« 宮城沖地震に関するニュース・1962,2015年4月9日 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1963,2015年4月10日 »

2015年4月 9日 (木)

天皇皇后両陛下、8~9日にパラオを公式にご訪問 戦没者の慰霊・3

天皇皇后両陛下は、友好親善と戦後70年に当たり戦没者を慰霊するため、8~9日の日程でパラオを初めて公式にご訪問される。

両陛下は8日午前、羽田空港をチャーター機でご出発、同国到着後レメンゲサウ大統領夫妻と会見。夜には大東亜戦争の激戦地となったミクロネシア連邦、マーシャル諸島の大統領夫妻も参加するパラオ主催の晩さん会にご出席される。同夜は沖合に停泊する「あきつしま」に宿泊され、9日には巡視船からヘリコプターで激戦地・ペリリュー島に渡り、日本政府が建てた「西太平洋戦没者の碑」と米軍の慰霊碑をご訪問されたのち、同日夜にご帰国の予定。

最初のニュース
2番目のニュース

リンク:「あきつしま」が帰港=両陛下がパラオで宿泊―横浜 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下の強い思いで実現=パラオ訪問、1度は断念〔深層探訪〕 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<両陛下>安堵と安らかなお気持ちに…パラオ訪問終えて - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:パラオ訪問「安堵されたのでは」 - 速報:@niftyニュース.
リンク:両陛下パラオ訪問「意義深い」=宮内庁長官が感想 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:パラオに感謝=政府 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ガイドの邦人「感慨深い」=両陛下に「オレンジビーチ」説明―パラオ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、戦没者の碑にご拝礼 パラオ・ペリリュー島慰霊 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、何度も深くご拝礼 深い追悼のお心 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下 激戦地・ペリリュー島に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、ペリリュー島ご訪問 自決した父の遺影手に… - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、遺族らともご懇談 住民「会えて本当によかった」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<両陛下パラオ訪問>平和への願い凝縮 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、パラオから帰国…平和への思い新たに - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:帰国された両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:帰国された両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<両陛下>パラオから帰国 戦後70年の節目に実現 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:お別れのあいさつをされる両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、慰霊の旅終え帰国へ - 速報:@niftyニュース.
リンク:両陛下、帰国の途に=戦後70年のパラオ訪問終え - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:島民と交流される両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:島民と懇談される両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「オレンジビーチ」から戻られる両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「オレンジビーチ」を見られる両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、日米の慰霊碑に供花 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:黙礼される両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:供花される両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:供花される両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:供花される両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

「あきつしま」が帰港=両陛下がパラオで宿泊―横浜
時事通信 4月16日(木)18時10分配信

 天皇、皇后両陛下が8~9日にパラオを訪れた際、宿泊された海上保安庁の巡視船「あきつしま」が16日、横浜港に帰港した。船長の川上直実2等海上保安監(55)は「重要な任務に携わることができ、乗組員一同、大変光栄に思っている。無事任務を終え安堵(あんど)している」と語った。
 船は3月31日に出発し、今月4日にパラオに到着。両陛下は8日、船長室に泊まった。船長によると、9日、ペリリュー島に海保のヘリコプターで向かう両陛下から、乗組員にねぎらいの言葉があった。同島からパラオ国際空港に戻った際、ヘリの搭乗員にもねぎらいの言葉があったという。 


両陛下の強い思いで実現=パラオ訪問、1度は断念〔深層探訪〕
時事通信 4月11日(土)8時33分配信

Photo_2
天皇、皇后両陛下を乗せ、パラオ・コロール沖に停泊する海上保安庁の巡視船「あきつしま」=9日午前(代表撮影)

 天皇、皇后両陛下は、戦後70年の戦没者慰霊のため訪問したパラオでの日程を無事終えられた。慰霊のための外国訪問は2005年6月の米自治領サイパン以来。1度は断念したパラオ訪問にかける両陛下の強い思いが、今回の訪問を実現へと導いた。

 ◇交通、通信手段がネックに
 戦後60年を前にした03年。宮内庁は両陛下の意向を受け、パラオ、ミクロネシア連邦、マーシャル諸島3カ国への訪問を検討した。しかし交通や通信事情が悪く、政府専用機が着陸できる滑走路もないため見送りとなり、サイパンだけとなった。
 だが、「戦没者を慰霊して平和を願う天皇陛下のお気持ちにゴールはなく、10年前から変わっていない」(宮内庁幹部)。両陛下の強い希望を背景に、戦後70年を前に再びパラオ訪問の可否が検討された。

 ◇側近が体験宿泊、船長室改良
 訪問を可能にしたきっかけの一つは、海上保安庁の巡視船「あきつしま」の就役だ。長距離の行動能力を備え、大型ヘリ2台を搭載できる世界最大級の新鋭船。同船を使えば、海保のヘリで中心地コロールからペリリュー島への移動が可能になる。
 さらに、両陛下が巡視船に宿泊することで、ホテルから飛行場まで移動する必要がなくなる。側近が実際に宿泊して検討を重ね、船長室にベッドを増やすなどの改良を加えることで実現にこぎ着けた。「限られた時間の中で効率的に動いていただける。両陛下には十分説明してご理解いただいた」(同幹部)という。
 同国との往復に、政府専用機より一回り小さい民間のチャーター機を利用することで、滑走路の問題もクリアした。

 ◇体調整え入念準備
 両陛下は訪問決定後、遺骨収集を管轄する厚生労働省の事務次官や防衛研究所戦史研究センター長、同国の大使夫妻から話を聞いた。ペリリュー戦の生還兵2人も皇居・御所に招き、悲惨な戦いの様子を聞き取るなど積極的に準備を進めてきた。
 両陛下は3月下旬、風邪の症状が出て体調不良が続いていた。このため、一部の公務や宮中祭祀(さいし)を取りやめるなどし、パラオ訪問に備えた。別の宮内庁幹部は「大変心を寄せてこられている。出発まで心を込めて準備をされているのではないか」と両陛下の気持ちを推し量った。
 共に80歳を超えた両陛下にとって、片道4時間半、1泊2日の強行軍は体力的にも相当厳しいはずだ。それでも、分刻みのスケジュールを精力的にこなし、慰霊碑前では炎天下にもかかわらず、遺族ら一人ひとりに丁寧に声を掛けた。生還兵の1人で両陛下と言葉を交わした土田喜代一さん(95)は「この日を忘れることはない」と話しており、節目の年の「慰霊の旅」は大きな意味を残した。


<両陛下>安堵と安らかなお気持ちに…パラオ訪問終えて
毎日新聞 4月10日(金)20時4分配信

Photo_9
パラオから帰国された天皇、皇后両陛下=羽田空港で2015年4月9日午後9時19分、望月亮一撮影

 ◇「両陛下は疲れている様子」と宮内庁長官

 宮内庁の風岡典之長官は10日の定例記者会見で、天皇、皇后両陛下が長年の希望だったパラオ共和国訪問を無事に終えられたことについて「(両陛下は)安堵(あんど)というか安らかなお気持ちでいらっしゃるのかなと拝見している」と述べた。日程が立て込んだため、両陛下は疲れている様子だという。

 風岡長官は今回の訪問で首席随員を務め、9日朝には今年3月に厚生労働省の調査で推定6柱の遺骨が見つかった同国ペリリュー島の「イワマツ壕(ごう)」を視察した。両陛下はその報告を受け、厚労省や現地の人の協力で遺骨が発見できたことに感謝の気持ちを示したという。

 両陛下は8日から1泊2日で同国を訪問した。【古関俊樹】


パラオ訪問「安堵されたのでは」
2015年4月10日(金)18時0分配信 共同通信

 宮内庁の風岡典之長官は10日の記者会見で、パラオへの戦没者慰霊訪問を終えた天皇、皇后両陛下について「長年希望されていたことであり、安堵していらっしゃるのではないか」と述べた。

 帰国した後の両陛下の様子には、訪問が1泊2日の強行日程だったことを踏まえ「口には出さないけれども、大変お疲れになられたようだ」と気遣った。

 両陛下は10日朝の体調に変わりはなく、普段通りの生活を始めたというが、風岡長官は「少しでも休んでもらうようお願いした」と説明。今後の日程などにも配慮する考えを示した。


両陛下パラオ訪問「意義深い」=宮内庁長官が感想
時事通信 4月10日(金)16時51分配信

 宮内庁の風岡典之長官は10日の定例記者会見で、天皇、皇后両陛下がパラオを訪問されたことについて、「長い間のお気持ちが戦後70年という年に実現をみたのは良かった。先の戦争によって海外で亡くなられた全ての方々を慰霊し、併せて平和を祈念する気持ちが示されたのは本当に意義深い」と感想を語った。 


パラオに感謝=政府
時事通信 4月10日(金)10時43分配信

 政府は10日、天皇、皇后両陛下が戦没者慰霊のため訪れたパラオから帰国されたことを受け、「誠に有意義なご訪問だった。さまざまな協力をいただいたパラオ政府、温かく歓迎していただいたパラオ国民に政府として感謝する」との菅義偉官房長官の談話を発表した。


ガイドの邦人「感慨深い」=両陛下に「オレンジビーチ」説明―パラオ
時事通信 4月10日(金)10時37分配信

 【コロール時事】天皇、皇后両陛下が9日、戦後70年の慰霊で訪問された太平洋戦争の激戦地パラオ・ペリリュー島の「オレンジビーチ」で、両陛下の案内役を務めた菊池正雄さん(67)が10日、取材に応じた。戦後60年を前に、両陛下の同国訪問が検討された際も候補に上ったといい、「感慨深く、光栄です」と語った。
 ペリリュー島で両陛下は9日、日米の慰霊碑に続き、1944年9月に米軍が上陸した「オレンジビーチ」を訪問。菊池さんは、天皇陛下からビーチの名前の由来を聞かれ、「ここでたくさんの方が亡くなられました。慰霊に来てくださり、日本の人たちもうれしいと思います」と答えると、陛下は「ありがとう」と話した。
 皇后さまからは「慰霊の方たちの案内をされているのですか。これからも頑張ってください」とねぎらわれたという。
 菊池さんはパラオに27年滞在。旅行会社を経営し、ツアーガイドとして戦没者慰霊や遺骨収集に携わってきた。 


両陛下、戦没者の碑にご拝礼 パラオ・ペリリュー島慰霊
SankeiBiz 4月10日(金)8時15分配信

Photo_4
「西太平洋戦没者の碑」に供花した後、アンガウル島(奥)に向かって拝礼される天皇、皇后両陛下=9日、パラオ・ペリリュー島(代表撮影)(写真:フジサンケイビジネスアイ)

 戦後70年にあたって天皇、皇后両陛下は9日、約1万人の日本軍守備隊が戦死した激戦地、パラオ共和国ペリリュー島をご訪問。同島に日本政府が建立した「西太平洋戦没者の碑」に供花し、拝礼された。米軍の慰霊碑にも黙祷(もくとう)し、全ての戦没者を追悼された。海外での「慰霊の旅」を果たされたのは、戦後60年だった2005(平成17)年の米自治領サイパンに次いで2度目。

 両陛下は、前夜にコロール島沖で宿泊先とした海上保安庁巡視船からヘリコプターでペリリュー島に入られた。日本から運ばれた白菊の花束を碑の前に手向け、深く礼をされた。日本軍約1200人がほぼ全滅したアンガウル島の島影にも頭を下げられた。

 ペリリュー島とアンガウル島の戦闘から生還した元日本兵2人に、陛下は「ご苦労さまでした」と声をかけ、改めて苦労をしのばれた。両陛下は日本から参列した戦没者遺族らとも言葉を交わされた。

 両陛下は次いで「米陸軍第81歩兵師団慰霊碑」でも白い花輪を供えてご黙祷。1944(昭和19)年9月に上陸した米軍と激しい攻防が行われた「オレンジビーチ」もご覧になった。

 同日夕、パラオ国際空港から民間チャーター機で帰国の途に就かれた。(ペリリュー島=パラオ共和国 伊藤真呂武、今村義丈)


両陛下、何度も深くご拝礼 深い追悼のお心
産経新聞 4月10日(金)7時55分配信

 日本から3000キロ離れたパラオ共和国ペリリュー島の「西太平洋戦没者の碑」の前で天皇、皇后両陛下は9日、ゆっくりと深く拝礼された。白菊の花を手向けた後もさらに10秒以上頭を下げ、深い追悼のお心を示された。

 碑の後方に広がる太平洋は地平線まで紺碧(こんぺき)の色に澄み渡っている。その中に浮かぶもう一つの激戦地、アンガウル島についても両陛下は深く思いを寄せられていたようだ。厚生労働省の村木厚子事務次官が島について説明すると、陛下は何度か質問を重ねてから皇后さまとともに黙礼された。

 「米陸軍第81歩兵師団慰霊碑」では、米海軍幹部も見守る中、両陛下は紅白のリボンがついた白い花輪を花壇の前に供え、ここでも深く拝礼された。

 ともに80代となっている両陛下は、同国の主要地コロール島沖からヘリコプターにご搭乗。ペリリュー島まで約50キロを飛行された。さらに、島内ではマイクロバスに乗って移動し、日本と比べると道路事情も悪く揺れが多い中、厳しい条件の中で慰霊を果たされた。(ペリリュー島 今村義丈)


両陛下 激戦地・ペリリュー島に
産経新聞 4月10日(金)7時55分配信

 【ペリリュー島(パラオ共和国)=伊藤真呂武、今村義丈】戦後70年にあたって天皇、皇后両陛下は9日、約1万人の日本軍守備隊が戦死した激戦地、パラオ共和国ペリリュー島をご訪問。同島に日本政府が建立した「西太平洋戦没者の碑」に供花し、拝礼された。米軍の慰霊碑にも黙祷(もくとう)し、全ての戦没者を追悼された。海外での「慰霊の旅」を果たされたのは、戦後60年だった平成17年の米自治領サイパンに次いで2度目。

 両陛下は、前夜にコロール島沖で宿泊先とした海上保安庁巡視船からヘリコプターでペリリュー島に入られた。日本から運ばれた白菊の花束を碑の前に手向け、深く礼をされた。日本軍約1200人がほぼ全滅したアンガウル島の島影にも頭を下げられた。

 ペリリュー島とアンガウル島の戦闘から生還した元日本兵2人に、陛下は「ご苦労さまでした」と声をかけ、改めて苦労をしのばれた。両陛下は日本から参列した戦没者遺族らとも言葉を交わされた。

 両陛下は次いで「米陸軍第81歩兵師団慰霊碑」でも白い花輪を供えてご黙祷。昭和19年9月に上陸した米軍と激しい攻防が行われた「オレンジビーチ」もご覧になった。9日夜、パラオ国際空港から民間チャーター機で帰国された。


両陛下、ペリリュー島ご訪問 自決した父の遺影手に…
産経新聞 4月10日(金)7時55分配信

Photo_3
父の村井権治郎少将が自決した洞窟に向かうため、ジャングルを歩く村井正巳さん =6日、パラオ・ペリリュー島(今村義丈撮影)(写真:産経新聞)

 天皇陛下が長年、訪問を強く望まれた先の大戦の激戦地、パラオ共和国ペリリュー島。最南端にある「西太平洋戦没者の碑」の前で天皇、皇后両陛下は9日、深く拝礼された。「亡き父と喜び合いたい」「兄も報われた」。両陛下のお気持ちに戦没者遺族も感謝した。

 ■「1万人の英霊、感謝している」

 【ペリリュー島(パラオ共和国)=今村義丈】パラオ共和国ペリリュー島で9日、天皇、皇后両陛下が「西太平洋戦没者の碑」で拝礼後、戦友や遺族をねぎらわれるお姿を、盛岡市から訪島した村井正巳さん(79)は軍服姿の父の遺影を手に、静かに見守った。父は同島守備隊の作戦参謀で自決した村井権治郎陸軍少将。「陛下と対面させていただき、父を含めた1万人の英霊は感謝しているのでは」と話した。

 村井少将は守備隊長の中川州男大佐よりも階級が上だったが、島全体を要塞化した徹底抗戦を作戦とした第14師団司令部から、要塞構築の専門家として派遣された。

 約5万人の米軍相手に、約1万人の日本軍は、島中に張り巡らせた壕(ごう)や洞窟を利用した複雑な陣地により、2カ月半にわたって抗戦。昭和天皇が11回もの「御嘉賞(ごかしょう)」(お褒めの言葉)を贈る奮戦を見せる。だが、補給がない中で弾薬や食糧も尽き、村井少将は中川大佐とともにジャングル内の洞窟で昭和19年11月24日、自決した。

 大陸などに赴任していた父との記憶は少ないが、母から戦後、伝えられた軍人としての父の言葉「軍艦が沈むとき艦長は逃げてはいけない」という言葉は、人生の教訓だ。

 両陛下ご訪問に先立って訪島した村井さんは6日、ジャングルを踏みしめ、岩山の奥にある深さ5メートル以上もの洞窟に入った。父の最期の地だ。「おやじへの最後の孝行かもしれない」。線香を上げ、「父よあなたは強かった」という歌をささげ、涙を流した。

 9日、自身は両陛下とお話はできなかったが、他の遺族にかけられるお言葉に、静かに耳を傾けた。「父は『出しゃばるべきでない。後ろで良い』。そう褒めてくれるのでは」と話した。


両陛下、遺族らともご懇談 住民「会えて本当によかった」
産経新聞 4月10日(金)7時55分配信

Photo_2
「西太平洋戦没者の碑」で拝礼後、遺族関係者らに声をかけられる天皇、皇后両陛下 =9日午前、パラオ・ペリリュー島(松本健吾撮影)(写真:産経新聞)

 パラオ共和国ペリリュー島で天皇、皇后両陛下からお声をかけられた戦没者遺族は追悼のお気持ちに深く感謝し、日本統治時代を知る島民は初の面会を日本語で喜んだ。

 同島の戦車隊副隊長で中尉だった父、田中将一さんを亡くした田中恭子さん(74)=青森県=は戦車に乗った父の写真を首から下げていたところ、皇后さまが「父上のお写真?」と手に取られた。幼いころに出征した父の記憶はなく、母も結婚生活はわずかだったが、深い追慕の念から2度目の訪島を果たした田中さんは「よかったねと父と喜び合いたい」と話した。

 陸軍軍曹の兄、関根実(みのる)さんを亡くした丁子(ようろご)八重子さん(78)=千葉県=は両陛下とお話しする機会はなかったが、パラオを長年思われてきたお気持ちに感謝し、「兄も遺族も報われた。英霊は手を振っていたと思う」。

 サイパンなど別の南洋地域での戦没者遺族も両陛下は深くねぎらわれた。かつて日本の委任統治領だったパラオには日本語を理解する人が今も多く、ローズ・テロイ・シーレスさんは日本語で「(両陛下に)会えて本当によかった」と笑顔を見せた。(ペリリュー島 今村義丈)


<両陛下パラオ訪問>平和への願い凝縮
毎日新聞 4月10日(金)2時30分配信

Photo
約1200人の日本人が亡くなったアンガウル島に向かって拝礼される天皇、皇后両陛下=パラオ・ペリリュー島で2015年4月9日午前10時50分(代表撮影)

 【ペリリュー島(パラオ)真鍋光之、古関俊樹】終戦前の約30年間、日本の統治下にあった島国・パラオ。太平洋戦争で犠牲になった日本人は約1万6000人に上る。その慰霊碑の前で天皇、皇后両陛下は9日、頭を下げ続けられた。波の音だけが響く。その間、約10秒。2日間にわたり現地で取材した記者の目には、その姿に、戦争のすべての犠牲者を追悼し、平和を願い続ける両陛下の思いが凝縮されているように映った。

 8日夕、パラオ入りした両陛下は、分刻みのスケジュールをこなした。風邪は治りきっていないはずだ。それでも同国主催の晩さん会で、天皇陛下は、りんとした姿で、「先の戦争で亡くなったすべての人々を追悼し、その遺族の歩んできた苦難の道をしのびたいと思います」とあいさつを読み上げた。

 実は、あいさつには当日になって陛下の強い希望で付け加えられた部分があった。直前にミクロネシア連邦を襲った台風被害に対する追悼とお見舞いを述べた部分だ。

 両陛下は戦後60年のときから、パラオだけでなく、多くの日本人が犠牲になったミクロネシアやマーシャル諸島などミクロネシア地域への慰霊の旅を希望し続けてきた。今回、両国の大統領夫妻はパラオまで足を運び、晩さん会は予定を30分間オーバーするほど会話は弾んだ。両陛下の胸中を推し量ることはできない。ただ、同地域への特別な思いを感じたあいさつだった。

 海上保安庁の巡視船に宿泊してまでこだわった9日のペリリュー島訪問でも、戦争と平和に対する両陛下の姿勢がうかがえる瞬間があった。

 日本政府が建立した西太平洋戦没者の碑での供花後だ。両陛下は戦闘の生還者や遺族らに対し、どの人にも顔を寄せ「どうぞ、お元気で」と声をかけ、苦労をねぎらった。続いて、両陛下は米軍の慰霊碑を訪れて約1600人の米国人戦死者を弔い、両国の兵士たちの遺体が浮いたというオレンジビーチに向け静かに一礼した。

 宮内庁幹部は「日本だけでなく、米国の人々も同様に慰霊したいという両陛下の強い希望で実現した」と明かした。戦争というものを二度と繰り返してはならない--。その願いが胸に迫った。


両陛下、パラオから帰国…平和への思い新たに
読売新聞 4月9日(木)22時48分配信

Photo_25
パラオから帰国された天皇、皇后両陛下(9日午後9時19分、羽田空港で)=前田尚紀撮影

 【ペリリュー(パラオ)=沖村豪、太田雅之】天皇、皇后両陛下は9日、戦後70年の「慰霊の旅」として太平洋戦争の激戦地、西太平洋のパラオのペリリュー島で戦没者を慰霊し、同日夜に帰国された。

 日米両軍で約1万2000人が戦死した同島では、日本と米国のそれぞれの慰霊碑に供花された。10年越しで願い続けたパラオ慰霊を実現させ、平和への思いを新たにされた。

 両陛下は同日午前、宿泊先の海上保安庁の大型巡視船「あきつしま」からヘリコプターで同島に入られた。島の最南端に立つ日本政府の「西太平洋戦没者の碑」の供花台に、日本から持参した白菊の花束を供えた後、静かに深く黙とうをささげられた。

 さらに、南西の方角に見えるアンガウル島に向かって黙礼された。同島でも、約1100人の日本守備隊が玉砕している。

 慰霊碑前では、二つの島でわずかに生き残った元兵士や遺族らが見守り、慰霊後、両陛下が「大変でしたね」「お元気で」とねぎらいの言葉をかけられた。

 終戦を知らずに2年近くも洞窟に潜んで戦いを続けた34人のうちの1人、土田喜代一(きよかず)さん(95)は「国のため命をささげた戦友も喜んでいるでしょう」と感激した様子で話した。

 続いて両陛下は、米陸軍第81歩兵師団の慰霊碑を訪ね、花輪を供えられた。慰霊碑は、1944年9月に米軍が上陸したオレンジ・ビーチのそばに立つ。激しい砲撃や白兵戦が行われ、両軍の兵士の血で染まったとされるビーチを静かに見つめ、再び黙礼された。

 慰霊には、終戦までの約30年間、日本の統治下にあったパラオ、ミクロネシア連邦、マーシャル諸島の3か国の大統領夫妻も同行した。戦時中の3か国での戦死者は4万1000人以上とされる。

 3か国などでの慰霊は、両陛下の希望で2003年にも検討されたが、交通事情などから中止され、移動手段や宿泊先に民間機やあきつしま、ヘリコプターを使うことで実現した。

 両陛下は9日夕にパラオ国際空港を出発し、同日夜、東京・羽田に帰国された。


帰国された両陛下
時事通信 4月9日(木)21時47分配信

Photo_24
戦没者慰霊のためのパラオ訪問を終え、帰国された天皇、皇后両陛下=9日夜、羽田空港


帰国された両陛下
時事通信 4月9日(木)21時44分配信

Photo_23
戦没者慰霊のためのパラオ訪問を終え、帰国された天皇、皇后両陛下=9日夜、羽田空港


<両陛下>パラオから帰国 戦後70年の節目に実現
毎日新聞 4月9日(木)21時23分配信

Photo_22
パラオから帰国された天皇、皇后両陛下=羽田空港で2015年4月9日午後9時21分、望月亮一撮影

 【ペリリュー島(パラオ)古関俊樹、大久保和夫】太平洋戦争の激戦地だったパラオ共和国を訪問中の天皇、皇后両陛下は9日、1泊2日の日程を終えて民間のチャーター機で帰国された。約1万6000人が犠牲になったパラオなどミクロネシア地域の戦没者慰霊は両陛下の長年の希望で、戦後70年の節目に実現した。

 両陛下は8日にパラオ入り。同国のレメンゲサウ大統領夫妻と会見した他、同国主催の晩さん会では、ミクロネシア連邦、マーシャル諸島の大統領夫妻とも懇談した。

 9日には宿泊した海上保安庁の巡視船「あきつしま」からヘリコプターで約1万人の日本人が亡くなったペリリュー島を訪問。日本政府が建立した慰霊碑「西太平洋戦没者の碑」では日本から持参した白菊の花束を手向け、平和への祈りをささげた。「米陸軍第81歩兵師団慰霊碑」も訪れ、拝礼した。 


お別れのあいさつをされる両陛下
時事通信 4月9日(木)21時20分配信

Photo_21
パラオのレメンゲサウ大統領夫妻にお別れのあいさつをされる天皇、皇后両陛下=9日午後、パラオ国際空港(代表撮影)
(時事通信社)


両陛下、慰霊の旅終え帰国へ
2015年4月9日(木)17時43分配信 共同通信

 【コロール(パラオ)共同】天皇、皇后両陛下は9日、太平洋戦争の戦没者慰霊のため訪れていたパラオから帰国の途に就いた。戦後70年の節目に、両陛下の強い希望で実現した慰霊の旅。思いを果たした天皇陛下には、安堵とともに、平和への決意を新たにしたような表情が浮かんだ。

 両陛下は8日午後にパラオ入りし、パラオ政府主催の晩さん会に出席。天皇陛下は「先の戦争で亡くなった全ての人々を追悼し、遺族の歩んできた苦難の道をしのびたい」と述べ、戦没者に思いを寄せた。

 9日に足を運んだ激戦地ペリリュー島では「米陸軍第81歩兵師団慰霊碑」も拝礼した。


両陛下、帰国の途に=戦後70年のパラオ訪問終え
時事通信 4月9日(木)16時57分配信

 【コロール時事】戦後70年の戦没者慰霊のためパラオを公式訪問していた天皇、皇后両陛下は9日午後、1泊2日の日程を終え、チャーター機で帰国の途に着かれた。夜に羽田空港に到着する。
 空港では皇太子さまや秋篠宮さま、安倍晋三首相夫妻らが出迎える。
 これに先立ち、パラオ国際空港ではレメンゲサウ大統領夫妻が両陛下にお別れのあいさつをした。
 ペリリュー島での島民との懇談では、「ペリリューに来ていただいて名誉なことです」と話す男性に、天皇陛下は「戦争はありましたが、平和なペリリューはきれいなところですね」と話した。 


島民と交流される両陛下
時事通信 4月9日(木)13時14分配信

Photo_20
ペリリュー島の島民と交流される天皇、皇后両陛下=9日午後、パラオ・ペリリュー島(代表撮影)


島民と懇談される両陛下
時事通信 4月9日(木)13時14分配信

Photo_19
ペリリュー島の島民と懇談される天皇、皇后両陛下=9日午後、パラオ・ペリリュー島のサマーハウス


「オレンジビーチ」から戻られる両陛下
時事通信 4月9日(木)12時53分配信

Photo_18
「オレンジビーチ」から戻られる天皇、皇后両陛下=9日午前、パラオ・ペリリュー島(代表撮影)


「オレンジビーチ」を見られる両陛下
時事通信 4月9日(木)12時53分配信

Photo_17
米軍が上陸した「オレンジビーチ」を見られる天皇、皇后両陛下=9日午前、パラオ・ペリリュー島(代表撮影)


両陛下、日米の慰霊碑に供花
時事通信 4月9日(木)12時51分配信

Photo_16
戦後70年の戦没者慰霊のためパラオを訪問中の天皇、皇后両陛下は9日午前、太平洋戦争の激戦地となったペリリュー島を訪れ、日米双方の慰霊碑に供花された。写真はアンガウル島に向かって黙礼する両陛下=代表撮影
(時事通信社)


黙礼される両陛下
時事通信 4月9日(木)12時51分配信

Photo_15
「西太平洋戦没者の碑」に供花し、アンガウル島に向かって黙礼される天皇、皇后両陛下=9日午前、パラオ・ペリリュー島(代表撮影)
(時事通信社)


供花される両陛下
時事通信 4月9日(木)12時51分配信

Photo_14
「西太平洋戦没者の碑」に供花し、黙礼される天皇、皇后両陛下=9日午前、パラオ・ペリリュー島(代表撮影)
(時事通信社)


供花される両陛下
時事通信 4月9日(木)12時51分配信

Photo_13
「西太平洋戦没者の碑」に供花される天皇、皇后両陛下=9日午前、パラオ・ペリリュー島(代表撮影)
(時事通信社)


供花される両陛下
時事通信 4月9日(木)12時51分配信

Photo_12
「西太平洋戦没者の碑」を訪れ供花される天皇、皇后両陛下=9日午前、パラオ・ペリリュー島(代表撮影)
(時事通信社)

« 宮城沖地震に関するニュース・1962,2015年4月9日 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1963,2015年4月10日 »

ニュース」カテゴリの記事

国家・元首・国事」カテゴリの記事

歴史・故事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/61412445

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇皇后両陛下、8~9日にパラオを公式にご訪問 戦没者の慰霊・3:

« 宮城沖地震に関するニュース・1962,2015年4月9日 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1963,2015年4月10日 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30