« 首相官邸屋上でドローン(小型無人飛行体)発見、微量の放射性物質を検出・3 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1978,2015年4月25日 »

2015年4月24日 (金)

首相官邸屋上でドローン(小型無人飛行体)発見、微量の放射性物質を検出・4

22日午前10時半ごろ、東京都千代田区永田町の首相官邸の屋上ヘリポートで、小型の無人飛行機「ドローン」があるのを官邸職員が発見、警視庁に通報した。
警視庁によると、発見されたドローンは直径約50センチで、ローターが4枚ついたヘリコプター型だった。カメラやペットボトルのような容器が取り付けられ、放射能マークが貼られていた。

これまでに官邸関係者が侵入や墜落の様子を目撃したとの情報はなく、犯行声明などもないという。けが人や建物の破損なども確認されていない。安倍晋三首相はアジア・アフリカ会議60周年記念首脳会議出席のため、外遊中だった。政府関係者は「人的被害はなく、テロかどうかは不明」と話した。

警視庁は、何者かがドローンを官邸に向けて故意に侵入させた疑いもあるとみて捜査本部を設置し、威力業務妨害容疑も視野に捜査を開始した。

最初のニュース
2番目のニュース
3番目のニュース

リンク:官邸ドローン事件 乱暴な行動 独り善がりな「反原発」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:官邸ドローン事件 山本容疑者、ドローン2機持って出頭 操縦機や砂も所持 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ブログにドローン機体加工の記述 - 速報:@niftyニュース.
リンク:動機本格解明へ=赤坂から官邸飛行か―ドローン事件・警視庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:官邸ドローン事件 迷彩服姿の容疑者が警視庁麹町署に到着 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「遅せーよ職員!」首相官邸屋上のドローン発見に容疑者ブログでイライラ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ドローン事件 静かな集落、住民困惑…逮捕の男、「イノシシ」1頭さばく姿も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:官邸ドローン「飛ばしたのは俺だ」…迷彩服姿で容疑者出頭 警視庁公安部会見 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:官邸ドローン事件 福井の容疑者自宅などを家宅捜索 警視庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「官邸ドローン」の狙いは「福井県知事選の混乱」 容疑者はブログで犯行を克明に明かしていた - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「官邸サンタ」、ドローン写真=計画や経過記載、関与示す―容疑者ブログ・警視庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「おとなしい」「印象なし」…逮捕の容疑者 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ドローン事件、逮捕急展開=砂とコントローラー持ち出頭―終始うつむき護送車に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:飛ばした直後に操縦不能、昨年12月にも計画か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<ドローン事件>福島を都合良く利用しないで…怒りと戸惑い - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<ドローン事件>昨年12月計画一度断念…ブログに書き込む - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<ドローン事件>出頭の40歳男を逮捕…威力業務妨害容疑 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:官邸ドローン、出頭の男逮捕…威力業務妨害容疑 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:官邸ドローン事件 福井の40代男を逮捕 警視庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:出頭の40歳無職男逮捕=原発政策不満か―警視庁、業務妨害容疑・官邸ドローン事件 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:官邸ドローン 男出頭「原発政策に不満」 警視庁、捜査員を派遣 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ドローン飛行 重要施設上空は禁止へ 自民、議員立法を準備 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ドローン侵入で民主が政府の危機管理批判 政権時代は官邸警備に不作為も… - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ドローン登録義務化を検討、購入時に氏名や住所 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:出頭の40歳男を逮捕 - 速報:@niftyニュース.
リンク:福井県警に出頭の男、聴取本格化=「官邸にドローン飛ばした」―警視庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:官邸ドローン事件 福井の40代男が出頭 コントローラー持参「原発政策への抗議」「福島の砂入れた」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:官邸ドローン事件 福井の40代男が出頭「自分がやった」「原発政策不満」 警視庁、捜査員を派遣 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<ドローン事件>「福島の砂や海水入れた」出頭の男 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<ドローン>政府、規制急ぐ 技術活用妨げ懸念の声も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:官邸ドローン事件で、男が出頭 - 速報:@niftyニュース.
リンク:官邸ドローン事件 福井県警に男が出頭「自分がやった。原発政策への抗議だ」 警視庁が関係を捜査 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<ドローン事件>「原発政策に抗議」関与認める男出頭 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:官邸ドローン事件 LEDライトも黒塗装、能力強化改造も 計画的侵入の疑い - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

官邸ドローン事件 乱暴な行動 独り善がりな「反原発」
産経新聞 4月25日(土)21時33分配信

Photo_16
警察車両で警視庁麹町署に入る山本泰雄容疑者=25日午後5時14分、東京都千代田区(早坂洋祐撮影)(写真:産経新聞)

 山本泰雄容疑者は警察の調べに、「反原発」の主張を訴える手段として首相官邸に放射線を発するドローンを侵入させたと供述した。東京電力福島第1原発事故後、「反原発」の主張も強まっているが、こうした違法な強硬手段は、健全な議論をぶち壊すものだ。容疑者の独り善がりな行動は、脱原発派からも理解を得られない。

 反原発派には、デモや集会など正式な抗議活動を行う団体だけでなく、東京・霞が関の経済産業省の敷地に「脱原発テント」を設置したり、原子力規制委員会の審議で大声を出すなど“強硬”な手段に訴えるグループもいる。だが、山本容疑者の行動はこれらとも一線を画す過激なものだった。

 山本容疑者が「官邸サンタ」と名乗り投稿していたブログには昨年9月、「原発侵入」のため準備したとする「縄」とともにドローンが登場。実際に九州電力川内(せんだい)原発(鹿児島県)を訪れた様子とともに「(原発侵入に)ドローンを使えないだろうか」と問いかける記述があった。さらに東京電力福島第1原発事故で立ち入りが制限されている場所に入り、土を持ち帰ったとも投稿していた。

 ブログからは、4月9日未明に飛ばしたドローンが操縦不能になり、官邸中庭に着陸させるはずが、官邸屋上に墜落したことがうかがえる。今回、ドローンから測定された放射線量は微量だったが、強い放射線量の場合は人体にも影響がでかねない。地上に墜落していれば、けが人が出た恐れもあり「極めて危険な行為」(捜査関係者)だ。

 草の根で脱原発運動を展開する「ふるさとを守る高浜・おおいの会」代表で福井県高浜町の農業、東山幸弘さん(68)は「強い抗議の表れかもしれないが、やり方としては乱暴に過ぎる。訴え方は他にもあったはずだ」と首をかしげた。


官邸ドローン事件 山本容疑者、ドローン2機持って出頭 操縦機や砂も所持
産経新聞 4月25日(土)19時9分配信

 東京都千代田区の首相官邸に小型無人飛行機「ドローン」が侵入した事件で、威力業務妨害容疑で逮捕された無職、山本泰雄容疑者(40)が24日夜に福井県警小浜署へ出頭した際、ドローン2機と操縦機(コントローラー)4つを所持していたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。

 山本容疑者が犯行の状況などを投稿したとしているブログには、9日に官邸へドローンを侵入させた後、新たな機体を用意して再び侵入を計画するような書き込みがあった。

 また、山本容疑者は砂が入った容器も持参。官邸で見つかったドローンに積まれていた容器からは微量の放射線が検出され、中からは砂が見つかっており、警視庁は関連を調べる。


ブログにドローン機体加工の記述
2015年4月25日(土)18時55分配信 共同通信

 東京都千代田区の首相官邸屋上で小型無人機「ドローン」が見つかった事件で、威力業務妨害容疑で逮捕された福井県小浜市の無職山本泰雄容疑者(40)のブログに、ドローンを加工したとの記述が複数あることが25日、分かった。

 見つかった機体は実際に改造や容器を装着するなど加工されており、それと酷似した写真も掲載されていた。警視庁は山本容疑者を福井から捜査本部のある東京・麹町署に移送し、ブログの記述や写真と供述を突き合わせ、裏付けを進める。

 また、捜査関係者によると、山本容疑者は24日に福井県警小浜署に出頭したとき、ドローン2機と操縦機四つを所持していたという。


動機本格解明へ=赤坂から官邸飛行か―ドローン事件・警視庁
時事通信 4月25日(土)18時34分配信

 首相官邸(東京都千代田区)の屋上で小型無人機「ドローン」が見つかった事件で、警視庁公安部は25日、威力業務妨害容疑で逮捕した福井県小浜市青井、無職山本泰雄容疑者(40)の身柄を、出頭先の同県警から捜査本部のある警視庁麹町署(千代田区)に移し、動機の解明を本格化させた。
 山本容疑者を乗せた車は午後5時15分ごろ、麹町署に到着した。上下緑色の服を着た同容疑者は、フードをかぶりうつむいたままだった。
 山本容疑者は自身のブログに、「官邸サンタ」と名乗り「再稼働に反対する活動ではなく再稼働を止める活動をしなくては…」「反原発アピールなら汚染土か…」などと投稿していた。
 ブログの記載では、今月8日に港区赤坂からドローンを飛行させようとしたが、悪天候で断念。9日に赤坂付近から離陸させ、電波の状態が悪く行方不明になったなどとしている。警視庁はブログを分析し、事件の詳しい経緯や動機を調べる。 


官邸ドローン事件 迷彩服姿の容疑者が警視庁麹町署に到着
産経新聞 4月25日(土)17時54分配信
也撮影)(写真:産経新聞)

 東京都千代田区の首相官邸に小型無人飛行機「ドローン」が侵入した事件で、威力業務妨害容疑で逮捕された山本泰雄容疑者(40)を乗せた車が25日午後5時15分ごろ、捜査本部のある警視庁麹町署に到着した。同署には約100人の報道陣が詰めかけ、上空には撮影用の報道ヘリが飛ぶなど一時騒然とした。

 グレーの警察車両の後部座席中央に捜査員に挟まれて座った山本容疑者は上下迷彩服姿。車内では無表情のままで、深くかぶった黒の帽子にフードをかぶり、下をうつむきながらゆっくりとした足取りで署内に入っていった。

 山本容疑者は24日夜、福井県警小浜署に出頭。25日午前9時ごろに同署を出発し、約8時間かけて移送された。


「遅せーよ職員!」首相官邸屋上のドローン発見に容疑者ブログでイライラ
スポーツ報知 4月25日(土)16時19分配信

 東京都千代田区の首相官邸屋上で小型無人機「ドローン」が見つかった事件で、24日夜に福井県警小浜署に出頭し、25日に威力業務妨害の疑いで逮捕された無職・山本泰雄容疑者(40)が書いたとみられるブログには、事件に至るまでの経緯が詳細に書かれていることが分かった。「官邸サンタ」の名前で昨年7月に始められたブログは、内容と犯行の状況に矛盾がないことから、捜査本部は山本容疑者が書き込んだとみて裏付けを進めている。

 ブログには昨年11月に衆議院が解散された際、「新内閣発足は恐らく12月24日…イヴか…」「決行はこの日だな…第3次阿倍内閣の出鼻を折る」(原文まま、以下同)の記述があり、以前にも官邸にドローンを飛ばす計画があったとみられる。内閣が発足した12月24日には官邸前に行ったものの、ドローンを飛ばすことができなかったとしている。

 また、今回の計画を決行したのは4月9日の午前3時半ごろで、目的については12日投開票の福井県知事選前に騒動を起こすためとしている。だが、ドローンが官邸職員によって発見されたのは、選挙後の22日。ブログでは「遅せーよ職員!」と、意のままにならなかったことに憤りを示した。また、ドローンに取り付けられた容器から発見された土は、自分で福島県の帰宅困難区域へ行き、採取してきた汚染土とも記されている。


ドローン事件 静かな集落、住民困惑…逮捕の男、「イノシシ」1頭さばく姿も
産経新聞 4月25日(土)15時12分配信

 警視庁に逮捕された山本泰雄容疑者の福井県小浜市青井の自宅は、山間の集落にある。山本容疑者は近所付き合いは少なかったものの、トラブルを起こすこともなかったといい、静かな集落に住む近隣住民は「なぜ地元の人が東京でこんな大それたことを」と驚きを隠しきれなかった。

 近隣住民によると、山本容疑者は約20年前に両親らと家族で引っ越してきた。山本容疑者は頻繁に外出していたが、近所との付き合いはほとんどなく、住民が路上で会釈をしても反応がないこともあったという。近所の男性(61)は「性格が少し暗い印象はあったが、事件を起こすような人とは思っていなかった」と話す。

 近所でトラブルを起こすことはなかったものの、今年の冬に自宅軒先でイノシシを丸ごと1頭さばいていたことがあったといい、様子を目撃した近所の男性(57)は「この辺では猟をすることは珍しくないが、家の前で動物をさばく光景は異様だった」と振り返った。

 近くの女性は「事件発生のニュースを見ていても、まさか地元の人が関係しているとは思わなかった。この事件が起きるまでドローンという存在すら知らなかった」と言葉少なだった。

 一方、山本容疑者は25日午前9時過ぎに東京へ移送されるため小浜署を出た。

 捜査員に連れられて車に乗り込んだ山本容疑者は迷彩柄の長袖、長ズボン姿。さらに帽子の上にフードをかぶり、靴も含めて全身を迷彩柄で包んだ状態で姿を見せたが、終始下を向いたままだった。

 首相官邸から約500キロ離れた同署は静かな住宅街の中にあるが、休日の朝から報道陣や警察官の声が響き渡り、通行人が署の周辺で足を止めて様子を見守るなど一時騒然となった。


官邸ドローン「飛ばしたのは俺だ」…迷彩服姿で容疑者出頭 警視庁公安部会見
産経新聞 4月25日(土)13時54分配信

 首相官邸にドローンを飛行させた威力業務妨害事件で、警視庁公安部は25日、記者会見し、山本泰雄容疑者(40)の逮捕を発表した。主なやり取りは以下の通り。

■ブログと山本容疑者は同一と認識

 --認否は

 「犯行を認める旨の言動がある。逮捕時は無言であったと承知している」

 --(容疑を)認める言動は逮捕前か

 「(24日夜)小浜署に出頭時に、『官邸にドローンを飛ばしたのは俺だ』との言動がある」

 --無言というのは黙秘ということか

 「そういうことではないと認識している」

 --所持品は

 「出頭時には(ドローンの)コントローラーようのものなどを確認しているが、押収の手続きをとっていないので詳細は差し控えたい」

 --(官邸サンタの名前で投稿している)ブログについては把握しているか

 「ブログの存在は把握している。ブログの内容については被疑者の供述と整合していると認めている」

 --自分のブログだと言っているのか

 「ブログについて被疑者は、同ブログの投稿者の『官邸サンタ』だと認めている」

 --投稿者と被疑者は同一人物か

 「そのようにみている」

 --再稼働反対の脅迫文のようなものもブログにあるが

 「記載内容は把握しているが、実物は確認していない」

 --(ドローンに搭載された)容器の中に入っていたのは土か砂か

 「目視では砂ようのものに見えた。今後茶色い容器の内容物は鑑定する」

 --内容量は

 「相当量あった」

 --(ブログに記載のある)100グラムぐらいか

 「そのような記載は承知している」

 --それぐらいの量でいいか

 「砂の重さについては精査する。大きく矛盾するものではない」

 --4月9日午前3時半にドローンを飛ばしたという記載は

 「確認しているが、本人の言動でも4月9日午前3時半ごろに行ったとしている」

 --出頭した理由は

 「今後の捜査で明らかにしたい」

 --反省の弁は

 「確認していない」

 ■「犯行は1人」と供述

 --極左などの活動歴や公安部で把握していた人物か

 「共犯者や組織性の有無は今後の捜査。現段階で組織性、共犯性は確認できていない」

 --1人でやったのか

 「本人も1人でやったとしている」

 --無職だが、その前はどんな仕事に就いていたのか

 「今後の捜査で明らかにする」

 --家宅捜索に本人は立ち会わせるのか

 「本人の立ち会いは考えていない」

 --家族関係は? 1人暮らしなのか

 「差し控えたい」

 --威力業務妨害の起点が3月22日になっている理由は。どんな業務を妨害したのか

 「首相官邸の屋上にドローンがなかったことが明確に確認されているのが3月22日。ドローンの発見にともない、官邸職員が対応しなければならなかったことにより、業務が中断されたことが業務妨害にあたる」

 --ブログには駐車場からドローンを操作したとの記述があるが

 「ブログの記載については承知している。具体的事実関係については今後捜査を進める」

 --放射線はドローンに付属した容器にあった土から検出されたのか

 「土の入った容器から検出されたのが確認されている。詳細は鑑定中」

 --本人は原発の何に反対しているのか。ほかに反対運動などにも参加しているのか

 「原発に反対している旨の言動はブログにも記載があり、本人も供述している」 

 --福井県にはもともと居住していたのか

 「今後捜査で解明する」

■ブログの存在は「今日確認」

 --出頭時の服装は

 「迷彩服の上下を着て、ドローンのコントローラーと砂を少量、所持していた。砂は福島県などから採取したとみられる」

 --ブログには昨年12月にもドローンを飛ばそうとしたとの記述があるが事実か

 「昨年末にも官邸に行き、ドローンを飛ばそうとしたが、断念したと供述している」 

 --ブログの存在はいつ把握したのか

 「昨日、山本容疑者が出頭し、ブログの存在を把握したのは本日」

 --ドローンに記憶媒体は搭載されていたのか

 「ドローンについては昨日、検証を実施した。今後、鑑定を進める」

 --出頭時の様子は

 「犯行を認めており、ブログ記載通りの供述をしている。ことさら特異な動向は承知していない」

 --ドローンに発煙筒を乗せたとブログにはあるが

 「ブログの記載は承知している。ドローンには発煙筒のようなものが搭載されていた。今後、捜査で明らかにする」

 --山本容疑者は職務上、ドローンの操作に精通する立場にあったのか。なぜ仕事を辞めたのか。今回の事件は関係しているのか

 「今後、捜査を進める」

 --ブログでは警察の発見が遅かったとの記述があるが、そういった言動をしているか

 「確認していない」


官邸ドローン事件 福井の容疑者自宅などを家宅捜索 警視庁
産経新聞 4月25日(土)13時19分配信

 首相官邸屋上でドローンが見つかった事件で、警視庁は25日、威力業務妨害容疑で逮捕した無職、山本泰雄容疑者(40)の福井県小浜市の自宅など関係先を家宅捜索した。

 逮捕された山本容疑者は、「4月9日にドローンを飛ばした」と供述、容疑を認めているといい、警視庁は25日午後、身柄を捜査本部のある同庁麹町署に移送し、詳しい動機や共犯者の有無について調べを進める。


「官邸ドローン」の狙いは「福井県知事選の混乱」 容疑者はブログで犯行を克明に明かしていた
J-CASTニュース 4月25日(土)12時49分配信

Dsyn
ブログには機体設備の紹介も(「汚染土」入りの容器と、ガイガーカウンター)

 首相官邸(東京都千代田区)の屋上で、ドローン(小型無人飛行機)が発見された事件で、警視庁は2015年4月25日、福井県小浜市の無職、山本泰雄容疑者(40)を威力業務妨害の罪で逮捕した。山本容疑者は24日夜、福井県警小浜署へ出頭していた。

発見当初は「テロ」との憶測が出ていた

 山本容疑者が運営していたとするブログが、25日朝になり話題になっている。「官邸サンタ」を名乗るブログで、ドローンを官邸へ送り込むまでを克明に記載。報道があった22日には、なかなかドローンが発見されなかったことについて、「2週間放置て...」とグチる記載もあった。

■ドローン墜落は「4月9日」

 容疑者のものとされるブログは、「ゲリラブログ参」という名称。ブログの説明には「テロとか」とだけ記されていて、武装した男の絵が大きく表示されている。またブログの背景画像には、放射能マークを禁止するような記号が並べられている。

 ブログを読むと、「官邸サンタ」の動きが手に取るようにわかる。官邸でドローンが発見された4月22日には、

  「ヤフーニュースで『官邸にドローン』 遅せーよ職員!てゆーか警備員じゃないのか...2週間放置て...」
  「犯罪者は自分の報道をこんな感じでみるのか...平常心を保つのが難しい...放射線も感知してくれたか...液体とか言ってるけど土だし...あとは声明文...威力業務妨害になるのか...公務執行妨害とかはならないのか...さて...どうするか...」

などと、犯行をほのめかす投稿をしている。

 官邸サンタが「遅せーよ」というのには訳がある。実は、官邸へドローンを落としたのは、4月9日だったというのだ。12日の投稿によると、9日3時30分に東京・赤坂の「通りから入った駐車場」から離陸させた。しかし、途中から電波状況が悪くなり、カメラからの画像も途絶えてしまう。結局、機体を見失ってしまい、「帰宅後ニュースをみるが...何も報道ない...」と肩を落としていた。

クリスマスイブにも計画「飛ばしたかった...」
 「官邸サンタ」は、なぜドローンを官邸へ落そうと考えたのか。4月10日の投稿では、彼の描いていた青写真が語られている。8日にドローンを落とし、マスコミが報道。翌9日にブログで犯行を明かし、警察へ出頭。12日に「混乱の中で選挙を迎える」というもの。ここでいう「選挙」とは、山本容疑者の住む福井県知事選だ。

 今回の福井県知事選は、現職の西川一誠氏(無所属)と、県内原発の再稼働に反対する金元幸枝氏(共産)の一騎打ちだった。「自治体間の抗争を演出して官邸から福井知事選に注目を移動するための手段」(24日の投稿)としてのドローン墜落を考えていたようだ。しかし、犯行が天候不良で翌9日へずれ込み、発見も約2週間後。県知事選も西川氏の圧勝だったため、目論見は完全に外れた。

 最初に官邸へドローンを墜落させようとしたのは、14年12月24日だった。その日の第3次安倍晋三内閣発足にあわせ、「新閣僚とマスコミが揃う官邸中庭に汚染土積んだドローンを下ろす」計画を立てたが、「こんな小さいラジコンでパニックを起こせるのか...失笑に包まれるのでは...」といった気持ちが邪魔をして、実行には移せなかった。プレゼントを届け損ねた「官邸サンタ」は、その日のブログをこう締めくくっている。

  「帰りの道中少しホッとしている...家に着いた頃には気が狂うほど後悔...飛ばしたかった...」


「官邸サンタ」、ドローン写真=計画や経過記載、関与示す―容疑者ブログ・警視庁
時事通信 4月25日(土)12時31分配信

 首相官邸(東京都千代田区)の屋上から小型無人機「ドローン」が見つかった事件で、逮捕された無職山本泰雄容疑者(40)は「官邸サンタ」と名乗る自身のブログで、官邸で発見されたものと特徴がよく似た黒いドローンなどの写真を掲載していた。
 昨年12月24日には「黒い羽根作戦」としてドローンを官邸に飛ばそうとしたが断念したことも書き込まれていた。
 警視庁公安部は同容疑者の出頭後、このブログを把握。同容疑者もブログの内容と同じ説明を公安部にしている。
 山本容疑者はブログでドローンを官邸に飛ばす計画や経過などを詳細に記載。4月7日には「最終仕様」とのタイトルで、黒色のドローンにプラスチック製容器などが取り付けられた機体の写真を掲載。さらに「第2の矢」のタイトルで、「4月7日14:30 小浜出発」や「4月9日03:30 赤坂到着」「官邸上空…中庭…全く見えない…真っ暗…」など、詳細な経過を示す書き込みをしていた。 


「おとなしい」「印象なし」…逮捕の容疑者
読売新聞 4月25日(土)12時21分配信

 山本容疑者が出頭してきた福井県警小浜署では25日午前9時頃、迷彩柄の服に身を包み、フードを目深にかぶった山本容疑者が警視庁の車に乗せられ、同署を出た。

 同署前には、山本容疑者のブログにも掲載されていたのと同じ白と茶のツートンカラーの軽乗用車が止まっていた。

 近所の住民によると、山本容疑者は3人兄弟の次男。鉄工所を経営していた父親が亡くなり、同県小浜市内の2階建て住宅で母親らと暮らしているという。

 地元の小中学校を卒業後、同市内の県立高校に進学。同高の同窓会名簿では、1993年に電子機械科を卒業し、就職先は「航空自衛隊」と記されていた。

 近所の無職男性(80)は「おとなしい印象で、普段、何をしているのかは分からない」と語り、山本容疑者と同じ中学だったという男性会社員(37)は「言われれば思い出す程度で、ほとんど印象もない」と話した。


ドローン事件、逮捕急展開=砂とコントローラー持ち出頭―終始うつむき護送車に
時事通信 4月25日(土)11時56分配信

 「自分が反原発を訴えるために官邸にドローンを飛ばした」。厳戒警備なはずの首相官邸(東京都千代田区)屋上で小型無人機「ドローン」が見つかり、政権中枢を揺るがした事件は、無職の山本泰雄容疑者(40)の出頭で急展開した。発生から3日目に逮捕に至った。
 捜査関係者によると、山本容疑者は24日午前8時すぎに1人で車で福井県警小浜署(福井県小浜市)に出頭し、「官邸に飛ばしたのは私です」と話したという。出頭時にはドローン用とみられるコントローラーのようなものと砂を所持していたといい、「福島の砂を容器に入れた」とも話していた。
 一方、福井県警から警察庁を経由して出頭の連絡を受けた警視庁では、突然の出来事に「事件との関連性を含め詳細が分からない」と公安部幹部らが対応に追われ、深夜に急きょ捜査員を派遣した。
 署に数十人の報道陣が詰めかける中、25日午前4時半すぎ、警視庁公安部の捜査員が車で到着し、慌ただしく署内に入った。
 出頭から半日余りの午前9時すぎ、逮捕された山本容疑者が署から姿を現した。帽子の上から緑色の服のフードをかぶり、終始うつむいたまま、ほとんど表情を変えずに足早に護送車に乗り込んだ。 


飛ばした直後に操縦不能、昨年12月にも計画か
読売新聞 4月25日(土)11時36分配信

Photo_23
読売新聞

 東京・永田町の首相官邸屋上で小型無人機「ドローン」が見つかった事件は25日、「反原発を訴えるため」と話す福井県の男が警視庁に逮捕され、発見から3日で急展開を見せた。

 男が書いたとみられるブログには、飛行させた直後に操縦不能になるなどドローンを飛ばした状況や経緯が詳細に記されており、昨年12月にも飛行計画があったことも判明。同庁は、周辺の防犯カメラ映像などから裏付けを進める。

 逮捕されたのは、福井県小浜市青井、無職山本泰雄容疑者(40)。ドローンを飛ばし、官邸の業務を妨げた威力業務妨害の疑いが持たれている。

 インターネット上には、「官邸サンタ」と名乗る山本容疑者のものとみられるブログがあった。

 「赤坂到着」「人通りが途絶えるのを待つ」。4月12日付のブログによると、7日午後2時40分に車で小浜市を出発し、8日午前1時、東京・赤坂に到着。巡回の警察官を警戒しながら、チャンスをうかがったが、「雨とビル風が激しい」「天候が更に悪化」と午前4時頃、断念した。

 翌9日午前3時半、再び赤坂を訪れ、約200メートル離れたビルの谷間の駐車場からドローンを飛ばしたが、「官邸上空…中庭…全く見えない…真っ暗…」。さらに、「前庭のライトめがけて下降…」「そのまま完全ロスト」と途中で通信が途絶え、操縦不能になったことが記されていた。結果的に屋上に落下したのは「偶然」だったとみられる。

 22日に官邸職員がドローンを発見したとのニュースが流れ、同日付では「遅せーよ職員!」「2週間放置て…」と書かれていた。

 これに先立つ7日付のブログには、ドローンの画像が複数掲載。発見されたドローン同様、黒く塗装され、放射能マークが貼られた容器などが映っていた。

 この容器には、自身が福島県に行って採取したという「汚染土」100グラムを入れたとも記した。さらに22日付のブログで、容器の中身について、「(ニュースで)液体とか言ってるけど土だし」と記していた。

 また、ブログによると、昨年12月24日にも官邸前に行き、駐車場にとめた車の屋根にドローンを置いて飛行させようとしたが、踏み切れずに断念した記述もあった。衆院選直後で組閣のタイミングを狙ったと受け取れる書き込みもあった。

 山本容疑者は、警視庁に対し、「4月9日にドローンを飛ばした」などと話すとともに、昨年12月24日にもドローンを飛行させようとしたことについても認めているという。


<ドローン事件>福島を都合良く利用しないで…怒りと戸惑い
毎日新聞 4月25日(土)11時32分配信

 東京電力福島第1原発事故で風評被害などに苦しむ福島県民らからは怒りと戸惑いの声が上がった。

 福島市の福島大4年、斎藤武蔵さん(21)は「反原発が動機かもしれないが『福島=放射能』というイメージが植え付けられる恐れがある」。斎藤さんはゼミの一環で、福島市内の水田を農家から借り、作ったコメを東京都内にある福島県のアンテナショップなどで販売。風評被害の払拭(ふっしょく)に取り組んできただけに「福島を都合良く利用しないでほしい」と憤る。

 福島県浪江町から二本松市の仮設住宅に一人で避難している天野淑子(よしこ)さん(63)は「反原発という思いには共感するが人に迷惑をかけるようなやり方は疑問。福島への偏見が強まり、県外に避難する子どもたちがいじめなどに遭わないか心配」と話した。

 脱原発弁護団全国連絡会共同代表の海渡(かいど)雄一弁護士は「原発が推進される状況にいらだちがあったのかもしれない。合法的に止めようとしている動きに悪影響が出なければ良いが」と懸念。自然エネルギーへの転換などを目指すNPO法人環境エネルギー政策研究所所長の飯田哲也さん(56)は「揚げ足を取られる軽率な行動」と指摘した。【宮崎稔樹、島田信幸、金秀蓮】


<ドローン事件>昨年12月計画一度断念…ブログに書き込む
毎日新聞 4月25日(土)11時30分配信

 首相官邸(東京都千代田区)屋上で小型無人機「ドローン」が見つかった事件は25日、前日夜に出頭した山本泰雄容疑者(40)が逮捕されたことで急展開した。山本容疑者は関西電力大飯原発(福井県おおい町)から約5キロの同県小浜市に住んでおり、自身のブログで原発政策への抗議を訴えていた。被災地や反原発の活動に取り組む人たちには複雑な表情が広がった。【狩野智彦】

 山本容疑者は小浜市内に住む「官邸サンタ」を名乗り、昨年7月から今年4月まで43本の記事を投稿していた。

 昨年7月には、原発の立地自治体に隣接する同市について「原発が事故ると直撃コースだから避難することになる」と指摘。九州電力川内原発の安全審査の合格内定に触れ、「川内が動けばドミノ倒しのように全国の原発が動く」「再稼働まで時間ないからデモは一旦パス…再稼働に反対する活動ではなく再稼働を止める活動をしなくては」「テロをも辞さない」と書き込んでいた。

 また、「反原発アピールなら汚染土か」として、昨年10月~今年3月に計3回、福島県の帰還困難区域周辺を訪れ、土を採取した経緯を明かした。第3次安倍政権が発足した昨年12月24日には、「新閣僚とマスコミがそろう官邸中庭に汚染土積んだドローンを下ろす」と、車で官邸周辺の駐車場に到着。しかし「飛ばせない…スティックを動かせば離陸できるのに」などと、いったんは断念した心境をつづっていた。

 その後、4月8日に官邸へドローンを墜落させ、12日投開票の福井県知事選に混乱を生じさせようと計画。「(ドローン規制の)法整備前に飛ばしてしまおう」とし、ドローンや「汚染土100グラム搭載」とした容器と発煙筒、ドローンに貼り付けた「原発再稼働反対 官邸サンタ」とのメッセージなどの写真を掲載した。

 実際に操縦した経緯も時系列で示し、7日午後に小浜市を出発し、9日未明にドローンを操縦、同日午前に同市に戻り、「帰宅後ニュースを見るが…何も報道ない」とした。22日にドローン発見が報じられると、「遅せーよ職員!」と反応しながらも、「放射線も感知してくれたか…液体とか言ってるけど土だし」「平常心を保つのが難しい」と明かした。小浜署に出頭した24日午前には「自分の無能さが悲しい」と書き込んだ。

 ◇近所付き合いなく

 山本容疑者の自宅は小浜市の山あいの住宅地に建つ一戸建て。25日午前、警視庁の捜査員が家宅捜索に入った。近所の住民によると、工場を経営していた父親が亡くなり、山本容疑者の兄弟が後を継いでいるという。

 別の住民は「山本容疑者が出歩く様子を見たことがない」と話した。また「近所付き合いはあまりない」と話す人もいた。


<ドローン事件>出頭の40歳男を逮捕…威力業務妨害容疑
毎日新聞 4月25日(土)8時34分配信

Photo_4
ドローンが見つかった首相官邸の屋上=東京都千代田区で2015年4月22日、本社ヘリから

 首相官邸(東京都千代田区)の屋上で小型無人機「ドローン」が見つかった事件で、警視庁公安部は25日、福井県警小浜署に24日夜に出頭してきた同県小浜市在住の男(40)が関与した疑いが強まったとして、威力業務妨害容疑で逮捕した。男は出頭した際、「反原発を訴えるために自分が総理官邸にドローンを飛ばした」などと説明。ドローンに取り付けた容器に「福島の砂を入れた」などと話していた。公安部は今後、男の身柄を東京に移して詳しく事情を聴く。【岸達也】


官邸ドローン、出頭の男逮捕…威力業務妨害容疑
読売新聞 4月25日(土)8時33分配信

 東京都千代田区の首相官邸の屋上で小型無人機「ドローン」が見つかった事件で、警視庁は25日午前、福井県小浜市青井、無職山本泰雄容疑者(40)を威力業務妨害容疑で逮捕した。

 発表によると、山本容疑者は3月22日から4月22日までの間、首相官邸屋上に放射能マークのシールが貼られた容器などを搭載したドローン1台を落下させ、官邸事務所の業務を妨害した疑い。

 山本容疑者は24日夜、同県警小浜署に「反原発を訴えるため、官邸にドローンを飛ばした」と出頭していた。


官邸ドローン事件 福井の40代男を逮捕 警視庁
産経新聞 4月25日(土)8時30分配信

 東京都千代田区の首相官邸に小型無人飛行機「ドローン」が侵入した事件で、警視庁は25日、威力業務妨害容疑で、福井県警小浜署に24日夜に出頭した同県小浜市、無職、山本泰雄容疑者(40)を逮捕した。容疑を認めているという。

 捜査関係者によると、山本容疑者は24日午後8時過ぎに「東京のドローン事件に関係する者です」と、福井県警小浜署に1人で出頭。ドローンを操作するコントローラーのようなものを持参したという。

 ドローンは22日午前10時半ごろ、屋上ヘリポートに上がった官邸職員が発見。ドローンに積まれていたプラスチック製の容器からは微量の放射性セシウムが検出され、中に液体が入っていた。


出頭の40歳無職男逮捕=原発政策不満か―警視庁、業務妨害容疑・官邸ドローン事件
時事通信 4月25日(土)8時22分配信

 首相官邸(東京都千代田区)の屋上で小型無人機「ドローン」が見つかった事件に関与したとして、警視庁公安部は25日、威力業務妨害容疑で、福井県警に24日に出頭した無職の山本泰雄容疑者(40)=同県小浜市=を逮捕した。公安部によると、山本容疑者は「4月9日午前3時半ごろにやった」などと供述している。
 捜査関係者によると、山本容疑者は24日午後8時すぎ、県警小浜署に出頭し、「自分が反原発を訴えるために総理官邸にドローンを飛ばした」「福島の砂を入れた」などと話していた。出頭時にコントローラーのようなものを所持していた。
 逮捕容疑は、3月22日から4月22日までの間、放射能マークのシールが付いた容器を搭載した小型無人機を官邸屋上に放置し、官邸事務所の業務を妨害した疑い。公安部は政府の原発政策に不満を持つ人物が事件に関与したとみて、捜査を進めていた。
 公安部によると、ドローンが発見されたのは22日午前10時半ごろ。官邸の職員が発見し、約10分後に警視庁に通報があった。ドローンは15日に既に官邸屋上にあった可能性があり、男の行動を確認する。
 発見された機体は、中国メーカーDJI社の「ファントム2」で、黒く塗装されており約60センチ四方の四隅にプロペラとそれを保護する外枠が付いていた。機体は逆さまの状態で、うち1カ所の枠が破損していた。
 機体には小型カメラやプラスチック容器、発煙筒のようなものが付いており、小型カメラの映像を送信するための通信機器とみられるものも取り付けられていた。
 捜査関係者によると、容器には土のようなものが入っていた。また、放射能を示すマークのシールが貼り付けられており、放射線を測定したところガンマ線が1時間当たり最大1.0マイクロシーベルトで、セシウム134と137が検出された。
 セシウム134と137は自然界にはほぼ存在しないが、原発事故や核実験で放出されることもある。東京電力福島第1原発事故の汚染土や海水を容器に意図的に付着させた可能性もある。


官邸ドローン 男出頭「原発政策に不満」 警視庁、捜査員を派遣
産経新聞 4月25日(土)7時55分配信

 「東京のドローンの事件に関係する者です」。大きめのリュックサックを持った男が24日夜、こう告げて福井県警小浜署に1人で出頭した。首相官邸に小型無人飛行機「ドローン」が侵入した事件の関与を認める男が出頭したとの一報を受け、警視庁は捜査員を急遽(きゅうきょ)派遣した。ドローンからは放射性セシウムを検出、「反原発」思想を持った人物の犯行とみられていたが、男は「原発政策に不満があった」などと述べているという。日本の“中枢”に飛来した官邸ドローン事件は急展開を迎えるのか。

 22日に見つかったドローンに積まれていた容器から放射性セシウム134、137が検出。容器には液体が入っており、放射線を示すマークと「RADIOACTIVE(放射性)」と表記された市販のシールが貼られていた。機体には発煙筒のようなものも搭載されており、「原発」に関する主張を持つ人物が意図的に侵入させた可能性があるとみられていた。

 一方でドローンに深い知識があり、改造技術を持った犯人像も浮上。機体は中国メーカー「DJI」が製造する市販品「ファントム2」を改造したもので一度解体し、プロペラを軽量で高強度なものに交換したり、動力源のモーターも強力なものに取り換えたりした形跡があった。

 さらに、本来は白色の機体全体を黒く塗装し、空中で飛行する際に機体の目印として光るLEDライトも黒く塗りつぶされていたことから、夜間に侵入させた可能性も出ていた。

 首相官邸から約500キロ離れた福井県で出頭した男はこうした犯人像に合致するのか。警視庁の捜査が本格化する。


ドローン飛行 重要施設上空は禁止へ 自民、議員立法を準備
産経新聞 4月25日(土)7時55分配信

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は24日の記者会見で、首相官邸に小型無人飛行機「ドローン」が侵入した事件に関し、重要施設の警備を抜本的に見直す考えを示した。これに先立つ関係府省庁の連絡会議の初会合では「運用や法規制について早急に整備する必要がある。スピード感を持ち、目に見える形で結果を出す」と述べ、重要施設上空の飛行を禁止する法規制を急ぐ考えを示した。

 菅氏は連絡会議で「危機管理上重大な問題だ。使用方法によっては国民生活の安全に大きな影響を与えかねない」とも指摘。連絡会議に「重要施設の警備強化」と「運用ルールや関係法令の見直し」の分科会を設置し、連休明けに改めて会合を開催することを決めた。

 自民党の二階俊博総務会長は24日、法規制に向け、議員立法の準備を進める考えを菅氏に伝えた。官邸や国会、中央官庁などの上空を小型無人機が飛行することを禁じ、違反には罰則を科す内容を想定している。

 自民党は24日、関連の会合を開き、稲田朋美政調会長が「現行制度上の大きな欠陥が露見している」と強調。公明党の部会でも、今国会中の法規制や重要施設上空の警備強化が必要だとの意見が相次いだ。

 一方、衆院事務局は24日、国会内の警戒強化に向けた文書をまとめ、議員らに通知した。文書では「ドローンには爆発物、放射性物質、細菌、化学物質を搭載することが可能で、これらを用いてテロ行為が行われるおそれがある」と指摘。落下や着地したドローンを発見した場合接近せずに連絡するよう要請した。


ドローン侵入で民主が政府の危機管理批判 政権時代は官邸警備に不作為も…
産経新聞 4月25日(土)7時55分配信

 小型の無人飛行機「ドローン」が首相官邸の屋上に侵入した事件について、野党各党は今後、政府の危機管理体制の甘さを追及する構えだ。24日は民主党議員が国会で取り上げ、23日には集中審議も求めている。ただ、官邸屋上などの「無防備」ぶりは民主党政権時代も同じで、自らの不作為を棚上げした批判になっている。

 「爆発物の可能性や放射性の強さは直ちに判明していなかった。官邸周辺やオフィス、行き来する人たちに注意喚起する必要があったのではないか」

 民主党の小川淳也衆院議員は24日の衆院安全保障委員会でこう訴えた。22日昼前のドローン発見時、放射性物質の検出は直ちには発表されなかった。小川氏はこの点を挙げて政府の初動対応の甘さを追及した。

 加藤勝信官房副長官が「警察が直ちに調査し、状況を総合的に判断して周辺への注意喚起が必要な段階にはないと判断した」と答弁しても、小川氏は「場合によっては避難勧告まで想定しうる事案だった」と食い下がった。

 加藤氏は「官邸の警備にかかわる」と対応の詳細な説明を避けた。すると、小川氏は「『官邸の警備にかかわる』は便利な言い回しだ」と嫌みたっぷりに指摘。加藤氏が今後の対策について「政府一丸で取り組む」と述べると、小川氏は「責任の所在、実効性ははなはだ疑問が多い」と納得しなかった。民主、維新、共産の3党は大型連休明けの衆院内閣委員会での集中審議開催も求めている。

 激しく政府を批判する民主党だが、官邸屋上の警備は平成21~24年の民主党政権から特に変わっていない。ドローンが急速に普及しているとはいえ、小型のラジコンヘリコプターは以前からあった。重要な政府機関や原発などへの対策の必要性は今に始まったわけではないが、民主党政権が航空法改正やラジコンヘリの規制強化などの議論を本格的に行った形跡はない。

 それでも元官房長官の枝野幸男民主党幹事長は22日の記者会見で「極めて深刻な事態だ」と指摘。さらに、「自衛隊の海外派遣などにうつつを抜かしている前に対応をしっかりやるべきだ」と述べ、安全保障法制に絡めて政府を指弾した。元首相秘書官の江田憲司維新の党代表も、23日の記者会見で「“元官邸住人”として背筋が寒くなった。官邸の防御はどうなっているのか。信じがたい。世界の笑い物だ」と批判した。


ドローン登録義務化を検討、購入時に氏名や住所
読売新聞 4月25日(土)7時11分配信

 政府・与党は、小型無人機「ドローン」の飛行を規制するため、今国会で法整備を図る方針を固めた。

 政府は、航空法などを改正し、小型無人機の購入時に氏名や住所の登録を義務付けることを検討している。自民党は、首相官邸や国会周辺に飛行禁止空域を設ける議員立法の成立を目指している。

 首相官邸でドローンが見つかった事件を受け、政府は24日、関係府省庁による連絡会議の初会合を首相官邸で開き、〈1〉重要施設の警備態勢の強化〈2〉運用ルールや関係法令の見直し――に関する二つの分科会の設置を決めた。大型連休明けにも、各分科会が一定の方向性を示す予定だ。菅官房長官は連絡会議で、「法規制を早急に検討し、できるところから速やかに実行に移す」と述べ、作業を急ぐよう指示したが、関係法令は多岐にわたっている。「法案提出までには一定の時間がかかるかもしれない」(政府筋)との見方もある。


出頭の40歳男を逮捕
2015年4月25日(土)5時35分配信 共同通信

 東京都千代田区の首相官邸屋上で小型無人機「ドローン」が見つかった事件で警視庁は25日、威力業務妨害の疑いで、福井県警に出頭した同県小浜市の無職山本泰雄容疑者(40)を逮捕した。捜査関係者によると、容疑を認めている。

 出頭時にドローンの操縦機のようなもののほか、砂を持ってきていたことも判明。警視庁麹町署捜査本部は動機などを調べる。

 事件に関与したことを示唆する内容のブログが存在していることも分かった。

 捜査関係者によると、山本容疑者は24日午後8時すぎ、「反原発を訴えるため官邸にドローンを飛ばした」と小浜署に1人で出頭。「容器に福島の砂を入れた」と話した。


福井県警に出頭の男、聴取本格化=「官邸にドローン飛ばした」―警視庁
時事通信 4月25日(土)5時30分配信

 首相官邸(東京都千代田区)の屋上で小型無人機「ドローン」が見つかった事件で、警視庁公安部の捜査員が25日、福井県警小浜署に到着した。同署に24日出頭した同県在住の40代の男について、威力業務妨害の疑いで聴取を本格化。捜査関係者によると、男は出頭した際「自分が反原発を訴えるために総理官邸にドローンを飛ばした」「福島の砂を入れた」などと話しており、説明に矛盾がないか裏付け捜査を進める。東京に移送することも検討する。 


官邸ドローン事件 福井の40代男が出頭 コントローラー持参「原発政策への抗議」「福島の砂入れた」 
産経新聞 4月25日(土)1時24分配信

 東京都千代田区の首相官邸に小型無人飛行機「ドローン」が侵入した事件で、福井県警に24日夜、「反原発を訴えるため自分が官邸にドローンを飛ばした」と話す男が出頭したことが、捜査関係者への取材で分かった。男は出頭時にドローンを操作するコントローラーのようなものを持参し「これで操作した」との趣旨の説明をしたという。警視庁は捜査員を福井県に派遣して威力業務妨害容疑などで男から事情を聴くとともに、事件との関わりについて慎重に調べを進める。

 捜査関係者によると、出頭してきたのは、福井県在住の40代の男という。同日午後8時過ぎに「東京のドローン事件に関係する者です」と、福井県警小浜署に1人で出頭した。警視庁には同9時45分に警察庁を通じて、関与を認めている男が出頭してきたとの連絡が入った。

 ドローンは22日午前10時半ごろ、屋上ヘリポートに上がった官邸職員が発見。ドローンに積まれていたプラスチック製の容器からは微量の放射性セシウムが検出され、中に液体が入っていた。男が「容器に福島の砂を入れた」と話しているとの情報もあり、警視庁は警察庁科学警察研究所で鑑定を急いでいる。

 警視庁で民間から提供された複数の写真を確認したところ、4月15日に官邸の屋上方面を撮影した写真にドローンとみられる黒い物体が写っていた。このため、遅くとも15日にはドローンが飛来していたとみて調べている。


官邸ドローン事件 福井の40代男が出頭「自分がやった」「原発政策不満」 警視庁、捜査員を派遣
産経新聞 4月25日(土)0時16分配信

 東京都千代田区の首相官邸に小型無人飛行機「ドローン」が侵入した事件で、福井県警に「自分がやった」と話す男が出頭してきたことが24日、捜査関係者への取材で分かった。出頭してきた男は「原発政策に不満があった」などと話しているとの情報がある。警視庁は捜査員を現地に派遣して威力業務妨害容疑などで男から事情を聴くとともに、事件との関わりについて慎重に調べを進める。

 捜査関係者によると、出頭してきたのは、福井県在住の40代の男という。福井県警小浜署に同日午後8時過ぎに出頭。警視庁には同9時45分に警察庁を通じて、関与を認めている男が出頭してきたとの連絡が入った。出頭してきたのはこの男1人だけだった。

 ドローンは22日午前10時半ごろ、屋上ヘリポートに上がった官邸職員が発見。ドローンからは微量の放射性セシウムが検出された。機体には放射線を示すシールが貼られていた。プラスチック製の容器が搭載され、中には液体が入っていた。

 警視庁によると、4月15日に官邸の屋上方面を撮影した写真にドローンとみられる黒い物体が写っており、15日以前には飛来していたとみている。


<ドローン事件>「福島の砂や海水入れた」出頭の男
毎日新聞 4月24日(金)23時50分配信

 首相官邸(東京都千代田区)の屋上で小型無人機「ドローン」が見つかった事件で、警視庁は24日、関与を認める福井県小浜市在住の男(40)が同県警小浜署に出頭したと明らかにした。男は「原発政策への抗議だ」と話しているといい、ドローンの操縦機のようなものを所持していた。同庁麹町署捜査本部は捜査員を派遣して威力業務妨害容疑で詳しく事情を聴く。

【写真特集】「空からのテロ」の不安露呈 首相官邸にドローン落下

 捜査関係者などによると、男は同日午後8時過ぎに小浜署に1人で出頭した。ドローンの機体に取りつけられたプラスチック容器からは微量の放射性セシウムが検出されたが、男は「福島の砂や海水を入れた。反原発を訴えるために総理官邸にドローンを飛ばした」と話しているという。捜査本部は男の説明について慎重に裏付けを進める。

 また、民間人が4月15日に首相官邸の屋上を撮影した写真にドローンとみられる黒い物体が写っていたことなどから、同日には機体が既に落下していた可能性が高い。プラスチック容器に放射能を示すマークを記したシールが貼られており、政府の原発政策などに不満を持つ人物が飛ばしたとみている。

 一方、捜査本部は24日までに、ドローンの機体の構造などを詳しく調べた。検出されたセシウム134とセシウム137については鑑定処分許可状を取り、警察庁の科学警察研究所で今後由来を調べる。セシウム134などは自然界にはほぼ存在しないが、2011年の福島第1原発事故の汚染水などから検出されている。【岸達也】


<ドローン>政府、規制急ぐ 技術活用妨げ懸念の声も
毎日新聞 4月24日(金)23時14分配信

 首相官邸の屋上で小型無人機「ドローン」が見つかった事件を受けて、政府は法規制などの対応を急いでいる。規制、警備の両面で抜け穴があったことは否めず、自民党からも法整備を急ぐよう求める声が上がる。一方で、さまざまな用途が見込める成長市場として、性急な規制に反対する声も上がっている。

 自民党の二階俊博総務会長は24日、菅義偉官房長官との会談で、航空法や電波法改正などの法整備を今国会で行うよう求める緊急提言を手渡した。会談後、二階氏は記者団に「日本国として非常に恥ずかしい事態だ。早くこの問題を整理しておかないといけなかった」と語った。

 自民党は24日、治安・テロ対策調査会などの合同部会で、ドローン対策の小委員会を新たに設置。公明党の井上義久幹事長は記者会見で「官邸は危機管理の司令塔であり、事態を深刻に受け止めるべきだ」と指摘した。

 政府は今年2月の日本経済再生本部で、ドローンについて運用実態の把握や関係法令の検討を進めることを決定していたが、対応は遅れていた。

 事件に不意をつかれた政府・与党が、規制に走り出す一方で、拙速を懸念する声もある。

 山口俊一科学技術担当相は記者会見で「泥縄とは言わないが、あせってバタバタやることで、これからの技術革新の促進を阻害するものにならないよう慎重に検討していただきたい」とクギを刺した。政府はドローン技術に期待を寄せている。規制緩和で地域を活性化する「地方創生特区」で、ドローンの実証実験をすることも決まっている。

 政府関係者は「今回の事件は官邸の警備の問題だ。規制を強めすぎて、いろいろな可能性があるドローンを活用できなくなるような事態は避けなければならない」と話した。【影山哲也、水脇友輔】


官邸ドローン事件で、男が出頭
2015年4月24日(金)22時51分配信 共同通信

 東京都千代田区の首相官邸屋上で小型無人機「ドローン」が見つかった事件で、福井県在住の男(40)が24日夜、「自分がやった」として県警小浜署に出頭した。ドローンの操縦機のようなものを持参したという。警視庁麹町署捜査本部は、男の供述などから事件に関与した疑いがあるとみて捜査員を福井県に派遣、詳しい事情を聴き、威力業務妨害容疑などで捜査する。

 捜査関係者によると、男は午後8時すぎに出頭。「反原発を訴えるため総理官邸にドローンを飛ばした。(機体に付いていた)容器に福島の砂を入れた」と話しているという。

 警視庁も、容器内に土や砂があるのを確認したという。


官邸ドローン事件 福井県警に男が出頭「自分がやった。原発政策への抗議だ」 警視庁が関係を捜査
産経新聞 4月24日(金)22時22分配信

 首相官邸屋上で小型無人機「ドローン」が見つかった事件で、男が「自分がやった。原発政策への抗議だ」と福井県警に出頭してきたことが24日、分かった。警視庁では事件との関連を慎重に調べている。

 見つかった機体は、中国メーカー「DJI」が製造した市販品「ファントム2」を改造したものとみられ、操縦者が地上から飛行する位置を確認し、安全を確保するため、地上へ向けて光るLEDライトが黒く塗りつぶされていた。

 また、市販品の機体は白色だが侵入した機体は全体を黒く塗装。プロペラが軽量で高強度なものに交換され、動力源のモーターも強力なものに交換されていた可能性がある。

 機体は、経路の設定や空中での飛行姿勢を安定させる衛星利用測位システム(GPS)を搭載。小型デジタルカメラでリアルタイムに映像を送信できる装置も積まれていた。

 発見時、ドローンは逆さまに着陸した状態で、四隅のプロペラを保護する枠が1カ所、破損。操縦を誤った可能性もあり、警視庁は侵入の日時や、飛行経路の特定を急いでいる。


<ドローン事件>「原発政策に抗議」関与認める男出頭
毎日新聞 4月24日(金)22時12分配信

 首相官邸(東京都千代田区)の屋上で小型無人機「ドローン」が見つかった事件で、警視庁は24日、関与を認める福井県小浜市在住の男(40)が同県警小浜署に出頭したと明らかにした。男は「原発政策への抗議だ」と話しているといい、同庁麹町署捜査本部は捜査員を派遣して威力業務妨害容疑で詳しく事情を聴く。

【写真特集で事件を振り返る】「空からのテロ」不安露呈 首相官邸で見つかったドローン

 捜査関係者などによると、男は同日午後8時ごろ小浜署に出頭した。民間人が4月15日に首相官邸の屋上を撮影した画像にドローンとみられる黒い物体が写っていたことなどから、同日には機体が落下していた可能性が高いとみて調べる。

 ドローンの機体には液体が入った茶色のプラスチック容器が取り付けられ、微量の放射性セシウムが検出された。容器には放射能を示すマークを記したシールが貼られており、捜査本部は政府の原発政策などに不満を持つ人物が飛ばしたとみている。【岸達也】

 ◇福井県警小浜署「午後8時ごろ出頭してきた」

 関与をほのめかす男が出頭したとの一報に、福井県警小浜署には24日夜、約10人の報道陣が集まった。正面玄関には警察官が立ち、記者の立ち入りを制限した。午後11時半ごろ、同署幹部が玄関先で報道陣に対応し、「午後8時ごろ出頭してきた」と説明した。【松野和生】


官邸ドローン事件 LEDライトも黒塗装、能力強化改造も 計画的侵入の疑い
産経新聞 4月24日(金)21時20分配信

Photo
首相官邸の屋上ヘリポートに落ちた小型の無人飛行機「ドローン」を調べる捜査員ら=22日午前、東京・永田町(酒巻俊介撮影)(写真:産経新聞)

 東京都千代田区の首相官邸に小型無人飛行機「ドローン」が侵入した事件で、飛行の際に機体の位置を確認する目印として光るLEDライトが黒く塗りつぶされていたことが24日、捜査関係者への取材で分かった。機体は市販品を改造したとみられ、全体が黒く塗装されていた。警視庁は発見を避けるため夜間に侵入させた疑いもあるとみて、機体の鑑定や、購入者の割り出しなどを進める。

 侵入した機体は、中国メーカー「DJI」が製造した市販品「ファントム2」を改造したものとみられ、操縦者が地上から飛行する位置を確認し、安全を確保するため、地上へ向けて光るLEDライトが黒く塗りつぶされていた。

 市販品の機体は白色だが侵入した機体は全体が黒色に塗装。プロペラが軽量で高強度なものに交換され、動力源のモーターも強力なものに交換されていた可能性がある。侵入時の発見を避け、積載能力を高めるため改造されたとみられ、ドローンの知識や改造技術を持った人物が関与し計画的に侵入させた疑いがある。

 侵入した機体は、経路の設定や空中での飛行姿勢を安定させる衛星利用測位システム(GPS)を搭載。小型デジタルカメラでリアルタイムに映像を送信できる装置も積まれていた。

 発見時、ドローンは逆さまに着陸した状態で、四隅のプロペラを保護する枠が1カ所、破損。操縦を誤った可能性もあり、警視庁は侵入の日時や、飛行経路の特定を急いでいる。

« 首相官邸屋上でドローン(小型無人飛行体)発見、微量の放射性物質を検出・3 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1978,2015年4月25日 »

ニュース」カテゴリの記事

社会・事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/61490794

この記事へのトラックバック一覧です: 首相官邸屋上でドローン(小型無人飛行体)発見、微量の放射性物質を検出・4:

« 首相官邸屋上でドローン(小型無人飛行体)発見、微量の放射性物質を検出・3 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1978,2015年4月25日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31