« 自民党内の売国奴・二階俊博、今度は侵略国家・韓国に媚びる売国行為 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1911,2015年2月19日 »

2015年2月19日 (木)

三菱リージョナルジェット(MRJ)初号機、5月29日初飛行か

三菱航空機が開発中の国産初のジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」について、一部のマスコミが5月29日に初飛行を実施する方向と報じた。

MRJは三菱重工業と子会社の三菱航空機(名古屋市)が2008年から開発に着手し、昨年(2014年)10月18日に初号機がロールアウト、同年12月25日に、全機静強度試験機の主翼上曲げ試験を、今年に入って1月13日にはエンジン試運転を開始するなど、型式証明の取得へ向けた各種試験を進めている。
計画では、2017年上期に型式証明を取得、2017年4~6月には量産第1号機をローンチカスタマーとなる全日本空輸(ANA)に納入する予定。

なお、一部の報道では、三菱航空機は「5月29日初飛行を実施」との報道について「報道された内容は当社が発表したものではありません」とのコメントを発表したと伝えられる。

リンク:三菱重工業、MRJの「初飛行延期」「トラブルで試験中断」の報道を否定 - 速報:@niftyニュース.
リンク:三菱重工、MRJの初飛行延期報道でコメント「トラブルにより試験を中断したものではない」 - 速報:@niftyニュース.
リンク:三菱重工、MRJの初飛行を7月以降に延期の見通し - 速報:@niftyニュース.
リンク:MRJ、初飛行は年後半に延期 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三菱航空機、MRJの初飛行延期へ 10日に説明会 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:MRJの初飛行、5月から延期 - 速報:@niftyニュース.
リンク:MRJ、初飛行は年後半=4度目の延期―三菱重子会社 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<三菱航空機>MRJ初飛行延期へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:三菱重工、国産ジェット機「MRJ」の初飛行を5月29日実施へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<MRJ>5月29日にも初飛行…国産初の小型ジェット機 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

三菱重工業、MRJの「初飛行延期」「トラブルで試験中断」の報道を否定
2015年4月10日(金)10時24分配信 マイナビニュース

三菱重工業は三菱航空機が開発を進めている「MRJ」(三菱リージョナルジェット)に関して4月9日、報道されている初飛行延期が三菱重工業および三菱航空機によって発表されたものでないことをコメントした。

あわせて、「3月に何らかのトラブルで一定期間、試験を中断したとみられる」という一部報道については、試験用治具の調整等に時間を要しているものの、トラブルにより試験を中断したものではないとしている。MRJのスケジュールについては、初飛行の具体的日程も含め、製造・試験状況を踏まえて検討を進めており、本日の4月10日に三菱重工業および三菱航空機から発表される。


三菱重工、MRJの初飛行延期報道でコメント「トラブルにより試験を中断したものではない」
2015年4月9日(木)15時3分配信 コンポジット

三菱重工業 <7011> は9日、同社子会社で開発を進めている国産ジェット旅客機「Mitsubishi Regional Jet(MRJ)」の初飛行の予定が延期となったと報じられたことについて「MRJのスケジュールついては、初飛行の具体的日程も含め、製造・試験状況を踏まえ日々慎重に検討を進めている」とするコメントを発表した。

また、一部で「(MRJが)3月に何らかのトラブルで一定期間、試験を中断したとみられる」と報じられたことについては「試験用治具の調整等に時間を要したことは事実ですが、トラブルにより試験を中断したものではありません」と述べて報道内容を否定した。

その上で、三菱重工業ではMRJの今後のスケジュールについては、4月10日に、公式な声明を発表する予定としている。

NHKニュースは8日、5月29日に予定していたMRJ初飛行の日程を7月以降に延期する見通しと報じていた。


三菱重工、MRJの初飛行を7月以降に延期の見通し
2015年4月9日(木)12時6分配信 コンポジット

三菱重工業 <7011> 子会社の三菱航空機が開発を進めている戦後初の国産ジェット旅客機「Mitsubishi Regional Jet(MRJ)」について、完成した飛行実験機の機体の強度確認作業の遅れにより、5月29日に予定していた初飛行の日程を7月以降に延期する見通しであることが8日までに明らかとなった。

同日付けのNHKニュースによると機体強度の試験が予想以上に時間がかかっていることが、初飛行試験7月延期の理由としている。

6月15-21日には欧州最大級の航空ショーとなる「Paris Air Show 2015」の開催が予定されており、三菱航空機では同航空ショーの前までに初飛行試験を済ませることで、同航空ショーを利用して本格的な営業活動を繰り広げることを予定していた。

ただし、顧客納期の予定については今のところ従来予定からの変更はない模様。


MRJ、初飛行は年後半に延期
時事通信 4月8日(水)20時0分配信

 三菱重工業 <7011> の子会社で、国産ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」を開発中の三菱航空機(愛知県豊山町)は8日、今年4~6月としていた初飛行を年後半をめどに延期する方針を明らかにした。主翼や胴体の強度試験などで何らかのトラブルが発生したためとみられる。初飛行延期は4度目で、初の国産ジェット旅客機を実現する難しさが浮き彫りになった形だ。 


三菱航空機、MRJの初飛行延期へ 10日に説明会
Aviation Wire 4月8日(水)12時50分配信

Photo_12
初飛行が延期されるMRJ=14年10月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 三菱航空機は、開発中のリージョナルジェット機「MRJ」の初飛行を、現在の4-6月期より遅らせる。4月10日に開発の進捗状況について説明会を開く。

 8日の日本経済新聞朝刊が、強度試験の遅れによるものと報じたが、理由についても1日付で就任した森本浩通新社長ら経営陣が説明する。大幅な遅延にはつながらない見通し。


MRJの初飛行、5月から延期
2015年4月8日(水)12時18分配信 共同通信

Mrj
 国産初の小型ジェット旅客機「MRJ」の飛行試験用機体=2014年10月、愛知県豊山町の三菱重工小牧南工場

 三菱航空機(愛知県豊山町)が、開発を手掛ける国産初の小型ジェット旅客機「MRJ」(三菱リージョナルジェット)の初飛行を5月末から延期する方向で調整していることが8日、分かった。これまで開発計画を3度延期しており、今回で4度目となる。

 三菱航空機と親会社の三菱重工業は開発状況を10日に発表する。初飛行は7月以降になる見通しだ。初飛行が成功すれば海外航空会社を中心に弾みがつくとしていたが、計画延期で新規受注の獲得に影響も出そうだ。

 MRJの飛行試験機は初飛行に向けて最終試験を実施。エンジンや機体部品などが設計通りに機能するかどうか確認作業を進めていた。


MRJ、初飛行は年後半=4度目の延期―三菱重子会社
時事通信 4月8日(水)11時0分配信

 三菱重工業の子会社で、国産ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」を開発中の三菱航空機(愛知県豊山町)は8日、今年4~6月としていた初飛行を年後半をめどに延期する方針を明らかにした。主翼や胴体の強度試験などで何らかのトラブルが発生したためとみられる。初飛行延期は4度目で、初の国産ジェット旅客機を実現する難しさが浮き彫りになった形だ。
 三菱航空機は、既に全日本空輸や日本航空、米国の航空会社などから計約400機を受注している。航空会社への初号機の納入時期は、当初計画通り2017年4~6月から変更しない方針という。開発状況の詳細を10日に発表する。 


<三菱航空機>MRJ初飛行延期へ
毎日新聞 4月8日(水)10時54分配信

Photo_11
国産ジェット機MRJ=木葉健二撮影

 三菱航空機(愛知県豊山町)が開発を進めている国産初の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」について、同社は、初飛行の日程を当初予定していた今年4~6月から数カ月延期させる方向で調整していることが8日分かった。航空会社への初号機の納入時期は2017年4~6月の計画通り変えない方針。

 MRJは現在、同町の三菱重工業小牧南工場で、機体に負荷をかけて強度や耐久性を試す地上試験と並行し、上空を飛行しながらシステムの作動状況などを確認する飛行試験に向けた準備を行っている。これらの作業に想定以上に手間取っている模様だ。

 各国の航空会社などが集まる6月の「パリ航空ショー」前に初飛行させて受注に弾みをつけようと、5月29日を軸に調整していたが、間に合わないと判断した。ただ、初号機を発注したANAホールディングスへの納期は「当初予定を死守する」としている。【和田憲二】


三菱重工、国産ジェット機「MRJ」の初飛行を5月29日実施へ
2015年2月19日(木)12時45分配信 コンポジット

三菱重工 <7011> が子会社の三菱航空機で開発を進めている戦後初の国産ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」について、5月29日にも初飛行を行う方向で準備作業が進められていることが19日、NHKニュースの報道により明らかとなった。

三菱航空機は、昨年10月18に初号機のロールアウト式典を開催し、以降は地上での強度試験などを進めていた。

初飛行試験は、県営名古屋空港を離陸した後、伊勢湾を抜けて太平洋上を飛行した後で、再び、名古屋空港に帰還するというもので、全行程で約1時間の飛行が予定されている。

仮にこの初飛行試験が上手く進んだ場合、三菱航空機では試験飛行の拠点を米ワシントン州モーゼスレイク空港に移して、今年の秋頃から本格的な試験飛行を行うことを計画している。

三菱航空機では5月29日にも初飛行試験を実施すると報じられたことについて同日付けで「本日、一部報道機関において、当社が開発中のMRJの初飛行に関する報道がありましたが、報道された内容は当社が発表したものではありません」とするコメントを発表している。


<MRJ>5月29日にも初飛行…国産初の小型ジェット機
毎日新聞 2月19日(木)9時50分配信

Mrj_2
国産ジェット機のMRJ=2014年10月18日、木葉健二撮影

 国産初の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」を開発中の三菱航空機が、5月29日に初飛行を実施する方向で調整していることが分かった。6月にフランス・パリで開かれる世界最大規模の航空展示会を前に、MRJの開発の進捗(しんちょく)をアピールする狙いとみられる。

 当日は愛知県豊山町の県営名古屋空港を発着し、システムの作動状況などを確認する予定。機体強度や耐久性を試す地上試験と並行して行われる初の飛行試験になる。運航に欠かせない航空当局の安全認証である「型式証明」の取得に向けた手続きだ。【和田憲二】

« 自民党内の売国奴・二階俊博、今度は侵略国家・韓国に媚びる売国行為 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1911,2015年2月19日 »

システム・技術・産業」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

船舶・鉄道・航空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/61230027

この記事へのトラックバック一覧です: 三菱リージョナルジェット(MRJ)初号機、5月29日初飛行か:

« 自民党内の売国奴・二階俊博、今度は侵略国家・韓国に媚びる売国行為 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1911,2015年2月19日 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31