« 宮城沖地震に関するニュース・1979,2015年4月26日 | トップページ | ネパール中部でM7.8の地震・4 »

2015年4月26日 (日)

ネパール中部でM7.8の地震・3

ネパール中部で25日午前11時56分(日本時間午後3時11分)ごろ、マグニチュード(M)7.8の強い地震が発生した。

各報道によると、これまでに2000人以上が死亡したとされる。死者がさらに増える恐れがある。世界最高峰エベレスト(8848メートル)でも雪崩が起き、18人が犠牲となったほか、インドやチベットなどでも多数の被害が出ている模様。

首都カトマンズでは多くの建物が崩壊し、少なくとも50人が生き埋めになっている状況と報じられている。

最初のニュース
2番目のニュース

リンク:<ネパール地震>日本人1人の死亡確認…エベレストで雪崩に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ネパールに調査チーム派遣=防衛省 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ASEAN外相が哀悼の意=マレーシア - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:登山の日本人男性1人が死亡…ネパール地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ベースキャンプを襲った雪崩 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ネパールに援助隊派遣 - 速報:@niftyニュース.
リンク:ネパール周辺はプレート境界…大地震起きやすく - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:国際緊急援助隊が出発=ネパール地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:国際緊急援助隊が出発=27日現地入り―ネパール地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:出発する国際緊急援助隊 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:国際緊急援助隊出発 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ネパールでM6.7の余震、雪崩再び発生 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:豪、災害対応チーム派遣=4億6500万円提供―ネパール地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ネパール地震、死者2000人超に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:M6.7の余震、雪崩再発=登山者、恐怖で絶叫―ネパール - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<ネパール地震>ツアー参加の邦人6人の無事確認 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ベースキャンプに到着した救助ヘリ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:キャンプから救助される負傷者 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ネパール地震死者2千人超に=遠隔地、被害把握進まず―エベレストで400人孤立 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:立ち上る雪煙、ネパール大地震で発生した雪崩 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:路上で一夜を明かしたカトマンズの住民 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:崩れた建物のがれきの山を歩く住民 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ネパール地震死者2千人超に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:カトマンズの広場で、泣き崩れる女性 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:地震で倒壊したカトマンズの建物 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ネパールでM7.8の地震 日本政府が援助隊の現地派遣決定 - 速報:@niftyニュース.
リンク:ネパール地震、死者1800人超える - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ネパール政府、地震死者1134人確認 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:死者1800人超に=遠隔地、被害把握進まず―エベレストで400人孤立・ネパール - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ネパール地震 死傷者6500人超、さらに増加の恐れも - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ネパールに援助隊派遣 - 速報:@niftyニュース.
リンク:【ネパール大地震】現地日本人から映像 パタン避難所では気温が下がる中、野宿も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ネパールに救助チーム派遣=政府 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中国の救援隊が現地へ=ネパール地震 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

<ネパール地震>日本人1人の死亡確認…エベレストで雪崩に
毎日新聞 4月26日(日)19時36分配信

 外務省によると、25日にネパールで発生した大地震で、エベレスト登山をしていた日本人1人が雪崩に巻き込まれて負傷、搬送先の病院で26日、死亡が確認された。


ネパールに調査チーム派遣=防衛省
時事通信 4月26日(日)19時28分配信

 防衛省は26日、ネパール中部を震源とする大地震を受け、被災状況や支援ニーズなどを把握するため、自衛官らで構成する調査チームを現地へ派遣した。 


ASEAN外相が哀悼の意=マレーシア
時事通信 4月26日(日)19時17分配信

 【クアラルンプール時事】東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会議は26日、ネパールの大地震で被災したネパール、インド、バングラデシュ3カ国の政府と国民に「深い哀悼の意を表する」との声明をまとめた。
 声明では、ASEANの外相はこの困難な時に連帯し、支援を拡充する意向だと強調した。 


登山の日本人男性1人が死亡…ネパール地震
読売新聞 4月26日(日)19時14分配信

 【ニューデリー=石田浩之】ネパールで25日に起きた地震で、在ネパール日本大使館は26日、エベレスト周辺で登山をしていた日本人2人がヘリコプターで首都カトマンズに搬送され、50歳代の男性1人の死亡を確認したことを明らかにした。

 もう1人は女性で無事という。


ベースキャンプを襲った雪崩
時事通信 4月26日(日)19時7分配信

Photo_40
25日、ネパール中部で起きた大地震直後、エベレストのベースキャンプを襲った雪崩。


ネパールに援助隊派遣
2015年4月26日(日)18時56分配信 共同通信

Photo_39
 ネパールに向けて出発する国際緊急援助隊の救助チーム=26日午後、成田空港

 大地震が発生したネパールで支援を行う日本の国際緊急援助隊の救助チーム約70人が26日午後、成田空港から出発した。タイ・バンコク経由でネパールの首都カトマンズ入りを目指す。

 メンバーは警察庁や消防庁、海上保安庁、外務省、国際協力機構(JICA)の職員。活動地域などの詳細は、ネパール政府と調整した上で決まる。被災者の救護や、行方不明者の救出が主な活動内容になる見込みだ。

 出発に先立ち成田空港内で開かれた結団式で、救助チームの団長を務める外務省の小林成信国際緊急援助官が「東日本大震災では各国から支援があった。日本の代表として恩返しをしたい」とあいさつした。


ネパール周辺はプレート境界…大地震起きやすく
読売新聞 4月26日(日)18時29分配信

Photo_38
読売新聞

 地震が発生したネパール周辺は、ユーラシアプレート(岩板)の下に、インド・オーストラリアプレートが沈み込んでひずみがたまり、大きな地震が比較的起きやすい。

 この沈み込みで、ユーラシア大陸とインド亜大陸が衝突して盛り上がり、ヒマラヤ山脈を形成している場所でもある。

 海外の地震に詳しい静岡大学の石川有三客員教授(地震学)によると、この地域では1800年以降、マグニチュード(M)7以上の大きな地震が3回起きている。

 1833年には、今回の震源の東約100キロ・メートルの中国との国境付近で、M8の巨大地震が発生し、ネパールだけで400人近くが犠牲になったという。


国際緊急援助隊が出発=ネパール地震
時事通信 4月26日(日)18時11分配信

Photo_37
ネパール中部を震源とする大地震の生存者救出のため、国際緊急援助隊・救助チームが26日、成田空港発のチャーター機で現地へ向け出発した。写真は結団式であいさつする団長の小林成信外務省国際緊急援助官(左)。


国際緊急援助隊が出発=27日現地入り―ネパール地震
時事通信 4月26日(日)18時1分配信

 ネパール中部を震源とする大地震の生存者救出のため、国際緊急援助隊・救助チームが26日午後、成田空港発のチャーター機で現地へ向け出発した。タイのバンコクを経て現地時間の27日午後、カトマンズに到着する。
 出発したのは、消防、警察、海保などの人命救助部隊の隊員や、医療関係者、建造物の構造評価の専門家ら約70人。救助犬4頭も派遣する。こうした大規模な救助チームの派遣は、2011年2月のニュージーランド地震以来。
 出発を前に成田空港では結団式が行われ、外務省の広田司緊急・人道支援課長が「過酷な救助活動になると思われるが、日本を代表して頑張ってきていただきたい」とあいさつ。団長を務める同省の小林成信国際緊急援助官(57)は取材に「東日本大震災の際にはアジアを含む多くの国の方々からご支援をいただいた。できる限り早く現地に入り、一人でも多くの方を救助したい」と抱負を語った。 


出発する国際緊急援助隊
時事通信 4月26日(日)17時52分配信

Photo_36
ネパール中部を震源とする大地震の救助活動に当たるため、成田空港を出発する国際緊急援助隊・救助チームのメンバー=26日午後、成田空港


国際緊急援助隊出発
時事通信 4月26日(日)17時52分配信

Photo_35
ネパール中部を震源とする大地震の救助活動に当たるため、成田空港を出発する国際緊急援助隊・救助チームのメンバー=26日午後、成田空港


ネパールでM6.7の余震、雪崩再び発生
AFP=時事 4月26日(日)17時43分配信

Photo_34
マグニチュード7.8の大地震で倒壊した、ネパールの首都カトマンズ市内パタン地区の建物。カトリック系支援開発団体カリタス・オーストラリア提供写真(2015年4月25日撮影、26日提供)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】米地質調査所(United States Geological Survey、USGS)によると、25日にマグニチュード(M)7.8の大地震が起きたネパールで26日、M6.7の強い余震があった。世界最高峰エベレスト(Mount Everest)に登っていた人たちによれば、余震で再び雪崩が発生したという。

 エベレストのキャンプ・ワン(Camp One)にいたジム・デビッドソン(Jim Davidson)さんは余震の発生直後にツイッター(Twitter)で、「C1で、これまでで最も大きな余震があった。最初の地震よりは小さいが、氷河が揺れ、雪崩が起きた」とコメントした。【翻訳編集】 AFPBB News


豪、災害対応チーム派遣=4億6500万円提供―ネパール地震
時事通信 4月26日(日)17時7分配信

 【シドニー時事】オーストラリアのビショップ外相は26日、ネパールの大地震で多数の犠牲者が出ているのを受け、災害対応チームを現地へ派遣すると発表した。国連やNGOの活動支援として、500万豪ドル(約4億6500万円)の提供も決めた。
 ネパールにはオーストラリア人549人が滞在しており、これまでに200人強の安全を確認。犠牲者の報告は入っていないという。 


ネパール地震、死者2000人超に
AFP=時事 4月26日(日)16時58分配信

Photo_33
マグニチュード7.8の大地震の影響で雪崩が発生したエベレストのベースキャンプで、救出した負傷者を救助ヘリコプターに乗せる救助隊員ら(2015年4月26日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】ネパールと周辺国の当局が26日に発表したところによると、25日に発生し、ネパールの広範囲に被害をもたらしたマグニチュード(M)7.8の強い地震による死者は、すでに2000人を超えた。

 ネパール警察の広報担当、カマル・シン・バン(Kamal Singh Ban)氏によると、同国内で確認された死者は1953人に達した。

 また、インド当局は53人が死亡したと公表したほか、中国国営メディアは、チベット(Tibet)自治区で17人が死亡したと報じている。【翻訳編集】 AFPBB News


M6.7の余震、雪崩再発=登山者、恐怖で絶叫―ネパール
時事通信 4月26日(日)16時48分配信

 ネパール中部で26日起きたマグニチュード(M)6.7の強い余震で、目撃者によると、エベレスト(8848メートル)で小規模な雪崩が3回起きた。25日のM7.8の大地震後、孤立状態にある登山者は恐怖に震えた。
 余震発生時にエベレストの標高6000メートルを超すベースキャンプの「キャンプ1」にいた登山者は「余震だ!  恐ろしい。(キャンプの)3方向で雪崩だ」とツイート。別の登山者もツイッターで「これまでで最大の余震だ」とつぶやいた。
 雪崩はエベレストから約20キロのマカルー(8463メートル)でも起きた。ベースキャンプにいたインド人登山者はロイター通信の電話取材中に「今、余震が起きている」と語った後、「雪崩だ」と絶叫。その後、電話口からは悲鳴や雪が通り抜けるようなごう音が聞かれた。
 余震の震源は首都カトマンズ東方約65キロ。深さは10キロ。 


<ネパール地震>ツアー参加の邦人6人の無事確認
毎日新聞 4月26日(日)16時43分配信

 25日にネパールで発生した大地震で、千葉、神奈川、兵庫、群馬各県から登山やトレッキングのツアーに参加し安否が確認できていなかった男性6人について、現地のツアーを企画した会社の日本支店は26日午後1時までに、衛星電話やフェイスブックを通じて全員の無事を確認した。


ベースキャンプに到着した救助ヘリ
時事通信 4月26日(日)16時24分配信

Photo_32
26日、ネパール地震の被災者救助のため、エベレストのベースキャンプに到着したヘリコプター。


キャンプから救助される負傷者
時事通信 4月26日(日)16時24分配信

Photo_31
26日、エベレストのベースキャンプで、ネパール地震の負傷者を搬送する救助隊。


ネパール地震死者2千人超に=遠隔地、被害把握進まず―エベレストで400人孤立
時事通信 4月26日(日)15時36分配信

 【ニューデリー時事】ネパール中部を震源とする大地震で、AFP通信は26日、インドなど周辺国を含む死者が2000人を超えたと報じた。都市部から隔絶されている農村地域の被害は、地震に伴う土砂災害や通信事情の悪さなどが原因で全容が把握できていない。犠牲者はさらに増えそうだ。
 死者の内訳はネパールが1953人、インドが53人、中国が17人。
 米地質調査所(USGS)によると、ネパールではマグニチュード(M)4以上の余震が断続的に発生。現地からの報道では、首都カトマンズでは市民が屋外で毛布をかぶり、度重なる揺れの中で不安な夜を過ごす光景が見られた。
 AFP通信によると、ネパール内務省報道官は被災者支援の緊急基金に5億ドル(約595億円)を拠出すると発表。各国・機関からの支援申し出も相次ぎ、軍用機や救援活動に当たる兵士約280人を急派したインドのほか、日本も国際緊急援助隊・救助チームを派遣、欧州連合(EU)も人道支援のための要員と資金を送ると表明した。
 しかし、被災地では倒壊した建物が多く、救助活動は時間との闘いを強いられている。国際赤十字・赤新月社連盟(本部ジュネーブ)のアジア太平洋地区担当者は声明で「震源に近かった農村地域へ近づくための道路が地滑りで損壊・遮断され、正確な情報が得られない。甚大な破壊と人命の損失が予想される」と直面する困難を訴えた。
 春の登山シーズンを迎え、多くの外国人登山者が訪れていた世界最高峰エベレスト(8848メートル)では、大規模な雪崩がベースキャンプを襲った。地元警察は時事通信に「外国人10人と地元住民4人の遺体を発見したが、いまだ身元は確認できていない」と語った。標高6000メートル以上にある「キャンプ1」と「キャンプ2」には300~400人の登山者が取り残され、救助を待っているという。 


立ち上る雪煙、ネパール大地震で発生した雪崩
AFP=時事 4月26日(日)14時55分配信

Photo_30
ネパールの大地震に伴い、エベレストのベースキャンプで発生した雪崩(2015年4月25日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】ネパールで25日に起きたマグニチュード(M)7.8の大地震の影響で、世界最高峰エベレスト(Mount Everest)のベースキャンプを見舞った雪崩の写真。大量の雪煙がもうもうと立ち上っている。【翻訳編集】 AFPBB News


路上で一夜を明かしたカトマンズの住民
時事通信 4月26日(日)14時50分配信

Photo_29
26日、ネパールの首都カトマンズを襲った地震で家を失い、路上で一夜を明かした住民たち。


崩れた建物のがれきの山を歩く住民
時事通信 4月26日(日)14時50分配信

Photo_28
26日、大地震から一夜明けたネパールの首都カトマンズで、地震で崩れた建物のがれきの山を歩く住民。


ネパール地震死者2千人超に
時事通信 4月26日(日)14時47分配信

Photo_27
ネパール中部を震源とする大地震で、AFP通信は26日、インドなど周辺国を含む死者が2000人を超えたと報じた。写真は同日、カトマンズで、地震により倒壊した家の周りに集まる人々。


カトマンズの広場で、泣き崩れる女性
時事通信 4月26日(日)13時26分配信

Photo_14
25日、地震で甚大な被害を受けたネパールの首都カトマンズの広場で、泣き崩れる女性(中央)を抱き締める男性(左)。


地震で倒壊したカトマンズの建物
時事通信 4月26日(日)13時26分配信

Photo_13
25日、ネパールの首都カトマンズで、地震により倒壊した建物。


ネパールでM7.8の地震 日本政府が援助隊の現地派遣決定
2015年4月26日(日)13時14分配信 J-CASTニュース

ネパール中部で2015年4月25日、マグニチュード(M)7.8の地震があり、ネパールからインド、バングラデシュ、中国にかけての広い範囲で揺れが観測された。

震源は首都カトマンズの北西80キロ付近とみられる。多くの住宅や建造物が倒壊したカトマンズでは、軍による救出活動が続いている。報道によると、現時点で日本人の被害情報はないものの、通信状況の悪化等で、確認が難航しているという。インドなど近隣国も合わせると、犠牲者はこれまでに1800人以上にのぼる。エベレスト周辺では地震による雪崩でこれまでに18人が死亡したという。

アメリカや中国など世界各国が支援に動き出している。日本政府も26日、警察・消防、外務省職員やJICA(国際協力機構)隊員らでなる国際緊急援助隊70人のネパール派遣を発表した。


ネパール地震、死者1800人超える
AFP=時事 4月26日(日)12時34分配信

Photo_13
大地震に見舞われたネパール・カトマンズで、崩壊した建物(2015年4月25日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】ネパール内務省報道官は26日、前日発生したマグニチュード(M)7.8の大地震の死亡者は1805人、負傷者は少なくとも4718人になったと発表した。しかし実際の死傷者はこれよりもはるかに多いとみられている。

 この地震で隣国インドでもこれまでに少なくとも47人が死亡している。中国の国営メディアは、チベット自治区で17人が死亡し、中国政府は救助隊員62人と救助犬をネパールに派遣したと伝えた。

 地震発生から一夜明けたネパールでは生存者の捜索活動が懸命に続けられている。ネパールの携帯電話網は寸断されており、首都カトマンズ(Kathmandu)は広範囲で停電している。【翻訳編集】 AFPBB News


ネパール政府、地震死者1134人確認
読売新聞 4月26日(日)12時24分配信

 【ニューデリー=石田浩之】ネパール中部で25日に起きた大地震で26日、ネパール政府は死者1134人、負傷者4850人を確認した。

 ロイター通信などはネパール警察当局の話として、同国の死者が1805人に上っていると報じた。

 ネパール政府によると、首都カトマンズの死者は657人に上り、甚大な被害になっている。

 隣国インドのテレビ局「NDTV」などによると、現地では軍や警察などが、がれきに埋まった人たちの救出活動を続けている。


死者1800人超に=遠隔地、被害把握進まず―エベレストで400人孤立・ネパール
時事通信 4月26日(日)11時59分配信

 【ニューデリー時事】ネパール中部を震源とする大地震で、ネパール政府は26日、甚大な被害が出た自国やインド、バングラデシュ、中国など周辺国を含む死者数が1805人に達したと明らかにした。けが人は4700人以上に上るという。都市部から隔絶されている農村地域の被害は、地震に伴う土砂災害や通信事情の悪さなどが原因で全容が把握できていない。死傷者数はさらに増えそうだ。
 米地質調査所(USGS)によると、ネパールではマグニチュード(M)4以上の余震が断続的に発生。現地からの報道では、首都カトマンズでは市民が屋外で毛布をかぶり、度重なる揺れの中で不安な夜を過ごす光景が見られた。
 AFP通信によると、ネパール内務省報道官は被災者支援の緊急基金に5億ドル(約595億円)を拠出すると発表。各国・機関からの支援申し出も相次ぎ、軍用機や救援活動に当たる兵士約280人を急派したインドのほか、日本も国際緊急援助隊・救助チームを派遣、欧州連合(EU)も人道支援のための要員と資金を送ると表明した。
 しかし、被災地では倒壊した建物が多く、救助活動は時間との闘いを強いられている。国際赤十字・赤新月社連盟(本部ジュネーブ)のアジア太平洋地区担当者は声明で「震源に近かった農村地域へ近づくための道路が地滑りで損壊・遮断され、正確な情報が得られない。甚大な破壊と人命の損失が予想される」と直面する困難を訴えた。
 春の登山シーズンを迎え、多くの外国人登山者が訪れていた世界最高峰エベレスト(8848メートル)では、大規模な雪崩がベースキャンプを襲った。地元警察は時事通信に「外国人10人と地元住民4人の遺体を発見したが、いまだ身元は確認できていない」と語った。標高6000メートル以上にある「キャンプ1」と「キャンプ2」には300~400人の登山者が取り残され、救助を待っているという。 


ネパール地震 死傷者6500人超、さらに増加の恐れも
CNN.co.jp 4月26日(日)11時39分配信

(CNN) ネパールの首都カトマンズ近郊で25日に発生したマグニチュード(M)7.8の地震で、同国内務省は26日、少なくとも1805人が死亡し、4718人が負傷したと明らかにした。一夜明けて救助活動が再開され、捜索の範囲も広がることから、死傷者の数はさらに増える可能性がある。

震源地に近いカトマンズでは、一面ががれきに覆われる中、地元住民や観光客が残骸をかきわけて生存者を探した。生存者が見つかると歓声が上がるが、大半が遺体となって見つかった。病院は負傷者で膨れ上がっているほか、親戚を探す人々が殺到している。

こうした事態を受けて、ネパールの米国大使館は25日、米国政府による100万ドル(約1億2000万円)の緊急援助の提供を発表したほか、米国国際開発庁(USAID)から災害援助対応チームをネパールに派遣したことも明らかにした。

ネパールの周辺国でも被害が出ている。中国チベット自治区でも道路が湾曲し建物が倒壊するなどの被害が出ており、少なくとも12人が死亡したという。インドでも少なくとも34人の死亡が当局により確認されている。


ネパールに援助隊派遣
2015年4月26日(日)11時26分配信 共同通信

 政府は26日、ネパール中部で発生した大地震に関し、国際緊急援助隊の救助チーム約70人を派遣すると決めた。午後に成田空港から出発し、タイ・バンコク経由でネパールの首都カトマンズ入りを目指す。

 メンバーは警察庁や消防庁、海上保安庁、外務省、国際協力機構(JICA)の職員。活動地域などの詳細は、ネパール政府と調整した上で決まる。被災者の救護や、行方不明者の救出が主な活動内容になる見込みだ。

 安倍晋三首相は25日、ネパールのコイララ首相に対し、被災者へのお見舞いと支援の用意を伝えるメッセージを出した。


【ネパール大地震】現地日本人から映像 パタン避難所では気温が下がる中、野宿も
堀潤 | ジャーナリスト/NPO法人8bitNews代表
2015年4月26日 11時9分

Photo_12
震災直後のネパール・パタン市街。消防署二階部分が倒壊(撮影:内藤純子)

現地時間25日正午前、ネパール中部でマグニチュード7.8を観測する地震が発生。
これまでに1800人以上が死亡、現地では現在も倒壊した建物に閉じ込められた人たちの救出が続いている。

8bitNewsには、夜を迎えたネパールの古都パタンでレストランを経営する日本人女性、内藤純子さんから映像が届いた。

ネパール在住歴は15年になる。
現地で日本料理店を切り盛りしながら、フェイスブックやツイッターを使って発信を続けてきた。

そんな内藤さんも被災し、近所のフットボールコートに開設された避難所で一夜を過ごした。
堀の元に内藤さんからツイッター経由で連絡がきたのは日本時間25日午後10時過ぎ。
多くの方に現地の窮状を伝えたいとのこと。被害の規模や今後の避難生活の見通しが効かない中、ネパールへの支援を求めています。

以下、内藤さんからのメッセージを掲載。

+++++++
ネパール地震の様子です
新しい建物は比較的被害がない一方で古い建物があちこちで部分倒壊したパタン。けが人も出ています。
幸い近くにフットボールコートがあり多くの市民はそこに避難しました。今も時折、余震があり多くの人が屋外で過ごしています。

撮影場所はラリトプール。甚大な被害のあった旧市街から徒歩15の住宅地です。
電気は通年を通して不足していますので、元々、週47時間(1日6、7時間ほど)計画停電があります。

現在は地震発生以降すでに14時間電気が来ていません。

水は上水の供給が普段からほとんどなく、この辺りの多くの家庭では給水車を呼んで水を買っていますが、道路事情、作業者が被災したなどの理由で今日(25日)は届きませんでした。

食料、飲料につては今日は商店も一部営業しており問題ありませんでしたが、農作物を含む多くの食品を輸入に頼っているため今後はわかりません。

ウチのスタッフの実家シンドゥリパルチョウクと言う地域では地滑り等により農業も被害を受け、倒壊により家畜が死んだりと農畜産共、被害がありました。彼のおばあちゃんは現在行方がわかりません。


ネパールに救助チーム派遣=政府
時事通信 4月26日(日)11時7分配信

 日本政府は26日、大規模な地震の発生により甚大な被害を受けたネパール政府からの要請を受け、国際緊急援助隊・救助チームを派遣することを決めた。チームは警察や消防、海上保安庁など計70人で構成。同日午後に成田空港を出発し、現地で被災者の救助に当たる。 


中国の救援隊が現地へ=ネパール地震
時事通信 4月26日(日)11時0分配信

 【北京時事】新華社電によると、ネパールの大地震で中国の国際救援隊が26日朝、北京からネパールの被災地に向かった。救援隊は捜索・救助隊員のほか、医療関係者、地震専門家ら計62人。多くは日本を含め内外の大地震で救援の経験を持つ。6頭の捜索犬も連れている。
 地震ではネパールと国境を接するチベット自治区で17人が死亡。家屋の倒壊・損傷は7000戸を超え、1万2000人が避難している。
 ネパールでも中国人4人の死亡が確認された。現地には当時、多くの中国人観光客もおり、カトマンズの中国大使館では避難してきた中国人約150人が夜を過ごした。 

« 宮城沖地震に関するニュース・1979,2015年4月26日 | トップページ | ネパール中部でM7.8の地震・4 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/61496538

この記事へのトラックバック一覧です: ネパール中部でM7.8の地震・3:

« 宮城沖地震に関するニュース・1979,2015年4月26日 | トップページ | ネパール中部でM7.8の地震・4 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30