« 三笠宮殿下、2日に99歳のお誕生日 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1832,2014年12月2日 »

2014年12月 2日 (火)

ボーイング787の機体トラブルに関するニュース・46

引き続き、昨年1月中に、日本航空(JAL)と全日空(ANA)が運行するボーイング787に続発した火災・発煙・燃料漏れなどのトラブルに関するニュース記事を伝達します。

リンク:国土交通省、B787のバッテリー不具合の調査結果を公表…原因は特定できず - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:国土交通省、787のバッテリー不具合の調査結果公表--原因不明だが対策は有効 - 速報:@niftyニュース.
リンク:成田の787バッテリートラブル、原因特定できず - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ショートの原因特定できず=成田の787型機トラブル―国交省 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:東レ 1兆円契約でも悩みは尽きぬ「ボーイング商法」のリスク - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:GSユアサ電池に「熱暴走」の欠陥 B787出火で米当局が最終報告書 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:787出火はユアサ製電池に欠陥 米運輸安全委が報告書 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:B787発火、バッテリーの「部品設計に欠陥」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ボーイング787型機、設計に欠陥 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:787のバッテリー出火事故、米当局が最終報告書 根本原因解明できないまま製造過程の「欠陥」指摘 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ニュージーランド航空の787-9、成田に初就航 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:GSユアサ製の電池に欠陥 日航機トラブルで米委員会が最終報告書 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:787型機、設計に欠陥=GSユアサなどに改善勧告―米当局 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米安全委、GSユアサ電池に欠陥 - 速報:@niftyニュース.
リンク:ボーイング787の2013年出火事件、設計の欠陥原因=米当局 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ボーイング787のバッテリー不具合、原因は設計-米当局 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

国土交通省、B787のバッテリー不具合の調査結果を公表…原因は特定できず
レスポンス 12月22日(月)15時48分配信

787ja
ボーイング 787(JAL)

国土交通省は、今年1月14日に成田空港で発生した日本航空(JAL)が運航するボーイング『787』のバッテリー不具合に関する調査結果をまとめた。

[関連写真]

B787のバッテリー不具合は、成田空港で地上駐機中に整備士が、機外に煙が漂っていること、メインバッテリーと充電器の不具合を示すメッセージが表示されていることを確認した。また、8つのバッテリーセルのうち、1つの安全弁の作動を確認した。

調査結果によると、メインバッテリーの第5セルが過熱・損傷し、同セルの安全弁が作動した。電解液のガスはダクトを通じて排気口から外部に排出され、バッテリー覆い箱の周辺機器への影響はなかった。バッテリー監視装置(BMU)とバッテリー充電装置(BCU)に異常はなかった。第5セルに隣接する第6セルは、一部熱の影響が確認されたものの、機能的には問題なかった。不具合発生後も、過熱した第5セル以外の全てのセルについて機能上の問題はなく、運航の継続に必要な機能は維持されていた。

このため、昨年の事案を踏まえて講じた対策が、セル間の過熱の伝播、バッテリー全体の損傷の防止に有効なものであったことが確認されたとしている。第5セルの過熱は、内部短絡によるものと推定。内部短絡を引き起こす可能性のある要素として、金属片の混入やリチウム金属の析出、電解液の漏れ、セル・ワインディングの皺などの関与を検討した。しかし、過熱を引き起こすことを裏付ける客観的な事実を確認することはできず、原因は特定できなかった。

国交省では、3段階の対策のうち、第2段階と第3段階の対策が適切に機能したことにより、運航の安全性が確保されていたものの、利用者の安心を確保する観点から、潜在的な要因について、更に検討し、セル・バッテリーシステムの信頼性向上が必要としている。

このため、ボーイングが設計改善などの検討を加速し、実施する設計変更に係る認証の早期取得と、設計変更の航空会社への早期提供に取り組む必要があると指摘。航空会社も設計変更を早期に採用・実施する必要があるとしている。

国交省航空局は、これらを実現するため、FAA(米連邦航空局)、ボーイング、運航者などと緊密に連携していく方針。

《レスポンス 編集部》


国土交通省、787のバッテリー不具合の調査結果公表--原因不明だが対策は有効
2014年12月22日(月)12時27分配信 マイナビニュース

Photo_7
写真提供:マイナビニュース

国土交通省航空局は12月19日、1月14日に成田空港にてJALのボーイング787-8(登録記号JA834J)で発生したバッテリー不具合に関して、原因は特定できなかったとする調査結果を公表した。

1月14日に成田空港にて地上駐機中のJALの787-8において、整備士が機外に煙が漂っていること、並びにメインバッテリーおよび充電器の不具合を示すメッセージが表示されていることを確認。また、8つのバッテリーセルの内ひとつの安全弁の作動を確認した。

状態としては、メインバッテリーの第5セルが過熱・損傷し、その結果、同セルの安全弁が作動。電解液のガス等はダクトを通じて排気口から外部に排出され、バッテリー覆い箱の周辺機器への影響はなかったという。なお、バッテリー監視装置(BMU)およびバッテリー充電装置(BCU)に異常は認められず、 第5セルに隣接する第6セルは、一部熱の影響等が確認されたものの機能的には問題はなかった。

同事案発生後も、過熱した第5セル以外の全てのセルについて機能上の問題はなく、運航の継続に必要な機能は維持されていたことから、2013年の事案を踏まえて講じた対策が、セル間の過熱の伝播およびバッテリー全体の損傷の防止に有効なものであったことが確認されたという。

第5セルの過熱は内部短絡によるものと考えられている。内部短絡を引き起こす可能性のある要素として、 (1)金属片の混入、(2)リチウム金属の析出、(3)電解液の漏れ、(4)セル・ワインディングの皺等の関与を検討。しかし、過熱を引き起こすことを裏付ける客観的な事実を確認することはできず、原因は特定できなかったという。

今後の対応としては、同事案においては3段階の対策のうち、第2段階および第3段階の対策が適切に機能したことにより、運航の安全性は確保されていたものの、利用者の安心を確保する観点から潜在的な要因等についてさらに検討し、セル・バッテリーシステムの信頼性向上が必要と判断した。

このため、ボーイングは設計改善等の検討を加速し、実施する設計変更に係る認証の早期取得および同設計変更の航空会社への早期提供に取り組む必要があるとしている。また、航空会社も同設計変更を早期に採用・実施する必要があるとしている。 航空局は、これらを実現するため、FAA(連邦航空局)、ボーイング、運航者等と引き続き密接に連携という。


成田の787バッテリートラブル、原因特定できず
Aviation Wire 12月20日(土)13時38分配信

787ja
JALの787同型機=13年5月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 国土交通省航空局(JCAB)は12月19日、1月に成田空港で日本航空(JAL/JL、9201)のボーイング787-8型機(登録番号JA834J)のメインバッテリーから白煙が発生したトラブルについて、原因は特定できなかったとする調査結果を公表した。

【バッテリー内部の写真を見る】

 一方で、昨年のトラブルを受けてボーイングが実施した再発防止策については、有効に機能したとしている。

◆5番セルが損傷

 1月14日午後、成田空港で出発準備中に胴体下部から白煙が出ているのを、整備士が操縦室から確認。メインバッテリーの格納容器を開けたところ、8つのセルのうち、1つのセルの安全弁が作動しており、バッテリー格納容器内に液体が飛散していた。残り7つの安全弁は作動しておらず、その他の機器への影響は生じていなかった。乗客は搭乗しておらず、けが人はなかった。

 損傷したのは8つあるセルのうち、5番セル。過熱・損傷したことで同セルの安全弁が作動し、電解液のガスなどはダクトから機外に排出され、周辺機器への影響はなかった。また、バッテリー監視装置(BMU)やバッテリー充電装置(BCU)にも異常はみられなかった。

 5番セルに隣接する6番セルについては、一部に熱の影響などがあったものの、機能的には問題なく、5番セル以外の7つのセルに異常はみられなかった。JCABでは、昨年のトラブルを踏まえて講じた対策が、セル間の過熱の伝播やバッテリー全体の損傷を防ぐ上で、有効だったとしている。

 5番セルの過熱原因については、内部短絡(ショート)と推定。ショートを引き起こす可能性として、金属片の混入やリチウム金属の析出、電解液のもれ、セル・ワインディング(巻物)のしわなどを検討したが、原因を特定できなかった。

 今後の対応としては、再発防止策により運航の安全性は確保できたものの、バッテリーの信頼性向上が必要だと指摘。ボーイングに早期の設計変更を求めた。

◆ボストン、高松も特定至らず

 787のバッテリートラブルを巡っては、9月に国交省の運輸安全委員会(JTSB)が、昨年1月16日に高松空港へ緊急着陸した全日本空輸(ANA/NH)の787-8(登録番号JA804A)の事案について、調査報告書を公表した。

 高松事案の原因については、メインバッテリー内にある8つのセルのうち、6番セルの内部の発熱現象を起点として熱暴走が発生し、発熱により膨張したセルケースとブレースバー(補強材)が接触し、アース線を介して接地短絡(ショート)したことでバッテリーボックス内に大電流が流れたとした。この結果、アーク放電が発生したことで熱の伝播を助長して熱暴走し、バッテリー損傷を拡大したとの推定までは至った。

 一方で、6番セル内部での発熱現象はショートによるとしたが、発生する仕組みを特定するには至らなかった。

 今年12月には米国家運輸安全委員会(NTSB)が、昨年1月7日(現地時間)に米ボストンでJALの787-8(登録番号JA829J)のAPU(補助動力装置)用バッテリーから出火した事案について、最終報告書を公表した。

 ボストン事案では、ボーイングの設計とFAA(米国連邦航空局)の認証プロセスについて、欠陥があったとの結論に至った。FAAに15項目、ボーイングに2項目、リチウムイオン電池を製造したジーエス・ユアサ(6674)に1項目の改善を勧告している。

 同機のバッテリーの損傷状況については、8つのセルのうち、5-8番セル側は1-4番セルと比べてセルが膨張しており、5-8番セル側は激しい熱損傷を受けていた。このうち、6番セルがもっとも激しく熱損傷を受けていた。また、8番セルを除くすべてのセルでショートがみられた。一方で、ショートが発生した原因は特定できていない。

 昨年のボストンと高松の事案に続いて、1月の成田事案でも、ショートの発生原因特定には至らなかったことになる。


ショートの原因特定できず=成田の787型機トラブル―国交省
時事通信 12月19日(金)21時3分配信

 成田空港で1月、日本航空のボーイング787型機のバッテリーから液体が漏れた問題で、国土交通省は19日、八つあるリチウムイオン電池の一つで内部ショートが起きて過熱したとする調査結果を公表した。
 ショートの原因は特定できなかったが、周囲の電池に熱は伝わっておらず、昨年の改修の効果が確認されたと指摘。ボーイング社や米当局と連携し、バッテリーの信頼性向上に努めるとした。
 国交省によると、電池の一つが過熱して電解液が噴出。外部に痕跡はなく、電池内でショートが起きたとみられる。
 別の電池を分解したところ鉄や銅などの微細な金属片が見つかったが、分解時に紛れ込んだとみられ、原因には結び付かないとした。 


東レ 1兆円契約でも悩みは尽きぬ「ボーイング商法」のリスク
NEWS ポストセブン 12月4日(木)11時6分配信

 11月17日、東レは米航空大手ボーイング社と次世代大型旅客機「777X(トリプルセブンエックス)」の主翼など主要部に使用する炭素繊維を独占的に納める契約に基本合意したと発表した。

 契約は今後10年以上続き、供給総額は1兆円規模になる見通しだ。このビッグビジネス締結を受けて東レの株価は急騰し、2007年以来の高水準となっている。しかし、社内には不安の声も上がっている。

「確かに大きな契約だが、社内の反対意見は少なくなかった。ボーイングに年間契約の最低取引数量が課されていない上に、トラブル発生時に東レだけが高いリスクを負わされる契約内容だからです」(東レ社員)

 航空機産業には多数のサプライヤー(下請け)が存在し、ボーイングの場合は全世界で2万1000社に上る。そこで交わされる受注契約は実にシビアだと航空評論家の中村浩美氏が解説する。

「巨額ビジネスのため、発注元であるボーイングの立場が圧倒的に強い。厳格な品質保証や納期厳守を求めるのはもちろん、部品にトラブルが発生した場合、下請けが航空会社に対して賠償する契約が多いようです」

 2013年に「ボーイング787」に発煙や出火が相次いだ際、リチウムイオン電池を製造していたジーエス・ユアサコーポレーション(GSユアサ)が責任を負わされた件は記憶に新しいところだ。

「ボーイングは事情説明のみで、国土交通省と米・国家運輸安全委員会(NTSB)はGSユアサにだけ立ち入り検査をした。電源システム全体に欠陥があり、複合的な要因でトラブルが生じたと見られるのに、立場の弱いGSユアサに原因が押しつけられた形です」(前出・中村氏)

 GSユアサは「生け贄」にされたともいえる。NTSBは今年9月、「最終的な原因を特定できなかった」との調査結果をまとめたが、一度失った信頼はなかなか取り戻せない。

 今回の契約では、同じケースが繰り返されるリスクをどう考えていたか。東レ広報は「交渉中でコメントできない」、一方のボーイング広報も「契約の内容に関することは一切お答えできません」との回答。

 いくら世界各国から東レやGSユアサの技術が評価されようとも、「ボーイング商法」の前には“弱者”となってしまう。米国が戦後長らく日本に「国産航空機製造」を許さなかった理由がよくわかるシステムである。

※週刊ポスト2014年12月12日号


GSユアサ電池に「熱暴走」の欠陥 B787出火で米当局が最終報告書
SankeiBiz 12月3日(水)8時15分配信

787a
高松空港に緊急着陸した全日空(ANA)のボーイング787機(写真:フジサンケイビジネスアイ)

 米運輸安全委員会(NTSB)は1日、米ボストンの国際空港で昨年1月に起きた日本航空の中型機ボーイング787のバッテリーから出火したトラブルに関する最終報告書を発表した。日本のジーエス・ユアサコーポレーションの子会社、GSユアサ(京都市南区)が製造したリチウムイオン電池の設計とボーイングなどによる認証検査に問題があったとしている。

 報告書によると、GSユアサのバッテリーは8つのリチウムイオン電池のうち1つが内部でショートして異常な高温になった場合、他の電池も連鎖的に異常な高温となる「熱暴走」を起こす欠陥があったと指摘した。

 また、バッテリーには新しい技術が用いられていたため、既存の規制では安全性が十分に担保できていなかった。このため米連邦航空局(FAA)はボーイングにバッテリーの安全性を示すよう求めたが、ボーイングは熱暴走の可能性を考慮せず、十分な検証が行われなかったと批判した。

 NTSBはFAAに対し、安全性の検証やエンジニアへの訓練の改善などを勧告。GSユアサに対しても、欠陥を事前に発見して除外できるよう従業員を訓練することを求めている。

 昨年1月中旬には、全日本空輸機が飛行中にバッテリーから発煙し、高松空港に緊急着陸する事故も発生した。日米航空当局は一時、運航停止を指示したが、その後、ボーイングが改善策を講じたために運航再開が認められていた。

 2日の東京株式市場では、報告書の内容が嫌気され、GSユアサ株は一時、前日比18円安の551円まで売られる場面があった。今回の報告書発表により、約2年にわたり行われたNTSBの調査は終了した。(ワシントン 小雲規生)


787出火はユアサ製電池に欠陥 米運輸安全委が報告書
産経新聞 12月3日(水)7時55分配信

 【ワシントン=小雲規生】米運輸安全委員会(NTSB)は1日、米ボストンの国際空港で昨年1月に起きた日本航空の中型機ボーイング787のバッテリーから出火したトラブルに関する最終報告書を発表した。ジーエス・ユアサコーポレーション(GSユアサ)製のリチウムイオン電池の設計に欠陥があり、ボーイングなどによる安全性確保のための認証検査に問題があったとした。

 報告書でNTSBは、バッテリーを構成する8つのリチウムイオン電池のうち1つが内部でショートした場合、他の電池も連鎖的に異常な高温となる「熱暴走」を起こす欠陥があったと指摘した。また、米連邦航空局(FAA)はボーイングにバッテリーの安全性を示すよう求めたが、ボーイングは熱暴走の可能性を考慮せず、十分な検証が行われなかったと批判した。

 NTSBはFAAに対し、新技術を伴う設計に関する安全性評価を改善するよう勧告した。また、GSユアサに対しても、製造工程を検証し、欠陥を事前に発見・除外できるよう従業員への訓練の徹底を求めた。GSユアサは「内容を精査できていないので、現段階ではコメントできない」と述べた。


B787発火、バッテリーの「部品設計に欠陥」
読売新聞 12月3日(水)7時11分配信

 【ニューヨーク=越前谷知子】2013年1月に日本航空のボーイング787型機のバッテリーが米国で発火した問題で、米国家運輸安全委員会(NTSB)は1日、バッテリー部品設計の欠陥が原因との調査報告を発表した。

 バッテリー部品を製造したジーエス・ユアサコーポレーション(GSユアサ)に改善を促し、米ボーイングなどによる安全評価改善も勧告した。

 バッテリー電池は、内部でショートして異常過熱が起きて発火した。報告では、GSユアサは最も厳しい利用環境の下で試験をしていなかったと指摘。製造工程を見直すよう勧告した。ボーイングや米連邦航空局(FAA)による認証手続きにも改善を求めた。

 787型機のバッテリーの発火は、13年1月中旬、米ボストンの空港に駐機していた日航機で発生。同じ月に、全日本空輸機でも発煙し、高松空港に緊急着陸した。FAAや日本の国土交通省は一時、同型機の運航停止を命じた。


ボーイング787型機、設計に欠陥
時事通信 12月2日(火)20時0分配信

 【ワシントン時事】2013年に日本航空 <9201> のボーイング787型機のバッテリーが発火した問題で、米運輸安全委員会(NTSB)は1日、設計の欠陥が原因との調査報告を発表した。ボーイングのほかバッテリー部品を製造したジーエス・ユアサ コーポレーション <6674> に改善を促したほか、米連邦航空局(FAA)による認証手続きも批判した。 


787のバッテリー出火事故、米当局が最終報告書 根本原因解明できないまま製造過程の「欠陥」指摘
J-CASTニュース 12月2日(火)19時45分配信

Ntsb
1つのセルのショートが他に波及して「熱暴走」が起きたとみられている(NTSB報告書より)

 2013年にボーイング787型機のバッテリーで発火事故が相次いだ問題で、米運輸安全委員会(NTSB)が2014年12月1日(米東部時間)最終調査報告を発表した。

 バッテリーの製造過程に欠陥があった上、行政も熱暴走のリスクを見逃したまま認証を行ったことが事故につながったと結論付けた。ただ、熱暴走のきっかけになった「セル」内部のショートの根本原因までは解明されておらず、原因解明が進まないまま製造元の日本企業がスケープゴートにされる可能性もある。

■「セル」のひとつがショートして他に波及し「熱暴走」する

 NTSBが調査対象にした事故は、13年1月7日朝(米東部時間)、日本航空(JAL)の成田発ボストン行きのJL008便で起きた。ボストンに到着し乗客乗員が飛行機を降りた直後、機体後方にある電気室の補助動力装置(APU)用のバッテリーが発火し、約8センチの炎と煙が上がった。発火したバッテリーは、日本のGSユアサ(京都市)製だった。

 13年1月16日には、全日空(ANA)機でも似た問題が起きた。山口宇部発羽田行きのNH692便でバッテリーが発火し、高松空港に緊急着陸。この事故については日本の運輸安全委員会が調査を行い、14年9月25日に最終報告を発表している。この報告では、8つある「セル」と呼ばれる部分のひとつが内部でショートして発熱し、その発熱が他のセルに波及してバッテリーが熱暴走したことが原因だと結論付けていた。たが、ショートの発生については「その順序を最終的に特定することはできなかった」と結論付けており、原因は未解明のままだ。

 今回NTSBが発表した報告書でも、「セルのひとつがショート→他のセルに波及→熱暴走」という経過はANAの事故と同様だとみており、事故が起こった背景にも踏み込んでいる。今回のような事故の経過は、

  「ボーイングが787の認証プログラムの一環として行った試験や分析では想定されていななかった」

としながら、GSユアサやボーイングの想定の甘さを批判した。

  「しかし、GSユアサは運航上あり得る最も厳しい条件下での試験をしておらず、試験用のバッテリーは、機材搭載用に認証された最終デザインとは異なるものだった。さらに、ボーイングのバッテリーに関する分析は、セル内部のショートの結果としてバッテリーの熱暴走が起こる可能性を考慮していなかった」

JAL、改修で「設計通りの安全性が確保されていると判断」
 さらに、NTSBがGSユアサの工場を視察した結果として、異物が混入したり、製造に欠陥があった場合でも確実に検出できない検査体制が事故につながったという懸念も示している。加えて、FAAがボーイング社を、ボーイング社が電源システムを発注した仏タレス社を、タレス社がGSユアサをそれぞれ適切に監督していなかったことも問題視した。

 JALとANAは、(1)バッテリーが過熱しないようにする(2)過熱したとしても周囲に広がらないようにする、といった改修を経て、13年5月末から6月初めにかけて787の運航を再開している。

 JALの787では、14年1月にもバッテリーから煙が出るトラブルが起きているが、JAL広報部では

  「『セル間の熱伝播の防止対策』および『煙などの機内への漏れ出し防止対策』が有効に機能したことが確認されており、設計通りの安全性が確保されていると判断している」

とコメント。一連の問題は改修でクリアされているとみており、787の運航は継続する考えだ。

  「安全運航の堅持は、私どもJALグループの存立基盤であり、社会的責務であることを常に念頭におき、お客さまにすべての航空機を安心してご利用いただけるよう、一便一便の安全運航を堅持してまいります」

 GSユアサでは

  「現時点では報告書を精査中で、コメントは差し控えたい」

としている。報告書は表紙や目次を含めるとPDFで110ページあり、精査にはある程度時間がかかる可能性もある。


ニュージーランド航空の787-9、成田に初就航
Aviation Wire 12月2日(火)19時12分配信

7879anz
成田空港に到着するニュージーランド航空の787-9初号機=12月2日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 ニュージーランド航空(ANZ/NZ)のボーイング787-9型機の初便が12月2日午後、成田空港へ到着した。787-9の成田就航は初めて。

【成田に到着した787-9の写真を見る】

 オークランドを出発したNZ99便は、午後4時58分に成田空港第1ターミナルの42番ゲートに到着。ANZは787-9のローンチカスタマーで、成田初便の機体は4月にロールアウトし、7月に引き渡された初号機(登録番号ZK-NZE)が使用された。成田へは当初、11月に就航する予定だった。

 機体の塗装は昨年6月に発表した2つの新デザインのうち、特別塗装と位置づける、黒を基調にシダの葉をあしらったもの。シダの葉はニュージーランドを代表するもので、通常塗装は白をベースにシダの葉がデザインされる。

 座席数はビジネス・プレミア18席、プレミアムエコノミー21席、エコノミー263席の計302席。エンジンは英ロールス・ロイス製トレント1000を搭載する。

 ビジネス・プレミアはフルフラットシートを斜めに配置するヘリンボーン配列、プレミアムエコノミーは2-3-2配列となる。エコノミーでは、横一列3座席が平らなソファーになるシート「エコノミー・スカイカウチ」も14列導入した。

 ANZは成田-オークランド線を、1日1往復のデイリーで運航している。


GSユアサ製の電池に欠陥 日航機トラブルで米委員会が最終報告書
産経新聞 12月2日(火)11時33分配信

 【ワシントン=小雲規生】米運輸安全委員会(NTSB)は1日、米ボストンの国際空港で昨年1月に起きた日本航空の中型機ボーイング787のバッテリーから出火したトラブルに関する最終報告書を発表した。日本のジーエス・ユアサコーポレーション製のリチウムイオン電池の設計とボーイングなどによる認証検査に問題があったとしている。

 報告書によると、GSユアサのバッテリーは8つのリチウムイオン電池のうち1つが内部でショートして異常な高温になった場合、他の電池も連鎖的に異常な高温となる「熱暴走」を起こす欠陥があったと指摘。

 また、バッテリーには新しい技術が用いられていたため、既存の規制では安全性が十分に担保できていなかった。このため米連邦航空局(FAA)はボーイングにバッテリーの安全性を示すよう求めたが、ボーイングは熱暴走の可能性を考慮せず、十分な検証が行われなかったと批判した。

 NTSBはFAAに対し、安全性の検証やエンジニアへの訓練の改善などを勧告。GSユアサに対しても、欠陥を事前に発見して除外できるよう従業員を訓練することを求めている。

 昨年1月中旬には、全日本空輸機が飛行中にバッテリーから発煙し、高松空港に緊急着陸する事故も発生した。日米航空当局は一時、運航停止を指示したが、その後、ボーイングが改善策を講じたために運航再開が認められていた。


787型機、設計に欠陥=GSユアサなどに改善勧告―米当局
時事通信 12月2日(火)10時43分配信

 【ワシントン時事】2013年に日本航空のボーイング787型機のバッテリーが発火した問題で、米運輸安全委員会(NTSB)は1日、設計の欠陥が原因との調査報告を発表した。ボーイングのほかバッテリーを製造したジーエス・ユアサコーポレーションに改善を促したほか、米連邦航空局(FAA)による認証手続きも批判した。
 発火トラブルは13年1月、米ボストンの空港に駐機していた日航機で発生。乗客らは乗っておらず、負傷者はいなかった。同月には全日本空輸が運航する787型機でも煙が発生し、FAAや日本の国土交通省は一時、同型機の運航停止を命じた。 


米安全委、GSユアサ電池に欠陥
2014年12月2日(火)9時55分配信 共同通信

 【ニューヨーク共同】米運輸安全委員会(NTSB)は1日、米ボストンで昨年1月上旬に起きた日本航空の中型機ボーイング787のバッテリーから出火したトラブルについて最終報告を発表した。ジーエス・ユアサコーポレーション(京都)製のリチウムイオン電池の設計に欠陥があり、ボーイングなどによる安全性確保のための認証検査が不十分だったとした。

 NTSBの2年近くに及ぶ調査は終了した。NTSBはGSユアサに対し、電池の安全性が確保されるよう製造工程を検証し、従業員への適切な訓練の徹底を勧告。米連邦航空局には、新技術を伴う設計に関する安全性評価を改善するよう勧告した。


ボーイング787の2013年出火事件、設計の欠陥原因=米当局
ロイター 12月2日(火)7時31分配信

Photo
 12月1日、米運輸安全委員会(NTSB)は、2013年にボーイング787型ドリームライナーのリチウムイオン電池から出火した問題で、原因は設計の欠陥にあったとの見方を示し、認証されるべきではなかったとして連邦航空局(FAA)を批判した。写真は米ボストン・ローガン国際空港で駐機中に出火した787型機のバッテリー。1月撮影(2014年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 1日 ロイター] - 米運輸安全委員会(NTSB)は1日、2013年にボーイング<BA.N>787型ドリームライナーのリチウムイオン電池から出火した問題で、原因は設計の欠陥にあったとの見方を示し、認証されるべきではなかったとして連邦航空局(FAA)を批判した。

NTSBの報告によると、GSユアサ<6674.T>が製造した同電池が内部でショートし、セルが熱暴走。これによって可燃物がバッテリーケースの外部に排出され、出火につながったとしている。

また調査では、異物の存在や、欠陥を確実に検出することができない検査プロセスなど、ショートを引き起こしたとみられる設計・製造上の問題が複数見つかったとしている。

問題の出火は昨年1月、米ボストン・ローガン国際空港で駐機していた日本航空<9201.T>のボーイング787型機で起きた。乗客・乗員は降りた後で、けが人はなかった。

その後、同月に再び全日本空輸(ANA)<9202.T>機でもバッテリーの異常が発生。同機が緊急着陸する事態となった。

NTSBは、ボーイングがバッテリーの安全評価で熱暴走の可能性を排除したことを批判した。

さらにFAAに対しても、危険性について十分調査せずバッテリーを認証したとして批判。航空業界とFAAのエンジニアに示している、新技術を含む安全評価ガイダンスについて改善を求める意向を示した。


ボーイング787のバッテリー不具合、原因は設計-米当局
Bloomberg 12月2日(火)6時17分配信

  12月1日(ブルームバーグ):米運輸当局はボーイング787の昨年の運航停止につながったバッテリーの発火トラブルの原因は不適切な設計と不十分な試験だったとの調査結果を発表した。

ボーイングがリチウムイオン電池の1つのセルが過熱しても他のセルに広がることはないと認証したことを受け、米連邦航空局(FAA)がこの設計と試験を承認していた。米運輸安全委員会(NTSB)は最終報告書で、ボーイングとFAAの双方がバッテリーパックの機能不全を予期しなかったと批判するとともに、バッテリーメーカーのGSユアサの製造が不適切だったと指摘した。

今回の結果発表により、約2年間に及んだバッテリートラブルの調査は決着した。

原題:Dreamliner Battery Fire Triggered by Boeing Design, Probe
Finds(抜粋)

記事に関する記者への問い合わせ先:ワシントン Alan Levin ,alevin24@bloomberg.net

記事についてのエディターへの問い合わせ先:
Jon Morgan
Romaine Bostick, Elizabeth Wasserman ,jmorgan97@bloomberg.net

« 三笠宮殿下、2日に99歳のお誕生日 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1832,2014年12月2日 »

システム・技術・産業」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

事故・トラブル・インシデント」カテゴリの記事

船舶・鉄道・航空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/60748316

この記事へのトラックバック一覧です: ボーイング787の機体トラブルに関するニュース・46:

« 三笠宮殿下、2日に99歳のお誕生日 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1832,2014年12月2日 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31