« 宮城沖地震に関するニュース・1891,2015年1月30日 | トップページ | 過激組織「イスラム国」(IS)日本人人質2人を殺害・19 »

2015年1月30日 (金)

「イスラム国」日本人人質2人殺害予告 うち1人を殺害か・18

シリア、イラクで勢力を拡大する過激組織「イスラム国」(IS)を名乗るグループが20日、湯川遥菜さんとフリージャーナリストの後藤健二さんとみられる日本人2人を人質に取り、身代金2億ドル(約235億円)を72時間以内に支払わなければ殺害すると警告するビデオ声明をインターネット上に公表した。「イスラム国」(IS)による日本人殺害警告が確認されれば初めてとなる。

殺害警告を受けて、安倍晋三首相は菅義偉官房長官に対し、事実関係の確認に全力を挙げるとともに、関係国と協力し、人命第一に対応するよう指示。安倍首相は訪問先のエルサレムで記者会見し、「人命を盾に脅迫することは許し難いテロ行為で、強い憤りを覚える。直ちに解放するよう強く要求する」と表明した。政府は首相官邸の危機管理センターに対策室を設置した。

※以上、時事通信の報道をもとに構成。

12番目の記事
13番目の記事
14番目の記事
15番目の記事
16番目の記事
17番目の記事

リンク:イスラム国殺害脅迫 岸田外相「新たに申し上げる情報ない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イスラム国殺害脅迫 日米が外務次官級協議 対テロで連携確認 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<外務省>シリア国境付近、「退避勧告」を発令 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<「イスラム国」人質>政府、冷静な対応を強調 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トルコの国境地帯「退避勧告」=外務省 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<衆院予算委>「イスラム国」呼称が話題に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:官邸前で解放を願う集会 - 速報:@niftyニュース.
リンク:<「イスラム国」人質>「無事解放を」…後藤さんに祈り届け - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<「イスラム国」人質>後藤さん解放、官邸前で市民ら訴え - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トルコとも連携=人質解放実績に期待―日本政府 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<「イスラム国」人質>3回の音声、同一人物と判断…科警研 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イスラム教徒「早く解放を」=列島各地で金曜礼拝=―偏見心配の声も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イスラム国殺害脅迫 事件表面化から10日 首相「テロには屈せず救出を」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:日本各地のモスクで金曜礼拝 - 速報:@niftyニュース.
リンク:死刑囚釈放めぐり攻防続く - 速報:@niftyニュース.
リンク:<外務省>シリア渡航自粛、報道機関に向け注意喚起 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:政府、事態の推移見守る=「待つしかない」焦燥感も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ヨルダン在留邦人や渡航者に外務省が注意情報 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安倍首相、在外邦人救出に自衛隊活用を 安全保障関連法案の成立に意欲 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イスラム国殺害脅迫 外務省、トルコ南部での「取材自粛」を要請 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:首相「後藤さん解放に全力」…交渉の情報収集 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<「イスラム国」人質>シリア拘束時は…後藤さん昨年語る - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「イスラム国」呼称は不適切=野党提起、安倍首相も賛同 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イスラム国殺害脅迫 自民・谷垣氏「与党はバックアップを」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<「イスラム国」人質>安倍首相「緊張感もって対応」指示 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イスラム国殺害脅迫 岸田外相、ヨルダン在留邦人に治安情勢の注意喚起 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ヨルダンに警備強化要請=政府 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イスラム国殺害脅迫 安倍首相「後藤さんの解放に全力を尽くしている」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:政府、トルコでも後藤さん解放の対応準備 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:人質事件対応で予算委退席=菅官房長官ら - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イスラム国殺害脅迫 「引き続き緊張感持って対応を」安倍首相指示 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:後藤さん解放に全力=安倍首相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安倍首相、緊張感持ち対応を=人質事件「進展なし」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:イスラム国殺害脅迫 岸田外相、、状況の変化「なし」 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

イスラム国殺害脅迫 岸田外相「新たに申し上げる情報ない」
産経新聞 1月31日(土)0時39分配信

 岸田文雄外相は30日深夜、「イスラム国」による日本人殺害脅迫事件に関して、「今の時点で新たに申し上げる情報はない」と述べた。

 その上で「さまざまな情報は絶えず飛び交っている。ヨルダンをはじめ、さまざまなところで動きは存在する。これからも情報収集に全力で取り組み、分析して、われわれの方針、判断を考えていかなければならない」と述べた。

 外務省を離れる際、記者団に語った。


イスラム国殺害脅迫 日米が外務次官級協議 対テロで連携確認
産経新聞 1月30日(金)23時52分配信

 外務省の杉山晋輔外務審議官は30日夜、来日した米国のシャーマン国務次官(政治担当)と都内で会談し、テロ対策をめぐって国際社会とともに日米が協力していくことで一致した。

 シャーマン氏は、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」による日本人殺害脅迫事件をめぐる日本の対応に理解を示し、拘束されている後藤健二さん(47)の解放の重要性を強調。「中東地域の平和と安定に対する日本の努力を評価する」と表明した。

 また、北朝鮮の核・ミサイル問題などの東アジア情勢や、ウクライナや中東地域情勢など幅広く意見交換し、これら地域での日米の連携の重要性を確認した。


<外務省>シリア国境付近、「退避勧告」を発令
毎日新聞 1月30日(金)23時25分配信

 外務省は30日夜、トルコのシリア国境付近について、4段階の危険情報で最高レベルの「退避勧告」を発令した。イスラム過激派組織「イスラム国」(IS)の日本人拘束事件を取材する報道陣が集っているとの情報が拡散し「日本人をターゲットにした拘束、誘拐、テロ等の危害が及ぶ恐れがある」としている。同省は報道各社に、同地域から直ちに離脱するよう求める注意喚起を発表した。【高山祐】


<「イスラム国」人質>政府、冷静な対応を強調
毎日新聞 1月30日(金)23時3分配信

 イスラム過激派組織「イスラム国」(IS)とみられるグループからの発信が途絶え、拘束された後藤健二さんの情報もない中、政府はヨルダン政府などからの情報収集にあたった。菅義偉官房長官は30日の記者会見で、「相手からいろいろなことが一方的に打ち出されている。冷静に一つ一つ着実にやり遂げ、何としても解放したい」と述べ、冷静な対応が必要だと強調した。【松本晃、大前仁】

 安倍晋三首相は30日朝、官邸で菅氏と岸田文雄外相に、緊張感を保って対応を続けるよう指示。岸田氏は同日午前の衆院予算委員会を冒頭で退席し、外務省に戻って情報収集を続けた。

 ヨルダン政府はISに拘束された同国軍パイロットの生存が確認できない限り交渉を進めない構えだが、菅氏は会見で「駆け引きの中での発言だ」と交渉を見守る考えを示した。パイロットの解放を求めるデモがヨルダン各地で発生しており、岸田氏は記者団に、日本人渡航者の安全確保策を進める考えを示した。

 政府は後藤さんが行方不明になった昨年11月以降、後藤さんの妻と連絡を取っている。妻が29日夜に出した声明に関し、菅氏は「ご主人の解放への思いを述べられた」と理解を示した。声明はISが強要しており、政府筋は「彼らはとにかく話を大きくしたがっているが、あまり繰り返すと信用されなくなる」と語り、日本、ヨルダン双方に揺さぶりをかけようとするISをけん制した。

 訪日中のシャーマン米国務次官は30日午後、ケネディ駐日米大使と首相官邸を訪れた。同日夜には、外務省の杉山晋輔外務審議官と東京都内で会談し、「後藤さんの解放が重要だ」と強調。両氏は「テロに屈することなく、国際社会とともに世界の平和と安定のため協力する」との方針を確認した。シャーマン氏は同日の会見で「(日米は)過激派に対抗する国際的な協力を強化している」と語った。日本を含む国際社会が対IS軍事作戦に限らず、難民や国内避難民への支援▽外国人戦闘員への対応▽若年層への教育や財政支援--などに共同で当たるべきだと訴えた。


トルコの国境地帯「退避勧告」=外務省
時事通信 1月30日(金)22時54分配信

 外務省は30日、トルコに関する危険情報を発表し、シリアに接する国境地帯を4段階で最も高い「退避勧告」に引き上げ、渡航を延期するよう求めた。「イスラム国」による日本人人質事件を取材する日本人記者がこの地帯に集まっており、日本人を狙った誘拐やテロなどが起きる恐れがあるとしている。 


<衆院予算委>「イスラム国」呼称が話題に
毎日新聞 1月30日(金)22時28分配信

 安倍晋三首相は30日の衆院予算委員会で、日本人人質事件を起こしたイスラム過激派組織「イスラム国」(IS=Islamic State)の呼び方について「『イスラム国』と言えばまるで国として存在しているようだ。マスメディアも(呼称を)検討する可能性がある」と語った。

 維新の党の柿沢未途氏が「欧米で使われている『ISIL』の呼称で統一すべきだ」との提案に答えた。「ISIL」は「イラク・レバントのイスラム国」の英語名称。首相は「イスラム(諸国)の代表のような印象を与えて、イスラムの人々にとっては極めて不快な話だ。政府は『ISIL』との呼称を使っている」と述べた。【福岡静哉】


官邸前で解放を願う集会
2015年1月30日(金)21時53分配信 共同通信

 過激派「イスラム国」を名乗るグループに拘束されている後藤健二さん(47)の解放を願う集会が30日夜、東京・永田町の首相官邸前で行われた。時折冷たい風が吹き付ける中、集まったジャーナリストら約150人がキャンドルをともしながら、英語やアラビア語で「SAVE HIS LIFE」などと書かれた紙を掲げた。

 中東各国に滞在経験があるという都内の男性会社員(45)は「後藤さんとヨルダン人パイロットの2人一緒の救出を願っていることを、世界に伝えたい」と話した。


<「イスラム国」人質>「無事解放を」…後藤さんに祈り届け
毎日新聞 1月30日(金)21時44分配信

 イスラム過激派組織「イスラム国」(IS)に後藤健二さん(47)が拘束された事件は、IS側がヨルダンで収監されている死刑囚の引き渡し期限に指定した「日没」から一夜明けた30日も進展はみられず、関係者はもどかしい思いを募らせた。「無事解放され、家族のもとへ帰れるように……」。後藤さんが戦禍から立ち上がろうとする子どもたちを支援したアフガニスタンや、親身に支えたイラクの人たちにも祈りは広がっている。

 ◇絵の道具届け交流

 後藤健二さん(47)は2009年までの2年間、アフガニスタンの子どもたちにクレヨンや色鉛筆を贈る「レインボー・プロジェクト」に取り組んだ。20年以上続く内戦と極度の物資不足から、カラフルな絵を描いたことがない子どもたちに「夢を描いてほしい」という思い。弱い立場の人たちに寄り添ってきた後藤さんならではの活動だった。

 プロジェクトは、後藤さんが設立した「インデペンデント・プレス」が、国際協力NGO「ジョイセフ」(東京)やエフエム東京とともに07年12月にスタート。ラジオ番組で告知すると、全国の1500人以上から1万セットを超えるクレヨンや色鉛筆、画用紙、折り紙が集まった。翌08年にアフガンに届けると、子どもたちが青空の下で描いた100枚以上の絵が日本に届いた。

 後藤さんは、絵画展を開こうと、国際援助とは縁遠いような企業にも声をかけて、協力を呼び掛けた。ジョイセフの甲斐和歌子さん(38)は「後藤さんは『厳しい生活の一方で、学校に通い勉強している子どもたちの日常を伝えたい』と繰り返していた」と話す。多くの企業や団体の協力を得て、絵画展を実現。09年夏に開いたトークショーでは、後藤さんはアフガンから持ち帰ったという帽子をかぶって参加。会場では、子どもたちの絵をプリントしたTシャツやポストカードが販売された。

 Tシャツの製作や発注を手伝った群馬県沼田市の自営業、都丸(とまる)一昭さん(34)は「絵を見ていると遠い世界が近く感じられた。後藤さんは、普通の日本人に現地の姿を伝えたいという、まっすぐな気持ちだった」と振り返る。

 甲斐さんは今回、ともにプロジェクトを進めたアフガンのNGOに後藤さんが拘束されたことを伝えた。アフガン人スタッフからは「私たちも無事解放を祈っています」とメッセージが届いたという。

 甲斐さんは「心に壁をつくらない後藤さんは、当事者の声をねじ曲げずに世界に伝えてくれる。何か言いたいことがあるのなら、ISは彼に思いのたけを語り、早く解放してほしい」と話す。【尾崎修二】


<「イスラム国」人質>後藤さん解放、官邸前で市民ら訴え
毎日新聞 1月30日(金)21時4分配信

 「イスラム国」(IS)による人質事件で、東京・永田町の首相官邸前に30日、市民約100人が集まり、拘束が続く後藤健二さんの早期解放を訴えた。官邸前の行動は28日に続く2度目。「FREE KENJI」と書かれた紙のほか、同様に拘束されているヨルダン人パイロットの解放を求めるメッセージなども掲げられた。

 呼びかけ人の一人の精神科医、香山リカさんは「私たちは一人の命のためにこうして集まり、祈ることができる。後藤さんが日本へ戻る日を心から待っています」と声を上げた。国際交流を支援するNGO「ピースボート」の吉岡達也共同代表は「声を届け続けることが解放につながる」と訴えた。北海道富良野市から来た農業、田中博行さん(63)は「無事で帰ってもらいたい」と祈っていた。【黒川晋史】


トルコとも連携=人質解放実績に期待―日本政府
時事通信 1月30日(金)20時35分配信

 日本政府は、過激組織「イスラム国」に拘束された後藤健二さんの解放に向け、イスラム国と人質交換の交渉を行うヨルダンへの協力要請と並行して、人質解放の実績があるトルコとの連携も深めている。安倍晋三首相がこれまで培ってきたエルドアン大統領との信頼関係を生かし、事態打開へ懸命だ。
 菅義偉官房長官は30日の記者会見で、後藤さん解放に向けたトルコとの関係について「快く理解をいただく中で、態勢を整えている」と説明。政府筋は「中身は言えないが、トルコに協力要請はしている」と語った。
 トルコはイスラム国の支配地域と隣接しており、シリアとの国境に近いアクチャカレはヨルダンが収監する死刑囚との人質交換の候補地に挙がっている。トルコは昨年9月、イスラム国に拘束された外交官ら49人を解放させることに成功。イスラム国と直接交渉ができない日本政府は、「トルコは地域の大国として多角的な外交を展開し、情報も多い」(政府高官)として、トルコが持つパイプに期待を寄せる。 


<「イスラム国」人質>3回の音声、同一人物と判断…科警研
毎日新聞 1月30日(金)20時11分配信

 24、27、29日の3回にわたってインターネット上に投稿された後藤健二さんを名乗る音声メッセージは、警察庁科学警察研究所(科警研)の分析でいずれも同じ人物の声とみられることが政府関係者への取材で分かった。ただ照合に適した後藤さんの英語の音声がないといい、後藤さん本人の声かどうかの確認作業を続けている。

 関係者によると、分析の結果「3回の音声は同一と考えて矛盾しない」と判断されたという。科警研は映像も解析し、後藤さんと湯川遥菜さん(42)が拘束され身代金が要求された20日投稿の映像には合成など加工した痕跡は見つかっていない。ある警察幹部は「痕跡が見つからなくても解析で分からない場合もあり、合成ではないとは決めつけられない」と話す。【長谷川豊】


イスラム教徒「早く解放を」=列島各地で金曜礼拝=―偏見心配の声も
時事通信 1月30日(金)19時49分配信

 「日本人と気持ちは同じ。心配だ」。過激組織「イスラム国」による人質事件がこう着状態となる中、列島各地のイスラム教礼拝所「モスク」で30日、信徒が集まる金曜礼拝が行われた。信徒らは人質となった後藤健二さん(47)らの一刻も早い解放を願いつつ、イスラム国の卑劣な行為を非難した。
 東京都豊島区のモスク「マスジド大塚」では同日午後、約20人が一列に並び、祈りをささげた。映像デザイナーの米国人アブル・ナフィスさん(33)=新宿区=は「日本は信仰を認めてくれるすばらしい国だが、家族が差別を受けないか心配もある」と複雑な思いを吐露。「イスラムという言葉には『平和』の意味がある。イスラム国は名前を変え、間違った行いをやめるべきだ」と語気を強めた。
 元外務省職員で「日本イスラーム文化センター」理事の永井彰さん(73)=同区=は「彼らの行為は教えに反する。これ以上間違いを犯さないよう祈りたい」と語った。
 新潟市のモスク「マダニ・マスジド」では午後1時からの礼拝に約75人が参加。パキスタン人の指導者ムハンマド・ザヒドさん(27)が事件に触れ、後藤さんらの無事を祈るよう呼び掛けた。
 ザヒドさんは「神の正しい導きにより、イスラム国が心を改め、人質が早く解放されるよう願っている」と沈痛な面持ちで語った。中古車販売会社を営む斉藤アリフさん(49)=同市=は「罪のない人を殺す人間は信徒ではない」と憤った。
 「無事に帰ってきてほしい」。仙台市のモスクにも雪の中、約70人の信徒が訪れ、バングラデシュ出身のイクバル・ホサインさん(56)は「後藤さん家族のことを思い祈っている」と話した。イスラム教に対する偏見が生まれないか懸念する声もあるが、モロッコ出身の男性は「イスラム国は例外。信徒の大半は平和を好む穏やかな人々だ」と訴えた。 


イスラム国殺害脅迫 事件表面化から10日 首相「テロには屈せず救出を」
産経新聞 1月30日(金)19時42分配信

 「イスラム国」による日本人殺害脅迫事件が表面化してから10日がたった30日、日本政府は拘束されている後藤健二さんの解放に向け、ヨルダン政府への働きかけなどを続けた。安倍晋三首相は同日の衆院予算委員会で「テロには屈しない、これが基本原則だ。その中で何とか日本人を救出したい」と重ねて訴えた。

 首相は閣議後、官邸で岸田文雄外相と会談し、「事態は推移している。引き続き緊張感を持って対応するように」と指示した。菅(すが)義(よし)偉(ひで)官房長官と岸田氏は事件対応に当たるため、29日に引き続き衆院予算委を退席した。

 菅氏は記者会見で、ヨルダン政府との調整に関し「事柄の性質上、話すのは控えたい」とした。ヨルダンのメディア担当相が、イスラム国に拘束されている空軍パイロットの安否が確認できるまでサジダ・リシャウィ死刑囚の釈放に応じない考えを示したことについては「いろんな駆け引きの中での発言だったと思う」と指摘した。

 また、声明を発表した後藤さんの妻とは緊密に連絡を取っているとした上で、声明については「解放に向けての思いを述べられたのだろう」と語った。

 岸田氏は記者会見で、ヨルダン政府に対し、日本大使館を含む在外公館の警備を強化するよう要請する考えを明らかにした。ヨルダンの在留邦人に、集会などへ不用意に近づかないよう呼び掛ける「スポット情報」を出したとも説明。同国内で事件に関するデモが多発していることなどを理由に挙げた。


日本各地のモスクで金曜礼拝
2015年1月30日(金)19時12分配信 共同通信

 「彼らはイスラムをかたるテロリストだ」「早く無事に家族の元へ」。過激派「イスラム国」とみられるグループがフリージャーナリストの後藤健二さん(47)を拘束、女死刑囚との交換を求めた事件。金曜礼拝日の30日、日本にいるイスラム教徒はモスク(礼拝所)などで、人質を使った交渉に憤り、後藤さんの解放を祈った。

 東京都渋谷区にある日本最大級のモスク「東京ジャーミイ」には冷たい雨が降る中、数百人が集団礼拝に集まった。

 トルコから来日して1年半のビラル・アタライさん(27)は流ちょうな日本語で「イスラム国はテロリストグループ。イスラム教とは絶対に関係ない」と強調した。


死刑囚釈放めぐり攻防続く
2015年1月30日(金)18時57分配信 共同通信

 【アンマン共同】過激派「イスラム国」を名乗る組織による邦人人質事件で、ヨルダン政府は30日、犯人側がフリージャーナリスト後藤健二さん(47)解放の交換条件として要求したイラク人の女サジダ・リシャウィ死刑囚(ヨルダンで収監中)釈放をめぐり、水面下で攻防を続けたもようだ。

 ヨルダン政府は、同じく拘束中のヨルダン軍パイロットの救出を最優先し、その生存確認が死刑囚釈放の前提だと表明。イスラム国は一方的に設定した「期限」経過後も沈黙を続けた。3人が絡む解放交渉は先を見通せない状況だ。


<外務省>シリア渡航自粛、報道機関に向け注意喚起
毎日新聞 1月30日(金)18時42分配信

 外務省は30日、イスラム過激派組織「イスラム国」(IS)による日本人拘束事件に関連し、報道各社に対し、トルコとシリアの国境付近への渡航・滞在の自粛と、この地域からの離脱を求める注意喚起を発表した。シリア国内の取材活動については「いかなる理由であっても、渡航を見合わせるよう強くお願いする」と求めた。

 注意喚起は外務報道官、領事局長、中東アフリカ局長の連名。国境付近について「IS関係者はインターネットなどメディアを密にモニターしているとされ、日本人記者が集結していることを承知している可能性が高く、拘束されたり、危害が及ぶ恐れが排除されない」と指摘した。【高山祐】


政府、事態の推移見守る=「待つしかない」焦燥感も
時事通信 1月30日(金)17時44分配信

 政府は30日、過激組織「イスラム国」による日本人人質事件で、ヨルダン政府への協力要請を続けるとともに、こう着する事態の推移を見守った。ヨルダンとイスラム国との交渉の動きが見えない中、警戒を緩めず、後藤健二さんの無事救出に向けて情報収集に全力を挙げた。
 安倍晋三首相は30日の衆院予算委員会で、今後の対応について「テロには屈しないのが基本原則だ」と重ねて表明。「(後藤さんの)早期解放に向け、ヨルダンをはじめ多くの国々に協力をいただきながら全力を尽くしたい」と述べた。
 菅義偉官房長官は午後の記者会見で、交渉状況について「事柄の性質上、話すことは控えたい」と説明を避け、「日本とヨルダンは極めて緊密な連絡の下、信頼感に基づいて連携している」と対応をヨルダンに委ねる姿勢を示した。ただ、政府関係者は「日本が直接交渉できないから待つしかない」と語り、焦燥感をにじませた。 


ヨルダン在留邦人や渡航者に外務省が注意情報
読売新聞 1月30日(金)17時27分配信

 外務省は30日午前、ヨルダンの在留邦人や渡航者に対し、政府関連施設や集会などに不用意に近づかないように求める渡航情報(スポット情報)を出した。

 イスラム過激派組織「イスラム国」とみられるグループによる日本人人質事件を契機に、イスラム国が拘束するヨルダン軍パイロットの殺害を予告していることが背景にある。

 ヨルダンでは、パイロットの救出を求める集会やデモが各地で開催されており、スポット情報は、「我が国に対する批判やデモに発展する可能性も排除されず、注意を要する」としている。

 これに関連し、岸田外相は30日午前の記者会見で、「本日は金曜礼拝が行われ、アブドラ国王の誕生日でもある。ヨルダン政府に対し、在外公館などの警備強化を要請する」と述べた。


安倍首相、在外邦人救出に自衛隊活用を 安全保障関連法案の成立に意欲
夕刊フジ 1月30日(金)16時56分配信

 安倍晋三政権は、テロに巻き込まれた在外邦人の救出を目的に、自衛隊が任務遂行できるように安全保障関連法案の成立に意欲を示した。2013年1月に発生し、日本人10人が犠牲となったアルジェリア人質事件などを受け、「国民の生命を守る」という国家の使命を果たす決意だ。

 「領域国の同意がある場合、自衛隊の能力を生かし、救出に対応できるようにするのは国の責任だ」

 安倍首相は29日の衆院予算委員会で語った。

 中東や中南米では情勢が悪化し混乱が深まるたび、日本人が巻き込まれる拉致事件や襲撃事件が繰り返されてきた。ただ、現行法では自衛隊の行動は制約されている。

 そこで、安倍政権はテロに巻き込まれた邦人救出を目的に、自衛隊が任務遂行できるよう法整備を目指している。

 民主党の小川淳也氏は「紛争や戦争に巻き込まれる可能性がある」と慎重な対応を求めた。

 これに対し、安倍首相は「火事が起こり、そこに消防士が入るのは当然リスクだが、消防士が家に入らなければ、救出されない人は命を落とす」「法制を定め、自衛隊が活動しなければ国民に大きな被害が出る。放置していればリスクはないのか」と必要性を訴えた。

 今回の「イスラム国」による日本人殺害脅迫事件の場合、昨年7月の閣議決定で自衛隊の活動範囲とされた「その領域において権力が維持されている範囲」とはいえないため、法整備後も対象外となりそうだ。


イスラム国殺害脅迫 外務省、トルコ南部での「取材自粛」を要請
産経新聞 1月30日(金)15時59分配信

 外務省は30日、シリア国境に近いトルコ南部で取材活動している報道各社の記者らに対し「不測の事態に巻き込まれる可能性が高く、非常に危険」として、滞在を控えるよう求める注意喚起を出した。事実上の取材自粛要請といえる。

 同省によると、日本人記者らがトルコ南部に集結しているとの情報をイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」の関係者が把握し、拘束や危害を及ぼすおそれがあるとしている。インターネット上に、日本人記者個人を特定できる顔写真も出回っている。

 イスラム国が29日、後藤健二さんとサジダ・リシャウィ死刑囚との人質交換の場所を「トルコ国境」と指定したことから、報道各社はトルコ南部のアクチャカレなどに記者を派遣している。


首相「後藤さん解放に全力」…交渉の情報収集
読売新聞 1月30日(金)12時19分配信

 政府は、ジャーナリストの後藤健二さんに関する人質交換の期限が経過した30日午前、引き続きヨルダン政府とイスラム国による交渉の情報収集に全力を挙げた。

 安倍首相は首相官邸で岸田外相、菅官房長官と協議し、「事態は推移しているので、引き続き緊張感を持って対応するよう」指示した。

 首相は30日午前の衆院予算委員会で、「しっかりと情報収集、分析を行い、ヨルダン政府をはじめ協力も要請しながら、後藤さんの解放に全力を尽くしている」と答弁した。政府高官は、「交渉は継続しているのだろう。イスラム国がどう出てくるかだ」と語った。

 岸田、菅両氏は29日に続き、衆院予算委を退席、外務省、首相官邸にそれぞれ戻った。ヨルダン・アンマンの現地対策本部と連絡を取り、対応を検討するとみられる。


<「イスラム国」人質>シリア拘束時は…後藤さん昨年語る
毎日新聞 1月30日(金)12時11分配信

 「ネガティブなことは考えなかった」。イスラム過激派組織「イスラム国」(IS)による人質事件で拘束されている後藤健二さん(47)は昨年、神戸市内で開かれたトークライブで、かつてシリアで身柄を拘束された時の心境を振り返っていた。解放交渉の行方が見通せない中、ライブを企画した演出家の馬場さくらさん(41)は「人質として苦しいと思うが、絶対に生きて帰ってきてほしい」と願う。

 ライブが開かれたのは昨年2月。後藤さんは、その少し前まで取材していたシリアの人々に「寄り添いたい」という思いを熱く語った。「和平交渉が始まろうとしている時に、現地の人はどういう生活をしているのか。寄り添うことで彼らの言葉も会話も意見も聞ける。どこが苦しくて、どこに希望を持って毎日生きているのかが分かる」

 現地では内戦が続いていた。危険が伴う取材だったが「殺されないと確信があって取材に入る。100%危険という所には、行きたくても行けないので、そういう時は(機会を)待つしかない」。海外の報道機関のニュースをネットで調べ、取材に入る機会を狙ったという。

 ライブでの説明によると、後藤さんはその時の取材で帰国する前に「逮捕」され、3日間身柄を拘束された。過去にも戦場で何度か捕まったことはあったが、シリアでは捕らえられていた建物が攻撃対象になった。

 「これはどうしようもない。ネガティブなことはあまり考えなかった」。後藤さんはなるべく悲観的にならないように心がけた。「(当時の)取材手帳を見ると、明日出られたらラッキー。1週間だったら我慢できる。1カ月だったらきついけど仕方ないか、と書いてある。気持ちを切り替えて、体を休めることにしていました」。最終的にイスラム教の裁判官から撮影許可証をもらい、解放された。

 会場に集まった人たちは、後藤さんの話を聞き、平和の大切さをかみしめている様子だったという。馬場さんは「後藤さんは今回の事件でも苦しみながら何とか耐えているはず。まだ伝えたいことがあると思うので、無事帰ってくることを祈っている」と話した。【奥山智己】


「イスラム国」呼称は不適切=野党提起、安倍首相も賛同
時事通信 1月30日(金)11時39分配信

 メディアは「イスラム国」と呼ぶのをやめるべきだ―。30日の衆院予算委員会で、日本人人質事件を起こした過激組織「イスラム国」の呼称をめぐり、維新の党の柿沢未途氏がこう提案し、安倍晋三首相も賛同する場面があった。
 首相は「『イスラム国』と言えば、まるで国として存在し、イスラムの代表であるかのごとき印象を与え、イスラムの人々にとって極めて不快な話だ」と指摘。「政府としてはISIL(『イラク・レバントのイスラム国』の英語略称)を使っており、マスメディアも検討される可能性があるのではないか」と述べた。 


イスラム国殺害脅迫 自民・谷垣氏「与党はバックアップを」
産経新聞 1月30日(金)11時32分配信

 自民党の谷垣禎一幹事長は30日の役員連絡会で、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」による日本人殺害脅迫事件に関し、「緊迫した厳しい状況が続いている。(日本と中東は)昼夜が逆だから、官邸で頑張っている方も相当お疲れだろうが、引き続き頑張ってほしい」と述べた。

 その上で「与党はしっかりバックアップしていこう」と改めて連携を呼びかけた。


<「イスラム国」人質>安倍首相「緊張感もって対応」指示
毎日新聞 1月30日(金)11時13分配信

 安倍晋三首相は30日午前、首相官邸で菅義偉官房長官、岸田文雄外相と会談し、イスラム過激派組織「イスラム国」(IS)に後藤健二さんが拘束された事件の解決に向け、「引き続き緊張感をもって対応するように」と指示した。政府はISとの交渉を続けるヨルダン政府との連携を深め、情報収集を進めている。

 首相は30日の衆院予算委員会で「ヨルダン政府をはじめ、しっかりと情報収集、分析も行い、協力も要請しながら、後藤さんの解放に向け全力を尽くしている」と強調した。

 菅氏は記者会見で、ヨルダン政府がISに拘束されている軍パイロットの生存が確認されない限り、サジダ・リシャウィ死刑囚を釈放しない意向を示していることについて「そこはヨルダンの考え方であり、日本政府として発言すべきではない」と述べるにとどめた。

 また、後藤さんの妻が29日、英国の団体を通じて声明を出したことについて「奥さんとは緊密に連絡をとっている。ご主人の解放に向けてその思いを述べられたのだろう」と理解を示した。

 岸田氏は閣議後の記者会見で「ヨルダン側からも情報共有、意思疎通を図るために協力していただいている」と強調。菅氏と岸田氏は衆院予算委員会を途中で退席し、事件の対応にあたった。

 外務省は30日、ヨルダン国内で、ISに拘束されたパイロットの早期解放を求めるデモが起きていることを踏まえ、日本人渡航者への注意を呼びかけるスポット情報を出した。【木下訓明、鈴木美穂】


イスラム国殺害脅迫 岸田外相、ヨルダン在留邦人に治安情勢の注意喚起
産経新聞 1月30日(金)11時11分配信

 岸田文雄外相は30日午前の記者会見で、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」との交渉をめぐってデモなどが発生しているヨルダンの在留邦人に対し、治安情勢について注意喚起を行う「スポット情報」を発出したことを明らかにした。岸田氏は「本日は金曜で、金曜礼拝が行われる。さらには本日はヨルダンのアブドラ国王の誕生日だ。こういった状況を勘案して注意喚起を行った」と述べた。また、外務省はヨルダン政府に在外公館などに対する警備強化を要請する方針。


ヨルダンに警備強化要請=政府
時事通信 1月30日(金)11時1分配信

 岸田文雄外相は30日午前の閣議後の記者会見で、「イスラム国」が拘束しているヨルダン空軍パイロットの解放を求めるデモの発生などを受け、同国政府に対し、日本大使館を含む関係先の警備強化を要請する考えを明らかにした。また、外務省は29日付で、ヨルダンに渡航・滞在する邦人向けに注意を喚起する「スポット情報」を出した。
 外相は会見で「本日(30日)は金曜礼拝が行われ、アブドラ国王の誕生日だ。こういった状況を勘案し、安全確保のためスポット情報を出した」と説明した。 


イスラム国殺害脅迫 安倍首相「後藤さんの解放に全力を尽くしている」
産経新聞 1月30日(金)9時24分配信

 安倍晋三首相は30日午前の衆院予算委員会で、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」による日本人殺害脅迫事件の現状について「現時点では事案が続行中なので答弁は控えたいが、ヨルダン政府をはじめしっかりと情報収集、分析を行いながら、協力も要請しながら、後藤健二さんの解放に向けて全力を尽くしている」と述べた。


政府、トルコでも後藤さん解放の対応準備
読売新聞 1月30日(金)9時23分配信

 29日午後11時30分を期限とする新たなメッセージが出され、日本政府は緊急の関係閣僚会議を首相官邸で開くなど情報収集と対応の検討に追われた。

 ただ、ヨルダン政府とイスラム国の水面下の交渉の行方を事前に把握するのは困難で、政府はヨルダン政府の対応を見守った。

 ヨルダン・アンマンの現地対策本部で指揮を執る中山泰秀外務副大臣は現地の29日午前(日本時間29日午後)、記者団に、「しっかりと政府一丸となって、後藤さんの救出に頑張る。その目的完遂だけだ」と語った。

 菅官房長官は29日午後の記者会見で、ヨルダン政府とイスラム国の人質交換交渉の行方について、「ヨルダン政府と連絡しながら取り組んでいるが、事態が動いている段階で発言するべきではない」と述べ、明らかにしなかった。政府高官は同日夜、「ヨルダン政府からの具体的な情報はない」と述べた。

 イスラム国による過去の人質事件では、シリアと国境を接するトルコ南部で人質が解放されるケースが多い。後藤さんの場合も同様の可能性が指摘されている。菅氏は会見でこの点を問われると、「在トルコ日本大使館では、様々な問題に対応できる態勢で取り組んでいる」と語った。

 午後に開かれた関係閣僚会議で、安倍首相は、「関係国の協力も得ながら、情報収集や分析をさらに強化し、しっかり対応していく必要がある」と指示した。


人質事件対応で予算委退席=菅官房長官ら
時事通信 1月30日(金)9時20分配信

 菅義偉官房長官と岸田文雄外相は「イスラム国」による日本人人質事件への対応のため、30日午前の衆院予算委員会を退席した。 


イスラム国殺害脅迫 「引き続き緊張感持って対応を」安倍首相指示
産経新聞 1月30日(金)9時17分配信

 安倍晋三首相は30日午前、岸田文雄外相らと官邸で会談し、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」による日本人殺害脅迫事件に関し、「事態は推移しているので、引き続き緊張感を持って対応するように」と指示した。

 岸田氏が閣議後の記者会見で明らかにした。


後藤さん解放に全力=安倍首相
時事通信 1月30日(金)9時15分配信

 安倍晋三首相は30日午前の衆院予算委員会で、過激組織「イスラム国」による日本人人質事件について、「しっかりと情報収集、分析を行い、後藤健二さん解放に全力を尽くしている」と述べた。民主党の後藤祐一氏への答弁。 


安倍首相、緊張感持ち対応を=人質事件「進展なし」
時事通信 1月30日(金)9時12分配信

 安倍晋三首相は30日午前、過激組織「イスラム国」による日本人人質事件について、菅義偉官房長官、岸田文雄外相と首相官邸で協議し、「引き続き緊張感を持って対応するように」と指示した。後藤健二さんの解放条件としてヨルダンに要求された女死刑囚の釈放期限は既に経過。日本政府関係者は同日朝、「進展はない」と語った。
 首相は午前の衆院予算委員会で「しっかりと情報収集、分析を行い、後藤さん解放に全力を尽くしている」と強調。引き続きヨルダン政府と連携しながら解決に努める考えを示した。
 後藤さん解放につながるとみられた死刑囚の釈放に、ヨルダンが現時点で応じていないことについて、菅長官は閣議後の記者会見で「日本政府として発言すべきでない」と言及を避けた。
 一方、岸田外相は会見で、事件後初めて声明を発表した後藤さんの妻とは「緊密に連絡を取り続けている」と説明した。政府高官によると、イスラム国側から妻に送付されたメール内容は全て政府が把握している。ただ、菅長官は会見で、政府がこのルートを使ってイスラム国側に働き掛ける可能性は「ない」と否定した。 


イスラム国殺害脅迫 岸田外相、、状況の変化「なし」
産経新聞 1月30日(金)8時45分配信

 岸田文雄外相は30日朝、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」に拘束された後藤健二さん(47)をめぐる状況の変化について「ない」と述べた。外務省で記者団に答えた。

« 宮城沖地震に関するニュース・1891,2015年1月30日 | トップページ | 過激組織「イスラム国」(IS)日本人人質2人を殺害・19 »

ニュース」カテゴリの記事

侵略・支配・抑圧」カテゴリの記事

国防・軍事・安全保障」カテゴリの記事

社会・事件」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/61057890

この記事へのトラックバック一覧です: 「イスラム国」日本人人質2人殺害予告 うち1人を殺害か・18:

« 宮城沖地震に関するニュース・1891,2015年1月30日 | トップページ | 過激組織「イスラム国」(IS)日本人人質2人を殺害・19 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31