に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:[写真特集]ネパールでM7.9の強い地震、多くの建物が倒壊 被害甚大の恐れ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ネパール大地震 揺れは1分以上、目の前で建物倒壊…続くパニック状態 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ネパールでM7・8の大地震 死者700人超…エベレストの雪崩で8人犠牲 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ネパールで地震、876人死亡=M7.8、インドや中国も被害―エベレストで雪崩 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:地震死者は500人以上=ネパール大使館 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ネパール地震で救出された男性 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ネパールの地震で救出される男性 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:地震の死者449人に=ネパール - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ネパール中部でM7.9 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ネパール首都近郊でM7.9の地震、死者150人以上 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ネパールの地震で倒壊した建物 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ネパール中部でM7.9=建物倒壊、114人死亡―インド、中国でも被害 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<ネパール>M7.9の地震 カトマンズでは建物崩壊 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:地震、死者数百人か=ネパール - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:エベレスト周辺で雪崩発生 M7.9の地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:カトマンズ塔倒壊、約10人死亡 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ネパールでM7・8地震…日本人の安否確認急ぐ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ネパール中部でM7.9=建物倒壊、2人死亡 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ネパールでM7.9の地震、数百人が死亡か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ネパール首都近くでM7.9の地震、死傷者も ビル損壊 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ネパール地震400人超死亡 - 速報:@niftyニュース.
リンク:ネパール中部でM7.9の地震 建物倒壊の被害(4/25) - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

カトマンズの広場
時事通信 4月25日(土)22時25分配信

Photo_38
25日、地震により建物が倒壊し、がれきが積み上がるネパールの首都カトマンズの広場。


日本人1人連絡取れず…野口健さんもヒマラヤに
読売新聞 4月25日(土)22時12分配信

 ネパール中部で25日昼前(日本時間午後)に発生したマグニチュード(M)7・8の地震。日本からヒマラヤ山系を訪れていた登山者らの中には連絡が取れない人もおり、関係者は安否確認に追われた。

 首都カトマンズに本社がある旅行会社「こだまツアーズ」の関係者によると、現地ガイドとともに登山のためヒマラヤ山系に入った日本人男性1人の安否が、同日夜までに確認できていないという。雪崩が起きたとの情報もあり、同社関係者は「現地から『ガイドとの連絡が取れない』との報告があった。無事だといいのだが……」と気遣った。

 アルピニストの野口健さん(41)も現在、ヒマラヤ山系で登山中だが、妻の靖子さん(43)によると、地震後に衛星電話で連絡が取れたという。

 ネパール国内には、国際協力機構(JICA)の日本人関係者が約100人滞在する。JICAの広報担当者は「今のところ被害の情報はないが、通信状況が悪く、なかなか現地の状況がつかめない」と語った。


<ネパール地震>日本人の安否確認続く
毎日新聞 4月25日(土)22時9分配信

 【ニューデリー金子淳】ネパール中部で25日午前11時56分(日本時間同日午後3時11分)ごろ、マグニチュード(M)7.8の強い地震が発生し、首都カトマンズなどで多くの建物が倒壊した。

 ◇アルピニスト野口さんの無事確認

 ネパールの首都カトマンズやヒマラヤ登山の拠点には、多くの日本人が滞在しているとみられ、関係者は安否確認に追われた。関係者によると、ヒマラヤは今の時期、天候も安定し、秋と並んで登山者が多い。

 旅行会社「アドベンチャーガイズ」(東京都千代田区)によると、同社からは計17人の日本人が登山やベースキャンプ(BC)ツアーでエベレスト周辺にいたが、全員の無事を確認した。負傷者の情報もあるが、詳細は不明という。このツアーにはタレントのなすびさんも参加していた。

 同社によると、ガイドとして同行していた近藤謙司社長から衛星電話を通じ、「全員無事」との報告とともに、「BCで大規模な雪崩が発生し、登山隊のテントがつぶされたり、人的な被害が出た」と連絡があったという。

 地震が発生した時、アルピニストの野口健さん(41)もヒマラヤ山系にいたが、25日夜に無事が確認された。

 また、ヒマラヤ登山を扱う「ウェック・トレック」(東京都港区)では、登山の拠点として知られるナムチェバザール滞在中の客3人から「かなり揺れたが無事だ」と連絡を受けたという。

 外務省海外邦人安全課は午後10時現在「邦人が巻き込まれたという情報は入っていない」としている。仕事での海外赴任などでネパールに滞在する日本人は約1000人だが、短期渡航者の数は把握できないという。

 国際協力機構(JICA)によると、同国に約100人の職員や日本人専門家、ボランティアを派遣しており、午後10時までに1人を除いて全員の無事が確認された。

 カトマンズの西約200キロのネパール第2の都市ポカラの住民によると、地震の揺れで住民が一斉に屋外に飛び出したが、建物が倒壊するなどの大きな被害はなかったという。【佐藤賢二郎、山田泰蔵、藤沢美由紀】


<ネパール地震>「目の前でビル崩れ」 病院に負傷者殺到
毎日新聞 4月25日(土)22時7分配信

Photo_29
手当を受ける負傷者=ネパールの首都カトマンズで2015年4月25日、AP

 【ニューデリー金子淳】倒壊したビル、ひび割れた道路、病院に殺到する住民--。25日、ネパールを襲ったマグニチュード(M)7.8の巨大地震は住宅や史跡などを破壊し、住民は余震で建物が倒壊するのを恐れ、路上や広場で肩を寄せ合っていた。レンガ造りの古い家屋が大きな被害を受け、日本人も登山中だったヒマラヤ山脈では雪崩も発生した。地方都市の通信網が寸断されており、ネパール当局は情報収集や救助活動に追われている。

 「バイクに乗っていたら、突然目の前のビルが崩れ、みんな恐怖で外に飛び出してきた」。首都カトマンズのミン・タパさん(45)は電話取材に大きな揺れに襲われた瞬間の様子を声を震わせながら語った。「3分ほど前にも余震があった。みんな建物の倒壊を恐れて道路にあふれている」という。

 カトマンズの日本大使館の職員によると「震度5ぐらいの揺れ」が1分ほど続き、「レンガ造りの家が崩れていた」という。地元記者の男性は「立っていられないほどの揺れだった。こんなに大きな地震は初めてだ」と語った。

 インドメディアの映像によると、カトマンズ中心部の寺院が集まる広場では、複数の寺院の屋根が崩壊。広場は住民であふれ、放心したように周囲を見渡している。道路には数十センチほどの亀裂が入り、路上では負傷者の手当てをする住民の様子が映っていた。ネパール警察の報道担当者はインドメディアに「地方と連絡が取れず、被害の詳細は不明だ」と語った。

 カトマンズ中心部の病院には200人以上の負傷者が搬送された。病院職員のダワ・シェルパさんによると、ベッドが足りず、負傷者の一部はマットレスの上で治療を受けている。地震直後から停電が続き、発電機で対応しているという。シェルパさんは「多くの人が殺到しており、まるでけんかのようだ」と話した。

 地震の揺れは、隣国インドまで及んだ。ネパールと国境を接する北部ビハール州に住む男性(54)は電話取材に「道路がひび割れた。みんな再び大きな地震が来るのではないかと恐れている」と話した。


叫び、逃げ惑う住民=邦人旅行者「死ぬかと思った」―ネパール
時事通信 4月25日(土)22時6分配信

 【ニューデリー時事】「突然、ズザザザーと音がして建物が崩れた」。ネパールの首都カトマンズから約10キロほど離れた古都バクタプル。時事通信の電話取材に応じた日本人の40代女性は、ヒンズー教寺院などが集まる同市を観光中に地震に見舞われた。「建物が崩れ、広場にいた人々の『ギャー』という叫び声で地震に気付いた」と振り返った。
 強い横揺れが続き、たまらず地面にしゃがみ込んだ。つい先ほどまでは建物の中にいた。「地震が起きるのが10分早ければ、がれきの下だったかもしれない」。恐怖が脳裏をかすめた。
 地震に慣れていない地元住民は、余震が来るたびにパニックを起こし、恐怖のため広場や路上を叫び声を上げて走り回る。女性は「もうここで死ぬのかと思った」と声を震わせた。
 カトマンズ市内では倒れた電柱に押しつぶされた車や、がれきの下から運び出された犠牲者を目の当たりにした。崩れた建物や塀が道路をふさいでいたため、途中で車を降り、がれきの上を歩いて宿泊先に戻ったという。 


旅行会社、地震情報収集急ぐ
2015年4月25日(土)22時2分配信 共同通信

 ネパール中部の地震では、世界最高峰エベレスト(8848メートル)で雪崩が起き犠牲者が出た。春の登山シーズンを迎えたエベレストなどヒマラヤ山系を目指す日本人が現地に多く滞在しており、旅行会社は緊迫した様子で情報収集を続けた。

 エベレストなどの山岳ツアーを手配する東京都千代田区の旅行会社「アドベンチャーガイズ」には午後3時半ごろ、現地の日本人ガイドから「エベレストのベースキャンプで雪崩が発生した。各国のテントが壊滅状態だ」と連絡が入った。

 ガイドの近藤謙司社長と日本人客計15人、日本人スタッフ1人、現地スタッフは全員無事が確認された。


ネパール地震死者876人に
時事通信 4月25日(土)22時2分配信

 AFP通信によると、ネパール警察は25日起きた地震の死者が876人に達したと明らかにした。 


<ネパール地震>「M8級」過去にも
毎日新聞 4月25日(土)22時2分配信

Photo_37
倒壊した建物のがれきを撤去する市民ら=ネパールの首都カトマンズで2015年4月25日、AP

 【ニューデリー金子淳】ネパール中部で25日午前11時56分(日本時間同日午後3時11分)ごろ、マグニチュード(M)7.8の強い地震が発生し、首都カトマンズなどで多くの建物が倒壊した。

 ◇「M7程度の余震が続く恐れ」

 ネパールは、海側のインド・オーストラリアプレート(岩板)が陸側のユーラシアプレートの下に沈み込むプレート境界に位置し、ひずみがたまって地震が起きやすい。二つのプレートの衝突によって隆起してできたのがヒマラヤ山脈だ。石川有三・元気象庁地磁気観測所所長(地震学)は「プレート境界で起きた逆断層型の地震だ。今後数カ月は最大でマグニチュード(M)7程度の余震が続く恐れがある」と語った。

 一方、現地にも詳しい纐纈(こうけつ)一起(かずき)・東京大地震研究所教授(応用地震学)は「現時点の情報で震央の位置をみると、プレート境界の地震ではない可能性がある。現地は耐震性を考慮していない建物が多いうえ、山岳地帯で地滑りも起きやすく、かなりの被害が懸念される」と指摘した。

 この地域では過去にも大きな地震が起きており、1934年のM8.3の地震では1万人以上、88年のM6.6の地震では1450人が亡くなった。阿部勝征(かつゆき)・東京大名誉教授(地震学)は「M8級の地震が直下で起きており、被害は相当大きいと考えられる。規模が大きい地震ほど被害の情報は集まりにくく、時間の経過とともに拡大する恐れがある」と話す。【千葉紀和、大場あい】


【ネパール大地震】野口健さん「無事」
スポーツ報知 4月25日(土)22時0分配信

 地震が発生したネパールにあるヒマラヤ山系に滞在していたアルピニスト・野口健さん(41)が無事であることが25日、分かった。

 この日午後9時すぎ、野口さんの兄がツイッターに「ネパールにいる弟の無事を確認」と書き込んだ。

 野口さんのブログの最後の更新は23日で、エベレストから30キロ以上西のゴーキョ・ピークを登頂し、「天候次第ですが、明後日には峠越えをしエベレスト方面へ。エベレストのベースキャンプを目指します」と記していた。


【ネパール大地震】チベット側BCにいた登山家・竹内洋岳さんは無事
スポーツ報知 4月25日(土)21時41分配信

 ネパールで25日に起きた地震直後に世界最高峰のエベレストで雪崩が発生したが、チベット側から登頂を目指している登山家の竹内洋岳さん(44)は無事であることが分かった。日本時間25日の午後9時過ぎ、現地のエージェントを通じ日本の関係者に連絡が入った。

 地震発生時、エベレストのチベット側のベースキャンプ(BC)にいた竹内さんは「多少揺れはあったものの特に問題はなく無事にしております」と話したという。


野口さんもヒマラヤ滞在か
2015年4月25日(土)21時39分配信 共同通信

 地震が発生したネパールにあるヒマラヤ山系には、アルピニスト野口健さん(41)も滞在しているとみられることが25日、本人のブログで分かった。最後の更新は23日で、エベレストから30キロ以上西のゴーキョ・ピークを登頂し「天候次第ですが、明後日には峠越えをしエベレスト方面へ。エベレストのベースキャンプ(BC)を目指します」と書いていた。

 ブログには、10日の記事でカトマンズ入りしたと紹介。14日に「明日からヒマラヤへ。約1カ月半の登山となります」との記述がある。


ネパール地震死者、758人に
時事通信 4月25日(土)21時34分配信

 ロイター通信によると、ネパール内務省当局者は、25日起きた地震の死者が758人に達したと述べた。 


[写真特集]ネパールでM7.9の強い地震、多くの建物が倒壊 被害甚大の恐れ
Yahoo!ニュース 4月25日(土)21時28分配信

Photo_36
倒壊した建物を調べる人々(ロイター/アフロ)


ネパール大地震 揺れは1分以上、目の前で建物倒壊…続くパニック状態
産経新聞 4月25日(土)21時2分配信

 【ニューデリー=岩田智雄】倒壊した建物や壁。亀裂が入った道路。ネパールで発生した地震は多くの犠牲者を出し、当局による懸命の救出作業が続いた。インドの民間テレビ局NDTVは、カトマンズ中心部タメル地区などの被害の様子を放映、手作業でがれきを除去する市民の様子などを伝えた。

 地震直後に産経新聞の電話取材に応じた現地在住の邦人外交官によれば、震度5程度の揺れを感じた。電話の間にも「今、余震が起きている」と話した。報道によれば、ネパールではマグニチュード(M)6・6を含む複数回の余震が発生している。

 外交官宅では家具は倒れず、ゴミ箱が転倒する程度だったが、カトマンズ市内には古い建築物や質素な家屋が多数あり、こうした建物に被害が出たとみられている。インターネットやテレビは不通の状態で、情報収集は困難な状況にあるという。

 ネパールのラジオ局で司会者として働く男性はフェイスブックを通じての取材に対し、「揺れは1分以上続いた。目の前で3階建ての古い建物が倒壊し、市民はパニック状態に陥っている。携帯電話はまったく通じない」としている。

 インドのモディ首相はバンコクに滞在中だったネパールのコイララ首相に電話し、支援を申し出た。


ネパールでM7・8の大地震 死者700人超…エベレストの雪崩で8人犠牲
産経新聞 4月25日(土)20時34分配信

 【ニューデリー=岩田智雄】ネパール中部で25日正午(日本時間同日午後)まえ、マグニチュード(M)7・8の強い地震が発生し、首都カトマンズなどでビルや家屋が倒壊した。ロイター通信は同国内の死者が688人に上ったと伝えた。

 報道によれば、ヒマラヤ山脈の世界最高峰エベレスト(8848メートル)では雪崩が発生して少なくとも8人が死亡した。中国との国境付近で中国人2人が死亡、インドやバングラデシュでも20人あまりが死亡した。現地の日本大使館は邦人の安否を確認している。

 震源地はカトマンズの北西約80キロ。カトマンズでは市内で最も高い歴史的建造物ダラハラタワー(約60メートル)が倒壊、死傷者が出ている。数百年前に建てられた寺院などが集中する世界遺産、ダルバール広場にも被害が出ているもようだ。

 今回の地震は、ネパールでは約80年ぶりの規模。ヒマラヤ山脈は登山シーズンを迎えており、チョ・オユーの標高5600メートルのベースキャンプにいた登山客も、スウェーデンの通信社に揺れたと証言した。揺れはインドの首都ニューデリーやパキスタン東部ラホールでも観測された。


ネパールで地震、876人死亡=M7.8、インドや中国も被害―エベレストで雪崩
時事通信 4月25日(土)20時29分配信

 【ニューデリー時事】米地質調査所(USGS)によると、ネパール中部で25日午前11時56分(日本時間午後3時11分)ごろ、マグニチュード(M)7.8の強い地震が発生した。AFP通信によれば、警察当局者はこれまでに死者が876人に達したと述べた。死者はさらに増える恐れがある。世界最高峰エベレスト(8848メートル)では雪崩が発生。近隣国のインドや中国も含め、倒壊した建物の下敷きになるなどして多数の負傷者が出ている。
 震源地は首都カトマンズの北西約80キロ、震源の深さは約15キロ。地元メディアによれば、揺れは30秒から2分間続いた。日本の外務省によると、ネパールの在留邦人は約1100人。在ネパール日本大使館には日本人の被害に関する情報は入っておらず、安否の確認を急いでいる。
 カトマンズでは、観光名所となっている19世紀に建てられた白い円柱形の塔「ダラハラ」(高さ約62メートル)が倒壊し、10人前後の遺体が運び出された。少なくとも50人ががれきの下に閉じ込められたもよう。幹線道路が破壊されたほか、国際空港も被害を受け、救助活動への影響が懸念されている。
 AFP通信などによると、エベレストの雪崩では少なくとも10人が死亡。観光当局者は「犠牲者はさらに増える恐れがある。外国人やシェルパも巻き込まれた可能性がある」と語った。


地震死者は500人以上=ネパール大使館
時事通信 4月25日(土)19時59分配信

 【ニューデリー時事】ニューデリーのネパール大使館は25日、時事通信の取材に対し、地震の死者は500人を超えるとの見方を明らかにした。 


ネパール地震で救出された男性
時事通信 4月25日(土)19時50分配信

Photo_35
25日、ネパールの首都カトマンズで、地震で倒壊した建物から救出された男性。


ネパールの地震で救出される男性
時事通信 4月25日(土)19時50分配信

Photo_34
25日、ネパールの首都カトマンズで、地震で倒壊した建物の中から救出される男性。


地震の死者449人に=ネパール
時事通信 4月25日(土)19時35分配信

 ロイター通信によると、ネパールの警察は25日、地震で449人が死亡したと明らかにした。 


ネパール中部でM7.9
時事通信 4月25日(土)19時19分配信

Photo_33
米地質調査所によると、ネパール中部で25日午前、マグニチュード(M)7.9の強い地震が発生した。写真は首都カトマンズで、地震により崩壊したダラハラ塔の周辺で作業する救助隊員ら。


ネパール首都近郊でM7.9の地震、死者150人以上
CNN.co.jp 4月25日(土)19時10分配信

(CNN) ネパール首都カトマンズ近郊で25日発生したマグニチュード(M)7.9の地震で、ネパール当局は同日、カトマンズ市内で150人以上が死亡したと発表した。

CNNのマネシュ・シュレスタ特派員は同市内の病院で5体の遺体を目撃。重傷者が屋外で治療を受け、1人の患者には医師が心肺蘇生措置を行っていたという。特派員自身も負傷し、現地は「極めて混乱した状態だ」と述べた。

米地質調査所(USGS)によると、震源はカトマンズから北西へ約81キロ離れた地点。震源の深さは約15キロとしている。同サイトはM5.1、6.6の余震の発生も伝えた。揺れは約322キロ以上離れた隣国インドの首都ニューデリーでも観測された。

この地震に伴い、世界最高峰のエベレスト山の周辺で雪崩が発生したとの情報がある。同山の登頂を目指していた登山隊のガイドが明らかにした。自らの登山隊は無事としているが、他の登頂チームの安否は不明としている。

地震の被害の詳細は不明だが、カトマンズにあるCNN系列局のIBNの記者は多くのビルの外壁などの崩壊の目撃を証言。多くの住民が通りへ飛び出すなどパニック状態になったことも伝えた。

インドのモディ首相は短文投稿サイト「ツイッター」で、国内やネパールでの地震発生に伴う情報の収集に努めていると述べた。


ネパールの地震で倒壊した建物
時事通信 4月25日(土)18時43分配信

Photo_32
25日、ネパールの首都カトマンズで、地震により倒壊した建物周辺で救助活動を行う人々。


ネパール中部でM7.9=建物倒壊、114人死亡―インド、中国でも被害
時事通信 4月25日(土)18時38分配信

 【ニューデリー時事】米地質調査所(USGS)によると、ネパール中部で25日午前11時56分(日本時間午後3時11分)ごろ、マグニチュード(M)7.9の強い地震が発生した。AFP通信によれば、ネパール内務省は少なくとも114人が死亡したと明らかにした。ネパールの外交筋は恐らく数百人が死亡したと述べた。
 首都カトマンズでは有名な塔「ダラハラ」が崩壊し、10人前後の遺体が運び出された。近隣国のインドや中国も含め、倒壊した建物の下敷きになるなどして多数の負傷者が出ている。
 在カトマンズ日本大使館によると、日本人の被害に関する情報は入っていないという。
 震源地はカトマンズの北西約80キロ、震源の深さは約15キロ。ロイター通信などによると、カトマンズの公園で像が倒れ少女が死亡。ダラハラは19世紀に建てられた白い円柱形の塔。観光名所となっており、少なくとも50人が閉じ込められているもようだ。
 また、世界最高峰エベレスト(8848メートル)でも地震の影響で雪崩が起きたとの情報もある。
 強い揺れはインドの首都ニューデリーや他の北部の都市でも観測された。地元メディアによると、ネパールとの国境近くでは家の壁が倒れるなどして少なくとも5人が犠牲になった。
 中国の新華社通信によると、チベット自治区の国境沿いの地域で多くの住宅が倒壊したり壁に亀裂が入ったりし、女性1人が死亡した。 


<ネパール>M7.9の地震 カトマンズでは建物崩壊
毎日新聞 4月25日(土)18時32分配信

Photo_31
建物が崩壊し、救助作業をする人たち=ネパールの首都カトマンズで2015年4月25日、AP

 【ニューデリー金子淳】米地質調査研究所(USGS)によると、ネパール中部で25日午前11時56分(日本時間午後3時11分)ごろ、マグニチュード(M)7.9の強い地震が発生した。米CNNによると、ネパール政府は150人以上の犠牲者が出たことを明らかにしているほか、近隣国のインドやバングラデシュでも死者が出ているという。

 震源地はカトマンズの北西約80キロで、震源の深さは約15キロ。世界最高峰のエベレスト山などがある山岳部で雪崩が発生し、登山家のベースキャンプが被害にあったとの情報もある。CNNの映像によると、カトマンズでは建物が崩壊し、倒れた電柱が乗用車の屋根を直撃する被害などが出ている。外務省によると、ネパール国内には約1000人の日本人が滞在しており、安否の確認に当たっている。


地震、死者数百人か=ネパール
時事通信 4月25日(土)18時29分配信

 AFP通信によると、ネパールの外交筋は25日に発生した地震で、恐らく数百人が死亡したと述べた。 


エベレスト周辺で雪崩発生 M7.9の地震
CNN.co.jp 4月25日(土)18時5分配信

(CNN) ネパール首都カトマンズ近郊でマグニチュード(M)7.9の地震が発生し、世界最高峰エベレスト登頂を目指す登山隊が地震の影響によるとみられる雪崩の発生を目撃した。

登山者の1人、アレックス・ガバン氏は短文投稿サイト「ツイッター」に、登山隊のベースキャンプで大きな揺れを感じた後、エベレストに近いプモリ山の方向から巨大な雪崩が発生したと投稿。「テントから死に物狂いで逃げた。自分にけがはなかった。多くの人々が山の上にいる」と述べた。

登山隊の1つをガイドするダワ・ステファン・シェルパ氏も雪崩を目撃。自分の隊は無事だが、他の登山者の安否はわからないと述べた。


カトマンズ塔倒壊、約10人死亡
時事通信 4月25日(土)17時52分配信

 【ニューデリー時事】AFP通信によると、ネパールで25日発生した地震で、カトマンズにあるダラハラ塔が倒壊し、10人前後の遺体が搬送された。 


ネパールでM7・8地震…日本人の安否確認急ぐ
読売新聞 4月25日(土)17時36分配信

 【ニューデリー=石田浩之】米地質調査所(USGS)によると、25日午前11時56分(日本時間午後3時11分)頃、ネパール中部でマグニチュード(M)7・8の地震があった。

 ネパール政府によると、少なくとも114人が死亡し、多数の負傷者が出ている。インド紙タイムズ・オブ・インディア(電子版)はネパール政府高官の話として、688人が死亡したと報じた。現地では交通や通信網が寸断されており、被害状況の確認が進むにつれ、犠牲者がさらに増えるとみられる。

 在ネパール日本大使館によると、日本人の被害は今のところ確認されていないが、在留邦人が約1100人いるほか、ヒマラヤ山系に日本からの登山者がいる可能性もあり、安否の確認を急いでいる。

 震源は首都カトマンズの北西80キロで、震源の深さは約15キロ。観光地のポカラにも近い。インドのテレビ局「NDTV」などによると、カトマンズでは、世界文化遺産に登録されている塔が崩壊し、約10人が死亡したほか、約50人が下敷きになっているという。レンガを積み上げた住宅やビルなども倒壊しており、多数が生き埋めになっているとの情報もある。余震が続いているため、多くの人々が屋外に避難している。

 世界最高峰のエベレスト(中国名チョモランマ、8848メートル)付近では雪崩が発生し、死者が出ているとの情報もある。


ネパール中部でM7.9=建物倒壊、2人死亡
時事通信 4月25日(土)17時14分配信

 米地質調査所(USGS)によると、ネパール中部で25日午前11時56分(日本時間午後3時11分)ごろ、マグニチュード(M)7.9の強い地震が発生し、同国とインドで少なくとも計2人が死亡、多数の負傷者が出た。
 震源地は首都カトマンズの北西約80キロ。ロイター通信によると、カトマンズの公園で像が倒れ少女が死亡。複数の建物が倒壊した。インドでもニューデリーや他の北部の都市で揺れを感じ、ネパールとの国境近くで家の壁が倒れ、少女1人が犠牲になった。 


ネパールでM7.9の地震、数百人が死亡か
AFP=時事 4月25日(土)16時40分配信

Photo_30
ネパール・カトマンズで、マグニチュード7.9の地震によって倒壊した塔「ダラハラ」の周りに集まった救助隊員や一般の市民たち(2015年4月25日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】(一部更新、写真追加)ネパールで25日午前11時56分(日本時間午後3時11分)ごろ、マグニチュード(M)7.9の地震が発生した。米地質調査所(United States Geological Survey、USGS)によると震源は首都カトマンズ(Kathmandu)の北西81キロ、観光名所ポカラ(Pokhara)の東68キロの地点で、震源の深さは15キロ。

 報道や現地の人の話によると揺れは30秒~2分ほど続き、ネパール全域に加えてインドの首都ニューデリー(New Delhi)などでも強い揺れが感じられた。当初、この地震のマグニチュードは7.5と発表されていたが、7.9に訂正された。

 カトマンズにいたAFP記者によると、現地では建物の壁が崩れ、建物の中にいた人たちが屋外に飛び出した。余震も起きているという。

 インドのナレンドラ・モディ(Narendra Modi)首相はツイッター(Twitter)で、「われわれは情報収集に当たっているところだ。わが国とネパール両国の被災者に支援の手を差し伸べようとしている」と書き込んだ。ニューデリーにあるAFPのオフィスでは2度にわたって中にいた人たちが避難した。

 インド気象局(India Meteorological Department、IMD)のラクスマン・シン・ラトール(Laxman Singh Rathore)局長は記者団に対し、インド北部の広い範囲でこの地震による揺れが感じられたと述べるとともに、本震の約20分後にマグニチュード6.6の余震が起きたことを明らかにして、今後も余震への警戒が必要だと呼び掛けた。

 同局長によると地震の揺れが続いた時間は場所によって異なり、デリーでは50~55秒程度だったという。

 この地震によりバングラデシュ国内の広い地域も揺れ、首都ダッカ(Dhaka)ではパニックになった人たちが道路に飛び出した。ダッカ郊外のサバール(Savar)地区では衣料品工場で従業員が将棋倒しになり、少なくとも50人が負傷した。

 インド北東部で2011年に発生したマグニチュード6.9の地震ではネパールでも揺れが観測され、110人が死亡している。

■「ネパール国内で数百人死亡」と外交筋

 インド・ニューデリーにある在印ネパール大使館のクリシュナプラサド・ダカール(Krishna Prasad Dhakal)代理大使はAFPに対し、「今回の地震によりネパール国内で大きな物的・人的被害が出ているという報告を受けている。ネパール各地、特にカトマンズとポカラで数百人が死亡したとみられる」と述べた。【翻訳編集】 AFPBB News


ネパール首都近くでM7.9の地震、死傷者も ビル損壊
CNN.co.jp 4月25日(土)16時36分配信

(CNN) 米地質調査所(USGS)は25日、ネパールの首都カトマンズから約80キロ離れた地点でマグニチュード(M)7.9の地震が発生したと報告した。揺れは約322キロ以上離れた隣国インドの首都ニューデリーでも観測された。カトマンズ市内で死傷者発生の情報があるほか、古い建物が倒壊したとの目撃証言もある。

CNNのマネシュ・シュレスタ特派員は病院で5体の遺体を目撃。重傷者が屋外で治療を受け、1人の患者には医師が心肺蘇生措置を行っているという。特派員自身も負傷し、現地は「極めて混乱した状態だ」と述べた。

USGSの関連サイトは当初、M7.5と報告していたが修正した。この地震に伴い、世界最高峰のエベレスト山の周辺で雪崩が発生したとの情報がある。同山の登頂を目指していた登山隊のガイドが明らかにした。自らの登山隊は無事としているが、他の登頂チームの安否は不明としている。

USGSによると、今回の地震の震源はカトマンズから北西へ約81キロ離れた地点。震源の深さは約15キロとしている。同サイトはM5.1、6.6の余震の発生も伝えた。

地震の被害の詳細は不明だが、カトマンズにあるCNN系列局のIBNの記者は多くのビルの外壁などの崩壊の目撃を証言。多くの住民が通りへ飛び出すなどパニック状態になったことも伝えた。

USGSに寄せられた情報では揺れの強さは大規模とする報告もあり、被害が甚大になる可能性もある。

インドのモディ首相は短文投稿サイト「ツイッター」で、国内やネパールでの地震発生に伴う情報の収集に努めていると述べた。


ネパール地震400人超死亡
2015年4月25日(土)16時32分配信 共同通信

Photo_29
 25日、強い地震に見舞われたネパールの首都カトマンズの病院の外で負傷の手当てを受ける男性ら(AP=共同)

 【ニューデリー共同】ネパール中部で25日午前11時56分(日本時間午後3時11分)ごろ、マグニチュード(M)7・9の強い地震があり、ロイター通信はネパール警察当局者の話として、449人が死亡したと報じた。死者がさらに増える恐れがある。世界最高峰エベレスト(8848メートル)でも雪崩が起き、8人が犠牲となった。隣国インドや中国などでも被害が出た。

 在ネパール日本大使館が日本人の安否確認を急いでいる。日本の外務省によると、ネパールの在留邦人は約千人。

 ロイターなどによると、首都カトマンズでは塔が倒れ、少なくとも50人が身動きが取れない状況と報じた。


ネパール中部でM7.9の地震 建物倒壊の被害(4/25)
レスキューナウニュース 4月25日(土)15時45分配信

米国地質調査所(USGS)によると、日本時間4月25日15:11頃、ネパール中部を震源とするM7.9の地震が発生しました。被害の詳細は不明ですが、ツイッター上では建物の倒壊や道路にひびが入っている様子の画像が相次いで投稿されています。なお、USGSは当初、地震の規模をM7.5と発表していましたが、その後M7.9に修正しました。【4月25日17:30現在、レスキューナウまとめ】

【発生事象】(USGS)
震源地:ネパール(北緯28.16度 東経84.72度)
近隣都市からの方角・距離:
 ネパール・Lamjungの東35km
 ネパール・バーラトプルの北北東60km
 ネパール・ポカラの東75km
 ネパール・キルティプルの北西76km
 ネパール・カトマンズの北西77km

発生日時(日本時間):4月25日15:11頃
震源の深さ:15km
地震の規模:M7.9

■人的被害
・死者:2人〔NHK〕

※首都カトマンズの旧市街地で大きな被害が出ており、塔や寺院が倒壊して下敷きになっている人がいる模様〔NHK〕

※震源に近いネパール・ラムジュン県では、多くの建物が倒壊し、人々はパニックになって外に飛び出した〔朝日〕

■物的被害
・首都カトマンズで複数のビルが倒壊〔共同〕

■関係機関の対応
・ネパール政府などが被害の把握を急いでいる〔朝日〕
・在ネパール日本大使館では日本人の安否確認を進めている〔朝日〕

■基礎データ
ネパール連邦民主共和国
人口:2649万人
首都:カトマンズ
在留邦人数:1011人(外務省発表)

« ホンダジェット、日本初飛行 本田宗一郎氏の「夢」日本の空に・2 | トップページ | 首相官邸屋上でドローン(小型無人飛行体)発見、微量の放射性物質を検出・5 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/61493315

この記事へのトラックバック一覧です: ネパール中部でM7.8の地震:

« ホンダジェット、日本初飛行 本田宗一郎氏の「夢」日本の空に・2 | トップページ | 首相官邸屋上でドローン(小型無人飛行体)発見、微量の放射性物質を検出・5 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31