« 宮城沖地震に関するニュース・1905,2015年2月13日 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1907,2015年2月15日 »

2015年2月14日 (土)

宮城沖地震に関するニュース・1906,2015年2月14日

引き続き、2011年3月11日に発生した、東北関東大震災に関するニュース記事を伝達します。

今後も引き続き、随時追加します。

リンク:飯舘からの被災者をチョコで激励…全日空CAら - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:首相「復興も新ステージに」…岩手の魚市場視察 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<安倍首相>大船渡と気仙沼の被災地視察 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:手編みニット「このまま着て帰ろうかな」 首相、第3次政権発足後初の被災地入り - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「復興新たなステージに」=岩手・宮城を視察―安倍首相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:視察の首相「復興は新ステージ」 - 速報:@niftyニュース.
リンク:津波避難タワーが完成=東日本大震災の教訓生かし―仙台市 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<高速舗装工事>震災前から談合の疑い 被災後に額つり上げ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「震災前より生産効率が上がった!」安倍首相、岩手で復興加速アピール - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安倍首相が岩手視察 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:石巻の空き家に放火、全焼させた疑いで男逮捕 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<石巻5軒連続不審火>1件の放火容疑で39歳男を逮捕 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:震災の被災住宅放火容疑で男逮捕 - 速報:@niftyニュース.
リンク:<石巻連続放火>石巻署、放火容疑で捜査 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

飯舘からの被災者をチョコで激励…全日空CAら
読売新聞 2月14日(土)22時30分配信

Caa
一緒にケーキを作る全日空の女性職員と参加者ら(14日午後2時26分、福島市松川の仮設住宅で)=清水綾撮影

 バレンタインデーの14日、東京電力福島第一原発事故で、福島県飯舘村のお年寄りらが避難生活をしている福島市内の仮設住宅を、全日空の客室乗務員や地上職員らが訪れ、飛行機形のチョコを配り、一緒にケーキ作りを楽しんだ。

 被災者を励まそうと日本赤十字社と福島空港に路線がある全日空が企画。会場の仮設住宅集会所には、お年寄りら約40人が集まった。

 この日が誕生日の菅野重光さん(82)は「長い避難生活が続いているが、元気をもらった。ケーキは妻にあげたい」と笑顔で話していた。


首相「復興も新ステージに」…岩手の魚市場視察
読売新聞 2月14日(土)21時16分配信

Photo_2
魚市場を視察し、魚を手に取る安倍首相(14日午後、岩手県大船渡市で)=代表撮影

 安倍首相は14日、今年初めて、東日本大震災で被災した岩手、宮城両県を訪問した。

 岩手県大船渡市では、震災で大きな被害を受け、昨年3月に新しい施設が完成した大船渡市魚市場を訪れ、魚の鮮度を保つための最新の保存施設などを視察。宮城県気仙沼市では、震災で自宅を失った被災者が暮らしている災害公営住宅を訪れ、住民の要望を聞いた。

 首相は視察終了後、同市内で記者団に「復興も新たなステージに移りつつあることを実感できた。政府として予算や税制、金融面において支援に力を入れていく」と語った。


<安倍首相>大船渡と気仙沼の被災地視察
毎日新聞 2月14日(土)19時8分配信

 安倍晋三首相は14日、東日本大震災で被災した岩手県大船渡市と宮城県気仙沼市を訪れ、復旧した水産加工施設や災害復興住宅などを視察した。首相は3月11日で震災から4年となることを踏まえ「復興は新たなステージを迎えつつある」と記者団に指摘。仙台市で同月14日から開かれる国連防災世界会議について「震災の経験を生かした知見や減災・防災に対する考え方を発信し、復興状況も世界に示したい」と述べ、日本の震災対策を国際社会に説明する考えを示した。

 首相が被災地を視察するのは2012年末の第2次政権発足以降、21回目で、今年は初めて。昨年末の衆院選中にも自民党総裁としての選挙遊説を兼ねて視察している。この日は記者団に「(被災者の)見守りや心のケアなどの支援に力を入れたい」と述べ、復興支援に今後も取り組む姿勢を強調した。

 首相はこれに先立ち、大船渡市で昨年3月に復旧した魚市場を訪問。同市が全国2位の水揚げを誇るサンマなどの鮮度を保つため、海水をシャーベット状にする保冷設備を視察した。

 気仙沼市では、地元の女性による高級手編みニット製造販売会社「気仙沼ニッティング」を訪れた。先月末に入居が始まった同市初の災害復興住宅「南郷地区災害公営住宅」では、入居者と意見交換し、首相は「率直な意見をいただいた。次の棟をつくるのに生かせればいい」と語った。【高橋克哉】


手編みニット「このまま着て帰ろうかな」 首相、第3次政権発足後初の被災地入り
産経新聞 2月14日(土)18時39分配信

Photo
手編みニット製造販売会社の「気仙沼ニッティング」を訪れ、商品を手に取る安倍首相=14日午後、宮城県気仙沼市(写真:産経新聞)

 安倍晋三首相は14日、東日本大震災で被災した岩手県大船渡市と宮城県気仙沼市を視察した。首相の被災地入りは21回目で、第3次政権発足後初めて。3月で震災から4年を迎える中、今後も被災地の復興に尽力する姿勢をアピールした。

 首相は大船渡市で売り上げが回復してきた水産加工会社を訪れ、サンマやイカの揚げ物を試食。女性に働く場を提供するため震災後に創業された手編みニット製造販売会社ではセーターを試着し、「このまま着て帰ろうかな」と笑わせた。

 視察後、首相は記者団に「復興もいよいよ新しいステージに移りつつあることを実感できた。政府として予算面、税制面、金融面で支援したい」と強調した。

 戦後70年の首相談話を検討する有識者会議については、菅義偉(すが・よしひで)官房長官の主導で行う考えを示した。今後のスケジュールは「検討中だ」と明言を避けた。


「復興新たなステージに」=岩手・宮城を視察―安倍首相
時事通信 2月14日(土)17時49分配信

 安倍晋三首相は14日、岩手県大船渡市と宮城県気仙沼市を訪れ、東日本大震災からの復興状況を視察した。首相は来月11日で震災発生から4年を迎えるのを念頭に「復興はいよいよ新たなステージに移りつつある。見守りや心のケア、予算面、税制面、金融面でも支援に力を入れていきたい」と述べ、政府として引き続き被災者支援に全力で取り組む姿勢を強調した。


視察の首相「復興は新ステージ」
2015年2月14日(土)17時47分配信 共同通信

Photo_3
 ニット製造販売会社を視察し、笑顔でカーディガンを試着する安倍首相=14日午後、宮城県気仙沼市

 安倍晋三首相は14日、東日本大震災の津波被害を受けた宮城県気仙沼市で、震災後に創業したニット製造販売会社や、入居が始まったばかりの災害公営住宅を視察した。記者団に「復興もいよいよ新たなステージに移りつつあると実感した。閣僚全員が復興相だという意識を持って取り組む」と述べ、雇用創出や被災者の心のケアの支援に注力する考えを示した。

 仙台市で各国リーダーを招いて3月に開催される第3回国連防災世界会議にも触れ「復興状況を世界に示し、被災地の復興に資する会議にしたい」と訴えた。


津波避難タワーが完成=東日本大震災の教訓生かし―仙台市
時事通信 2月14日(土)16時26分配信

 仙台市で14日、東日本大震災を教訓に津波対策として整備してきた避難タワーが完成し、記念式典や地元住民らへの説明会が開かれた。市は13の津波避難施設を整備する予定にしており、今回は1カ所目となる。
 タワーは、震災で津波被害を受けた同市宮城野区に完成。高さ約9.9メートル、鉄骨2階建てで、海岸からは1.6~3.2キロ離れている。建設費は約2億3000万円。
 屋上と屋内スペースに合わせて約300人を収容でき、ほぼ24時間滞在できるよう、食料や毛布、カセットガスを使ったストーブなども備えている。車いすによる避難なども考慮してスロープも設置した。 


<高速舗装工事>震災前から談合の疑い 被災後に額つり上げ
毎日新聞 2月14日(土)15時1分配信

 東日本大震災(2011年3月)で被災した高速道路の復旧工事を巡る談合事件で、入札に関与した舗装工事業者が震災の数年前から、受注調整をしていた疑いが強いことが関係者への取材で分かった。震災後に人手不足などで工事費が上昇すると落札額もつり上げて利益を確保していたという。談合は震災をはさんで、5年以上継続しており、公正取引委員会が実態解明を進めている。

 公取委は1月28、29の両日、最大手のNIPPO(東京都中央区)など20社を独占禁止法違反(不当な取引制限)容疑で強制調査(家宅捜索)した。容疑となったのは、震災後の11年8~9月に入札が実施された東日本高速道路会社(NEXCO東日本)東北支社発注の高速道路舗装工事12件。

 関係者によると、一部業者は公取委の調べに対し12件の入札談合を認めたうえで、「少なくとも震災の数年前から談合を繰り返していた」と供述。「複数の大手業者が『調整役』になり、各社に工事を割り振っていた」などと説明したという。

 同支社の舗装工事の入札結果を記載した「入札経過調書」によると、予定価格(上限価格)に占める落札額の割合(落札率)は震災直前の10年4~11月の11件で平均80・23%だった。ところが、捜索容疑になっている震災後12件の平均は94・77%と約14ポイント上昇した。公取委は、人手不足や資材不足に伴って高騰した経費を上乗せし、上限ぎりぎりで落札して利益を確保したと見ている。

 各社はNEXCO東日本分だけでなく、国土交通省東北地方整備局発注の国道舗装工事でも談合したとされる。公取委はこれら国交省発注分も、震災の数年前から談合が始まっていると見ている模様だ。

 NEXCO東日本は、日本道路公団など道路関係4公団の民営化に伴い、05年10月に設立された特殊会社。国が資本金の2分の1以上を出資しており、東日本の高速道路などの管理運営や道路建設を行う。14年3月期の売上高は約8590億円。【武内亮】


「震災前より生産効率が上がった!」安倍首相、岩手で復興加速アピール
産経新聞 2月14日(土)12時59分配信

 安倍晋三首相は14日午前、東日本大震災で津波被害を受けた岩手県に入り、売り上げを回復しつつある水産加工会社を視察した。公務として被災地入りするのは昨年10月以来で、今年は初めて。3月で震災から4年を迎えるのを踏まえ、復興加速をアピールするのが狙いだ。

 大船渡市の水産加工会社で、首相は魚の加工ラインを見学。再建した工場で作業効率が上がり、震災前の8割程度まで売り上げが回復したとの説明を受け「震災前よりも生産効率が上がったのか」と驚いた様子だった。サンマやイカの揚げ物を試食し「やっぱりおいしい」と笑みを見せた。

 その後、近くの公設民営の魚市場を回り、作業の様子を見学した。

 午後は宮城県気仙沼市に移動。震災後に創業し、女性に働く場を提供する手編みニット製造販売会社で従業員と懇談する。今年1月から入居が始まった災害公営住宅で住民と意見交換する。


安倍首相が岩手視察
時事通信 2月14日(土)12時46分配信

 安倍晋三首相は14日、東日本大震災からの復興状況を視察するため、岩手県大船渡市の水産加工会社を訪れた。同工場は震災で全壊したが、その後復旧し、現在の売り上げは震災前の約9割に回復。首相は生産技術などについて説明を受けるとともに、従業員らを激励した。
 首相はこの後、サンマの水揚げ金額で全国有数の規模を誇る大船渡市魚市場も訪問した。最新鋭の製氷施設などを見学し、魚を氷水の入ったコンテナに移す作業などを体験。魚市場の若手職員と懇談し、「魚の値段はどうですか」「皆さん朝早く大変ですね」などと声を掛けていた。 


石巻の空き家に放火、全焼させた疑いで男逮捕
読売新聞 2月14日(土)11時24分配信

 宮城県警石巻署は14日、同県石巻市築山、無職武山修容疑者(39)を非現住建造物等放火の疑いで逮捕した。

 発表によると、武山容疑者は13日午前0時頃、無職男性(91)が所有する同市湊町の木造平屋の空き家1棟に放火し、全焼させた疑い。付近では12日夜、他にも空き家4棟が焼ける火事があり、同署が関連を調べている。


<石巻5軒連続不審火>1件の放火容疑で39歳男を逮捕
毎日新聞 2月14日(土)10時55分配信

 ◇宮城県警石巻署が非現住建造物等放火容疑で

 宮城県石巻市の津波浸水区域で12日夜から13日未明にかけて空き家5軒が燃えた連続不審火で、県警石巻署は14日未明、このうち1件の放火に関与したとして同市築山3、無職、武山修容疑者(39)を非現住建造物等放火容疑で逮捕した。「火をつけました」などと容疑を認めているという。他の4件にも関与した可能性が高いとみて追及する。

 容疑は13日午前0時ごろ、石巻市湊町1の木造平屋建ての空き家に火をつけ、全焼させたとしている。不審火5件のうち最後の火事で、発生直後に付近で自転車に乗っていた武山容疑者を警察官が職務質問していた。当初は関与を否認したが、他の現場付近で自転車に乗る姿が複数目撃されていたほか、防犯カメラの映像もあり、13日午後に再び取り調べたところ関与を認めたという。

 武山容疑者の自宅は不審火が相次いだ市中心部の半径約2キロの範囲内にあり、最初の火事現場からは約500メートル。同署は、自転車で移動して放火を重ねた可能性があるとみて調べる。【伊藤直孝】


震災の被災住宅放火容疑で男逮捕
2015年2月14日(土)9時37分配信 共同通信

 宮城県石巻市で東日本大震災の津波により被災した空き家の不審火が相次いだ事件で、石巻署は14日、非現住建造物等放火の疑いで、同市築山、無職武山修容疑者(39)を逮捕した。「火を付けた。すみません」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は13日午前0時ごろ、同市湊町の木造家屋に放火し、全焼させた疑い。人は住んでおらず、けが人はなかった。

 同署によると、12日夜から13日未明にかけ、半径約2キロの範囲にある空き家5棟から出火。複数の現場で自転車に乗る武山容疑者の姿が目撃されており、ほかの4件についても関与を追及する。


<石巻連続放火>石巻署、放火容疑で捜査
河北新報 2月14日(土)9時20分配信

Photo
連続火災で全焼した住宅を実況見分する警察と消防=13日午前10時50分ごろ、石巻市南浜町2丁目

  石巻市で12日夜に相次いだ住宅火災は13日未明にさらに1件が発生し、計5件となった。現場は半径2キロ以内で、東日本大震災で津波被害を受けた空き家だった。石巻署は連続放火の疑いで捜査している。

  火災は12日午後8時半ごろから10時25分ごろまでの約2時間に4件が発生。13日午前0時15分ごろには湊町1丁目で、木造平屋の住宅から出火した。いずれもけが人はいなかった。

  石巻署と石巻地区消防本部は13日午前9時半から3カ所で実況見分。最初の現場となった中浦1丁目は木造2階住宅の2階約30平方メートルが焼け、門脇浦屋敷と南浜町2丁目の木造2階住宅はそれぞれ約160平方メートル、約110平方メートルが全焼した。

  残る2カ所の見分は週明けに行われるが、大街道東3丁目の木造2階住宅は2階部分が焼け、湊町1丁目の住宅は全焼とみられる。

  現場はいずれも市街地の幹線道路に近い住宅地で、震災の津波で浸水。火災があった住宅の住民は震災後、仮設住宅などに入っていた。

« 宮城沖地震に関するニュース・1905,2015年2月13日 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1907,2015年2月15日 »

ニュース」カテゴリの記事

社会・事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/61133573

この記事へのトラックバック一覧です: 宮城沖地震に関するニュース・1906,2015年2月14日:

« 宮城沖地震に関するニュース・1905,2015年2月13日 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1907,2015年2月15日 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30