« 宮城沖地震に関するニュース・1881,2015年1月20日 | トップページ | 「イスラム国」日本人人質2人殺害予告 72時間以内、身代金2億ドル要求・2 »

2015年1月20日 (火)

「イスラム国」日本人人質2人殺害予告 72時間以内、身代金2億ドル要求

シリア、イラクで勢力を拡大する過激組織「イスラム国」を名乗るグループが20日、湯川遥菜さんとフリージャーナリストの後藤健二さんとみられる日本人2人を人質に取り、身代金2億ドル(約235億円)を72時間以内に支払わなければ殺害すると警告するビデオ声明をインターネット上に公表した。イスラム国による日本人殺害警告が確認されれば初めてとなる。

殺害警告を受けて、安倍晋三首相は菅義偉官房長官に対し、事実関係の確認に全力を挙げるとともに、関係国と協力し、人命第一に対応するよう指示。安倍首相は訪問先のエルサレムで記者会見し、「人命を盾に脅迫することは許し難いテロ行為で、強い憤りを覚える。直ちに解放するよう強く要求する」と表明した。政府は首相官邸の危機管理センターに対策室を設置した。

※以上、時事通信の報道より。

リンク:<イスラム国邦人人質>安倍首相の内外記者会見の要旨 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<イスラム国邦人人質>安倍首相「危害加えず直ちに解放を」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:外相「解放へ最大限努力」、米欧と連携 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:殺害警告動画「合成では」=左藤防衛副大臣 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安倍首相会見詳報「2億ドルは命つなぐ支援」「寛容こそ平和もたらす」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:首相官邸警備を強化=動画声明名指しで―日本標的テロ警戒・警視庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<イスラム国邦人人質>菅官房長官「事実なら強い憤り」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イスラム国殺害予告 安倍首相「許し難いテロ行為」「方針に変わりない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:人質事件、対応に万全指示…首相の記者会見要旨 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:テロ専門班の活動指示=ヨルダン出張職員に―警察庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イスラム国殺害予告 左藤防衛副大臣「動画、合成じゃないか」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イスラム国殺害予告 共産・山下書記局長「テロ集団の卑劣行為許さぬ」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イスラム国殺害予告 自民党が対策室設置 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:首相「許し難いテロ行為、直ちに解放を」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:警視庁がテロ情報収集強化で対策本部=「イスラム国」日本人殺害予告 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:麻生副総理「日本の支援は非軍事」「邦人解放に最大限努力を」と関係閣僚に指示 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:2億ドル拠出は人道支援=安倍首相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イスラム国殺害予告 安倍首相「方針に揺るぎない」「2億ドルは命をつなぐ支援だ」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安倍首相「許し難いテロ行為」=速やかな解放要求―邦人殺害予告 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:菅官房長官記者会見詳報(下)「人命第一に対応する」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:菅官房長官記者会見詳報(上)「人命を盾に取って脅迫、強い憤り」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イスラム国殺害予告 政府、関係閣僚会議開催 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:軍事会社を昨年設立、紛争地へ=「イスラム国」人質の湯川さん―邦人殺害警告 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「戦争など各地で取材」=イスラム国「拘束」の後藤健二さん - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:政府が関係閣僚会議 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イスラム国殺害予告 首相、外遊日程一部取り止め - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:関係国と協力して人命第一に…日本政府 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イスラム国殺害予告 官房長官「強い憤り」「テロに屈しない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安倍首相、人命第一の対応指示=邦人人質「直ちに解放を」―政府、情報収集急ぐ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イスラム国殺害予告 政府、官邸に対策室 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イスラム国殺害予告 外務省、緊急対策本部を設置 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:2邦人殺害を警告、身代金要求 - 速報:@niftyニュース.
リンク:政府が官邸対策室=「イスラム国」日本人人質 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「イスラム国」日本人殺害警告=湯川さんら2人か―72時間以内、2億ドル要求 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

<イスラム国邦人人質>安倍首相の内外記者会見の要旨
毎日新聞 1月20日(火)21時13分配信

 安倍晋三首相が20日午前(日本時間20日午後)、イスラエルで行った内外記者会見の要旨は次の通り。

 <冒頭発言>

 人命を盾に取った脅迫は許し難いテロ行為で、強い憤りを覚える。2人の日本人に危害を加えず、直ちに解放するよう強く要求する。政府全体として人命尊重の観点から対応に万全を期すよう指示した。今後も国際社会と連携し、地域の平和と安定のために一層貢献していく。この方針は揺るぎない。

 過激主義は国際社会にとって大きな脅威。卑劣なテロはいかなる理由でも許されない。

 わが国がこのたび発表した2億ドルの支援は避難民を救うため、食料や医療サービスを提供するための人道支援だ。

 過激主義とイスラム社会はまったく別。この地域は古来、多様な宗教や人種が共存しながら悠久の歴史を刻んできた。寛容こそがこの地域の平和と安定、さらなる繁栄をもたらすと信じる。

<邦人殺害予告>

 2億ドルの支援は避難民にとって最も必要であり、医療、食料を提供するのは日本の責任だ。国際社会からも高く評価されている。今後も非軍事分野で積極的な支援を行っていく。

 人命第一に政府全体で全力を尽くす。国際社会は断固としてテロに屈せずに対応していく必要がある。

<集団的自衛権>

 武力行使の目的で武装した部隊を他国の領土、領海、領空に派遣することは一般に憲法上許されない。この考え方には一切、変更はない。具体的にどのような法整備を行うかは検討中だが、いかなる事態でも切れ目のない対応を可能にする安全保障法制を整備することが重要だ。【エルサレム高橋恵子】


<イスラム国邦人人質>安倍首相「危害加えず直ちに解放を」
毎日新聞 1月20日(火)21時11分配信

Photo
会見する安倍晋三首相=エルサレムで2015年1月20日、AP

 【エルサレム高橋恵子】安倍晋三首相は20日午前(日本時間同日午後)、訪問先のイスラエルで記者会見し、日本人2人の殺害警告を「人命を盾に取った脅迫は許し難いテロ行為だ」と強く非難するとともに、2人の即時解放を求めた。首相がエジプトで表明した過激派組織「イスラム国」対策の2億ドル拠出に関しては「避難民を救うため、食料や医療を提供するための人道支援だ」と述べ、政府として非軍事分野での支援を今後も継続する考えを示した。

【動画】「イスラム国」日本人殺害を予告か=YouTubeより

 首相は会見後に予定されているパレスチナ自治区訪問の一部日程を変更し、事態への対応を優先した。会見で身代金要求に応じるかを問われたのに対し、首相は「人命確保に全力で取り組む。国際社会はテロに屈してはならない」と言及を避けた。ただ、政府関係者は身代金の支払いが難しいことを示唆している。

 首相は会見に先立ち、動画を自身で確認したうえで菅義偉官房長官と電話協議し、(1)事実確認に全力を尽くす(2)関係各国と協力し、人命第一に対応する--よう指示した。政府は首相官邸に対策室を、外務省に緊急対策本部をそれぞれ設置。首相に同行している中山泰秀副外相が現地対策本部長としてヨルダンに入り、情報収集や連絡調整にあたる。

 一方、菅氏は20日の記者会見で、動画がインターネットで公開された直後の午後2時50分ごろに政府として確認したと説明した。首相の臨時代理を務める麻生太郎副総理兼財務相は同日の関係閣僚会議で、家族らに2人の確認などを急ぐよう指示した。

 ◇安倍晋三首相の記者会見(骨子)

・2人の日本人に危害を加えず、直ちに解放するよう強く要求する

・2億ドルは避難民を救うための人道支援。今後も非軍事分野で積極的に支援する

・人命確保に全力で取り組む。国際社会はテロに屈してはならない


外相「解放へ最大限努力」、米欧と連携
読売新聞 1月20日(火)21時9分配信

 【ブリュッセル=三好益史】イスラム過激派組織「イスラム国」とみられる組織による日本人人質事件について、岸田外相は20日午前(日本時間20日夜)、訪問先のベルギー・ブリュッセルで記者団に対し、事実関係を確認中とした上で「人命を盾にとって他者を脅迫することは許し難い。

 関係各国と協力し、早期解放に向けて最大限の努力を尽くす」と述べ、米国や欧州各国などと連携して早期解決を図る考えを示した。

 現地対策本部の責任者として、中山外務副大臣がヨルダンに派遣されることが決まったが、岸田外相は、人質の身元については「今現在、事実確認中。今の段階では申し上げることは控える」と述べるにとどまった。

 岸田外相は20日、北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長とNATO本部で会談し、情報交換など事件対応での協力を求めた。


殺害警告動画「合成では」=左藤防衛副大臣
時事通信 1月20日(火)20時45分配信

 左藤章防衛副大臣は20日、「イスラム国」によるとみられる邦人殺害警告の動画について「私自身、ちょっと合成されているんじゃないかと。何度も映像を見て思った。ちょっと違うかなという私の感覚だ」と述べた。防衛省で記者団に語った。 


安倍首相会見詳報「2億ドルは命つなぐ支援」「寛容こそ平和もたらす」
産経新聞 1月20日(火)20時44分配信

 安倍晋三首相が20日午前(日本時間同日夕)イスラエルのエルサレム市内で行った記者会見の詳報は以下の通り。

 【イスラム国による日本人殺害予告】

 人命を盾にとって脅迫することは許しがたいテロ行為であり、強い憤りを覚える。2人の日本人に危害を加えないよう、ただちに解放するよう強く要求する。

 政府全体として人命尊重の観点から対応に万全を期すよう指示した。今後も国際社会と連携し、地域の平和と安定のために一層貢献していく。この方針は揺るぎない方針であり、変えることはない。

 過激主義が国際社会にとって大きな脅威となっている。卑劣なテロはいかなる理由でも許されない。断固として非難する。今後とも人命第一に私の陣頭指揮のもと、政府全体として全力を尽くしていく考えだ。

 2億ドルの支援は、避難民が命をつなぐための支援といってもいい。避難民が必要とする医療サービスや食料をしっかりと提供していくことは日本の責任だ。国際社会にも高く評価されている支援を行っていく姿勢に全く変わりはない。大切なことは地域の平穏、平和と安定を取り戻すことだ。人々が平和に安心して暮らせる社会をつくっていくために、日本は今後も非軍事分野で積極的な支援をしていく。

 【中東和平】

 中庸こそ最善だ。この中東の言葉の通り、この地域は古来、多様な宗教や人種が共存しながら悠久の歴史を刻んできた。互いを受け入れ、尊重する。寛容こそが地域の平和と安定、さらなる繁栄をもたらすと信じる。中東和平の実現はいまなお未解決の課題だ。お互いがこれ以上、状況をエスカレートさせず、寛容の精神を持つことが解決の糸口になる。

 かつて杉原千畝は自らの心に従い、6千人ものユダヤ人に日本に渡るビザを出した。たどり着いた敦賀では町をあげて歓迎したそうだ。時代や世の中は変わっても、人々の中にある寛容の心だけは決して変わらない。私はそう信じている。そのためにも、貧困などの争いの芽を摘み取っていかなければならない。

 中東和平については、イスラエル、パレスチナ双方に、話し合いに向けてお互いに努力していくよう働きかけていきたい。また、その話し合いを進めるための信頼醸成のため、努力を今後とも続けていきたい。

 【安全保障法制】

 速やかな整備に向けて精力的に準備を進めている。政府としては引き続き十分な検討を行った上で与党と相談したいと考えているが、与党間の協議については政府の立場としてコメントすることは差し控えさせていただきたい。

 集団的自衛権は新3要件が判断基準だ。武力行使を目的に、武装した部隊を海外に派遣することは憲法上、許されないものと考えられており、この考え方には一切変更はない。具体的にどのような法整備を行うかは現在検討中だが、いかなる事態においても切れ目のない対応を可能とする安全保障法制を整備することが重要だ。(エルサレム 沢田大典)


首相官邸警備を強化=動画声明名指しで―日本標的テロ警戒・警視庁
時事通信 1月20日(火)20時43分配信

 過激組織「イスラム国」を名乗るグループが日本人2人を人質に取り、身代金を支払わなければ殺害すると警告するビデオ声明を出したことを受け、警視庁は20日、首相官邸などの警備を強化することを決めた。同庁は日本が名指しで脅迫されたことに強い警戒感を抱いており、対テロ対策を強化する。
 「イスラム国」が投稿したとみられる動画のメッセージは安倍晋三首相を名指しし、イスラム国と戦う周辺国に支援を表明したニュース映像の場面もある。
 同庁幹部はビデオの内容を踏まえ、「首相官邸や外務省など政府関連施設の警備を強化する必要があると判断した」と話した。 


<イスラム国邦人人質>菅官房長官「事実なら強い憤り」
毎日新聞 1月20日(火)20時19分配信

 菅義偉官房長官の20日夕の記者会見の要旨は次の通り。

 <冒頭発言>

 イスラム国とみられる動画が20日、インターネット配信された。邦人とみられる2人の殺害予告をしているが、真偽は現在確認中だ。仮に事実であれば、人命を盾にとって脅迫することは許し難く、強い憤りを覚える。政府は関係各国と協力し、邦人の早期解放に向けて最大限の努力を尽くす。20日16時に安倍晋三首相に連絡を取り、指示を受けた。首相に同行中の中山泰秀副外相をヨルダン・アンマンに派遣し、現地指揮を執る。

 --映像の信ぴょう性、2人の人物確認は。

 現在確認中だ。

 --後藤健二さんが出国した経緯は。

 確認中で、個別のことは控える。

 --身代金要求への対応は。

 テロに屈することなく、国際社会におけるテロとの戦いに貢献する我が国の立場に変わりはない。

 --イスラム国は、首相がイスラム国対策支援を表明したことを理由としている。

 (支援の)主眼は、中東の安定に日本が積極的に貢献すると発信するもので、人道支援やインフラ整備など非軍事分野の支援を表明した。(「イスラム国と戦うため」というイスラム国側の指摘は)当たらない。

 --イスラム国との接触ルートはあるか。

 コメントしない。


イスラム国殺害予告 安倍首相「許し難いテロ行為」「方針に変わりない」
産経新聞 1月20日(火)20時13分配信

 中東歴訪中の安倍晋三首相は20日午前(日本時間同日夕)、イスラエルのエルサレム市内で記者会見し、イスラム国とみられる集団が、身代金を支払わなければ拘束中の日本人2人を殺害すると警告するビデオ声明を発表したことについて「人命を盾にとって脅迫することは許し難いテロ行為であり、強い憤りを覚える。2人の日本人に危害を加えないよう、直ちに解放するよう、強く要求する」と述べた。その上で「今後も国際社会と連携し、地域の平和と安定に貢献する。この方針を変えることはない」と強調した。

 首相はフランス週刊紙銃撃事件にも触れ「卑劣なテロはいかなる理由でも許されず、断固として非難する」と述べた。

 さらに、武装集団がビデオ声明で、日本によるイスラム国対策の約2億ドル支援を非難していることを念頭に「2億ドルの支援は地域で家をなくしたり、避難民となっている人たちを救うため、食糧や医療サービスを提供するための人道支援だ。まさに、避難民にとって最も必要とされている支援だ」と強調した。


人質事件、対応に万全指示…首相の記者会見要旨
読売新聞 1月20日(火)20時4分配信

 安倍首相の内外記者会見の要旨は次の通り。

 【邦人人質事件】人命を盾にとって脅迫することは許し難いテロ行為で、強い憤りを覚える。日本人2人に危害を加えないよう、直ちに解放するよう強く要求する。政府として、人命尊重の観点から対応に万全を期すよう指示した。(イスラム国対策の2億ドル支援は)避難民が命をつなぐための支援だ。国際社会からも高く評価されている。今後も非軍事分野で積極的に支援する。国際社会と連携し、地域の平和と安定のために一層貢献する。これは揺るぎない方針で、変えることはない。

 【テロとの戦い】過激主義が国際社会の脅威になっている。仏のテロ事件の犠牲者、家族に改めて哀悼の意を表する。卑劣なテロはいかなる理由でも許されない。断固として非難する。国際社会は断固としてテロに屈せず対応していく必要がある。過激主義とイスラム社会は全く別だ。中庸こそ最善であり、お互いを尊重する寛容こそが地域の平和と繁栄をもたらす。

 【中東和平】暴力と不信の連鎖を深く懸念する。イスラエルのネタニヤフ首相と率直に話すことができた。パレスチナ自治政府のアッバス議長とも胸襟を開いて語りたい。誰もが安心して暮らせる社会を築くため、積極的な役割を果たしたい。

 【安全保障法制】与党協議へのコメントは控えたい。集団的自衛権の行使は新3要件が判断基準だ。いかなる事態でも切れ目のない対応を可能とする安全保障法制の整備が重要だ。


テロ専門班の活動指示=ヨルダン出張職員に―警察庁
時事通信 1月20日(火)20時1分配信

 過激組織「イスラム国」による邦人殺害警告を受け、警察庁は20日夕、ヨルダンに出張中の職員に、邦人が絡む重大テロの専門チーム「国際テロリズム緊急展開班(TRT―2)」としての任務を行うよう指示した。首都アンマンで外務省とも連携し、関連情報を収集させる。
 出張中の職員はTRT―2要員の経験がある警察官だが、警察庁は人数を明かしていない。ヨルダンには別の用務で滞在していた。同庁は追加要員の派遣も検討している。 


イスラム国殺害予告 左藤防衛副大臣「動画、合成じゃないか」
産経新聞 1月20日(火)20時0分配信

 防衛省の左藤章副大臣は21日夜、過激派「イスラム国」とみられる集団が身代金2億ドル(約236億円)を支払わなければ拘束中の日本人2人を殺害すると警告したビデオ声明について、「個人的見解」と断った上で「合成されているんじゃないかという話も出てきたりしている」と述べた。

 また、左藤氏は21日(日本時間22日未明)に英ロンドンで行われる外務・防衛閣僚級協議(2プラス2)でイスラム国が議題となるとの見通しを示した。南スーダンやジブチなどを歴訪中の中谷元(げん)防衛相は同日夕、左藤氏に電話で「情報収集し、関係各省としっかり連絡を取り合うように」と指示したという。


イスラム国殺害予告 共産・山下書記局長「テロ集団の卑劣行為許さぬ」
産経新聞 1月20日(火)18時22分配信

 共産党の山下芳生(よしき)書記局長は20日夕の記者会見で、イスラム国とみられる集団が身代金2億ドル(約236億円)を支払わなければ、拘束中の日本人2人を殺害すると警告するビデオ声明を発表したことについて「テロ集団による卑劣な行為は断じて許せない。政府には情報収集など事件解決へのあらゆる努力を求めたい」と述べた。


イスラム国殺害予告 自民党が対策室設置
産経新聞 1月20日(火)18時19分配信

 過激派「イスラム国」とみられる集団が日本人2人を拘束し、身代金2億ドル(約236億円)を求めるビデオ声明を発表したことを受け、自民党は20日午後、谷垣禎一幹事長をトップとする対策室を設置した。「状況を注視しつつ、政府と連携して事態の対処に万全を期す」という。


首相「許し難いテロ行為、直ちに解放を」
読売新聞 1月20日(火)18時10分配信

 【エルサレム=寺口亮一】中東歴訪中の安倍首相は20日午前(日本時間20日夕)、イスラエル・エルサレムのホテルで記者会見した。

 「イスラム国」が公開したとみられる日本人男性2人の殺害を予告する映像について、「人命を盾にとって脅迫することは許し難いテロ行為であり、強い憤りを覚える」としたうえで、「2人に危害を加えないよう、直ちに解放するよう強く要求する」と語り、事件を強く非難した。

 首相には、東京で外務省が映像を確認した直後に事件発生の連絡が入り、首相自らが映像を確認し、会見に臨んだという。

 首相は会見で、「イスラム国」が日本による2億ドル程度の周辺国支援を犯行の理由に挙げていることに対し、「避難民に最も必要とされている、命をつなぐための支援だ。この支援をしっかり行っていく姿勢に変わりはない」と強調した。


警視庁がテロ情報収集強化で対策本部=「イスラム国」日本人殺害予告
時事通信 1月20日(火)18時5分配信

 イスラム国によるとみられる日本人殺害予告を受け、警視庁は20日、国際テロ関連情報の収集を強化し、テロを防止するため、永井達也公安部長をトップに公安対策本部を設置した。


麻生副総理「日本の支援は非軍事」「邦人解放に最大限努力を」と関係閣僚に指示 
産経新聞 1月20日(火)18時3分配信

 政府は20日夕、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」とみられる集団が日本人2人の殺害を警告するビデオ声明を発表したことを受け、首相臨時代理の麻生太郎副総理を中心に関係閣僚会議を開き、対処方針を確認した。麻生氏は「邦人の早期解放に向け最大限の努力を尽くす。関係省庁が緊密に連携し、対応に当たってもらいたい」と指示した。

 麻生氏は、ビデオ声明が殺害予告の理由として日本政府のイスラム国対策の支援表明を挙げたことを念頭に「安倍首相の中東訪問は、中東地域の安定に日本としての積極的な貢献を発信するためだ。日本が発表した支援は人道支援やインフラ整備などの非軍事の分野だ」と述べた。

 関係閣僚会議には麻生氏のほか、菅(すが)義偉(よしひで)官房長官、山谷えり子国家公安委員長らが出席した。


2億ドル拠出は人道支援=安倍首相
時事通信 1月20日(火)18時1分配信

 【エルサレム時事】安倍晋三首相は20日の内外記者会見で、過激組織「イスラム国」対策として行う2億ドル程度の無償資金協力について「避難民が必要としている人道支援だ」と強調した。 


イスラム国殺害予告 安倍首相「方針に揺るぎない」「2億ドルは命をつなぐ支援だ」
産経新聞 1月20日(火)18時0分配信

 安倍晋三首相は20日、エルサレムで記者会見し、イスラム教スンニ派過激派組織「イスラム国」が殺害予告について「人命を盾にとって挑発するのは許し難い行為であり、強い憤りを覚える。直ちに解放するよう強く要求する」と批判。「今後も国際社会の平和と安定のために一層貢献する。この方針に揺るぎはなく、変えることはない」と述べた。

 また、エジプトのカイロでイスラム国対策とし支援を表明した2億ドルについて「この2億ドルの支援は、避難民が最も必要としている支援であり、命をつなぐための支援だ。しっかり支援を行う姿勢に変わりはない」と強調した。


安倍首相「許し難いテロ行為」=速やかな解放要求―邦人殺害予告
時事通信 1月20日(火)17時55分配信

 【エルサレム時事】安倍晋三首相は20日、エルサレムで内外記者会見に臨み、イスラム国によるとみられる邦人殺害予告に対し「許し難いテロ行為で、強い憤りを覚える。直ちに解放するよう強く要求する」と述べた。 


菅官房長官記者会見詳報(下)「人命第一に対応する」
産経新聞 1月20日(火)17時55分配信

 --首相の外遊スケジュールの変更は

 「首相はパレスチナのアッバス議長との首脳会談など、公式行事は執り行う。それ以外の視察などについてはとりやめることにしている。そしてまた、このアッバス議長との首脳会談においても、本件を取り上げ協議を行うことになる」

 --中谷元防衛相も外遊中だが、NSC(国家安全保障会議)に関連する閣僚は早く帰国させるか

 「そこは考えていない。現在まだ確認中だし、危機管理監をはじ首相臨時代理の麻生(太郎)副総理もいるので、連携をとりながら対応していきたい」

 --首相は視察などを減らした結果、予定より早く帰国することになるか

 「公式行事はそのまま続ける意向だし、大統領と会談があった際に、この件についても協力を求めていくということだ」

 --逆に、今までにないスケジュールが入るか

 「現時点では考えていない。まず現地に中山副大臣、首相と同行しているので、ヨルダンのアンマンに派遣し、現地で陣頭指揮をとることになっているので、そういう中で連携を取りながら対応していきたい」

 --武装グループ側と接触ルートはあるのか

 「そうしたことも含めて現在、関係国と連携をとっているところだ」

 --あるかどうかというのはコメントなしか

 「コメントなしだ。とにかく首相指示は、事実関係の確認に全力と、関係各国と協力して人命第一に対応するように、という指示だ。しっかり連携しながら今、外務省と官邸の対策室を3時に立ち上げたので、そこで取り組むということだ」

 --確認だが、身代金を払う用意があるのか

 「そういうことも含めて事実関係を確認する。そしてわが国としてはテロに屈することなく、国際社会によるテロとの戦いに貢献していく立場には変わらない」

 

 --湯川氏にはしばらく前から拘束の報道があった。その間のイスラム国の動きで更新された情報はあったか

 「そうしたことも含めてコメントは控えたい」

 --欧米諸国も似た被害に遭っている。こうした事態は可能性として想定していたか

 「常日頃から邦人の安全を、しっかりと対応するのはわが国の役割だ。危険な所への渡航を禁止、自粛、そうしたことを今まで徹底してきているところだ」


菅官房長官記者会見詳報(上)「人命を盾に取って脅迫、強い憤り」
産経新聞 1月20日(火)17時53分配信

 菅義(すが・よしひで)官房長官の20日午後の記者会見の詳報は次の通り。

 「私から読み上げが1点ある。イスラム国によって発出されたとみられる動画がインターネット上で配信された。同動画では邦人とみられる者2名の殺害が予告されているが、その真偽について現在、確認中だ。仮にこれが事実であるとすれば、このように人命を盾にとって脅迫することは許し難く、強い憤りを覚える。日本国政府としては、関係各国とも協力しつつ、当該邦人の早期解放に向け、最大限の努力を尽くす所存だ」

 「さきほど16時に私から首相に連絡を取り、以下の2点について指示を受けた。第1は、事実関係の確認に全力を尽くすこと。第2は、関係各国とも協力し、人命第一に対応すること。さらに現在、首相に同行中の中山(泰秀)外務副大臣をヨルダンのアンマンに派遣し、現地で指揮を取ることとした。また東京においても、この動画が発出された後、15時に総理官邸において官邸対策室を設置し、外務省においても緊急対策本部を設置した。私からは以上だ」

 --映像の信憑(しんぴょう)性は確認できていないのか

 「現在、確認中だ」

 --映像には昨年、拘束された湯川遙菜氏と、フリージャーナリストの後藤健二氏とみられる2人が映っている。人定の確認は

 「そこも含めて確認中だ」

 --後藤氏だが、出国の経緯など分かっている範囲で

 「まだ確認中なので、個別のことは控える」

 --イスラム国から身代金要求が出ているが、対応は

 「テロに屈することなく、国際社会におけるテロとの戦いに貢献していくというのが、わが国の立場であり、変わりはない」

 --早期解放に向けて、今後、官邸はどういう態勢で臨むか

 「現在、情報収集中なので、ある程度、情報が収集され次第、危機管理監を含めて対応する」

 --イスラム国から発出されたメッセージの中に、首相が外遊先で、イスラム国対策を表明したからだというメッセージがあるが、確認しているか

 「皆さんもご承知の通り、今回の総理訪問の主眼は、中東地域の安定に、日本として積極的に貢献することを発信するものだ。人道支援、インフラ整備、非軍事分野での支援を表明したもので、それはあたらない」

 --身代金への対応。テロに屈しないというが、具体的には

 「今、まさに現在、確認中だ。関係国と連絡をとっている」

 --映像を確認した時間は

 「発出された、14時50分、3時ちょっと前だ」


イスラム国殺害予告 政府、関係閣僚会議開催
産経新聞 1月20日(火)17時50分配信

 政府は20日、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」が日本人2人の殺害を警告するビデオ声明を発表したことを受け、同日午後5時半から首相官邸で関係閣僚会議を開いた。


軍事会社を昨年設立、紛争地へ=「イスラム国」人質の湯川さん―邦人殺害警告
時事通信 1月20日(火)17時49分配信

 過激組織「イスラム国」と称するグループに人質として拘束されたとみられる千葉市の湯川遥菜さん(42)は、昨年1月に「民間軍事会社」を設立し、紛争地の様子をブログで紹介していた。周囲には、会社の実績づくりのためシリアに向かうと話したこともあった。
 登記簿などによると、湯川さんが東京都内に設立した会社は「ピーエムシー」。ホームページでは、「国際民間軍事業、国外警護、紛争地域等での護衛」などを業務内容としていた。
 湯川さんは昨春シリアに入国し、現地の様子をブログで紹介。自ら銃を構える写真も掲載していた。 


「戦争など各地で取材」=イスラム国「拘束」の後藤健二さん
時事通信 1月20日(火)17時40分配信

 「イスラム国」に拘束されたとみられる後藤健二さんはフリージャーナリストで、後藤さんが設立した映像通信会社「インデペンデント・プレス」(東京都)のホームページ(HP)によると、「戦争・紛争」「難民」などの分野を中心に、世界各地を取材している。
 HPによると、後藤さんは1967年に仙台市で生まれた。番組制作会社を経て、インデペンデント社を設立。戦争などのほか、「貧困」や「子どもの教育」など五つのテーマで各国の子どもたちの映像を撮影、民放テレビなどで放送された。自治体や大学での講演活動も行っている。
 後藤さんのものとみられるツイッターには、昨年10月初め、「シリア取材に入ります」との告知があり、ユーチューブに「現地リポート」が複数回投稿されている。ツイッターは10月23日の投稿が最後になっている。
 関係者によると、昨年夏に拘束されたとみられる湯川遥菜さん(42)が、同年春ごろにシリアに入国した際、行動を共にしていたとみられる。 


政府が関係閣僚会議
時事通信 1月20日(火)17時24分配信

 政府は20日午後5時30分から、イスラム国によるとみられる日本人殺害予告を受けた関係閣僚会議を首相官邸で開く。 


イスラム国殺害予告 首相、外遊日程一部取り止め
産経新聞 1月20日(火)17時4分配信

 菅義偉官房長官は20日午後の記者会見で、過激派「イスラム国」とみられる集団が身代金2億ドル(約236億円)を支払わなければ、拘束中の日本人2人を殺害すると警告するビデオ声明を発表したことを受け、安倍晋三首相の中東訪問の日程を一部取りやめると発表した。


関係国と協力して人命第一に…日本政府
読売新聞 1月20日(火)17時2分配信

 事件発生を受け、日本政府は、首相官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置し、対応に追われた。

 中東訪問中の安倍首相は日本時間20日夕、菅官房長官に、〈1〉事実関係の確認に全力を尽くす〈2〉関係国と協力して人命第一に対応する――よう電話で指示。首相に同行中の中山泰秀外務副大臣をヨルダン・アンマンに派遣し、現地で指揮を執らせることも決めた。

 首相はこの後、パレスチナ自治区でパレスチナ自治政府のアッバス議長と会談し、情報収集などへの協力を要請した。ヨルダン、エジプト、トルコ各国首脳との電話会談も検討している。首相は、日本時間21日夜の帰国予定を早める方向で調整に入った。

 首相官邸では20日夕、緊急の関係閣僚会議が開かれ、男性2人の解放に向け、最大限の努力を尽くすことなどを確認した。外務省も、緊急対策本部を設置した。


イスラム国殺害予告 官房長官「強い憤り」「テロに屈しない」
産経新聞 1月20日(火)16時57分配信

 菅義偉官房長官は20日午後の記者会見で、過激派「イスラム国」とみられる集団が身代金2億ドル(約236億円)を支払わなければ、拘束中の日本人2人を殺害すると警告するビデオ声明を発表したことについて、「真偽について現在、確認中だ。仮に事実とすれば、人命を盾にとって脅迫することは許し難く、強い憤りを覚える。関係各国と協力しつつ、当該邦人の早期解放へ最大限の努力を尽くす」と述べた。「テロに屈することなく、国際社会とともにテロとの戦いに貢献していく」とも述べた。

 菅氏は、中東歴訪中の安倍晋三首相と連絡をとり、首相から(1)事実関係の確認に全力を尽くす(2)関係各国と協力し、人命第一に対応する-の2点の指示を受けたことを明らかにした。

 また、首相に同行している中山泰秀外務副大臣をヨルダンのアンマンに派遣し、現地で情報収集を進める考えも示した。


安倍首相、人命第一の対応指示=邦人人質「直ちに解放を」―政府、情報収集急ぐ
時事通信 1月20日(火)16時54分配信

 過激組織「イスラム国」によるとみられる邦人殺害警告を受け、日本政府は20日午後、首相官邸で関係閣僚会議を開き、事実関係の把握を急いだ。中東訪問中の安倍晋三首相は、菅義偉官房長官に対し「人命第一」に対処するよう指示。政府は関係国と連携するなどして、人質解放に全力を挙げる方針だ。
 イスラム国はこれまで、人質に取った複数の欧米の民間人を殺害してきたが、邦人に対する殺害警告は初めて。安倍政権は厳しい危機管理対応を問われることになった。
 首相は訪問先のエルサレムで記者会見し、「人命を盾に脅迫することは許し難いテロ行為で、強い憤りを覚える。直ちに解放するよう強く要求する」と表明。犯行グループが理由に挙げたイスラム国対策の2億ドルの支援について、「避難民が必要としている人道支援だ」と述べ、予定通り実施すると明言した。
 首相は「過激主義とイスラム社会は全く別のものだ。日本はイラクやシリアからの難民支援をはじめ非軍事分野でできる限りの貢献を行っていく」とも述べ、日本の中東政策に変更はないことも強調。身代金2億ドルの要求への対応については直接のコメントは避けたが、「国際社会は断固としてテロに屈せずに対応していく必要がある」と述べた。 


イスラム国殺害予告 政府、官邸に対策室
産経新聞 1月20日(火)16時26分配信

 政府は20日、イスラム教スンニ派過激派組織「イスラム国」とみられる集団が72時間以内に身代金2億ドル(約236億円)を支払わなければ、拘束中の日本人2人を殺害すると警告するビデオ声明を発表したことを受け、同日午後3時に首相官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置した。


イスラム国殺害予告 外務省、緊急対策本部を設置
産経新聞 1月20日(火)16時24分配信

 外務省は20日、イスラム教スンニ派過激派組織「イスラム国」とみられる集団が、日本人2人を拘束したとの情報を受け、斎木昭隆事務次官をトップとする緊急対策本部を省内に設置した。


2邦人殺害を警告、身代金要求
2015年1月20日(火)16時14分配信 共同通信

Photo_2
 「イスラム国」とみられるグループがインターネット上で発表したビデオ声明の映像。ナイフを持った黒服の男(中央)が日本人とみられる2人の男性を脅迫している(動画投稿サイト「ユーチューブ」より)

 【カイロ共同】過激派「イスラム国」とみられるグループが20日、72時間以内に身代金2億ドル(約235億円)を支払わなければ「日本人2人を殺害する」と警告するビデオ声明をインターネット上で発表した。日本人とみられる拘束中の男性2人が映り、日本政府は民間軍事会社経営者とされる湯川遥菜さん(42)=千葉市=と、仙台市出身のフリージャーナリスト、後藤健二さんの可能性があるとして確認を急いでいる。

 映像の信ぴょう性は不明だが、事実ならイスラム国が拘束した日本人の殺害警告は初めて。安倍首相は20日、イスラエルで記者会見し「直ちに解放するよう強く要求する」と述べた。


政府が官邸対策室=「イスラム国」日本人人質
時事通信 1月20日(火)16時13分配信

 政府は20日、過激組織「イスラム国」と称するグループが日本人2人を人質に取ったとしている問題を受け、首相官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置した。 


「イスラム国」日本人殺害警告=湯川さんら2人か―72時間以内、2億ドル要求
時事通信 1月20日(火)15時27分配信

 【エルサレム時事】シリア、イラクで勢力を拡大する過激組織「イスラム国」を名乗るグループが20日、湯川遥菜さん(42)=千葉市出身=とフリージャーナリストの後藤健二さん=仙台市出身、1967年生まれ=とみられる日本人2人を人質に取り、身代金2億ドル(約235億円)を72時間以内に支払わなければ殺害すると警告するビデオ声明をインターネット上に公表した。イスラム国による日本人殺害警告が確認されれば初めてとなる。
 殺害警告を受けて、安倍晋三首相は菅義偉官房長官に対し、事実関係の確認に全力を挙げるとともに、関係国と協力し、人命第一に対応するよう指示。安倍首相は訪問先のエルサレムで記者会見し、「人命を盾に脅迫することは許し難いテロ行為で、強い憤りを覚える。直ちに解放するよう強く要求する」と表明した。政府は首相官邸の危機管理センターに対策室を設置した。
 イスラム国が投稿したとされるビデオ声明には、湯川さんらとみられる男性2人が写っており、オレンジ色の服を着て、砂漠で並んでひざまずかせられている。
 声明は「(安倍首相が)イスラム国から8500キロ離れた場所から、進んで(イスラム教徒を攻撃する)十字軍に参加を約束した」と非難。要求している2億ドルの身代金について、「1人1億ドル」と主張した。
 安倍首相は、17日にカイロで行った演説で、イスラム国対策としてイラクなどに2億ドル程度の支援を行うと表明しており、声明は支援額と同額の身代金を要求した。これに対し、安倍首相はエルサレムの会見で、2億ドル支援は「避難民が必要としている人道支援だ」と述べ、予定通り実施すると明言した。
 湯川さんは「民間軍事会社」を設立。2014年7月28日にトルコから陸路でシリアに入国し、イスラム国と交戦している反体制武装組織の部隊に同行、8月12日から14日にかけ、イスラム国がシリア北部アレッポ近郊で激しい攻撃を仕掛けた際に部隊からはぐれ、拘束されたとみられている。
 一方、後藤さんは映像通信会社を創設。14年10月、自身のツイッターを通じシリアで取材中と伝えた後、同月23日を最後にツイッターの更新が途絶えている。 

« 宮城沖地震に関するニュース・1881,2015年1月20日 | トップページ | 「イスラム国」日本人人質2人殺害予告 72時間以内、身代金2億ドル要求・2 »

ニュース」カテゴリの記事

侵略・支配・抑圧」カテゴリの記事

国防・軍事・安全保障」カテゴリの記事

社会・事件」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/61005787

この記事へのトラックバック一覧です: 「イスラム国」日本人人質2人殺害予告 72時間以内、身代金2億ドル要求:

« 宮城沖地震に関するニュース・1881,2015年1月20日 | トップページ | 「イスラム国」日本人人質2人殺害予告 72時間以内、身代金2億ドル要求・2 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30