« 無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・14 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1968,2015年4月15日 »

2015年4月14日 (火)

韓国アシアナ航空エアバスA320が広島空港で着陸失敗、滑走路逸脱 23人が負傷

14日午後8時5分ごろ、広島県三原市の広島空港で、韓国仁川国際空港発発広島行きアシアナ航空162便エアバスA320型機(登録番号HL7762)が着陸の際、滑走路を南側に逸脱して停止した。乗員8人、乗客74人の計82人は脱出装置などを使い、空港ターミナルに避難したが、うち23人が負傷し、7人を搬送した。いずれも症状は軽いとみられるという。

広島空港事務所によると、アシアナ機は東向きに着陸後、滑走路中央付近で南側に逸脱した。その際に機の左翼が何かに接触するなどして、中央部分で折れ曲がり、エンジンカバーも外れた。また市消防本部によると機のテール部分が地面に接触し、火柱が出たという目撃情報がある。現在、同空港はこの事故のため滑走路が閉鎖されている。

なお、同空港には、視界不良の状態でも低高度までの進入降下が継続出来るカテゴリー3bのILS(計器着陸システム)が設置されているが、アシアナ機は同設備のない東側からアプローチして事故に至ったとされる。

アシアナ航空は、2013年7月6日、米カリフォルニア州サンフランシスコ国際空港で、仁川発サンフランシスコ行き214便ボーイング777が、自動操縦装置(オートパイロット)の不適切な操作によって着陸に失敗、大破炎上して3人が死亡、182人が負傷する事故を起こしている。

リンク:アシアナ機事故 韓国、調査官ら現場に派遣 エアバス機パイロットの技能点検へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<アシアナ機事故>低空で進入か、アンテナに接触 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<アシアナ機事故>着陸に失敗し滑走路脇に停止した機体 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<アシアナ機事故>滑走路脇に大きくそれて停止した機体 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:停止したままのアシアナ航空機 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:事故調査本格化=アシアナ機逸脱 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:アシアナ機着陸失敗 計器誘導受けられない東側から進入 異常低空の原因を調査 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:アシアナ機事故、ANAやJALの広島便欠航 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:高度下げ過ぎ接触か=事故調査本格化―アシアナ機逸脱・広島空港 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:滑走路をそれたアシアナ機 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:滑走路をそれて停止したアシアナ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:アシアナ航空、広島空港で滑走路離脱事故 - 軽症者18人で現在も欠航 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:〔広島空港〕15日はほぼ全便欠航見込み - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:アシアナ機、「着地時バウンド」煙充満 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:広島空港「山あいで急に視界悪化も」…現役機長 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:精密誘導なく低空進入、着陸失敗 - 速報:@niftyニュース.
リンク:広島空港でアシアナ機が滑走路外れ停止、23人軽傷 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:着陸時「ドーン」2度弾む機体、火花…煙が充満 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:滑走路をそれて停止したアシアナ機 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<広島空港>アシアナ航空機パイロット 手動で高度下げ進入 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:アシアナ航空機、広島空港で事故 23人けが、15日午前も欠航 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:アシアナ機事故 「死を覚悟した」「すごい衝撃だった」…乗客が着陸時の恐怖語る - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:韓国が航空鉄道事故調査委の調査官ら8人派遣 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<広島空港>霧や雲が出やすく…「カテゴリー3」装置が整備 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<広島空港>シアナ機が滑走路それて停止 左翼折れ曲がる - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<広島空港>「煙、死ぬかと思った」…アシアナ機滑走路逸脱 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<広島空港>アシアナ機が滑走路それて停止 左翼折れ曲がる - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:アンテナに接触か=アシアナ機 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:機内に煙「ファイア」と悲鳴=ひどい揺れ、恐怖語る乗客―空港緊迫・広島 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:アシアナ機が滑走路外れ停止 - 速報:@niftyニュース.
リンク:アシアナ機、滑走路それ停止=アンテナに接触か―負傷者23人・広島空港 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:〔広島空港〕アシアナ機トラブルのため滑走路閉鎖 あす15日も一部の便の欠航決まる - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<広島空港>アシアナ航空機が滑走路それて23人けが - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:着陸アシアナ機が滑走路外れ30人けが…広島 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

アシアナ機事故 韓国、調査官ら現場に派遣 エアバス機パイロットの技能点検へ
産経新聞 4月15日(水)11時43分配信

 【ソウル=藤本欣也】広島空港で14日に起きたアシアナ航空機事故で、韓国国土交通省は15日、事故調査官と航空安全監督官らを現地に派遣するとともに、事故再発を防止するため、事故機と同型のエアバスA320を操縦する国内のパイロットを対象に、緊急の技能点検を実施すると発表した。

 聯合ニュースによると、対象となるA320関連のパイロットはアシアナ航空の370人をはじめ計489人いるという。


<アシアナ機事故>低空で進入か、アンテナに接触
毎日新聞 4月15日(水)11時26分配信

Photo_25
着陸に失敗し、滑走路脇に大きくそれて停止したアシアナ航空機。着陸帯には機体を引きずった跡が残る=広島県三原市で2015年4月15日午前9時49分、本社ヘリから三浦博之撮影

 広島空港(広島県三原市)で韓国・仁川発広島行きアシアナ航空162便(エアバスA320)が着陸の際に滑走路から外れた事故で、同機は左側水平尾翼の折損に加え、左右の主翼や左側主脚が壊れ、胴体後部の下側にこすったような痕跡があることが国土交通省への取材で分かった。国交省は15日、負傷者の数を乗客25人、乗員2人の計27人と発表。重傷者はいないという。同省によると、アシアナ機は進入する航空機に電波を発射して誘導する「ローカライザーアンテナ」(着陸誘導用アンテナ、高さ6.4メートル)に接触。アンテナは滑走路の東端から325メートル離れていることから、かなり低い高度で空港に進入したとみられる。

 国交省運輸安全委員会は15日午後にも航空事故調査官5人を派遣し、原因の本格究明に乗り出す。広島県警は同日午前に捜査本部を設置し、現場検証を開始。運輸安全委と合同で調べを進め、業務上過失致傷容疑などでの立件を視野に入れて捜査する。原因究明のポイントとなる事故機の進入時の高度については、低空でレーダーでは捕捉できないため、機体の損傷状況の確認やパイロットら関係者への聴取に加え、フライトレコーダー(飛行記録装置)とボイスレコーダー(音声記録装置)の記録の分析などを進める。

 国交省によると、乗客73人と乗員8人が乗ったアシアナ機は14日午後8時5分ごろ、電波の誘導を使わず、滑走路の東側から西に向かって着陸を試みた。アンテナと接触した後で滑走路を西に進んだが、途中で左(南方向)にそれ、180度近く回転。滑走路中央付近の南側に停止した。

 台地上にある広島空港は地形的に霧が発生しやすく、最も精度の高い「カテゴリー3」と呼ばれる計器着陸システム(ILS)が配備されている。空港周辺は東から風が吹くことが多く、旅客機は通常、向かい風となる西側から着陸するため、ILSも西側からの進入だけに対応している。事故当時、風は北西方向から吹いており、アシアナ機は向かい風となる東側から空港に進入した。ILSは東側からの着陸には対応していなかった。

 同機は左側の水平尾翼が中央部分で折れ、なくなっていることが14日夜の時点で分かっていたが、新たに擦過でできたとみられる胴体後部下側の痕跡や、機体左側のエンジンカバーの破損などが見つかった。国交省は機体を大修理する必要が生じることから「航空事故」に該当すると判断している。

 国交省は14日、乗客の数を74人としていたが、15日に73人と訂正。日本人46人の他、中国人9人、韓国人8人など計9カ国の乗客がいた。【高橋咲子、高橋一隆、佐藤賢二郎】


<アシアナ機事故>着陸に失敗し滑走路脇に停止した機体
毎日新聞 4月15日(水)11時22分配信

Photo_33
着陸に失敗し滑走路脇に停止したアシアナ航空機。左エンジンが損傷し、脱出スライドが展開している=広島県三原市で2015年4月15日午前9時34分、本社ヘリから三浦博之撮影


<アシアナ機事故>滑走路脇に大きくそれて停止した機体
毎日新聞 4月15日(水)11時20分配信

Photo_25
着陸に失敗し、滑走路脇に大きくそれて停止したアシアナ航空機。着陸帯には機体を引きずった跡が残る=広島県三原市で2015年4月15日午前9時49分、本社ヘリから三浦博之撮影


停止したままのアシアナ航空機
時事通信 4月15日(水)11時16分配信

Photo_32
滑走路脇に停止したアシアナ航空機。カバーが外れ、破損したエンジンが見える=15日午前、広島県三原市


事故調査本格化=アシアナ機逸脱
時事通信 4月15日(水)11時8分配信

Photo_31
アシアナ航空162便が広島空港に着陸する際、滑走路からそれて停止した事故で、運輸安全委員会は15日、航空事故調査官を現地に派遣し、事故原因の調査を本格化させる=同日午前、広島県三原市


アシアナ機着陸失敗 計器誘導受けられない東側から進入 異常低空の原因を調査
産経新聞 4月15日(水)10時24分配信

 広島空港でソウル発のアシアナ航空162便エアバスA320型機が着陸に失敗した事故で、同機が計器で正確に誘導できない反対の東側から滑走路に進入し異常な低空で主脚を滑走路手前の無線アンテナ(高さ約6・4メートル)に接触させていたことが15日分かった。

 風向きの関係から、反対からの進入になったとみられるという。計器の誘導を受けられず、天候不良も重なり、機長が滑走路の場所を誤認して事故につながった可能性もあり、国土交通省などが詳しい状況を調べている。

 国交省などによると、広島空港は標高が約330メートルの山間部に位置。霧などの影響を受けやすく、より精度が高い計器着陸装置(ILS)と呼ばれる無線アンテナが空港東側に整備されていたという。

 アシアナ機は、滑走路手前約320メートルにある、このILSに接触。国交省によると、アンテナの半分くらいが損傷しているという。

 ILSは、滑走路の西側に向けて電波を出し、航空機を誘導。しかし、反対の東側からの進入には、対応していなかったという。国交省は「広島空港で多い風向きを考慮し設置されていた」と説明している。

 ただ、当時の風向きの関係から、アシアナ機は東側からの進入になり、計器誘導を受けられない状態だった。また、当時は、雨風が強いなど条件も重なっていたという。

 機長は、自動操縦から手動に切り替えて着陸体勢に入っていたとみられ、視界不良などで滑走路の場所をより手前に誤認していた恐れもある。また、局地的な乱気流に巻き込まれた可能性もあり、運輸安全委員会は、航空事故調査官3人を現地に派遣し、異常な低空となっていた原因などを調べる。


アシアナ機事故、ANAやJALの広島便欠航
Aviation Wire 4月15日(水)10時12分配信

Photo_3
広島空港で滑走路を逸脱したアシアナ航空=15年3月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 アシアナ航空(AAR/OZ)のソウル(仁川)発広島行きOZ162便(エアバスA320型機、登録番号HL7762)が滑走路を逸脱した事故の影響で、広島空港の発着便に欠航などの影響が出ている。

 全日本空輸(ANA/NH)は、広島空港を発着する全22便の欠航を決定。約3300人に影響が出る見通し。日本航空(JAL/JL、9201)は午前の便を中心に13便が欠航し、約1230人に影響が及ぶ可能性がある。

 AARによると、乗客の国籍は日本46人、中国9人、韓国8人、カナダ2人、スウェーデン2人、米国2人、フィリピン1人、ロシア1人、ベトナム1人、シンガポール1人。軽症者18人が4カ所の病院で診察を受け、このうち1人が精密検査を受けているという。

 国土交通省の広島空港事務所によると、OZ162便は広島空港の滑走路(磁方位28)に東側から進入し、滑走路を逸脱した。滑走路が使用できるようになるのは、夕方以降になる見通し。

 国土交通省の運輸安全委員会(JTSB)は15日、航空事故調査官3人を現地に派遣した。


高度下げ過ぎ接触か=事故調査本格化―アシアナ機逸脱・広島空港
時事通信 4月15日(水)10時6分配信

 アシアナ航空162便が広島空港(広島県三原市)に着陸する際、滑走路からそれて停止した事故で、運輸安全委員会は15日、航空事故調査官を現地に派遣し、事故原因の調査を本格化させる。滑走路手前の無線アンテナが壊れていたことから、アシアナ機は何らかの原因で着陸前に高度が下がり過ぎていた可能性もある。広島県警は業務上過失致傷容疑で現場検証を始めた。
 滑走路は閉鎖が続いており、日本航空が13便、全日空が22便の欠航を決めた。少なくとも4500人に影響する見込み。
 国土交通省などによると、同機は東側から進入し、滑走路中央付近で南側にそれ、進行方向と逆を向いて停止。機体後部が破損して左翼が折れ、左エンジンと水平尾翼などが壊れた。
 滑走路の東端から約320メートルの緑地帯にある地上約6.4メートルの無線アンテナが壊れており、着陸前に接触したとみられる。
 アシアナ航空は15日、「事故により乗客と国民に心配をかけたことをおわびする」と謝罪のコメントを発表。事故に対応するため、社員37人と韓国国土交通省の調査チーム8人を乗せた特別機を派遣したことを明らかにした。
 韓国人の機長は総飛行時間8233時間のベテランで、副機長は1583時間だったという。 


滑走路をそれたアシアナ機
時事通信 4月15日(水)8時55分配信

Photo_19
広島空港で滑走路を逸脱して停止したアシアナ航空機=15日午前6時ごろ、広島県三原市
(時事通信社)


滑走路をそれて停止したアシアナ
時事通信 4月15日(水)8時55分配信

Photo_18
着陸後、滑走路をそれて停止したアシアナ機。飛行機から脱出したシンガポール人の男性が撮影した動画より=14日夜、広島空港


アシアナ航空、広島空港で滑走路離脱事故 - 軽症者18人で現在も欠航
マイナビニュース 4月15日(水)8時0分配信

広島空港にて4月14日20時05分、アシアナ航空(本社: 韓国・ソウル)のOZ162便(仁川空港発広島行き・HL7762・A320型機)が着陸中に滑走路を離脱する事故が発生した。

該当機には乗客73人、および乗員8人(運航乗務員2人・キャビン乗務員5人・整備士1人)が搭乗。乗客の国籍は、日本国籍46人・中国国籍9人・韓国国籍8人・カナダ国籍2人・アメリカ国籍2人・スウェーデン国籍2人・フィリピン国籍1人・ロシア国籍1人・ベトナム国籍1人・シンガポール国籍・1人だった。4月15日00時36分の同社の発表では、軽症者18人は4カ所の病院で診察を受け、そのほかの乗客は帰宅したという。

この事故により、広島空港に向かっていたJALやANAの便にも引き換えしや目的地の変更などの影響が出ており、現在、広島空港発着便は15日の午前中の便を中心に欠航されている。

該当機のA320型機は2007年8月30日に製造され、同年の10月16日に導入されていた。同社は航空業界の調査や格付けを行う英国・スカイトラックス社から、800を超えるカテゴリーにおいて利用者が「5つ星レベル」のサービスを体感できる航空会社にのみ与えられる「5スター」に2015年認定されていた。


〔広島空港〕15日はほぼ全便欠航見込み
レスキューナウニュース 4月15日(水)8時0分配信

広島空港では、14日20:00過ぎに発生したアシアナ機のトラブルの影響で、現在も滑走路が閉鎖されています。15日には運輸安全委員会の事故調査官が現地入りし調査を行うこととなっており、終日影響が見込まれます。
15日08:00現在、国内線では午後のJALとSJOの一部を除く49便の、国際線ではCI台北便と夜の到着便を除く9便の欠航が決定しています。
なお、15日の発着全便の欠航を決定しているANAは、無手数料変更・払戻対応を行っているほか、羽田岩国線の一部便で大型機材へ変更し旅程変更を呼びかけています。

■15日08:00時点での運航未定便
【国内線】
・羽田 :JAL264・265・266・267
・成田 :SJO623・624
・新千歳:JAL3406

【国際線】
・台北 :CI126・127・112
・ソウル:OZ162/NH6986
・成都 :MU293
・上海 :JL5644


アシアナ機、「着地時バウンド」煙充満
産経新聞 4月15日(水)7時55分配信

 激しく損傷した主翼に、開いたままの脱出用シューター。消防車やパトカーなどの緊急車両が物々しく取り囲み、作業員らが慌ただしく行き来する。14日夜、着陸に失敗し、滑走路をそれて停止したアシアナ機。「着陸の瞬間にバウンドし、エンジンから炎が出た」「死を覚悟した」。避難した乗客らは緊迫した機内の様子を振り返った。

 ソウル旅行から帰国途中で事故にあった乗客の女性(58)は「『まもなく到着』の機内アナウンスが流れる5分前くらいから上下に揺れていた。高度を下げ始めたときも揺れ続けていた」と話した。「着陸したときの衝撃はすごくて、頭から血を流す人も見た」とショックを受けた様子。

 別の女性(55)は「キャビンアテンダントは着陸後も『扉が開かない』と、ずっと混乱していた。『早くしないと爆発する』という声も聞こえた。死を覚悟した」と青ざめた表情で話した。

 別の乗客によると、着陸の瞬間は機体がバウンドしたといい、エンジンから炎が出て、機内に煙が充満。「かなり焦げ臭かった。シューターで地上に滑り降り、水浸しの滑走路を走って逃げた」と振り返った。

 空港内の消防隊がすぐに駆け付け、救出活動にあたった。

 無事だった乗客らは脱出後、国際線の到着ロビーからタクシーやバスに乗って足早に立ち去った。


広島空港「山あいで急に視界悪化も」…現役機長
読売新聞 4月15日(水)7時20分配信

 国内航空会社の現役機長は「広島空港は山あいにあるため、霧や雲の発生で急に視界が悪くなることがある」と指摘する。

 機長は「視界が悪いと機体の姿勢を把握することが難しく、視界が開けた時点で着陸のやり直しが難しい姿勢であることが分かり、立て直せないまま着陸した可能性もある」と話した。また、滑走路上で回転したとみられることについては、「尻もちをついたり、主翼が滑走路などに接触したりすると、バランスを崩して滑走路で回転する可能性はある」と指摘した。

 一方、航空アナリストの杉浦一機さんは「事故時の風速は1メートルという情報があり、これが正しければ、決して着陸に影響を与える天候ではない」としながらも「広島空港は山間部にあるため、着陸の瞬間に天候が急変する可能性も残されている。当時の状況を詳しく調べる必要がある。ヒューマンエラーの可能性もある」と話した。


精密誘導なく低空進入、着陸失敗
2015年4月15日(水)6時14分配信 共同通信

Photo_17
 広島空港で着陸直後に滑走路から外れ停止したアシアナ航空機。芝生にはタイヤ跡が残る=15日午前7時24分(共同通信社ヘリから)

 広島空港でソウル発アシアナ航空機が着陸直後に滑走路から外れ停止した事故で、同機は精密誘導できない東側から進入し、主脚を滑走路の手前325メートルにある無線設備(高さ約6・4メートル)に接触させたとみられることが15日、分かった。

 空港は台地上にあるため雲が低空にできやすく、局地的な乱気流に巻き込まれたりした可能性もある。

 運輸安全委員会は、航空事故調査官3人を15日に派遣、高度を下げすぎた理由などを中心に事故原因を調べる。

 広島県警などは15日未明、病院へ行った負傷者数を23人から22人とした。当初50人としていた韓国人の乗客数も未確認だったと修正した。


広島空港でアシアナ機が滑走路外れ停止、23人軽傷
ロイター 4月15日(水)2時32分配信

[東京 14日 ロイター] - 広島空港で14日午後8時ごろ、韓国ソウル発のアシアナ航空<020560.KS>のエアバスA320型機が、着陸後に滑走路から外れ停止する事故が起きた。国内メディアによると、23人が軽傷を負った。同機には乗員7人、乗客74人が搭乗していた。

国土交通省は、事故当時、雨は降っていたが強風などは吹いていなかったと説明しており、現時点で原因は不明としている。

同省関係者は、同機が着陸の際に無線アンテナに接触した可能性があるとの見方を示した。

インターネット上に掲載された写真では、同機を消防車両などが取り囲み、機体の一部が損傷していることが確認できる。

2013年7月には、アシアナ航空のボーイング777機がサンフランシスコ国際空港で着陸に失敗する事故が起きている。


着陸時「ドーン」2度弾む機体、火花…煙が充満
読売新聞 4月15日(水)2時15分配信

 窓の外で火花が飛び散り、ドーンという衝撃とともに、機内に煙が充満し、真っ暗になった――。

 広島空港(広島県三原市)で14日夜に起きたアシアナ航空162便のオーバーラン事故。着陸した方向と逆向きに停止し、翼も大きく破損した機体から、脱出用シューターを使い、逃げ出した乗客は、恐怖の体験を口々に語った。小雨は降っているものの、風もほとんどなかったとされる空港でなぜ事故が起きたのか。専門家からは天候の急変や人的なミスの可能性を指摘する声が上がった。

 機内前方に座っていた広島市の会社員男性(29)は、着陸の10分ほど前から激しい横揺れを感じていたといい、「その直後、機体がいきなり2回、ガクンと高度を下げた」と語った。

 後方の座席だった男性らによると、着陸の瞬間、ドーンという大きな音が鳴り響き、機体は大きく2度ほど弾んだ。「窓から外を見ると翼が折れているように見えた」。機体から火花が上がり、客室乗務員や乗客の悲鳴が上がる中、機内の照明は消え、煙や焦げたような臭いが広がった。


滑走路をそれて停止したアシアナ機
時事通信 4月15日(水)2時6分配信

Photo_18
着陸後、滑走路をそれて停止したアシアナ機。飛行機から脱出したシンガポール人の男性が撮影した動画より=14日夜、広島空港


<広島空港>アシアナ航空機パイロット 手動で高度下げ進入
毎日新聞 4月15日(水)1時11分配信

Photo_4
162便の進入経路

 広島県三原市の広島空港で、14日午後8時5分ごろ、韓国・仁川(インチョン)発のアシアナ航空162便(エアバスA320)が着陸時に滑走路をそれて停止した滑走路逸脱事故。国土交通省によると、事故機は衛星からの信号を受けながらパイロットが手動で高度を下げる方式で広島空港に進入した。事故当時は雨で視界が悪かったとみられ、パイロットが滑走路の場所を誤認し、早めに高度を下げた可能性もある。【佐藤賢二郎】


アシアナ航空機、広島空港で事故 23人けが、15日午前も欠航
Aviation Wire 4月15日(水)0時28分配信

Photo_3
広島空港で滑走路を逸脱したアシアナ航空=15年3月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 4月14日午後8時ごろ、広島空港に着陸したアシアナ航空(AAR/OZ)の機体が滑走路を逸脱して停止した。乗客74人と乗員8人(運航乗務員2人、客室乗務員5人、整備士1人)の計82人が乗っており、23人が軽傷を負った。

 事故を起こしたソウル発広島行きOZ162便(エアバスA320型機、登録番号HL7762)は、仁川空港を午後6時49分に出発し、広島には定刻より5分遅れの午後8時5分に到着。乗客乗員は非常脱出装置を使って機体から離れた。

 国土交通省の広島空港事務所によると、広島空港の滑走路(磁方位28)に東側から進入し、滑走路を逸脱したという。着陸後、滑走路脇にあるILS(計器着陸装置)のローカライザーの一部が壊れていた。14日午後11時30分現在、機体は滑走路に停止したままだという。

 AARによると、乗客の国籍は日本46人、中国9人、韓国8人、カナダ2人、スウェーデン2人、米国2人、フィリピン1人、ロシア1人、ベトナム1人、シンガポール1人。軽症者18人が4カ所の病院で診察を受けており、残りの乗客は帰宅したという。

 この事故により、羽田から広島に向かっていた日本航空(JAL/JL、9201)のJL267便(午後8時40分到着予定)や全日本空輸(ANA/NH)のNH687便(午後9時到着予定)が羽田へ引き返し、ANAの新千歳発広島行きNH1272便は神戸空港へ目的地変更するなどの影響が出た。

 15日も午前中の便を中心に、広島空港発着便の欠航が決定している。


アシアナ機事故 「死を覚悟した」「すごい衝撃だった」…乗客が着陸時の恐怖語る
産経新聞 4月15日(水)0時23分配信

 「着陸した時の衝撃はすごかった」「死を覚悟した」-。広島空港で14日夜、着陸に失敗したアシアナ機から脱出シューターで避難し乗客は、着陸時の緊迫した機内の様子を振り返った。

 ソウル旅行から帰国途中で事故にあった乗客の女性(58)は「『まもなく到着』の機内アナウンスが流れる5分前くらいから上下に揺れていた。高度を下げ始めた時も揺れ続けていた」と話した。「着陸した時の衝撃はすごくて、頭から血を流す人も見た」とショックを受けた様子。

 別の女性(55)は「飛行中に羽が破損していたように見えた」と証言。「乗員は着陸後も『扉が開かない』と、ずっと混乱していた。『早くしないと爆発する』という声も聞こえた。脱出した時にエンジン付近から火が出ているのを見た。死を覚悟した」と青ざめた表情で話した。


韓国が航空鉄道事故調査委の調査官ら8人派遣
読売新聞 4月15日(水)0時10分配信

 【ソウル=吉田敏行】韓国・仁川発のアシアナ航空機が広島空港で滑走路を逸脱した事故を受け、韓国国土交通省は14日、航空鉄道事故調査委員会の調査官ら8人を現地に派遣する方針を明らかにした。


<広島空港>霧や雲が出やすく…「カテゴリー3」装置が整備
毎日新聞 4月14日(火)23時58分配信

 ◇アシアナ航空機の滑走路逸脱事故

 広島県三原市の広島空港で、14日午後8時5分ごろ、韓国・仁川(インチョン)発のアシアナ航空162便(エアバスA320)が着陸時に滑走路をそれて停止した滑走路逸脱事故。気象庁によると、事故当時の広島空港の気象状況は北北西の風1~2メートル程度で、運航に影響を与えるほどの強風は吹いていなかった。ただ、地表付近に厚い雲があり、霧も出ていたことから、有視界での進入はできず、計器を使って降下してきたとみられる。広島空港は高台にあることから、霧や雲が出やすく、国内の主要空港の中でも「カテゴリー3(CAT3)」と呼ばれる精度の高い計器着陸装置が整備されている。

 事故機のエアバスA320は国内の複数の航空会社が使用。同型機に乗務するパイロットは「電波の誘導を受けて降下してくれば、無理なく着陸できるはず。当時の気象状況からみて、風にあおられるということは考えにくい」と話す。

 夜間で、霧や雨で視界が悪い時の着陸は、滑走路の視認が地表ギリギリになりやすい。パイロットの経験に応じて、どこまで低い高度に降りられるかは、会社ごとに規定がある。別の機長経験者は「滑走路を視認できたのが地表面に近く、修正のための余裕がなかったのではないか。滑走路をよく見ようと、機首を下げ過ぎ、結果的に高度が下がってアンテナに接触した可能性がある」と話す。【山田泰正】


<広島空港>シアナ機が滑走路それて停止 左翼折れ曲がる
毎日新聞 4月14日(火)23時55分配信

Photo_2
広島空港に着陸直後、滑走路をそれて停止したアシアナ航空の旅客機=広島県三原市で2015年4月14日午後10時43分、大西岳彦撮影


<広島空港>「煙、死ぬかと思った」…アシアナ機滑走路逸脱
毎日新聞 4月14日(火)23時49分配信

 雨に煙る夜の空港に、けたたましい救急車のサイレンが鳴り響いた。広島県三原市の広島空港で、14日午後8時5分ごろ、韓国・仁川(インチョン)発のアシアナ航空162便(エアバスA320)が着陸時に滑走路をそれて停止した滑走路逸脱事故。着陸寸前に尾翼が誘導装置の無線アンテナに接触、機体は衝撃とともに滑走路にたたきつけられた。一時はエンジンからも煙が出たといい、脱出した乗客は心配そうにけが人を気遣った。

 事故機のエアバスA320には乗客74人が搭乗、客席は半分ほどが埋まっていた。友人3人で2泊3日の韓国旅行を終えて帰国した広島市の会社員、岡崎みどりさん(52)は「着陸前、窓越しに右の主翼付近に炎のようなものが見えた。機内でも煙の焦げ臭いにおいがして、死ぬかと思った」と恐怖を語った。3人ともけがはなかったが、頭から血を流して救急車で搬送された乗客もおり、「腰が抜けそうだった」と話した。

 ロシア人の男性乗客も「何が起きたのか分からなかった。エンジン部分に火を見た。自分も信じられなかったが、みんなもそうだったろう。ロケットに乗っているような気分だった」と不安そう。

 3歳の娘と搭乗していた広島県福山市の保育士、那仁(ならん)真紀さん(46)は到着10分前から機体がかなり揺れるのを感じていた。着陸時に「バーン」という音がして、衝撃で前の座席で頭を打ち、額を切った。

 隣の娘の体をとっさに手で押さえたが、機内には悲鳴が上がった。客室乗務員が「早く降りてください」と叫び、ドアから脱出した。「機体前方のドア付近から白い煙が入ってきて、爆発すると思った」と緊張した様子。

 幼い子供を連れた日本人の女性(34)は着陸時に「ドーン」という音が聞こえて、機体が止まって窓の外を見ると炎と煙に気づいたという。「到着前から、窓から濃い霧が見えて、着陸できるのか心配していた」と話した。


<広島空港>アシアナ機が滑走路それて停止 左翼折れ曲がる
毎日新聞 4月14日(火)23時20分配信

Photo
滑走路をそれて停止したアシアナ航空の旅客機=広島県三原市で2015年4月14日午後10時43分、大西岳彦撮影


アンテナに接触か=アシアナ機
時事通信 4月14日(火)22時58分配信

 国土交通省によると、滑走路手前にある無線アンテナが損傷しており、着陸の際に機体と接触した可能性がある。 


機内に煙「ファイア」と悲鳴=ひどい揺れ、恐怖語る乗客―空港緊迫・広島
時事通信 4月14日(火)22時49分配信

 ひどい揺れと機内に充満する煙に、「ファイア、ファイア」と悲鳴が上がった。14日夜、広島空港に着陸したアシアナ機が滑走路を外れて停止。20人以上の負傷者を出した機体の周りに警察や空港関係の車両が集まり、緊急車両の赤色灯が滑走路を照らすなど緊迫した雰囲気となった。
 友人との韓国旅行の帰途、同機に搭乗した広島県廿日市市の会社員森山孝代さん(58)は「死ぬかと思いました」と当時の様子を振り返った。着陸15分ぐらい前から気流が不安定で、機体の揺れがひどくなり、客席からも不安がる声が上がったという。
 その後「着陸態勢に入る」というアナウンスがあったが、着陸5分ぐらい前に突然、機内に煙が充満。外国人乗客が「ファイア、ファイア」と叫び始めた。着陸した時には「衝撃があったとは思うが、恐怖で覚えていない」と緊張した様子で話した。
 婚約者と旅行していた広島市中区の女性(29)によると、大きな衝撃があった直後、機内食を運ぶワゴンが2台飛び出てきて、前方に座っていた女性客を直撃。顔などが血だらけになっていた。「避難誘導もなく、機内はパニックになっていた」とぶぜんとした様子で話した。
 一方、当時空港ターミナルにいた客は事故に気付いた様子はなく、空港内店舗も通常営業。約30分後の午後8時半ごろ、滑走路閉鎖のアナウンスが流れ、初めて気付いた人もいた。閉店作業をしていたレストラン副店長(41)は「滑走路を外れる事故が起きるとは。(20人以上けが人が出ていると聞いて)驚いている」と話した。 


アシアナ機が滑走路外れ停止
2015年4月14日(火)21時54分配信 共同通信

 14日午後8時すぎ、広島県三原市の広島空港で、ソウル発のアシアナ航空162便エアバスA320が着陸直後に滑走路から外れて停止した。乗客乗員は全員、脱出シューターを使って機外に出た。三原市消防本部によると乗客23人が負傷したが、いずれも軽傷とみられる。広島県警によると乗客は74人で、うち50人が韓国人。24人は日本人などとみられる。

 国土交通省は航空事故と認定、運輸安全委員会は15日に航空事故調査官3人を広島空港に派遣する。

 国交省によると、アシアナ機は空港の東側から着陸し、滑走路の進行方向左側にそれて停止した。


アシアナ機、滑走路それ停止=アンテナに接触か―負傷者23人・広島空港
時事通信 4月14日(火)21時31分配信

 14日午後8時5分ごろ、広島空港(広島県三原市)で、アシアナ航空162便が着陸の際、滑走路をそれて停止した。消防によると、23人が負傷した。ほとんどが軽傷とみられる。
 国土交通省によると、162便は滑走路の中央付近でターミナルと反対側の脇にそれて停止した。乗客74人と乗員7人が搭乗しており、全員が非常用のシューターを使って機体から脱出した。
 滑走路の端から約320メートルの緑地帯にある無線アンテナが壊れており、着陸する際に機体と接触した可能性がある。機体は後部が損傷していた。
 三原市消防本部によると、午後8時5分ごろ、「テール(機体後部)を滑走路でこすって火花が上がった。炎は出ていない」と通報があった。
 162便はエアバス社のA320型機で、午後6時50分ごろ、韓国の仁川空港を離陸し、広島空港に向かった。
 事故を受けて空港は滑走路を閉鎖した。
 広島地方気象台によると、空港周辺は事故当時、弱い雨が降り、風速は1メートル程度だった。 


〔広島空港〕アシアナ機トラブルのため滑走路閉鎖 あす15日も一部の便の欠航決まる
レスキューナウニュース 4月14日(火)21時30分配信

広島空港では、14日20:00過ぎに発生したアシアナ機のトラブルの影響で、現在も滑走路が閉鎖されています。
なお、あす15日についても、午前中を中心に既に欠航が決まっている便があります。今後の状況によっては、さらに欠航や遅延便が増える可能性もあることから、航空各社は利用者に最新の運航状況を確認するよう呼びかけています。


<広島空港>アシアナ航空機が滑走路それて23人けが
毎日新聞 4月14日(火)21時21分配信

Photo
滑走路をそれて停止したアシアナ航空の旅客機=広島県三原市で2015年4月14日午後10時43分、大西岳彦撮影

 ◇韓国・仁川発エアバスA320 「火柱が出た」目撃情報も

 大阪航空局や国土交通省に入った連絡によると、14日午後8時5分、広島県三原市の広島空港で韓国・仁川(インチョン)発のアシアナ航空162便(エアバスA320)が滑走路をそれて停止した。

 三原市消防本部によると機のテール部分が地面に接触し、火柱が出たという目撃情報がある。乗員8人、乗客74人の計82人は脱出装置などを使い、空港ターミナルに避難したが、うち23人が負傷し、うち7人を搬送した。いずれも症状は軽いとみられるという。

 広島空港事務所によると、機は東向きに着陸後、滑走路中央付近で南側に逸脱した。その際に機の左翼が何かに接触するなどして、中央部分で折れ曲がった。機体の中央にあるエンジンカバーも外れた。当時は雨で滑走路はぬれていたという。乗員乗客は脱出後、徒歩でターミナルビルに避難した。空港は閉鎖となり、着陸予定の5機が別の空港に向かった。

 広島県警によると、乗客74人中50人が韓国人。けが人に意識不明者はいない。「左エンジンから煙が出ていた」と、消防から警察に連絡があった。

 広島県によると、機は午後6時50分に仁川空港を出て広島空港に向かった便とみられる。午後8時到着予定で、定刻より5分ほど遅れている。

 気象台によると、空港付近は午後8時現在は雨が降っており、北北西の風0.9メートル。


着陸アシアナ機が滑走路外れ30人けが…広島
読売新聞 4月14日(火)21時5分配信

Photo_19
滑走路をそれて止まったアシアナ航空機(14日午後9時59分、広島空港で)=近藤誠撮影

 14日午後8時5分頃、広島県三原市の広島空港で、韓国・仁川発広島行きアシアナ航空162便(エアバスA320型機)が着陸の際、滑走路を南側に逸脱して止まった。

 三原市消防本部によると、乗客の30人前後が負傷した模様。広島空港は同20分から滑走路を閉鎖している。

 国土交通省によると、同機には乗客74人、乗員7人の計81人が乗っていた。機体は、着陸後、滑走路に進入した方向と逆を向き、滑走路からはみ出した状態になって停止した。

 乗客は全員、緊急脱出用シューターで機外に出たという。広島県警によると、左エンジンから煙が出ていたとの情報がある。機内での火災などは起こっていないという。国交省などが原因などの詳細を調べている。

 広島地方気象台によると、午後8時の広島空港の天気は弱い雨で、風速は1メートルほどとほぼ無風状態だった。空港の南方向に、霧が発生していたという。

« 無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・14 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1968,2015年4月15日 »

システム・技術・産業」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

事故・トラブル・インシデント」カテゴリの記事

船舶・鉄道・航空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/61440839

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国アシアナ航空エアバスA320が広島空港で着陸失敗、滑走路逸脱 23人が負傷:

« 無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・14 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1968,2015年4月15日 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30